眞子結婚報道で国民の怒りが爆発!批判コメント激増でYahoo!ニュースが異例のコメント規制 宮内庁の言論統制危惧する声も


文・もっちゃん

眞子さま騒動でYahoo!ニュースが異例の対応

今月1日に行われた会見にて宮内庁は、眞子さまと小室圭さんの結婚、および眞子さまの「複雑性PTSD」の発症について公表しましたが、この宮内庁の発表は大変な反響を呼び、特にネット上では凄まじい炎上状態となっているようです。

眞子さまと小室圭さんの結婚に関して、宮内庁は26日に正式に結婚を行うと発表。こうした発表が行われることは、事前に新聞などのメディアで報じられており、それほど大きな驚きはなかったようです。

しかし、一方で、眞子さまの「複雑性PTSD」の発症に関しては、ほとんどのメディアにとって寝耳に水の報せであったようで、大変な騒ぎとなると同時に、週刊誌などのメディアでは、賛否両論様々な意見が出ているようです。

また、この発表の直後から、Yahoo!ニュースでは、眞子さまや小室圭さんに対する批判的な書き込みが激増したようで、「人権侵害や誹謗中傷、ヘイトスピーチ、不快な内容を含むコメントなど」を行わないよう呼びかけると同時に、そうした書き込みに対する規制を強化するという異例の措置を発表しました。

いつもYahoo!ニュースをご利用いただきありがとうございます。

10月1日、Yahoo!ニュース コメント投稿数が急増しました。その中には、不適切な内容も散見されたため、記事ページやコメント欄などに注意書きを追加し、ユーザーのみなさまへのご協力をお願いするとともに、パトロールを強化しています。(中略)

今回、コメント投稿数が急増したことを受け、コメント欄をご利用の際に必ず目に留まるよう、記事ページやコメント欄の上部など目立つ場所に注意書きを掲出しています。

また、不適切な投稿を事前に抑止する対策を講じています。AI判定モデルを用いて、「不適切である可能性が高い」と判定されたコメントを複数回にわたって投稿しているユーザーに対して、注意メッセージを掲出する取り組みをしていますが、この注意メッセージを掲出する対象ユーザーを広げました。

(Yahoo!ニュース「ユーザーのみなさまへのお願い ―コメントの投稿にあたって―」より)

このYahoo!ニュースの対応は、「ITmedia NEWS」でも取り上げられており、記事には、眞子さまに対する批判コメントが、こうした対応を行うきっかけとなったとして、次のように書かれています。

ヤフーは、「Yahoo!ニュース」のコメント欄(ヤフコメ)への投稿数が10月1日に急増し、不適切な内容も散見されたと、2日付の告知で明らかにした。

 新たに、コメント欄上部に「攻撃的なコメントを控えて」といった内容の注意書きを追加し、投稿者に協力を求めている。

10月1日は、秋篠宮眞子様のご結婚と「複雑性心的外傷後ストレス障害(PTSD)」が発表された日。このニュースを伝えたYahoo!ニュースの記事には、2万件以上のコメントがついたものもあり、批判的なコメントも目立った。

「ITmedia NEWS」(2021年10月04日)

あからさまな言論統制に批判の声

こうしたYahoo!ニュースの対応に関しても、「言論統制ではないか?」として批判の声が上がっているようです。このようなYahoo!ニュースの対応について報じられたニュースサイトのコメント欄には、次のような意見が書き込まれています。



誹謗中傷以前にPTSD発表から、軒並みメディアや著名人のフォロー記事のオンパレードで気持ちわるいんですが。

メディアもグルになって、自分たちが報道してきた今までの疑惑の山すら無かったことにするんですか?

いじめも借金も全部何一つ事実ではありません。と?だとしたら親子揃って逃げ回るのは何故?

こじれる前に小室が説明する時間は十分あったのでは?

で、国民が真実を求めるのが誹謗中傷なのか?

上級国民の嘘や誤魔化しに、問い詰めることすら罪になるのか?

