「週刊文春」が紀子さまのジャガイモ強奪事件を衝撃暴露!悠仁さまも共犯で、泥棒家族の実態が赤裸々に報道!


文・もっちゃん

フルーツ泥棒の紀子さま

現在、腐敗し切った皇宮警察の内情を次々に暴露し、多くの皇室ウォッチャーから注目を集めている「週刊新潮」ですが、一方で、秋篠宮家の問題についても論じています。

そんな中で、ネット上で密かに注目を集め、話題となったのが、秋篠宮妃・紀子さまのフルーツ強奪事件です。

宮内庁職員の間で秋篠宮家が「ご難場」と呼ばれ、担当職員が次々に辞めていることは本誌でも記事にした。やはり紀子さまは「苛烈」な素顔を様々な場面でお見せになっているようで、

「栃木の御料牧場で育てた野菜やフルーツなどをいつも紀子さまがライトバン2台分くらい持っていかれてしまうのです。官邸で召し上がるのか、誰かにあげておられるのかは分からないのですが、農水省のキャリア官僚が紀子さまの帰りを見送りながら“略奪だよなぁ”なんてぼやいていました」(皇宮警察職員)

「週刊新潮」(2022年6月23日号)

食料強奪は秋篠宮家のお家芸?

こちらの記事で、報じられているように、紀子さまは、見学した農場や牧場から、野菜やフルーツを次々に強奪されているようです。

また、当チャンネルでは、この栃木の御料牧場でのフルーツの強奪事件の他、紀子さまが悠仁さまと共に長野県でブドウを強奪された事件や、秋篠宮殿下が、福島県の農家から柿の献上を強要された事件などについても紹介しました。

このように、様々な、食料強奪の実態が明らかになっている秋篠宮家ですが、実は、この他にも、10年前に発売された「週刊文春」(2012年7月5日号)も、紀子さまが、畑から大量のジャガイモを強奪された事件について報じています。

「紀子さまご結婚22周年 秋篠宮家“過酷すぎる職場”10年間で職員10人以上が交代」と題された、その特集記事は、冒頭、次のように書かれています。



お濠の内、皇居・坂下門を入り、すぐ右手奥に見える三階建ての重厚な建物が宮内庁庁舎である。宮中の伝統と権威の象徴とも言えるこの洋風建築は昭和十年に建てられ、現在でもその中はまるでタイムスリップしたかのような歴史を感じさせる空間となっている。

「あれほど嫌だって言ったじゃないですか!」

普段から静けさに包まれているこの庁舎の中で、ある職員の怒号が響き渡った。定期異動の直前、昨年春の出来事である。宮内庁関係者が話す。

「皆が驚くほどの大きな声でしたから噂になりました。この職員は、以前にも秋篠宮家で勤務した経験のある者なのですが、再び秋篠宮家への異動の内示を受けたのです。彼に聞いた職員によれば、『事前に打診があった際にはキッパリと断った』のに、内示を受けて、『話が違う』と上司に食ってかかったそうです。でも結局、辞令は覆らなかった。ただ気持ちはわからないでもありません。過酷だというのはみんな何となく知ってますから」

「週刊文春」(2012年7月5日号)

興味深いのは、この記事の内容もさることながら、これが10年前に書かれていたということでしょう。平成の時代には、週刊誌は、基本的に、当時の皇太子ご一家をバッシングし、秋篠宮家を褒め称える論調となっていましたから、これほど痛烈に批判されていることは重要な意味を持つように思えます。

お茶の水幼稚園の保護者をドン引きさせたジャガイモ強奪事件

近年でも、度々、秋篠宮家のブラック職場ぶりは、繰り返し報じられていますが、このことは10年以上前から報じられ、しかも一向に改善しないどころか、むしろ悪化しているということが分かります。この記事では、続けて、紀子さまと悠仁さまによるジャガイモ強奪事件について書かれています。

