“秋篠宮家バッシング”に見る、メディアの「情報戦争」と、雅子さまの「凄み」


「海の王子」から「借金男」へ

令和に入ってからというもの秋篠宮家は失態続きです。思い起こせば最初の発端は眞子さんが小室圭さんと結婚を強行したことでした。眞子さんは2019年11月13日に「結婚は生きていくうえで必要な選択」という文章を発表し、それを受け、秋篠宮殿下は11月20日に収録された誕生日会見で「結婚を認める」と高らかに宣言しました。その後、二人は結婚し、逃げるようにアメリカに逃亡。そのため「秋篠宮家はこの問題を放置しているのか」という批判に転化しました。

また2019年3月、眞子さまの妹である佳子さまがICUの卒業式でこう語りました。

「私は、結婚においては当人の気持ちが重要であると考えています。ですので、姉の一個人としての希望がかなう形になってほしいと思っています」

「姉の件に限らず、以前から私が感じていたことですが、メディア等の情報を受け止める際に、情報の信頼性や情報発信の意図などをよく考えることが大切だと思っています。今回の件を通して、情報があふれる社会においてしっかりと考えることの大切さを改めて感じています」

踏み込んだ「メディア批判」は「佳子さまの乱」として大きな反響を呼び、それまでプリンセスとして人気の高かった佳子さまが、まさかの「ヒールターン」を演じてしまうことになってしまいました。週刊誌はこぞって佳子さまの発言のうち、メディア批判の個所については目をつむりつつも、眞子さま結婚を容認する姿勢については「宮内庁関係者」に批判させました。例えば次のようにです。

「一個人とは皇室の方が使うべき言葉ではない」(週刊新潮2019年4月4日号)



「姉妹でタッグを組み、ご両親に反旗を翻したともいえる」(週刊文春2019年4月4日号)

ほとんど論調は同じで、これだけ週刊誌が同じ論陣で統一されるのは珍しいものがあります。情報ルートが限定されているために起こる現象と思われますが、国民の間にいまだ根強い伝統的な皇族のあり方と、ICUで普通の大学生と同じように学んだ眞子さん、佳子さまのメンタリティーには大きなギャップがあることをメディアはなぜか理解しようとしません。

「即位拒否発言」と「刃物騒動]

即位否定発言

秋篠宮家を渦中に迷い込ませているのは、眞子さまの結婚問題だけではありません。

2019年4月には、秋篠宮家バッシングに拍車をかける2つの事件があった。1つは朝日新聞(4月21日)が報じた秋篠宮さまの「高齢で即位はできない」という趣旨の発言。そしてもうひとつは、お茶の水女子大学付属中学校に通われる悠仁さまの机に刃物が置かれていた事件(4月26日)もありました。

朝日が報じた秋篠宮さまの発言とは次のようなものでした。

〈「兄が80歳のとき、私は70代半ば。それからはできないです」

一昨年(2017年)6月、天皇陛下の退位を実現する特例法が成立した後、秋篠宮さまが皇位継承についてこう語るのを関係者は聞いた。当事者として、高齢で即位する難しさを指摘した形だ。代替わり後、秋篠宮さまは皇位継承順位1位の「皇嗣」となる。「天皇になることを強く意識している」という皇室研究者の見方が報じられると、「そんなこと思ったことがない」と打ち消す発言もあったという〉

新天皇の即位後、秋篠宮さまは皇位継承順位1位の「皇嗣」となり、長男の悠仁さまが2位となっています。しかし、「兄のあとはできない」という発言は「皇位継承の拒否」ではないかと批判されたのです。



いまなぜ、このタイミングで朝日は記事を出したのか——メディアの注目はそこに集まりました。朝日新聞は秋篠宮家ともっとも太いパイプを持つメディアと見られている。岩井克己さん(元朝日新聞編集委員)は、政府が「皇女」の制度を検討しているという報道(読売新聞11月24日付)よりも前に、この「皇女」に言及していたことを思い起こさせます(週刊朝日2020年11月6日号)。

「皇族の発言内容に誤報は許されない。当然、宮さまご本人の了解があっての記事だろう。皇室典範に対する挑戦のように思える内容が、もし秋篠宮さまご本人の意向で出されたのであれば、皇室の将来にとって重大な意味を持つと私たちは受け取りますね」(大手通信社皇室担当記者)

