小室佳代さん、不正受給疑惑で新事実発覚 軽井沢では複数の“偽名”使い労働 経営者の女性も真相告白


文・もっちゃん

結婚後もくすぶり続ける小室家問題

今月26日、ついに結婚をした小室圭さんと眞子さん。婚姻届けを提出し、記者会見を行ったことで、長く続いたこの問題も全て終焉するかと思われていましたが、現在でも、様々な問題や疑問が残っており、いまだ多くの国民からの注目を集め続けています。

特に、大きな問題の一つが、小室圭さんの母親・佳代さんの遺族年金と傷病手当の不正受給疑惑です。今月6日には、刑事告発も行われたこの問題ですが、「女性セブン」(2021年11月11日・18日号)は、新たに発覚した新事実について報じています。

「女性セブン」が報じたのは、小室佳代さんの傷病手当不正受給の問題です。傷病手当とは、病気やけがによって働けなくなったときに、加入している健康保険組合から受給できる手当のことです。

佳代さんは2018年の春から、適応障害を理由に正社員として勤務していた洋菓子店を休み、支給期間の最長と定められている1年半にわたって傷病手当を受け取っていました。

ですが、なんと、この間に、佳代さんは知人が経営する軽井沢にある喫茶レストランのホールやバックヤードで働いていた時期があり、このことが傷病手当の不正受給にあたるのではないか、として話題となっているのです。

そもそも、傷病手当を受けながら、別の場所で働いていたらどうなるのか。社会保険労務士の光嶋卓也氏の解説。

「休職前とほぼ同じ業務内容でほかで働いていれば、不正受給と判断される場合があります。病欠を理由に本来の職場で加入した保険から傷病手当金をもらっていたことになるので、保険金を詐取していたと判断される可能性もあるでしょう」

「女性セブン」(2021年11月11日・18日号)

現在、佳代さんは、遺族年金の不正受給疑惑と同時に、この傷病手当の不正受給も問題となり、刑事告発をされています。



発覚した新事実

また、先の「女性セブン」の記事では、佳代さんが軽井沢の喫茶レストランに勤務している期間中、偽名を使用して働いていた、という新情報についても報じています。

この時期は傷病手当金を受給していた時期。佳代さんには後ろめたい思いがあったのだろうか。佳代さんの知人は、ある驚く光景を目の当たりにした。

「佳代さん、偽名を使っていたんですよ。お店の人からは、“あーちゃん”と呼ばれていて、バレたくないんだと思いました。それならホールに立たなければいいのに……。ただ、偽名を使っても佳代さんへの客からの視線は変わりませんでしたね」

 その視線に気づいたのか、翌2019年には佳代さん本人が人前に出るのを避けたかったようで、厨房などバックヤードでの仕事に変えたという。

「軽井沢の店は冬に閉めることが多く、この店も同じでした。佳代さんは6月から10月頃にかけて、自宅から断続的に軽井沢に訪れていたようです。都内の洋菓子店で働いていた仕事内容ともあまり変わらないと思うんですけどね」(前出・佳代さんの知人)

(同前)

果たして、小室佳代さんは、自身が傷病手当の不正受給を行っていることを後ろめたく感じ、その事実を隠蔽するために偽名を使用していたということなのでしょうか。

真相は分かりませんが、こうした事実からは、小室佳代さんがかつて、遺族年金を不正受給していた際に、元婚約者の男性ともメールで口裏合わせを行い、隠ぺい工作を行っていたことが思い出されます。

この「女性セブン」の記事も、大量の批判コメントが書き込まれたため、コメント欄は閉鎖となりました。TwitterなどのSNSでは、この記事に関して、次のような意見が書き込まれています。

ヤフコメ閉鎖ね。

一般人なら不正受給は逮捕案件である。

何故捜査すらしない!

何故批判すらさせない!

おかしいだろ!

日本雑誌協会質問を捏造・誹謗中傷とバッサリ切り捨てたからね。記者には記者の矜持があるからね。多分追及が止まらなくなるよ。

不正受給に加えて脱税も入るのでは?偽名で納税しますか?

