秋篠宮さま「趣味公務」が許されるのはなぜ? ワガママを受け入れ続けた美智子さまの母の愛


皇族方の公務外活動

コロナ禍が和らぎつつあるとはいえ、外出自粛が求められる中、皇族方の公務は未だ平常運転には戻っていません。普段よりも自由時間が多い中、佳子さまはダンスに勤しまれ、悠仁さまは東大合格目指して勉強に励まれているそうです。また上皇陛下はハゼの研究を再開するため、皇居の生物学研究所に今でも週に一回のペースで通われています。

公務の傍らで私的なご研究やご活動を続ける皇族方の精力には驚かされるものがあります。特に、近代で最も活発にご研究に熱意を燃やされたのは昭和天皇であることをご存知でしょうか。

「生物学者として数々の著書も遺す昭和天皇は、幼少期から弟宮の雍仁親王(やすひとしんのう)と毎日の昆虫採集を日課にしていたそうです。1914年(大正3年)5月4日に、東宮御所内に「東宮御学問所」ができると、「倫理」「漢文」「国語」に加え「生物」などの英才教育が始まりました。生物学の担当は理学博士の服部広太郎という人物で、昭和天皇は「先生」と呼び、全幅の信頼を置いていたといいます」(皇室ジャーナリスト)

その昭和天皇が新種として発見したクシクラゲの一種「コトクラゲ」が2020年7月30日、1941年から79年ぶりに、神奈川県藤沢市江ノ島の沖合で採集された事が話題となりました。

学名に「ライロクテイス インペラトリス(皇帝)」と、皇帝の名を冠するクラゲの存在には、ロマンを感じずにはいられませんね。これが報じられたことで、改めて皇室の生物学研究に関心を持った人も少なくないのではないでしょうか?

「生物学といえば昭和天皇、上皇陛下が、海洋生物のご研究をされていたことがよく知られています。また、上皇陛下の弟宮である常陸宮さまも、学習院大学理学部をご卒業後、東大理学部で細胞分裂の生物学をご研究され、がん研究に国際的な貢献をされていらっしゃいます。



こういったご研究は皇族の“私的ご活動”の範囲となり、研究費用に関しては私費である内廷費や皇族費で賄われています」(同前・皇室ジャーナリスト)

特に、昭和天皇は学問に対して謙虚な姿勢を貫かれ、①一般人と競合しない分野であること、②公務に差し支えないこと、を重視されていたそうです。

何度か持ちかけられた学位の話も“私の研究は趣味ですから”と固辞され、ご研究範囲も御用邸のある那須や葉山に限られていたというから、公私を明確に区別されていたことがうかがえます。

異色な経歴を持つ秋篠宮殿下

さて、歴代天皇の功績が光る皇室において、異質さが目立つのが秋篠宮殿下のご研究とそのご経歴です。まず殿下のご経歴は以下の通り。

  • 昭和63年 学習院大学法学部政治学科ご卒業
  • 昭和63年~平成2年 英国オックスフォード大学大学院動物学科にてご修学
  • 平成8年 理学博士(国立総合研究大学院大学)

学習院大学法学部に学び、文系の道を歩まれていたはずの秋篠宮殿下だが、大学ご卒業と同時に留学、理系分野への転身を遂げられているのです。

この転向について、上皇后美智子さまは昭和62年10月15日の会見でこう述べられています。

礼宮は、大学の政治学科で勉強しておりますが、これと並行して御所で生物学や動物学、博物館学など自然科学10科目ほどをそれぞれ専門の教授の下でこの3年間学び続けてきました。

『新天皇家の自画像 記者会見全記録』薗部英一、1989

つまり、大学での専門分野の他に、わざわざ全く別分野の家庭教師をおつけになり、そちらの方面で理学博士までたどり着いたということです。

ちなみに、このときはまだ宮家当主として独立する前の事で、大学の学費も私的な家庭教師の費用も、内廷費が充てられていたと考えられます。内廷費は定額制であり、ここからご一家の生活費や研究費、恩賜金なども捻出されます。当時の天皇家にとっては小さくない負担だったに違いありません。



どういった経緯で秋篠宮さまが政治学から生物学への転身を決められたか詳細は不明ですが、殿下ご自身が“母は何でも好きなことをやらせてくれた”とインタビューに答えられたこともある事から、ある意味、美智子さまが殿下のワガママを受け入れる形だったのかもしれません。

