なぜ悠仁さまは、国民の前に姿を見せられないのか? 「罰則付き報道規制」の資料流出…記者クラブから真相が明らかに


皇室報道とカメラマンの関係性

悠仁さまの報道が冴えません。テストで赤点はまだしも、伊勢神宮で一般参拝客に迷惑を掛けたり、作文コンクールにはコピペ文章を送ってしまったりと、世界から「日本の将来の天皇は犯罪者か…」と思われかねない事件が続いています。

常に多くの国民からの注目を集める皇室報道。以前から、週刊誌等では毎週のようにその動向について報じられ、時にセンセーショナルな見出しでスキャンダラスな記事が掲載されることも少なくありませんでした。

ネットメディアが発達した現在でも、皇室報道は多くの人々の注目を集めており、皇族のスキャンダルが報じられた際には、ニュースサイトなどのコメント欄に数千ものコメントが書き込まれることも珍しくありません。

とはいえ、このように多くの人々の注目を集める皇室報道は時に過激化することも多く、宮内庁などから、行き過ぎた過激な報道に対して注意勧告や訂正要求が出されることもあります。

こうした注意勧告の中でも特に有名なのが、宮内庁が記者クラブに対して通達した、秋篠宮家に対する罰則付き報道規制です。

この報道規制は、ジャーナリスト上杉隆氏が著書『ジャーナリズム崩壊』にて明らかにしたものだ。悠仁さまがお生まれになった2年後の2008年2月12日、宮内庁から秋篠宮家のお子さまについて「年数回定められた機会以外の取材、撮影、映像等の報道の自粛を求める。それに反した場合は、当分の間便宜供与を行わない」という注意勧告がなされたことが暴露されました。



特に、悠仁さまのお写真の撮影に関しては非常に厳しい規制がなされているようで、現在に至るまで悠仁さまのお姿は、宮内庁の提供する公式のお写真や、宮内庁のチェックを経て公開が許可されたものを除けばほとんど見ることがありません。

これは、幼少期からお写真や映像などで頻繁にお姿を収められ、国民の目に触れる機会の多かった愛子さまや、しばしば盗撮まがいのお写真が週刊誌やネットメディア上に流出することもあった眞子さまや佳子さまとは対照的です。

「皇室報道のジャーナリストの界隈では、皇族方のお姿を収めたお写真は数万~数十万円ほどの価格で取引されることも珍しくありません。特に、佳子さまのダンスイベント出演時の写真などは大変な人気のため、報道関係者や一部のマニアに対し非常に高額で取引されることもあるようです。

そのため、皇室報道に関わるカメラマンなどはSPなどの警戒をかいくぐりなんとかして皇族方のお姿をカメラに収めようと必死に努力しているのですが、それにも関わらず、将来の天皇である悠仁さまのお写真だけは、ほとんど写されることがないのです。おそらく、お写真を撮ることに極めて厳しいペナルティが課されるのでしょう。

“悠仁さまのプライベートのお写真は決して撮影してはならない”コレは、皇室報道関係者らの間で一種の不文律となっているようです」(全国紙社会部記者)

大変な美貌の持ち主として非常に高い人気を誇り、国民の間に「佳子さまブーム」を巻き起こした佳子さまだが、ICU入学後には、カメラマンから盗撮された写真が何度も流出し、背中の見えるタンクトップなど露出の多い私服姿のファッションなどが物議を醸すこともありました。

佳子さまは極端な例であるが、皇族方のお写真は宮内庁の提供する公式のお写真と、パパラッチのようなカメラマンが撮影する非公式のお写真があるのが一般的であり、悠仁さまのように、非公式のお写真が一切存在しないというのは非常に稀な例のようです。

悠仁さまは、男系皇統の維持を重視する一部の保守派の人々からの人気が高く、そのため、健やかに成長されるそのお姿を目にする機会が少ないことを残念に思う国民も多いのが現実です。



記者クラブから流出した「罰則付き報道規制」資料

この宮内庁から通達された罰則付き報道規制であるが、実は最近ネット上で、この通達内容が記されたメモが流出しています。以下がその内容です。

申し合わせ概要 申し合わせ内容

宮内庁は、原則として、以下の機会に悠仁親王殿下もお入りになった秋篠宮ご家族のお写真及び映像又はそれらを撮影及びペン取材する機会(以下「お写真等」という)を報道機関に提供する。

