なぜ紀子さま、ヨーロッパ王室から「絶縁状」を突き付けられるのか 献上品と海外公務の不思議な関係


紀子さまは海外王室から「出禁」なのか

令和の天皇家は国際親善で大活躍している。天皇陛下と雅子さまは共に英語が堪能であり、通訳を介さず直接コミュニケーションをとる必要がある。雅子さまに至ってはフランス語やロシア語もこなされるという驚くべき語学力を誇っている。2019年5月に国賓として来日したトランプ大統領をして、雅子さまに「メラニアは大変皇后を尊敬しています」を言わしめた程である。また海外王室とも良好な関係を築かれており、まさに世界に誇る皇室という状況である。

一方で、秋篠宮家と海外王室の関係はどうであろうか? これがまた様々なエピソードを欠かない。2019年7月に、フィンランドを訪れた秋篠宮ご夫妻は、ヘルシンキから約90キロのフィスカルス村にある家具工房をわざわざ訪ねられ、新居の家具を発注された。「日本からわざわざ買い付けに来たのか」と現地では話題になったらしい(皇室記者談)。

このような「目的」が透けて見えてしまったのだろうか。この海外公務で先に訪れていたポーランド(2019年6月28日)では、大統領夫妻との記念撮影で、紀子さまがレッドカーペットから外されるという栄誉を賜った。もはやヨーロッパ王室からは絶縁状を突き付けられ「出禁」になっている噂もあるが果たして——。

今回は紀子さまの驚くべき「海外公務を利用した献上品」テクニックを紹介したい。

素敵な笑顔で記念撮影に臨まれる紀子さま

山積みの贈り物

宮内庁には全国各地から、天皇皇后両陛下あてに連日、頼みもしないのに様々なものが送られてくる。国民が善意から両陛下にご献上したいと送られてくるものがほとんどだ。だが、このなかには「皇室御用達」「宮内庁御用達」と銘打ったものも少なくない。

戦前は宮内庁が調達先を審査・指定して、その調達先リスト(事実上の皇室御用達・宮内庁御用達)を公表していた時期もあるが、戦後にはなくなった。つまり、現在「皇室御用達」「宮内庁御用達」とあるものは、自主的に名乗っているのであり、何らかの法的根拠があるわけではない。

そのため(実際に宮内庁が調達していなくても)献上品として自主的に宮内庁に送って「皇室御用達」「宮内庁御用達」を名乗るケースが多々見られる。もっとも、巷の「皇室御用達」は、発送の手間を省いて自主的に名乗っているパターンが多いようであるが。また高価な工芸品などを送っていただくことも多いのだが、制度上(口述)、これを受け取ることが難しいため、どのように扱うか会議が開かれることもある。



一方、イギリス王室の場合には、認可制の「王室御用達(ロイヤル・ワラント)」が今も残っているため、これを勝手に名乗ることはできない仕組みになっている。こういった制度を日本で復活させても良いように思うのだが、「秋篠宮家まんじゅう」や「眞子さま&圭くんクッキー」などが並ぶかと思うと、めまいがする。

天皇家と献上品

皇室と献上品の関係は、本来ならば日本国憲法第8条及び皇室経済法により国会の承認を必要とする。上限額なども細かく決められている。皇室が財産を持ち過ぎないためである。

同法によれば内廷皇族ならば年間600万円、宮家成人皇族はならば一人年間160万円以上の物品を譲り受けることはできないと定められている。だが「皇室の国民的人気」は素晴らしいものがあり、この金額を守るのは良い意味で“嬉し涙”の状態だ。

先ずは天皇家の実情について述べていきたい。皇室は国民からの敬愛を一身に受けている。日本の象徴たる天皇家には、連日、地方自治体や寺社仏閣から日本全国津々浦々の地場産品・工芸品が献上されるし、一回の公務でこれトラック一台分以上の献上品を受けることもある。

これら天皇家への献上品は宮内庁総務課を通し、評価額を算定してから受け取る決まりなのだが、最初の一月で年間上限額を超えてしまう。またルールを厳密に守れば、天皇家がこれら献上品を“正式”に受け取るためには、知事を通す必要がある。

