悠仁さま“徒歩通学”は、紀子さまのイメージアップ作戦の一環だった?翌日からは、送迎者で安全対策優先に


文・もっちゃん

今も続く筑附入学批判

今月4月9日に、筑波大学附属高校の入学式に出席された秋篠宮家の長男・悠仁さま。将来、天皇となる悠仁さまの難関校入学は、本来、多くの国民にとっても喜ばしいことであるはずなのですが、実際には、現在でも批判の声が上がっているようです。

「やはり問題だったのは、提携校進学制度によるズル入学と、作文コンクールでの盗作問題ですね。これらは、それぞれ一つずつでも問題だったのですが、二つの問題が合わさったことで、さらに深刻化しました。

悠仁さまが通われていたお茶の水女子大学附属中学校では、生徒たちの成績の詳しい情報が周囲に漏れないように、成績順を公表しないだけでなく、生徒間で、互いの成績に関する話をしない、というのが決まりになっていたのです。

まあ、要は、ここまでしてでも悠仁さまの成績を公表したくなかったということですから、実際の成績の程度が伺われますよね。本当に優秀な成績であったなら堂々と公表すれば良いだけですから。

ただ、宮内庁は、ひたすらに成績を非公表にするだけでは不十分だと感じたのでしょう。そこで、国民に対して“悠仁さまは成績優秀なのだ”という印象操作の道具として選ばれたのが、作文コンクールでの賞の獲得だったのです。

現在、ネット上では、一部で噂になっていますが、秋篠宮家と悠仁さまが佳作を受賞した“第12回子どもノンフィクション文学賞”を主催した北九州市立文学館との間には、黒いつながりがあるようです。



おそらく、たまたま偶然に悠仁さまがコンクールに応募したところに、北九州市立文学館が忖度して佳作を授与したというより、最初から、コネクションのある団体が主催するコンクールに応募して佳作を授与させた、というのが現実でしょう。

ともあれ、これまで宮内庁が作文コンクールでの佳作受賞を悠仁さまが成績優秀であることの根拠としていたこともあり、今回、コンクールでの盗作問題が発覚したことで、国民の間から、改めて、“成績を公表して、本当に優秀だったことを証明しろ”“成績優秀という話はウソだったのだから、筑附合格は取り消せ”といった声が上がっているようです」(皇室ジャーナリスト)

「週刊新潮」で悠仁さま盗作問題の続報

この作文コンクールの盗作問題に関しては、「週刊新潮」が最初に報道したのですが、現在でも、「週刊新潮」が最も詳しく続報を掲載しているようです。

宮内庁は、この作文コンクールの盗作問題に関して、参考文献を追加するなど、「見直し作業」を行ったのですが、悠仁さまは、春休みにも、筑附の入学準備の他に、この「見直し作業」にも追われていたとか。

晴れの入学式に先立ち、高校からはすでに各教科の課題が出されているといい、先の記者は、

「春休み中は、お住まいの宮邸の庭で栽培されている春野菜のお世話をなさりながら、こうした課題に取り組んでこられました」

 そう話すのだが、もう一つ、大事な作業が進行していた。

「2月に行われた一般入試では、悠仁さまも他の受験生と一緒に試験に臨まれました。その直後、悠仁さまが中2の夏休みの課題で応募されて佳作に入選された作文に、他の著作物からの無断引用が発覚しました。実は春休み中は、この作文の“見直し作業”にも追われていたのです」(同)

 件の作文とは、2017年に紀子妃と旅行された際の思い出をつづられた「小笠原諸島を訪ねて」。昨年春には北九州市立文学館主催の「第12回子どもノンフィクション文学賞」で、大賞に次ぐ佳作に選ばれている。

「週刊新潮」(2022年4月21日号)

この作文の件に関しては、悠仁さま本人ではなく、職員が代わりに文章を書いたのではないか?などといった疑問の声も上がっていたのですが、果たして、本当に悠仁さまは、ご本人で見直し作業などをされていたのでしょうか。

