「お金は、うちが用意しないといけない」眞子さん想う川嶋辰彦教授の遺言の衝撃 皇室利権からの裏支援は確定か?


文・もっちゃん

川嶋辰彦さん死去

今月4日、紀子さまの父親で、学習院大学名誉教授の川嶋辰彦さんが東京都内の病院で亡くなりました。81歳でした。

その後、6日には、秋篠宮ご一家が東京都新宿区内の川嶋さん宅を訪問され、26日に結婚した眞子さんも夫の小室圭さんと共に訪れました。

「女性自身」(2021年11月23日号)の記事によると、眞子さんは、26日に10月26日に小室圭さんと結婚してからも、頻繁に川嶋さんのお見舞いに訪れていたそうです。

10月29日には、川嶋さんに紹介するため小室圭さんも同伴でお見舞いに訪れていたようですが、大変暗い表情を見せていたようですね。

川嶋さんの様態が悪化していたことに加えて、この日は、小室圭さんのNY州司法試験不合格の通知が届いた日でもありますから、眞子さんが暗い表情を浮かべていたのも無理はないでしょう。

川嶋さんは、小室圭さんの経済面に関して、大変心配していたそうですから、NY州司法試験の合格を伝えることで、少しでも安心させたい、という想いもあったことでしょう。



ですが、結局、試験は不合格で、当分の間、薄給の事務員として過ごすことが確定したのですから、眞子さんとしても、なんと説明すれば良いのか、大変悩んだに違いありません。

しかし、こうした様々な苦悩を抱えて暗い表情を浮かべていた眞子さんとは対照的に、小室圭さんは、それほど落ち込んだ様子もなく、逆に眞子さんを励ましていたそうです。

この時の眞子さんの悩みは、何より、小室圭さんが試験に不合格であったことと、試験の不合格を祖父に伝えなければならなかったことだと思うのですが、まさに、その悩みの元凶であった小室圭さんから、励まされていたのですから、眞子さまとしても大変、複雑な心境となったのではないでしょうか。

小室夫妻への経済支援を決意

川嶋さんは、小室圭さんと眞子さんお二人の結婚に関して、生前、周囲の人々に対しても、様々なことを語っていたようです。先の「女性自身」の記事では、学習院関係者による、次のような証言が紹介されています。

「川嶋先生が、眞子さまの新居探しなどにかかるお金について、『うちが用意しないといけないんだろうな』と、おっしゃっていたというのです。小室家には経済的に頼れないということを、すでにご存じだったのでしょう。

秋篠宮家に支払われている皇族費は税金が原資ですから、先生は、そのお金で新婚生活を援助すべきではないというお考えのようです。『もう腹をくくるしかないよ』とも、おっしゃっていたそうで、具体的な経済的支援についてもある程度考えていらしたのではないでしょうか」

「女性自身」(2021年11月23日号)

この学習院関係者の方は、特に問題もないと考えて気軽に、川嶋さんから小室夫妻への経済的支援について語ってしまったようですが、川嶋さん自身は、このことは隠すべきであると考えていたのか、「女性自身」の記者からの質問にお茶を濁していたようです。

「結婚式への援助ということならば、どこのお宅でも同じだと思うのですけれど、(当人たちの)親御さんなり、一つ上の世代なりのお考えもあって、どんな式を挙げるかを選択していくことはあると思います。これはあくまで一般論ですが。

僕が(経済的な支援を考えているという)そういう気持ちを持っていたとしても、そんなにはっきりとは語らないように思えるのですが……、もっとも寝言で言っちゃったのかはわかりませんが(笑)」

経済的支援については、川嶋さんは慎重に言葉を選んでいた。金銭トラブル発覚直後から、小室さんの父や祖父が自殺をしていたことなど、“小室家の過去”が次々と報じられ、「結婚をやめるべき」という声が高まってきた状況のなかで、川嶋さんも懊悩の日々を送っていたのだろう。

「女性自身」(2021年11月23日号)

川嶋家と皇室特権

一つは、川嶋さんがお二人の結婚に最後まで反対していたということでしょう。また、多くの人々がお二人の結婚に反対していたことも知っており、結婚に関して次のように語っていたようです。

――それでは先生は、眞子さまと小室さんのご結婚をあくまでも応援されるということなのでしょうか?