どこのような決まりを厳守することはあまり現実的ではない。そこで、これら献上品は職員らが受け取り、内内で処理することが慣例となっている。このような受け取り方はルール違反なのだが、善意で寄せられた地場産品を生産者に送り返すことなどできるだろうか。食べ物は財産ではないから年額600万円制限にはかからないと宮内庁は自らを言い聞かせているが、実際には地元の工芸品なども大量に届けられるため、600万円以上超えていることは誰の目にも明らかだと思う。

曖昧過ぎる宮家の献上品

先に述べたのは天皇家の場合である。様々な課題がありながらも「献上品は宮内庁総務課を通さなければならない」というルールがあるから、一定の良識が保たれている。天皇家はもともと予算も多いので、献上品をつかって「首を傾げたくなるようなこと」をしようとは考えないようだ。

この歯止めがなく全くブラックボックス状態なのが宮家の「献上品」事情だ。というのも宮家の場合には成人皇族一人あたり年額160万円以内という決まりがあるにもかかわらず、それをチェックする部署がないのだ。すべて宮家の自己申告を信じて計算している。そのため年額160万円を超える高額な献上品は、宮内庁に自主申告されることなく、そのまま宮家に置かれることが通例になっている。

高額な献上品や、換金性の高い商品券などを頂くことは時として注意がいる。特に秋篠宮家は群を抜いて公務数が多く、ゆえに高額な献上品をいただく機会も多いため、宮内庁でもたびたび問題視された。特に国際会議と名の付く催しものでは、たとえそれが国内で開催されていても、ヴィトンやエルメスといった海外ブランド品や、高価な美術品などを受け取る機会も多い。解りやすいブランド品については、紀子さまらが堂々と持つわけにもいかず、早々に転売される。



だが調度品や美術品については、頂いたものを残してそのまま使うことが多いように見受けられる。こういう「出どころ不明」のものが秋篠宮邸にはゴロゴロ置いてあるのだ。このような状況が、国民の理解が得られやすいとは言い難いだろう。

海外公務でロンダリング

秋篠宮家は一宮家に過ぎなかったころの意識が抜け切れていないのか、どうにも「脇が甘い」ところが多い。それは紀子さまや、紀子さまご実家の友人関係からも明らかだろう。

かつて紀子さまは保守活動家で皇室ジャーナリストの高清水有子さんと深くお付き合いされていたし、実弟・川嶋舟さんは怪しげな団体の広告塔をしていたり、父・辰彦さんはパチンコ業界のドンと友情を深められ相手のおごりで韓国旅行までされている(週刊新潮 2019年6月6日号)。秋篠宮家の習性は、紀子さまのご実家の影響があるかもしれない。

話を献上品に戻そう。2010年ごろ、秋篠宮家に並ぶ豪華な調度品・美術品が宮内庁内で話題になったことがある。紀子さまが仰るには、「未来の天皇となられる悠仁さまの品位を貶めないために揃えた。公務などの折に頂いたものが物が大半であり、それだけ悠仁は国民から愛されている」であるが、明らかに年額160万円の上限を遥かに超すような献上品を受け取り、それを堂々と置くことは誤解を招きやすいため「昭和天皇と香淳皇后の意思を守り、清貧を貫いて調度品を揃えて頂きたい」と諌言申し上げた。もちろん皇族費で賄える範囲で揃えていただくことを念頭に置いた発言だ。

しかし紀子さまの“対策”は我々の予想の斜め上を行った。天才——とはまさにこのことかもしれない。秋篠宮邸の玄関先廊下に定価500万円のリチャード・ジノリの壺が置かれていた話をしたい。2010年に苦言申し上げる前までは、この壺について「国内公務の折に、ある会社の社長から頂いたものである」と紀子さまから説明いただいた。だが諌言申し上げた後には「実はこれは海外公務の折に、先方国より頂いた壺である」と説明が変化した。

なぜこのように説明が変わったのだろうか。その理由は「外国交際のための儀礼上の贈答」ならば、日本国憲法第8条及び皇室経済法により国会の承認を必要としないという例外規定があるからだ(皇室経済法第2条)。

