「秋篠宮家は偽皇族!」「悠仁さまはなりすまし!」宮内庁に届いた脅迫文の内容を週刊誌が暴露!


文・もっちゃん

第二の刃物事件?

先月6月25日、宮内庁に刃渡り約17cmの包丁と共に、皇族方への脅迫めいた内容の手紙が送り付けられるという事件が発生しました。その後、29日に男は逮捕。ネットメディア「ANNニュース」は、今回の事件について、次のように報じています。

宮内庁宛てに包丁を送り付けて業務を妨害したとして、20代の男が皇宮警察に逮捕された。

 愛知県に住む20代のアルバイトの男は25日、刃渡り約17cmの包丁などを宮内庁に送り付けた威力業務妨害の疑いが持たれている。男はきょう午前、愛知県の岡崎警察署で逮捕された。

 皇宮警察によると、男はレターパックを使って愛知県内から包丁を送っていて、便せんに書いた手紙も同封していた。自分の名前や住所も書かれていたという。

 取り調べに対し、男は「間違いありません」などと容疑を認めている。皇宮警察は今後、警視庁と合同で捜査し、男の動機などを詳しく調べる方針だ。

「ANNニュース」(2022年6月29日配信)

今回の事件で宮内庁に送られたという手紙に関して、これまで、「支離滅裂な内容」であるとだけ報じられてきたのですが、今週発売された「女性セブン」(2022年7月21日号)では、この手紙の具体的な内容の一部について紹介されています。

悠仁さまのご誕生以来、紀子さまは強い使命感と責任感をお持ちになって、成長を見守られてきた。それだけに、再びの“刃物事件”が紀子さまと悠仁さまに与えた動揺は、限りなく大きいようだ。

「偽物皇族」──その言葉とともに宮内庁に届いたのは、刃渡り17cmの包丁だった。

「6月25日午前10時45分頃のことでした。宮内庁の職員が送られてきたレターパックを開封したところ、刃渡り17cmの包丁と、手書きの便箋が出てきたのです。消印は24日で、愛知県内となっていました」(全国紙社会部記者)

 宮内庁関係者が続ける。

「宮内庁への郵便物は、金属探知機で検査をしています。しかし、物の形状がわかるX線検査まではしておらず、職員が開封するまで包丁が入っていることはわからなかったと思われます」

 すぐさま捜査が始まり、4日後の29日、愛知県在住の20代の男が、威力業務妨害の容疑で逮捕された。

「レターパックの差出人欄に容疑者の実際の住所と氏名が書かれていたことが、スピード逮捕につながりました。男は『間違いありません』と容疑を認めています」(前出・全国紙社会部記者)

 包丁が送りつけられること自体が衝撃的な出来事だが、同封されていた手紙の内容も驚くべきものだった。

「手紙には『偽物皇族』や『なりすまし』などといった言葉で皇族を批判している部分があり、そこには、複数の皇族の名が具体的に挙げられていたそうです。支離滅裂な部分もあり、皇宮警察は動機とともに刑事責任能力の有無についても調べているといいますが、当然看過できる状況ではありません」(前出・宮内庁関係者)

「女性セブン」(2022年7月21日号)

なりすましの妄想症?

ここで言及されている皇族の「なりすまし」というのは、秋篠宮家を支持する一部の皇室ウォッチャーの中で囁かれ、一種の都市伝説のようになっている噂です。

その内容は、愛子さまや、眞子さんや佳子さま、それから悠仁さまといった皇族方が、常に、どこかに幽閉されており、マスコミなどのメディアの前に姿を見せているのは、全て本人に成りすました影武者であるという説です。

こうした「影武者説」の真偽についてここでは論じませんが、こうした話を持ち出す人物の書いた文章を、妄想じみた支離滅裂な内容であると、警察が解釈するのは、やむを得ないことと言えるでしょう。

ちなみに、精神科医の片田珠美氏は、皇族のどなたかが瓜二つの替え玉に置きかわったという考えについて、「カプグラ症候群」という一種の妄想症であるとして次のように説明しています。



