現役弁護士が断言「NY州司法試験不合格では、仕事にならない」マスコミが作り上げた小室圭さん優秀神話の崩壊


文・もっちゃん

試験不合格後も小室圭さんへ支援を続ける奥野法律事務所

先月10月30日に、NY州司法試験不合格が報じられた小室圭さんですが、現在でも、この試験不合格に関して、様々な評価がなされています。

小室圭さんは、試験の不合格後には、真っ先に日本で勤務していた奥野法律事務所の所長・奥野義彦氏に報告をしたようです。

小室圭さんは、フォーダム大学留学中に、奥野法律事務所から、約1000万円程度の借金をしていたとされており、事務所側からすれば、たとえ、小室圭さんが試験に不合格だったとしても、返済を迫りたいはずなのです。

しかし、実際には、奥野法律事務所は借金の返済を迫るどころか、「東スポWEB」の報道によると、今後もバックアップを続けるそうです。

小室圭さんは、もともと奥野法律事務所から、「弁護士資格取得後に再度雇用される」ことを条件に支援を受けていたとされていますから、NYの弁護士事務所に就職を決め、さらに、3年間支援を続けたにも関わらず、NY州司法試験に不合格となった小室圭さんへの支援を続けるのは、まさに盗人に追い銭といったところでしょう。

この奥野法律事務所から小室圭さんへの金銭支援に関しては、秋篠宮家から、小室夫妻への迂回支援であるとも噂されており、今後も検証を続けていく必要がありそうです。



仕事のできない小室圭さん

また、奥野法律事務所がこれほど熱心に支援を続けるからには、小室圭さんは余程優秀で仕事ができるのではないかとも思うのですが、どうやら、そういうわけでもないようです。

「週刊文春」は小室圭さんが日本で仕事をしていた頃の元同僚に取材し、「小室圭さんは優秀ではなく、むしろトラブルメーカーであった」とする次のような証言を得ています。

UFJ関係者が言う。

「当時、小室さんは“問題児”扱いされていた。彼の担当案件では、上司がお客さまへお詫びしなければならないことも多く、上司は随分苦労したそうです」

 銀行を退職後、パラリーガルとして勤めた奧野総合法律事務所でも、決して評判は良くなかったという。

「彼のフォーダム大留学が決まったとき、奧野事務所のメンバーの一人は『やっといなくなる』と清々した様子を見せていました。決して仕事ができるタイプではなく、むしろ“お荷物”だった、と」(法曹関係者)

 垣間見える小室さんの「本当の実力」――。その仕事ぶりに周囲から疑問を持たれながらも、小室さんは米国で弁護士を目指した。

「週刊文春」(2021年11月11日号)

多くの国民が、お二人の結婚に反対し、小室圭さんの能力を疑問視する状況で、ワイドショーなどのテレビ番組は、「小室圭さんは優秀な努力家だ」といった印象操作を続けてきましたが、ここに来て、完全にメッキが剥がれてしまったと言って良いのではないでしょうか。

また、小室圭さんの優秀さの証明として語られる、論文コンペの優勝に関して、「そもそも、それほどレベルの高いコンテストではなかったのではないか?」といった意見も出ているようです。

小室さんが学業の合間を縫って取り組んだのが、論文コンペへの応募だった。その結果、NY州の弁護士会主催のコンペで昨年は二位に食い込むと、今年はスタートアップ企業がウェブサイトを開設するにあたっての注意点をまとめた論文で優勝を果たした。

 これは果たしてどんなレベルのコンペなのか。

「コンペを主催しているのはNY州弁護士会のビジネス法部門。所属しないと情報量に差がつく部門もありますが、ビジネス法部門に実務的な影響力はありません」(別の在NY弁護士)

 論文コンペ自体も、主要な大学の学生がこぞって応募するものではないという。

「いま、名門・コロンビア大学で学生に紹介されている論文コンペは、優勝賞金が約百十万円。これは米国のロースクール生の論文コンペで最も高い水準ですが、小室さんの優勝賞金が約二十三万円だったことからも、規模の差は歴然です。他のコンペは『査読は(応募者が分からない)ブラインドで行う』などの厳格な但し書きがありますが、このコンペにはなく、手作り感が強い」(同前)

「週刊文春」(2021年11月11日号)

小室圭さんの論文コンペ優勝について報じられた際に、ネット上では、「なぜ、コロンビア大学などの名門校の生徒を差しおいてフォーダム大学の小室圭さんが優勝できたのか?」などといった疑問の声も上がったのですが、そもそも名門校の生徒からは、それほど注目もされないマイナーな大会であったようです。

また、他のコンペは「査読は(応募者が分からない)ブラインドで行う」ようですが、あえて、査読をブラインドで行わないマイナーなコンテストに応募したという点も気になります。

あくまで推測に過ぎませんが、小室圭さんの名前は、すでにNYで、ある程度有名になっていたようですから、もしかしたら、「日本のプリンセスのフィアンセ」である小室圭というネームバリューを最大限に活用しようとしたのかもしれません。

NY州司法試験不合格では仕事にならない?