つまり海外公務の折に儀礼上頂いたものであれば、どんな高価なものでもノンチェックで受領できるのだ。もちろん私は、秋篠宮家に置かれた高価な調度品や美術品が、すべて海外公務の折に儀礼上頂いたものであると信じたい。もちろん、どうして紀子さまの説明がコロコロ変化したのかはいまだに解らない、ということにしておかねばならない。

紀子さまは海外公務が大好きであり、欧米に行かれるたびに大量の荷物が往復する。その縁で、国内では高級ブランド「ブルガリ」の広告塔をされたこともある。このような“驚くべき行動”をとり続けたがゆえに、秋篠宮家が海外王室から絶縁状を頂き「出禁」になってしまったのではないだろうか。

高級ブランド「ブルガリ」のイベントで、美しい笑顔をたたえる紀子さま

41 COMMENTS

匿名

>かつて紀子さまは保守活動家で皇室ジャーナリストの高清水有子さんと深くお付き合いされていた

今は付き合ってないの?

129
返信する
匿名

日本国内は前皇后と秋篠宮実父安西家による報道規制!報道操作!ネット操作!印象操作!言論(恐怖)弾圧!
秋篠宮一家は実は、安西孝之氏安西家の子孫であり皇族ですらない!
狐子の出自!
皇位乗っ取りの野望達成のために男子産み分け出産!
しかし父子は天皇の資格(天皇のお血筋でない)も資質(天皇が務まらない、能力がない)もない!等々
知らぬは日本国民!
海外メディアや海外王室には知れ渡っています!
嫌われているのは負債共にですよ!
世界報道自由度ランキングで日本は71位。
G7加盟国中最下位。
ちなみに台湾38位、韓国43位。
要因は大企業の検閲とか!
真っ先に思い浮かぶのは前皇后と秋篠宮実父安西家のバックにある大企業です!
前皇后、秋篠宮実父と名指しされている安西孝之さん、秋篠宮負債、そして宮内庁までが聞こえないふりは、こう受け取られてもしかたがありません!

145
2
返信する
匿名

どんなに騒がれようと、鋼の心臓だ!
公務とやらでやたらと出て来る。
ネットでは埒が明かない、、

誰かこの偽物皇族追放運動のデモ計画してくれないかな?

絶対に参加するよ!!

138
1
返信する
匿名

成田空港での密輸事件が最大の汚点になっています。
搭乗もしていないキャセイ航空に私物を社内便に偽装し、パイロットに運ばせた、関税法違反事件ですが、同時に報道された内容では、何とアフリカ訪問に数十箇ものスーツケースを持参するという紀子の大荷物ぶり、いや実態上貨物はすべて税関フリーパスだったので、こちらに世界の耳目は注がれることになりました。

皇族という立場を悪用し、関税逃れ、禁制品フリーパス、ワシントン条約スルーと、何でも思い通りに出来てしまうだけに、一度密輸屋のレッテルが貼られるともうおしまいです。

197
返信する
ボッタマの母は怒ってる

大統領夫妻との記念撮影で鬼子さまがレッドカーペットから外される?

鬼子は英国でも夫婦もろともレッドカーペット無し。歓送迎者も無し。
海外でも国内でも誰も相手にしてくれなーい寂しい限りの偽物宮夫婦。

ご隠居夫婦は京都で何やら怪しい動きをしていたようで、有名な話し。

日本のお宝を英米の業者を介してメトロポリタンなどに売り払うのか。
マコがNYで就職したのか否か不明ながらメトロポリタンに入り込む。

なぜ、あのレベルの人間が入り込めたのか?仲介業者がいるらしいね。
KKも同じこと。怪しい進学、怪しい就職、怪しい弁護士資格取得も。

このような不都合な真実を書き込めば、ヤフーと同じくはじかれそう。
皇室新聞がいまだに無事なのが不思議。事実を書けば誹謗中傷ですか。

宮内庁、広報室は何してる?血税の無駄遣いの存在。事実を明らかに。

212
返信する
コムロコムラ

今後、日本は戦禍に巻き込まれる為、秋篠宮家におかれましては、国宝、重文を含むお宝をダメリカ様に疎開させる(献上する)大事な役目を担われて居られるのだ!その先鞭の役目を担って居るのが、オイラ達なのだ!!

