カナダメディアが敬宮さま大絶賛!「日本の愛子さま、外交デビューで輝く:国際関係の新時代」紀子妃は不要、これからの皇室外交は両陛下とのスリートップと残酷な通知


文・もっちゃん

ケニア大統領夫妻との昼食会でも大活躍の愛子さま

今月2月9日に、ケニア大統領夫妻を招いて行われた昼食会に、体調不良で欠席された紀子さまの代理として出席された天皇皇后両陛下の長女・愛子さま。

この昼食会で、愛子さまは、ケニアのルト大統領にスワヒリ語で挨拶をされ、さらに続けてほとんど通訳なしで英語で会話されるという、皇室外交デビューとは思えないほどの大活躍を見せられました。

天皇皇后両陛下が、来日中のケニアの大統領夫妻を招いて昼食会を開催され、長女の愛子さまが初めて国際親善の食事会に出席された。

昼食会に先立ち、両陛下は大統領夫妻と約20分間面会し、一部通訳を交えたが、ほとんど英語で会話を交わされた。

昼食会には、胃腸の不調で出席を控えられた秋篠宮妃紀子さまに代わり、来月に大学卒業予定の愛子さまが出席された。

オフホワイトの装いに帽子姿の愛子さま。宮中での食事会に出席されるのはこれが初めて。

昼食会は午後0時半から宮殿で行われ、陛下と若草色の和服姿の皇后さまは、ケニアのルト大統領夫妻をテーブルへと案内された。

外国要人を招いた国際親善の昼食会に初めて出席した愛子さまは、にこやかに大統領の隣に着席された。

愛子さまは、ケニアの投資貿易産業大臣に笑顔で、スワヒリ語で「ごきげんよう」を意味する「HABARI(ハバリ)」と話しかけ、その後は通訳を交えず、英語で直接会話を交わされた。

両陛下から紹介された際にも、スワヒリ語で挨拶されたという愛子さま。大統領からは「上手ですね」とほめられ、是非ケニアに来て下さいと招待を受けたという。

テーブルには、江戸切子のグラスが用意され、アルコールが飲めない大統領に配慮して、りんごジュースで乾杯が行われました。両陛下や愛子さまには、日本酒やワインがふるまわれたということだ。

コロナ禍で行われていなかった宮中での食事会は、感染対策のため人数を絞って、2023年の秋に再開された。

胃腸の不調で出席を控えられた紀子さまに代わり、今回学業の都合がついた愛子さまが出席された。

3月には大学を卒業し、4月には日本赤十字社の嘱託職員として就職される予定の愛子さま。春以降は、こうした様々な行事に出席する機会が増え、活動の幅を広げられる見通しです。

「FNNプライムオンライン」(2024年2月9日配信)

多くの人々から賞賛の声

スワヒリ語で挨拶を行う気づかいや、皇室外交デビューであるにも関わらず、落ち着いて気品に満ちた様子で、昼食会に参加される様子をルト大統領にも絶賛された愛子さまですが、ニュースサイトのコメント欄にも、愛子さまのご活躍を心から喜ぶ称賛の意見が数多く書き込まれています。

こちらでも愛子さまの映像が見られて嬉しいです。愛子さまは初めての国際親善の場なのに、なんて笑顔が素敵でリラックスして会話されているのだろう、と感動しました。愛子さまは国際親善において、なくてはならない存在だとはっきりわかりました。愛子さまの存在が、この昼食会を華やかに盛り上げているように思いました。今後の愛子さまの海外訪問が楽しみです。

堂々とされてますよね。頼もしい限りです。

皇族減少で公務の担い手が少ないなか、愛子さまの存在は非常に重要かつ貴重。今後は赤十字のお仕事と調整しつつ公務に出られる回数を増やされることでしょう。海外ロイヤル外交の場でも愛子さまのお姿を多く見られることを期待します。雅子さまも安心して任せられるでしょうね。

敬宮様の朗らかで堂々としたお姿に思わず笑顔になりました。

英語で会話も弾まれているご様子。

どんな話をされていたのでしょう。

スワヒリ語でもご挨拶されて又大統領はお酒は飲めないからリンゴジュースで乾杯。

心のこもったおもてなしですね。

敬宮様にはこれからもこの様な親善の場に出席して頂きたいです。

カナダメディアも愛子さまの活躍を大絶賛

このように、日本国内でも、ケニア側からも大絶賛されている愛子さまですが、この愛子さまの皇室外交デビューのニュースは海外でも報道され話題となっているようです。

カナダの市民メディア「ブレイキングニュース」は、今回の愛子さまのご活躍に関して、「日本の愛子さま、外交デビューで輝く:国際関係の新時代」と題する記事にて、次のように称賛しています。

日本の愛子さまは、前例のない冷静さと雄弁さを発揮して、外交昼食会で公式デビューを果たし、秀でた言語能力と外交エチケットを披露した。 この出来事は、22歳の王女の公務における重要な節目となるだろう。外交における彼女の役割の増大を浮き彫りにし、世界政治を効果的にナビゲートできる新世代の皇室への道を切り開いた。(中略)

