悠仁さま「アテクシ・ミテコって美智子さまのこと?」に、紀子さまから“鉄拳制裁”の帝王学!


仙洞御所での午餐

健やかに成長される悠仁さまのお姿は、皇室を愛する国民にとってこの上ない歓びだろう。将来の天皇として期待の高まる悠仁さま。紀子さまが「レオナルド・ダ・ヴィンチの再来!」「イケメンかつ天才」「帝王学が自然と身についている!」と絶賛するほど、両親からの寵愛を一身に受ける悠仁さま——。今回は、そんな悠仁さまの心温まるエピソードを紹介したい。

「あれは令和2年の10月の半ばのことでした…」

上皇職周辺の人物が、現状をつぶさに教えてくれた。

「あれは、“立皇嗣の礼”が11月に挙行されると発表された少し後です。秋篠宮家ご一家が仙洞御所に招かれ、午餐をなさる機会があったのです」

内廷(天皇皇后両陛下)では即位礼に続き、訪英、愛子さま高校ご卒業・大学ご入学と慶事が続いている。その一方で小室圭問題を炎上させ続ける秋篠宮家と、一向にご健康状態も芳しくなく、引越しの進まない上皇御夫妻には国民の懸念・心配が高まりを見せつつある。

思春期を迎える悠仁さま

悠仁さま

 

両親と次男一家の間ではどのような会話が交わされたのだろう。



「お話はいたって自然に朗らかなものでした。特に、数ヶ月見ないだけで背が伸びる成長期真っ盛りの悠仁さまのご様子に上皇ご夫妻もお顔を緩めていらっしゃいましたね。

ただ、成長は喜ばしい限りですが、悠仁さまは同時に思春期・反抗期を迎えつつあるのも事実。今回の午餐の場でもスマホを持ち込み、両殿下と上皇御夫妻がお話の間などは時折ゲームをしたり、Youtubeなどを見て退屈そうにされることもありました。

それを見た、まだ小室さんに嫁ぐ前でナーバスになっておられた眞子さんが『ちょっとヒサ!スマホはしまいなさい』とおっしゃるのですが、悠仁さまは分かった素振りをなさりながらも時間が経つとスマホいじりを繰り返す… 端的に申しまして『KKに洗脳されているお姉さまから注意されたくないよ』という雰囲気がありありと分かりました」

業を煮やした眞子さまが、悠仁さまに「悠仁、スマホばかり見てるけど、何を見てるの?」と話を振ったらしい。すると、悠仁さまはスマホを片手に「両陛下のニュースだよ」とお答えになったという。中学生ですでに“エゴサ”を身に着けるのも驚きだが、さらにこう続けたという。

『両陛下はすごいなあ、延期になってしまったけどイギリスに国賓で行かれるんだ… お母さまもコロナが収束したら海外公務をするんでしょ? 今年もコロナがなければ私的訪問でオランダとスペインを訪問する予定だったものね。でも、皇嗣妃になったのに、なんで私的訪問なの?』

と…。

悠仁さまの衝撃発言…

「眞子さんにしてみたら、上皇ご夫妻としている会話に悠仁さまを入れようとされて話を振ったのでしょうが、裏目に出てしまった様子…

実をいうと、最近の悠仁さまは、ご両親やお姉さま方を両陛下や愛子さまと比較して『やっぱ、両陛下はウチと違うよなァ…』と’’皮肉’’めいた自虐発言をされることもしばしば。今回の発言も『オランダとか、スペインとか、お姉さまのゴタゴタが終わるまであまり無理しないでいいんじゃない?』と本音をほのめかしたものでした」

言ってみれば’’思春期の中学生らしさ’’を見せた悠仁さまだったが、上皇職周辺は「ここまでは宮邸でよくある話」と言い、「今回はさらに周囲が凍り付くことをおっしゃったのですよ」と、こう続けた。



