「眞子と圭は、アメリカで成功できずに消え失せる」米国大学教授が大胆予告!ヘンリー王子夫妻との決定的な違いとは?


文・もっちゃん

小室圭さんの異常人格

先月26日に、婚姻届けを提出し、正式に結婚した小室圭さんと眞子さん。結婚から、1週間以上が経った現在でも、お二人の動向は多くの国民からの注目を集めています。

先月10月30日には、小室圭さんのNY州司法試験不合格が報じられ、多くの国民が衝撃を受けました。SNS等では「メッキが剥がれた」「アメリカの司法試験では忖度がされなかった」などといった意見が数多く書き込まれました。

さらには、「普通、試験に合格して弁護士になってから結婚すべきじゃないか?」といった意見も数多く上がり、中には、「試験が上手くいかなかったから、不合格が発表されて反対の声が強まる前に結婚を急いだのではないか?」などといった憶測もなされることとなりました。

小室圭さんは、眞子さんとの結婚延期が発表された直後に、国際弁護士の資格を獲得するために、眞子さんを一人日本に残して、母親の借金問題も放置したまま3年間もの間米国留学を続けたのですから、「合格してから結婚すべきだったのでは?」といった批判の声が上がるのもある意味で当然と言ってよいでしょう。

また、こうした過去の経緯を考えるなら、もし仮に、26日に結婚をしていなかった場合、30日に試験不合格が報じられた後に、結婚反対の声はさらに強まったでしょうから、「不合格が発表される前に、結婚を急いだのでは?」といった憶測がなされるのも仕方のないことです。

ですが、試験の失敗や、こうした国民からの批判の声にも挫けることなく、小室圭さんは、来年2月の試験に向けて前向きな姿勢を見せているそうです。



また、小室圭さんのフォーダム大学留学中に資金援助を続けていた奥野法律事務所の代表・奥野善彦氏は、今後も小室圭さんへの資金援助を続けていくそうです。

こうした異様なほどのメンタルのタフさと、試験に不合格となっても資金援助を受け続ける厚顔無恥な厚かましさは、多くの日本人にとってほとんど理解不能なレベルです。

小室圭さんのこのような性格を、精神科医の片田珠美氏は、「その異常性のために社会が悩む異常人格」であり、「自己顕示欲型」の「精神病質」であると指摘していますが、もしかすると、眞子さんが「複雑性PTSD」を発症された原因の一端も、こうした小室圭さんの異様な人格にあるのかもしれませんね。

小室圭さんのNY州司法試験不合格が報じられた後の、今月3日に、眞子さんは秋篠宮邸のある東京都港区の赤坂御用地を訪問し、先月26日の結婚から7日目の“里帰り”をしましたが、タクシーでマンションに戻った際には終始うつむいて暗い表情を浮かべた様子がカメラに映されていました。

大変、憔悴し切った様子を見せる眞子さんですが、それでもネット上では批判の声は止まず、この里帰りについて報じられた記事が掲載されたニュースサイトのコメント欄には、次のような意見が書き込まれていました。

皇室には感謝の言葉がなかった結婚会見であれだけ担架切ったからには、もう実家に戻らないつもりで身辺整理してたんじゃないかと思ったけど。

なんか抜けてる。

大丈夫かよこの二人、あんなに張り切って出て、また帰ってきたん?

あんなに国民と親に対して反対押しのけ出ていったのに、えーって感じ、ニューヨークまだっすか?

試験も受かってないのによく、結婚したもんだ、先が見えてない。

皇族から、お金は借りたりしないでね、それは国民の税金でもあるんだから、タウンワーク開いて、コンビニでバイトしたら?民間人なんだから

お金をどう流して貰うかの相談でしょう。あとは2月も不合格なんて恥ずかしいから、受けずに済む方法とか家族会議してたんではないでしょうか。今後も小室夫妻と付き合い続け支援し続けるこのA家をこのまま次期天皇として認めて良いのでしょうか。反対する方がほとんどだと思いますが。

借金はかえさないわ、試験は落ちるわ、それでもみきり発車の結婚はするわ、なんかめちゃくちゃですね。

結婚生活は、夢物語じゃありません。

経済基盤がしっかりしてないと、すべて狂ってきます。

合格してから結婚しなさいと、なぜ秋篠宮は云えなかったのか。

親子揃って、考えが甘すぎますね。

海外メディアからも注目を集める小室夫妻

ところで、この多くの国民から注目を集めている小室圭さんと眞子さんの動向ですが、海外メディアからも注目が集まっています。

CNNニュースは、お二人が結婚した26日に、「日本の眞子内親王は王室の地位を放棄し、非王室の恋人である小室圭と結婚」と題する記事を配信しています。

記事では、小室夫妻と、イギリス王室を離脱したヘンリー王子夫妻との比較がなされ、両カップルは、共にマスコミと良好な関係にないことや、眞子さんとメーガン妃が共に、メンタルに深い傷を負ったことなどが解説されています。



