眞子さん妊娠も、紀子さまが中絶強要!「子作りなど許しません」の横暴に、人権侵害では?との声も


文・もっちゃん

秋篠宮ご夫妻から「子作り禁止令」

今年7月に3度目のNY州司法試験を受験した小室圭さん。これまで2回連続で試験に失敗し、3度目の正直に賭けての試験となりましたが、残念ながら今回も合格の確率は低そうです。

NY州司法試験の3度目の受験者の合格率は18%程度とされていますが、小室圭さんのような英語のネイティブではない受験生の合格率はさらに低くなるでしょう。

試験に失敗し続けても、元皇族である眞子さんの夫という事で、特別に、勤務している法律事務所から解雇されることを免れている小室圭さん。ほとんど、特権とお情けでなんとかNY生活を続けているような状況ですが、秋篠宮殿下は、そうしたことについて、ほとんど気にしておられないそうです。

とはいえ、このようにNY州司法試験に落ち続けて、周囲からのお情けでNY生活を続けているような状況で、「子作りだけはしないで欲しい」と要求しているとか。

7月末に3度目となる米ニューヨーク州の司法試験を受け、その結果を待つ小室圭さんと眞子さん夫妻。この試験結果と絡んで、秋篠宮さまと小室さん夫妻との間で交わされている約束があるという。(中略)

「法律事務所での法務助手としての給与は年に650万円ほどで、表向きの収入と家賃などを含めた支出の額が見合っていません。見合っていないうえに法律事務所を解雇ということになれば、海外よりも皇室側から何かと便宜を図りやすい一時帰国が現実味を帯びてくるとは宮内庁内で指摘されています」(同担当記者)

 解雇になるか否かは法律事務所経営陣に委ねられているわけだが、

「今回、残念な結果になったとしても解雇される可能性は低いのではないかとの見方もあります。法曹資格を得る前提で雇用してはいるものの、事務所としては小室さん夫妻の背後にある皇室との関係を高く評価しているという説も根強い。それを踏まえれば、眞子さんと関係が切れない限り、圭さんの雇用は続く可能性があるわけです」(同)

 とはいえ、折からのインフレと円安の直撃を受けて生活費が高騰する中、生活は楽ではないだろう。

「それでもニューヨーク滞在を続けられているのは、圭さんに約650万円以上の報酬が支払われているとか、眞子さんの1億円とも言われる貯金を取り崩しているとか、足長おじさん的なタニマチがいるとか、さまざまに言われてきたのも事実です」(同)

「秋篠宮さま自身は、圭さんが法曹資格を得るかどうかにこだわっているフシはないようです。元新聞記者のジャーナリストが秋篠宮さまに直接取材し、その肉声をまとめた書籍『秋篠宮』でも、その旨を吐露されていましたね。ただ、合格するまでは“慎むべきこと”について小室さん夫妻との間で“約束”のようなものがあるそうです」

 と、別の記者。その“約束”とは――

「お子さんのことですね。現状、圭さんは無職というわけではありませんが、ニューヨークで地に足のついた生活ができているというふうに秋篠宮さまは捉えておられないということなのでしょう。仕事と試験勉強をしながらそこに子育ても絡んでくると、何かがおろそかになることは十分予想される。課題をひとつずつ解決して行くようにと秋篠宮さまから小室さん夫妻に伝えられて、夫妻側もそのことに理解を示していると聞きました」

「デイリー新潮」(2022年8月22日配信)

眞子さん妊娠報道の怪

このように、秋篠宮ご夫妻は、小室夫妻に対して、子作りをしないよう要望されているようなのですが、こうした約束には違和感もあります。

というのも、これまで小室夫妻に関しては、繰り返し妊娠したのではないか?といった報道がなされていたのですね。「月刊テーミス」(2022年4月号)は、次のように報じています。



政府関係者が重い口を開く。

「眞子さんに妊娠の兆候がある。だからなおさら小室氏に安定した経済基盤を確立してもらわないと困る」

「眞子さんの懐妊」となれば、極秘チームにとっては新たな任務が課せられるため、焦りを募らせているという。

「月刊テーミス」(2022年4月号)

