眞子さん仕事開始でも「出勤姿が報じられず」の怪!「クスリの運び屋では?」などといった声も


文・もっちゃん

眞子さん、ついに就職

昨年10月に結婚し、現在NYで生活している小室圭さんと眞子さん。お二人は、家賃50万円ほどのアパートに居住しながら、所得は、小室圭さんが弁護士事務所の事務員として稼ぐ年600万円ほどの収入のみということもあり、金銭面での不安が取り沙汰されていました。

月額家賃が50万円ですと、年間では600万円となりますから、なんと、小室圭さんの年収分のお金が家賃のみで消えることとなります。実際には、600万円の給与から税金等が引かれますから、家賃のみでも赤字でしょう。

そうした中で、眞子さんの貯金を取り崩しながらの生活を送っていたお二人ですが、ついに、眞子さんが新たに仕事を開始したようです。「デイリー新潮」は、次のような宮内庁関係者の言葉を紹介しています。

そんな中、「眞子さんはすでに仕事を始めており、給与を得ていると聞いています」と話すのは、ある宮内庁関係者。

「具体的な仕事内容や、それがパートタイムなのか否かも含め、わかっていないことのほうが多いのですが、眞子さん自身、コミュニケーション能力をはじめとする力量は折り紙付きですし、元皇族という肩書きもお持ちです。引く手あまたとまでは言いませんが、結構な数のアプローチがあると聞いています。コロナ禍やウクライナの問題が落ち着き、日常が戻るにつれ、そういった声も高まって行くのではないでしょうか」

「デイリー新潮」(2022年3月29日配信)

仕事の中身は不明

このように、眞子さんが仕事を開始したという情報のみが報じられているのですが、一方で、その具体的な内容については全く報じられていません。

また、眞子さんがスーツなどを着て出勤している姿なども全く報じられておらず、こうした情報に関して怪しげな点が存在することも確かです。

「これまで、小室夫妻に関しては、週末にデートを楽しむ姿や、小室圭さんがパブで仕事仲間と飲んでいる姿、NY州司法試験の会場近くで歩いている姿などが写真付きで報じられていました。海外でもそれだけ注目度が高い状況であるにも関わらず、眞子さんが仕事場へ向かう姿が一切報じられないという点には、かなり違和感があります。



もしかすると、すでに現地のメディアに対して報道規制がなされているのかもしれませんし、眞子さんが何らかの理由で、出勤する姿をメディアに撮られないよう警戒しているのかもしれません。

以前、眞子さんが大麻を受け取っているのではないか?といった噂もなされましたが、あまりにも謎が多すぎて、半ば冗談交じりにではありますが、一部の皇室ジャーナリストの間では、眞子さんが大麻の売人や運び屋をやっているのではないか?などといった噂までなされているようですね」(皇室ジャーナリスト)

国民からの批判の声は収まらず

また、先の、「デイリー新潮」の記事では、眞子さんの就職に関する情報のみならず、小室夫妻の生活に関して、宮内庁がストレスを感じている、として、次のような宮内庁担当記者の話も紹介しています。

宮内庁担当記者にも聞くと、

「眞子さんは結婚一時金を拒否するなど、夫妻の振る舞いが“特別扱い”と受け取られかねないことに対して強い忌避感があったように感じます。もっとも、圭さんのビザの問題や警備に関して、邦人保護の観点から日本政府がそれなりに関与していることは間違いなく、そういった現状を踏まえ、依然として“特別扱い”を受けていることに不満を持つ人がいるようです」

 とし、こう続ける。

「通常なら結婚時がピークで、そこから注目度は下がっていくわけですが、小室さん夫妻の場合はなかなかそうもいかず、宮内庁としてもその動向に注視し続けないといけないことも、宮内庁の人たちにとってはフラストレーションのようです」

今回の司法試験に受かってもらわないと困る――。それが小室さん夫妻の現状に関係する人たちの偽らざる心境なのだという。

(同前)

現在、小室圭さんのNY州弁護士の資格獲得に関しては、「ほぼ絶望的な状況」であるとも報じられています。

また、週刊誌や月刊誌等の情報によると、小室圭さんは日本政府のサポートのもと、ウィスコンシン州のロースクールに再入学しようとしているとも、ベンチャー企業を設立して、自分を社長に就任させるよう要求しているとも報じられています。

このように、やりたい放題の小室夫妻の生活について、多くの人々から不満の声が上がっているようですね。先の「デイリー新潮」の記事のコメント欄には、次のような意見が書き込まれています。

身の丈に合った暮らしをするために自ら実力で仕事探しして働き始めたのなら問題はないと思いますが、都合に応じて立場を使い分け、実力で勝負せずに特権を利用して美味しいとこ取りして職を得たのなら問題だと思いますね。そもそも治安も良くなく物価も高いNYに拠点を構える意味が分からないし、外務省や領事館が自由になりたいだけの一般人をサポートするのも意味不明に思う。国費を年8億もかけて警備するのはやめて欲しいと思う。

以前メトロポリタン美術館で働くため、そのためのコーナーをわざわざ作らせたと言われていたが、それはどうなったのか。そこで働くには博識プラス語学が堪能でないと務まらないとその時に思ったのを覚えている。夫妻はニューヨークでの生活を満喫しているそうだが、ジム付きの豪華なマンションも家政婦も警備費8億もすべて税金から賄われていることを思うと腹立たしい。

8億円の警備費用の真実を知りたい。

国民は、4月からの物価高にこれから苦しめられる。TVでは、コロナの予備費を使って景気対策していくまでも言ってた。まだコロナも収束してる訳でもないのに。この8億円は国民にとってとても大切なもの。

外交機密費としても大切なお金です。

8億円を外交機密費から出しているとしたら大きな問題ですよ。

自分達の力で頑張ってくださいね。

8億円もの警備費用に、政府からの就職斡旋疑惑、大麻の受け取り疑惑等、様々な問題により批判されているお二人ですが、果たして、今後どのような生活を送るのでしょうか。

皆さんは、眞子さんは一体どのような仕事に就いたのだと思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。



ご拝読ありがとうございました。

20 COMMENTS

一般人の感覚

小室夫婦の注目度が下がらないのは、自分たちで種をまいているからです。

眞子さんが働き出したそうですが、複雑性PTSDはどうなったのでしょうか?