逮捕された容疑者は、「偽物皇族」や「なりすまし」といった言葉を用いているので、皇族のどなたかがいつのまにか瓜二つの替え玉に置きかわったという妄想、つまり「替え玉妄想」を抱いている可能性が高い。


 このような妄想性人物誤認が認められる症例を最初に報告したのは、フランスの精神科医、カプグラ( Capgras. J.)とルブール-ラショー( Reboul-Lachaux. J.)で、1923年のことである。この症例は53歳の女性であり、「自分が高貴な家の出身である」「悪の結社によって子供やパリ市民が地下に幽閉されている」という妄想を抱いていた。さらに「乳児期に死んだ彼女の子供、夫、彼女が結社を告発している警察庁の長官、彼女が入院している精神科病院の医師や看護師や患者、及び彼女自身に、それぞれ数人から数千人におよぶ瓜二つの外見をした替え玉が存在する」ということを妄想的に確信していた。

 それ以来、この種の「替え玉妄想」を抱く症例は「カプグラ症候群 ( syndrome de Capgras )」と呼ばれるようになった。通常、家族、恋人、親友など親しい関係にある人が本物そっくりの替え玉にすり替えられたという妄想が多い。今回逮捕された容疑者は、皇族が偽物と入れ替わっているという妄想を抱いているようだが、これは皇室に対して人一倍親近感を抱いており、自分の家族のように感じているためかもしれない。

「ビジネスジャーナル」(2022年7月7日配信)

紀子さまは警備費用の増額を要求

どうやら、今回の事件で、最も強くショックを受けられているのが紀子さまのようです。刃物に関する事件と言えば、2019年4月に起きた刃物事件が思い出されます。

当時、悠仁さまが通われていたお茶の水女子大学附属中学校に50代の男が侵入し、悠仁さまの机の上に、鎗のように棒にくくりつけられた果物ナイフを置いて去っていった事件。犯人は「悠仁さまを刺すつもりだった」「いまの天皇制では日本はよくならない」などと、悠仁さまを標的にしていたことを明かしています。

「メディアでは、あまり報じられませんでしたが、3年前の刃物事件の後に、悠仁さまは恐怖のあまり、当分の間学校に通えなくなってしまい、その後、紀子さまのご要望で、警備を強化した後にようやく再度登校が可能になったようです。

今回の事件について、紀子さまは、第二の刃物事件として、深刻に捉えておられるようなのですが、これまでにも多額の費用がかけられている悠仁さまの警備について、さらなる強化と予算の追加を求められることは、ほぼ確実でしょう」(秋篠宮家関係者)

皆さんは、このように、キリがないほど、悠仁さまの警備を厳重にしようとされている紀子さまについて、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

41 COMMENTS

匿名

「偽皇族」でなければ、有名人にはよくあることですから、何も警備強化の必要もありません。
ここで、『偽物皇族』と『なりすまし』を同一次元で論じている「女性セブン」(2022年7月21日号)は、やはり美智子の手先週刊誌としかいえません。

なぜならば、「なりすまし」ではないが、「非嫡出の偽皇族」(法的な皇族要件を満たさない偽者)であると見られている現況を、すべて精神異常者の妄想のせいにして、法律上の偽皇族説をも一笑に付そうとしており、記事はアンフェアというしかありません。

「美智子が自分で生んでいない、甥っ子だろう」という偽皇族説は○でも、「本物の皇族はどこかに隠れていて、替え玉の偽物が表にでてきている」とするなりすまし説は基本的に×です。

ただし、悠仁の写真には明らかに合成されたり、顔をすげ替えられたようなものがあることから、撮影用のドッペルゲンガーが存在する可能性はあります。
でもこれはなりすましとは別物で、金王朝でも代々あり、プーチンにもいるといわれる独裁者の特徴です。