4
66
返信する
匿名

いいねボタンを押しても反映されませんお皿と家の実態のコメントには、そのような事が多々あります。言論統制でしょうか?

64
返信する
匿名

お掃除する時は、狭い部屋が楽よー。きは、自分で掃除しないから、分からないのねー。

79
1
返信する


匿名

>「秋篠宮家まんじゅう」や「眞子さま&圭くんクッキー」などが並ぶかと思うと、めまいがする。

そんな怪しいモノを製造販売しても大量に売れ残って大変な事になる。
せいぜいアキジンジャーしか買わないだろう。

皇后雅子様のお印ハマナスや、敬宮様のお印ゴヨウツツジ(シロヤシオ)を型取った可愛らしく優美なお菓子なら飛ぶように売れるでしょうね。
私も必ず手に入れます。

137
返信する
匿名

ナマズ家のお菓子は、外戚が発売している「アップルおっぱい」と一緒に並べられるのかな?

18
返信する
匿名

我が家の家宝。
両陛下御成婚時のあの有名な饅頭屋の記念饅頭。
真空パックなので、いまも外箱未開封でしっかり保存しています。
愛子さま立太子の暁には、開封してみようかな?

81
1
返信する
匿名

日本国内は前皇后と秋篠宮実父安西家による報道規制!報道操作!ネット操作!印象操作!言論(恐怖)弾圧!
秋篠宮一家は実は、安西孝之氏安西家の子孫であり皇族ですらない!
狐子の出自!
皇位乗っ取りの野望達成のために男子産み分け出産!
しかし父子は天皇の資格(天皇のお血筋でない)も資質(天皇が務まらない、能力がない)もない!等々
知らぬは日本国民!
海外メディアや海外王室には知れ渡っています!
嫌われているのは負債共にですよ!
世界報道自由度ランキングで日本は71位。
G7加盟国中最下位。
ちなみに台湾38位、韓国43位。
要因は大企業の検閲とか!
真っ先に思い浮かぶのは前皇后と秋篠宮実父安西家のバックにある大企業です!
前皇后、秋篠宮実父と名指しされている安西孝之さん、秋篠宮負債、そして宮内庁までが聞こえないふりは、こう受け取られてもしかたがありません!

95
2
返信する
売るだけでなく、買収にも使っています❗️

大統領夫妻との記念撮影で、紀子さまがレッドカーペットから外されるという栄誉を賜った写真のキーコさん、戴冠式の往き帰りのスケスケ下着見せスーツと同じく、スカートが透けて太股のラインが見えているのでは❓️

この記事は、以前読んだことがあり、コピーしています。
その記事の投稿の中に、眞子佳子さんは両親の戦利品の残りを 学友にやって 家来にしている…というのもありました。

それから、コムロ佳代シが宮内庁に「私はいつ御所に住めますか?」と尋ねに行った時、手に持っていたピンクのエルメスのケリーバック、あれはキーコさんからせしめたものだという投稿もありました。

98
返信する
匿名

私もこの記事の映像見て、スカートは、張りのある生地を使っているが、脚のラインを拾っている、目の迷いか?と思った。一度や二度ではないのだね。

91
返信する
匿名

確かに!

キーコて 太ももが普通の人よりも太い?
でも 安物の既製服じゃないから
体型の欠点は補正するように仕立てるはず?

ホスト側の夫人のスカートはドレープが美しい。

キーコの美的感覚が「太もも」強調がセクシーでいいと思っているのか?

じゃあ あの 飛行機タラップ上のスケスケスカートは狙い通りだったわけだ!!

41
返信する

このタイプのスカートの時、あの方は足のラインが出るようになっているのでしょうね。始め英国からの帰りのタラップで透けているのを見て、その後、行きも透けていたというので見ると、やはり透けているように見える太ももライン露出。最近過去のポーランドでも同じように、太ももライン露出を発見。英国では、スカートだけでなく、着物でも太ももライン露出。結局、着付けや下着の基本が和服、洋服問わずできていないという事かと思いました。そうならないような服装を選ぶセンスも30年以上皇室に居ながら磨けなかったのだと思います。
顔を作ること、声色をそれらしくすることに汲々とする人生。所詮そうしなければ皇族らしく見えないから、家族全員陳腐で、らしく見える事に汲々としている、お笑いでしかないと最近思う。