六月二十九日、秋篠宮ご夫妻は、二十二回目の結婚記念日を迎えられる。ご家庭は円満そのものといったご様子で、長男の眞子さまはスコットランドへの短期留学が決まり、来年から佳子さまは大学生に、悠仁さまも小学生になられる。

「悠仁さまは、二十一日、幼稚園の恒例行事である親子でのジャガイモ掘りに、紀子さまとご一緒に参加されました。紀子さまは登山用の大きなリュックを背負われ、ジャガイモをいっぱい持ち帰られたそうです」(皇室担当記者)

(同前)

おそらく、多くの皆さんがご存じのように、通常、小学校や幼稚園のジャガイモ掘りというのは、小さな子供が一生懸命ジャガイモを掘ることで、農家の皆さんの大変さや、食べ物のありがたみを学習するための体験学習であり、ジャガイモを大量に持ち帰ることが目的ではありません。

「この時、周囲の園児や保護者は、園児が一生懸命掘って手に入れた数個ほどのジャガイモを大切そうに持ち帰っていたのですが、紀子さまは、職員に命じて、リュックが一杯になるまでジャガイモを掘らせ、畑も荒らし放題にしてしまっていました。

先生や周囲で見ていた保護者は、唖然とした様子で、紀子さまの命令に従って、大量のジャガイモを掘り返す職員と、それを満足げな表情で、大きなリュックに詰め込んで持ち帰る紀子さまを眺めていたのですが、特に、“何個までしか持ち帰ってはいけない”というルールが定められていたわけでもないので、注意することもできずに、ただただ困惑するほかなかったようですね」(秋篠宮家関係者)

この紀子さまのジャガイモ強奪事件に関して、Twitter上では、次のような意見が書き込まれています。

紀子さんが幼稚園のジャガイモ掘りで、登山用リュックにジャガイモを詰め詰めして持ち帰った、という記事がありましたよ

物とお金への執着が凄いですね。

高貴な嫁ぎ先に行ってもコレ。

お里が知れるとはこの事ですね。

持って帰ってもいいけど、限度ってもんがありますよね。

この時から、他人の目が気にならないなら、今も何をしても気にならないのでしょう

その、じゃがいもを自分で調理したりも無いのでしょうが、そもそもが

貧乏性なんでしょうね。

ちなみに、この記事の後半では、秋篠宮家は予算が少ないという内容で、「だから大量のジャガイモを強奪しても仕方がないのだ」「秋篠宮家はもっと予算を増やすべきだ」と言わんばかりの論調の記述が続いています。

皆さんは、果たして、このようなとても皇族とは思えないような卑しい女性皇族が、将来皇后となることについて、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。



ご拝読ありがとうございました。

28 COMMENTS

匿名

ラーメンを食べても、ぶどうを強奪しても金は
払わず、今度は職員を使って、じゃがいも
大量ゲット? 高貴なwwあの方の事だから..
値段が高騰している玉葱も、狙っているのでは。
ナマズとゴキ子の悪行が、広く知られる様になり
皇室ファンの間でも、平成組に対する不信感が
生じ始めた。
四んでも批判される、川Tの娘を皇室に入れた
結果、KK問題に加え、お舟のランジェリー嫁
までもが縁続きになってしまった。
いつまで、コイツら皇族で居られるのか?
民意は意外と侮れないよ、ゴキ子さん。

170
返信する
匿名

えっ?(呆れ)
ズルヒトの幼稚園時代のジャガイモ掘りで、そのようなことがあったのですか?

ジャガイモに限らず、他の野菜、果物でも、「一人〇個まで」って決まっていますよね?たとえ、スーパーのタイムセールでも・・・

それにしても大きなリュックサックを持ってきて、職員さんに詰めるようにと指示をするなんて・・・その職員さん、その場で鬼子に注意しなかったのかしら?また、「立つ鳥跡を濁さず」ということわざがあるように、農家さんが気持ちよく、次の仕事ができるようにするためにも、掘った場所を土できれいに被せるといったことさえもしていないのかしら?