天皇皇后両陛下の長女として、愛子さまは、長い間世間の注目を集めてきた。 しかし、彼女が外国要人らの公式晩餐会に出席するのはこれが初めてだった。 この出来事は、彼女の叔母が謎の胃腸疾患のため出席を辞退したことでさらに注目されることとなった。

叔母が不在のため、愛子さまはその穴を埋めるために名乗りを上げ、皇室内でより大きな責任を担う用意があることを示した。 この新たな役割は、近年女性がより重要な地位に就くようになった日本の君主制が指し示す方向性や力学と一致している。

昼食会中、愛子さまは流暢な英語でケニア当局者らと会話を交わし、語学力や外交マナーを披露された。彼女はケニア大統領夫妻にスワヒリ語で挨拶し、目に見えて感銘を与えた。

ケニア大統領は愛子さまの語学力を称賛し、ケニア訪問を招待した。愛子さまは優雅さと感謝の気持ちを持って招待を受け入れ、両国間の絆はさらに強固になりました。

外国の高官とのこの交流は、皇室内における愛子さまの役割の増大を強調しただけでなく、外交を担う皇族としての彼女の成長における重要な転換点を意味するものでもあった。 国際指導者らと連携することで、彼女は世界政治の複雑さを効果的に乗り切ることができる新世代の皇室への道を切り開いている。

「ブレイキングニュース」

こちらの記事では、この後も、愛子さまを称賛する内容の文章が続く一方で、このように、愛子さまが皇室外交を担っていくために、将来的には、秋篠宮家は不要となり、海外訪問の機会も減少していくだろう、との見通しも示しています。



皆さんは、このような、愛子さまのご活躍と、海外メディアによる秋篠宮家不要論について、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

53 COMMENTS

匿名

世継設定をしている文仁が安西氏そっくりになっている件

その息子とされる悠仁は障害児で罰則付き報道規制によって辛うじて
これまで第三条廃嫡処分を免れてきたのが、上皇からの廃嫡通告により
一気に悠仁廃嫡へと駒が進められた件

にもかかわらず、悠仁廃嫡を受け入れられない紀子の仮病抵抗、宮中祭祀
中座不敬の件

なおも消えない、NYの駈け落ち夫妻極秘帰国の噂の件

以上、昨年末以来、日本皇室に起きている大激震に海外も注目していて
ついに抵抗勢力のぶ厚い岩盤を割るようにして、愛子天皇を求める声が
海外からまで聞こえるようになり、感無量です

安倍派でこれまで「悠仁継承までは揺るがせにできない」などと統一教会
及び部落解放同盟からの要請丸呑みして、秋篠宮家神格化に貢献してきた
幹部らも、あの五人衆のぶざまな落魄ぶりを見るまでも無く、宦官政治は
世界に通用しないことがこうやって示されたのです

275
2
返信する
匿名

安西文仁さん一家は一般人安西孝之さんの子孫一家であり、一般人一家です。
これまで国民は一般人一家を皇室一家と騙されてきました。

将来的に⁉️
一家が安西孝之さんの子孫一家と判明。
国民は一般人一家や、一家にパラサイトの一家一族を血税で扶養する義務はまったく無い。
一家は直ちに皇室から出て行くしかない❗

169
3
返信する
匿名

今頃きっと、怒りに震えた正田ヤンキー美智子が必死に悪巧みを考えているはず。

92
返信する
匿名

以前こんな記事見たことあります、、

>俺を殿下と呼べ、小室圭

俺をHis royal highness=殿下と呼べ
小室圭が言ったそうである。

最近、外務省やのリークが少なくなったと思ったら、発言の内容がよほど腹に据えかねたのかニューヨークのお世話係からもれ出てきたリーク。最新版テーミスの記事より。

お世話係が小室圭に勉強すべしとかなんだとか意見をしたら、その返事が、
Shut up!俺をHis royal highness 殿下と呼べ。さらにはもっといいマンションに住みたい。と言ったそうだ。

85
返信する
匿名

 行方不明とか騒がれてる、偽皇族の娘夫婦、、
それにしても、どうしてこうも簡単に億の物件を入手出来るの??

>2億円豪邸が新居か、、水面下で動く小室圭さん、真子さんの引っ越し問題「宮内庁が懸念すること」

2024.2.4 皇室遅報 Offline

上記文言で検索を、、

>こんなことに国民の税金を一銭たりとも使うな。すべて勝手にやっていることで、1国民としてなら自由だ。ならば普通の国民と同じように扱え。もう、ただの人なのに、税金で特別扱いするのがおかしい。物価高で国民の生活は苦しくなっている。天皇、皇室に対する反感は強まるぞ。宮内庁は分かっているのか。国民の生活に何一つ役立っていない。