秋篠宮さまの真意がどこにあったのかは分かりません。だが結果として、この報道は「皇位継承拒否発言」としてネガティブに報道されてしまいました。

刃物事件

また2019年4月26日の「刃物事件」はセンセーショナルに報道されました。

幸いにして犯人は「平成」のうちに検挙されたが、いまなおはっきりとした動機は分かっていません。

1993年の「美智子皇后バッシング」は、皇后さまの「失声症」というショッキングなできごとを受け、またたくまに沈静化しました。通常であれば、皇族の身に災いが降りかかれば、世論は同情し、苦難を乗り越えて欲しいと願うものです。

しかしこのときは、擁護どころか紀子さまに批判の矛先が向けられた。事件のあった当日夕方に、悠仁さまと紀子さまが長野県にスキーに出かけたのは「危機感がなさすぎる」というものです。

実際は、紀子さまはスキーにでかけておらず、悠仁さまの「1人旅行」だった。確かに刃物が置かれる事件はあったが、当初学校側が何かのいたずらと思い、警察に通報していませんでした。悠仁さまの旅行は予定通りで、宮内庁が翌日に事件を把握したため、連絡を受けた悠仁さまはすぐに帰京したのが事実です。



それが「紀子さま“刃物事件”からスキー直行の戦慄!」という記事になってしまうのである。これらはまさに、現在の皇室記事が明確な「角度」をつけられていることの傍証になるでしょう。

外交官としての「凄み」

雅子さまは皇太子妃時代、厳しい批判報道を受け、当時の皇太子さまが記者会見で「(雅子妃の)人格を否定するような動きがあった」と発言された、いわゆる「浩宮の乱」もありました。

しかし、いまは違う。先のトランプ大統領来日時には、通訳なしで完壁なやりとりをこなした元外交官の「凄み」を感じさせた雅子さまに、国内メディアは絶賛の嵐。秋篠宮家に対する報道とは実に対照的でした。さる宮内庁職員が語る。

「結局、メディアは皇室のなかの誰かを批判対象にしながら、勧善懲悪の構図を国民に印象つけたがる傾向にあります。しかし実は、その報道の手法、論調、スタイルが、皇室をめぐる全体状況を見渡したとき、もっとも旧態依然としている部分だと思うのです。各種世論調査を見ても、小室さんと眞子さまの結婚に反対している国民はそれほど多いわけではなく、無関心や日和見が大半です。

識者の中には賛同する人も多いことも事実で、7年前から交際している若い2人を、母の借金報道で引き裂くのはおかしいと考える人もたくさんいます。宮内庁内部から情報を出す人間と、それを引き取るマスコミにこそ、令和の時代にマッチした皇室報道を考えていただきたいと思いますね」

眞子さまだけではなく、愛子さま、佳子さま、悠仁さまにも結婚するときが訪れる。そのとき、日本人はどのような皇室のあり方を希求するのでしょうか。

38 COMMENTS

匿名

馬や鹿が誰と結婚しようが一向に構わない。
が、国民を睨み付けアメリカにわたった夫婦に多額の税金が流れ、祖父母までが生前贈与と称しおかしな流れでお金を与えていることに、国民は憤る。
しかもその親が、皇居より広い御殿に住み、仮住まいだった屋敷も自分達で使う、と。
いつまで、この偽皇族にやりたい放題をさせているんだ。
これを許すから、この家への不満が募り、国民は爆発寸前なのである。

220
返信する
匿名

広い邸宅を建てたのは。日本で生まれた子供三人が使い物にならないから、タイで生まれた子供たちを連れ戻すための算段でしょうね。

100
返信する
匿名

この記事には非常に違和感がある。
誰かから「擁護記事を書け」と言われて、銃を突きつけられながら書いたような変な記事です。

眞子は周囲や国民の反対を押し切って駈け落ちした、しょうもない女。
国民の殆どは、これでは幸せにはなれないなと思いつつ、なんと世間知らずな娘だことと呆れかえった。

ところが、渡米してからも、日本からの援助は続き、巨額の警備費や生活費まで全部税金負担にされる格好となり、今や国民の怒りは別次元の高みにまで達してしまった。
なんで民間人になったのに、産婦人科医までもが派遣されねばならないのか。
ひそかに「悠仁ガイジ廃嫡」を見越し、デザイナーベビーを密造しようとしているのではないか。
美智子から数千万の振り込み、それも内廷費からとは惚け老人を騙しオレオレ詐欺するに近いレベルだ。

