悠仁さま、顔面ショットがトラウマになりイップスでシャトル恐怖症に!バドミントン継続は困難か?


文・もっちゃん

悠仁さまの抱える大きな問題

今年4月から、名門筑波大学附属高校に通われている秋篠宮家の長男・悠仁さま。中学校時代には、3年間卓球部に在籍されていたという悠仁さまですが、高校入学後には、複数の部活を見学され、最終的にバドミントン部に入部されたようです。

悠仁さまのバドミントン部入部に関してですが、「女性セブン」(2022年6月2日号)は、こうした選択の背景にも自由を重んじる秋篠宮家の教育方針が関係しているとして、宮内庁関係者の次のような言葉を紹介しています。

「悠仁さまはバドミントン部に入部されるそうです。皇室に縁のあるスポーツといえばテニスのイメージが強いですが、悠仁さまは“皇室の伝統”とは趣を異にした競技を選ばれました。ここにも、自由な選択を尊重する秋篠宮家の教育方針が感じられます」(宮内庁関係者)

「女性セブン」(2022年6月2日号)

自由を重んじるという秋篠宮家の教育方針のもと、筑波大学附属高校に進学され、バドミントン部に入部された悠仁さま。

自由を重視することは必ずしも悪いわけではありませんが、一方で、皇位継承順2位の男性皇族として、将来皇位継承されるお立場としての重責を、しっかりと自覚させていくべきではないか?といった声も上がっているようですね。

先の、「女性セブン」の記事では、一向に進まない悠仁さまへの帝王学教育の問題について触れたうえで、悠仁さまは、このまま秋篠宮ご夫妻のもとで、天皇としての心得を何も教えられずに生活されるよりも、むしろ、今上陛下に教えを乞うべきではないかとして、次のように書かれています。



お住まいのある赤坂御用地には、4月下旬、上皇ご夫妻が新居に移られた。上皇陛下から悠仁さまに「帝王学」を授けられることへの期待の声もあるが、現状では難しいという。

「通学で日々外出されている悠仁さまから、万が一新型コロナを上皇ご夫妻に感染させることがあってはならないからです。また、上皇陛下と悠仁さまの年齢差は73才です。時代が違えば、世間が皇室に求めるものも変わります。ですから、“悠仁さまは、天皇皇后両陛下からさまざまなことを学ばれるのがいいのではないか”という声が高まっています」(前出・宮内庁関係者)(中略)

「次男である秋篠宮さまは、天皇になる前提で教育を受けられてきたわけではありません。このまま、陛下からの薫陶を受けられずに悠仁さまが天皇に即位する日が来たら、天皇としてのなさりように悠仁さまが戸惑われることも起こりうる。“独自の教育方針”を貫かれるだけでなく、悠仁さまの教育について紀子さまから雅子さまにご相談なさってほしいと感じている皇室関係者は少なくない」(別の宮内庁関係者)

 紀子さまは大きな選択を迫られている。

(同前)

過干渉の紀子さま

このように、将来天皇に即位するという重責を担われている悠仁さまですが、一方で、このような将来の課題のみならず、今後3年間の高校生活に関しても、心配する声が上がっているようですね。

「現在、特に問題となっているのが紀子さまの過保護ぶりです。悠仁さまの登下校や授業を受けられている際の過剰なまでの警備体制については、これまで複数のメディアに報じられた通りの状況ですし、またバドミントン部での活動においても、上級生が悠仁さまにシャトル拾いや、ラケット磨き、部室の掃除などをやらせる度に、紀子さまから顧問の先生にクレームの電話がかけられるようで…。

どうやら、紀子さまにスマートフォンの番号を知られてしまっているそうなのですが、もともと、普段の授業に部活動の顧問の活動と、多忙な教員生活を送っている中で、悠仁さまの入部以降、事あるごとに、紀子さまからのお叱りの電話がかかってくるということで、早くも半ばノイローゼのような状態になってしまっているそうなのですね。

秋篠宮家は、自由を重視する教育方針だなどと言われていますが、こんなもの、実際には、ご一家がやりたい放題するための、建前に過ぎず、常に尻拭いを任せられる周囲の人間にとっては、過干渉かつ、全く不自由極まりない不快な状態を強要されていますよ。

職員の離職率も一向に低下しない状態が続いているようですし、職員の間では、冗談交じりに、“そのうち、支える職員が皆いなくなって秋篠宮家は潰れるのではないか?”などと口にする者もいるほどです。まあ、一度くらい、ストでも起こして、どれだけ職員のサポートが重要か、紀子さまに思い知らせるのもいいかもしれないですけどね」(秋篠宮家関係者)

悠仁さま選手生命の危機?