どうせまた宮内庁が揉み消して無罪にするでしょ。

女性経営者は「問題ない」と反論

ちなみに、同記事内で、小室佳代さんが働いていた軽井沢のカフェの経営者は、「給料なんかまったく渡していません」として、次のような反論のコメントをしています。

「ホールに出ていたときもね、バリバリ働いてもらっていたわけじゃないわよ。佳代さんは気遣いのかただから、『ママ、運びましょうか』と私に言って自分から手伝ってくれただけです。給料なんかまったく渡していません。2階にいながら、営業中の下の階が大変そうに聞こえたら下りてきて手伝うくらいの感じよ。

確かに『周りの目は大丈夫かしら』と気にしたこともあったけど、『やましいことなんて何にもないから、普通に堂々と生活すればいいのよ』と伝えました」

と言う。佳代さんには頼もしい存在であろう。しかしそこまで言うなら偽名を使う必要はなかったのではないか。

(同前)

この女性経営者は、佳代さんがしっかりと仕事として業務を手伝っていたわけではないことを強調していますが、これは、先の「都内の洋菓子店で働いていた仕事内容ともあまり変わらないと思うんですけど」という佳代さんの知人の発言とは矛盾します。

また、佳代さんに給料を渡していないことも強調していますが、仮に、佳代さんが給料を受け取っていなかったとしても、傷病手当の受給資格を失う可能性はあるようです。

最後に、「警察だろうが検察だろうが、誰が来たって私は全然平気よ」と、自信に満ちた言葉を残した経営者の女性。給料を渡していない、ということを一貫して語っていたが、厚生労働省保険局によれば、

「ほかの場所で同じようなお仕事をされている場合は、そこで報酬を受け取っているかいないかに関係なく、その事実をもって医療保険者(※加入している団体)が支給の可否を再検討することはあります」

とのこと。

(同前)

先日、小室佳代さんの刑事告発は「返戻」されましたが、刑事告発を行ったジャーナリストは、「(告発状の)不受理ではない。ご検討願いますと。具体的な証拠とあるが、陳述書があるということで、検討して、もう一回出し直してくれということ。前向きに受け取って、報道資料以外もあるので出していきたい」と述べており、再度、告発の準備を進めているようです。



小室圭さんと眞子さんは、今月26日に、婚姻届けを提出し、会見も行いましたが、今後もこの問題に関する追及は続きそうです。

ご拝読ありがとうございました。

12 COMMENTS

一般人の感覚

あれ?KK母って一般人ですよね?

一般人が法律を犯せば、逮捕されて罰を受けるのは当然なんですが・・・

もし、KK母を不問に付したら自分も皇族って勘違いしますよ!!

何やっても許されるって勘違いしますよ!!

56
返信する
一般人の感覚

軽井沢カフェ経営者『給料なんかまったく渡していません』

それなら、偽名使う必要ないんですけどね。

手伝い程度なら本名でも問題ないですよね?

37
返信する
一般人の感覚

KK母の傷病手当不正受給について、疑問が出てきました。

KKとM子さんの最初の婚約内定会見は17年9月、その3ヶ月にKK母の借金問題が発覚しました。

KK母は18年春頃に適応障害と診断され勤務していた洋菓子屋を休み1年半に渡り傷病手当を貰い、その間に軽井沢で働いていた。

一方、KKも18年8月にフォーダム大学へ留学しました。

今回、問題になっているのはKK母の『傷病手当不正受給』ですが、そもそもKK母は何で軽井沢に行ったのかが疑問です。

確かに婚約内定会見以降、KK母の顔も全国に知れ渡っていますし、横浜の自宅も特定されている。マスコミも押し寄せているので身動き取れません!

だから、KKもKK母もNYと軽井沢へ其々雲隠れしようとしたのか?

KKの留学はM子さんの要望であったと先日の会見でM子さん自身が暴露していましたが、もしかしてKK母の軽井沢雲隠れも、実は宮内庁かM子さんの指示だったのではないでしょうか?

要は、騒動が沈静化するまで身を隠す様にKK母子に指示したのではないでしょうか?