同時に、先生やほかの園児、親御さんもさぞかし呆れていたことでしょう。

その後、そのジャガイモ(ほかの野菜、果物も同様です)、すべて秋一家で食べたのかしら?

鯰夫の柿の件も、呆れてしまいます。
確か、「菊の紋」だったと思いますが、豪雨災害で被害に遭われた農家さんを労わるどころか、試食の方に夢中になっていたそうです。その記事を読んだ時、農家さんを労わるどころか、試食が先という発想に呆れてしまいました。このような被災地訪問は、秋一家でなく、天皇ご一家が適任です。

971庁、皇族の方々(秋一家は、方々という言葉はふさわしくありません)に、地方公務に派遣する際、きちんと人選をされているのかしら?野菜、果物強奪が起きるということは、それだけ人選ができていない証拠だと思います。

何度も書いていますが、一日も早く、廃嫡してほしいです。

161
返信する
匿名

同じ頃2012年6月にマコとコムロが「運命の出会い」を果たしているが、強欲母の下に生まれ育つたもの同士が強烈に惹かれ合ったのだ。と納得できますね。

目の前に見えるもの全て欲しがる強欲さ、利用できるものは全て利用し尽くす強かさ、ミチコ、キコ、カヨの共通項ですね。

137
返信する
匿名

じゃがいもでなく、さつまいもを袋いっぱいに詰めて持ち帰ってた情報はいろいろなところで言われてる。
なんでもタタ喰い、フリーKと同じ思考で釣り合う訳だw

129
返信する
匿名

赤坂御所の前で、じゃがバターの店でもやるのかな??
バターはどこで入手するんだろう?

76
返信する


匿名

「欲は善である。欲は正しい。欲は導く。欲は物事を明確にし、道を開き、発展の精神を磨き上げる」バブル期の映画「ウォール街」の中で主人公ゴードンゲッコーが語った言葉を思い出してしまった。

映画の本当の目標は法を破るウォールストリートの犯罪者にあるのではなくストーン監督が言いたかつたのは「利益と富、そして何よりも分配こそが他のどのような配慮よりも優れている」と言うことだそうだ。

ミチコもキコもカヨも「分配する」なんてこと考えたこともないのではなかろうか。

89
1
返信する
匿名

いま山梨県では相次ぐ桃泥棒が話題ですが、まったく同じように畑からの収穫物泥棒をやらかしていたとは唖然です。おまけに宮内庁職員まで動員して、まるでバッタの大群に畑が襲われたかのように、全部引っこ抜かれては、農家の方々への損害たるや尋常なものではなかったでしょう。

婚約当時の新聞記事によると、紀子さんの出生地は静岡市駿河区馬淵三丁目の大石公園の隣でした。いわゆるバラック住宅(現存せず)で、あまりのみすぼらしさに、自衛隊がやってきて、タダで、一夜にして外壁をリフォームしてくれたといわれています。

信子さまは、この紀子生家を「納屋のようなところ」と評されていたそうですが、麻生家ならばたとえ納屋でも、まだバラックの紀子生家よりははるかに立派だったはずですよ。

このような小一まで育った環境が、何年皇族稼業をやっても、いまだにとんでもない赤恥を掻くことにつながってきているのでしょう。畑のじゃがいもを全部宮内庁職員まで動員して引っこ抜くなんて、幼稚園児の収穫体験ならば、ひとり○百グラム×○人=合計○キロだから、体験料はいくらに設定しようか、との計算になっているのに、大人がしかも男性まで動員して全部抜いていくのでは、農家の人は大赤字になったでしょう。イチゴ狩りでも、大人料金と子ども料金があるのはそういうことです。
まさに紀子さんたちが日々やっていることは北朝鮮の金一族そっくりなのです。

KKの母方も鎌倉で寺乞食として、寺の三畳間を借り、境内で履物屋を営んでいたとのことですので、実は二人はよく似た生い立ちでした。丙午で婚家を食い殺す猛獣であった点でも一致していたのでした。