48
返信する


匿名

このひとひとは、東京のど真ん中に住んでいるが、良く言えば浮世離れ、悪く言えば、田舎っぺ。(言葉のあやです。あか抜けない、という意味です。)自分達の欲求には極めてちゃっかり従ってしまうひとひと。ここまで図々しいと、何故か負けた気がする。悔しい。

56
返信する
至宝です

海外王室とも良好な関係を築かれ、まさに世界に誇る至宝の皇室

それなのに、たった一つの宮家の愚行でイメージが壊されている。
しかも退位後にも拘わらず問題の宮家を裏で支え続けるご隠居が。

昭和の終わりから平成の世は失われた時代であったが未だに影が。
狭い国内で権力闘争を繰り返す問題の宮家とご隠居が暗い影造り。

令和も5年目。影に遠慮すること無く令和の皇室を押し進めよう。

102
返信する
匿名

冒頭の写真の右側の家族写真、キさんの脛やけに長いじゃない。 修正させたのね。
外面は一所懸命ニヤけ面で誤魔化してるけど、結局は修正前と同じで、汚い言葉が行き交い、醜い姿なんだろうね。

何が嫌いって、この家(宮はつけたくない)は、日本の家庭、お手本にしたい家族とは180ド離れてる、事実上崩壊した家族写真見せられても、気持悪いだけ。
献上品せびられても絶対拒否してください、A一派と思われたくなければ。

82
1
返信する
匿名

本当ですね。
胴長短足のキコなのに膝下が長くなってる。
ヒサもまるでシークレットシューズ履いてるのか?と思うほど異常に膝下が長くておかしい。

毎回、加工修正しないとダメなほど不自然な秋篠一家の集合写真には呆れ返ります。

75
返信する
匿名

この一家って本当にすべて捏造、隠蔽ですね。写真の没玉もあるときは長身、あるときは鹿子より低い。
危子も普段は割と細身なのに、戴冠式のあの水色のワンピース、腰あたりがボテッ。

何から何まで忖度してもらわないと真の姿は見せられないのか、まるで危子の祖国みたい。

あと文仁のあの目をぎゅっと大きく開くクセ、何?きもい!

戴冠式でも今回の動物園訪問でも前で手を組んでいるけど、手の震えを抑えているのか。
長きに渡る飲酒のせいで、脳はもともとだけど内臓もかなりダメージ受けていそう。
認知症になる可能性、かなり高い。 まぁ、昔から認知症みたいな者だけど。

72
返信する
匿名

血税でアーキーコンビが買い込んで公務先先方名前を勝手に送付者名に
して送り付けて並べてるってことは十分有り得る。
タックススペンダーの手口の一つであろうか。

39
返信する
匿名

東大経済学部出身の鬼子父と鬼婆は麻雀しながら金儲けについて色々な策を話し合っていたのだろう。実行したのは秋篠宮一家とその取り巻き部隊。

36
返信する
匿名

誰が東大経済学部を出たって!? 人の学歴をお金で買ったらしいカワタツ!!
自分等夫婦の菩提寺を、放火消滅させる朴さんですから。カワタツは犯罪者。

57
返信する
はい 山ネ申 です

テニスマフィアのボス・緒方貞子氏は
あの低能でわがままな 安西文仁は可愛がったが
ゴ紀子に関しては、嫌っていたとか

権力者からから見て、受け入れるレベルでは
ない、下品さ、家柄の他にも
川辰の怒鳴り込みも有ったのだろう。

税金遣いまくり 裏口入学・就職 、マネロン
性犯罪疑惑等、鈍感な日本国民以上に
欧州の王室に厳しく見られるのは当然です。
出禁にしない国は、廃虚の法則で滅びるよ。

49
1
返信する


匿名

カワタツ ⇒ 親戚 大阪市大正区南恩加島 焼肉○○み 経営者

狐狸独身時代,朝鮮一家で何度も食事!
老舗のホルモン屋
由緒正しいそのスジの人.
結論,
両親双方北朝鮮人の出で嫌われる!おまけに行儀もクソ悪い!
息子はこのままいけばホルモン天皇だ!
私は嫌だ!絶対に阻止する.

