小室圭さん2月再受験で不合格なら〝職場解雇で日本帰国〟の可能性が濃厚か?背水の陣でも皇室忖度は無し


文・もっちゃん

試験不合格が小室圭さんの素の実力?

先月10月29日にNY州司法試験の不合格を正式発表した小室圭さん。不合格の報せを受け取った後には、日本で勤務していた弁護士事務所の所長・奧野善彦氏に不合格となったことを知らせ、そのことについて謝罪をしたようです。

小室圭さんのNY州司法試験の不合格を最初に報じたのは、NHKでしたが、NHKは、奥野法律事務所から小室圭さんの試験不合格についての知らせを受けたそうです。

ネット上では、小室圭さんは、秋篠宮殿下や紀子さまよりも先に奥野氏へ結果報告を行ったのではないか?などとも噂されていますが、ともあれ、小室圭さんが奥野氏との関係性を何より重視していることは間違いないようです。

SNSなどでは、「アメリカの司法試験は皇室忖度では乗り切れなかった」「アメリカでは、これ以上下駄を履かせてもらえなかった」などといった意見が書き込まれており、「司法試験不合格というのが小室圭さんの素の実力では」との見方が優勢なようです。

小室圭さんは、来年2月の同試験に向けて「再びチャレンジします」という前向きな意向を表明し、妻の眞子さんも「支えていきます」と決意を新たにしているそうですが、実際には、非常に困難な状況に追い込まれているようです。

法律事務所HPは小室圭さんの写真を削除

小室圭さんの司法試験不合格が発表された後に、就職先のサンドラー法律事務所は、公式HPへの日本からのアクセスが殺到したため、一時的に日本からのアクセスを遮断しました。



現在でも、日本以外の国からは、HPにアクセス可能なようですが、何故か顔写真は削除され、様々な輝かしい職歴や受賞歴も削除されており、ICUや、フォーダム大学を卒業した学歴のみが書かれています。

ちなみに、フォーダム大学の卒業に関しては、2019年のLLMコースの卒業と、2021年のJDコース卒業の二つが書かれていますが、現在、小室圭さんの名前は、2021年のフォーダム大学卒業生名簿から削除されているため、今後も「本当に2021年にJDコースを卒業したのか?」という問題の追及は続くでしょう。

このように、HPから小室圭さんの写真と学歴以外の経歴を削除したサンドラー法律事務所ですが、どうやら、来年2月に行われる試験に合格できなかった場合、解雇となる可能性も高いようです。

「東スポWEB」は、小室圭さんが2回連続で試験に不合格だった場合、勤務する法律事務所をクビになる可能性が高いとして、次のように報じています。

小室さんはすでにニューヨークの法律事務所「L」でLaw Clerk(法律事務員)として働いているが「ドライな米国社会では司法試験に2回連続で落ちるとクビになりかねない」(米国在住ライター)という。

 しかも〝弁護士見習い〟的な位置付けのLaw Clerkですら、1年目は寝るヒマもないほどの激務だ。

「再チャレンジに向けてどうやって勉強時間を確保するのか。司法試験の合格率が初回ほど高いのはそのためで、仕事と試験勉強を両立させるのは難しい。小室さんはいきなり厳しい現実に直面したことになります」(同)

 収入の面でも弁護士と事務員では雲泥の差があり、司法試験に合格した前者なら年収2200万円程度、後者は600万年程度になる。

「夫婦の置かれた状況を考えても、来年2月の試験がラストチャンスになる可能性が高い。ここで合格できれば問題ないが、万が一ダメなようだと、日本に戻ることも考えなければいけない」(キー局皇室担当ディレクター)

「東スポWEB」(2021年10月31日配信)

今回のNY州司法試験は、初めて受験した人の合格率は78%だったのに対して、全体の合格率は63%でした。1回目の受験の合格率が高い理由は、十分な勉強時間が確保できるという点が大きいようです。

小室圭さんは、今後、サンドラー法律事務所で事務員として勤務し、激務に追われながら、来年2月の試験に望まなければならないため、合格のハードルは今回以上に厳しいようです。

先の「東スポWEB」の記事によると、次回不合格なら、事務所はクビになり、日本に帰国する可能性が高いそうですから、眞子さんの海外移住計画も全てが台無しとなり、人生プランをまた一から考え直すことともなりそうです。

