天皇陛下、バイデン大統領と面会 小室夫妻の警備費用に言及されるも、紀子さまは「勝手に話をつけておいて」と雲隠れ


文・もっちゃん

天皇陛下、バイデン氏と面会

本日5月23日、天皇陛下は、来日中のバイデン米大統領と皇居・御所で約30分間会見されました。バイデン大統領は、出迎えられた陛下に「ハロー」と両手を広げて歩み寄り、「再び会えてうれしいです」と英語で語りかけました。

陛下がバイデン大統領と会われるのは、副大統領として来日した13年12月以来となります。コロナ禍のため、今回の面会では2人ともマスクを着用し、握手は控えられました。

天皇陛下は23日、来日中のバイデン米大統領と皇居・御所で約30分間会見された。

大統領は午前10時すぎ、専用車で御所に到着。車から降りた大統領が「ハロー」と声を掛けると、陛下はにこやかな表情で出迎えた。握手はしなかった。

宮内庁によると、出迎えの際は英語で「再びお会いできてうれしく思います」などとお互いにあいさつ。会見では陛下が「今回の大統領の訪日により、日米両国の友好親善関係がさらに増進することを願っています」と述べた。

陛下から、大統領が2011年に東日本大震災の被災地を訪問したことなどへの謝意が示されると、大統領は「大変悲惨な状況でしたが、日本の人々の対応ぶりに強く印象付けられました」と応じたという。

「時事通信」(2022年5月23日配信)

この面会について報じられた記事が掲載されたニュースサイトのコメント欄には、天皇陛下の謙虚な姿勢を称賛する、次のような意見が書き込まれていました。

天皇陛下の御心が、対話を通して一国の大統領へ伝わる事を願っています。

天皇陛下ほど世界を憂い日本と外交する国の方々に配慮され、腰を低くされる方は存在しないと思う。

国を顕すに相応しい天皇陛下の存在が日本の国家の存在でもある。私達はこの日本に有って誇らしく思えるのも天皇陛下あっての事に感謝でならない。

益々の両国の発展と友好同盟を願いたい。

外交上も重みが出る。日本という国が過去から未来へと綿々と続いていくことの象徴であり日本の顔であり、ローマ教皇よりも生臭さがない国家元首というのは今は珍しい存在ですよね。

政治家が国家元首だとどうしても生臭くなる。利害関係渦巻く世界で政治的・外交的に戦うわけだからね。習近平やプーチン、バイデン、尹も国家元首だが機能が違うし単純比較はできないが、日本の制度は世界に誇れるものだと思います。

バイデン大統領が羽田でなく横田基地に到着したのは羽田の機能を止めてしまうことを避けたこと、また横田基地で友好祭が行われていて日米の絆が演出されていたからだろう。天皇陛下との面会は日本の最大の歓迎の印と思う。

小室夫妻の警備費用問題

今回の面会で、主に、コロナウィルスの感染症の問題などについて話し合われたようですが、30分の面会の中で、ある気になる話題も飛び出したようです。

「実は、面会の中で、バイデン大統領は、現在NYで生活している小室圭さんと眞子さんについても言及していたようです。



なにしろ、眞子さんは天皇陛下の姪にあたりますからね。バイデン大統領も、小室圭さんと眞子さんの結婚が物議を醸していたことは知っていたでしょうが、それでも、触れないわけにもいかなかったのでしょう。

話の内容としては、主に、“陛下の姪の眞子さんもアメリカで元気に生活しているようです”というような当たり障りのない話題が中心だったのですが、その中で一言、“お二人の警備費用については、日本側で負担してほしい”というようなことも述べていたようです」(宮内庁関係者)

「週刊新潮」(2022年3月17日号)は、お二人のNY生活での警備費用に関して、年間約8億円の出費になるとし、その費用は外交機密費によって賄われる可能性が高いと報じていました。

現在でも、お二人の警備に毎月数千万円ほどの費用が発生していると思われますが、その詳細は公開されておらず、果たして、どのように負担されているのかも明らかになっていません。

この小室夫妻と似たケースとして、近年では、英国王室から離脱したヘンリー王子夫妻の米国やカナダでの生活における警備費用が英国と米国、そしてカナダで大変な物議を醸したようです。

たとえば、米国滞在中には、年間400万ポンド(約5億3000万円)と試算される警備費の半額、年間200万ポンド(約2億6500万円)をチャールズ皇太子が援助することに同意したと報じられていますが、この費用を税金で負担することは許されないと、英国民の多くが反発したようです。