このように、バドミントン部の活動に、様々なクレームを入れておられるという紀子さまですが、最近起きた大きな問題の一つが、試合形式の練習中に、シャトルが悠仁さまの頬をかすめて傷がついてしまったという「顔面ショット事件」です。

「この事件も、どうやら、試合形式の練習中に集中力を欠いて、ボーっとされていた悠仁さまに問題があったのではないかとされているのですが、それでも、紀子さまの怒りは収まらず、顧問の先生に連絡され、“試合形式の練習では、悠仁さまの顔に向かってショットしない”という新たな約束事が追加されたそうです。

ただ、実は、問題はこれだけでは収まらず、どうやら、今回お顔に傷を負われた悠仁さまは、その痛みと恐怖心がトラウマとなり、イップスを患い、シャトル恐怖症のような状態になってしまったそうなのですね。



どうやら、今では、バドミントンのシャトルを見るだけでも、当時の恐怖心がフラッシュバックしてしまうそうで、部活動も休まれているようです。果たして、今後の部での活動に大きな支障がなければ良いのですが」(前出の秋篠宮家関係者)

紀子さまから毎日のように、電話でどやしつけられる顧問の先生は、もしかすると、「これをきっかけに悠仁さまが自主的に退部してくれれば」などと願っているかもしれないですね。

皆さんは、果たして、悠仁さまがこのような事件のトラウマを克服し、また元気にバドミントン部の活動を再開できると思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

45 COMMENTS

一般人の感覚

いっその事、バドミントン部だけでなく学校も退学してもらいたいですね。

190
返信する
匿名

毎日ノーパンも登校し、朝礼で「ショーライのテンノウ!ショーライのテンノウ!!」と絶叫すればいいンだわ。

27
返信する
匿名

>匿名さん

そして在校生に『マンセー!マンセー!』と万歳三唱させるんですね。

20
匿名

イップスとは、これまで出来ていたことが、恐怖心などからできなくなってしまうことですが、ズルヒトは卓球を職員相手に少しやっていただけで、それもお茶の卓球部内では徹底的に嫌われていて、対戦相手なし、毎回不戦勝続きで有名でした。バドミントン経験はないので、まずイップスではありませんね。
もともと出来てもいないことが、依然出来ないだけの単純な話です。

本人に、一から入門し、球拾いも、コートの清掃も、部室の拭き掃除まで全部やりますから、先輩方にコーチを乞う謙虚さが皆無であるだけでなく、紀子はその指導役の一人となってくれるべき高2の男子を「帰れコール」で逆恨みして、停学処分にまでさせたので、そりゃ人間関係最悪にもなりますよ。お目当ての女子もキモがるばかりで、もともとが奇形児レベルなだけに、よほど性格がよくなければ女子とつきあうなんて到底不可能だとは思わないのでしょうか。

紀子は、運動部加入で肩を組まれただけで、この子を誰と思っているの、馴れ馴れしくするんじゃないわと激怒する勘違いぶりですから、結局受け入れようとしても拒否、無視すればイジメと訴え、どちらも憤懣の種になるのでは、典型的な”B地区の子”の親によくあるクレーマーマムになってしまいました。

154
返信する
匿名

何をやらせても大きな話になりますね。
このトラウマから複雑性PTSDになったと発表されても全く驚きません。

112
3
返信する
匿名

>匿名さん

複雑性PTSDは姉で失敗しているので使えません!

なので、新しい病気を模索中!

