雅子さま、愛子さまが語られた「東宮バッシング」とは 「過去のことを申し訳なく思っている」の真意


ユーモア溢れ、笑顔の絶えない天皇ご一家

2月23日、63歳のお誕生日を迎えられた天皇陛下は、雅子さまとの結婚30年の節目を迎えるにあたっては、「雅子が29歳半の時に結婚してから、その人生の半分以上を私と一緒に皇室で過ごしてくれていることに、心から感謝するとともに、深い感慨を覚えます」と雅子さままへの感謝の思いを言葉にされました。また、長女・愛子さまについても、「これまで様々な形で支えていただいた皆さんに感謝する気持ちを持ってくれていることを、私たちとしても嬉しく思いました」と親としての率直な思いを明かされました。

このような仲睦まじい天皇家の祝賀に、国民の指示は高まるばかりです。

「雅子さまは1998年のお誕生日記者会見で、由莉の先代の愛犬“まり”と“ピッピ”について『今、犬がおりますけれども、この、犬がいるというのも夫婦の仲にとって、とても良いように思います。よく“夫婦喧嘩は犬も食わぬ”と申しますけれども喧嘩の種は割とよく拾って食べてくれるような気がいたします』とお話されたことがあります。

また陛下も、犬のリードを腰に繋いでジョギングしていた際に『運悪く犬が猫を見つけてしまった暁には、大変、引っ張られることがございます』ととてもユーモラスに語られています。本来とても朗らかで楽しく、笑いの絶えないご家庭である天皇家を、実によく表していると思います」(宮内庁OB)

愛子さまは12歳の頃、学習院初等科の卒業文集に「動物たちの大切な命」という作文を寄せられ、その中で次のようなメッセージを綴られています。

《私はこのような、人と動物の絆の素晴らしさや、命の大切さを広く伝えていかれたらよいと思います。そして、犬も猫も殺処分されない世の中の実現に向けて、たくさんの人に動物の良さが理解され、人も動物も大切にされるようになることを願っています》

「愛子さまにとって12歳の頃は、お母様のことや報道のことで、最も大きな壁にぶつかっていた頃でした。お辛いときでもユーモアを忘れすに、笑顔で朗らかにご成長された背景には、動物たちとのふれあいにより学ばれた、生きとし生けるものすべてへの敬意という、深い洞察があったように思います」(同前)



愛子さまと愛犬の『由莉ちゃん』

東宮バッシングの思い出

素晴らしい絆と愛で結ばれていた天皇ご一家が長い冬の時代に入ったのは、2003年12月頃のこと。雅子さまが帯状疱疹を患われたことをきっかけにしてだった。帯状疱疹の主な原因は疲労やストレス、加齢などによる免疫力の低下で、雅子さまはこの時公務を春頃までお休みすることになりました。

「当時の皇太子一家は、宮内庁内部や上皇両陛下などからの「お世継ぎづくり」の圧力に苛まれておられました。愛子さまのご誕生という、陛下と雅子さまにとってはこの上ない喜びも、皇室内ではむしろ『早く男児を出産しなければ』という声を高めるきっかけになりました。

初めての育児、本来味方であるはずの、皇室内部からの心無い声、美智子さまの視線、雅子さまが次第に追い詰められていったことは明白です。そして、体調が安定せず、長期療養せざるを得なくなりました。それから、週刊誌などを中心にいわゆる“雅子さまバッシング”が激化し、そのあおりは娘の愛子さまにまで飛び火することになったのです」(同前)

数ある週刊誌報道の中でも、特に雅子さまが傷つかれたのが『週刊新潮』(平成22年6月10日号)に掲載された「イジメっ子対策で「給食に向精神薬を混ぜては」と提案した「東宮」」との記事です。東宮時代のご一家に仕えた元職員のAさんはこう話してくれました。

「陛下と雅子さまは、当時から一般生徒の父兄とも親しく交流されていらっしゃいました。それだけに、この記事をご覧になった際にはとても驚かれて『一体誰がこのような話を…』と絶句されていました。その事をよく覚えています。本来雅子さまはとてもまっすぐなお方で、人を疑ってかかるということをなさりません。長年に渡る苦しい境遇が、雅子さまを追い詰めてしまったのでしょう」(Aさん)

愛子さまの慈悲深いお心

このような冬の時代は実に15年近く続きました。一方で、幼かった愛子さまが聡明で素晴らしい皇女として成長されていることは誰の目にも明らかで、次第に東宮バッシングは勢いを失っていったことは皆さんもご存知でしょう。