〇新春

〇初春(2~3月頃)

〇初夏(5~6月頃

〇夏(7~8月頃)

*悠仁親王殿下お誕生日のお写真も兼ねており、例えば夏休みに取材をお受けいただいた場合には、お誕生日のお写真は特に提供しない。

〇秋篠宮殿下お誕生日(11月)

その他、宮内庁として適当と思われる機会には、宮内庁は上記以外のお写真等の提供を行う。

各報道機関は、上記以外の場合の秋篠宮家のお子様方の取材及び撮影並びに映

像を使った放映・報道は自粛する。

上記に反する行為を行った報道機関に対しては、宮内庁は、当分の間、便宜提供を行わない。なお期間は、それぞれ違背行為の内容や取材等を勘案し、宮内庁が決める。

このメモは、宮内記者会のジャーナリストが匿名でネット上にアップロードしたものとみられています。内容は、上杉隆氏が『ジャーナリズム崩壊』にて明らかにしたものと全く同一です。

これまで、宮内庁は上杉氏の告発を虚偽であるとして、こうした通達の存在を否定していましたが、今回、改めてメモの内容が公開されたことで、「罰則付き報道規制は本当に存在したのだ」と考える者が増えているのが現実です。

「現在でも、宮内庁は罰則付き報道規制の存在については否定しております。しかし、このように複数のジャーナリストから、こうした通達が公開されたことで、“そのようなメモは存在しない”ということで押し通すのが難しくなったことは確かでしょう」(前出の社会部記者)

先の上杉氏の著書で公開されたメモの内容によると、宮内庁は報道規制を行う理由に関して次のように説明しています。

趣旨

秋篠宮ご一家のお子様方に関し、両内親王殿下におかれては、ご成長に伴いそれぞれ活動の幅を広げられているところであり、また悠仁親王殿下には、今年9月で2歳になられることから、今後、外出の機会が徐々にお増えになるものと思われる。その際、ご一家のご活動やお子様方のご成長を国民に正しく伝える一方で、お子様方が静謐な環境下で健やかにご成長いただきたいとの思いは、国民共通の願いである。ついては、今回、宮内庁(宮務課、総務課)と報道機関相互の話し合いにより秩序ある報道体制を確立することとしてはどうか

『ジャーナリズム崩壊』上杉隆 著 より

「お子様方に静謐な環境下で健やかにご成長いただきたい」という思いを尊重することは大切ですが、同時に、報道の自由を保障することも、秋篠宮家のお子様方が健やかに成長されるご様子をこの目で見たいという国民の想いを尊重することも重要であるはずです。

自由で公正な報道を望む声も

これまで、皇室や宮内庁は「開かれた皇室」の実現を目指し、国民の目に触れる機会を増やし、報道の自由を可能な限り尊重してきました。

こうした皇室や宮内庁の努力により、天皇陛下や皇族方に対して、より深い愛着や親しみ、そして尊敬の念を抱くようになった国民も多いはずです。



むやみな報道規制は、こうした皇室や宮内庁の努力を無に帰してしまう可能性もあります。秋篠宮家のお子様方のプライバシーを尊重し、節度ある報道を求めることは重要ですが、同時に自由な報道を両立させることも重要ではないでしょうか。

19 COMMENTS

一般人の感覚

罰則付き報道規制で悠仁さまの写真撮影には厳しいチェックが入るって、正に北○鮮のロイヤルファミリーと同じですね。

いや!むしろ、あちらさんは最近公開するようにしているから、今の皇室が一昔前の北○鮮化していますね。

秋篠宮家のやり方が、段々お里に近づいていますね。

200
1
返信する
匿名

問「なぜ悠仁さまは、国民の前に姿を見せられないのか?」
答「国民に見られると困る姿だから」

222
返信する
匿名

公務に出れば国民から逃げるように車にスモークを張り、早足で過ぎ去り、帰れコール、又はうちわを振られ、誰からも歓迎されない自分達が国民からどう思われているか、そろそろ考えてみたらどうでしょうね。