「悠仁さまの発言に対し、紀子さまがすかさず、『でもね悠仁、あなたも上皇后陛下の公務への取り組みは知ってるでしょ? 外国でいろんな人に会うのは大切なことなのよ』とおっしゃいました。すると、悠仁さまは周囲が凍り付くようなことをおっしゃったのです。

『ねえ、お母様、ネットに書いてる“アテクシ・ミテコ”っておばあさまのことでしょ?』と」

慈母と謳われた優しい美智子さま。名前の通り美しく聡明なイメージを国民に植え付けた。

 

“アテクシ・ミテコ”っておばあさまのことでしょ…

「これには皆、唖然としました…が、悠仁さまと美智子さまのソファが遠かったのが不幸中の幸いでした。悠仁さまの発言をよく聞き取れなかった美智子さまは『ヒサ、なにか言ったかしら?』と聞き返されましたが、とっさに紀子さまが悠仁さまの口を押えたのです。

『“アテクシ・ミテコ”って…おばあさまのコッ…!(モゴモゴ)』

すんでのところで発言を封じることに成功しました。まさにあの電光石火の動きは“鉄拳制裁”による紀子さまの帝王学なのだと確信しました」

アテクシ・ミテコ…とは美智子さまを表すネット上のスラングだということは、本サイト読者の皆様には言わずと知れたことだ。まさに間一髪である。

「私は、口をモゴモゴさせる悠仁さまを見た上皇さまから『餅が詰まったのかな?お茶を持ってきて』と言われてお茶を取りに行ったので、その後のことはよく分かりません。ですが、御茶を運んできた後も午餐は和やかな雰囲気で続いていましたので、おそらく無事に収拾できたのだと思います」

上皇職周辺の人物は興奮冷めやらぬ様子で話を終えた。



帝王学(?)を学んだ悠仁さま?

神道家の葦津珍彦は「大御心は天皇の個人の意思よりも、遥かに高い所にある。もし天皇が大御心に反する発言を仰せになったなら、これは『聞いてはいけない』ということになる」と述べ、大御心とは天皇の個人的な気持ちの表明ではないとした。

今回の悠仁さまのご発言もまさに「聞いてはいけない」ことだったといえるだろう。母・紀子によって発言を力づくの“鉄拳制裁”で封じられた悠仁さまだったが、これも良い帝王学(?)になったのかもしれない。

もっとも、自然な形で学ぶのが帝王学である気もするが…

31 COMMENTS

匿名

またゴーストライター:タケロウ記事ですね。
もうこの手の健常児アピのための「創作」記事は
うんざりです。
ズルヒトの知的障害にはつける薬なしです。
しかも眞子結婚前のかなり古い時点の時代設定にして
健常児モドキの話を創作されても、奇行ぶり、痴漢行為、
0点ばかりのテスト成績をみれば、まともでないことは
一目瞭然ですから。

悔しければ、皇族を特別扱いしない学習院で、やっていける
のかどうか、高二からでも転校させて、忖度抜きのスパルタ
をやってみればよろしい。

188
3
返信する
とくめい

タケロウ氏は、今話題の川嶋舟氏という説ありますが。先日はビジネスパートナーが恐喝で逮捕された、と女性セブンが報じていましたが。紀子さん実弟とは川嶋舟氏ですよね。こんな人物に記事掲載させるのはおかしい。宮内庁の強制ですか?
悠仁さんの帝王学、とは次々に違法行為疑惑報じられる秋篠宮さんに学べ、ということですか?秋篠宮さん、違法行為であるカピバラ事件の次は、今度は《詐欺疑惑》文春(2月9日号)に報じられてしまいましたね。

98
返信する
匿名

あのその少し前の昔
大きいねー
空がー
木がー
これがテイノー学かよ。
トイレはどうしたんだ
名前も書けないし読み書きも苦手
計算も☓と証言されてしまった。

67
返信する
とくめい

幼少の頃より宮内庁記者会で罰則付き報道規制されてきた不思議な坊っちゃんです。○○障害、とか様々な情報流れているのよく見かけます。紀子さん、この不思議な坊っちゃんの秘密隠蔽するために有名学校名欲しがってるのでは?と私は思いましたが。

