小室圭さん「整形疑惑」が海外でも話題に!推定費用800万円の大手術に「お金の出どころは?」と疑問の声も


文・もっちゃん

小室夫妻の新婚生活に早くも暗雲

先月10月26日に、婚姻届けを提出し、眞子さんと正式に結婚した小室圭さん。圭さんの弁護士としての就職も決まり、NYで華やかなセレブ生活をスタートさせるのかと思いきや、早くもお二人の先行きには暗雲が立ち込めているようです。

母親・佳代さんの未解決の借金トラブルや刑事告発など、様々な問題が残っている状況ではありますが、何よりの問題は圭さんがNY州司法試験に不合格だったことでしょう。

試験不合格が明らかになった後に、小室圭さんは、日本で勤めていた奥野法律事務所の奥野善彦所長に対して、試験不合格を伝えると同時に、「来年2月の試験に再びチャレンジします。努力を積み重ねていきます」と次の試験への意気込みを伝えたそうです。

眞子さんも、小室圭さんの試験不合格という結果を受けて「支えていきます」と宣言しているようで、表向きは、お二人とも前向きな姿勢を見せているようです。

とはいえ、この小室圭さんの試験不合格のために、お二人のライフプランに大きな狂いが生じていることは間違いないでしょう。

弁護士事務所での就職において、当然、弁護士と事務員では雲泥の差があり、司法試験に合格した前者なら年収2200万円程度、後者は600万円程度となるようです。



当然、お二人は、小室圭さんが試験に合格し、年収2000万円以上稼ぐことを前提に、NYでの生活に関する計画を考えていたでしょうから、この試験不合格が大変な痛手となることは間違いありません。

また、小室圭さんの就職先であるサンドラー法律事務所も、小室圭さんが試験に合格し、NY州弁護士の資格を獲得することを前提に雇用していますから、仮に、小室圭さんが来年2月の試験も不合格となれば、クビになる可能性も十分にあるようです。

中国メディアもお二人の離婚も示唆?

眞子さんは、2日に、一人で秋篠宮邸のある東京都港区の赤坂御用地を訪問し、7時間ほど滞在しましたが、この訪問に関して、週刊誌などのメディアは「小室圭さんの試験不合格を受けて、秋篠宮ご夫妻に今後の生活に関して相談を行ったのではないか?」などとも報じています。

また、中国メディア「テンセント」は、「眞子さまが一人で里帰り。表情が暗く、小室圭との対立が心配されている」とのコラムを掲載し、「小室圭の受験結果や外出時の表情から、日本では、ご夫婦の間に何か心配なことが起きているのではないかと言われている。ご夫婦の関係が懸念される」と報じており、小室圭さんと眞子さんの離婚の危機を匂わせているようです。

このような小室圭さんと眞子さんの問題に関して、非常に踏み込んだ内容の記事を掲載する中国メディアに関しては、日本国民からも高い評価がなされているようで、この「テンセント」の記事が紹介されたニュースサイトのコメント欄には、次のような意見が書き込まれています。

なんか報道規制、言論規制がけっこう入っているようですね、

逆に国外の方が、的確に報じているようで、まさか日本より中国のメディアが客観的な報道をしている時代になるとは恐ろしいことです。

中国メディアながら結構的確な指摘なのでは?

あれだけ、皇室ジャーナリストだのコメンテーターだの家に簡単に帰れないから、1億5000万は受け取るべきだなんて言ってたの。

1週間後にへーきで帰っとるやん。

ただの家出少女の延長で、お金がやっぱりほしくてハピーにお願いかな。

それとも!もう旦那と、同じ空間にいることが苦痛になってきたかな。不合格やし、援助弁護士にも多額の借金こさえて。

これで子供できたら、しっちゃかめっちゃかやない?

Twitterでは整形疑惑も

このように、結婚早々危機的な状況を迎えている小室圭さんと眞子さんですが、実は、海外のSNSでは、小室圭さんに関するある面白い情報が話題となっているようです。

なんと、現在Twitterで、「小室圭さんが、整形手術をしたのではないか?」という疑惑に関する英語のツイートが話題となっているようです。以下のツイートは、全て英文で、検証写真付きで投稿されています。

KKはおそらく、下顎を矯正するために顎の手術を受けたのだろう。 顎のラインにある白い点は、顎を安定させるためのチタンネジのようだ。 上唇は手術の影響でまだ麻痺しています。



彼の顎の手術は、下顎を引っ込め、顎の非対称性を矯正することを含みました。彼の下顎は以前より前方にあり、母親の顎と同じように右側に移動していました。これは、医療保険なしで米国で5万ドルから8万ドルかかる大手術です。

過去にも、小室圭さんの整形疑惑というのは、ネット上でも度々話題となっており、日本帰国後も、マスクをした状態で「顔が変わっているのではないか?」などとも言われておりました。

これまでは、あくまで「目元や鼻の印象が大きく変わった」という程度の問題でしたが、今回の指摘に関しては、骨格の変化が視認出来ているようで、事実である可能性が高いように思われます。

現在、小室圭さんが行ったのではないかと噂されている手術は、痛みや腫れといった大変な苦痛を伴う手術であると同時に、長期間のダウンタイム(施術を受けてから普通に日常生活を送れるようになるまでにかかる時間のこと)が必要になります。

仮に、この整形疑惑が真実だとするなら、米国留学を続ける間、小室圭さんがあまり授業に出席せず、ほとんど人前に顔を出さなかったのも、整形手術を受けたことを隠すためだったのかもしれませんね。この英文ツイートは、日本でも一部で話題となり、次のようなリプライが書き込まれています。

私もエラのところの傷気になってたのよね。これはDT長い大手術よ、マジで米国で勉強もせず整形しかしてないやん…額と顎と鼻と目と唇。全顔取っ替えやん

整形って個人の自由だけど。

恩人の元婚約者様に解決金も礼も返さないけど、

高額な整形費用と手術を受ける時間はあるって、、、

なんかモヤっとする…

やっぱ本当だったのか整形は。しかしなぜ整形なのか。眞子さんと結婚し弁護士になり家庭を築くのに顔なんかいじる必要ないだろに。眞子さんが自分好みの男にしたかった?弁護士も本当はなりたくないのに眞子さんの希望で?などと考えると圭氏が痛々しくなってくる。五里霧中、迷走中、幸せは遠いとしか。

大金使ってこういう手術しているのが本当なら彼にとってどういう意味があるのだろう?