紀子さまのイメージアップ戦略

疑惑ばかりの悠仁さまですが、「女性自身」(2022年5月3日号)は、そんな悠仁さまの筑附への登校姿を報道しました。

平日の朝、駅に向かうサラリーマンや学生たちは、紺色のパーカと長ズボンという地味な服装の男子高校生に目を留めることはない。だが彼は秋篠宮家の長男・悠仁さまだったーー。

この春、悠仁さまは筑波大学附属高校に入学された。筑附にとっては初めての皇族の入学となったため、急ピッチで警備体制が強化されていた。

生徒以外が学校を訪問するには事前申請が必要となり、敷地の囲いには侵入を防ぐ有刺鉄線や「忍び返し」と呼ばれる金属製の突起が設置されるなど、万全の不審者対策が敷かれたのだ。

悠仁さまの登校にも側衛官が付き添っていた。ただ、ものものしい雰囲気はまったくなかった。

「驚いたのは、悠仁さまが“徒歩通学”されたことです。筑附から数百メートル離れた場所で車を降り、そこから歩いて登校されたのです。安全確保を第一に考えれば、車に乗ったまま校内に入ってしまうのが最善です。実際に、中学校まではそのような車通学でした」(皇室担当記者)

「女性自身」(2022年5月3日号)

筑附は、悠仁さまの入学に合わせて、入校者の制限や、厳重な警備強化のための改修工事などを行っていたこともあり、肝心の悠仁さまをわざわざ徒歩で通学させることに疑問や批判の声も上がっていましたが、どうやら、こうしたマスコミの取材の日以外は、普通に送迎者で登校されているようです。

「現在、紀子さまは秋篠宮家の評判回復、特に将来天皇となる悠仁さまの評判回復に努めておられますから、こうした徒歩通学のアピールもイメージアップ戦略の一環だったのでしょう。



かなり地味な服装で登校されていたようですが、これも、どうやらその前に行われた入学式で、アルマーニのスーツを着用されていたことに批判の声が上がったために、あえて安物の地味な服を選ばれたようです。

また、この徒歩通学の報道に関して、“安全対策は大丈夫なのか?”といった声も上がっていたようですが、翌日からは、しっかりと送迎者で校内まで乗り入れていたようです」(前出の皇室ジャーナリスト)

現在、国民からの信用が完全に失墜してしまっている秋篠宮家ですが、皆さんは、このような小手先の人気対策で、国民からの信頼を回復させられると思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

15 COMMENTS

一般人の感覚

作文コンクール佳作→悠仁さま優秀!

マーティン奨学金・論文コンペ優勝→小室圭、ニューヨーク州司法試験合格!

とは、行きませんでしたね!!

浅はかなイメージ戦略で、逆にイメージダウン!!

本当に実力ある人は正攻法で結果を出します!

あれやこれやと余計な事をするから墓穴を掘るのです!

悠仁さまが本当に優秀なら学習院高等科から一般入試で東大合格を勝ち取れば良いだけです。

86
返信する
匿名

>匿名さん

その詰めの甘さは娘夫婦も継承しています。

国民に啖呵切ってアメリカへ渡ったのに5月にはビザの期限切れで帰国するそうです。

日本の恥さらしですね。

74
1
返信する
匿名

血統的に皇族である可能性がない男の子にどんな高価な衣装を着せようと、有名校に裏口させて学歴を虚飾させようと、人気が出るはずもなく、偽皇族であることだけが浮き彫りになってしまった15の春でした。

調査書や推薦書を偽装していた時点で、組織的に上げ底戦略をとったことになり、小姓として一緒に連行された二人の同級生の運命をも狂わされてしまい、ことは秋篠宮家だけの問題で済まなくなってきています。

大阪堺市では、中学が内申書への記載を誤ったケースが情報公開で発覚し、二人が本来合格点に達していたはずの府立高校を不合格となっていたことがわかり、大阪府は追加で合格させると報道されています。