ズルくんの画像も毎回同じ登校姿。どなたかがあのパンパンのリュックに言及されていましたが、未だにオ〇ツをはかれているのが事実なら、それが入っているのかな、と。
乳幼児を連れた旅行やお出掛けで、何が大荷物って、オ〇ツが一番でしょ。

ズルくんの画像なんて皆さん見たくは無い筈なんです。ただ真実が知りたいだけ。
ショラテンが姿をさらしたくないなんて!
では皇位継承辞退しかありませんね。
あの偽宮家の考え方ってなんかおかしいです。
考える脳ミソが無いんですか。

171
返信する
盗作の王子様!

アホ家に考える脳ミソは有りません。あってもニワトリ以下の小さな脳ミソ!アホ家に仕える宮内庁も脳ミソが劣化して来ています!

125
返信する
匿名

「”悠仁負の十字架”は永久に背負うしかない」

筑波附属に裏口入学させたことで、急速にボロが出始め、「いまさら報道協定ってあったっけ?」というまでに、悠仁健常児像は崩落し、今や偏差値30もないだろう、特支落ちするならどこがいいか、イケヌマ廃嫡確定、とあとはどこまで落ちるかだけが世間の関心事となりました。

いまこの報道協定問題を取り上げれば、紀子側は新協定を欲してくるのは明らかで、ネットメディアまで加えて規制してやれとなりかねません。この日本国憲法にも違反する「罰則付き報道規制」は、「悠仁負の十字架」として、永久に悠仁に背負わせておくべきと思います。

締結当時は、聾唖疑惑が中心で、そもそも発語がなかったのです。「あわあわあわ」と呻くだけの惨状がそのままテレビで流され(傘寿写真展)、悠仁障害児説が固まった瞬間でした。

お茶幼裏口入園後は、校門前で紀子と悠仁がマカトン法とみられる手話で、登園拒否し泣きじゃくる悠仁を励ますような姿が女性誌カメラマンスクープで報道され、大塚署が犬の散歩をする周辺住民まで職質する異常事態となります。
これも紀子からの署長への直電で起きた、一般市民と警察力への過剰警護負担問題事例となったのです。

とにかく、人工内耳置換術を実行するまでは、紀子の不安は悠仁の難聴を理由に、第3条廃嫡されるのではないか、の一点で、そこから報道規制を無理に求めてきたわけでしたが、中学時代にこのインプラントを受け、一応意思疎通ができるようになって、いきなり「高校生のうちに婚活せよ」となって、同級生女子をもイケヌマの性欲の餌食にしてやれと紀子がまず動き出し、筆おろし要員として百万円で買春まで試み、再びパパラッチのターゲットとなることは必至です。

しかし、いずれも秋篠宮家の常軌を逸する暴走ぶりや傲慢さ、贅沢浪費が、世間の好奇の的となるだけで、報道被害を訴える前に、まずは文仁のDNA親子鑑定を自ら率先してやるべきだろうと申し上げるよりほかありません。

157
返信する
匿名

中学生になってやっと発語したなら普通の子のマイナス10歳だから、法律上結婚可能な高校生と言えども精神年齢5~6歳の幼児でしかないわけで、婚活なんて無理な話です

42
返信する


匿名

ご幼少から現在に至るまで多くの影武者と加工だらけの写真や映像を見させられていて、いきなり近年になってお出まし回数が増えても、疑惑だらけだしどれが本物なのか分からないよ。

140
1
返信する
匿名

小さい頃の映像は、歩き方も変だったし、靴を左右逆に履いているのではないかと思われるものがありましたが、足はいつ治ったのでしょうか。
身長が伸びたり縮んだり、おかしな現象ですね。

142
返信する
匿名

検証動画で4~6歳の画像とかで目や顔立ち、耳の形が毎回変わる現象がありました。
特に耳の形は指紋と同じで変えられませんからね。

96
返信する
匿名

邪な心で無理やりに作られた子供。
ヒサに同情はしないけど、責任は馬鹿親と爺さん婆さんが負うべきでしょ。
まずは大皿、はやく割れろ!!