68
返信する
野萩

「世界はプリンセスアイコの中に、日本皇室の明るい、そして性差別のない未来という前兆をも見つめたはずである」という一文で、カナダの記事は締められていた筈です。

何て素晴らしい、正当な評価でしょうか。
本来ならば国内メディアがこのような記事を出して、「自称保守」の愚かな議員共の尻を叩いてやらなければならないのに。日本は本当に愚かな男尊女卑・男尊女子の集団です。情けなくて恥ずかしいです。

一応、立憲の泉代表が「安定的な皇位継承」について国会質問するという稀有な行動に出ましたから、立憲のホームページに「カナダでこんなこと言われてるよ。あんたらいつまで自称保守の顔色伺って世界に恥を晒し続けるつもりなの?」と応援メッセージを送るのもいいかもしれませんね。
結局、典範を改められるのは議員。ネットで強固に世論を形成していくことも重要ですが、政党にダイレクトに敬宮殿下からの直系長子こそが正しいと言い続けるしか、国民が直接できることはありません。

今後、盗作小坊主成年までに、敬宮殿下の御公務が何度あるか? 
たった一回の午餐会でここまで国民の心を掴んだ敬宮殿下ですから、盗作小坊主が「ショラテンです!」と儀式に臨んでも、その時にはもう取り返しのつかない差が国民の中に完成されていると思います(既に完成されているとも思いますが)。
仕事サボりの議員共、敬宮殿下からの直系長子継承に変えるなら今ですよ。

227
返信する
匿名

>仕事サボりの議員共、敬宮殿下からの直系長子継承に変えるなら今ですよ。

そのチャンスを仕事さぼりの議員は、絶対に絶対にどぶに捨てないでください。
いつ、改正するの?今でしょ!!

ズルヒトは、次期天皇不適格です。そして、一日も早く、秋一族全員廃嫡してください。

201
返信する
匿名

国民もまた、チャンスをドブに捨ててはならない。
きちんと選挙に行き、皇室典範を改定するよう各政党ホームページに打ち込み、議員のX等にも投稿しましょう。ヤフコメAIまでもが「国民は愛子天皇を求めています」的な要約を出すいまこそ、議員の尻をしっかりと国民が叩いてやらねば。

173
1
返信する
匿名

これからも続々と「秋篠宮家不要論」は海外から発信され続けるでしょう。
そもそも「叔母」ですらない、「安西家の妾」、文仁の「重婚相手」でしかなかったという紀子。皇族扱いされていることそのものがおかしいのです。反論したいなら、ぜひ文仁のDNA鑑定を世界中の鑑定機関の力を借りて行ってください。反論しないなら、イコール事実として認めたとみなされ、どんどん秋篠宮家改易論が進むだけです。

愛子さまの存在に怯えてきた紀子が、上皇からの悠仁廃嫡宣告の後も仮病に倒れて見せるなどの臭い芝居をやってでも、そのデビューを阻止しようとしたのも虚しく、ケニア大統領からの「秋篠宮家出禁通告」を受けて、再び仮病を装って欠席した隙に、紀子の最も恐れてきた事態・敬宮さまの登場となって、一挙に秋篠偽宮家改易へと、その追放の流れに勢いがついた格好で、正に天網恢々といえます。

257
2
返信する
匿名

全身コピーのごとく。

一家得意の偽物証明も、あれだけ瓜二つでは偽物DNA鑑定証明を引き受ける鑑定士はいない。
そして身内の竹田氏の「秋篠宮は、安西孝之夫妻の子であり天皇陛下とは従兄弟」発言。

そしてこれだけ騒ぎになりながらも、DNA鑑定に応じられない。
自ら「一家は安西孝之さんの子孫一家」を否定できない。

巷論議は、「実母は?皿婆さん?or安西孝之さん妻(皿婆さん妹)?」です。
いずれにしても、実父安西孝之さんでは皇族ではありません❗

176
3
返信する
匿名

カナダにとっては他国と他国のことなのに、きっと前から敬宮愛子さまを注目されていたんでしょうね。

そして、噂通りの素晴らしい皇女!
まるで、自国のプリンセスを報道するかのような丁重な記事。

日本も見習って欲しいですね。
(誰に気を使ってるの???)

この記事は世界にも配信されているだろうし、カナダ国民も

「ぜひ、天皇皇后両陛下とプリンセスアイコを一目見たい!そうだ!カナダにご招待しよう!!」

って、声も上がるでしょう。
カナダ政府も急遽、日本へ訪問の予定を立てているかも知れませんね。
(目的はもちろん、両陛下と愛子さまにお会いするため。岸田さんに会いに来るのではない)

そして、当然A宮夫婦はNGで!

4月には岸田さんがアメリカへ国賓で行かれます。バイデン大統領からも愛子さまの話題を出してもらいたいですね。

バイデン
「聞くところによると、プリンセスアイコの外交力は素晴らしいと聞きました。天皇皇后両陛下のご教育の賜物ですね。もちろん、彼女が次の天皇だろ?日本は安泰だな。そうだろ?フミオ?」

岸田
「あ、ああ、もちろんだよ!その前に法整備をしないといけないのだよ。今年中に彼女がクラウンプリンセスになれるようにするつもりだよ」

バイデン
「それを聞いて安心した。あの天皇陛下の弟?あれが次の天皇だったら…我が国だけでなく世界中で日本と断交するところだったよ。フミオ、君はいい選択をしたよ」

岸田
「………」

と、世界中で日本政府の尻を叩いて下さい!!