3月31日を最後に英国王室の主要メンバーから退いたヘンリー王子夫妻は現在、メーガン妃の故郷ロサンゼルスに滞在しているとされるが、現地での警備費はチャールズ皇太子の負担となる可能性が高いと報じられた。

「デイリー・メール」紙によると、年間400万ポンド(約5億3000万円)と試算される警備費の半額、年間200万ポンド(約2億6500万円)をチャールズ皇太子が援助することに同意したそうだ。

ドナルド・トランプ大統領が3月29日(現地時間)、ヘンリー王子夫妻の警備費をアメリカ政府で負担しないと異例のツイートを投稿したが、その後すぐに夫妻の代理人がアメリカ政府に警備を求める計画はなく、私費で警備の手配を整えていると声明を発表。これを受け、イギリスが税金で警備費を負担するかどうかの問い合わせに対し、王室はコメントを拒否したという。

「VOGUE」(2020年4月1日配信)

金銭負担から逃げ回る紀子さま

この問題は、本来であれば、天皇陛下ではなく、秋篠宮ご夫妻が中心となって解決しなければならない問題なのですが、紀子さまなどは、とにかく小室夫妻の警備費用の負担の話からは逃げ回っておられるそうです。

「紀子さまは、小室夫妻の生活費の支援などには関心を示しておられるのですが、一方で、年間8億円ともいわれる警備費用の話題からはとにかく逃げ回っておられるようです。



まあ、現実的な問題として、年間8億円ほどの警備費用を秋篠宮家が肩代わりすることは不可能ですからね。宮内庁の職員などとの面会で、この警備費用の問題に話が及ぶと、“私たちでは支払えません!”と絶叫し、“税金でなんとかしなさい”とだけ仰られるようです。

国民からの納得や理解を得るためにも、いくらかでも費用を負担していただければ助かるのですが、断固拒否されているようですね」(前出の宮内庁関係者)

この警備費用の問題は、まだまだ解決しなさそうですね。皆さんは、この高額な警備費用は秋篠宮家が負担すべきだと思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

24 COMMENTS

アンチ

天皇の姪だろうが、一般人の警備を何で国民が負担するんだよ!

宮内庁に電話しても、疑問系は質問係へ。疑問系じゃなければ、ご意見担当へ。とたらい回し。

質問係は、黙って何も答えない。

質問係とご意見担当とを繋ぐおばちゃんは、乱暴で何様状態。

皇族って偉いわけ?

180
1
返信する
匿名

わかります。
皇室のHP等で公式に発表していない事に関してはお答え出来ません
の一点張りです。
ですから私は「そうお答えになることは分かっていて質問してます」
「あ〇〇〇〇宮家に電話して苦情や苦言を言いたい人は沢山いるのではないですか?それが出来ないから971庁に電話してます」
と言ってます。
黙っていると了解していることになるから、めげずに意見しています。

148
返信する
アンチ

ありがとうございます。

なるほど
皆さん、同じなのですね

次は、めえずに意見したいと思います。

ご意見を届ける方法はないのか。
誰の日本なのか。。。

腸煮えくり返る思いばかりです

125
1
返信する
匿名

スクープありがとうございます。
眞子夫婦が如何にアメリカでも問題児、厄介者になっているかがよくわかる良記事でした。

夫はフォーダム大学の奨学金をただ食いしたまま、いまだに司法試験に合格できない惨状なうえ、警備費も個人では支払わず、いまだに観光客気分のままの二人に、アメリカ人として正直苛ついておられることが大統領からも示されました。

これは在日米国大使館、在米日本大使館などの現場でも、紀子からの特別扱い要求に困り果て、大統領の口を借りて、陛下にクレームを入れられた格好です。
これでまもなく切れるビザを特別扱いで取得させる案も却下ですね。

「日本の恥秋篠宮家」の存在が、陛下と大統領の面会でまで取り上げられたとは、前代未聞です。
「皇嗣家はあと百日で潰れる」なる予言が、着実に実現している手応えを感じさせられました。

166
返信する
匿名

マーティン奨学金をもらい論文コンペで優勝したのに、2回連続の司法試験不合格なん前代未聞!

というか、唯一無二の記録です!

まさに日本の恥!!

149
1
返信する
一般人の感覚

小室夫妻の警護費用は日本が負担?

いやいや!日本もアメリカも警護する必要ありませんよ!!もう一般人ですからね。

しかも本人達の意思で勝手にニューヨーク(アメリカ)に渡って墓穴掘りまくっているのに、なぜ尻拭いに血税を使うのですか?