ですが、マスコミが作り上げた「小室圭さん優秀神話」を何よりも打ち砕いたのは、今回のNY州司法試験不合格でしょう。



「週刊女性PRIME」は、今月6日に、「小室圭さんのNY州司法試験の“落第”に、現役弁護士“自分の周りでは見た事がない”」と題する記事を配信し、「これまで十数年、司法修習生時代を含めればもっと長い期間ですが、自分の周りでニューヨーク州の司法試験を落ちた人は、正直これまで見たことないですね」という現役弁護士の言葉を紹介しています。

また、NY州司法試験では、日本人にとって言葉のハードルがあることは認めながらも、「言葉ができなければ、仕事にならない」として、次のように語っています。

「日本の司法試験に落ちて、ニューヨーク州の試験を受ける人もわりといますよ。というよりも、弁護士の予備校がニューヨーク州を勧めるケースも聞きますから。実際に私が通っていた学校でも、学校側から“ニューヨーク州なら受かると思うから”って勧められていた人は何人も見ています。

 もちろん日本人がアメリカの試験を受けるわけですから、言葉の壁はあるとは思います。しかし、数年向こうで仕事をしていたのなら、その点は“ない”と言っていいんじゃないかと思います。そもそもアメリカで法律関係の仕事に就いていたわけですから、言葉ができなければ、仕事にならないはずですから……」

「週刊女性PRIME」(2021年11月6日配信)

まさに、生き馬の目を抜くようなNYの弁護士業界ですが、果たして、小室圭さんは苦難を乗り越え、無事に活躍することができるのでしょうか?

ご拝読ありがとうございました。

43 COMMENTS

一般人の感覚

このNY州司法試験は学力だけでなく『性格と適正』という人物像も査定されるそうです。

この査定内容には受験生の過去の動向(トラブル)など多岐に渡り、ネットなどでもキッチリ調べるそうです。

そして『正直で誠実』な人物に弁護士資格を与えるそうです。この情報を知った時、私はKKの合格は完全に無理と確信しました。

そもそもKKは正直と誠実の真逆の人間だからです。

そんな人物に弁護士資格を与えたらとんでもない事になります。まさにNY州司法委員会の判断は正しいと言う事です。

むしろ、KKの身辺調査を怠りM子さんとの結婚を強引に進めたA宮家と宮内庁の判断は大間違いと言う事です。

それどころか、事が上手く運ばないと自身の間違いを認めるどころか国民へ責任転嫁する始末、恐ろしいのはロイヤルパワーで黒を白に変えようとしている事です。

お上の都合の良い様にする。これでは独裁国家そのものです。

117
2
返信する
トムキャット

2018年月4日
NEWSポストセブンの記事より引用
「小室圭さんを弁護士に育てる」とフォーダム大が本気モード
「日本の弁護士でもなく、そもそも大学で専門的に法律の勉強をしたこともない、パラリーガルという“事務員”の小室さんを、難関のニューヨーク州の弁護士試験に合格させたら、フォーダム大学は“すごい大学だ”と全米に名前を轟かせるでしょう。その一方で、“ロイヤル”を合格させられなかったら、それこそ沽券にかかわります。

 何がなんでも試験を突破させたい大学は、小室さんだけに、他の留学生にはつけていない『特別教授』を用意するようです。講義室での授業だけではなく、マンツーマンの個別授業も行って、徹底的に面倒を見るようですよ」(前出・外務省関係者)

 大学が威信をかけて“個別特訓”までするのだから、小室さんにも充分に合格のチャンスがあるはずだ。

。。。。こんな鳴り物入りでF大で勉強していたのよね〜(遠い目)

87
2
返信する
匿名

>トムキャットさん
そこまでお膳立てしてもらって不合格ですからね。しかも、マーティン奨学金を貰っての初の不合格!

日本の恥です!

96
1
返信する
ジンジンジンジン

トムキャットさんや、もう少し調べてからコメントしたほうがいいよ。オツムが…

1
45
返信する
匿名

この人以前からここで絡んでるんです。宮内庁の回し者かしら?