119
返信する
( ;゚皿゚)ノシ((ヾ(≧皿≦メ)ノ))

悠仁君は、母親?が40歳になる前、帝王切開で2500g以下の未熟児で取り出した。それでも、母親?は、未熟児用保育器に入れることを拒み、結局重い障害が残った。

慌てて、療育棟を建て24時間体制で保育・介護・養育に当たらせた。

しかし、幼児期のどの写真を見ても明らかに「未熟児」特有のエイリアンのような顔立ち。

以後は、修正合成後の写真が公開されているが、非常に怪しい。

お茶の水の保護者が撮った運動会での悠仁君の写真やビデオ…それが本当の悠仁の姿。
撮った保護者やそれを掲載したSNS運営者は、命の保証はあるのだろうか⁉️

やはり、宮内庁・正田家・川島家・角田ケ・安西家…バックにいる経済界政界の力は恐ろしい❗️
殺人だろうが裏口入学だろうが、報道規制だろうが、自分達の欲望のためなら何でもやり通す❗️
紀子さんの欲望で、北朝鮮の恐怖が日本の皇室に乗り移った❗️

110
返信する
ズル大好き、詐欺師のの宮家

国民に見せられる状態では無いからでしょう。
まだまだ改造の途中で、少しづついろいろなところが成長じゃない、改造されるので、バレるのが怖いのでしょう。
あの髪型も、フランケンシュタインみたいな傷跡を隠すためなのでは?

70
返信する
野萩

「子どもは静かな環境で健やかに育てたい」、マスゴミはこんな傍系夫婦の希望など無視すれば良かったのです。罰則など「知る権利の侵害!」といつものように尤もらしく批判すれば良かったのです。
散々敬宮殿下をストーカーしてましたよね?同じことを何故できなかったのでしょう?
辛い思いをさせられた殿下は、それを乗り越えて輝く皇女になられた。そのような何かを乗り越える経験を何もしていない暫定2位が、国民から慕われる芯のある天皇になどなれる筈がありません。コピペ親王ズル仁くんですしね。

70
返信する
匿名

仮に、仮にだよ、30年後に皇位を継承するとして、ズルは46歳。
トトとカカは90目前。
今上陛下の即位の儀式一連を観たけど、本当に大変な儀式で陛下もとても緊張されていた。
その後も何回も晩餐会があり、お茶会があり。尋常ではない緊張を強いられたと思うよ。
あれをズルが出来るとは到底思えない。まして大嘗祭なんか出来るわけない。
パレードやっても沿道には誰も集まらない。
欧州の王族方に招待状を出しても、多分誰も来ない。
来ない事をラッキーと、晩餐会も儀式もすっ飛ばしてオレ様が天皇ってか!
そんな皇室ならもう要らん。
世も末だ。

68
返信する


匿名

男系男子派はイギリスを敵国視してるし、皇室外交はなくなってもいい考えかも
鎖国下で京都御所の御簾に引きこもってた時でも男系の伝統は途切れなかったのに、野蛮な外国の影響で途切れるのは許せないのが連中の考えですからね
そう言ってる連中こそ野蛮な外国のカルトに影響されまくりなのにね

30
4
返信する
匿名

男系派は、国民に治安維持法のようなものを押しつけて
自分たちの悪事を知られたくない、悪さをしたいとの意図で
皇室のいうことに文句つけるなと凄んでみせるのです

日本会議も地方支部をみれば、札付きが世話役やっていたり
得体の知れない政治屋や選挙参謀業、宗教法人仲介者などで
固められている

コロナでロックダウンをやれば戒厳令が出せる国家になると
えらく熱心なのもいましたし、頭の中は紀子と同じコンプの
塊って感じの三流人種の集まり

悠仁も彼らは担ぐ
だって自分より馬鹿だと見かけからすぐわかるから
自分たちの正体に気づかれないから、文仁や悠仁のアホさに
惚れて、秋家存続に結集してくるのです

37
返信する
匿名

本音では上海のロックダウンに憧れてそう
ただ「中国を見習え」なんて言えないから、まずは皇室から言論統制に慣らしてく作戦

23
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です