眞子さん国宝横流しでボロ儲け!「JAPAN工芸展」ビジネス計画の詳細を週刊誌が暴露!佳子さまとの共同開催へ


文・もっちゃん

高額スーパーでお買い物の眞子さん

小室圭さんが2回連続で、NY州の司法試験に失敗し、金銭面での危機も懸念されている小室夫妻ですが、「女性自身」(2022年7月12日号)の記事によると、なんと、現在、小室圭さんは、周囲の知人らに「当分、お金の心配はない」と語っているそうです。

まぶしい日差しが降り注ぐマンハッタン。6月下旬に自宅から足取りも軽く“出勤”していたのは小室眞子さんだった。NY在住の記者はこう語る。

「最近の眞子さんはNY市内の美術館を巡り、研究に余念がないそうです」

夫・小室圭さんは7月下旬に3度目の司法試験に挑戦する。“三度目の正直”を果たせなかった場合、小室夫妻が経済的事情から帰国を余儀なくされるのではないかという見方もある。だが、前出のジャーナリストによれば、

「資金の出どころははっきりしませんが、小室さんも知人には『当面、お金のことは心配ありません』と語っているそうです。

確かに眞子さんも、ファッションこそ、アイテムをうまく着まわして、あまりお金をかけないようにしているようですが、最近では割高なオーガニック食材なども並ぶ、あまり庶民的とはいえないスーパーで買い物をしています」

円安が進んでいることもあり、そのスーパーでは卵がワンパック1千円、ベーコンがワンパック2千円などと、日本の庶民感覚では高額になっている。

「女性自身」(2022年7月12日号)

眞子さんNYで展覧会を開催か

高級スーパーで、高価な食材を買い漁る眞子さん。おそらく、現在、小室夫妻が経済的に余裕を持っている理由の一つとして、上皇ご夫妻から受け取ったという1千万円以上の生前贈与があると思うのですが、さらに、今後は、眞子さんが展覧会を開催し、高額の報酬を得られる可能性があるそうです。

NYの美術界関係者はこう語る。

「眞子さんが所蔵美術品に関する解説文を執筆するなど、コネクションを築いているメトロポリタン美術館(THE MET、以下MET)では現在、特別展『Kimono Style』が開催中です。

着物が世界中に与え続けている影響を検証するというテーマで、着物や浮世絵、工芸品などを展示しているのです」

眞子さんは一般公開前に、一点一点を丁寧に見て回ったという。

「昨年11月にアメリカに移住して初めてのMETでの日本関連の展覧会ということで当初から興味深かったのでしょう。会場では、キュレーターを務めている女性と話し込んでいる姿が目撃されたそうです。(中略)

眞子さんも日本の伝統美への評価の高さに感動したのでしょう。『私もMETで日本美術の素晴らしさを伝えられるような展覧会を開きたい』と、珍しく感情を高ぶらせた様子で、美術関係の知人たちに語っていたと聞きました」

(同前)

これまで、眞子さんは、METのキュレーターとして活動するには、能力や実績などが不十分なのではないか?という疑問や批判の声が上がっていました。

ですが、展覧会であれば、こうした経歴などの不利な影響を受けずに、開催が可能ですし、皇族として様々なコネクションを活用することも可能でしょう。

さらに、このような展覧会を開催すれば、日本美術の専門家としての評価も高めることができるということもあり、眞子さんは現在、展覧会の開催に強い意欲を示しておられるそうです。また、すでに数々の展示品を集めるための、手筈も整えているとか。

では、眞子さんが展示品を集めるとすれば、実際には、どのような手段があるのだろうか。皇室ジャーナリストは次のように語る。

「まずは皇室に代々受け継がれた美術品が多数収蔵されている、三の丸尚蔵館から借り出すことでしょう。元内親王が『皇室由来の美術品を海外に紹介したい』ということであれば、大義名分としては、十分だと思います。

昨年9月末には、伊藤若冲の代表作『動植綵絵』などが国宝に指定されています。また今後も収蔵品が次々に国宝指定されていく予定です。しかし国宝たちは、まずは日本の地方美術館に貸し出されることになっていますので、即座に借りるわけにはいかないのが眞子さんにとってのネックとなります」

そこで、浮上するもう一つの手段が“人間国宝”たちの作品を集めることだという。

「眞子さんが総裁を務めていた日本工芸会は、重要無形文化財保持者らを中心にして組織されています。工芸会や朝日新聞社などが毎年主催する『日本伝統工芸展』には、彼らの陶器や漆器なども出品されています。

そうした名品をMETで展示するわけです。6月14日に妹の佳子さまが、眞子さんの後任として日本工芸会の総裁に就任されました。新旧総裁が2人で尽力するとなれば、NYでの『JAPAN工芸展』も、より実現しやすくなるでしょうね」