34
匿名

>匿名さん
絡んでくるくせに墓穴を掘って自滅していますけどね。

31
一般人の感覚

某大手銀行時代は『問題児』

奥野法律事務所時代は『お荷物』

マーティン奨学金貰って論文コンペ優勝したのに『司法試験不合格』

これがKKの真の実力なのでしょう。

と言うよりKKは元々仕事嫌い!働かないで一生楽して生きていきたいから『逆玉の輿』狙いで結婚相手を探していた。

そこへ皇族という最高のステータスを持つM子さんが見事に引っかかった!

恐らく弁護士だって本当になりたいわけでなく、取り敢えず目指しているフリをしているだけ!

2回目も落ちたら、A宮殿下の口利きでNYの何処か大手の企業に入れてもらう魂胆でしょう。

家賃など生活費の不足分はA宮家の援助で賄う!

これから二人の海外生活を支えるために血税が垂れ流されます。

93
1
返信する
一般人の感覚

先日、M子さんの母方の祖父が亡くなりKK夫妻が揃って葬儀に参列したそうですが・・・

あれ?何でKKがA宮殿下の義父の葬儀に出席するのですか?A宮家はK家との家同士の付き合いはしないはずでは?

K室家とK嶋家は無関係ですよね?

KKを親族の冠婚葬祭に出席させて、将来的には皇族の一員として認めさせるための伏線ですか?

数年後には、しれぇ〜と宮中晩餐会にKK夫妻で出席しているかもしれませんね。

そして最終的には、天皇即位の儀式にも出席させる!こうなるとA宮家はKKを親族として認定した事になる!

これがロイヤルパワーで黒を白にする行為なのです。とてつもなく恐ろしい事です。

黒の上に白を塗ってもグレーにしかなりません!A宮殿下はグレーなら何でもOKという事でしょうか?

87
1
返信する
Makomuro

A宮様の御殿にはM子様の棟もすでに建築済みだそうですね。ゴニョゴニョと数段階にわたってメディアや国民を騒がせて、言いたい事を言わせて、無視してお引越し〜、と言う絵が来年あたりありそうですね。

60
1
返信する
浜田美智子

小室さんと同時にニューヨークの司法を受験し合格した日本人の方々のプロフィールを見れば小室氏には過酷な挑戦だった事は明らか。

他の日本人の受験者の方々は日本のトップの大学の法学部卒、日本の弁護士資格取得済みで、実務経験が豊富にあり、トップの米ロースクールで学ばれた方々。

合格者の写真からはどの方も内面から湧き出る難関を突破したイキイキとした表情がみられ、どんなに整形手術をしても真摯に物事に取り組んだ目の輝きは得られない事を物語る。

司法試験に挑戦する名目で留学し、人様から金銭の援助を受け、日本全国に注目されている身である彼に、どのようにしたらそのマインドに整形をしようと言う邪念が入り込むのか、国民ばそんな小室氏の思考に共感できず不安を覚えている。。

いくら海外に拠点を作って欲しかったにしても夫に恥をかかせるm子様、残酷すぎる。

69
2
返信する
ジンジンジンジン

主観と偏見でコメントして国士きどりかい?あなたなど、小室さんの足元にも及ばんからね。

2
44
返信する
匿名

>ジンジンジンジン
ロイヤルニート、ロイヤル生活保護の小室圭のどこが凄いの?(笑)
もう30歳なんだから他人の金をあてにしないで自分で働いて生活しないとな!

41
返信する
ジンジンジンジン

ロイヤルニート、ロイヤル生活保護という造語の意味が分からないが…小室さんは、ニートではないし、生活保護も受けてませんよ?

1
46
返信する
匿名

>ジンジンジンジン
えっ!知らないの?鈍臭いやっちゃなぁ~検索してみろ!あっちこっちで多用されているぞ!今年の本当の流行語大賞だぞ!(笑)

35
1
ジンジンジンジン

何度でも言うで、誹謗中傷はやめなさい。言論の自由は無制限ではないよ?このブログ主の記事は明らかにアウト。コメントしてる奴らの大半もね。嘘だと思うなら、法テラスにでも行きなされ。

2
42
返信する
匿名

>ジンジンジンジン
小室夫妻が親(税金)のスネかじりを止めれば騒動は収まる!
まずは小室圭がキチンと働いて自分の収入のみで嫁さんを養って自分達の生活基盤を作る事だな!

41
返信する
ジンジンジンジン

おいおい、男が女を養わなきゃいけないって時代でもないでしょ?共働きでもいいし、なんなら主夫でもええやん。

1
33
返信する
匿名

>ジンジンジンジン
そうだな!夫婦の形なんて千差万別!
当事者が納得しているなら周りがゴチャゴチャ言うべきじゃない!
ただ複雑性PTSDの眞子さんを働かせて小室圭が主夫できるのかな?
病人の眞子さんの収入だけでニューヨークで生活出来るのかな?
勿論、生活費が足りないからといって税金で補てんしない事が鉄則だけどな!