11
0
返信する
匿名

これが話題の宮内庁広報部の積極的情報発信とやらですか。

秋篠宮家に都合の悪い、文春記事指摘の秋篠宮本人に向けられた詐欺容疑から話題を逸らさせるために、急遽必死で作文させた、一見ヤバそうにみえて、実は健常児風に見えるという手の込んだ捏造記事で、秋篠宮嵐山通船詐欺事件での盛り上がりを防ぎ、話の腰を折るという炎上抑止作戦の定石通りの運用ぶりに、唖然とさせられました。

宮内庁のなすべきことは、秋篠宮による法外なお足代タカリの実態を調査して公表し、ホームページで毎回公務なるものでは、いくらいくらのお足代が支給されているのかを過去20年にわたって全公開すべきと考えます。
それらのカウント方法も、悠仁までをも一人前にお足代計算の頭数に入れているのでは、国民は非常に憤るでしょうね。

詐欺容疑がかけられている秋篠宮が、今後公務と称してうろうろし、愛人宅に通うのまで国費警護するのは馬鹿げています。

159
返信する
顔が人間じゃない美智子婆です(笑)

この汚い投稿は全て試し乗りの1本眉の私の自作自演です。

篠原常一郎様のYouTube文仁のカピバラBBQや鵜飼献金等で秋篠宮家が袋叩きにされてるのが許せなくて皇室ブログを荒らしてしまいました。

こんな卑怯な性格だから和尚ちゃんに「顔が人間でない」と罵られるのですね。

文仁を道連れにナイアガラの滝に身投げすればイイと思いましたが私は指先の強張りと足の血栓が悪化してナイアガラの滝に行く気力体力すら有りません。

国民の皆々様
こんな私を集団レイプして下さいませんか?

返信する
匿名

>「大御心は天皇の個人の意思よりも、遥かに高い所にある。もし天皇が大御心に反する発言を仰せになったなら、これは『聞いてはいけない』ということになる」と述べ、大御心とは天皇の個人的な気持ちの表明ではないとした。<

このタケロウ節、何よ。
悠仁には汚言癖があり、それどころかすぐに切れて、周囲を罵倒するので有名である。
ツクフ入学当初、当てられて何も答えられないのに教師に向かって面罵するという暴挙にでた。皇室新聞22年4月30日号で

>「悠仁さまは、内容が理解できないためか、入学後最初の授業からほとんどまともに先生の話を聞いている様子もなく、ボーっとしたり、机に突っ伏しているようなことが多かったようです。

とはいえ、将来の天皇ということで、ほとんどの先生が、特に注意することもなかったのですが、ある日、ついにある先生が、本当に悠仁さまが授業をまともに受けているのか確かめるため、悠仁さまに質問をしたのです。

すると、悠仁さまは、まさか自分が当てられるとは思っていなかったのか、しばらくポカーンとした表情で先生を見やると、突然烈火のごとく怒り出し、“お前の教え方が悪いから、僕が理解できないんだ!もっと分かりやすく教えろ!”と先生を注意しだしたのです。
周囲の生徒は皆唖然とした様子で眺めていたそうですね。それまでも、あまり悠仁さまに積極的に話しかけるような生徒はいなかったようですが、この事件をきっかけに“悠仁さまはヤバい”という噂は広まり、ますます話しかけてくれる生徒はいなくなってしまったようです」(筑附関係者)<

しかも、この無礼な悠仁の振る舞いを知った紀子は、叱るどころか、逆に学校にクレームをつけてきた。

>「この事件の顛末について知られた紀子さまは、問題を起こした悠仁さまを注意されるのではなく、逆に、学校側に対して、難易度の高すぎる授業を行うのが問題だと指摘し、“授業のレベルを悠仁に合わせて欲しい”などと仰られたそうです。

