秋篠宮殿下「オレも悠仁も、天皇になんてなりたくない」の弱気発言に、紀子さま「雅子に負けるな!」のご叱責


文・もっちゃん

愛子天皇潰しの有識者会議

今月12月6日、政府は、安定的な皇位継承のあり方を議論する有識者会議の会合を開催し、女性皇族が結婚後も皇室に残る案と、旧皇族の男系男子を養子に迎える案の2つの案などを盛り込んだ最終的な報告書を了承しました。

皇位継承資格は①秋篠宮さま②秋篠宮家の長男・悠仁さま③上皇さまの弟の常陸宮さま――の3人が有する。有識者会議は継承順位を変えない前提で対策を示した。

国論を二分する可能性のある女性・女系天皇の是非には踏み込まず、皇族数の確保を優先する。秋篠宮家の長女、眞子さんが結婚に伴い皇籍を離脱し、皇室は17人になった。

皇室典範は女性皇族が一般男性と結婚すれば皇族を離れると定める。一定数の皇族がいなければ、国事行為の臨時代行や皇室会議の開催など、法律が定める制度の運営が困難になる。

女性皇族が結婚後も皇室に残る案はいまの皇室の構成を考慮して示した。(中略)

旧皇族の男系男子について、養子ではなく法改正を通じて皇族に復帰してもらうと記述した。

「日本経済新聞」(2021年12月6日配信)

安倍政権が倒れ、菅政権となって以降、女性・女系天皇の容認に関して、より柔軟な姿勢が取られるかと思われていましたが、結局、現在まで、有識者会議内では、皇位継承順位は維持する方針が堅持されています。

各種世論調査などでは、すでに、国民の7割以上が「女性・女系天皇の容認」に賛成している状況ですから、これほど頑なに政府が女性・女系天皇の容認に反対し続けていることの裏には、秋篠宮家からの圧力があると考えて、ほぼ間違いないでしょう。

この有識者会議の会合の内容が報じられた時期が掲載されたニュースサイトのコメント欄には、次のように、秋篠宮家への皇位の移譲に反対する意見や、愛子天皇の誕生を願う意見が数多く書き込まれていました。

成人になられた愛子さまはもう適齢期に入られます。

非常に無責任だと感じます。

女性天皇を認めるか否かは国民も非常に感心ある問題です。短期間の議論で簡単に問題の先送りをして良いものか議論し尽くすまで議論すべきだと思う。

出来ればこの問題は国民に問うて欲しい。

このままA家が天皇になれば税金を湯水の如く使いまくる事が目に見えている。どうしてもそれしか認められないのであれば、会計監査を取り入れるべき。皇室が国民に寄り添うと言う事であれば拒否する理由などないはず。これこそ国民の知る権利。

天皇陛下の直系長子(敬宮愛子様)が成人になられました。考慮してください。

A宮家は大反対。A宮家になると、小室さんの立場が浮上しそうで危険!

娘の件もあるが、自分たちのために「無断で税金使用」「国民に寄り添わない」。

頭が古くかたい「有識者の決定」でなく、「国民総意」の意見、希望もきくべきです。

こうしたニュースサイトのコメント欄でも、「この問題は国民に問うて欲しい」といった声が上がっていますが、TwitterなどのSNSでも、この皇位継承に関する問題について国民投票を望む書き込みは少なくありません。



すでに民意は示されている

これまで行われてきた多くの世論調査により、すでに「女性・女系天皇に賛成」という国民の意志は明らかになっているわけですから、民意を問うことなく、また、国会での論争も回避し、有識者会議のみで、こうした決定を下すことは、民主主義の原則に反していると言わざるを得ません。

また、日本国憲法第一条には「 天皇は,日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって,この地位は,主権の存する日本国民の総意に基づく」とありますから、民意を無視し、有識者会議のみで、皇位継承問題について決定を下すことは、憲法違反であるとも考えられます。

秋篠宮殿下は即位拒否

すでに国民の意志は、「秋篠宮家への皇位の委譲に反対」「愛子さまの即位に賛成」であることが、ハッキリと示されているのですが、果たして、実際に当事者である秋篠宮殿下や悠仁さまはどのように考えておられるのでしょうか?

秋篠宮殿下は、ご自身の即位に反対しているようですね。2019年4月21日付の朝日新聞では、秋篠宮殿下が「兄が80歳のとき、私は70代半ば。それからはできないです」と即位を拒否する発言をされたことが報じられました。

この発言は、一部で、「天皇陛下(当時の皇太子殿下)に、早期の退位を迫る発言ではないか?」などとも噂されましたが、どうやら、殿下ご自身にそうした意図はなく、単純に、「即位したくない」あるいは「即位できない」という、文字通りの即位拒否発言であったようです。

「殿下がこうした発言をされたのは、2019年ですが、この頃は、眞子さんの結婚が延期となったことで、国民から秋篠宮家に対する批判の声が大変強まっていた時期でもあります。

