「愛子の成年会見の日程を変える必要はありません」雅子さまの傲慢に紀子さま激怒!天皇家へ謝罪要求も


文・もっちゃん

物議を醸すブッキング問題

今月3月17日には、秋篠宮家の長男・悠仁さまがお茶の水女子大学附属中学校の卒業式に出席され、その後、天皇皇后両陛下の長女・愛子さまが、成年会見を行われました。

将来の皇室を担うお二人の晴れの舞台となったこの日の2つの行事ですが、現在、このイベントのブッキングが問題となっているようですね。24日には、定例会見にて、西村泰彦宮内庁長官が、このブッキング問題に関して、異例の謝罪を行いました。

皇居・宮殿で成年会見に臨まれた天皇家の長女・愛子さまのご立派なお姿に、清々しい気持ちを抱いた国民も多かったことだろう。しかしその1週間後、宮内庁のトップが会見に触れて「私のミス」と発言するという異例の事態が起きた。

 愛子さまの成年会見が行われたのは3月17日。その同日、秋篠宮家の長男・悠仁さまが通われたお茶の水女子大附属中学校(東京都文京区)で卒業式が行われた。悠仁さまと秋篠宮さま、紀子さまが出席された。

「愛子さまと悠仁さまのお二人の晴れの日が重なったことは、その日程が発表されたときから、宮内庁の担当記者の間で話題になっていました。いずれも重要なスケジュールであることから、重なったことが偶然であることは考えにくく、宮内庁の何らかの意図があるのか、と騒然としていたのです。

 ところが、3月24日の定例会見で西村泰彦宮内庁長官が、日程の重なりは『私のミス』と発言したのです。いまになって一体何があったのかと波紋が広がっています」(皇室記者)

「NEWSポストセブン」(2022年3月27日配信)

愛子さまは、日程を変更する必要がなかったのか?

まず第一に、先に日程が決定していたのは悠仁さまの卒業式であったということです。ですので、かたちとしては、天皇家が悠仁さまの卒業式の日に、愛子さまの記者会見の日程をぶつけてきたということになります。

一方で、愛子さまの記者会見に関しては、この日以外は予定を組み難かったということも事実でしょう。通例、20歳のお誕生日に先立って行われる成年会見ですが、大学の授業などとの兼ね合いから、春休み中に行うように延期となりました。

また、その他の行事との兼ね合いから調整した結果、この日の会見となったようです。このブッキングに関して、「女性セブン」(2022年3月31日号)は、「愛子さまが会見の日程をずらす必要はなかった」として、次のような宮内庁関係者の言葉を紹介しています。

「日程が先に決まっていたのは悠仁さまの卒業式でした。そこに愛子さまの会見が重なったという格好です。ただ、悠仁さまの卒業式があるからといって、天皇家である愛子さま側が配慮する必要はありません。皇室内の序列は、紀子さまも充分おわかりになっているはずです。それでも、3月17日は悠仁さまの優秀ぶりを国民に強く印象づけるチャンスでした。その機を逸された紀子さまには、悔しさにも似た焦燥がおありだったことでしょう。

 一方、逆風のやまない状況下では、悠仁さまの卒業式が大々的に報じられることで、またあらぬ批判にさらされるかもしれない。愛子さまの会見が同日だったことで、それを避けられたことへの安堵もある。相反する2つのお気持ちの間で揺れ、紀子さまのお心の内は荒れておいでだったのではないでしょうか」(別の宮内庁関係者)

「女性セブン」(2022年3月31日号)

紀子さまは納得できず

「皇室内の序列が上位である愛子さまが日程をずらす必要はない」これが宮内庁内でのコンセンサスとなっていたようですが、このことに紀子さまは納得されなかったようですね。



「一応、天皇家側が愛子さまの会見の日程をずらさなかったことに紀子さまが納得されなかったことにも、それなりの理由はあります。というのも、当然ながら、お茶中の卒業式は、皇室行事ではなく、学校行事ですので、皇室側の都合で日程調整をすることはできません。

ですので、宮内庁側で日程調整してブッキングを避けるには、愛子さまの会見の日程をずらすほかなかったのですね。にもかかわらず、宮内庁は、愛子さまの会見の日程を変更することなく、悠仁さまの卒業式ご出席の日にちと被せてしまった。

どうやら、このことに関して、紀子さまは、宮内庁の判断ではなく、天皇家からの圧力があったと邪推されたようです。つまり、雅子さまが意地を張り、“愛子の成年会見の日程を変える必要はありません”と宮内庁に指示をしたのだとお考えになられたようです。

このため、実際には宮内庁の事務処理上の問題であったにも関わらず、紀子さまは、天皇ご一家と秋篠宮家の面子の問題にしてしまったのですね。

そのため、紀子さまは、宮内庁に対して“将来皇統を継ぐことになる秋篠宮家をないがしろにする雅子さんの傲慢さが許せません!”“天皇皇后両陛下に謝罪を要求します!”などと仰りだし、最終的には、困り果てた宮内庁が、西村長官に謝罪を行わせるというかたちでなんとか紀子さまの面子を保ちながら、許しを得ることができたようです。