お金の出どころもだけど、やることなす事理解に苦しむ

小室圭さんの帰国後、TVのコメンテーターの中には、小室圭さんの印象に関して、「キリっとした表情になった」「以前よりもシュッとした印象」などと語る者もいました。米国に渡り、司法試験には失敗しましたが、整形手術は大成功だったのかもしれませんね。

ご拝読ありがとうございました。

18 COMMENTS

来自匿名的中国人

小室圭在纽约州司法考试不合格的报道真相

公主的未婚夫小室圭不太可能通过纽约州律师考试,所以他要求公主由一个男人代替他参加考试,类似于他。公主委托她的外祖父,谁不是皇室成员,安排一个男人代表他的新娘通过考试。这是因为日本皇室很难提前知道这件事。律师考试在今年7月结束。当时,小室和一个人,他参加了律师考试,甚至做了面部整形手术,为了让他的脸看起来更像。8月,小室在纽约的一家律师事务所找到一份工作时,一个代替未婚妻的男人参加了考试,要求增加对小室的赔偿。小室就此事征询了公主的意见.忧心忡忡的公主去医院接受治疗,说,她因受到日本媒体和社交媒体的诽谤而成为精神病患者,医生诊断她患有创伤后应激障碍。担心让她知道这件事的天皇允许她结婚,宣布结婚的是9/1。但是,她在婚姻期间本应缴纳的退休金已经不再支付了,她也不能再向一个男人支付大笔的补偿金,他向日本政府透露了情况,日本首相菅義偉被迫辞职。接着,美国总统拜登召见了宣布辞职的菅義偉首相到美国去解决丑闻。这些“皇室疑狱事件”在日本是禁忌,在日本社交媒体上受到严格审查。

10
1
返信する
匿名

你好(発音・ニーハオ、日本語訳・こんにちは)

中国語→日本語翻訳で読みました。『小室圭さんの影武者がいて、影武者に試験を受けてもらおうとした』という解釈でいいでしょうか? たぶん、ぜんぜん違いますよね。

16
1
返信する
一般人の感覚

今度は整形疑惑ですか・・・

確かに結婚後の会見では『少し痩せたのか?』と思いましたが、顔のアザなど気になる点はありました。

やはり、見る人が見るとバレるのですね。KKが会見を嫌がっていた理由もうなずけます。

恐らく、婚約内定会見前後と学生時代の写真がかなり出回っているので、NYで少しでも正体がバレないようにしたかったのでしょう。

『張りぼて』作って外側だけ取り繕うのはKKの得意技ですからね。

しかし、整形する金あったなら元婚約に返せば良かったのに!

そーゆー独りよがりの頓珍漢な事をやっているから騒動がいつまで経っても収まらないのです。

65
返信する
ソンミンニ

術後は流動食しか食べられないので、この手術をすると10キロ位落ちるそうです。

アメリカは大手術でも入院期間はとても短くすぐに追い出されます。この期間をどのように乗り切ったのか、支援者は誰だったのかが気になりますね。

47
返信する
匿名

国民にケンカ売ってまで結婚したんでしょ。
ニューヨークでバブリーに暮らせるアテが外れて、パパママ助けてはあり得ないよ。

45
返信する
一般人の感覚

KKとM子さんの離婚は限りなくゼロだと思います。

まず、M子さんはKKにゾッコンですから、どんな苦難があっても見捨てず夫を支えると思います。

むしろ『夫が上手くいかないのは国民のせい』にするでしょうから、M子さんの目が覚める事はないでしょう。

一方、KKにとっては元々恋愛感情が無いので、気持ちが冷めて離婚とはならないでしょう。

KKが結婚相手に求めてモノは自分に金や地位や名誉を与えてくれる所謂『逆玉の輿』

自分にゾッコンな元皇族のM子さんは、まさに最高の結婚相手なのです。

ただ、KKにとって誤算だったのは『皇族の女と結婚したら一生働かないで楽出来ると思ったのになぁ~』とアテが外れた事でしょう。

むしろ今は『何で俺がこんな苦労するんだよ!M子との結婚は失敗だったか?』と少し後悔しているかもしれません。

でも、M子の持つ『宮内庁ATM』は手放せません!

61
1
返信する
メリークリスマス

一体こんな大手術をNYでどうやって1人乗り越えたかが疑問。弁護士立川ジュリアがボストンで彼を住まわせてたって言ってた時期が有るから多分その期間だと思うが。整形手術はボストンかなぁ。

41
返信する
ジェニー(人呼んで銭い〜)

「圭さんと圭さんお母さまの顎のデザインへの対応は、私がお願いした方向で進めていただきました。」

佳代さんの新しい顎の出来映えが楽しみです。

35
返信する
匿名

顔はいじれても身長はどうにもできないもんね。
バランス悪いのはお変わりなくw
ってか余計滑稽になったww

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。