小室夫妻も結婚したのだから、サッサと自立して下さい!!

夫妻揃って脛かじりなんて日本の恥ですよ!

156
返信する
匿名

一般人となった皇族を税金で警備する法的根拠がないでしょう!
これぞ、秋篠宮家お得意の公私混同、税金横領であり、犯罪です。

国民にとって全く価値のない厄介者を税金でサポートする必要は、ありません。

自然に任せて、米国で闇に葬られることが、世界にとって良いことなのです。

反社カップルは、多くの人から嫌われて消えていく定めなのです。

12
返信する
匿名

本人が警備費用が払えないなら警備しなければいい。
国として彼らにNYで暮らすことをお願いしているわけではないのだから、
税金は使うべきではない。
警備がなくて何かあっても自己責任ですよね?

149
返信する
匿名

彼らにNYで暮らす事をお願いしているわけではない

>匿名さん

その通り!元々は小室母の借金問題で熱り冷めるまで雲隠れするためにニューヨークに渡っただけであって『眞子さんの要望』なんて後付けです。
目指してもいない弁護士に、なりたいフリだけをしているヒモ男に何で血税使って警護する必要があるのか?
誰かに襲われると思う前に、まず自力で生活して頂きたい!!

136
返信する


一般人の感覚

ところで、小室圭のビザが5月で期限切れして夫妻で帰国するという話しが立消えてしてしまっていますが・・・

まさか皇室特権でビザ更新ですか?

104
返信する
野原尚美

川嶋紀子は北朝鮮人しゃべるな日本の税金泥棒返済して下さい日本の税金泥棒今まで使った税金を返済して下さい‼️秋篠宮なまず一家正田美智子意地悪ばばあ小室親子韓国人ヤクザは公金横領です検察は査察して刑務所に入る手続きをして下さい‼️

2
1
返信する
匿名

キチのキコにまともな話はできませんでした。
ということですね。
また内情をスクープお願いします。
地道な活動ですが、いつか変わるときがきたら、皇室新聞のおかげだと思います。

93
1
返信する
匿名

紀子は小室に重大秘密を握られ、反社にも流れてしまったので、延々口止め料なるサブスク契約をしたも同然なのです。
文仁と眞子と悠仁の出生秘密にDNA親子関係情報。
そのひとつでも漏洩すれば、偽皇族の証明になってしまうので、見て子が進んで支払おうとし、新宮邸新築費用水増し請求詐欺になったのでしょう。

そのサブスクにはNY滞在中の警備費用も含まれ、反社的には、国際的にこれに日本政府が耐えきれなくなったときは、代わりの利権を寄越せ、裏金を出せとできるよう、しっかり紀子は金縛りにあっている。

対策は、岸田による文仁のDNA鑑定決断しかない。
偽皇族だと確定させ、皇籍剥奪することで、すべての醜聞に幕を引かせる。

108
返信する
匿名

サスペンスドラマの定石。
犯罪を犯している現場を暴力団員に目撃され、証拠を握られてしまい、以後はATMにされる。
暴力団員の飲み代も、食費も全部つけにされ、請求されてくる。「もうこれ以上は無理だ。許してくれ」と頼んでも「じゃあ一緒に警察行こうか」と言われ、泣く泣く従うもとうとう・・・に。

実子でもない、甥を嫡出偽装してしまった過去。
これを聞いたジゴロは「お父さんの出生スキャンダルだけで俺たちは一生安泰だ。さあ堂々と結婚しよう。働かなくてもお金は湧いてくるからまあみてろ」
「なるべく、俺たちが金食い虫であるように仕向け、相手が警備費用や家賃を払えなくなったときが次の交渉機会だ。”ばあさんよ、暴露本用意してまっせ。せいぜい震えて待ちな”でまた数億円が濡れ手に粟だぜ」

建築費用水増し請求は明らかな犯罪なので、これをやった側は枕を高くして眠れず、ますます情報を握るジゴロのいいなりになるしかない。

そういえば、NYのバカップルは、独身時代、スカイプをつなぎっぱなしにして、バーチャルSを楽しんでいたというので、CIAにすべて盗聴されていたとみるべき。
バイデンはそれを編集したものでも見せられ、陛下への警備費用負担問題発言となったのかな?