113
返信する
匿名

三流校の運動部は、概してダラダラ、長時間、エッチな話題などで盛り上がりながら楽しくやるので、強豪チームでない限りはズル仁にも入り込めたかもしれませんが、ハイクラス進学校の運動部では短時間集中練習で、更衣室での話題も勉強のことばかりです。
入試数学0点だったズル仁にとって、全然ついていけない話題のなかで着替えし(自分で着替えできるのかな?)、あるいは特別教室でおつきの手で隠すべき部分があるので上手に着替えさせられてから登場するのか、どちらにせよ、ワンテンポもツーテンポも遅れてしまうのでしょう。この辺でまず部員の視線は冷たくなり、誰も声をかけてはくれなくなります。

裏口入学者なので、常時射られるような冷視線のビームに晒され、授業についていけずあくびをしても、女子からは小馬鹿にしたようなリアクションが返ってくるし、とても部活どころではない居心地の悪さでしょう。
小姓A、小姓Bが鞄持ちはするものの、それも滑稽な姿で、ますます一人浮き上がるしかなく、当初予定したプランBでおひとりさま教室で九九から勉強し直すか、プランCで、赤坂御用地内に分校を開設してもらい、小姓たちと三人で特別支援学級をやるか、さあどちらになるのか、いまからワクワクして記事更新を待っています。

107
返信する
匿名

眞子に使われた「複雑性PTSD」については疑義も多く出ました。ここは「秋篠宮家流・複雑性PTSD」としないと、本当の患者さんがお気の毒であります。
眞子は、国民から見捨てられ、誰からも小室圭との結婚を祝福されなかったので、国民に喧嘩を売ってしまい、収拾がつかなくなって、「複雑性PTSD」を口実にしてきたのですが、いまやビザ欲しさにすっかり鳴りを潜め、あの「複雑性PTSD」はどこへ行ったの?とききたいです。
悠仁もここまで国民を怒らせ、孤立したので、そろそろ眞子と同じ病名に縋って、精神安定剤使用を正当化するころでしょうかね。

104
返信する
匿名

>匿名さん

秋篠宮流・複雑性PTSDの治療法は税金を無尽蔵に使い皇室特権を乱用する事で治ります。

86
返信する


匿名

『帰れコール』くんは、もしかしたら、ツクフの女子をズルヒトの毒牙から守るために、敢えて人柱になってくれたんだと思うようになりました。
ズルヒトは入部前にはバドミントン部全員を「陰キャだ」と陰口をたたいていたと報じられていましたから、とことん根性がひん曲がっているなと。
紀子に四六時中監視され過保護にされると、言葉だけは刺々しくなるし、相手の反感は買うし、もちろん教師は面罵するしで最低の人格に育ってきています。

103
1
返信する
匿名

悠仁のような不良品は秋篠宮家が責任もって処分すべきです。秋篠宮家全員不良品だから一家◯中が一番いい。

75
返信する
バトミントンは羽付と違うぞ❗️

人気者の野良猫を殺処分した報いを受けろ❗️
姉2人は、箸が使えず学習院ではスプーンを許可したくらいだから、盆も??

「私を誰だと思っているの❗️」
「お退きなさい」(エレベーターの先客に対して)
「お爺様に言いつけてやる」
が口癖の、九九も怪しい姉達は、学習院では大奥状態で踏んどり返っていたというから、姉より甘やかされた盆に集団生活は無理❗️
被害者をこれ以上増やすな❗️

81
返信する
匿名希望

気の毒な顧問の先生!

着信拒否もできないでしょうね。

顧問の先生の方の心のケアが必要です。

98
返信する
匿名

顧問の先生、心中お察しします。
一日も早く、ズルヒトの退部と退学勧告をしてほしいですね。

89
返信する
匿名

>匿名さん

それなら悠仁さまをレギュラーにして対外試合に出場させます。

試合でボロ負けして、大勢の面前で恥をかかせれば辞めるのでは?

まさか、他校の生徒に『ワザと負けろ!』なんて言わないですよね?

46
返信する
匿名

顧問の先生、ぜひ携帯番号を変えて下さい。
部員に教えると、小姓がスパイしようとしてきますから、部員とはラインだけにし、紀子が割り込んできたら拒否にするしかないです。
秋篠宮家不幸の法則が発動される前に、悪因縁となる悠仁との接点を削除しておかないと、心を病んだり、家族との不和が起きたり、同僚との関係にヒビが入るなど、ろくでもない事件に巻き込まれはじめかねません。
紀子からのクレームは、学校の広報を通じて、集団で毅然と対応することが大原則です。解放同盟の糾弾会と同じ対策が求められます。

90
返信する
匿名

紀子からのクレームがきたら

必ず「録音」をして下さい。
御身を守ってくれましょう。

99
返信する
匿名

>匿名さん

あとは刺し違える覚悟で音声をSNSで公開する!

