紀子さま「眞子たちの警備費用の件、大統領によろしくね」天皇陛下をパシリ扱いで侍従職ら激怒!一触即発の危機に


文・もっちゃん

職場でも頭角を現す小室圭さん

先月4月15日に、2度目のNY州弁護士試験に不合格となったことが報じられた小室圭さん。それ以前には、「2度連続で、不合格となった場合、勤務している法律事務所から解雇される可能性が高い」などとも報じられていたのですが、現在も法律事務所での勤務は継続しているようです。

それどころか、「NEWSポストセブン」の記事によると、小室圭さんは、勤務しているサンドラー法律事務所のHPに掲載されている顧客向け文書の執筆という新たな職務も与えられているとか。

この度、ニューヨークでの勤務先の大手弁護士事務所「ローウェンスタイン・サンドラー」の公式ホームページで、小室さんが執筆に携わった文書が公開されたことが分かった。

4月28日の同HPの「顧客向けのニュース」欄には、2人の弁護士と小室さんの連名で、SECが新たに発表したガイドラインについての長文の解説文がアップされた。SECとは米国証券取引委員会の略称だ。

 ただし、2人の弁護士が顔写真付きなのに対して、小室さんは写真無しで一番下に掲載されている。米国在住のあるジャーナリストは「ほかの法律事務所でも、同様の解説文が公開されていて、どこも弁護士2、3人が携わり、アシスタントも1人は加わっています。小室さんも、法務助手として、この執筆の手伝いをしたということでしょう。現状では、まだ重責を任され始めたとまでは断言できません」と解説した。

 小室さんは、国際基督教大学(ICU)卒業後の2014年7月から、三菱UFJ銀行(当時は三菱東京UFJ銀行)に入行。約1年半は、東京・丸の内支店勤務というエリート銀行マンだった。「キャリアは浅いが、大手都市銀行の勤務歴から、金融の知識を買われてアシスタントを任されたと思われます」(前出・皇室ジャーナリスト)

「NEWSポストセブン」(2022年5月28日配信)

多くの国民やメディアからの懸念をよそに、仕事での活躍を続ける小室圭さん。以前は、同僚の弁当の手配などの雑用を押し付けられているとも報じられていましたが、少しずつ責任ある職務を任せられているようですね。

眞子さんの夫という地位の威力は絶大?

ところで、果たして、何故、小室圭さんは、2度も司法試験に不合格となったにも関わらず、未だに職場で重用されるのでしょうか?そこには、やはり元皇族である眞子さんの夫という立場も関係しているようです。

銀行員当時は、同僚とはほとんど交流もせずに、少し浮いた存在だったと報じられたこともあったが、語学力もあり、ほかの米国人スタッフに比べれば、当然日本経済の知識もある。

「十分に小室さんの個性を発揮できるフィールドがあるということです。金融分野での能力もありますが、何といっても元皇族の眞子さん(30才)の夫で、将来の天皇陛下の義兄です。日本とのパイプや彼の人脈は、ほかの人材では得られない大きな強み。2度目の司法試験失敗で解雇されるのではと騒がれましたが、実際は、弁護士事務所側もやすやすと彼を手離すことはしないでしょう」(前出・皇室ジャーナリスト)

 前出の米国在住ジャーナリストも「勤務中の弁護士事務所以外にも、日系企業を含めて、小室さんに注目している会社や組織は少なくありません。路頭に迷うどころか、今後もどんどん肩書がついていくし、チャンスは数多く巡ってくるわけです」と語る。

(同前)

今後、更なるチャンスを掴んでいく可能性が高いという小室圭さん。どうやら、仕事面では、それほど心配はないのかもしれませんが、実は、他にも懸念はあるようです。



「仕事が順調であると報じられている小室圭さんですが、一方で、現在問題になっているのが、米国内での高額な警備費用です。小室圭さんと眞子さんの警備費用は、なんと年間約8億円もかかると噂されているのですが、この警備費用をどのように負担するのかが大きな問題になっているようです。