こちらの「東スポWEB」の記事も、例によって、コメント欄は閉鎖となっているのですが、TwitterなどのSNSでは次のような意見が書き込まれています。



普通に考えて、まず生活の基盤を持ってから結婚。

この人のこれ迄を見ると金を人に頼り好き放題に、行き当たりばったりで来た印象。

見通しが甘いが、それは後ろに皇室があるという前提なのか?結婚した時点でそれはないのだが。

考え方が全く逆なんですよね。普通ならば司法試験に合格をしてから、結婚するべきだったと思います。

明らかに合格してから結婚すべきでしたね…

一般論として奥さんの収入に依存すると離婚確率は高い

まさか、事務所をクビになり、収入が途絶えて眞子さんと離婚……などということにならなければ良いのですが。

とはいえ、すでに眞子さんもNYでの就職が決定しているとも噂されていますから、仮に、小室圭さんが次の試験に失敗し、事務所をクビになって、日本に帰国した場合、結婚生活を続けることが難しいことは事実でしょう。

となると、次回の試験は、事務所の“クビ危機”だけでなく、同時に、眞子さんとの“離婚危機”でもあるのかもしれません。

日本、ニューヨーク州、ワシントンDCの三つの弁護士資格を持ち、外資系法律事務所に10年以上勤務した経験もある山中眞人氏は、来年2月の試験に関して、「AERA dot.」の記事にて「不合格でもLaw Clerk(法律に関する事務職)としての雇用を続けて来年2月の試験を待つかどうかは、事務所次第」とコメントしています。

試験に合格しても困難は続く?

また、仮に、小室圭さんが来年2月の試験を受験し、合格することができたとしても、その後も苦難の道が続くことは間違いありません。

ハーバード大学のロースクールを卒業し、ニューヨーク州の弁護士資格を持つ山口真由氏が、現地での仕事の厳しさについて「女性セブン」(2021年10月14日号)にて、次のように語っています。

「日本では聞きなじみのない法務助手として仕事をしていますが、小室さんの場合、司法試験に受かる前の便宜的な役職だから、ほぼ弁護士1年目のようなものです。小室さんが働いている法律事務所は、大手並みの初任給をもらえる、新興事務所といった立ち位置のようです。現地の弁護士に聞いたら、2~3年で3分の1くらいの人数に絞られるようで、切られる場合は本当に急にクビになりますよ」

「女性セブン」(2021年10月14日号)

26日に、婚姻届けを提出し、正式に結婚した際には、TVで、コメンテーターなどが祝福の言葉を送っていましたが、お二人の結婚生活は、早くも崖っぷちの様相を呈しているようです。

ご拝読ありがとうございました。

56 COMMENTS

一般人の感覚

今更こんな事を言っても後の祭りなのですが、この留学は時期尚早でしたね。

やっぱり日本に留まり元婚約者との金銭問題解決に全力をあげるべきでした。

その後に結婚して、暫くは生活基盤をしっかり構築して、金銭的にも余裕が出来てから留学しても良かったと思います。

それを金銭問題騒動から逃げるために渋々留学し、皇室特権で学費を免除してもらい、更に論文コンペも忖度で優勝させてもらったのに、肝心要の弁護士試験に不合格!!

しかも、元婚約者との交渉も自らやると言っておきながら、青写真が崩れた途端に交渉も頓挫!

つまりKKは、この3年ちょいの間に何1つ成し得る事が出来ず、逆に騒動に拍車をかけただけでした。

勿論、その間も税金はタレ流し状態!KK母子の為にどれだけの血税が浪費された事か!

2月の試験に再チャレンジを表明していますが、これまでの自分たちの目論見が尽く裏目に出ている事を、いいかげん学ぶべきです。

92
1
返信する
一般人の感覚

日本人でNY州の弁護士資格をもつ清原博氏は『試験は終了後に模範解答などがないので自己採点が出来ない』と仰っていました。

つまり、KKの様に手応え十分で不合格になっても自己分析出来ないのです。

となると次の試験は相当ヤバいのではないでしょうか?

そもそもKKは、今回の試験は間違いなく合格出来たと自負していました。でも結果は不合格だった!