152
返信する
匿名

売電の痴ほうがかなり酷くなっているようですよ、日本ではほとんど報道されていないけど。
アメリカでは売電おろしに向かっていくようです。いままでよくこの痴ほう老人を世界のリーダーと言われる大国の大統領として(不正)選んだものです、アメリカも相当酷い。
その売電政権のイヌの岸田政権も相当いや最低政権、早く降ろさないと。

109
返信する
匿名

残念ながらそうはならないと思います。

というのはアメリカからしたら担ぐ神輿は軽い方がいいわけで、天皇陛下や敬宮様では聡明すぎて好ましい神輿ではないはず。

その証拠がKKがNYで弁護士資格を取得してしまったことだと思います。

つまり、アメリカからしたら聡明な天皇家より、アホのA宮家の方が好ましいわけです。

さらに、日本人が「天皇制はもういらない!」と自ら天皇制を否定してくれればGHQの悲願も果たせますし、そのうえ、広大な皇居の土地も、皇室に代々伝わる美術品にも手を出すことが可能になる。

アメリカが強引にプッシュして日本にLBGT法案を施行してしまったのに、愛子天皇のことはなにもいわないのもそういうことなのだと思います。

10
87
返信する
匿名

リベラルと言う名の極左向きに世界的になっているが、このままいけばトランプが再選するようだが、そうなれば少しは変わるのか?まず共和党になれば、現米大使は本国に帰される。

食糧難に向かわせるため、日本や世界の農家を追い込むようなことをしているようだが、ヨーロッパの農家が反旗を覆しデモも起きているようだけど、どの国の民衆もあまりに抑えこまれるようなことをされたら反発が起きるのに、左のひとひとはそれがわからないのか?
世界何とか機構も、またあのお注射を強制するつもりでいたそうだが、どうやらそれもうまくいっていないようだし、スカンジナビアの国の首相も右側の人が当選したようだし、世界はまた良いほうに向かっていくのだろうか?
いまの日本の政権も左よりだが、アメリカが保守になれば変わるのだろうか?とにかく皇室典範を変えないとどうにもならない。
だいたい偽皇族の疑いのある一般人のそれも知的に問題のあるひとひとがショラテンなんて
冗談ではない

109
返信する
匿名

これは、長らく天皇御一家をお支えし、秋篠宮一家のやり方に反発していた信子さま、久子さまにとっても嬉しい記事でしょう。
第三者であるカナダのメディアから不要といわれるようでは、秋篠宮一家は終わっています。
宮内庁、これでも秋篠宮一家に忖度を続けるおつもりですか?

151
返信する
匿名

メディアは広告収入で成り立っている。
広告業界最大手電通やTBSと、安西家は姻戚関係。
安西家一族にはNHKの局長候補にまでなった人物も。
その人物と皇位継承有識者会議のトップ清家氏(次期皇位継承は悠仁くんまでは、揺るがしてはならないに固執されているお方)とは、慶応義塾の塾長絡み。

その清家氏が、日本赤十字社社長に就任されている。

28
3
返信する
匿名

紀子は皇室、いや日本でも不要です。祖国に送り返しましょう。

秋篠宮家の 「通訳なしで会話された」という忖度報道を国民から批判されたからか、
最近は今上陛下御一家にも 「通訳なしで・・・」と報道させている。
どうせ皿か宮内庁の指示だろうけど。
どんなに忖度報道しても、最近では秋篠宮家の無能さも海外メデイアにも知られてきたみたいなのが良い!日本のメデイア(実際は在〇による)はまったくあてにならんからね。

162
0
返信する
匿名

全ての方のコメントに目を通しました。

カナダでも絶賛されていますね?また、私もカナダの友人に天皇ご一家のことを教えてあげたいという気持ちになりました。

記事の内容も、納得できます。

秋一族不要論、今後ますます加速してほしいです。

177
返信する


匿名

欧州の王室どころかアジアでも歓迎されていない秋篠宮家をODAなどを餌に無理にでも秋篠宮家を戴冠式やベトナムに送った政府と宮内庁も問題!
いくら皿やその周りの圧力とは言え、国力を損なうような偽皇族を日本国内どころか海外にまで送り込んだ政府もたいがいだ。

日本語のコミュ力さえないのに、海外に行っても何もできない。国民の税金をどれだけ無駄使いすれば気がすむのか?いまの日本はそんな余裕ないでしょう。

あるユーチューブで春節の祝いの言葉と東京タワーもあの国の好きな赤色にライトアップしたそうだが、一体この国、どこに向かっているのか?
岸田は日本国民をないがしろにし、海外からの留学生には奨学金および生活費まで払う気でいるみたいだが、これで岸田も日本人ではない、政治家の中にも多数の帰化人がいることが明らかになってきた、考えてみたら皇室にも帰化人が入る混んでいるから日本や皇室を崩壊してしまうようなことしかしていない。