来月は小室圭の合格発表ですよね?

まだまだ注目度は下がりません!

むしろ、火に油を注ぐかな?

79
返信する
匿名

魔子が姿を見せないのは、ポンコツのKに見切りをつけて、高級リゾート地でバカンスを楽しんでいるからじゃないの?。

52
2
返信する
ごんごん

平民になるカクゴもなく(教えてもらわなかった)、クズ男爵の目眩ましすら気づかず
親を見習って見切り発車で喪中結婚。
「平民どもガタガタ言うな」とタンカ切った割りには、ロイヤルパワーはしっかり使うから
いつまでもガタガタ税金泥棒と言われるんだよ。
まともに育てられてないんだから、まともな職には着けていないと推察します。
麻薬が何かも分からず、小麦粉だろうみたいな感覚で、ブツを配達しているのかもしれない。
お~怖い。

54
1
返信する
冗談はよし子さん

まさか妊娠したんじゃないでしょうね?
あの連中は繁殖だけは得意だからねえ。

60
2
返信する
匿名

ひょっとして、義理の叔父さんの新しいお嫁さんの “ビジネス” を手伝っているとか?
あーゆー商品の売り込みって、パーティーなんかを利用するじゃない。

44
返信する
匿名

紀子さんも早いとこ皇籍離脱して義妹さんのビジネス一緒にやったほうが展望あるんじやないの?

43
返信する
ご皇室は性善説

まず、皇族の中で普通に一般人として就職活動をしたことがある人って挙げてみたら、よく分かる話だ。

本当に確実なのは、皇后陛下と高円宮妃久子さまくらいなものだ。
たった2人。それが、ご皇室というところだ。

これが悪いとかいうのではなく、それだけ、元々が世間とは違う場だということ。

眞子にまともな就職活動ができる機会があったか?
そもそも、文仁はおろか、紀子もまともな就業経験がない。眞子は修士までは取得しても、学問で身を立てる訳でもなく、生涯で社会と向き合う機会も持ってこなかった。佳子も然り。
どう考えても、自力で就職などできるはずがない。「ロイヤルパワー」でしか生きられない。唐沢寿明氏が主演をされた「白い巨塔」だったか、ずっと親の言うままに従ってきた名家の令嬢が、何かに目覚めて就職活動を始めたが連戦連敗って筋書き、あれ以上の悲劇的状況だ。

そんな、一種の「保育器」の中でしか生きられないような内親王殿下が、啖呵切って男と二人で國を出て行った。「保育器」無しでは生きられないのだ。絶対、海の向こうに黄金の「保育器」を作ってもらっているに決まっている。それも、国費で、原資は税金だ。

何の仕事かと言われても、そんなのは知らん。
しかし、一般国民が「仕事」とか「職業」と言えないようなものであろうことは確実だ。「保育器」の中にいる社会的未熟児に何ができるんだ、ってことだ。

72
1
返信する


匿名

大山ねずみの会が広告塔に利用するので、勤務実態など不要なのでしょうよ。
眞子が触ったからパワーストーンだとか、眞子の入浴後の汚水を聖水だとしてボトルに詰めて霊感商法するとか、信者にすれば有り難く推し頂かねばなりません。

しかも税関検査拒否特権が終身保証されていたなら、もういくらでも運んで運んで稼げちゃいますよ。
もしも、税関でわんこが吠えようものなら「お母さんにいいつけてやる」として、父母の運び屋ぶりをばらすと脅すだけで政権はぺしゃんこでしょうからね。

44
返信する
匿名

真っ先に思ったことは、KKさんの場合同様です。
多分、労働ビザが取れたんでしょうね。KKさんも配偶者ビザで生活できるようになりました。おめでとうございます。

国の機関など(例えば省庁とか、領事館とか、個人的に動かせるNY在住の名士とか)がまずお膳立て。
機が熟したところで、M子就職先に大金を渡し、「この中から給料を支払ってください、たとえ、M子が何にもできなくても、たとえ出勤しなくても、とにかく、ビザ発給用書類を準備してください、それから納税用の書類づくりに必要なものを年度末に発行してください、残りは貴社の収入とお考えください」と恫喝。
にこやかな笑顔の中に、「もし受け入れられないなら、アンタ、ハドソン川に浮かぶよ。」と目で語りながら。

8億円の警備が付くし、国税で住居に住めるし、メイドも下男もみな国が準備してくれるし、もし職場で問題があったら国が脅してくれるし。ほぼ一年中バケーションだし。
もう、願ったり、かなったり。

彼らの顔には、薄っすらと笑いが。どうだ、愚民ども、羨ましいか。

32
返信する


匿名

留学生の配偶者は就労できないだろうな。

できても非常勤のバイトだけ?

眞子のバイトした経験!というビデオでもだすのかな?

19
返信する
民間人

皇族の方に学生時代に留学先でクスリで捕まりそうになった方がいらっしゃいましたね。どなただったのですか?

返信する
匿名

前に言われていたNYのデジタル博物館にリモート勤務で、国税から給与を支払っているのでは…?

あらたな税金の迂回ルートを作ったんだと思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。