それだけ採点者とKKの間には、とてつもない溝があると言う事です。

しかし、模範解答もない状態では不合格の理由が分かりませんし、修正ポイントも不明です。

自分の何が悪いのかが分からないのに試験対策なんて出来るのか?ましてや今度は働きながらの掛け持ち勉強!

ただでさえ時間も僅かしかな上、次は何が何でも合格しないといけないという凄まじいプレッシャーがKKにはのしかかって来ます。

不合格騒動で影が薄くなってしまいましたが、2月の試験までにはKK母の刑事告発だって有り得るんですよ!

91
返信する
匿名

問題も回収されて、模範解答もない論述試験では対策も難しいですよね。
2回目受験の人の合格率が3割位と、1回目よりぐっと減るのもそういう事情があるのでしょうね。
アメリカの弁護士資格を持ってテレビに出ている方は、みんな日本の弁護士資格も持っていて、もともと優秀な方ですから、そういう方ならすんなり受かってしまうんでしょうけど。
アメリカはそうそう甘くはなかったですね。

81
返信する
一般人の感覚

一般論として奥さんの収入に依存すると離婚率は高い

そこの心配は無用でしょう。

一般論ではそうですが、そもそもKK夫妻は一般論で生きていません!

奥さんの収入と言ってもM子さんの場合は『宮内庁ATM』ですから、無尽蔵に引き出させます。

その原資は国民の血税なのですが、日本国民を敵と見なしている二人にとっては、何の躊躇いもなく湯水の如く使いまくる事でしょう。

自分たちの快適な海外生活のために『下々は働いて納税しろ』くらいの感覚です。

83
返信する
愛子天皇は、国民の8割以上の総意です。

アメリカの試験機関が法を守り、皇室パワーに屈しないことを望みます。

日本の皇室はいつから国民など存在しない皇室になってしまっていたのだろう?

しかし、病気とされる真子さんを年収1500万円で雇用するメトロポリタン美術館、真子さんがお飾りの存在でも1500万円も給料支払うのは何故?
やはり、美術館も代わりに何か対価約束された、としか私には思えないのですが。

ドイツ国営放送が、東京(日本政府?)が、弁護士事務所と小室氏雇用する代わりに、大口の企業の顧客回す契約結んだ、と報じているらしいです。
もしこれが事実なら個人への便宜供与で違法では?

51
1
返信する
一般人の感覚

また、別の記事ではKKはフォーダム大学史上初の『学費全額免除の特待生での不合格』という不名誉な栄冠まで手にしたと書かれていました。

思えば、この学費全額免除も『プリンセスM子のフィアンセ』という皇室特権で得たものです。

本当に実力のある特待生なら、試験は間違いなく合格出来たはずです。

奇しくも今回の不合格でKKの本当の実力が浮き彫りになってしいました。

論文コンペ優勝も忖度だと言われるし、本当にKKは何しにNYへ留学したのか?

結果的に恥の上塗りをして、世界に自身の馬鹿さ加減を広めただけでした。

さて『KK劇場』の第二幕が、今月から来年7月の合格発表まで、国民を楽しませてくれそうです。

勿論、国民が期待する結果は・・・

75
返信する
匿名

実力を伴わない人が、皇室の力があれば、何でも通ると思ってやっているのでしょうが、神様はそんな事は、許さないという事でしょうね。

65
返信する
一般人の感覚

ところで、KKはいつまで日本に滞在するのでしょうか?

M子さんは手続きの関係で渡米出来ないのは分かりますが、KKは入籍もして試験の結果も判明したのだから、サッサとNYへもどり仕事に復帰しないと、2月の試験前に年内で本当にクビになってしまいますよ!

NYの勤務先からも『早く戻れ』と催促されているのですから、雇われている身としては従わなくてはいけません!

まさか『自分は皇族の親戚だぞ!』と高を括っているのでしょうか?

KKは自己顕示欲の固まりと同様に危機感もあまり無いですからね。

また、2月の試験に向けての勉強も再開しなくてはならないはずなので、のんびりしている場合では無いと思います。

もう、KKが元婚約者と交渉する時間も無いと思うので、この件は当事者同士で解決の糸口を見つける他ありません!