135
返信する
匿名

こんなに代理の愛子ちゃんが絶賛されるなら、それを阻止する為に私が不調を押してでも出るべきだったわ。文仁は何をやってんのよ。あ~悔しい。家の悠仁だって何時かは見ていなさいよ。紀子さん、あなたの負けね。

95
2
返信する
匿名

不調でもなんでもないことは、その前の埼玉県訪問時に、知事との昼食に
出された高級幕の内弁当を紀子がぺろりと平らげたことをテレビ報道され
仮病を装っているな、と全国民の前ではっきりしてしまったのです

残念でしたね、川島紀子さん
仮病を使うと、それがバレたとき、皇族生命終了になってしまいますので

181
返信する
匿名

皇室に入り混んで30年以上にもなるのに、何とも卑しく浅ましいオンナ。

クレクレ公務は当たり前。食べ方も汚くこぼしまくりゲップもするそうです。
出自が隠せない。

日本語もロクに話せないし、皇族としてのルールも学べない相当な低知能な北のオンナ。こんなのが皇室にいくら脅迫してナマズとの結婚にまで持ち込んだとはいえ、こいつを入れ込んだ皿とチャブの罪は重い!

48
匿名

よく今回の愛子さまの御登場を「紀子の代理」と報道させられているのを
テレビなどで見かけますが、秋篠宮家の代理を皇女がするわけもなく、
また序列的にもありえないことです
紀子の代理なら、佳子か悠仁でしょう
それがだめなら、久子さまや信子さまだったはず

つまりこれは代理なんかではなく、大統領からの強いリクエストがあって
さすがの見て子も拒めない状況になったからといえます
因習や解放同盟からの縛りのようなものを、打破し、改革してくださった
ケニア大統領夫妻には感謝感謝です

209
1
返信する
匿名

川島父が堕胎児⚪⚪⚪⚪⚪浸けで、昭和天皇に結婚を迫ったが事実なら、
皿婆さんと安西孝之さんは、震え上がったのでは⁉️
平常心を失ってしまった。

賤民狐子を皇室入りさせたのは、安西文仁氏であり、皿婆さん、安西孝之氏では⁉️

上皇様はすでに認知症。
それをいいことに、チャブだのエロチャブだのと言いたい放題!
皿婆さんにベタぼれで、何でも言いなりが悪かったのは確かだが、
安西家サイドの責任擦り付けには呆れる。
皿婆さんと文仁さん実父安西孝之さんは、
どれだけ晩節を汚すつもりなのか⁉️

26
3
返信する
秋篠家が何故皇族で居られるのか??

「紀子さんの代理」ではなく、紀子さんはケニア側から拒否されていたみたいです。
YouTube「Real Imperial Story by 輸入食品」で、2月2日にケニアから宮内庁に連絡があったそうです。
宮内庁は、実態を書いて 紀子さんの逆鱗に触れると後が大変だから「胃腸の…」とかの理由を付けたみたい。

それにしても、鯰地蔵だって 長男が2日前にインフルエンザに罹患してるんだから、午餐会に出てくるなんて非常識、ケニア大統領は飲酒の習慣がなくて、飲み物はリンゴジュースだった……それも「地蔵」の原因だった❓️

もう、こんな馬鹿馬鹿しい話題の出る皇族なんて、要りません❗️

135
返信する
匿名

というか、文仁地蔵がアル中なので、いまは一滴も飲ませられない
非常事態なんでしょ
でなきゃ、別に全員ノンアルにしなくても、バラバラでもよかった

皇室新聞の過去記事に、どこか出先で試飲する場面があり
思わず文仁ががぶ飲みしてしまって、紀子が
「殿下にお酒を出さないで」と絶叫するシーンが伝えられています

これは典型的アル中患者に対する配慮ですよ
スパークリングワインでもだめで、アルコールが入ると人格豹変し
どんな粗相をしでかすかもわからないから

122
返信する
匿名

>日本の愛子さまは、前例のない冷静さと雄弁さを発揮して、外交昼食会で公式デビューを果たし、秀でた言語能力と外交エチケットを披露した。

海外生活していたはずの秋篠宮夫婦(秋篠宮は留学)なのに
通訳さんがいないとまともな会話も出来ないってどうよ?
今まで何してた?午餐会や晩餐会だって何度もあったでしょう。
英語ができなくても報道されずに済んでた平成じゃないよ。
その頃は上皇夫婦の事ばかり報道されてたかもしれないけど
もう隠せないからね。

仮病で心配して貰いたかったかもしれないけどバレてるよ。
きっと、エアで話ししてると言われたから午餐会に出ないで済む方法を考え
かつ、もしかしたら心配して貰えるかもと思った?
能登半島の地震の時にする事じゃない。
寄付だってしないで気持ちだけだし。