124
1
返信する
匿名

ヤフコメに小室圭氏が日本で簿記3級を取れなかったという、さりげなくも重要なリークがあった。
簿記3級は(日商簿記3級は私も持っています)は会社運営において金銭管理、経営や帳簿の理解に必須ともいえる資格です。
普通の頭できちんと勉強すれば、大卒でなくても誰でも取れる。
しかしこれが取れない、となると経済人として論外です。
小室君は銀行の勤務経験もあるのに、
30過ぎでこれではヤバイですね。
いったい今まで何を身につけたというのでしょう。
まあ詐欺師だと思います。

173
1
返信する
傍観者

驚きました。想像以上に頭の悪い方だったのですね。
銀行退職もこれでは宜なるかなですね。
しかし全能感とプライドのみがどんどん膨らんでいるハリボテのこの御仁。
今に耐えきれず破裂してしまうことでしょう。

140
1
返信する
匿名

たとえ簿記3級さえ取れないほど 不出来な知能の持ち主でも、秋篠家5人と比べれば「とてつもなく優秀✨」なんですよ❗️

圭に国際弁護士など、とんでもなく無理というのさえ 秋夫妻には理解出来ない。
だから、ハリボテの箔付けで、国民を騙せると思ったんですよ。

口封じの暗殺で、何人殺られたのか❓️ 圭は何故殺られ亡かったのか❓️

安倍晋三氏銃撃事件は、秋夫妻前皇后と関係があるのか❓️

同じ匂いのする「恐怖の秘密」です

120
1
返信する
匿名

簿記3級は商業高校の女の子が取れるレベルじゃなかったでしたっけ?
商業高校の子でも就職のために2級や1級を取る子もいると聞いたことがありますよ。
圭は知能にも若干問題のあるPDDの疑いがあるような気がします

68
返信する
匿名

真に尊敬されるようになればいいだけなのに。

曰く
作文は剽窃しない。
剽窃による受賞は辞退する
裏口入学は恥ずかしいことと知る
暑い痛いは言わない。
自分じゃなく学校全体のことを考える

131
1
返信する
匿名

まだまだありますよ。

女子を凝視したりしない。
女子更衣室に盗撮カメラを仕掛けたりはしない。
女性の下着に興味を持ったり、痴情を催さないよう、本来のお勉強に集中する。
嫌われているとわかっているのに、蓼科で美少女と二人きりで夜道を肝試ししたいなどと言い出さない。合宿へは警護などで迷惑をかけるので、参加しないとの嗜みを見せる。
一学期の成績をみて、最下位だったらすぐ退学する勇気。
殺してしまった猫の茶茶への供養を自費で行い、猫の保護活動に全財産を寄附する。

124
1
返信する
匿名

>「メディアでは、あまり報じられませんでしたが、3年前の刃物事件の後に、悠仁さまは恐怖のあまり、当分の間学校に通えなくなってしまい、その後、紀子さまのご要望で、警備を強化した後にようやく再度登校が可能になったようです。」

これは事実ではないですね。
当時の報道でも、犯行のあった当日、本人は登校しておらず、教職員も悠仁の机の上に置かれていた玩具の槍を生徒のものとばかり思っていたほどだったので、発見も夜遅くになっていて、悠仁が恐怖を覚えようもないからです。本人もおらず、大人の先生も玩具としか見ないものに、恐怖を覚えるはずがありません。

むしろ、誰もいない教室で、どうやって悠仁の机だと犯人は知ったのかに興味があり、まるで特別支援学校のように各机に名札がつけられていたので、それとわかったとの当初供述に注目が集まった次第でした。

悠仁のクラスだけが、特支対応混合教育用で、檜の衝立があるなども続々ばれてきて、いわゆる多動児仕様だったとわかったことが、紀子にとっては大打撃になったといえるでしょう。

144
1
返信する
匿名

小室は交際していた中華飯店令嬢を孕ませ堕胎させたにも拘わらず、ばらされたくなければ、大金を出せと脅しかなりの、金をせしめました、恐喝罪に該当しこれにはハンシャ小室叔父も同行しており、皇室は任侠一族が蔓延っています
安寧を願うは見て子、秋篠夫婦の気がしれません