NYの法律事務所も最初は『日本のプリンセスの夫』と、恩恵を期待して雇ったと思いますが、今では『とんだ事故物件?』と後悔しているかもしれません。

57
返信する
加藤芳隆

結婚届けの際の住所記載欄には現住所が記載されてるのでしょうか?社会保険料支払いはどうなっているのでしよう?帰国後1ヶ月ほど経ちますが、新入社員は年休取得など出来ませんよね。その法律事務所は太っ腹な会社で、こんな会社か一流だとは思えないのです。どんな名目で帰国しているのか?その期限はなど、米国の労働基準法の有り様も気に掛かっています。

45
返信する
匿名

>加藤芳隆さん
法律事務所からすれば腫れ物に触る様な扱いなのでしょ!何しろ『日本の元プリンセスの夫』ですからね。
ただし、入所して間も無い新人なのに1ヶ月以上の休暇を取っている事は、他のスタッフからは不満が出ているでしょうね。
普通なら皇室の親戚という事で昵懇の仲になりたいところですが、恐らく事務所内でも色々な噂か飛び交っていると思うので、戻っても孤立するだけじゃないでしょうか?

47
返信する
国民なんて雑草だから何とでもなる

最初から、いてもいなくても誰も当てにしていない所なのでしょうね?
何だか、秋篠宮家で眞子さんが手に負えなくなったから、さっさと結婚させ、夫婦は何も語らず公務?に励みまくっているようですね?
今となっては、悠仁さんの進学も予定通り、しれっと決まりそうです。

37
返信する
匿名

>国民なんて雑草だから何とでもなるさん
なるほど!最初から戦力としてアテにしていない!ならオフィスで勉強出来ますね。

27
返信する
一般人の感覚

さて、他のKK関連の記事を見ると、やはり2月の試験まで働きながら勉強する事に懐疑的な意見が多く見られました。

と言ってもA宮家も宮内庁も次は何が何でも合格してもらわなくては、本当に本当にヤバい状況になります。

A宮家や宮内庁が金銭以外で、何をバックアップすれば良いのか?頭の痛いところだと思います。

差し当たりKKのNYの勤務先に赴き、KKの仕事の負担を軽減させる様に頼むと思います。勤務時間を可能な限り短くする。

当然、その間のKKの給料は宮内庁(日本政府)が負担します。

また、KKが合格したあかつきには日本政府や日系企業がKKの勤務先にバンバン仕事を依頼するというオプション付きで!

とにかく、勉強する時間を確保しやすくする。

次は、NY州司法委員会に赴き試験の採点者に賄賂を渡し便宜を図ってもらう。

ただ、これで2月の試験は大丈夫!と思うとKKはそれより上の事をやりますからね。

31
返信する
ジンジンジンジン

合格だったら、特権ガーって騒いだくせに。小室さんも眞子さんも私人であることをお忘れなく。

9
26
返信する
匿名

>ジンジンジンジンさん
この不合格で実力バレたから、2月の試験に合格したら「皇室特権だー」って騒がれるな!
もう何か成果上げても「皇室特権」が言われ続け実力を評価される事はないね!身から出た錆!
あと正確には、税金使い放題の私人な!

34
返信する
ジンジンジンジン

小室さんが、法に触れることを?だったら告発されたら?どっかのエセジャーナリストみたいにさぁ。

5
15
返信する
匿名

>ジンジンジンジンさん
告発なんかしなくても墓穴を掘るから大丈夫!
あと「法に触れる」なんて言ってねぇーよ!(笑)

16
返信する
ジンジンジンジン

墓穴をほるって?具体的には?法的に問題なければよくない?なにしろお二人は私人なんだから。

14
返信する
匿名

>ジンジンジンジンさん
「墓穴を掘る」の具体的な答えは小室圭が出してくれるから楽しみに待ってろ!(笑)
つーか、お前分かんないの?このブログの読者の大半は分かっているよ!(笑)

14
返信する
ジンジンジンジン

私人にすぎない小室さん、眞子さんに随分酷いことコメントするねぇ…極左以下のブログやなぁ。小林よしのり先生を見習い給え。

21
返信する
デンデン

あれ、返信できん。私人にすぎない小室さん夫妻に随分酷いことコメントするねぇ…極左以下のブログやな。小林よしのり先生を見習い給え

17
返信する
ジンジンジンジン

小林よしのり先生くらいやろ、まともに皇室に関して論評してるのって。さすが真の保守やでぇ。

12
返信する
匿名

>ジンジンジンジン
確か小林よしのり氏は「元婚約者の借金400万も出してやる」って豪語していたからな、見習ってお前が金出してやれば!(笑)