とはいえ、今回の問題は、秋篠宮家と宮内庁の間に禍根を残すこととなりそうですね。もともと、出向させた職員を次々に依願退職に追い込んでいく秋篠宮家に対して、宮内庁は良い印象を持っていなかったのですが、今回は、長官に正式な謝罪を行わせてしまったわけですから、宮内庁としては、完全に面目を潰されるかたちとなってしまったわけです。

これまで必死に秋篠宮家を支えてきた宮内庁ですが、今後は、一転して、秋篠宮家潰しの動きが加速するという可能性も十分に考えられるでしょう」(秋篠宮家関係者)

ご自身の面子やプライドを保つことばかりに苦心され、他者への思いやりが全く欠如してしまっている紀子さまは、もしかすると、皇族としての重要な素質を欠いてしまっているのかもしれないですね。



皆さんは、このように被害妄想を膨らませて、暴走して、周囲の人々を振り回してしまう紀子さまについて、どのように思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

15 COMMENTS

嘘つきは泥棒の始まり

雅子さまは関係ないよ。
お茶の水中学の本当の卒業式は18日だったけど、悠仁さんはライブ映像流せないから16日以前に前撮りして編集して18日に放映するはずだった。
しかし、16日のフライング記事で「悠仁さまは17日に卒業されました」と報道されてしまった!
凄いなあ、未来記事だよ。
で、17日に放映するしかなかった。
障碍のある息子を優秀だと偽り、皇位継承権2位にしておかなければならない。
だんだん嘘が大きくなる。
その割にキコさんは人間関係全滅の絶望的な人だから、周囲の人間は気合い入れて協力しない、誤魔化してくれないわけよ。
まあ、嘘と誤魔化しは人によく思われないのが普通だけどね。
可哀想な悠仁さんとも思ってもらえないんだね。

150
返信する
毒紀の子

16日のフライイング記事、あったね。

2022年3月16日 11:14配信の女性自身からのYahooNews『【祝ご卒業】悠仁さま 卓球部所属、成績優秀…お茶大附属での12年』(16日の
菊紋に投稿した❗️)
   …… 記事の冒頭 ……
❮3月17日、悠仁さまはお茶の水女子大学附属中学校の卒業式に出席された。
悠仁さまは、お茶小でのびのびと個性を伸ばしていかれた。
小学3年生のときには、毎年恒例の「宮内庁職員組合文化祭美術展」に「車両用電球信号灯の模型」を出展。
ほぼ実物大の信号機の模型で、青赤黄の点灯時間にまでこだわるほどで、大人顔負けの作品だった。
また、秋篠宮さま、紀子さまと日本各地の様々な土地を訪ね、視野を広げられている。 沖縄、広島、長崎の平和公園、慰霊碑で供花されたり、ご訪問先の都道府県の文化にふれ、伝統工芸などを見学されてきた。┅

前日に、翌日の卒業式が行われたという「未来新聞」?‼️

そして、すぐにこのNewsは削除され、検索しても、出てこなかった❗️

つまり、本当は18日なのに、卒業式は17日と報道することにしていた。
で、女性自身は前もって 記事と写真を用意していて、その偽装報道に加担する約束をしていたけど、間違って16日に出してしまった❗️

それらがバレて、問題になり、長官が弁明? もっちゃんも 長官に加担してる❓️

88
返信する
とくめい

敬宮愛子様の成年会見と悠仁さんの中学卒業の事例がたまたま重なっただけの事。
良識ある日本国民におきましては何方が重要な皇室行事であるか良く理解しております。

紀子妃の『天皇皇后の謝罪を要求します!』の言いがかりが酷い。出自が判ります。

其れよりも秋篠宮家の会計監査・DNA鑑定を早急にお願い申し上げます。

133
返信する
匿名

> まず第一に、先に日程が決定していたのは悠仁さまの卒業式であったということです。ですので、かたちとしては、天皇家が悠仁さまの卒業式の日に、愛子さまの記者会見の日程をぶつけてきたということになります。

> 一方で、愛子さまの記者会見に関しては、この日以外は予定を組み難かったということも事実でしょう。通例、20歳のお誕生日に先立って行われる成年会見ですが、大学の授業などとの兼ね合いから、春休み中に行うように延期となりました。

えーと、あの…
このサイトは本当に皇室内の出来事や会話を記録して綴っているんでしょうか?
であれば、お茶の水付属中学校の正しい卒業式の日も実はご承知のはずですよね?

お茶の水女子大学の近くにお住まいの方が直接行って、18日が卒業式だったことを確認したということです。
これはTwitterにもYou Tubeのコメントにもしっかり書かれていて拡散されています。
卒業式と会見の日は同日ではなかったのです。

あなた方、何者ですか?