33
1
返信する
ジンジンジンジン

ロイヤルニート?ロイヤル生活保護?新聞にはそんな造語載ってないなぁ。ネットより新聞のが信頼できるからなぁ…君等みたいにファミコンとかワープロになれてないからなぁ。

30
返信する
匿名

>ジンジンジンジン
はぁ!?ファミコン?ワープロ?アンタいつの時代の人間だよ?(笑)あれ?ソースはペヤングじゃねぇ〜の?(笑)
ちなみに海外メディアでは「軟飯男(ヒモ男)」「貧乏婿は役に立たない」と揶揄されているぞ!
病人の眞子さん働かせて小室圭が主夫したら更に恥の上塗りだぞ!

28
1
返信する
匿名

>ジンジンジン
そうかぁ〜これから成人式!じゃあ、お前の目が節穴でも仕方ないわな!(笑)
人を見る目を養わないと小室佳代みたいな女に出会っちゃうぞ!(笑)

27
1
返信する
ジンジンジンジン

中条あやみくらいで妥協するよ。

18
匿名

>ジンジンジンジン
中条あやみくらい?いやいや!向こうは断固拒否の名前出されて大迷惑だよ!(大笑)

22
返信する
ジンジンジン

知ってるの?世間は狭いな。近所のスナックのママの源氏名なんやが。(誰も女優さんとはいってない)

19
返信する
匿名

>ジンジンジン
ヘェ~成人式控えているヤツがスナック通い?
あれぇ〜!世間はここ1年半以上コロナ禍で飲食店は軒並み時短などでロクに営業してね~けどな!おかげで閉店したスナックも結構あったけど、お前は通ってたの?しかもコロナ感染のリスクめっちゃ高いのに?
店が通常営業していたのは緊急事態宣言が出る前の去年の初め頃!来年の成人式控えているなら、お前は十代って事になるよな?
未成年がスナック通いしてママを口説いても相手にされねぇ〜ぞ!(笑)
つーか、既にママの術中にハマっているんじゃね~のか?だからお前金ねぇ〜んだよ!(笑)スナックネタで墓穴を掘ったな!(大笑)

17
返信する
ジンジンジンジン

おいおい、誰も私が成人式を迎えるなんていってないよ?楽しみとはいったが。

15
返信する
匿名

>ジンジンジンジン
はっ!?自分の成人式じゃ無いのに楽しみなのか?変わった嗜好だね!(笑)
まだ『楽しみなのは俺の成人式じゃない子供(孫)のだよ!』って言い訳の方が納得したけどな!
そもそも、お前がファミコンだのワープロなんて言い出すから『アンタいつの時代の人間だよ』って俺は聞いたんだけどな!
『成人式が楽しみ』って答えるから来年の事かと思えば『自分のじゃない!』と言い訳する。全然Q&Aになってねぇーじゃん!(笑)
都合が悪いと一方的に自己主張して完結させる小室圭と同じじゃん!
あぁ〜なるほど!だからお前は小室圭を崇拝しているのか!似たモン同士だからな!(笑)
知ってるか?小室圭は中国メディアでは『軟飯男(ヒモ男)』、カナダメディアでは『ゴールドディガー』って揶揄されているんだぞ!
お前はスナックのママの中条あやみに養ってもらうつもりか?(爆笑)

18
返信する
匿名

>ジンジンジンジン
スナックのママに養ってもらうと言う事は、今風に言うと『スナック生活保護』『スナックニート』になるぞ!お前限定の称号だな!
ちなみに意味は『ただのヒモ男』だけどな!(爆笑)

16
1
返信する
匿名

>ジンジンジンジン
ほぉ~!反論に困ったら論点ずらし!
今度は俺をニート扱い?(笑)
残念でしたぁ〜!俺はキッチリ働いておりまぁ〜す!
他人の力を借りずに自力で生活していまぁ〜す!(爆笑)

16
匿名

>匿名さん
私はジンジンジンジンは小室圭と同じ様な思考なので本人かと思いました(笑)

返信する
匿名

>ジンジンジンジン
あっそう!光栄なんだ!(笑)
なら、もれなく「ヒモ男」「ゴールドディガー」の称号も付いて来ます!(大笑)
じゃあ今後は、お前がスナックのママのゴールドディガーになるのかが注目だな!(爆笑)

返信する
通りすがり

>ご拝読ありがとうございました。

ご拝読?!ビックリしちゃった!
ライターは日本人なの?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。