やんちゃだった幼少期の秋篠宮

動物園訪問も仕事のうち

その後、秋篠宮殿下が総合研究大学院大学から理学博士を授与された際には、当時『週刊文春』などが挙って疑問を呈した記事を掲載しています。

「秋篠宮さまを指導してきた五條堀教授といえば進化遺伝学のボス的存在。さらに、秋篠宮さまの過去三本の論文には、アメリカのシティ・オブ・ホープ研究所の大野乾先生が共同研究者として加わっている。

大野先生は米国科学アカデミーの会員でノーベル賞候補とも言われる世界的権威。

無名の学者ではそんな先生と共同研究なんてなかなかできません。実際、秋篠宮さまがどこまでご自分で研究されたのか疑問です」

『週刊文春』1996年10月17日号

今では、“皇室随一の生物学者”であるかのように語られる存在となった秋篠宮殿下。動植物に関連する多くの団体の名誉総裁を兼任され、平成時代には秋篠宮家が皇族一多忙だという報道が数多くなされていました。

元宮内庁職員の佐川良子さんはこう話す。

「かつて殿下は“動物園に行くというのは、私は、ある意味では仕事みたいなもの”(『秋篠宮さま』江森敬治)とおっしゃったこともあるそうです。

趣味から始めたものを、内廷費と皇室の威光で博士まで取得し、公務へと落とし込んでしまった稀有な皇族といえるかもしれません。

昭和帝は私的ご研究を“公務に差し支えない範囲で”と慎み深くいらっしゃいましたが、これを逆手に取って、水族館訪問や動物園訪問までも“ご公務”にしてしまった殿下は、ご自身がおっしゃるように素晴らしく要領の良いお方だと思います。

今後はその機転を存分に発揮され、天皇陛下と雅子さまをお支えする皇嗣というお立場に注力されることを祈ります」(佐川良子氏)



37 COMMENTS

正義は勝つ!

皿ミテコは前から黒幕首謀者という話しは有名でした!アキシノの父も本当に上コウの血が入ってるか
どうかも超疑わしい!!皇統移譲や皇位継承は暫定だが本決まりするならアキシノのDNA鑑定は必須だという声が日増しに強く高まってきている!!必要を超えて必須である!
それだけ人々の疑念は晴れずシコリとなってる!それを払拭する為にも是非!DNA鑑定は必須で徹底的に
やり明らかにすべきである‼️

返信する
ファブリケーション

だから~、鯰も秋篠家のメンバー、川島、小室、み~んな学歴ロンダだって!
こんな幼少期からアホのあーやと言われ続けていた鯰が学位なんてとれるはずないのに、いつまでこんな情報だしているのか意味不明
この一家とそのまわりの連中が賢いなんてほとんどの国民は思っていません!
それなのにメデイアや秋篠宮側近はいつまでこの池沼一家の賢いを嘘の情報をだし続けるのか?やればやるほど墓穴掘ってるのに、わざわざまた堀にきているのか?

171
1
返信する
匿名

ヤンチャだった幼少期?
ヤンチャもだけど知恵、発達の遅れおよびADHDのせいでしょうね。

156
返信する


匿名

カコさんのオーストリア、ハンガリーも
公務といわせて5つ星ホテルに泊まり
観光地ばかり歩いただけ。
撮影用に首相を並ばせはっきり言われてしまった。この子はいったい何しに来たんだ、忙しいのに呼びつけるな。英語すら話せないじゃないかと水とチョコを立ったままだしさっさと帰れと態度で示され恥晒し海外旅行となる。

皇后さまにはイギリス招待すら断り行かせなかったことは生涯忘れないだろう。

184
1
返信する
匿名

上皇負債は海外から招待されたことは無く、全て押しかけ公務だったと書かれていますね。
そりゃあ、あのドレスコート無視のマナー違反を見れば、気取っているけど下品な女だなと分かりますよ。