いまではその牙が息子に向かってしまい、ツクフで四苦八苦、裏口入学者として嘲笑の的にされているのも、悪因縁の原点はこの静岡時代にありそうです。

ジャガイモだけでなく、干し柿の強制献上事件、悠仁と二人でやった野辺山青果店からの葡萄の箱ごと万引事件、野辺山では店主が通報しようとしたのを押しとどめさせてまでの確信犯ぶりで(違法行為でなかったら押しとどめる必要などなかったはずだから)、御料牧場産品は、宮家には有料配布となっているものを、車で大量強奪してくるなど、いずれも強要罪や窃盗罪成立の領域にまで達するほどの違法行為であったことは明らかでした。

こんな母親では、悠仁の感覚も狂うでしょう。
同級生のものをとっても自分だけはいいのだと考え、もし行動すれば、その瞬間に永久に仲間外れです。

陛下は幼い頃から厳しく躾けられ、ジェントルマンシップをたたき込まれたので、周囲がひれ伏すほどまじめで、正攻法であらせられ、これが絶大なる信用につながっているのです。

悠仁も帝王学はゼロ歳から始めなくてはだめだったのです。
学校で女子の裸をみたいと盗撮カメラを仕掛けたり、試験がまったく解答できないので、隣席の子の答案を丸写しにするカンニングをしたのも、幼い頃からの帝王学のなさ、換言するなら、知的障害で帝王学一切を免除されてきた結果というしかないでしょう。
これ以上、ツクフに在籍させても、ますます赤恥を掻くだけになり、いじけ、自信喪失するばかりです。
早く身の丈相当の特別支援学校に転校させるべきではないでしょうか。

104
返信する
匿名

もっちゃん、記事とずれますが、【令和3年度 筑波大学基金 活動及び実績報告PDF】の発表ありましたね。

相変わらず、寄付金がすごい。また詳しい分析をお願いします。

75
返信する
匿名

日本よりははるかに自由で、国民の目も寛容に映る英王室も、ヘンリーが王室を去ったのは、やはりナチスの親衛隊の制服を着て盛り場に現れた事件がいまだに尾を引いているからだと思います。イギリス国民にとってのナチスは不倶戴天の敵であり、しかも親衛隊には何の理解もないからです。

悠仁にとっても、最近ここでも報じられた『女子更衣室盗撮出歯亀事件』と、教師へ食ってかかった『教師面罵事件』(自分が授業についていけないのは「お前の教え方が悪いからだ」との仰天発言)、暑いから教室に冷房入れろ、入れてくれないから帰宅する、と言って、冷房はまだ早いと断られたのでそのまま早退した『クーラー早退事件』は、おふざけなどではない、致命的皇族失格を意味する三大事件となりました。

しかし、世間が目をしかめるこれら悠仁の身勝手さの原点が、どうやら紀子にあったらしいことは、今回内実がはじめて取材されてわかったジャガイモや葡萄窃盗事件から読み解けます。紀子はとんでもない犯罪者教育を息子にしてきたことになり、コンプライアンス意識を完全に麻痺させていたのでした。

秋篠宮家での勤務が過酷で、職員は秋篠宮家から解放されると、まるで刑期明けのムショ帰りのように「お勤めご苦労様でした」と慰労会を開くそうです。
その本質は、野辺山で葡萄を万引した紀子と悠仁を店主が「代金を払ってくれない」と通報しようとするのを、お金も払わずに押しとどめなければならない後味の悪さ、紀子の違法行為に加担しなくてはならない良心の呵責が、職場環境を悪化させているのではと思います。こうして写真にとられた犯行現場はごくわずかで、大半は泣き寝入りなのでしょう。