2018年5月に「令和」が始まると、雅子さまは早速、外交官としてのご経験と、元々のお優しくユーモアあふれるお人柄を存分に発揮され、皇后として輝かしいご活躍を見せられた。すでにご一家を阻むものは何もなく、人々は次第に平成時代の報道の異常性を認知していったのです。

雅子さまと愛子さまは今、過去の事をどのように思われているのでしょうか。天皇家の内情に通じる皇室ジャーナリストが、次のように話してくれました。

「ご一家は、過去のつらい経験を振り返られることが殆どないようです。正確には、過去を思い出して悲観されるようなことがない、と申しましょうか。雅子さまは即位礼関連行事で何度か涙を拭われる場面がありましたが、そのどの場面でも、恨みつらみといった感情が一切みられない、美しく澄んだ眼差しでいらっしゃいました。どんなご経験も、全てを糧にされる強さと清廉さを持っておられるのです



雅子さまも愛子さまも『いろいろな人が過去の事を心配して、未だに声をかけてくれる。それはとてもうれしくてありがたい』と思われているようです。一方で、『自分たちが可哀想な思いをした人たちだと思われ続けることで、今も傷つく人がいるのではないか。それが申し訳ない』と懸念されていらっしゃるのです。このように、常に周囲の人の気持ちを第一にお考えになる愛子さまのお人柄は、12歳の頃に知られた動物愛護の精神、つまり生きとし生けるもの全てへの慈悲の心に通じるように思います」(皇室ジャーナリスト)

《学び舎の冬日あかるき窓の辺に集へる友の影重なりて》

これは、2020年末に発行された学習院女子中・高等科の同窓会「常磐会」の機関誌「ふかみどり」に掲載された愛子さまの御歌である。楽しかった女子中等科、高等科時代の事を読まれた御歌だ。

「この歌にも、愛子さまが如何に周囲の人に感謝し、愛を持って接してこられたかがよく現れているように思います。愛子さまは来年成年皇族となられますが、今からそのご活躍が楽しみでなりません」(同前)

29 COMMENTS

匿名

天皇家が輝くと、あ家が悪さをする。敬宮様の素晴らしさは、両陛下の宝石。国民にとっても。どんなに苛められても、へこたれなかった。こーしけとは比べる迄もない。その上思い遣りと赦しの気持ちをお忘れにならない。もう眩いご一家だと思う。この眩さがオーラかも知れない。

161
1
返信する
匿名

当時から前皇后や秋篠宮実父安西孝之氏安西家や秋篠宮負債、川島一家によるメディア規制!メディア操作による印象操作!言論弾圧!が続いているということですね❗
安西孝之氏の子孫がなぜ男系男子なのか⁉️
安西孝之氏の子孫がなぜ皇位継承一位二位なのか⁉️
これは歴史上、最大!最長(57年以上)!最悪!
の国民に対する詐欺です‼️

愛子様ご誕生の際にはハワイに(コリアンベビーの像)まで建てた❗
現在は撤去されていますがネットで検索すると出てきます。
狐子は嘘八百!脚色だらけ!の出自で皇室入り❗質の悪いのは自身の出自や親族の信仰宗教まで雅子皇后様にスライド!
とにかく嘘八百!脚色!根も葉もないデマを流し捲る!陰険陰湿な韓ドラストーリーそのまま‼️
天皇家や正統なお血筋の宮家はどれほど悔しい思いをされてこられたか!
それは今も続いています!

もうこれ以上天皇家や正統なお血筋の宮家、そして国民もニセモノ皇族一家に苦しめられてたまるか‼️
安西家の子孫と判明したからには直ちに安西家に帰れ‼️

129
1
返信する
匿名

天皇家の血筋であろうがなかろうが、皇室に入り込んでいる偽物であっても、男系男子として祭り上げている方が、ババアや詐欺宮にぶら下がる、200人超の山科研究所の奥野みたいな輩にとっては都合がいいから。

返信する
匿名

どのような立場になろうと生きていかれるように育てた、重いお言葉だと思う。庶民はそれが普通でも、皇女様にまでそう育て上げだ、とは甘やかしでない本当の愛情だと思う。皇室にお生まれになっても、何に脅かされるかわからない、とは、平和ボケしていた自分が恥ずかしい。

115
1
返信する
皇室にいてくださる事に感謝

>皇后陛下雅子さまは、恨みつらみといった感情が一切みられない、美しく澄んだ眼差しでいらっしゃいました。どんなご経験も、全てを糧にされる強さと清廉さを持っておられるのです。