73
返信する
一般人の感覚

岡田斗司夫さんのYou Tubeチャンネルで『天皇はなぜ生物学を研究すのか』とい本を紹介していました。

詳しい内容は割愛しますが、天皇家(皇族)が何故学問に固執するのかを本の解説とともに詳しく説明してくれました。

その説明に私は、ある程度納得し『悠仁さまの東大進学』や『小室圭の司法試験』といった最近の秋篠宮家の奇行の理由が少し分かった様な気がします。

要は、欧州などの王室や上流階級の人間とのコミュニケーションのツールとして学問が最も重要なのだそうです。

岡田氏の解説によると、例えばサッカーの話題などは『所詮は庶民の娯楽』という事で相手にされないそうです。

中世の時代、顕微鏡などは高価過ぎて王族や貴族しか持てなかった。当然、そこから知りうる情報も一部の特権階級者のみです。

そうした情報を披露し合う事が上流階級のステータスであって、その流れは未だにあるそうです。

つまり、悠仁さまも将来の天皇として欧州の王族にナメられないようにするために、学問に精通させ東大進学に躍起になっているのです。

小室圭も然り、学問的に優秀だと世界的にアピール出来る肩書き(ニューヨーク州弁護士)を税金をつぎ込んで不正までして取らせたのも、いずれ上流階級の中に入っても遜色ないようにするためだったのです。

まったくアホくさくて呆れてしまいます。秋篠宮家の面子のために、我々の血税が湯水の如く使われいるのです。

158
3
返信する
匿名

アホのアーヤが理学博士って、、、
もし平民だったら博士号どころか学士号すらFランしか無理だったでしょうね

142
返信する
一般人の感覚

確か、学生時代はテスト間際になるとクラスメイトがノートを貸したというエピソードがありましたよね?
そもそも自分でノートも取らない人が博士や学者になりますか?ノート取っていない時点で勉強嫌いは確定です。
恐らく、今では欧州の王族の前で中身の無いペラッペラに薄い知識をドヤ顔で披露し、相手には『アイツの話しはチョーつまらん!』と陰口を叩かれていますよ。

130
2
返信する
北朝鮮に学べ!!

皇室は不要であるという考えに至りました。
フミヒトラー一家、皿ババア、ニューヨーク税金強盗セレブ生活不良債権国賊ママゴト負債の贅沢三昧と不正行為のために多額の税金が使われているのは確実で、近年の大増税はヤツらが遠因!!!遅くとも令和で天皇制を終了するべきです!!!

返信する
匿名

秋篠宮は、
テンジクネズミを冬の池に投げ込んだり、
テンジクネズミを食べたり、
カピバラも食べたそうです。

秋篠宮が言う動物愛護とは、
動物を可愛がって家族のように育てるのではなく、
食べたり剥製にすることなんだね。

161
返信する
匿名

鯰には呆れるばかり。
偽皇族だろうということ、ズルくんの卵を操作したこと、KKの国家ぐるみの不正な弁護士への道、ズルくんの全てのズルズル人生、馬との近〇相〇、金ぴか御殿のマネロン、タイの本妻(鯰嫁の前からだから)
これだけでもインパクトありまくりだったのに、まだまだ、まだまだあるんですね。

こんな事ばかりやって来ているのに、公務に出たり公務でお言葉述べたり、使えもしない英語を誰が作成したかわからない原稿見ながら喋ったり、伝わらない通訳付きの手話を使ったり、よくも平気で皇位継承者だなんて受け入れましたね。普通は人前に出て来られないレベルです。
本当に自覚無し反省無しのとんでもない輩達だとよーく分かりました。夫婦揃って、親子共々病気ですよ。しかも精神の。
誰がカピバラを食した人を敬えますか。食べてみたいと、誰が思います?
おもいっきり軽蔑します。

165
1
返信する
『恥と自覚する知恵も無し‼』

秋篠宮は、ご自分の公務・行動等を『恥ずかしい』と思う判断力や知恵さえ無いのだと思います。ただサイコパス・ミテコの言いなりになって動いたり言ったりしているのでは?皇位簒奪計画の『平成四人組+一人』としてしてこれからどうなるのでしょうか?ミテコ・日本会議等の裏には『統一教会』が応援しているそうですから、、、韓国の統一教会の御殿が400億円で建設中ですので、半日勢力や皆様を引き連れて韓国へどうぞ行って下さい。統一教会も大喜びで歓迎して下さるでしょう‼

105
返信する
『恥と自覚する知恵も無し‼』

★ 訂正して、お詫びいたします

半日 ➡ 反日《正しい》

38
返信する


匿名

帝王学が知的障害(テイノウ)ゆえに何一つ身につかず、留学にも通訳を同伴するという英会話さえも満足にできない、悲惨な状態でした。

もともとは見て子親族からのもらい子で、陛下が無事育てば、その時点で、御役御免となる非皇族の身でした。
もしも、知障がなければ成人後に臣籍降下予定の子だったのでどうでもいい子として放置されてきていたのが、あまりの知能指数の低さと多動ぶりに、療育開始決断の先送りが続いたとみられます。(見て子や実家への社会的風評を恐れて)