昨日の安倍さん暗殺は浅はか浅知恵の見て子秋篠一家が
我のとおらぬ安倍さんへの怨念として裏組織から刺客を
送り込んだ惨劇となったと思います

119
2
返信する


匿名

常に特支校へいつ落ちるかの瀬戸際で恫喝、脅し、賄賂買収を繰り返すことで生き延びようと足掻いていると思われます。誰かを脅したり、消したりすることが日常茶飯事になっていると職員さんも見ているから、いろんな情報が上がってくるんでしょう。
もしそうなれば、直ちに第三条廃嫡ですから、必死になってしまうのです。それが行きすぎると・・・とうとう起きたとしかいいようがありませんね。

108
1
返信する
匿名

廃嫡もそうですが、特支校に行かせるのはプライドが許せなかったし、認めたくないという思いがありそう。
一般の親も拒絶する方はいますが、それに加えてK子は見下していそうです。
幼い頃から住む場所が別々なのが違和感すぎる。

70
1
返信する
匿名

恫喝、脅し、賄賂買収は、鬼子にとっては、常套手段、
育った環境で、それが、悪いとも思ってない。
川龍も小室母もそう。
他人に対する感謝の念もないし、
馬子が、小室を変に思わないのも納得。

偽皇族どころか一般人以下の倫理観、振る舞いしかない。
刃物が、使われたり、ペットボトル投げられるなんて。
警備費が、もったいないから、さっさと皇族 辞めな、

52
返信する
匿名

日本会議含め、これまでズルヒト後継で団結していた安倍陣営が裏口入試以後のズルヒト実態を知るに及んで、次々とこれでは軍国大国復活へは適さない、軟弱すぎだと揺らぎだし、安倍の一声でDNA鑑定へと事態急展開しそうになったからこそ、選挙戦の最中でありながら惨劇が起きたのではないかと推測します。

これまではお茶の水での混合教育体制に守られて、決定的劣等生ぶりは出ないようにオブラートに包まれてきたのが、ズルフでは学校側も全然乗り気でないのに、賄賂寄附を掴ませ、無理矢理に牛に水を飲ますようにズルヒトを押しつけたものの現場は大混乱。
あの教育係がたくみにお茶と秋家の間で調整していたのに、今回解雇してしまったことで、紀子本人が出るようになって、以後は恫喝、嫌悪、忌避、抵抗、処分、逆襲、盗撮、カンニング、教師面罵、冷房要求と世間の評価も最悪化する悪循環の極地へと至ります。

このうえズルヒト応援の大元帥大恩人を粛清してしまっておいて、いまさら被害者面もできず、この北極氷より冷たい視線に帰れコールは激増するでしょう。

119
1
返信する
匿名

警護費用など増やさず
家に居られたらよろしい。
立派な仮住いや、秋には要塞の様な御殿が完成するではありませんか。
外に出たら怖いですから。
鯰一家は全てリモートで大丈夫です。
国民も皇宮警察も喜びますよ。

107
1
返信する
匿名

また、ズルヒトもズルフに通学せず、リモート授業か家庭教師がいいかと…

そうすれば、ズルフの先生方や生徒さんたちが平和な学校生活が送れます。また、警備が不要になります。

47
返信する
匿名

もっちゃんへ

そもそも、紀子の安倍氏への恨みとは何だったのでしょうか?
まだ皇室新聞直近の記事では触れられていませんが、大手報道にもあるように、最近の動向として、敬宮さまには旧皇族から男子養子を迎えることで、男系子孫を残す方向での新たな悠仁廃嫡案が出ており、これに紀子がひどく憤っていたのではないかと思いました。

ここで紀子が勘違いしているのは、誰も紀子の子を将来の天皇にふさわしいなどとは夢にも思ってはおらず、男系男子でないと天皇になれないという現行典範を無理矢理適用するなら、これしかないのかあ、という嘆息、嘆きのなかで、反対もできないので渋々従っているだけだということです。リアルな悠仁支持など皆無。そこを紀子はきれいに忘れているのです。