どれもこれも、紀子とコムロ双方実家の出自問題と貧困が原因で、無理にも美智子実家のような成金一家の体裁にするために、公金がどんどんと投入されることに国民は全く納得していない。

178
2
返信する
匿名

秋篠宮の会見での発言を聞くと、(この男は問題を先送りするタイプではなく、問題が起きたら逃げる無責任野郎だな。)と思う。

こんな無責任ヘタレ野郎な秋篠宮が天皇になるなら、今上天皇陛下が最後の天皇でいい。

160
1
返信する
匿名

“秋篠宮家バッシング”というタイトルからして、問題を著者は全く理解していませんね

これは「バッシング」ではなく、正当な批判なのです

バッシングを受けておられるのは雅子さまと愛子さまなのに、なぜか雅子さまとなると、まるで過去のことであるかのようにスルーしてしまっている記事です
また紀子犬タケロウがこそこそ書いた記事なのでは?

160
3
返信する
匿名

正当な批判だから、情報操作や印象操作の策を弄しても覆らない。正当な批判は永遠に続くでしょう。

127
返信する
匿名

凄み、って良い事書くときに使う言葉?

時々、ここって今上天皇ご一家にも失礼な時あるよね。

37
返信する


匿名

子供の頃から今日までの秋篠宮を見ていれば全てわかるでしょ。無理なものは無理、ダメなものはダメ。この一族では天皇制は崩壊。

159
返信する
匿名

安西文仁氏に偽皇族疑惑が出ているのに、自ら嫡出証明をしようとしない、彼の往生際の悪い姿勢が猛烈批判されているのです。
文句がおありなら、どうぞDNA鑑定をお受け下さい。

142
返信する
匿名

秋篠宮家に良縁など望むべくもない状況なのは、すべて紀子らによる自招危機でしかありません。

紀子は結婚時に身元調査を受けることを、結婚差別になるとして徹底拒否し、結局家系調査なしで強引に結婚した初めての皇族となりましたが、そのような身分上、賎民ではないことの品質保証がなされない家系では、当然子供らの結婚にも悪影響しかありません。
しかも、わざわざ結婚差別を口実にしたとなると、そうしたまずい要因が実際に紀子にはあることを意味します。

この記事はどうみても、紀子側の言い訳用にしつらえられたもので、悠仁が刃物事件のときに一人旅行だと言い張るも、ではなぜ一人で、どこへ、何しに行ったのかまでは明かされていないままです。(隠れ療育を受けるために、信州の森のなかでの療育プログラムに参加という話はありましたが)

130
返信する
匿名

母が静岡駅南出生という時点で、子孫への悪影響は
すでに予想されていたこと。
いまさら国民に文句を言われても聞こえません。
やってはいけない、破戒婚をやらかせば、その雑草を
刈り取るのは自分でやってもらうより他ありません。

113
返信する
コモンセンス

カピバラ事件の後、秋家は報道の表舞台から消えました。
カピバラを食したのは事実であることを暗に認めました。

それでも、こそこそと、隠れて謝金目当ての「ご公務」。
このような行為は皇族のすることでしょうか。違います。

国民はいつまで不愉快な思いをしながら血税を払うのか。
令和5年を迎えるに当たり是非決着する年にしませんか。

148
返信する
賛!

質の高いコメントが並びました。  m(_ _)m

”自招危機”などは、お見事な造語と思います。

皿やアヤメが、隠蔽・粉飾・捏造を繰り返さな
かったなら、

日本人の心に燻り続ける差別意識を打破する
魁とも成ったであろうに・・・。

88
返信する
野萩

その通りだと思います。私は出自は問題視されるべきではないと考えます(天皇制反対!皇族を暗殺しろ!みたいな極端な思想の家は論外ですが)。
次男妻の問題点は出自ではなく、皇族入りする意味を解さず、次男と共に平成夫婦の腰巾着となり、皇族の価値を貶めた点です。人間性の問題です。きちんと「皇族」を学び、真の皇族となれたのなら、「卑しい出自」とされる地域に住む方々の希望となったでしょう。差別意識を変える一助になったかもしれません。

暫定2位には障害疑惑が付き纏いますが、これが事実だとすれば、隠すべきではなかった。障害と共に生きる国民が何人いて、障害があるというだけで不当な差別を受ける国民が何人いるか。「国民統合の象徴」に連なる一族が、その障害を隠さず、堂々とその成長を国民に示せば、日本の障害者に対する見方は多少なりとも変わったのではないでしょうか。それを「障害者だってバレたら天皇になれないじゃない!」と隠したのなら、象徴一族が率先して障害者差別を受け入れたことに他なりません。