また、「デイリー新潮」も眞子さんが妊娠した可能性があるとして、次のように報じました。

圭さんの司法試験以外はある程度、見通しが立っているようなのだが、ここに来て持ち上がってきたのが、「眞子さんがニューヨークの病院へ通院されている」という情報だ。

「眞子さんがニューヨークの大学病院へ複数回出向いたと聞きました。可能性は3つあると思われます」

 と、先の外務省関係者。

「まずはどなたかのお見舞い、次にご自身の受診。渡米前に複雑性PTSDであることが明らかにされましたから、その治療に関するものやそれ以外の何らかの疾患が想定されるでしょう。あとはご懐妊に関連したことですね」

 先の記者によると、

「眞子さんは30歳までに結婚したいということをかねて言ってきました。それは日本人女性の平均初婚年齢であると同時に、お子さんを2人、可能なら3人は授かりたいという思いがあったからだとされています。その意味では、お子さんをそろそろと考えるのは自然のことだと感じますね」

「デイリー新潮」(2022年4月21日配信)

紀子さまは、中絶強要か?

こうした報道がなされたものの、現在に至るまで、眞子さんの妊娠に関して、正式な報告はなされていません。そうした状況に関して、ある秋篠宮家関係者は次のように語ってくれました。

「テーミスや、デイリー新潮が眞子さんの妊娠疑惑について報じた際、紀子さまは、大変驚かれたご様子でNYに住む眞子さんに電話をかけていました。おそらく、その時点で、“小室圭さんがNY州司法試験に合格するまでは子供を作らない”と約束されていたのでしょうね。

どうやら、そこで紀子さまは、“約束が違う!”と仰られ、さらに続けて“もし、子供を出産したら、金銭支援は全て打ち切ります!”“もし、妊娠報道が事実なら、今すぐ中絶しなさい!”とまで仰られたのです。

果たして、本当に眞子さんが妊娠していたのかは分かりませんが、仮に妊娠していたのだとしたら、紀子さまの指示に従って中絶したのではないでしょうか」(秋篠宮家関係者)

秋篠宮家の名誉のためなら、中絶を強要することも厭わない。皆さんは、こうした紀子さまの冷酷さについて、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

18 COMMENTS

匿名

政府関係者が責任もって眞子の腹を蹴飛ばせばいい。お腹の赤ちゃんに罪はないと言う綺麗事はこの場合当てはまらない。

67
返信する
匿名

あるいは、アメリカにも半グレといわれる輩がいるだろうから、そいつらに金積んで襲わせるとか。
現実的ではないけどね。

56
1
返信する
匿名

あるいは、アメリカにも半グレといわれる輩がいるだろうから、そいつらに金積んで襲わせるとか。
現実的ではないけどね。

30
1
返信する
匿名

馬の妊娠には絶対反対。
なぜなら
あの悪魔のゃうな2人のジュニアが、あの人で無しの鯰と嫁の孫が世に出てくるなど恐ろしくてたまらない。

だけど、鯰嫁
どの口が言う
だ。鯰嫁が言える事か。
呆れる。

80
返信する
匿名

ある意味で最恐のDNA同士の子供がどんな子か怖いもの見たさもあるが、今の周辺状況なら全うに育たないと思う。

55
返信する
匿名

平民となって、障害児を出産すると、やはりズルヒトがあんな子になった原因もここにあったのか、といわれる。遺伝子上の実母説も根強いようだ。
だから、一匹も産ませたくないのが紀子の本音だろう。

紀子の理想は、ズルヒトを十代で愛子さまのようなハイスペック女子高生とそのまま結婚させ、高校生夫婦にして、健常児をあげさせてみせることであり、そのためには、同級生女子への買春行為でもお構いなしにやってしまう有様だった。

同様のたくらみを眞子でもしていて、ハイスペック男子との間なら、健常児ができると甘くみていたはずだ。
それに小室圭を当初は優秀だと買い被っていたようだしね。それがあまりのジゴロぶりに嫌気がさすも、後戻りはできない。あの眞子に東大生が交際申し込んでくるわけもなかったから、すべては高望みの絵空事でしかなかったのだ。

45
返信する
一般人の感覚

小室夫妻『産んじゃえば、こっちのもの!そうすれば養育費を宮内庁に請求出来る!』

二人の考えなんて所詮は、この程度!親(秋篠宮家)との約束なんて守るわけがない!!