そこに、出自問題のない天才愛子さまと旧皇族男子の結婚可能性がでてくれば、右翼や男系派ほど飛びつき、イベラル派からは、一応愛子さまに特定の相手との結婚を強いることに疑問の声があがるでしょうが、愛子さまさえよければ、安倍氏とその信者も願ってましたとばかり、あっさり悠仁を見捨てるでしょう。
大多数の国民も同感だと思います。
紀子の「用済みね」という安倍氏に対する直近の発言とやらは、そっくり「悠仁こそ用済みよね」と返されてくるでしょう。

紀子が「私がどんな思いで生んだと思っているのですか」と発言したというのは、この究極の愛子さまと旧皇族結婚による立太子論台頭を前に、ズルヒトの酷い状況を報じられ、一つずつ愛子さまと比較されては、紀子にはまともに返す言葉もなかったということでしょう。それが、この恨みがましい安倍氏への捨て台詞といえるからです。

106
1
返信する
匿名

どんな思いで生んだか?
国民が望んだわけではありません。
不道徳な余計な事をしてくれました。
直系直子、これ一択です。
偽皇族と出自がおかしい♀の子(これも疑問)など誰も望んでいませんから。

109
1
返信する
匿名

>紀子の安倍氏への恨みとは何だったのでしょうか?

マコ宮家を潰されたことではないでしょうか。
女性宮家に関しては、秋篠宮家と安倍氏は利害が一致しません。
野田政権下で進んでいた女性宮家案を白紙に戻したのは安倍氏。
しかしなぜ今?もしかすると眞子の妊娠・帰国・皇室復帰(女性宮家)を狙っているのでしょうか。

87
2
返信する
匿名

奈良県警察本部 鬼塚本部長会見
「警護上の不備がなかったとは言い切れない」

皇宮警察の山口や池田のような謀反事案もあることから国民は、警察内部に紀子の犬がいたので、あんなユルユル警護で選挙カー上に上げない、平場での演説などをさせたのではないか?
また安倍氏の左右にSPを配置しなかったのはなぜなのか? どうにも腑に落ちないままだ。
奈良はBが多いことからも謎だらけである。

86
1
返信する
匿名

コムロ圭や佳代には、もっと物々しい警備が付いていたのでは❓️

マコムロがNYに行く時の、あの空港でのSPの数。嫌われ度指数がSPの数❓️

でも、秋篠家関連は1000人近くいる皇宮警察で配置すればいいんじゃないの?
筑附にもNY夫妻にも。
民間から雇うから、何億も掛かるんだよ。ってか、皇宮警察だと、元皇后の時のように色欲に弱いワケ???

安倍晋三襲撃の裏に A宮家と元皇后?
どうしようも無い成り済まし贋皇族❗️

68
返信する
匿名

NHKで米村元警視総監は、警視庁から同行してきていたSPは、一発目の銃声を聞いた直後に、安倍氏を引き倒してでも守るべきだったと発言されていました。

それにつけて思うのが、皇宮警察での不祥事です。
SPに相当する彼らが愛子さまを「このクソガキ」と発言しているようでは、もしテロが起きても守ったりはしてくれないでしょう。それどころか、テロリストに愛子さまの動きを教えてしまうかも知れないのです。

安倍氏担当のハイレベルSPでもこの程度の警護力だったのでは、愛子さまが大学に登校されないのも当然で、世の中、皇統簒奪を目論む美智子と紀子のせいで随分物騒にされてしまった感があります。