次に午餐会があった時にこの夫婦はどうするんだろうね。
愛子さま以上の成果をあげないとまた比べられて色々書かれるよ。笑

139
1
返信する
匿名

>次に午餐会があった時にこの夫婦はどうするんだろうね。
>愛子さま以上の成果をあげないとまた比べられて色々書かれるよ。笑

この先、ますます愛子様に追い越されることでしょうね。
鯰地蔵と鬼子は、永久出禁一択です。

このほうが、昼食会などが和やかに進みますので・・・お邪魔虫兼お荷物の秋一族がいない分、すがすがしい空気が流れます。

139
返信する
匿名

いわゆる国費を使っての留学だった文仁、眞子、佳子。
なのに全然英語力上達していないのはどうゆうことよ?

頭が非常に悪い、つまり文仁も皇室典範第三条に抵触することが
皇族ならマストアイテムのはずの英語すらできない知能からも
しっかり証明されちゃってる。

168
返信する
匿名

地頭の悪さは、お金を積んでも治せません!
優秀な地頭は、お金を積んでも買えません❗ 残念な秋篠一家!よりにも
よって、皇族の皮を被って一生生きて行く生き地獄を、お皿から与えられた。
悪い遊びばかりを覚え、正悪の判断も出来ないネジの弛んだ地頭を自分で
呪うがいい‼安西家族よ❗

144
3
返信する
匿名

安西文仁さん一家は一般人安西孝之さんの子孫一家であり、一般人一家です。
これまで国民は一般人一家を皇室一家と騙されてきました。

将来的に⁉️
一家が安西孝之さんの子孫一家と判明。
国民は一般人一家や、一家にパラサイトの一家一族を血税で扶養する義務はまったく無い。
一家は直ちに皇室から出て行くしかない❗

104
3
返信する
匿名

眞子の博物館就職も英語力がプア過ぎてコネ縁故採用すら見送られてしまったというから、この家の親子全員頭ポンカスです

ポンカスだから、地蔵と呼ばれ、ケニア大統領とも何の会話もできないし、話題が思いつかないブザマぶり(地蔵菩薩には誠に不敬の限りですけど、石のように動かないものの譬えに地蔵があるので)

そのうえ、紀子には子々孫々に遺伝する恐ろしい指定難病206である、脆弱性X症候群の遺伝要因があり、早速子供らに出てしまった
特に男児は女児の二倍の発症確率があるとされるため、見事悠仁は発症してしまい、知的障害者になっただけでなく、あちこちに不具を抱える哀れな身となっています

なのに意地っ張りな紀子は、悠仁への療育を徹底拒否し、超進学校に裏口入学させ、そこで痴漢事件を引き起こしては、ますます居場所がなくなる悪循環で、これらの特殊事情もケニア大統領には情報共有されたうえでの愛子さま御降臨となったわけです

151
返信する


匿名

すべての国民があの映像で
敬宮さまのご優秀さに感激しました。
きーこは何とでも言ったらいい。
百聞は一見に如かずだよ。

カナダメディアさん有難う。
もちろん将来的には(今現在からでもok)、
秋篠宮家は不要決定ざます。

144
返信する
匿名

いまの外務大臣、麻生さん絶賛です
東大のしかも教養学部出身でスーパーエリート
雅子さまとも話題がよく合いそうです

1953年(昭和28年)静岡市生まれ。白百合幼稚園、横内小学校、
静岡雙葉学園、東京大学(国際関係論)。三菱総合研究所研究員を
経てハーバード大学大学院へ留学(政治行政学修士)。
米国上院議員の政策立案スタッフを務め大統領選挙運動にも参加。
帰国後、政策コンサルティング会社設立。

若いときの写真でも大変美人と思いますが、麻生さん好みでは
なかったようでごめんなさいね
選挙区が静岡一区で、駿河区の久能山近くにお住まいであれれ・・
あのお方の生家もすぐ近くですよね

ともあれ、裏事情に明るい方が外務大臣でよかったです
ますますファンになりましたよ

114
1
返信する
匿名

これまで皇室外交では、外務省がガンとなっており
英国王戴冠式の国王親書である招待状を勝手に紀子に見せて
紀子がその場で破り捨てるという公用文書毀棄事件や、
親書を改竄してでも
秋篠宮家が招待されたかのように取り繕うなどすることを容認、
ないし裏でこそこそ紀子のために手引してきたとみられるだけに
直接の発信力があり、自分でも外交官のように動ける上川氏には
おのずと期待してしまうのです

あの麻生発言は女性蔑視などとは思いません
とても優秀なだけに、ちょっと先に悪口言わないと座が持たない
的な意図からとしか思えないのですが、とにかく両陛下の御意思を
察して、どんどん動けて、改革ができる大臣なので、将来内閣が
代わることがあっても、長く外務大臣の座に留まって欲しいです

そして愛子さま立太子の時には、初の女性首相であればいいのに
とも思ってしまうのです
麻生さんも内輪もめはこのくらいにして、典範改正、秋篠家追放
に向けて、いま必要な布陣を敷くのに全力で協力してください

131
返信する
コメントする時間がないけど気持ちを伝えたくて。

パチパチパチ
拍手喝采!ブラボー!