夫妻の人間性は、既に信用されていません!!信じる方が馬鹿なんです!!

というか、子供作る前に小室圭はサッサと定職に就くべきです。

ダラダラと合格しない試験なんか受けていないで、どこぞの企業に就職すべきです!

ニューヨークなら選り好みしなければ仕事なんていくらでもあるでしょ!

不足分の生活費をいつまで税金で補填しているのか?宮内庁もサッサと支援を打ち切るべきです。

82
返信する
匿名

何度も堕胎していて今さら、それはないでしょう
イギリス留学で性享楽に溺れ堕胎、小室との性地獄で数回堕胎
紀子より勝っているんじゃないの、ただ、曲がり間違ってこの悪魔達
の子供が生まれたら、佳代が上皇后になる可能性が、なきにしあらずとカーテンではあったヒサがこの通りの不出来過ぎるから子種があるとは限らないが、悪夢と言えども冗談にもほどがある、
その前に一向に,退く気のない秋篠をひきずり墜とすのが先決である
今のままでは国民は、手緩いね!!!

71
返信する


匿名

キコがたまにはまともな事言うじゃん?と思ったが、言うわけないか・・。
マコは自分の考えが上手くいかないと、暴れるくんになるんだよね。知的障●者は非常に頑固でワンパターン思考です。あの会見で皆さん分かったでしょ?
自分の考えに賛同する人以外は全て敵だそうです。
親もそうだしね。

68
返信する
匿名

アメリカでは、中絶が法律で禁止されたんじゃなかったですか?
にもかかわらず、中絶を強制したりしたら、大変なことになるんじゃないですかね。

29
3
返信する
匿名

妊娠していやがったら、
眞子を階段から突き落とせばいい
誰かやってくんないかなー

31
返信する
匿名

え~?信じられないなあ。
むしろ二人が子作りに本格的に取り組んでいて(もちろん秋篠宮家の支援を受けて)、「私は反対していたのに」という表向きのポーズかと思う。
「秋篠宮さまは小室さんとの結婚に反対だった」という記事と同じでしょ。

49
返信する
匿名

ついに紀子がいまも「金銭支援」していることを認める発言をしましたね。
これこそ子ども作り以上に大問題です。

皇族費からでは自分たちの生活分しかないので、結局法外な足代を請求できる公務先を漁り、皇室の信用を売り飛ばす格好で荒稼ぎしては、小室に文仁非嫡出の秘密を黙らせる口止め料を支払うしかない悪循環になっていることが、この一言からはっきりしたのです。

或いは、宮邸造営費を大幅に水増しし、中抜きする手を使う必要性も出てきます。すでに悠仁の裏口では賄賂寄附の出所として、建築費水増しが噂されていましたね。

56
返信する
匿名

どんなに「小室と別れさせる」、「妊娠禁止」等と紀子が呻いてみても、紀子らを偽皇族と決定づける証拠を角田に押さえられてしまっている以上、紀子は佳代の奴隷で、無限ATMにされ、いわれるがままに金を角田に貢ぐしかない関係です。

それにしても、ズルヒトが事件を起こし、万人の前で破廉恥犯として「皇位継承不適格者」なる烙印を押されてしまってみると、まだ眞子の生む子でもいいから、何としても皇統からは外されたくないとの紀子の必死のもがきっぷりが感じさせられるエピですね。

偽皇族の娘・眞子の子じゃあ、それこそなぜ愛子さまではいけないのかになるのに、もうなりふり構わず、わめき散らすしかない紀子。火病再発です。

52
返信する
匿名

自分の事を棚にあげるってこういう事ね
佳子さまの後にも懐妊されたが女の子だったので何度も⚫胎されたようですね。
そして産婦人科医にどうすれば男の子を授かる事が出来るのか相談されたのですね。菊紋やカーテンの記事にありましたよ。

39
返信する


匿名

自分は妊娠を盾に皇室に入り込んだのに、他人には厳しいね。
マコケイの子供はいらんけど。

35
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。