この紀子さまの反応には、教師らをはじめとした多くの学校関係者が頭を抱えることとなりました。今のまま、授業を進めれば、悠仁さまがついていけず落ちこぼれるのは確実ですが、一方で、悠仁さま一人のために、クラス全員が受ける授業のレベルを下げるわけにもいきませんからね」<

知的障害と傲慢な性格、周囲の甘やかせのトリプルパンチで、完全に皇族失格となってしまった悠仁。
こんな見え透いた「タケロウ、お前宮内庁からいくら包まれたのだ」と言いたくなるようなおべんちゃら記事では、ここの読者を騙せはしませんよ。

143
返信する
匿名

なに?このクソみたいな話、、、

この家を天皇家にするなんてムリムリ、悪い冗談を言うものではありません。

128
2
返信する
匿名

言ってみれば、ズル君に限らず、A宮家全員が
低能で心身障害者の集合体であることは自明

126
返信する
とくめい

秋篠宮家全員、様々な違法行為疑惑報じられている、小室家も川嶋家も。川嶋家、先日ビジネスパートナー恐喝で逮捕された、と女性セブン2月9日号。真子さん、アメリカでデイリーメール紙に○○売買疑われるような路上での奇妙な行動動画公開されてしまった。私見ましたが、映画の犯罪シーンそっくりでした。
秋篠宮さん、カピバラ違法行為疑惑事件の次は《詐欺疑惑》文春(2月9日号)に暴露されてしまった。
悠仁さんは盗作疑惑に裏、裏疑惑。代筆したらしい職員昨年亡くなった、というのは事実なのでしょうか?
秋篠宮家がイメージアップに利用してるのでは?と思える佳子さんも篠原氏によると問題あるようですね。
こんな宮家が次の日本の象徴?あり得ません!継承より《皇室追放》が妥当です。すでに皇室の品位も信用も著しく失われた。
男系の愛子天皇認める日本国民世論8割の民意無視してまでこんな宮家への継承に固執続ける不思議な自民党政府変です!選挙行きましょう!過去8人もの女性天皇存在したのです。

83
返信する
野萩

とくめい様の「選挙行きましょう!」に同意です。
男系男子カルト自民党と、「旧宮家を養子にして男系男子いっぱい!良案!」と憲法の門地による差別を無視する維新の会が力を持っている現状を変えなければいけません。
維新が皇位継承について与野党協議を持とうと言った記事のコメは「流石維新!」「男系継承は大切だよね!」といったものが多かったように思えました。
このような記事に、「旧宮家養子案は憲法違反であること」、「女系継承は一例だがあったこと」、「世界が皇室を認めているのはオトコだからではないこと(本当にオトコだから尊ばれているのなら、平成夫婦が招待なしのお仕掛け訪問をすることもなければ、オトコを生まなかった皇太子ご夫妻が各地に招待され歓迎されることはなかった筈です)」を理路整然と訴えるコメを投稿し、「男系に拘るのっておかしくね?」「女系継承あったの?」という世論を醸成するきっかけにしたいです。
私は恥ずかしながらヤフコメができませんので、暫定一家への皇位継承に反対する方々のお力を借りたいです。「暫定がダメだから愛子天皇」という消去法は不本意ですが、敬宮殿下のお子様に愛子天皇の次の天皇になって頂くには、早急な皇室典範改定が必要です。

45
返信する


野萩

約1年半後の成年会見・加冠の儀。どんな醜態を晒してくれるのか楽しみです(性格悪くてすみません)。
加冠の儀を終えた暫定2位を「男系男子サマがご成年あそばされたぞー!」と祀り上げる輩もいるでしょうから、できればそれまでに暫定一家の犯罪行為を明らかにし、直系長子継承に流れを持っていきたいですが…
加冠の儀の様子によっては、男系男子カルトすら暫定一家を見限る可能性も有り得るかな?とも思います。甘いですかね?
春には統一地方選挙があります。国会議員ではありませんが、この結果は国政に無関係ではありません。国民は国民にできる「男系男子継承反対」の姿勢を示しましょう。自民党・維新の会の力を削ぐことは、女性天皇実現に不可欠だと思います。

