小室夫妻の離婚危機に、佳代さんは、圭さんへ“孕ませ指南”!?「子供さえ作ってしまえば、こちらのもの」と危険な企み


文・もっちゃん

眞子さん妊娠の可能性を複数メディアが報道

今月4月15日に小室圭さんの2度目の司法試験不合格が発覚し、ビザなどの問題から米国での生活の継続が困難になっていると報じられている小室夫妻。複数のメディアが5月に一時帰国するのではないかと報じていますが、果たして、今後お二人はどうしていくのでしょうか?

また、こうした状況と関連して気になるのが、眞子さんが大学病院に通院しているというニュースです。眞子さんは、小室圭さんとの結婚前に複雑性PTSDを発症していることが発表されましたから、この病の治療のために通院しているのではないかと見られていますが、他の見方もあるようです。

「デイリー新潮」は、この眞子さんの通院に関して、3つの可能性について予想し、次のように報じています。

「眞子さんがニューヨークの大学病院へ複数回出向いたと聞きました。可能性は3つあると思われます」

 と、先の外務省関係者。

「まずはどなたかのお見舞い、次にご自身の受診。渡米前に複雑性PTSDであることが明らかにされましたから、その治療に関するものやそれ以外の何らかの疾患が想定されるでしょう。あとはご懐妊に関連したことですね」

「デイリー新潮」(2022年4月21日配信)

こちらの記事では、眞子さんの大学病院への通院に関して、どなたかのお見舞いや、複雑性PTSDの治療のほか、それ以外の何らかの疾患、もしくは妊娠の可能性について言及されていますが、眞子さんの妊娠に関しては、「月刊テーミス」などのメディアがその可能性について報じていました。

また、週刊誌でも、以前から眞子さんが妊娠した場合、日本に帰国して出産の準備を整える可能性もある、と報じられていましたから、今回の「デイリー新潮」の報道により、いよいよその時が近づいていることを感じさせます。

先の記者によると、

「眞子さんは30歳までに結婚したいということをかねて言ってきました。それは日本人女性の平均初婚年齢であると同時に、お子さんを2人、可能なら3人は授かりたいという思いがあったからだとされています。その意味では、お子さんをそろそろと考えるのは自然のことだと感じますね」

(同前)

小室夫妻の無計画性に批判の声

こちらの記事のコメント欄には、眞子さんの妊娠について祝福するような書き込みはほとんどみられず、皇室特権で不当にビザを取得することに対する不満や、しっかりとした安定した職に就いていないにも関わらず子供を作ってしまう小室夫妻の計画性のなさについて批判的な意見が書き込まれています。



結婚時に人々が抱いた懸念が的中した。思うのは自由だけど、こうなっては後の祭りだと思う。ちゃんと計画を立てて自分の実力で身の丈にあった夢を達成し自己実現するならばそれは大変素晴らしいことで、国民も納得し喜ぶ状況となると思う。しかし計画も立てず実力不足なのに、子供だけ作ってビザ取得も嫁頼りなら家庭を持つ覚悟がそもそもあったのかという気がしてならない。おままごと気分ではこの先も自立など覚束ない。国費を使った在宅浪人支援は不要だと考えます。

試験に落ちてビザが切れるタイミングになったら、帰国しなければならないのは当然だろう。以前長い間アメリカに住んでいましたが、友人は現地の大学を卒業して、大手航空会社に内定をもらっていましたが、H1ビザ(就労ビザ)が取得できず帰国しました。H1ビザは数に限りがあるのと、日本人の彼女にビザを発行してでもアメリカで就労する意味がないとのことで、受理されませんでした。ビザを取得したことがある方はわかるかと思いますが、本当に費用も心労もかかります。もし今回何かしらのビザが更新されたら、不公平に腹立たしさしかないです。

多分、妊活ではないでしょうか。

アメリカで子供を出産すれば、当然、その子供はアメリカ国籍を取得出来るので、その両親の永住権を取得しやすくなり、取得出来ればビザなんて気にしなくて済むようになる。

しかし…

既にアメリカでの就労資格もあって仕事を続けていたなら、妊娠しても産休とか問題ないと思うけど、今からビザを取得しようかとしている人が、産休なんて可能なんでしょうか。妊娠・出産で仕事を離れなければいけない人間が、配偶者資格のビザでなくて、自分自身のスキルでのビザなんて無理なのでは?