週刊誌等では、外交機密費から支出されるのではないか?などと報じられたのですが、それでも、ここまでメディアで報じられ、国民からも批判の声が上がっていく中で、今後も継続して年間約8億円もの支出を続けるのは難しいようですね。

一部では、すでに、“アメリカ側に、警備費用を肩代わりしてもらえないのか?”といった意見も出ているようで、ともあれ、“なんとか国民が納得できるようなかたちで解決したい”というのが宮内庁の共通認識となっているようです」(宮内庁関係者)

陛下を使いパシリにする紀子さま

このように、小室夫妻の高額な警備費用に宮内庁が頭を抱える中で、問題解決に積極的に乗り出したのが紀子さまであったようです。

「今月23日にアメリカのバイデン大統領は、皇居を訪れ、天皇陛下との会見を行ったのですが、この会見の直前に、紀子さまは、素晴らしい名案を思い付いたとでも言いたげな表情で、“そうだバイデン大統領が日本に来るなら、警備費用について直接お願いすれば良いじゃない”と仰られました。

さらに、陛下と面会を行うことも知られていたようで、“だったら、陛下に伝言をお願いしましょう。バイデンさんに、眞子たちの警備費用をよろしくって伝えてもらえば良いじゃない”とも口にされたのです」(秋篠宮家関係者)

この紀子さまからの伝言は、皇嗣職から、侍従職に伝えられたのですが、紀子さまからのそうした伝言を聞かされた侍従職らは、激怒し、「そんなことを陛下にお願いできるわけがないだろう」と要求を突っぱねたそうです。

「もちろん、皇嗣職も、そのような紀子さまからの伝言を伝えることは不可能だと理解していたようなのですが、それでも、紀子さまからの伝言を無視した場合、どのような処分や嫌がらせを受けるか分かったものではないですからね。



紀子さまには、ともかく、“侍従職に、そのように伝えました”とだけ報告したようです。ただし、この一言で、皇嗣職と侍従職は、本当に一触即発のような状態になってしまったようですね。

侍従職からすれば、“一宮妃に過ぎない紀子さまが、陛下をパシリに使うなど何事か?!”という具合なのです」(前出の秋篠宮家関係者)

ご自身の立場を理解せず、平気で陛下を使いパシリにされてしまう紀子さま。皆さんは、果たして、このような宮妃が、将来皇后となることについて、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

15 COMMENTS

一般人の感覚

小室圭が買われたのは、大手銀行勤務ではなくて、丸の内の美味しい店の知識です!

おかげで今は立派なパシリとなりました!

74
返信する
匿名

ここの殿下も宮妃も責任を背負わなくていいと解っているから、本当にやりたい放題ですね。
憎まれっ子世に憚るとは、まさにこの事です。

127
返信する
匿名

警備が不要になるように個室にいれればいいのでは?
運動も面会もできない個室に。

114
返信する
匿名

秋篠宮家関係者は
一箇所に集めて、管理した方が手っ取り早いと思いました。
もちろん外部とは一切関わらせないのが目的です

99
返信する
匿名

バカでも障碍児でも良いので
男を生んだ事で うちは天皇家より格が
上だと勘違いしてそう。

そもそも...
A宮家って外国の要人と交流出来るの?
鹿子は英検4級合格できた?
ズル仁はマザーのスペル覚えた?

何より、各国の要人から嫌われていて
国際交流は、無理でしょうww

そもそも、A宮は上皇の子?鬼ー子の母は
朝●人?小室の母は韓●系で保険金●人
の犯人? ミテコも含めたマネロンと
疑惑ばかりで皇族として相応しくないだろ。 

良識のある971庁職員の皆様へ 
早くこれらの卑しい家族(川●家を含む)
を追い出しましょう!

先ずは ズル仁では天皇が務まらない事
を公表するのが良いと思う。
急に鳴き出したり、走り出したり? 
生殖能力は正常か? 