私は敬宮殿下の立太子を望む立場ですが、その理由は決して「暫定2位に障害者疑惑があるから」ではありません。いくつもの選択を誤った愚かな夫婦。この存在が皇族であり、暫定とはいえ皇位継承者になっている事実が、ただただ残念でなりません。

128
1
返信する
匿名

馬鹿な策略を練り不敬な事ばかりして、身の丈に合わない様に生きているから、
出自をずっと言われるのです。問題にされるのです。

82
返信する
匿名

野萩さま。
>私は敬宮殿下の立太子を望む立場ですが、

世間にそのような意見が多いことは承知しておりますが、それとてほんの一時の「つなぎ」でしか無いと思えてなりません。
このような憲法で、このような制度である以上、絶対に悪しき連鎖は繰り返されましょう。
皇族だからと「権威と金」を与え、国民から「敬愛」などとチヤホヤされたら誰だって絶対にオカシクなりましょう。
上皇后やA宮家一家を見れば、その事は否定しようがありません。
上皇后の忌まわしい血は既に天皇家に受け継がれ、折あらば「権威と金」でやりたい放題をやるでしょう。
皇族と云えども、中身に人間で「現人神 」など絶対にあり得ない。
皇族を継承したいなら、清貧や質素の覚悟が必要であり、それがイヤなら皇族を辞めたらいいのです。

戦後80年近くを経た憲法、そんな「制度」そのものが今はもう間違いなのです。
天皇制や皇統を継続するならば、自ら皇統を尊び、高潔な志と矜持を持って「神道祭祀」と「人間性の向上」を専らとする人間で、世間との関わりは少なくあるべきです。その事を受け入れ保つ存在こそが皇族として存続すべきでしょう。そんな「修行僧」のような生活はイヤだというなら、名字や職業も持ち、国民として生きたら良いのです。これを機会に、憲法や皇室典範を改めない限り、このような悪しき連鎖は永々と続き、皇室に生まれた方々も、またそれを税金で支える国民も不幸です。

愛子様には、皇室に捉われる事無く持てる才知を発揮し、ご自身の納得のゆく道を歩んで戴きたい。
そして次期天皇の事など云々言う前に、先ずやるべきことは「天皇家一族の悪事」を洗いざらい国民の明らかにして厳しい処分と再発防止を講ずる事です。それをやろうとしない人間に次期天皇を語る資格などありません

21
4
返信する
野萩

「権威と金を与えられればおかしくなる」、確かに平成夫婦と次男夫婦はその代表ですね。ですが、明治から令和まで、そんなおかしな輩はその夫婦しか聞きません。皆様、皇族たるをきちんと理解され、矜持を胸に活動されていると思います。世間との関わりが激増したのは、平成夫婦が節操なくあちこちウロウロしてからです。
少なくとも令和皇室において、常陸宮家・三笠宮家・高円宮家が「権威と金に溺れ、我を失った心根が貧相な皇族」とは思えません。イレギュラーな平成夫婦と次男夫婦を以て「象徴たる天皇一族の存続は無理」とするのは、私は暴論であると考えます。
今上陛下は貴方の言う、「自ら皇統を尊び、高潔な志と矜持を持って神道祭祀と人間性の向上を専らとする」お方であると思います。陛下の活動は平成夫婦の物見遊山とは違い、自らの究める学問や、人との絆を大切にしたものであり、必要以上に世間との関わりを持ちに行っているとは思いません。そこに私は敬意を抱き、その意志を継いでおられると感じられる敬宮殿下の立太子を望むのです。
不妊大国ニッポン、直系長子継承にしても、早晩立ち行かなくなる可能性は確かにあります。ならば皇室など廃止してしまえという意見を、完全に否定することはできません。ですが、今が皇室の黄昏であるのなら、私は最後まで、親しみと敬意を持って国民と繋がるような皇室であってほしいです。それは次男一家では無理です。陛下の意志を継ぐ真の皇太子でおられる敬宮殿下に、皇室再生を託したいです。
何だか答になっていませんね。長々とすみません…