現在、小室夫妻はNY州マンハッタンの、ヘルズキッチンという地区にある、家賃50万円以上のアパートに滞在しているとされていますが、この家賃は、お二人が払っているのではなく、政府が肩代わりしているとも噂されています。

このように、しっかりと自分たちの力で自立せず、政府からの支援におんぶにだっこ状態となっているお二人が子供を産めば、その出産費用や、その後の養育費が税金から出されることはほぼ確実です。

子供を使って一儲けの計画も?

そうした現状を考えれば、多くの国民が、この時期に子供を出産しようとしている眞子さんに不満を抱くのも無理はないでしょう。また、実際にお二人の間に子供が出来た場合、別の問題も発生します。

「どうやら、この眞子さんの妊娠には、圭さんの母親である佳代さんの意向も大いに関係していたようですね。

なんでも、佳代さんは眞子さんに対しては、“自分も病気がちでいつまで生きれるか分からない、なんとか早く孫の顔が見たい”と言い、その一方で、圭さんには、何としてでも眞子さんを妊娠させるように、と子作りの指南までしていたそうです。

佳代さんが、そこまでお二人の子作りにこだわった理由は、早く孫の姿を見たいという純粋な気持ちの他にも、離婚危機が囁かれる中、子供さえ作ってしまえば離婚しづらくなる、ということ。それから、もう一つ、もし離婚することになっても、子供を引き取ってしまえば、上皇陛下の血を引き、さらに秋篠宮殿下が皇位継承した後には、天皇の血を引く子供を引き取るということになります。

これまで、紀子さまの弟の川嶋舟さんが、皇室との関りをアピールして、詐欺まがいの集金活動を行っていたことが何度か報じられてきたことからも分かるように、いまだに皇室のネームバリューの効果は絶大です。

もし仮に、小室圭さんと佳代さんが、天皇の血を引くお子様を引き取るなどということになれば、どのように利用されるか分かったものではありません。



小室圭さんは、以前から起業に強い関心を抱いていたようですし、佳代さんも、アンティークショップを開業したいという夢を持っていました。おそらく、眞子さんとの子供を小室圭さんが引き取った場合、そうした起業や開業の際の資金集めに利用されることになるのではないでしょうか」(皇室ジャーナリスト)

万が一、眞子さんが離婚しても、子供まで利用される可能性があるとのことですが、皆さんは、眞子さんは本当に妊娠していると思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

7 COMMENTS

一般人の感覚

小室夫妻に子供が出来れば、宮内庁や政府に対して、この上ない人質になります。

というか、これはもう皇室利用の度を越えた悪行です。

天誅を!!

84
返信する
匿名

単にデブっただけなのに外務省のおっさんが勝手に妊娠だ!って騒いでるだけのような気がします。もう家庭内別居状態でしょうからw

28
3
返信する
匿名

上皇の血は入っていない、偽皇族との混血です。
しかも紀子は逆上したときに、秋篠に対して「眞子はお前の子じゃない」と絶叫していて、秋篠も承知の爛れた関係です。
つまり、秋篠も浮気し、浮気相手複数との間に私生児をもうけているが、紀子も負けずと託卵女をしていて、浮気相手男性の子を二人も内親王にして威張っているわけです。

宮内庁が頭を抱えるのは、悠仁の実の母に当たり、卵子提供者として、どう処遇すべきかなのでしょう。
事が表沙汰になれば、悠仁はもちろん典範違反で皇族でもなくなります。見て子が、眞子へ口止め料を際限なく援助しようとするのは、見て子にとって一番頭の痛い部分だからです。

眞子が小室の子を出産すれば結構なこと。ますます秋篠家の血統が穢れに穢れ、偽皇族だけなく詐○師の血も入り込み、国民から絶対に皇統など渡すな、との声が高まるだけですから、どうぞ馬の子でも、豚の子でもいいからまずは産んで、あとはアメリカ国内のどこかのコリアンタウンにでも隠棲させればいいです。

39
1
返信する
匿名

いいんじゃないですか、根っからの考え違いの悪党達は自身で墓穴の穴を深くし、常に破滅の道を選択している自滅型なので他人がとやかく言っても人種が違う者は理解出来ない話なのでほっておくしかありません。
なるようになって行っているだけと思います。

18
返信する


匿名

KKママン、気持ち悪いです。
そして、いつかKK夫婦に子供が「生まれた」としたら、その子供を使って何かしらの悪巧みを画策することでしょうね。( ̄。 ̄;)

一日も早く、秋一家全員に天罰が下ること、廃嫡してほしいです。

22
返信する
匿名

ある占いでは不妊治療もしくは妊娠できるかどうかを兼ねた健康診断じゃないかと言ってました。
不妊体質でありますように。
こんな親の元に生まれてきたら不幸確定。子供は親を選べないから。

10
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。