マスコミに垂れ流しても、揉み消される可能性があるので!

55
返信する
匿名

裏口が
大威張りして
国滅ぶ

トラウマも
母が原因
馬鹿息子

高校で
女探せと
囃すママ

91
返信する
匿名

ズル仁は 頭が悪い上にメンタルが弱すぎる。

プロ野球では鼻にデッドボールを受け
骨折しても何事も無い様に試合に出続ける
選手が居るのに。

もしかして彼は、恐怖の感情をコントロール
出来ずパニック状態になりやすい精神疾患
患っているのか?

そのうち、A子ちゃんの身体が見たくて
コートに戻って来るかもしれないが

あと1発テンプルにでも当てれば
奴の退部は確実かも。

66
返信する
匿名

>匿名さん

パニックってるのが普通なのかも?

そこへ思春期特有の性欲が加わるので、ますます手に負えなくなります。

38
返信する


匿名

人工内耳が頭にインプラントされているので、顔面から頭にかけて、強いショットを受けると再手術になるからではないかしら。
そんな障害児だったら、バドミントンでも危険なスポーツになるのに、健常児を偽装するために、わざと危険な目に遭わせているようにも思う。

73
返信する
匿名

何故に運動部に入った?
体育館の入り口からでもこそっと見てれば良かったのに。
気味悪いけど。

鯰も小さい頃から多動で
大きくなってからはくねくね、喋りはねっとり。
すっごく気持ち悪かった。
お兄様はキリッと凛々しくて流石天皇家の長男と思っていた。
自分にはその才がないと自覚してると思うんだけど(どう見ても)、それなら早く一般人に戻っていただきたい。一家揃って。

あと鹿
公務が嫌ならやらなくて良い。だけどその理由に敬宮様の名前を出してやる気が出ないみたいな記事を書かせないで貰いたい。
あくまで自分が責務を全うするか否か、のみ。

79
返信する
匿名

何故に運動部に入った?

>匿名さん

強いて言うなら『文武両道』をアピールしたかったのかも?

あと、お目当ての女子生徒かいたから!

46
返信する
匿名

顧問の先生は悠仁が人工内耳であることも心配の種でしょうね。何かあったらどんなに気が狂ったようなクレームが紀子からくるかわかりませんから。

>「スポーツ競技における人工内耳の装用について」

2010 年 7 月 1 日
(財)全日本ろうあ連盟スポーツ委員会

最近、人工内耳埋め込み手術を受けた聴覚障害児・者が選手としてスポーツ競技に参加する例が増加しております。大会で競技運営に、又は競技チームなどで強化指導を担当している人たちから、彼らへの対応について不安の声があがっております。
当委員会ではこの状況を受け、2010 年 5 月 15 日、人工内耳の専門家を招いて「人工内耳装用者のスポーツ活動」をテーマとした学習会を行いました。学習会で確認しました事実を以下の通り報告いたします。
なお、2010 年 5 月 15 日の時点での情報であることにご留意ください。

人工内耳は大きく分けて体外装置(ヘッドセット)と体内装置(インプラント)の2つから構成されています。ICSD(国際ろう者スポーツ委員会)の主催するデフリンピックなどの大会では、出場選手に試合および競技ゾーンで体外装置をはずすことが義務づけられています。
ただし、体外装置をはずしていても体内装置が埋め込まれている部分(耳の後ろの部分)に衝撃(ボールが当たる、地面に頭を打ち付けるなど)があれば体内装置が壊れる可能性は十分にあります。
体内装置が壊れた場合は、壊れた部分だけでなく体内装置の全てを交換するための手術が必要となります。手術は最初に受けた時と同じように行うため入院が必要であり身体的負担が生じます。
また、スポーツ競技試合、特に学校教育以外の試合での破損に保険が適用される保証はありません。
壊れた体内インプラント電極の交換は 1 回目の手術時と同様に健康保険適用の対象です。
高額療養費の還付や聴覚障害者の制度が使えるか、(収入によって)更生医療の適応が受けられるかどうかで、負担額は少なくなります。
体外装置をはずしたとしても注意が必要とされるスポーツは、頭部を強打する可能性の大きいサッカー、ラグビー、格技(剣道、柔道、空手等)、ヘルメットなしの野球などです。
他のスポーツでも偶発的な接触で体内装置の真上を強打すれば壊れる可能性があります。
なお、スイミングは大丈夫ですが、スキューバダイビングは鼓膜が破れると電極の周囲に(以下略)<