これなどは、ズルヒトのケースとは真逆に、学校のミスで落とされてしまったケースですが、ズルヒトと小姓二人の合計三人を裏口合格させるために、不合格になった次点の三人にはどのような補償がなされるのか、特に中学からの内部進学で落とされた子たちを優先し救済するのか、有権者は厳しく政府に問い質すべきです。

まずはズルヒトと小姓二人の合格を取消し、内部進学で落とされた子を優先して、附属高校に入れ直してあげるべきだと思います。もちろん、すでに払い込んだ別の高校への入学金や授業料、諸経費、慰謝料は秋篠宮家が私費で弁償することで。

74
1
返信する
匿名

「人身御供」された小姓学生の2人も月々のお手当てをもらっているのでしょうか?
それなりのお金を頂かないと納得できないし、そうでなければ気の毒です。
でも、シモの世話や学業も全てフォローする要員としてキコに目を付けられ選ばれたのは本当にかわいそう。

ヒサは通学してる様子の写真なども、隠し撮り出来ない罰則付き報道規制があるのに不自然だ。
来ても特別席や別室なのは明確だし、クラスの子たちに口止めするのはやり方が汚い。

先日、ヤフーに筑附の上級生と見られるコメントがあった。
「いきなり改築工事が始まって学業に支障が出る程うるさかった」と。

ずっとコロナで通学に制約がある時期に合わせ、学生がいない間に少しずつ工事をすれば良かったはずなのに、ヒサが新入生になるのが決まった頃から急に工事が始まったそう。
本当に在校生たちにも迷惑な話です。

キコの圧力で筑附の学生がTwitterなどを強制的に止められても、人から人へ伝わる力を舐めてもらっては困る。
昔、キコが皇室入りする前 “とんでもない話” が全国に拡散していったように、ヒサの真実も国民の口伝えで、やがて明らかになるだろう。

53
返信する
匿名

そうですかぁ、それなら紀子が大威張りでメディアに取り上げさせるでしょうけどねぇ。

49
返信する
匿名

ズルヒトは冷感鈍磨なので(遅滞の子によくある)冷たい感覚がなく、スキー場でも一人雪上に寝っ転がっている間抜け写真が報道されていましたよ。
それに、葉山で真冬に、腰まで海水に浸かっても全然平気で、週刊誌に報じられていました。
感覚鈍麻の可哀想な子供なことをお忘れなく。

60
返信する
匿名

スポーツ万能で東大進学もできるほど御優秀な将来の天皇、という設定なンだわ。

35
返信する
匿名

スポーツ万能?

>匿名さん

じゃあ、初めてのゴルフでホールインワンを11回出して18H38アンダーでラウンドしないといけませんね!

某国の将軍様もビックリです!

29
1
返信する
匿名

そう。
剣岳登山も結局、絵面のいい写真(ミテコ式)をとるため だけ のパフォーマンスだったけど、公開されず。

ヘリコプターで往復がばれたこと
難所に一般客の交通を止めたというあるまじき行為
皇太子ご夫妻の爽やか登山に嫉妬した「ウチだってやってます!」という意味不明な対抗意識

など、いつもの 
キコ流 無駄遣い 墓穴掘り 大迷惑パフォーマンス
でボツになりましたね。

32
返信する
匿名

ぼったま、スキー板を装着したら立つこともできず、雪の上に転がった状態での撮影でしたね。
カコさん留学中の家族スキー旅行。
コロナ前は毎春、スキー動画を公開し年々上達する敬宮に対抗したかったのでしょうが、残念。

45
返信する
匿名

パンツ履かない行為はダントツなんだワ。
ノーパン野合
タイで裸で駆け巡る
オムツ変え最中に廊下を駆け回る
留学中の下半身外交

ああ、外交とは秋篠一家にとって=外 人と 交 尾
という意味だったのか。
廃籍下野したら
「変態皇族」
というフーゾクパブ開いたらよろしいわ。

21
返信する
一般人の感覚

そもそも『イメージアップ戦略』なんて掲げている事自体、無能だと言っているのと同じ!

本当に優秀ならイメージアップの必要はありません!

18
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。