下手したら、マコムロの子供が天皇に
なりますよ。

124
1
返信する
匿名

英語は全て通訳に任せればいいけど、問題はマナー。
映像にも残ってますがK子のマナーが最悪で、他の宮家&海外関係者にまで注意されて。
仕舞いには王族自らが嫌悪してる素振りをカメラ前で堂々とされたんだよね。

95
返信する


匿名

この問題では大事なファクトが抜け落ちていますので、読者側から補足しておきます。
貴誌の5/23付「天皇陛下、バイデン大統領と面会 小室夫妻の警備費用に言及されるも、紀子さまは「勝手に話をつけておいて」と雲隠れ」記事中には、バイデン氏からの発言として、こうありました。

>「話の内容としては、主に、“陛下の姪の眞子さんもアメリカで元気に生活しているようです”というような当たり障りのない話題が中心だったのですが、その中で一言、“お二人の警備費用については、日本側で負担してほしい”というようなことも述べていたようです」(宮内庁関係者)

バイデン氏は、“お二人の警備費用については、日本側で負担してほしい”と陛下に話されており、この情報からみると、現在まではアメリカ側が費用負担してくれていることがはっきりわかります。

一方で宮内庁の方針は全く二分されており、紀子につく職員は陛下への交渉丸投げを主張し、職員間でも対立していることが今回の記事でわかりました。上皇職の動向も知りたいところです。
ただ、この記事ではいまもすでに官房機密費から支出されてきているかのようにも読め、もっちゃんにはこの点のファクトチェックをお願いしたいわけです。

(紀子が)>「“だったら、陛下に伝言をお願いしましょう。バイデンさんに、眞子たちの警備費用をよろしくって伝えてもらえば良いじゃない”とも口にされたのです」(秋篠宮家関係者)<

つまり、宮内庁はこれまで警護に関して、すでに米国におんぶに抱っことなってきたことは隠し、バイデン氏がわざわざ言及してくるほどの日米外交問題に小室夫妻警備費用負担問題が発展していたとは絶対に認めたくなく、いままでも日本が警備費用全額を負担してきたかのように世論をミスリードしておいて、その延長線上に「小室圭と小室眞子は特別な存在なのだから警備費用が降嫁後も発生し、日本国民の負担になるのも仕方が無い」との認識に強制着地させようとしているのではないか、との疑いが消えないのです。

はっきりいって、眞子のアメリカ生活は、アメリカ人と結婚してあちらに渡ったのでもない、小室圭との体のいい逃避行、駈け落ちの延長線でしかないのです。
収入<<<支出の状態だし、警護を断る覚悟もない。

そこにはあわよくば、女性宮家を復活させて、小室圭を皇配殿下としてほとぼりが冷めたあとには呼び戻し、愛子天皇を阻止するためには、小室Jr.を第三条廃嫡の対象とされる障害児ズルヒトの代用品に据えようとする、美智子&紀子Co.の陰謀が隠されています。

この警護費用負担問題は、実はおそろしく根深い、双方のメンツがかかった大問題なのです。

92
1
返信する
匿名

>職場でも頭角を現す小室圭さん

F大学で奨学金まで貰っていながら、司法試験に2度も不合格、いや受験資格そのものがないともいわれる人物ですが、「頭角」ってきつーい皮肉ですね。
万年法務助手でも、クライアント日本政府から、たやすい仕事がじゃんじゃん回ってくるので、その報酬の一部を彼に渡すだけで済むなら、同僚も共同執筆者に加えてやることくらい承諾しますよ。
ただこれは「頭角を現す」のではなく、「厄介者」「居候」だということです。

90
1
返信する
匿名

NY州弁護士資格は、日本ですでに弁護士資格を有するか、専門知識のあるエリートが、日本法の知識をベースに英米法、州法を比較法の観点から学ぶことで視野が広がり、かつ英語力をブラッシュアップできるからこそ、挑戦する価値がある資格です。