これを読むと、顔面ショットで人工内耳装置が壊れたのではないかと紀子が不安になったのも驚きませんが、バドミントンは悠仁には正直危険なスポーツではないでしょうか。

59
返信する
匿名

補聴器のままにしておけばよかったのに。
補聴器の尻尾が撮影されると廃嫡になると思うのか、やたらと耳穴を隠したがっていた。それが人工内耳で一応解決したつもりでいたのに、やはりそう簡単ではないとわかってきた。
ラケットでバシッと顔面か頭上を叩かれれば、人工内耳装置はあっさり壊れるんでしょ。
でも人工内耳であることを隠せば、同級生も注意の払いようがない。

悠仁の障害を隠蔽すればするほど、他の生徒に悠仁のもつ危険性を教えることもできなくなり、今後何らかの学校事故になっても、学校側にすら真実を知らされていないのでは、学校側は安全判断のしようがなかったことになる。

71
返信する
匿名

人口内耳なら、運動部をなぜ選ぶのかと思います。部活は任意なのですから、お好きな生物部にすれば良いのに。生物も本当はそれほど興味がある訳でもなく知識もないのがバレると困るとか…?

人口内耳でないなら、シャトルがかすったくらいで大袈裟な…高校生男子なのに。ひ弱すぎませんか。
愛子様はピラミッドの一番下でお友達を支えていらっしゃいました。あまりの違いに目眩がします

70
返信する
匿名

>匿名さん

実際の体力は小学高学年くらいでしょ?

恐らく普通の中学生には敵いません!

43
返信する
匿名

秋篠宮家の自由
これ、A宮家のわがまま
のほうが、的を得てないですか?
完全に自由を勘違いしてますよ。自由には責任が伴います。このまま行くと、「俺はあいつが嫌いだから殺す。それは俺の自由だ。」ってズルが言い出すかもしれませんよ。

53
返信する


匿名

もうズルヒトへの皇位継承は不可能であることが、一連の筑波大附属高校への裏口入学、その後の特別扱い要求事件でのトラブル多発状況、教師への面罵、部活での女子凝視セクハラ事件などからはっきりしました。
紀子のいいなりにやって差し上げても、頭が悪いものはどうしようもないです。

男系男根信者もここまでヘタレな親王では諦めもついたはずです。
家柄も偽皇族で最低、知能指数も最低、容姿もダメ、体力もない、障害もある、人間性も失格とわかると、右翼左翼関係なく、こりゃだめだなというしかありませんから。

64
返信する
匿名

>匿名さん

逆に馬鹿で頼りない方が、自分たちの意のまま動いてくれるから好都合なのかもしれません!

国の中枢にいる人間にとっては『優秀な天皇』より『扱いやすい天皇』の方が有り難いのかもしれません!

『金(税金)をあげるから、こちらの要望も聞いてくれよ!』みたいな感じです。

39
1
返信する
匿名

愛子さまはすべてをお持ちです(おちんちん以外は)。
人間性は最高、知能指数も女子学習院でトップ、語学堪能、古典文学堪能、文才あり、人望有り、容姿秀麗で、これ以上ないほど名女性天皇に成られること間違いなしです。
ズルヒトは、何もない(おちんちんも難病考慮すると?つき)。およそ天皇にふさわしくない項目しか思いつきません。何か褒められる点ってありますか?

もう両家の勝負はついてしまっているのです。
潔く負けを受け入れられない紀子は、その悪あがきぶりから、一家で皇族失格と認定されてしまいます。

59
返信する
匿名

ズル、選手生命の危機?
大怪我でも負ったのかと思ったら、シャトルが顔に当たった、ですか。すごいね。
反射神経でよけられないのは、反社の怨霊のせいですかね。これ、いくら進学校の(本気度の低い)運動部とはいえ、のびたうどんみたいなひ弱な子では無理ですよ。

47
返信する
匿名

バドミントン部の顧問の先生!PTSDになりましたとアホ家を訴えましょう!その為には証拠が必要ですクレームの電話は録音です!アホ家を学校、日本から追い出す為に!