95
返信する
こっ、これはスーツです。

>慈母と謳われた優しい美智子さま。名前の通り美しく聡明なイメージを国民に植え付けた。

キャプションだけで、文責が分かる

「菊のカーテン」の過去記事の再掲
タケロウの記事。
悠凡、あんなに長々と喋れるの❓️

秋篠家の中では、偏差値40の眞子さんが飛び抜けて賢いってネ。
タケロウの偏差値もそれくらい❓️

89
返信する
匿名

またまた嘘くさい話・・・タケロウだろ!
ボッタマの池沼ってかなり重症だしそこまでスマホを使いこなせるかさえ疑問。
奇子が「レオナルドダヴィンチの生まれ変わり」とか本当に言ったのか?ダビインチのことさえ知らないレベルでは?
タケロウって臭だとかいう話もあるけど、とにかく上げ記事書いて墓穴掘っている。
鯰の周りってなんでこんなアホばかりしかいないの?連中にしたら上げているつもりでも結局大墓穴掘っているばかりなのに、それでも懲りずに延々とやっている。
結局類友で鯰の周りは同様の低知能の集まりだということはわかった。
皇宮警察の山口、池田も所詮ノンキャリ、宮内庁の西村の学歴も、鯰とそのまわりと同じで学歴ロンダだったりして。とにかく鯰たちに尻尾さえふっていたら学歴、経歴もいくらでもロンダしてもらったの?というぐらいの無能ばかり。
皇宮警察、宮内庁、政府の一掃が必要な日本!あ、一番に一掃しないといけないのは
偽皇族の秋篠闇家か!

101
返信する
匿名

以前、この記事をどこかで見ました。
そんなコントみたいな話ありますかね?
ヒサくん、陛下のご公務とかに興味あるんでしょうか?

58
2
返信する
匿名

この話は明らかなる作り話です。
というのも「ミテコ」という5chあたりから拡散した別称を、ネットでエゴサを覚えた美智子が発見し、側近に「ミテコって誰のこと?」と聞いた話が前に報じられていたからです。

タケロウは、これを悠仁が発見したかのように捏造することで、全く新しいネタであるかのように装ったとみられます。

ネタ元を「上皇職周辺の人物は興奮冷めやらぬ様子で話を終えた」とぼかしていますが、ここにでてくるエピのどこからどこまでが、「上皇職周辺の人物」の発言なのかが正確にわからないように、曖昧に処理されていて、もっちゃんのように「 」のあとに(秋篠宮家家職員の話)と締める取材源表示処理がなされていません。

秋篠宮詐欺容疑逮捕か?の噂がどんどん拡散するなかで、半狂乱になっている紀子のために、こんな愚策を泥縄でやっているのが宮内庁広報部のお仕事であり、その費用も税金負担であることをお忘れなく。

72
返信する
国民の常識

末っ子は精薄児と聞き及んでいるが見るからにそのようです。
可愛そうなことに生まれたときから異常な動きをしています。

まさに秋偽宮の幼少時を想起させる異様な行動のしかたです。
本人にのためにこの子は専門の施設で暖かく見守るのがよい。

映像を見て国民には実態が知れ渡っているから宮は安心して。
皇位継承は完全に諦めて犯罪の嫌疑を国民に説明しなさいよ。

73
返信する
コムロコム

聖心女子大(当時の学内上位層は早計レベルに相当)を主席卒業の上皇后でもミテコとは自分のことだとわからない
これを誰から教わることなく見抜いたヒサはやはりツクフに値する優秀な頭脳の持ち主と言えるンだわ

51
返信する
美智子嬢の素行と成績

Aも幾つか有りましたが、BもCも有り、とても優秀とは程遠い成績でした。

当時 総代は成績上位者がなるのではなく、生徒会長が務めていました。
美智子嬢は学生時代から非常に気の強い方で、何事も一番でないと気の済まないところがあったのです。