なのに法学部卒でもなく、ちょっと英語ができる程度でいきなり米国弁護士になるといわれても、依頼したいと思う企業なんてないですよ。まして不合格のまま、助手では使い物にもならない。通訳になれるかと言われても、法律用語を日本法として理解していなければ、危なっかしくてこれも使えない。

結局、秋篠と悠仁の出生秘密をネタに生活費を日本国と美智子にせびるしかないんでしょうね。ママ活で培った物乞い術、女性懐柔術だけには卓越しているので、見て子もいちころにされている。

68
返信する
匿名

本当の話なら、、、
余りにも不愉快なキコ話は聞きたくないです。
後味が悪い。
あの女が威張り散らしているのはなぜですか?
自分天下と錯覚している。
皿が側にいるから強気だ。

恐ろしい事を企んでいないだろうか。。
あの女をのさばらせている971庁も悪い。

会計監査を強行しなさい!今からでも出来るはず。

小室負債の話は虫唾が走る。

天皇ご一家のお味方は971庁に少しは残っていると信じたい。
皇室会議の方々にも期待しています。
神さまと共に国民は見ています。
応援もしています。
天皇陛下ご一家をお守り下さい。

71
返信する
とくめい

正気とは思えません。
さすがに娘の問題で、メンタルケアをする医師なりカウンセラーなりは入れているとは思うのですが、どうなっているのでしょう。

H仁さんが生まれる前後も、ものすごく気が荒かったそうですね。

26
返信する
匿名

丙午ですから。
バラック生まれで根が下品なうえに、丙午なので、運命的に婚家を食い殺す典型です。
なんでここまで宮家の評判を落とすようなことばかり好き好んでやるのか、と思えるほどのハチャメチャが隠せない。

悠仁の不正入試だって、あそこまで無理をさせて、世間から物笑いのネタにされて、特に中高生が悠仁の不正行為を見て、心底小馬鹿にするようになったので、紀子のメンツとやらが、アキ家破滅の最大原因となっている。

そもそも皇室に入るのには、どれだけ立派な家柄や社会的地位が必要かも全く弁えていない、というか敢えて無視してかかり、水平運動を皇室にまで拡大しようとした、”水平テロリスト”といえます。

34
返信する
匿名

丙午の女だからとは、思わないけど
どうしてこんなものを皇室に入れてしまったのか。
やることなすこと日本人の感覚とは、考えられない。
特に皇室に対する敬意がまったくない。
お隣の国でも、帰ってこなくていいといわれてる
白丁じゃないのか。
小室もその身分つながりで、連れてきたのかと思ったよ。

学歴は、金で、買えても、教養は、買えない。
皇室外交なんか絶対無理、日本人として恥ずかしい。
早々に一家そろって皇室からでていってほしい。

33
返信する


匿名

「紀子の犯した大いなる勘違い」

皇族女子が降嫁した場合の一時金は元皇族としての体面を保つためで生活費ではない。まして助手程度の夫の暮らしを支えたり、投機資金にするものでもない。
なのに紀子は、悠仁に重篤な障害があることを知っているので、やがて小室眞子が男子出産後には、夫婦を皇籍復帰させることを念頭に、敢えて一時金を貰って正式に皇室追放される道を避けてきた。

ところが、紀子の頭の中では、依然皇族のままの眞子だから厳重な警護が必要との認識でも、世間も官僚も誰もそうは思わない。アメリカでの警護費用を小室が自己負担できないなら、夫婦はNYで命を危険にさらすか、帰国して治安のいい場所に住むかの二択しかないはずである。
ましてヘンリー王子らの警護レベルを求めるなどお門違いもいいところである。

年間8億円をアメリカ側に出させるなら、裏で日本は80億円の戦闘機を余分に買う必要がでてくる。外交とはそういうコストの付け替えの取引でもある。
その正当事由を紀子は堂々とバイデンに直接説明できないので、首相と陛下に丸投げし、成果品がどんなに障害ありの奇形児でしかなかったにせよ、”将来の天皇”の卵子を提供した娘として美智子と国は厚遇せよとなるのだ。

26
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です