35
返信する
匿名

野萩さま
お言葉ですが、私には「自ら皇統を尊び、高潔な志と矜持を持って神道祭祀と人間性の向上を専らとする」お方が、今上陛下とは到底思えません。
弟のA宮と方向性こそ違いますが、共によく似たご兄弟で皇統維持に知心剣とは思えません。
なぜなら「国民に寄り添う」と言いながら、これ程国民が心を痛め、憤慨しているのに、今もって天皇家一族の醜聞に「知らんぷり・我関せず」です。
庶民の「竈の煙」の無い事を慮って心を痛めた「仁徳天皇」のカケラもありません。
このような所で、上皇后の暴走を諌めなかった父上を真似するのは愚かとしか云えません。
国民も、もういい加減に国家都合のPRに乗せられて、皇室は「崇敬」すべきもの。「敬愛」すべき存在!その洗脳から覚醒されたら如何かと思います。

5
16
匿名

野萩さま
>不妊大国ニッポン、直系長子継承にしても、早晩立ち行かなくなる可能性は確かにあります。

皇統を継承したいのなら、永々と行ってきた「側室制度」を設ければよいのです。所詮人間世界です。
人間都合の制度なのですから、それを維持したいなら先人同様、天皇家に限って側室を持てるとしたら良いのです。

1
17
匿名

事が大きくなるばかりで、一向に収束の気配すらない皇族の忌まわしい問題。
政治家も関わりたくないのでしょう。
だからこそ天皇陛下が毅然とした姿勢を見せ、会見を行い、今までの天皇家一族の醜聞に触れなかった事。M子の結婚を容認したが為に国際的な問題にまで至っていること等々を国民の前に「侘び」ればよいのです。
そのような姿勢をみせてこそ、政治家も関われるキッカケとなりましょう。
何処まで行っても男気のない腑抜けのような今上陛下です。
弟殿下は「積極的」な皇室の貶めであり、その兄の今上陛下は、しらんぷりで「消極的」な皇室の貶めだといえましょう。
皇室のトップなら、天皇家のトップとしての気概を示して頂きたいものです。世間ではどのような不祥事であろうとも、その最終責任はその組織のトップ自ら進んで被るものです。

8
13
匿名

>権威と金を与えられるとおかしくなる

今では次男夫婦から娘夫婦に伝染しています。

あっ!いや、娘夫婦は二人とも元々おかしいですね。

17


匿名

小室との結婚で色々隠蔽していたことが角から角まで露呈したが いずれは秋篠宮家の悪巧みは以前から言われてた事は知られたでしょうね。
日本や皇室を穢れにして日本の神様をまで冒涜すれば当然。その結果です。
それ以上に秋篠宮家に支配されている政府が異常ですがね。皿様でしょうか?
日本の秩序や法を曲げてまで護る秋篠宮家ではないのだから反感買うでしょう。
結果自分達で情報操作の恥ずかしい行為が余計首を絞めても まだするとは呆れますが。

86
返信する
匿名

この記事は、紀子がその無い頭で必死に考えた言い訳羅列集というべきものですね。

「へ~紀子はこんな風に言い訳するのか」
「盗人にも三分の理というが、ここまでこじつけないと秋篠宮家が報道被害者だとはいえないのか」
「宮内庁広報室が始動する前に、すでにできうる限りの紀子弁解がこれかよ。広報室お先真っ暗だな」

宮本タケロウさんでしょう。こんな弁解記事を皇室新聞に投稿するのは。違うなら別の新翼賛ライター誕生でも構いませんが、これまでのここの流れではそうでした。

>国民の間にいまだ根強い伝統的な皇族のあり方と、ICUで普通の大学生と同じように学んだ眞子さま、佳子さまのメンタリテイには大きなギャップがあることをメディアはなぜか理解しようとしません。

はいはい、そもそも一般国民は反社の家になんか嫁ぎませんから。
「理解」なんて強制されるものでもないし、ICU生はもっと現実的でドライですよ。
無能だから嵌められたことにすら気づかないまま、彼女お目出度いわね、としかいえません。

>この報道は「皇位継承拒否発言」としてネガティブに報道されてしまいました

「ネガティブ」ですか? 継承拒否宣言したのならば身の丈相当で、偽皇族の身としてはようやく正しい道へ、更正の一歩を踏み出そうとしたと高く評価しておあげなさいよ。なのに「ネガティブ」等というのは、紀子以外には誰もいません。

>それが「紀子さま“刃物事件”からスキー直行の戦慄!」という記事になってしまうのである。これらはまさに、現在の皇室記事が明確な「角度」をつけられていることの傍証になるでしょう。