今日の皇室に於いての雅子皇后陛下のハイスペックなキャリアに負けたことによる、嫉妬が渦巻き同類の紀子を巻き込み虐めに走ったことは、学生時代からその片鱗がありました。

独身時代は夜な夜なパーティーに繰り出し、ダンスホールでお遊びも盛んでした。
何故その独身時代、明仁皇太子がどうしても妃に迎えたいと言ったのか、当時は戦後まだ12〜13年しか経っていない昭和32〜33年頃です。
上流階級だけのテニスクラブにも、夜な夜な繰り出したパーティーで知り合った方のコネでゴリ押しで侵入し、美智子嬢は「テニスコートの恋」を演出したのです。今でいう「ハニトラ」です。

美智子嬢は幾らお金持ちになったとは言え、その当時は女性は花嫁修行させられ、生け花、お裁縫、お茶を立てるという習い事を親から強いられていた時代です。

お稽古ごとよりもダンスホールに通い詰め、美智子嬢が男の方とダンスする写真もありましたね?男の方にタバコに火を付ける写真も残ってます。
要は遊び人であったと言うことでしょうか。
自由人を謳歌していたのでしょう。
こうして振り返ってみると、出自も皇室へ上がれるような女性ではなかったのです。

59
返信する


匿名

日本の皇室のドタバタ喜劇。
日本人はあまりの馬鹿馬鹿しさに、呆れ笑いで済ませているけど、日本の信用はガタ落ちだという目も当てられない事実には、どーすることもできない。
分かりやすく言えば、KKを国家絡みで支援し、KKの犯罪を養護しているようでは、今後も政府には自浄作用を期待することができず、国は動く気が無いんじゃないか?

39
返信する
匿名

「アテクシ・ミテコ」ってヒサさんが本当に言われたのなら、ちょっと好きになってしまいそうです笑 おもしろい

ヒサさんを「優秀&天才」みたいなキャラ付けするからマッチしないこともあって上手く行かないので合って、むしろそのまま出したら以外と面白いのかもしれません。
尊敬を得られるかは別ですが。。

16
返信する
匿名

アテクシ・ミテコまではまだよかったのでは?
今やもっと的確な呼び方になってますよ。
あのお婆さんしかいないと直ぐ分かるような。

14
返信する
匿名

>「『ねえ、お母様、ネットに書いてる“アテクシ・ミテコ”っておばあさまのことでしょ?』と」

これはまだ人工内耳にする前、療育の成果が少しだけあった頃のことです。
頭の悪い低能児には、スラングと丁寧語の使い分けが一生困難なことを織り込み、悠仁は幸い難聴なので、丁寧語だけを補聴器経由で教え込んでいたのです。
だから当時は「お母様」と紀子のことを呼んでいました。

が、中学半ばに行った人工内耳置換術の結果、知障の子にとっては、聞こえが劇的に改善した分、紀子が日夜発する下品な言葉遣いを全て聞き取れるようになって、そちらをオウム返しに使うようになってしまいました。

オウムを家で飼うとき、下品な会話を聞かせてはいけません。
客人の前で「おい、おま○○しようぜ」などとオウムが言おうものなら、たちまち拡散され、笑い話にされますよね。

同じことが、低知能の悠仁に聞かせるべきではなかった会話を人工内耳経由で聞かせたので、いまや「汚言癖の悠仁」といわれるまでの落ちぶれようです。紀子の事を「この糞ババア」というようになったのもたぶん文仁のいい方の真似でしょう。
ほかにもどれだけ下品な言葉を話すようになったのやら、皇室新聞が楽しみですわ。

19
返信する
匿名

「汚言癖悠仁」

口は災いの元といいますが、悠仁の致命的部分はここでしょうね。
すでに校内ではしばしば悠仁の汚言=失言で大失敗を繰り返し、皇族として不可欠なお上品さに全く欠ける、母にまつわる下品な出自そのものではないかとの噂を、自らの汚言でもって実証してしまっています。

15
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です