もっちゃんには、さらなる事件の発掘に期待します。

93
返信する
匿名

宮家予算が足りないから、じゃがいもを職員総出で畑丸ごと収穫して持ち帰っていいなら、貧困な人が窃盗しても無罪となりますよ。
しかも、秋篠宮家には紀子の弟一家も寄生していて、食費も負担しなくてはならないのでは、一家全員予算の半分で済むような料理にすればよかったのです。
ご飯、もやし炒め、レトルトカレー。これだけなら200円もあれば満腹になります。
節約もしないで、貧困ばかり訴え、弟一家まで御用地内に住まわせて、一方で畑や青果店からの盗みはいいんだといわれても納得できません。

80
返信する


匿名

やっぱり遺伝子に朝鮮が入っているから、
その衝動が抑えられないのですよ。
悠仁ぼっちゃまが女子生徒をレイプする日は近いね!
警備員は行為が終わるまで見守ると思います

70
返信する
匿名

まるでロシア軍。
手当たりしだいに略奪、強姦、食い物がないので犬を食う。

47
1
返信する
匿名

なんかイソップ童話か日本昔話かに出てきそうな、あとで天罰にあう登場人物(動物?)みたい
子供の前でのリアル童話。見てた子供たちは心に何を刻んだのかしら

61
返信する
匿名

皇宮警察は眞子や佳子も見張っていたし、文仁も監視していましたが、誰とエッチしようとこれを止めに入ったりはしないのに驚きました。中高生なら不純異性交遊になりかねないので、密室にはしないとかもありませんでした。
たとえば、大学の構内でやれば公然わいせつになり、止めさせないと週刊誌から撮られる可能性だってありますが、なぜか生殖行動だけは不問なのです。
また愛人宅に通うことも、民事上は不法行為ですが、止めるどころか、愛人宅まで国費警護する始末。

逆にいうなら、こんなに無茶なので、誰も意見をする人がいなくなり、いまのような無法地帯になったのかともいえます。

82
返信する
匿名

有名な事件で存じていましたが、職員が何人も乗り込んでいった…?

いやいや!宮内庁も止めろよ!!
子供の貴重な体験場に大の大人が何をしているんですか!
K子一人の暴走かと思いましたが、組織ぐるみでの犯行だったのですか。
近年の農家さんからの大量略奪事件と変わりありません。
こんな方が次の国母とか聖母とか言われているのですか。
アキシンジャーの方やA宮家の方はどのように弁明されるのか訊いてみたいです。

81
返信する
匿名

最近のアキシンジャーたち。
以前のような元気がなくなりましたね。
B宮妃の強引さと同志をも裏切る薄情さに愛想が尽きたんですか。
ズル仁の裏口入試とその後の悲惨な学校生活に「将来の天皇だから」の免罪符も効かなくなったと観念したのでしょうか。
日本会議も安倍のロシア戦略が悉くプーチンに裏切られ、懐柔したはずが、サハリンのガス田を全部強奪される結果になり、もう経済的についていけないからでしょうか。

いずれにしても、ズル仁が成長しても、反比例的に、馬鹿にされるような事件ばかりが頻発し、世論調査は愛子天皇支持で埋め尽くされ、眞子の暴走駈け落ちで、紀子の子育て失敗が露見し、佳子の身勝手、文仁のアル中やヤク中で、陛下との格差を否が応でも認めざるをえず、令和の次が、急に池沼天皇なるダウングレード時代になるなんて誰も認めてはくれない。
右翼ほど、天皇候補がヘタレや障害者では我慢ならないはずです。

69
返信する
匿名

今の政府の言う通りになるなら。
次の天皇はアル中ヤク中脱糞の方で。
その次は盗みパクり盗撮疑惑の方。
報道されているだけでも沢山ひどい話が出てきますが。
この方々を憲法改正後に「国家元首」にするんですか?

68
返信する
匿名

男系男子派にはこの宮家の数々の悪事を伝えても、盲目的に信じていて受け付けてくれません。
どうか、被害者の皆さん!結託して真実を国民にさらして下さい!
日本国民はみんなあなたたちの味方ですから!

51
返信する


匿名

マンホールの蓋とか、ガードレールの端っことか、持っていっているんじゃないの?

25
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。