メーガン妃は、マスコミからの執拗な攻撃により、自殺念慮を経験し、オプラ・ウィンフリーからのインタビューに対して「もう生きたくなかった」と語っていますが、宮内庁からの発表によると、眞子さんの、「複雑性PTSD」発症もマスコミからの誹謗中傷が原因であったと説明されています。

アメリカで消え失せる小室夫妻

こうした様々な類似点のある小室夫妻とヘンリー王子夫妻ですが、アメリカ移住後の運命は全く違った道を辿るだろうと予想されています。

ヘンリー王子夫妻は、いじめ問題や、根深い人種差別問題など、イギリス王室の内情を暴露することで数億ドル(数百億円)もの大金を稼ぎ出しましたが、一方で、小室夫妻は同じやり方で大金を稼ぐのは不可能であるとして、ポートランド州立大学日本研究センター所長のケン・ルオフ氏の次のような言葉が紹介されています。

「ハリーとメーガンが米国に行ったとき、王室についてのさまざまな話をすることによって、何百万ドルも稼ぐことができました。

眞子と彼女の将来の夫が結婚した後、同じように振る舞うことはほとんど不可能だろうと、私は予測します。 実際、どうなるかというと、彼らは(アメリカで成功できずに)ただ消え去るだけだと思います」

ヘンリー王子夫妻が直面したのは、イギリス王室内の排他的ないじめ問題や、人種差別といったイギリス王室内の暗部に直接関わる問題ですが、一方で、小室圭さんのトラブルは、母親の借金問題など、民間の金銭トラブルであり、皇室の内部に関わる問題などでは全くありません。

小室圭さんの暴露本が出版されれば、数億円の収入が見込めるなどといった報道も一部でなされていますが、皇室の外で、母親の借金トラブルの後始末と司法試験の勉強に追われていた小室圭さんが知る皇室の内部情報などたかが知れており、大した価値もないというのが現実でしょう。

NY州司法試験不合格が報じられた後には、「次の試験に失敗すれば、職場をクビになり日本帰国の可能性もある」などとも報じられていることを考えると、このケン・オルフ氏の「消え去るだけ(they’re just going to disappear)」という予想は非常に示唆に富んでいると言えるかもしれません。

ご拝読ありがとうございました。

14 COMMENTS

匿名

大胆予測ではなく、今までの小室圭の行動が物語っているとおり、必ず起きる結果にしか過ぎない。
世の中甘くないんだぞ。

74
返信する
匿名

眞子さんは皇室にいても皇族としての意識が足りないようにお見受けしたが、降嫁して今度は一国民になってもその意識がなく、結局はいい所だけを貪る卑しい人間という事がよくわかった
まぁそれが秋篠宮家の生き方、方針という事だね
実におそまつ

95
1
返信する
匿名

紀子さまのお父様が亡くなられました。
ご祖父が危篤なのに、慌てて入籍せず待てばよかったのにとおばちゃんは思います。
そしたら不合格の知らせを聞いて、KKとけんかすることも無かったかも。
タラレバですが・・・
ご冥福をお祈り致します。

54
返信する
匿名

>匿名さん
他にも、今日は小室圭の実家に男が侵入し逮捕されたとのニュースも有りました。話題の尽きないファミリーですね。

45
返信する
一般人の感覚

今頃、宮内庁では極秘の会議が行われているでしょうね。

議題は・・・

①来年2月の試験にKKが不合格の場合の言論統制!

②KK夫妻への送金方法!

国をあげて『日本一のヒモ男』を養います。

58
返信する
匿名

小室の秋篠宮家暴露本が出たら買います。

秋篠宮と悠仁の出生の秘密を期待しています。
紀子のパワハラも!