この時期には、秋篠宮殿下は、国民から猛烈な批判を浴びる中で、自信を喪失され、側近の職員らの前で、“俺に天皇の地位は荷が重い”“誰も、俺に天皇になってほしいなんて思っていない”などといったネガティブな発言も繰り返し述べられていたようです。

おそらく、朝日新聞が報じた“兄が80歳のとき、私は70代半ば。それからはできないです”というお言葉も、そうしたネガティブなご発言の中に含まれていたのでしょう。



今年10月には、宮内庁から、眞子さんが“複雑性PTSD”を患われたということが発表されましたが、秋篠宮殿下も正式な発表はなされていないものの、ほとんどうつ病に近いような状態が数年前から続いているようです」(秋篠宮関係者)

このように、即位することに関して、後ろ向きな姿勢を見せられている秋篠宮殿下ですが、ある時、こうした殿下の弱気な発言に対して、紀子さまは、大変激怒されたこともあるそうです。

「朝日新聞が殿下の“即位拒否発言”について報じた際には、殿下は、しばしば同じような発言を繰り返されていたようですが、ある時、紀子さまの前で、“俺も悠仁も天皇になんかなりたくない”と仰られたこともあったのです。

週刊誌等でも繰り返し報じられているように、紀子さまは、悠仁さまを即位させることを何よりも重要であると考えておられますからね。

殿下が、このように、悠仁さまの即位に関しても後ろ向きな発言をされた際に、紀子さまは大変激怒し、“悠仁は、アナタみたいなダメ皇族とは違うのよ!”“いつまでも天皇家のおまけの立場で良いの?雅子に負けるな!”などと怒鳴りつけるような大声で殿下を叱責されました」(前出の秋篠宮家関係者)

現在、非常に多くの国民から批判を受け続けている紀子さまですが、悠仁さまを天皇に即位させること、そして、雅子さまに負けたくないという対抗心のみを支えに頑張っておられるのかもしれないですね。

ご拝読ありがとうございました。

10 COMMENTS

sym qual

たった今知りました。悠仁様は筑附進学を希望する意思を明確にし、お茶附もそれを認めて手続きに入ったとのこと。その結果東大入学が規定路線となるそうです。上皇ご夫妻の資金援助が功を奏したようですね。だからと言って、秋篠宮家へ皇統を移して良いとは、なりませんけれど。

90
返信する
匿名

自分の子供のためにと特別な推薦制度を作らせ、娘を梨花女子大に合格させた、朴槿恵の占い師・チェスンシルも、娘の不正入試画策だけで懲役三年の実刑に処せられ、女子大の元学長も同二年の実刑です。
いま週刊新潮や週刊文春に紀子が書かせている、確定風の記事通りになれば、紀子も偽計業務妨害になりまねませんし、筑波大もお茶の水女子大附属の関係者も同容疑を犯すことになります。

皇族が、子供の進学に関し、刑法をも犯す不正行為に走る日本。
これをけしからんとして止めないマスコミの大罪。
韓国嫌いの私ですが、それだけに情けなくて仕方がないです。

52
返信する
一般人の感覚

今上天皇陛下は、御自分の宿命を受け入れ幼少期より帝王学を学び、満を持して即位しました。

しかし、A宮殿下から見れば兄に息子が授からなかったために突如お鉢が回って来たので心の準備が整っていません!

天皇ではなく皇族の一員が一番楽なポジションである事は、A宮殿下御自身がよく分かっています。

だからA宮殿下にとっての理想は、今上天皇から御自分を飛ばして悠仁さまが即位する事なのです。

生まれながらの皇族なら、天皇の重責は百も承知なので、逃げたい気持ちも理解できますが、一般人から皇室入りした紀子さまは皇后になりたいでしょうね。

また、KKに『天皇に即位する?』なんて話しが回ったら間違いなく喜んで受けるでしょうね。

ヒモ男天皇誕生です!

66
1
返信する
匿名

この事を海外に発信して欲しいですね!

日本国に対する怒りと情けなさが頂点に達しそうです!!

73
返信する
匿名

こっちから丁重にお断りさせていただきます。
こんなカネと権力を最大限に行使する奴らに皇統が移るなんて全国民が拒絶しますから。安心して皇族の身分から家族丸ごと退いて下さい。

72
返信する
匿名係

本人もやる気ない、憲法第一条も天皇は国民の総意でないと無理
なんで、一刻も早くfall一家には皇室離脱してもらう必要がある。

62
1
返信する


いつまでもあると思うな親と金

口先だけの秋篠宮、確かに今の気楽なボジションが貴方には似合っています。
全ての事に大金を使いラクラクすり抜けてきた宮家。
いつか天罰が…

58
返信する
ラバグルト

>“誰も、俺に天皇になってほしいなんて思っていない”などといったネガティブな発言も繰り返し述べられていたようです。

そこまでご自覚がおありなら、早々にご辞退なさって下さい。

67
1
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です