紀子は悠仁の不登校がバレるのが怖かったと当時から指摘されていました。いまさら言い訳しても見苦しいだけで、それどころか、悠仁の教室だけが、特支と同じように、名札が全生徒の机についていた事実も犯人が目撃しており、これが悠仁の机がどれかを正確に探し当てられた理由だったとされていましたが、そちらはスルーなのですか?
むしろヤバいのは名札つきの机があったという情報の方でしょう。特殊教育に携わっている人々からみれば、まさに「悠仁さん御察しなのね」ですから。

>(眞子の結婚に)「識者の中には賛同する人も多いことも事実で、7年前から交際している若い2人を、母の借金報道で引き裂くのはおかしいと考える人もたくさんいます。宮内庁内部から情報を出す人間と、それを引き取るマスコミにこそ、令和の時代にマッチした皇室報道を考えていただきたいと思いますね」

金で買収した識者意見をこれみよがしに言い出す時点で「さる宮内庁職員」とは、紀子本人か醜ですね。
交際開始時点で、即刻極秘裡に身元調査をすべきだったのに、解放同盟疑惑のある母の出自問題で、紀子には一切結婚前家系調査をさせなかった先例を楯に、公安も調査禁止とさせられていたので、いざトラブル発覚するや、紀子も含めてこの愁嘆場です。

既に紀子段階で穢れた家系ですから、後は野となれ山となれ。

54
返信する
一般人の感覚

>メディアは皇室の中の誰かを批判対象にしながら、勧善懲悪の構図を国民に印象つけたがる傾向にあります

いやいや!小室夫妻はメディアの印象操作じゃなくて、単なる自業自得でしょ!!

もしや、秋篠宮家も小室夫妻も小室母も『自分たちの批判はメディアのせい』と思っているのですか?

それは、大間違い!!

これは宮内庁の責任でもある!!

何が正しくて何が間違いかをキチンと教えないから秋篠宮家の暴走も止まらないし、国民の非難も収まらない負の連鎖が途切れないのです。

まぁ〜宮内庁も所詮は公務員ですから、当たらず触らずの仕事しかしませんからね。

ただ、そんな調子だと天皇制は崩壊しますよ!というか、そうならないと動かないのが、今の国の中枢です。

来年も事態は変わらないでしょうね。

では、皆様よいお年を!!

51
1
返信する
匿名

>来年も事態は変わらないでしょうね。

変わらないどころか、問題は更に複雑深刻化するでしょうよ。
天皇家一家一族には全く【自浄作用】というものがありません。
上皇后の悪行をたしなめなかった上皇。
A宮家の醜聞を放置している今上陛下。
もうどうなろうと自業自得です。
憲法の「象徴」を大きく逸脱している天皇家です。もう憲法を改めるべきです。

14
13
返信する
匿名

ただの外務省職員だったのに、いつのまにかエリート外交官になるとは
小和田恒の娘元祖ズル入省
そういえば、久子さんは鳥取恒久子と名乗っていた時期があったとか
字面が悪いとの事だが、小和田恒と愛人関係にあったからだと
あなたたちの大好きな「関係者」が言っている

3
74
返信する
匿名

バッシング・・・国民は意味もなく批判はしません。バッシングの意味を著者は分かった上で話されているのですか?
バッシングをされる種をまき続けている秋篠宮家に問題があるからです。

特権を利用し側近などにパワハラをする秋篠宮負債はどうなんでしょうか?それこそ問題です!!
著者はあまい蜜を吸うために秋篠宮負債の忖度記事ばかりだしていてはそれこそ逆効果になりますよ。
秋篠宮家やみてこさんのコバンザメはこんな記事ばかりしか書けないのですか?

62
返信する


匿名

お前の人生をめちゃくちゃにしてやる

将来の天皇のお言葉が、これ?

悠仁さんと愛子様、どちらが天皇に相応しいかわからない有識者は、皆金で動くのですか?

67
返信する
匿名

【天皇制は令和で終わる】
そんな都市伝説は、伝説ではなく現実になったほうがイイのではとすら思う。
愛子様には、皇室などに囚われず、その持てる才知を生かして自由に活躍して戴きたい。
いつか父親を客観的に観られる年齢になった時、弟宮家を諌めなかった不甲斐無さを理解する時が来るでしょう。
平成・令和の二代の天皇によって皇統が滅ぼされた事が歴史となりましょう。

7
18
返信する
匿名

今日は酷い忖度記事ですね。

不正ズル入学カピバラ安西さん、皇室新聞を脅す暇があったら、DNA鑑定してください。

23
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です