101
返信する
言論弾圧はダメ

「日本の愛子さま、外交デビューで輝く:国際関係の新時代」
カナダでの報道タイトル。なぜ日本で大きく報道しないのか。

すでに事実上、お皿は壊れ秋家の崩壊消滅も時間の問題です。
誰の目にも明らかな事実について日本の報道機関は沈黙です。

現在の報道のあり方は憲法に抵触しており事実上の言論弾圧。
報道各社は圧力に屈せず言論自由、報道の自由を護りなさい。

108
返信する
一言主

平成暗黒時代に敬宮様が理不尽で邪悪な迫害を受け続けたことはあたかも天照大神の岩戸隠れの様でした。

今、岩戸を開いて輝きを放っています。まさに皇統を救うために再臨された天照大神です。

敬宮様から直系長子継承となるなら国民は大賛成です。いや、敬宮様以外に国民は受け入れないでしょう。

107
返信する


匿名

日本は世界を見れないから前の大戦になった。それは今も変わらず。
国内でごちゃごちゃ不要な忖度、誰かの顔色を伺ってばっかり。
外圧からでないと日本は変われないんでしょうか?
そんな事なく世界に目を向けてますよね?岸田さん!

74
返信する
試し乗りなんてはしたない

皿は某有名作家との見合いの際、試し乗りを打診してきた、と伝承されている。試し乗り、乗るということは殿方の上に乗るものと推察する。ならば皿は騎乗位が得意技なのか? ハゼの上に乗る皿、本来ならば皿の上に乗るハゼではあるまいか?

46
返信する
重複する事になりますが…

2月10日
「ロイヤルブルーに花束を」から
(「高貴な日々日記」の姉妹サイト)

・カナダのBNNニュース記事を訳させていただきます。 記者はBNN海外特派員です。
❮Princess Aiko of Japan Shines at Diplomatic Debut:A New Era of International Relations (日本のプリンセス・アイコ外交デビューで輝く:新しい時代の国際関係)❯

・初めての公式外交にもかかわらず、高い言語能力と外交マナーを披露したプリンセスアイコ
・プリンセスアイコの今回の公務は、歴史的に極めて重要だったと評して良い。
・プリンセスアイコの役割は、外交の担い手であることに光があたった。
・「グローバル社会に利益をもたらすことが出来るロイヤル」という、ロイヤルの新しい時代を開拓し始めた感がある。
・プリンセスアイコの登場は、国際親善を促進することが日本の皇族の責務であることを、強調する形となった。
・会食を取りながら、プリンセスアイコは流暢な英語でケニヤの高官と会話し、高い言語能力と外交マナーを示した。
・ケニヤ大統領と夫人にスワヒリ語で挨拶をしたことは記憶に残るであろう。プリンセスアイコは大統領と夫人の存在が人々の印象に残る配慮を忘れなかった。
・ケニヤ大統領はプリンセスアイコの言語能力を称賛しただけでなく、ケニヤ訪問を願うことにまで発展した。大統領は2国間の絆が更に強固になることを、プリンセスアイコへの感謝と共に願ったのである。
・国際的なリーダー達との関係を深めることで、「複雑極まるグローバル社会に利益をもたらすロイヤル」という新たな時代を、プリンセスアイコは築くことになるだろう。
・日本と世界を結ぶ外交的なつながりを育てて行くことに、大きな役割をプリンセスアイコが果たして行くことは疑う余地がない。
・優れた言語能力と内なる雅と魅力を併せ持つプリンセスアイコは、日本国にとって理想的な国際親善大使の役割を果たすであろう。
・皇室内でより大きな責任がプリンセスアイコに課されることで、今後の世界はアイコの様々な姿を目にするようになるはずだ。
・アイコは落ち着いた威厳をまといながら、伝統と発展のバランスを取り、現代の日本のプリンセスという存在がどのようなことを意味するのかを、示し続けるであろう。
この歴史的な一日が終わる時、信念と明確な存在感を持つプリンセスアイコの姿は、公式デビューを目にした全ての人々の心に刻まれ、忘れることのできないものになるであろう。
アイコの中に世界が見たもの。
それは単なる日本の豊かな遺産である「皇室」というシンボルだけではない。
世界はプリンセスアイコの中に、日本皇室の明るい、そして性差別のない未来という前兆をも見つめたはずである。
     ┄┅««※»»┅┄
こういう大切な報道を、どこの報道機関も取り上げない。
宮内庁は全く無視の、偏向報道。
欧米から出禁の、不祥事.不正.ズル.粉飾ばかりの秋篠家。利害関係の有る不埒な輩を呼び寄せる皇族なんて、要りません❗️

61
返信する
匿名

BNN(bnnbreaking.com)には、どんなに感謝しても過ぎることはありません。
英文で保存しておかれる方が、後々アキシンから難癖をつけられても素早く対処しやすいと思われますので、ここに引用します。