125
返信する
匿名

もともとは秋篠宮家や宮内庁の元職員が始めたブログだろうけど、彼らは個人情報を秋篠宮家に握られているから、キコ派の陰湿な嫌がらせを受けて倒れてしまったんだろうと思ってます。
それで、なんでもやるユーチューバーあたりが請け負った。
「もっちゃん」は皇室のこともあんまり知らないし、興味もないでしょうよ。
まあ、いろいろ内幕を知って、秋篠宮家から天皇が出るのは勘弁~とは思っているだろうけど。

71
返信する
ご皇室は性善説

この記事の題名:
>「愛子の成年会見の日程を変える必要はありません」雅子さまの傲慢に紀子さま激怒!天皇家へ謝罪要求も

君は一体、どちらの味方なのかね?
「雅子さまの”傲慢”」とは何ぞや。
皇后さまが主体的にご指示をなさったという証拠もなく、単に「紀子妃が被害妄想を募らせた」と言いたいのなら、皇后さまには何も”傲慢”なお振る舞いなどないではないか。

”毅然とした態度”とか、表現はいくらでもあるものだよ。

それとも、君こそ、実は秋篠宮家シンパなのではないかw
天皇家を支持する、少なくとも、秋篠宮家を嫌悪する者なら、このような書き方をしないものだがねぇ。

それと、前から他の方が指摘されておられる”ブッキング”、いい加減に直したらどうか。
「ダブルブッキング」のことを言いたいのだろ。

>宮内庁側で日程調整してブッキングを避ける

「予約(Booking)」を避けてどうするw

過ちは恥ではないぞ、高梁モトヤ。
改むるに憚ることなかれ

55
返信する
それでもいいのよ

あ、そうなの。外注のブログかあ。
小内さんたちの前例があるから仕方あるまい。
できるだけ頑張って存続してね。

44
1
返信する


匿名

面白い記事ありがとう。
紀子はB出身だけに、やることが毎度ヤクザのそれ。

つまり、相手に絡んでいって、紛争を自ら起こさないとBではまともに扱われない習性から、何かにつけて自分から言いがかりをつけないと満足できない困った女なのです。
こういう悪癖があると、お友達もできないし、家庭内でも孤立するし、夫婦仲は最悪になり、子供ともおかしくなるしで人生最後は破綻する。早晩この家は潰れますよ。

48
返信する
匿名

夫が非嫡出の非皇族だと知れ渡ってきたので、「継承権はこっちのものじゃなかったの?」との焦りが露骨になってきた紀子。

こうやっていちいちズルヒトファーストを確認しようと足掻けば足掻くほど、その裏には、安定しない偽皇族としての偽りの身分と、賤民出という危うい出自問題があると逆に知られてしまうだけなのにね。

だって夫が嫡出のほんまもん皇族で、ガキも知恵遅れでなければ、黙っていてもいまの典範で皇位は手に入るのに、どこかの時点でDNA親子鑑定が実施されるか、ガキがセイハクであることを理由に、典範第三条による廃嫡決定を求める皇室会議が招集されれば、すべての野望は水泡に帰すので、一日中イライラのしっぱなし、ヒステリーを起こしていなくてはならない。

偽皇族では辛いだけよね。早く臣籍降下して楽におなりなさいな。

23
返信する
匿名

心に鬼を宿し、皇后陛下、敬宮様への悪質極まりないストーキングを続行する、それが紀子さんです。

15
返信する
匿名

ズルヒトの裏口入試は偽計業務妨害罪違反の違法行為だし、盗作事件も著作権法違反の違法行為なので、どちらも生涯絶対に消せない汚点となりました。
しかも世界中に報じられています。

有罪確定こそしていないものの、判例等から違法行為だとわかるので、日本一の名家に属する人だけに事実上の”前科”がついたも同然の公開処刑済なのです。
この事実上の”前科”は、卒業式をどう報じるかで消せる性質の醜聞ではなく、忘却を待てばいいものでもない、覆水盆に返らずの典型となりました。

14
返信する


匿名

紀子のコンプライアンス感覚っておかしくないか?

一般人なら逮捕されたり、書類送検されるような裏口入試、賄賂寄附、公金横領、工事費水増し請求詐欺、息子の著作権法違反など、どれも大事件なのに、なぜか自分たちには不逮捕特権があるように思い込んでいるようだ。
もし今後おなじような悪事を働いた人が捕まっても「秋篠宮家でもやっていたのにあちらは許されるのはどうしてなのか」と裁判で弁護士が言い出さないとも限らない。

皇族なら違法行為OK、違法行為やり放題。
こんな前例や不文律、日本にはなかったはずだけど、出生したバラック村の流儀なのかしら。

14
返信する
匿名

紀子のいうことなすことすべてが非常識の一言。
悠仁には必要な特支での療育を受けさせないで、東大裏口を口走るし、そもそも幼稚園以来の裏口入試を違法行為だとも認めないところが、皇族失格というしかない。
誰よりも国民の模範であるべきところを、反面教師に親子ともどもされていて恥ずかしくはないのだろうか。

昨日は久子さまが、外交で大活躍。
桜の記念植樹を大使館のお庭にされて、立派なスピーチぶりと、桜なので、ピンク色のパンプスと二重マスクの颯爽ぶりに感服させられました。

横目、短足、賤民の駅南卑にはとても真似できないとしばし痛感。

11
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。