お育ちになった環境やご両親の深い愛情、天皇陛下との揺るぎない信頼関係…それらが今もこれからも、皇后陛下の尊いお姿の基盤ですね。

素敵な…という言葉では軽すぎるのですが、本当に素敵です♡。

135
1
返信する
匿名

本当に!雅子様や陛下や愛子さまは怒りや憎しみは自分を損なうということをご存知ですから。でも雅子様たちのために私は仙洞赤坂の悪人共を憎まずにはいられないよ。

84
1
返信する
匿名

昭和天皇のお言葉「浩宮の次は浩宮の子」は大変有名です。昭和天皇のお言葉を揺るがせにしてはならないと思います。

敬宮様は皇統の危機を救う天照大神の再臨だと思います。悪党どもの邪悪な迫害を耐え抜き、ご立派に成人なされた。必ずや立太子され皇統をお継ぎいただきたい。

①苦難→②成長→③勝利

これは普遍の英雄ストーリーです。
いま、敬宮様はこの道を進んでいるのです。

130
1
返信する
匿名

当時から前皇后や秋篠宮実父安西孝之氏安西家や秋篠宮負債、川島一家によるメディア規制!メディア操作による印象操作!言論弾圧!が続いているということですね❗
安西孝之氏の子孫がなぜ男系男子なのか⁉️
安西孝之氏の子孫がなぜ皇位継承一位二位なのか⁉️
これは歴史上、最大!最長(57年以上)!最悪!
の国民に対する詐欺です‼️

愛子様ご誕生の際にはハワイに(コリアンベビーの像)まで建てた❗
現在は撤去されていますがネットで検索すると出てきます。
狐子は嘘八百!脚色だらけ!の出自で皇室入り❗質の悪いのは自身の出自や親族の信仰宗教まで雅子皇后様にスライド!
とにかく嘘八百!脚色!根も葉もないデマを流し捲る!陰険陰湿な韓ドラストーリーそのまま‼️
天皇家や正統なお血筋の宮家はどれほど悔しい思いをされてこられたか!
それは今も続いています!

もうこれ以上天皇家や正統なお血筋の宮家、そして国民もニセモノ皇族一家に苦しめられてたまるか‼️
安西家の子孫と判明したからには直ちに安西家に帰れ‼️

83
返信する
匿名

改めて。
秋篠宮は一家揃って見苦しい。
このような輩をのさばらせる宮内庁、ええ加減にせえ!

125
返信する


匿名

切磋琢磨という四字熟語が相応しいご家族ですよね。触れ合う仲間の存在無くして成し得ない切磋琢磨というこの言葉の意味と重さを愛子様から教えていただくことが出来ました。

言葉という大切なツールを情報を操作し人を欺き貶めるために用いてきた平成時代の似非皇族には、さっさと立ち退いていただきたいと思います。

86
返信する
野萩

あの壮絶なバッシング。人間不信に陥り、卑屈な目でオドオド周囲の顔色を窺うようになってしまっても誰も責められないだけの、凄惨な苦行を強いられた今上御一家。
なのに、御一家からはそんな負の雰囲気は全く感じられません。仲睦まじく、暖かな、柔らかな春風が常に御一家の周りに吹いているかのような穏やかなオーラ。本当にご立派です。

昭和天皇は、行幸にあたり、戦争責任を問う者が襲ってくるかもしれないと進言した側近に、「それも含めて国民だ」と返した。今上御一家はその高潔な意志を継ぎ、自らを応援し慕う者だけでなく、謂れのないバッシングで家族を傷付けてきた者までもを、全て国民と赦し受け入れておられるのでしょう。

「応援してくれた人にだけ感謝するわ」「誹謗中傷する輩には反論するぜ」という愚か者一家に、次の天皇家となることは不可能です。批判されれば権力で圧をかける、平成夫婦による「失われた30年」の再来になります。

敬宮殿下立太子に向け、その正当性を拡散していきましょう。

118
1
返信する
匿名

雅子さまの強い使命感。
愛子さまの徹底したご両親サポートへの決意。
陛下の強烈な責任感。

この三大美点をつないだ保護した動物たちからの逆支援。

まるで仏陀の涅槃図を思わせる生きとし生けるものの融合と共助が
お三方の生き方からわかり、日本人全員が手本とすべき存在です。

もちろんこの高潔な人格は英王室にもよく伝わっており、紀子如き
者への招待状が来なかったのも、当然と言えば当然ですね。

76
1
返信する
匿名

ウクライナの映像でよく出てくるシーンが、爆撃で破壊された
住宅の前で、猫をしっかりと抱きしめ、たたずむ被害者の姿です。
自分も震災で同じような体験をしていて、瓦礫の中から生き延びた
猫を抱いて茫然自失となった記憶があり、でもそのときに猫が
いてよかったとつくづく猫に助けられたと思っています。