小室氏に対する報道が、嘘であるならとことん闘ったら良かったのに。

誹謗中傷だと言うなら、とことん訴えたら良かったに。

自らの身の潔白を証明して、晴々と祝福された結婚をしたら良かったのに。

それくらいの時間は、充分あっただろうに。

それでもそれが出来なかったと言うことは、どこかしらに堂々とできない何かがあったからでしょう?

数々の疑惑に対して説明せよ、との発言が誹謗中傷?その理屈だと警察とか裁判所は365日誹謗中傷していることになる。

都合の悪い事や耳障りな意見は封殺する。これを一般的には言論統制と言います

当チャンネルのコメント欄にも、「反対意見は削除されています、病気に対しても疑わしいと思うのは当たり前の事ですからね。秋篠宮家全員が皇室離脱すれば良いだけの事でその後に好き勝手して下さい。」といった書き込みもありました。

こうした対応からは、様々なメディアが眞子さまと小室圭さんに対する批判の声を抑えようとしてることがよく分かりますね。

宮内庁は言論統制を強化の方針転換

また、この他、TwitterなどのSNS上では、「秋篠宮家か宮内庁がYahoo!ニュースに批判を抑え込むよう規制強化を要請したのではないか?」などといった疑いの声も上がっているようです。

今回の宮内庁の対応に関しては、私の知人のある宮内庁関係者の方が次のように語ってくれました。

「ネット上では疑いの声が上がっているようですが、宮内庁はネットに疎い中高年の職員が多いので、さすがに、Yahoo!ニュースに対して、コメントを規制するよう要請したということはないでしょう。

とはいえ、複数のメディアで指摘されているように、宮内庁が眞子さまの複雑性PTSDについて公表した目的が、これ以上、批判しないでほしいというマスコミに対する事実上の自粛要請であることは確かなようです。

こうした宮内庁の対応は、TVの報道番組などの大手メディアに対しては有効だったようで、1日の発表以降、ワイドショーなどでは、“眞子さまをこれ以上批判しない方がいい”“皆で眞子さまと小室圭さんの結婚を祝福してあげよう”などと擁護するコメントが急激に増えました。

しかし、一方で、ネット上では、こうした自粛要請は機能しなかったようで、むしろ、膨大な量の批判コメントが書き込まれるなど、火に油を注ぐ結果となってしまいました。



多くの国民からの反発がある中で、今回、結婚を非常に強引なかたちで行うこととなったのは、眞子さまの強い希望があったと同時に、“もう、さっさとこの問題を終わらせてほしい”という秋篠宮ご夫妻のご要望も関係していたようです。

こうした各種の言論統制に関しては、宮内庁の中で、国民から納得し祝福してもらうことは、事実上不可能であるとして諦め、なんとか手を変え品を変え、批判的な世論を抑え込もうという方針転換があったようです」(宮内庁関係者)

国民の声を抑え込み、とにかく強引に自分たちの望みを実現させようとする秋篠宮家。これでは、ネット上で、「皇族失格だ」などといった声が上がるのも仕方のないことかもしれないですね。

ご拝読ありがとうございました。

3 COMMENTS

匿名

雅子さまがいわれなき誹謗中傷にさらされても宮内庁は雅子さまを守るための行動を何ひとつしませんでしたよね。それなのに今回の小室問題について何一つ疑惑の解明をせず言論統制をするのはおかしくないですか。
今回の結婚強行理由が「眞子の強い要望と秋篠宮がこの問題おわらせたいという希望による」というのであれば、眞子の結婚と同時に秋篠宮一家の皇籍離脱が妥当でしょう。そうでもしないと国民は納得しません。

129
2
返信する
たま

貴方のコメントに、いいねを押させて頂こうと
したら全く押せなくなってました。
近頃、よくある現象で困惑してます。
17からいいねが増えてなければおかしいです。

71
1
返信する
そこまでやるか?

あちらこちらで、コメントのイイネが押せないようですね。
紀子さんは違う種類のスマホを3種類持って、色々操作しているようです。

50
3
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。