しかし、傷病手当だけでは生活出来ないので軽井沢でバイトしてしまい、それがバレて大問題に発展してしまった。

こうして時系列で考えてみると、KK母の行動は本当に摩訶不思議です。金銭問題で渦中の人なのに、更に軽率な行動に出た。

そんなにK家は金欠だったのか?だとしても、公金の不正受給は大罪です。

一般人であるKK母にはキッチリ罪を償ってもらいましょう。

29
返信する
匿名

美智子さんと紀子さんで眞子佳子女性宮家創設を企ててたんだと思います。
眞子佳子女性宮家創設されるまで時間稼ぎと女性宮家の箔付けの為留学させてました。
留学費用も美智子さん紀子さんからです。
眞子さんは小室に将来の女性宮家を約束し
会見で言った通り留学を指示しました。
その間 小室母の犯罪疑惑問題が発生し
眞子佳子女性宮家創設も遠のくばかりになりました。
我慢の限界になった眞子さんが国民のせい‼︎と牙をむき喧嘩うった会見になりました。
皇室は権威があっても権力をもたないと言う基本的な帝王学を学べなかった秋篠宮一家はロイヤルパワー炸裂させ
小室母の犯罪も闇に葬るつもりか?
国民の声は誹謗中傷だと言論統制し
都合の悪いことはPTSDの仮病だと逃げる。
秋篠宮一家の公金横領を取り締まる法律はないのか?
やましいことありすぎるから会計監査も断ったのだろう。
今すぐ秋篠宮一家と美智子さんの会計監査開示を要求します。
犯罪者同士気があうのでしょう。
秋篠宮一家も皇室離脱されて小室一家とアメリカで仲良く暮らして下さい。

36
1
返信する
最後の叫び

ずっと前ですが、わりと人気の漫才師のお母さんが生活保護をもらっていたことがばれた時、息子の彼は叩かれて長い間干されました。
佳代さんも罰を受けるの当たり前でしょう。
会見で、あのバカップルは「母の不正受給はない」と嘘つきました。

警察はしっかり正義感を持って、仕事をしていただけるよう切に願います。
秋篠宮家の皇籍剥奪と宮内庁の怠慢も… しっかり認識してください。
小室の件は日本の恥、ヨーロッパ、韓国、中国などで正直に報道されています。
日本メディア、しっかりせんかい! 

58
返信する
匿名

美智子さんと紀子さんで眞子佳子女性宮家創設を企ててたんだと思います。
眞子佳子女性宮家創設されるまで時間稼ぎと女性宮家の箔付けの為留学させてました。
留学費用も美智子さん紀子さんからです。
眞子さんは小室に将来の女性宮家を約束し
会見で言った通り留学を指示しました。
その間 小室母の犯罪疑惑問題が発生し
眞子佳子女性宮家創設も遠のくばかりになりました。
我慢の限界になった眞子さんが国民のせい‼︎と牙をむき喧嘩うった会見になりました。
皇室は権威があっても権力をもたないと言う基本的な帝王学を学べなかった秋篠宮一家はロイヤルパワー炸裂させ
小室母の犯罪も闇に葬るつもりか?
国民の声は誹謗中傷だと言論統制し
都合の悪いことはPTSDの仮病だと逃げる。
秋篠宮一家の公金横領を取り締まる法律はないのか?
やましいことありすぎるから会計監査も断ったのだろう。
今すぐ秋篠宮一家と美智子さんの会計監査開示を要求します。
犯罪者同士気があうのでしょう。
秋篠宮一家も皇室離脱されて小室一家とアメリカで仲良く暮らして下さい。

20
返信する
匿名

>匿名さん
ただ、今朝になって小室圭の不合格の第一報を目にしました。
不合格が事実なら年収も2000万前後から600万程度に下がるそうです。
物価の高いニューヨーク、しかも借金まみれで金欠の小室圭で果たして生活して行けるのかな?
新婚早々眞子さんの思惑もズレてきましたね。

20
返信する
匿名

正義は勝ちましたね! 
不合格を見越して早々と入籍したのですね。
皇室から巨額の援助をしてもらっても、一生懸命勉強せずスカイプで眞子さんを洗脳していたんではないの? 

23
返信する
匿名

>匿名さん
正義が勝ったと言うより、小室圭の自滅でしょう。
皇室特権で学費免除になって、論文コンペで優勝したのに不合格!

いよいよメッキがはがれて来ました!

不合格も国民のせいにしないでもらいたいですね。

18
返信する
匿名

不合格というより、受験資格があったのかが疑問です。さまざまな不正が発覚し、失格になったのでは?

16
返信する
匿名

>匿名さん

小室圭『名前書いて、回答欄に「プリンセス眞子のフィアンセ」って書けば合格出来るって宮内庁から言われたんだけどなぁ〜』と、只今困惑中!

12
返信する
匿名

>ブログ主(もっちゃん)さん

次のブログでは、是非『小室圭不合格』でお願いします。

バズり必至です!

13
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。