71
2
返信する
匿名

降嫁して平民になったのにもの税金で贅沢三昧。
大事な税金を無駄使いしないでいただきたい。
そんなことに使われるために払ってるんじゃない。

85
1
返信する
匿名

陛下と大統領は、通訳なしで会話されたとテレビで報じていますね。
文仁や紀子では到底適わないことです。
まして自分の名前も漢字では書けず、大文字と小文字の区別にさえ苦しんでいるユウジンでは、夢のまた夢。

94
2
返信する
匿名

鯰が外国の要人とにこやかに談笑している画など想像もつかない。
鯰の嫁もただ恐ろしいひきつった作り笑顔で挨拶を済ませたら後が続かない。これは大いに想像出来る。
今上天皇だからこその外交です。

99
返信する


匿名

公式な場で、海外要人から天皇陛下のお耳に入った以上、無かったことには出来ないはず。
陛下も、ここでしっかりと白日の下での問題提起をされ、闇援助に終止符を打って頂きたい。
弟夫婦には、きっちりと始末を着けさせて頂きたい。

93
返信する
匿名

よもや、米国の大統領がKKの件について話題にするとは思わなんだ。これは、日本にとって、最大級の屈辱ですね。
当然大統領は「このKKなる人物は嘘と騙しに長けた、詐欺犯に限りなく近い悪臭の塊」だということは十分承知でしょうね。天皇陛下に対して「あなた様のご苦悩は痛いほどわかっております」とでも言ったのでしょうか。
日本の文化は恥の文化、辛いところだね。

76
返信する
匿名

コムケイはカナディアンインターナショナルスクールに通っていたから、
日常会話に不自由ないレベルの英会話力はあると思うけど、

ビジネス英語をエレガントに操れるのだろうか?

日本人が日本語話すのだって、意味が通るだけなら田舎のヤンキーでも「できる」けど、敬語チョイスも正確に高度な日本語を操れるレベルになると、少数の人しかできないと思う。

コム夫妻、セレブパーティーにお呼ばれされても、口を開けば失笑の渦なんだろうな。

進次郎が国際会議で、スラングに近い「セクシー」の用法で顰蹙買った、ああいう英語を話して陰で笑われるんだろうね。

皇后陛下の英語はきっと、上品の極みで、知性キラキラのトークなんだろうなー。トランプがオッタマゲたのも、皇后陛下の英語が、ただペラペラじゃなくて単語のチョイスが脱帽レベルの凄さだったんだろうなー。

56
返信する
匿名

「乞賊・秋篠宮家」

バイデンから小室眞子夫婦への警備費をなんとかしろとの要請、いやクレームが陛下に直接あった件。いいニュースだった。ざまあみろだ。

ということは、いままでは警備はNY市警の負担か、連邦予算で賄ってきていたことを意味する。これは酷いし、国辱物になったとしかいえない。

もし日本の外務省が官房機密費から賄っていたのなら、少なくとも陛下にクレームがくるわけがない。
しかも民間警備会社ではなく、公の警察力をタダで使っていたからこそ、陛下に直接なんとかして欲しいと言われたわけで、政治的には、その代償を日本政府は、米軍駐留費用の分担増額や、その他日本の国益を損なう形での埋め合わせをさせられるだろう。

つまり、ここでよく言われるように、国際関係においても、秋篠宮家は皇族などではなく「乞賊」でしかないということが立証された。
駅南バラック生まれの妃とは、国民やツクフ教員生徒を恫喝するか、米政府に物乞いするかしか能の無い、実にみじめな存在だ。

42
返信する
匿名

紀子はバイデン大統領に、悠仁を『将来の天皇です』として紹介しろと両陛下に迫ったそうですが、ぴしゃりと却下されただけでなく、眞子の警護費用ただ乗り問題を逆指摘され、赤恥を掻かされただけでした。
紀子は、こんな不義理を同盟国アメリカに対して働いておきながら、まだ眞子への就労ビザを出せと厚顔にも要求する気なのでしょうか?
国家間における警護ただ乗りはあってはならないことで、皇室が他国から元皇族の警護費用問題で、苦情をその国の国家元首から直接陛下に申し入れられるとはよほどのことだからです。

国内的には同和問題を楯に政治家を黙らせてきたものの、アメリカ相手では同和を持ち出してもどうにもならず、さしもの紀子も逃げ回るしかないのです。
反社構成員が同族になった問題も、向こうさんには「マフィアの親類」としか解されず、ビザは出さずに国外追放しますよ、と直接通知された格好といえます。
米国の国益にならない二人だから、警護費用問題で追い出されるのです。

36
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です