現在、悠仁への療育が三歳で実質中止されてしまい、あとはおざなりにされ、その結果、思春期になると性衝動が抑制できず、痴漢事件に走り、いまは座敷牢と向精神薬がガチ必要になってしまったように、鯰も幼児からの療育と、特殊学級通学をさせなかったことが、やがて致命的結果(紀子との腐れ縁の発生)をもたらします。

学習院でも常に成績最下位。
おかげで?同期生からの留年者は一人も出ないという恩恵にあずかったほかの一般劣等生も多数いたはずです。

知障でも出来る公務もどきが動物園巡りと瓢箪蒐集でした。
専門知識や記憶力が問われる場面が少なく、動物園訪問のたびに三面記事程度にはなるので、「御活躍しています」というためのアリバイには使いやすい。ただ平成後半になると、雅子さまよりも多く公務していると言いがかりをつけるために、動物園公務などを公務実施数にカウントするようになって、「小学生でもできる公務でドヤ顔するな」と非難され始めます。

悠仁でも何とか天皇にできるか、と見て子が当初おもったのは、鯰の知障ぶり、未療育状態が、あまり糾弾されずにこれまで来られたので、味をしめて、同じように悠仁も何か趣味公務を見つけさせれば、知障のままでも国民を騙せると速断したのでしょう。

しかし、それは難聴とか奇形がない場合で、成績最下位でも何とか性犯罪などなしに学習院の座席を暖めていられれば、の条件付きだったのですが、多動なうえに、人工内耳が必要なほどの難聴であった悠仁は、本来それだけで聾学校に入れるべきだったのに、お茶の水で「愛子さまより上だ」との見栄を張ろうとたくらみ、裏口入園をしたことで、同級生保護者の怒りを買い、そこから先は奈落の底へ向かって真っ逆さまでした。

やはり国民的合意のない、みせかけだけの公務づくりの上に成り立つ皇室活動などありえないということです。
もらい子=偽皇族ゆえの箝口令が、幼児からの療育決断を妨げ、未療育のまま成人させてしまい、いまあちこちにひずみが生じている構造こそが、秋家をめぐる全ての問題状況の根っこにあると思われます。

121
1
返信する
匿名

秋篠宮の動物園「公務」は、利権も絡んでるらしい。
詳細は「秋篠宮家の後ろに正田家あり 秋篠宮家東大不正コレクション」で検索してみてください。


正田氏(正田陽一、東大名誉教授、専門はニワトリ、秋篠宮のニワトリ論文で博士号取得に協力)、秋篠宮、紀子さん弟、東大農学部およびその研究者、東京農大、山階鳥類研究所、動物園・水族館関係団体・・・・と果てしなく繋がっていきます。
そして最近、この連なりに眞子さんが加わったというわけです。
眞子、佳子のICU進学、および裏口転入では、別の親戚で当時の中教審会長の安西氏の関連が噂されました。
悠仁君の東大もぐりこみ作戦には、皇后のどの親戚がどのように使われるんでしょうか?

85
返信する
匿名

私費を投じての野生動物保護活動もしないままでは
海外の王族に、動物系専門家としての話もできません

ラテン語もできないと、動物の種類も伝わらないし
そもそも海外訪問先の動物園でも会話にならない

いずれも鯰の場合は、支援学校の生徒が動物の写真を
撮影しました、お絵かきしたのよ、お手紙書きました
の世界でしかありません

ズルヒトは動物園すら興味がなく、虫にしたのですが
こちらは忍耐が必要で採集は時に猛暑のなかで行い、
不快なこともあり、虫刺されや蛇の害もあるものです
やはり知的障害、低能児には出来ない研究ですから
どんなに親族で回りを固めてみても、ネット時代に
IQ50以下の子を140以上に偽装するのは不可能