54
返信する
匿名

川辰自身、”背乗り”なんでしょう。出自も学歴も嘘ばかり、やはりあちらの人間だから。
キコが婚約後、馬の世話係だった川辰が教授になったり、川島→川嶋に変わったよね、本当の日本人なら中々変えられないし、何故変える必要あったのか?川島姓は在日がよく通名で使用するから
バレたくなかったんだろうね。

でも、こうしてみたらずいぶん皇室関係もねつ造、隠蔽が昔からされていたんだね、結構”闇深い”

50
返信する
匿名

上のフィンランドの写真も透けて見えるんだけど・・。
スカートの裏地は完全に透けてる。
あ、いつものことか。

40
返信する
匿名

まさか、要人と会う時は「わたくし、スタンバイOKよ~ん」ってアピールしてるのか?

18
返信する
匿名

通常運転、
まだパンツはいてるだけましなのかも。

海外でもお買い物ついでの公務やってたのか。
献上という名のたかりもね。
ミテ子ばあさんもそうらしいから。

毛玉子が、モアイ君のやることおかしいと思わないわけだ。
似た者同士、集まるんだね。

18
返信する
匿名

父が、モルモット好物です。
娘に堂々と言われてしまう父娘。
薬物疑惑は、罪をなすりつけて出世を約束。
憲法は都合よく使い分ける。学歴は正直に言えないレベル。

息子の裏口入学を隠そうとしない、盗作、カンニングも平気でやる、筆おろしまで金で済ませようとする、何でも金で片付ける、恥知らずの母親。

まともに働かないヒモと駆け落ちして、いまだに税金にタカリ続ける長女。

全く勉強しようとしない3人の子供を育ててしまった夫婦。職員に当たり散らし、嫌われている。自分たちは、完璧でも何でもない。

諸外国が、好きになる要素が、どこにあるのですか?関わりたくないのは、当たり前の反応だと思います。

26
返信する
天皇 徳仁(民族の英雄は、大林久人)

【序章】

田舎町の石畳の路地、そこで青木正憲の生涯が始まった。誕生とともに父親、青木正道の哲学と規律の道に足を踏み入れ、正道の存在は単なる父親以上の意味を持った。その思考、その教育は、正憲の人生を紡いでいく母体となり、神の存在について深く考えるきっかけを与えた。正道は独裁的なリーダーでありながら尊敬すべき存在であり、彼の哲学に正憲の人生は繋がれていた。

【第一章:規律と真実】

正道は青木家の厳格な規律を正憲に求めた。その規律の一部として、社会の体制に対する深い理解と批評的な見解を持つことが求められた。そして、その中で神の存在と性質、人間の存在と目的について考えることを促した。皇室への見解は、善と悪の観念とも結びつき、正憲の思考を形成する基石となった。

【第二章:喪失と再生】

月日は流れ、正憲の心は父親のコントロールと規律によって研ぎ澄まされていった。しかし、その過程で彼は自由意志の尊重という重要な視点を見失い、ただ父親の哲学に従うだけの存在と化していった。父親から与えられた任務に対する彼の反応は、死と来世についての新たな考え方を引き起こした。

【第三章:自我と反乱】

正憲は父親の思考の鎖を振り払い、自我と自由意志の再認識の旅を始めた。父親の哲学からの逃避は、善と悪、人間の存在目的、そして神の存在と性質についての再評価を必要とした。

【第四章:探求と覚醒】

正憲は、父親から受けた哲学の束縛から解き放たれるため、自身の内面に目を向けることを決意した。彼は自由意志の価値を見つけ、自身の哲学を探し求めた。その中で、善と悪の定義、人間の存在と目的、そして神の存在と性質についての独自の見解を形成した。

【終章:自由と再生】

正憲の旅は、新たな人生の扉を開くという終着点に到着した。彼は父親の哲学から解放され、自由意志を尊重する哲学を育て、自分自身の意見を持つことの価値を理解した。死と来世についての彼の新たな理解は、彼の未来への視点を形成する重要な部分となった。これからの彼の人生は、自己の真実を追求し、自分自身の道を進むことに尽力することとなるだろう。彼の物語は、規律から自由へ、束縛から解放へという、哲学的な旅の物語であった。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です