98
1
返信する


埼玉の極右

なりすましも何も、そもそもA宮自体が本当に天照大神の末裔なのかどうかが疑わしいと思うのですが。

89
2
返信する
匿名

「秋篠宮家不幸の法則」がこれほどわかりやすく、かつ、かつて紀子を支援した恩人に対しても情け容赦なく適用された事例はありませんでした。

皇祖神は、我々に「長いものには巻かれろ」との弱き考えから、偽皇族の跋扈に加担してはならないぞ、との最強警告を発せられたためだと思います。

しかも、その場所は、皇祖神ともゆかりの深い奈良。
安倍氏が最後を迎えたのが、緊急搬送先の樫原神宮に近い大和八木西口駅前の県立病院であったことに、不思議な因縁を感じます。そこは5月に『帰れコール』に怯える偽皇族夫妻がこそこそと参拝に訪れた場所でもあり、駅南宮家の祟りがそのまま出た感じです。

69
返信する
匿名

「秋篠宮家不幸の法則」
どこかで箇条書になっているの見たことある。
誰かコピペして持っていたら、見せてくださいませ。

24
1
返信する
通りすがりの...

そもそも、何故こういった事件が頻発して起こるのか?について真剣に考えた方が良いですね。
他の宮家や皇族方に起きていないでしょう。
常日頃の言動・行動が見るに堪えないから起きているという根源的な問題について解決策を模索したら過剰な警備費用など発生しないのですね。
短絡的ですが、この宮家はお取り潰しにしていただいた方が無駄な血税かからないし、国民も一安心かな。単に無駄使い一家だし。パレードで物を投げられたり罵声が飛んでくる宮家なんて他にないでしょう。
最大の問題は、ご当主はちょっと出自も怪しいしね。

74
返信する
匿名

岸田首相以下、もう秋篠宮家に関わりたくもないでしょう。関わったら最後、これですから。

どこまで行っても、恩知らずで、「不幸不幸不幸」のオンパレード。幽霊だか怨念だか、過去の賤民世界からのリベンジが、良家出身の政治家たちに次々と襲い掛かるのでは、宮家をさっさと改易してしまったほうが楽で、皆さんの政治生命も安泰ですよ。

久子様たちはすでに宮家会議で、秋篠宮家の皇室追放を決議なさっておられ、これからは内閣総理大臣が皇室会議を招集されて、そこで第三条廃嫡を議決さえすれば、消える穢れ・祟りなのです。

87
返信する
匿名

後ろから銃撃されているのに、どうして首前に穴があくのか…。
前からのスナイパーがやったのでしょうか。

それをどうして大きく取り上げられないのかわからないです。
病院会見でもそう言われているのに…。
不思議です!!

43
返信する
匿名

図解して説明してほしかったですよね。
でも、救急の先生の説明では、左上腕から入って左右の頸部の太い血管を傷つけた、と言っていました。
また、手製の銃とはいえ、一つの筒の中には6つの弾?が入っていたとも言われていたので、いくつかの弾が中で弾けて、心臓にも届いたのかもしれませんね。

13
返信する
匿名

櫻井よしこも話していたけど、安倍氏へのSPはたった一人だけだったそうだ。
これに比べて、あの駅南宮家の面々への過剰警備要求はどういうことなんだといいたい。無限に警備力や警備費用があるわけでないので、元総理でも一人なのに、裏口入試で無理矢理押し込んだ坊主如きの登下校にあの警察力動員は明らかに無意味だよ。
親たちも、自分から国民に喧嘩を売っておきながら、帰れコールにおびえて、もっと警護強化しろはない。
DNA鑑定もしないままで、えらそうな口を利くなとしか感想はないわ。

64
返信する


匿名

ネットの海の表層に『愛子様、影武者説』がある。
いったい誰のスライドだろう? 
と、考えた事があるのだが。

仮に入れ替わりが起こっていたとして、一番最悪なのがjk后である。
入れ替わっていたら寿命勝負に今上陛下が負けるからだ。
N国とも近い人なので、絶対ないと言い切れない不安がある。

以上は愚にもつかない陰謀論かもしれないが、短期に決する覚悟は持っていた方がいい。

15
返信する
匿名

皇居にいる国賊を逮捕できたとしても
市井にいる仲間を一斉検挙は難しい
その事から、政治家が尻込む可能性がある
既に弱味を握られコントロールされている可能性も

13
1
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。