>#International Relations #Japan

”Princess Aiko of Japan Shines at Diplomatic Debut: A New Era of International Relations”

In an unprecedented display of poise and eloquence, Princess Aiko of Japan made her official debut at a diplomatic luncheon, showcasing her linguistic abilities and diplomatic etiquette. This event marked a significant milestone in the 24-year-old princess’s public duties and highlighted her growing role as a diplomat, paving the way for a new generation of royals who can effectively navigate global politics.

author-image
BNN Correspondents
09 Feb 2024 04:34 EST

In an unprecedented display of poise and eloquence, Princess Aiko of Japan made her official debut at a diplomatic luncheon held for the President of Kenya, Uhuru Kenyatta, and his spouse. The event, which took place on February 9, 2024, at the Imperial Palace, marked a significant milestone in the 24-year-old princess’s public duties and underscored the Japanese Imperial Family’s commitment to promoting international relations.

A Delicate Balance of Tradition and Modernity

As the eldest daughter of Emperor Naruhito and Empress Masako, Princess Aiko has long been in the public eye. However, this was her first time hosting an official dinner for foreign dignitaries. The occasion was made even more notable by her mother’s recent withdrawal from public engagements due to a mysterious gastrointestinal illness.

With her mother’s absence, Princess Aiko has stepped up to fill the void, demonstrating her readiness to assume greater responsibilities within the Imperial Family. This new role aligns with the evolving dynamics of the Japanese monarchy, which has seen women taking on more prominent positions in recent years.

A Linguistic Tour de Force

During the luncheon, Princess Aiko engaged in conversations with Kenyan officials in fluent English, showcasing her linguistic abilities and diplomatic etiquette. In a memorable moment, she greeted President Kenyatta and his wife in Swahili, leaving them visibly impressed.

President Kenyatta commended Princess Aiko on her language skills and extended an invitation for her to visit Kenya. The princess accepted the invitation with grace and gratitude, further solidifying the bond between the two nations.

A Blossoming Diplomat

This exchange with foreign dignitaries not only highlighted Princess Aiko’s growing role within the Imperial Family but also signified a crucial turning point in her development as a diplomat. By engaging with international leaders, she is paving the way for a new generation of royals who can effectively navigate the complexities of global politics.

As Princess Aiko continues to grow into her royal duties, she will undoubtedly play an increasingly vital role in fostering diplomatic ties between Japan and other nations. Her linguistic prowess, coupled with her innate grace and charm, makes her an ideal ambassador for her country.

In the coming years, the world can expect to see more of Princess Aiko as she takes on larger responsibilities within the Imperial Family. With each new engagement, she will continue to redefine what it means to be a modern Japanese princess, balancing tradition and progress with poise and dignity.

As the sun sets on this historic day, the image of a confident and articulate Princess Aiko remains etched in the minds of all who witnessed her debut. In her, the world sees not just a symbol of Japan’s rich heritage but also a harbinger of its bright and inclusive future.<

最後の2センテンスがいいですね。
どこかの国で、歴史的な大統領演説を聞いているかのよう。余韻がじわっときて、香りのいい淹れ立てのコーヒーみたいです。
筑波附属のみなさんは、英語の授業で教材にしていただきたいです。

41
返信する
匿名

今回の皇室新聞記事は、まるで長編アメリカ映画を観ているかの
ような、知的好奇心を刺激される可憐なプリンセス物語でした。

それも力強い女性天皇胎動の歴史的瞬間を余さず捉え、エピローグ
には、カナダBNNニュースが新時代の幕開けを告げ、ドヴォル
ザークの交響曲第9番「新世界より」がバックに流れ、記事が朗読
されるナレーション上に、朝日に映える二重橋がオーバーラップし
てゆく、そんな不思議な印象です。
ネットニュースの、しかも文字だけなのに魂を揺さぶられてしまい
ました。

36
0
返信する
匿名

カナダのBNNの記事、素晴らしいですね。感謝、感謝ですね。世界中に拡散される事を祈っています。…国内報道では、忖度、隠蔽、沈黙で偽の報道ばかりでうんざり、見たくもない報道とインチキ、不正がまかり通るこの国はどこの国?と憂鬱に。恥ずかしい国!…海外メディアに救われる気持ちになりました。世界中に拡散される事を祈ります。BNNさん感謝です。匿名様も感謝です。

38
返信する
キチコ参上

見た見た~鹿ちゃんの記事~服が親しみやすいブランドで人気だってさwww愛子様のパクり疑惑もあるのにね!衣装で対抗するなら外交で海外の要人とシッカリとコミニュケーションをとって下さい
よ!馬鹿高い学費を遣って大学も余分に通って留学までしたんだからさ~!

14
返信する
NO-name

内面の充実や人への思いやりに長けた天皇ご一家は
常に光輝き、福と微笑みに満ち溢れている

そこには
神々しくも生き生きとしたドラマがあり
民草の心をとかす

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です