「……(孫の結婚については)僕なりの感情はありますよ。(小室さんとの結婚に関しての)多くの方の話を聞き及ぶと、僕の基準から考えたときに、『ああ、残念な結果になってしまった』と、寂しく思います。(祖父の)僕が寂しく思うということは、いまの世間の動きからするに、(皆さんが応援していない)可能性は微小ではないような気がするんです……」

(同前)

結婚には反対していたものの、小室圭さんの稼ぎが少ないために、経済的支援を余儀なくされる。さらに、こうした経済的支援を行えば、世間から批判を浴びるということまで、予想していたでしょうから、川嶋さんの苦悩も大変なものだったことでしょう。

それから、もう一つは、ある種の皇室利権を享受していた川嶋家が小室夫妻へ経済的支援を行えば、間接的に皇室利権によって得たお金が小室夫妻へ流れることも意味します。



例えば、紀子さまの実弟である川嶋舟さんは「紀子さまの弟」という肩書を利用して、怪しげなNPO団体の寄付金集めに協力していたことを「女性セブン」(2019年2月14日号)が報じています。

また、川嶋辰彦さんも、いわくつきの「パチンコチェーン経営者」である三井慶昭社長と家族ぐるみの付き合いを続けていたことや、さらには資金援助を受けていたことを「週刊新潮 」(2019年6月6日号)が報じています。

要は、川嶋家の資産というのは、大部分が皇室利権を利用して得た不当利得なのですね。秋篠宮ご夫妻は、少なくとも表向きは、小室夫妻へ直接の資金援助は行わないという姿勢を貫くでしょうが、このような不当な皇室利権を活用して得た富が川嶋家から小室夫妻へ流れるのであれば、それは事実上、皇室から小室夫妻への迂回支援といっても過言ではないでしょう。

今回の、小室圭さんの川嶋さんの葬儀への参列や、川嶋さんの小室夫妻への経済的支援発言に関しては、TwitterなどのSNSでも、様々な疑問や批判の声が上がっているようです。

宮内庁は小室が皇室に潜り込めば責任を取らなければならない。既に川島家の家族葬に参列した。どう理屈を付けようと踏み込んだのは間違いない。宮内庁の見解を聞きたい。さまざまな支援の理由と、内容の公表を求める。

それにしても娘を皇室に送り出す時には、金銭面は全面的に皇室におんぶにだっこだった川嶋家が孫の結婚を経済的に支援できるようになるとは、皇室の外戚って儲かるね

眞子さまと小室圭さんの結婚で、ひとまず落ち着くかと思われた、小室家や秋篠宮家の問題ですが、どうやら、ネットメディアなどでは、今後もしばらく追及が続きそうです。

ご拝読ありがとうございました。

19 COMMENTS

匿名

紀子の結婚に際しては手袋代すら出さず、全額宮内庁に請求しておきながら眞子夫婦に経済的支援?
ちゃんちゃらおかしい!

91
返信する
一般人の感覚

故川嶋辰彦氏からすればM子さんは可愛い孫娘です。支援してやりたいと言う気持ちは当然ですし理解出来ます。

ただ、KKの収入が少ないから悩んでいたと言う事ですが、この方は一体年収いくらをベースに『少ない』と言っているのでしょうか?