30
返信する
来自匿名的中国人

小室圭在纽约州司法考试不合格的报道真相

公主的未婚夫小室圭不太可能通过纽约州律师考试,所以他要求公主由一个男人代替他参加考试,类似于他。公主委托她的外祖父,谁不是皇室成员,安排一个男人代表他的新娘通过考试。这是因为日本皇室很难提前知道这件事。律师考试在今年7月结束。当时,小室和一个人,他参加了律师考试,甚至做了面部整形手术,为了让他的脸看起来更像。8月,小室在纽约的一家律师事务所找到一份工作时,一个代替未婚妻的男人参加了考试,要求增加对小室的赔偿。小室就此事征询了公主的意见.忧心忡忡的公主去医院接受治疗,说,她因受到日本媒体和社交媒体的诽谤而成为精神病患者,医生诊断她患有创伤后应激障碍。担心让她知道这件事的天皇允许她结婚,宣布结婚的是9/1。但是,她在婚姻期间本应缴纳的退休金已经不再支付了,她也不能再向一个男人支付大笔的补偿金,他向日本政府透露了情况,日本首相菅義偉被迫辞职。接着,美国总统拜登召见了宣布辞职的菅義偉首相到美国去解决丑闻。这些“皇室疑狱事件”在日本是禁忌,在日本社交媒体上受到严格审查。

2
2
返信する
ズル子

時代は変わります。
日本史については中卒程度の知識しかありませんが
平安時代は皇族をはじめとした貴族たちが政をつかさどっていましたが
鎌倉時代になると武士の時代になりました。
その後、南北朝時代などゴタゴタもありましたが、江戸時代などは皇族は京の都で
めだたず暮らしておられたのではないかなと思います。
明治天皇になって軍国主義になり、昭和天皇は先の大戦で現人神から「人間」になるなど怒涛の人生であったと心を痛めることもあります。
このように、時代によって皇室の在り方も変わってきています、先の歴史をかじっただけでも。

もう、皇室は要らない。時代にそぐわない。
誰も現人神など信じていない。女性天皇は先にもあれど(推古天皇等)女系にするなら皇室典範でしたか、改定しないといけませんよね?

それだけのことをする必要があるのか?

私の世代だと皇族は税金だけで(天皇皇后両陛下含みます、末端皇族の方もです)
食べて着て、就職のポストまで用意され、とズルをして暮らしているとしか思えません。
もしかして眞子騒動は、皇室瓦解への道をつけたのかもしれません。
日本の神が災害を起こしているなど信じていませんし、
なぜなら諸外国でも同程度の災害が起きているからですが・・・
もう、宮内庁解体、そしてブラックで有名な(知人が中央省庁の官僚をしております)中央省庁に職員を回してブラックな働き方を緩くする助けになるとか。
宮内庁にも優秀な職員はおられると思いますので。
それをたかが元は豪族の中でちょっとだけ目立ったから出てきた大王の子孫の一族のために使うなど勿体ない!

私は政治的には右でも左でもなく、比例代表ではどの党にいれるか毎回困っている立場の人間です。

ですが、幼い頃親王や内親王が「様」つけで呼ばれているのが許せなくて怒っていました。
「ズルイ!贔屓だ!」と。ずるくはないのですが、私も同世代の幼児だったので語彙不足はご容赦を。
同じ人間なのに、同じ子どもなのに、なんで様なんて呼ぶの?
誰に教わったわけでもない、元々私の育った家は虐待家庭、自然に勝手に芽生えた考えだったのでしょう。

話しはそれましたが、正直、秋篠宮家は眞子騒動で露わになりましたが、他の宮家でも「ズル(笑)」をしていないとは思えません。
もう、税金の無駄遣い・・宮内庁職員の給与、そして皇族の贅沢な暮らしへの支出・・をなくしてしまうのがいいのではないでしょうか。

ベルばら(?)の頃のフランスでしたら、革命が起きて彼らの命も危なかったかもしれませんね。
日本人は大人しいから黙っていますけど。

13
4
返信する
匿名

天皇制って日本人には当たり前過ぎの存在ですが、海外目線で見ると違う存在価値を見い出せます。
海外では天皇はエンペラーと呼ばれます。つまり「皇帝」です。始皇帝に始まり昔は多くの皇帝がいましたが、現在は天皇が唯一最後の皇帝です。
皇帝の位は王より上です。なので今世界中の国王より上位になります。その中でも英国王(女王)は別格ですが、例えばエリザベス女王は天皇と会う時は上座を譲るそうです。
現在、地球上で人身が得られる最高位は天皇とローマ教皇です。英国王や米国大統領より上なのです。
なので、世界中のVIPは天皇と会う事を特別と感じ日本から凄い饗されたと感じ日本を特別扱いしてくれるのです。
こうして東(アジア)に天皇、西(欧州)ローマ教皇が居る事で世界のパワーバランスが保たれているのです。
もし天皇制を廃してしまうと日本はアジアの三流国家に成り下がってしまうのです。なので外交的には天皇制は利用価値があるのです。

19
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。