天才児愛子さまと競わせようと紀子が思った時点で
ズルヒトはスタート台ですでに潰れています

89
1
返信する
匿名

喫緊の課題は
①とうとう不登校がまた始まったズルヒトの座敷牢収容問題

②ほとんどの科目で0点だったことから起きる原級留置問題

③痴漢事件により全校女子からシカトされだした権威失墜

④すでに四カ国から秋家出禁処分で海外訪問不可能事態へ

⑤弱みで振り切れない眞子と反社一族からの金寄越せ要求

⑥佳子という”時限爆弾”と握られた”親たちの弱み”

81
返信する
気づかせる大事さ

秋篠宮一家が公務をされたら、
雅子様がした事にして、美智子さんに報告してみましょう。
または、その逆でも構いません。
何時間でも、感想を言わせてあげましょう。

後で、それをしたのは、誰それでした、と打ち明けるのです。早く言えと言ったら、口を挟むヒマもありませんでした、で済みます。

誰がしたか、それだけで、態度は真逆になるでしょうね。
反省材料になれば良いですが、たぶん、職員に責任を取らせるでしょう。
辞表を出す計画のある職員はぜひチャレンジしてみて。

47
返信する
匿名

母の愛ですと?
どこが?

国民には甚だ迷惑な穀潰しでしかありませんが。

そんな風に育てたのはサラバですよね。

62
返信する


匿名

結局鯰は
何事も成し遂げられない中途半端な輩だというだけの事ですよ。
だから、その娘達もそういうレベルで終わりなんです。
死ぬまで税金で暮らせばいいという考えなんです。
ずるくんは、またその下のレベルみたいですけど。

馬だって自分がやりたい芸術美術の道で極めれば、美術館の学芸員だって文句言われず就職出来たかもしれないのに、中途半端で色の方に進むから…………
鹿だってキチンと通用する手話を完璧に習得して、手話の手話通訳なしで公務で披露すれば認められるのに。
皆忖度されて、ずるや不正ばかりで生きて来てるから、なんの役にもたたない穀潰しの税金泥棒の迷惑なだけの存在でしかないんです。

73
返信する
匿名

キコが入内した1990年。経済学者の娘とのことでしたが、あまりの浅ましささもしさに「この人大丈夫?」と当時から皆疑問に思っていました。川島父はキコが文仁とのこどもを墮胎したことを怒って皇居に乗り込み、誰もに聞こえるような大声で明仁に結婚を認めるように迫ったそうです。(宮内庁職員さんの証言あり)今にして思えば何の研究業績もない経済学者の「ノーパンがお金を生み出す。」それを熟知したうえでの行動でした。

ミチコの母は、ミチコを学者に嫁がせたかつたそうだ。
サーヤのお相手も最有力候補は学者でした。「そんな話は寝耳に水です」と突然の取材に怒りをあらわに否定していた名門出身のイケメン工学博士。「皇室の近くに代々いる人だから皇族とは距離を取りたいのかもしれない。」と当時思ったものですが、キコを見ていて「こんな一族に近づいたら大変。」だと思われたのだと(勝手ながら)察します。

文仁が幼い頃から好きだった水族館や動物園。何とか栄誉につなげたいとミチコはあれやこれやと用意し過ぎてしまつた。
キコの弟は「誰もが自分の価値を許容される社会になる」ことを目指してそうだが、内実は皇室に嫁いだ姉に乗っかって好き放題しているだけ。これって動物の姿そのもの。

71
返信する
匿名

なんちゃって経済学者のカワテツ。
部落解放同盟の指導者だったのに、皇室に入り込んでからは逆の社会の人間として贅沢三昧(笑)

41
返信する
匿名

サーヤのお相手と噂されたBさんの怒りが当時画面から伝わってくるようでしたね。やはり皇室に近い処に居られる方ゆえ、雅子様のこ苦労されていることやミチコやキコさんのことを伝聞でご存知だったんだと思います。

29
返信する
匿名

美智子さんには、子供をまともに育てる事は出来なかったという事です。
唯我独尊で、それどころじゃなかったのでしょう。
紀子さんも同じ。子供は、自分の見栄の道具。
その道具は、今じゃ金よこせしか言わない。
悠仁さんも、唯我独尊道まっしぐら。

天皇陛下御一家をお守り、令和の時代が長く続いて、敬宮愛子様が次の天皇になられる事を願います。秋篠宮一家はいりません。

64
返信する
匿名

モルモットを好きでよく食べてるとウマ子が過去に言っちゃったみたいだけど
カピパラまで食べちゃう野蛮で低俗で残虐な宮さん。
この一家はサイコ◯◯です!!

27
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です