不合格とはいえ今の勤務先でのKKの収入は600万円と言われています。ちなみに日本の令和2年の平均年収は433万だそうです。KKは今年30歳になったばかりなので20代の年収を見ると300万円台です。

同年代と比較しても倍近く稼いでいます。中には平均以下の者もいます。なのでKKの年収は世間一般的には決して低くないのです。

一応、生活出来る収入は得ているので嫁の祖父が支援する必要は無いのです。普通の感覚なら与えられた年収の中でやり繰りして生活します。

しかし、KK夫妻の場合は自分達の希望する生活水準を満たしたいが為に少ないと言っているのです。もっと有り体に言えば『ニューヨークでセレブ生活(新婚生活)を満喫したい』と言う事です。

要は、単なる我がままです。

ニューヨークでセレブ生活したいなら、親族の支援をあてにしないで自力で賄える様になってからすればいい!

それまでは身の丈に合った生活をすればいいだけの事!足らない分を親に泣きついて税金で補てんしようとするから国民から批難されるのです。

83
1
返信する
匿名

おっしゃる通りです。非の打ちどころの無いコメント。秋篠宮家関係者しっかり読めよ!

43
返信する
匿名

私ももちろんそのご意見に大賛成!!
とてもスッキリ言って下さいました。

秋篠宮家読め〜!!

41
返信する
一般人の感覚

先程、カナダメディア『セレブレーティングザソープ』にて、KKは『ゴールドディガー』のらく印を押されました。

『ゴールドディガー』とは、恋愛ではなく金銭目的で他人と交際するという意味であり、侮辱的な愛称だそうです。

確か中国のメディアでも『軟飯男(ヒモ男)』と言われていましたね。

もう日本の言論統制をしたレベルではどうにもならない状況ですよ!

しかも、マーティン奨学金貰っての初のNY州司法試験不合格者!

今後、KKは幾つの不名誉な称号を得るのでしょうか?

更に母親の金銭問題未解決に、KK自身も奥野法律事務所から留学時の生活費を借金しているんですよね?

もう『負の連鎖』は止まらないのではないですか?

ところで、2月のNY州司法試験の申込みは今月1日〜30日までだそうです。KKは申込んだのでしょうか?

というか、いつまで日本に滞在して仕事もしないでのんびりしているのでしょうか?

随分と呑気ですよね!やっぱりロイヤル生活保護!ロイヤルニートは伊達じゃない!

60
返信する
おばば

自分の考えですが・・・次期天皇は三笠宮彬子様になっていただき、その次は愛子様がよろしいかと思っております。その頃、自分はもう生きてはおりませんが。
以前は皇室を敬愛していましたが、眞子さんの件でいろいろな事がわかり落胆しております。何も知らないほうが良かったです。
小室夫妻は早くアメリカに行って、自立してくださいね。セレブでなくても良いじゃないですか。贅沢、見栄を張るのを辞めたら楽になりますよ。
ゴールドディガー君、そのお嫁さん、名誉挽回してくださいね。

33
1
返信する
ジンジンジンジン

皇室に利権や特権があると?逆だろ?制限されてるからな?あと、憲法違反等の疑いががあるなら、皇室や、川嶋家や小室家より政府を批判するのが筋だよ?理由はわかるな?

13
返信する
匿名

>ジンジンジンジン
「理由はわかるな?」オメぇーが一番分かってねぇ〜だろ!(笑)

10
返信する
匿名

>ジンジンジンジン
あっそう!お前法学部出身なんだ!
だったら、俺じゃなくて小室夫妻に憲法の解説してやれよ!(笑)
一番理解しなくちゃならない人間が、一番分かっていないから!(大笑)
小室圭にも会えるし、ファンにはたまらんだろ?

5
1
匿名

>ジンジンジンジン
法学部出身なら小室圭に代わって2月の試験受けてやれよ!
勿論、替え玉受験で不正は分かっているけど、小室圭の為なら本望だろ?(笑)

5
1
匿名

>ジンジンジンジン
お前、まさかスナックのママの前で憲法の解説とか話してないよな?ドン引きされるぞ!(笑)

匿名

>ジンジンジンジン
お前、法学部出身なのにソースはペヤングなんだ!次から「ソースは六法全書や!」にすれば?(爆笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。