40
返信する
とくちゃん

それぞれ頭的な病気持ちの夫婦が教育云々という電波を発してる家で育った子供なんて、血筋の前に、国民に出してはいけないとおもいます。
宮内庁もコーシ家(大爆笑)も既に脳病長女で懲りただろうに。

35
返信する
匿名

眞子がおかしくなったのも紀子のせいといえるので、この夫婦はすでに子育てに失敗しています。
反社会的勢力に嫁に行くことを何とも思わない娘にしたのは誰なのか?と聞かれたら紀子はどう答えるのでしょうか。

同じ事が、盗作剽窃を何とも思わず、自分の成績不振をも、直前から担当になったばかりのツクフの先生のせいにして、「お前の教え方が悪いからだ」と授業中に堂々面罵するような息子にしたのは誰が原因か?と紀子に聞いてやればいい。

48
返信する
匿名

紀子がつけてくる学校へのクレームとはどれも難癖、言いがかり、無理難題のレベルでしかないですね。
「ご指摘の通りです」と返答できるようなものは一つとしてない。

公立校の先生なら、童話地区の保護者層に、この手のどうしようもないクレーマー類型を発見、経験することがあると思います。
言葉にならない劣等感、潜在的不平不満が背景にあってなのか、常に学校や同級生に噛み付く機会を窺っている困った人種で、地域の嫌われ者です。
紀子は出自的にどうなのか知りませんが、学習院で同じ事を言っても全く相手にされないどころか、陛下に通報されたり、学習院の重鎮からマスコミにリークされ、こてんぱんにやられて終わっていたでしょう。

この特殊な言いがかりや難癖要求が通用するのは、相手が何を言ってもキチ相手には無駄だと最初から諦めているから、特定生徒に対する長期停学処分要求までもが平気で罷り通ってしまうのです。
間違っても皇室の威光なんかじゃないです。
紀子の出身を嫌悪しての渋々対応でしかありません。

そのことは、停学処分を受けた生徒さんにもよく知って貰い、行政訴訟を提起してでも停学処分の不当性を裁判所に認めさせ、今後のために名誉回復しておく方がよろしいかと思われる案件です。

47
返信する
匿名

>匿名さん

そもそも、それだけ特別扱いを望むなら一般の学校に入学しなければいいのです。

37
返信する
匿名

学習院は特別扱いしてくれないから却下。
特別扱いを望んで問題にならない所なら、私立の学校に行けばよかったのに。
なぜ国立に行ったのか。

29
返信する
匿名

学習院では紀子の学生時代の悪評判がいまもしっかり語り継がれていますからね。

駅南賤民との結婚に反対した右翼が女子学習院の礼法館に放火し、重要文化財が焼失。これは悲しい。
無謀な這い上がり衝動、ソーシャールクライム本能が、なりふり構わぬ校内エッチ、3DK職員住宅の連れ込み宿状態を招き、あとは両親からの「娘がすっかり疵物にされた」の両陛下への直談判であれよあれよの喪中婚約へ。
紀子こそが、小室圭・眞子顔負けの”元祖貴賤婚女”であったことが学習院では生々しく語られるので、最初から紀子は逃げた。

それに学習院は悠仁を幼稚園に受け入れるときの条件が悠仁専用の特支クラス設置だったので、いきなり第三条廃嫡にはされたくない紀子は激高して学習院と断絶した。当時、男系男根派は「脱学習院」との用語を造語してまでこの紀子判断を賞賛していたけど。

でもツクフでの不正入試、悠仁の奇行やヘタレぶりが物笑いのネタにされるようになり、いまやじりじりと学習院の当初判断(悠仁は特支でないとダメなお子さん)が正しかったことが証明されつつあり、悠仁学習院門前逃亡の理由がはっきりしてきました。

よって、紀子にとっての学習院とは、①過去の自分の悪評から逃げたい心理と、②悠仁が障害児であるという現実からの逃避欲求の二つの理由から、すっかり鬼門と化していったのでした。

33
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です