両陛下も毎日が戦場であり、美智子や紀子のわるだくみに晒され、
マスゴミの傭兵どもに攻撃され続け、職員も多くがスパイで、腹の
中では何を思っているかわからない不信感の募るなか、嘘をつかず
どこまでも飼い主の愛情を信じてくる犬猫たちがどれだけ支えに
なってきたかは、想像するに余りあります。
何一つ不平を漏らされないそのお姿だけで十分です。

69
返信する
国民の常識

敬宮愛子内親王殿下が皇位継承されるのは国民の声です。

一部には秋信者が存在するが敬宮愛子さま熱望が圧倒的。
世界の恥さらしにならないために秋一家は皇籍離脱です。
皇室を正常な姿に戻す上で政治の責任は重い。自覚して。

世界基準にあわせ男女平等の皇室典範に改正すべきです。

71
返信する
匿名

秋篠宮一家は一般人安西孝之氏の子孫で一般人です!
(安西孝之 写真)~(すべての画像を見る)でネット検索してください!
DNA鑑定など必要ありません!
秋篠宮一家と安西家のDNAの繋がりは一目瞭然です!
これだけ騒がれながらも皿様、秋篠宮実父と名指しされている安西孝之さん、秋篠宮負債、そして宮内庁までいっさい無言を貫くしかない⁉️
事実無根なら烈火のごとく怒り、そんな記事を掲載された方はとっくに侮辱罪に問われています!

安西孝之氏の子孫がなんで男系男子なのか⁉️
ほんとうに国民を馬鹿にしている!
このまま国民を騙し続けられるわけがない!

61
返信する
匿名

そんなことではめげない秋篠闇家の面々。
チタン合金製の神経の持ち主だから。

35
1
返信する
匿名

あの人たち(秋篠一家とミテコ夫婦)は精神異常者です。
脳の病人なんです。
認知症のようなものです。
前頭葉が未熟あるいは破壊されるような生活習慣の負のスパイラルです。
それに知的障害があって、記憶想起ができないので、失敗やアドバイスの意味がわかりません。
キコが盗みを繰り返すのもそういうことです。

天皇家の方たちは聡明なので、脳神経の病態について理解し、秋篠家の愚かな言動を恨みに思うこともないでしょう。

49
1
返信する


匿名

天皇家はご立派だけど平成時代に美智子の金で叩いていた奴らはどう落とし前をつけるのだろう?
今更謝罪もせずに天皇家にすり寄るような浅ましいことは止めてほしい。戦前なら不敬罪で即刻刑務所にぶち込まれてもおかしくない。
香山リカとか林真理子とか。

64
返信する
匿名

香山リカ「(いじめられて付き添いをせざる得なかった雅子さまに対して)過保護で異常な親子」
林真理子「病気が治らないなら離婚しろ」
山折哲雄「皇太子は退位すべきだ」
保阪正康「皇太子は生真面目で秋篠宮と比べると面白みがない。雅子さまは愛子さまの教育に失敗した」
西尾幹二「雅子さまは仮病で公務をサボっている」

皆恥知らずな国賊ばっかり。

78
1
返信する
匿名

本当に。皆、鏡の前に立ってみれば、そんなこと出来ないと分かるのでしょうが。

41
返信する
匿名

錦にたかる乞食は山ほどいます。
雅子さまと愛子さまは本物だからそういう輩にバッシングされた。金に転んで。

36
匿名

気になっているのは
悪魔のお茶会に集った悪魔たちです。
林さんもそのお仲間の「噂」あり。
その他の悪魔のお顔も拝見したいわ。
(全員が悪魔でなかったと信じたい)
ここをご覧になっていたら、懺悔してください。
そろそろ打ち明けてくださったら如何ですか?

21
返信する
匿名

林真理子氏は、不妊に苦しんだ、と聞き及んでいましたが。同性には冷たいのでしょうか。

38
返信する
匿名

何で雅子さまと愛子さまが謝罪する必要があるのか?
やくざに因縁をつけられてボコボコにされてあげくの果てに自分が至らなかったと被害者が謝罪させる鬼畜はまずいない。
そういう鬼畜は美智子だ。それで飯を食っている奴は人間じゃない。

41
返信する
匿名

とにかく事を荒立てずに軟着陸なさるおつもりかと。何かときな臭い秋家ゆえ。天皇家に光が当たると、面白くない方がおいでゆえ。国民としては、駆除してしまいたいですが。

30
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です