4
6
返信する
匿名

>ジンジンジンジン
贈与だと思っているのは、小室佳代・圭・眞子とお前だけ!(笑)
世間が小室家の言い分を聞いて贈与だと思うなら騒動もこんなに大きくならない!
まぁ〜取り敢えず小林よしのり氏見習って、お前が元婚約者に400万出してやれよ!小室夫妻のために!(笑)

返信する
ジンジンジン

ん?ならなんで、元婚約者は裁判やらんのだ?勝てないからやろ?あと、ワイ金ないねん。

返信する
匿名

>ジンジンジン
元婚約者が裁判やっても「皇室特権」で勝てないからな!(笑)
それより、お前金無いのか?小室圭と一緒だな!あっ!でも向こうには強力なATMがあるけどな!(笑)

返信する
匿名

>ジンジンジンジン
この国の司法は上級国民に忖度する様になっている!
ただ、小室圭の不合格でニューヨーク州司法試験委員会は腐っていなかったな!(笑)

返信する
ジンジンジンジン

特権あったら、報道すらされんだろ?あ?なに?特権をもってしても完全には揉み消せなかったと?都合がいい解釈だなぁ。

返信する
匿名

>ジンジンジンジン
そうだよ!違憲だよ!ただ憲法違反しているのは政府じゃなくてA宮家!
だから批判が広がっているんだろ?

ジンジンジンジン

馬鹿だなぁ、そうであっても責任は政府が負うんだよ?憲法しらんの?

ジンジンジンジン

つーか、しつこいけど、そんな特権あったら400万なんて利子付きで元婚約者に宮内庁あたりから…それ以前に、借りたのは小室さんのお母さんって言ってんでしょう?元婚約者は。小室圭さんには関係ないでしょ?法的にさぁ。

返信する
匿名

>ジンジンジンジン
海外紙もこぞってバッシングしているみたいだから、直接聞いてみれば?

ただ、擁護しているヤツは少ないから是非お前さんの意見聞いてみたいなぁ~

返信する
匿名

>ジンジンジンジン
宮内庁が、そんな露骨に金出すわけねぇーだろ!(笑)
ただ、小室圭が皇室特権で受けた恩恵として、分かっているだけで「某大手銀行入行」「奥野法律事務所入所」「フォーダム大学入学」「マーティン奨学金」「論文コンペ優勝」がある。つまり小室圭のキャリア全てが皇室特権のおかげ!
あと、確かに金を借りたのは母親だから息子には直接関係ないが、その金で学費や生活費を賄っていた手前、道義的な責任はある。

返信する
ジンジンジンジン

え?皇室特権使っても400万も解決できんの?つーか、400万より就職やロースクール進学のほうが特権としては露骨だと思うが?あと、親の借金でいい思いしたら道義的責任?あんまり欧米では〜ってフレーズ使いたくはないが…使いたくなるなぁ。

返信する
匿名

>ジンジンジンジン
おいおい!金銭問題解決しないのは小室側が逃げているだけだろ!そこには皇室特権無いんだろうなぁ〜
ただ、元婚約者からの支援がなければ小室圭はICUに通えなかったぞ!

返信する
ジンジンジンジン

ん?400万の借金問題には特権及ばないんだ?随分ショボい特権だなぁ。

返信する
匿名

これからは、皇室のダークな部分に、国民が厳しくメスを入れていかなければ、なりませんね。特に秋篠宮家は、日本の法の秩序を乱し、言論統制や血税の使い放題という独裁的な性質を持っているので、他から監視する必要があります。

返信する
匿名

>匿名さん
おっしゃる通りです!

おい!ジンジンジンジン!

お前の「何でそこまでバッシングするんや?」の答えを書いて下さった方がいるぞ!!俺の答えも概ね同じ!

返信する
ジンジンジンジン

まぁ、とりあえず小林よしのり先生の本でも読みなさいな。

ジンジンジンジン

君はそこからはじめてもいいかもだが、ゴー宣ええで。マンガなら活字が苦手な君等でも理解できるだろうし。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。