(同前)

展覧会ビジネスで一攫千金狙う眞子さん

このように、美術品の収拾やキュレーション等に関して、それほど大した能力も実績も持たない、眞子さんや佳子さまが、日本の美術館を代表して、海外で展覧会を開催することに、疑問や批判の声も上がっているようですが、どうやら、日本工芸会は、そうした展覧会の開催に非常に前向きなようです。



「日本工芸会が、この眞子さんと佳子さまによる共同での展覧会の開催に前向きであることには、いくつかの理由があります。

当然ながら、第一の理由としては、“日本の工芸品の素晴らしさを海外に発信すること”ということになるのですが、もちろん、これはあくまで表向きの理由に過ぎません。

実際の理由は、いくつかあるのですが、一つには、日本工芸会の知名度を高めること、それから、二つ目に、眞子さんと佳子さまの展覧会の開催に協力することで、秋篠宮家に対して恩を売ることができること。

それから、最後に、こうした展覧会を成功させた場合に得られる莫大な報酬です。良くも悪くも、眞子さんの名前は、NYで大変知られており、眞子さんと、皇族である妹の佳子さまが、METで日本の工芸品を紹介する展覧会を開催するとなれば、とにかく注目が集まることは間違いありません。

要は、元皇族の眞子さんと、皇族である佳子さまが客寄せパンダとして利用されるということですね。それでも成功すれば、眞子さんにも、佳子さまにも、そして、日本工芸会にも莫大な収益が入る可能性があるようです」(皇室ジャーナリスト)

皇室特権をフル活用して一攫千金を狙う眞子さん。皆さんは、果たして、このようなビジネスのド素人である眞子さんの展覧会ビジネスは成功すると思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

15 COMMENTS

匿名

男をみる目もあの程度でしたから、美術品の鑑定眼などなきに等しいでしょうね。
そもそも美術品を理解するには、相当教養がないと不可能で、ましてアメリカ人に納得させるように解説する能力など、語学力が貧困では不可能というべきです。
その代役に圭を担ぎ出そうとしても、反社親族がいては、まず先に贋作品の臭気が漂ってきてしまいます。

結局いかがわしい連中の口車に乗せられて、開会の言葉かなんかに署名させられ、名誉総裁とかいって口銭を稼ぐだけ。
目の肥えたコレクターの多いアメリカでは、俄キュレーターの出番はないですね。

贋作騒動にでも巻き込まれたら、訴訟を起こされたりして大変ですよ。またまた美智子が尻ぬぐいするのでしょうけど、その分両陛下の財産は減ってしまいます。

134
1
返信する
銭ゲバ偽皇族

美智子サマの彼「安西孝之」も皇宮警察官だったよね❗️
葉山御用邸で療養中に懇意の仲になった文仁サンのパパ。

それから、美智子サマ、現役時代に国の宝物を横流ししたり、「貴方の国の物だから」と韓国に宝物を流したよね❗️

それを真似て紀子サンも三の丸尚蔵館からメトロポリタン美術館へ高額で横流ししょうと計画中❓

さすが偽皇族は、やることまで同じ。

メルカリやヤフオクでも だいぶ売り捌いたのもバレてるよ❗️

皇嗣家御殿から、鉄格子の中に 家族揃ってお引越しする計画も、そろそろ立てましょうね❗️

128
4
返信する
匿名

>美智子サマ、現役時代に国の宝物を横流ししたり、「貴方の国の物だから」と韓国に宝物を流したよね❗️

知らなかった。
政府は黙認したのでしょうか。
国のお宝を横流しとは!
そのような権利はないと思いますが。
まさかまさか横流しの報酬が??ありやなしや。

好き勝手に思うまま・・
誰もアテクシに逆らえない。
ヘイセーの赤十字社金庫もアテクシの物でしたか?

68
返信する
匿名

韓国に宝物がないのは、韓国が物を大事にしない文化だからなのに!
形見という価値観がなく、死者の使っていた物には穢れがあるとかで、燃やしてしまう。王朝が変われば、焚書。
日本だから残ってたんでしょ!それなら日本の宝じゃん!
伊藤若冲の『動植綵絵』だって皇室なら末永く大事にしてくれると思ったから、献上されたものなのに。このままじゃ盗まれてしまいそう。
メルカリ事件の時も『篤姫の籠』出品されてなかった?(ソース元行方不明) 歴史的に重要なものだからデマならいいのに!
赤坂離宮の無線七宝も心配だ!
あぁ!やっぱ上海夫人(朝鮮人説あり)の子だよ!ミテコは!
一族の宝は受け継がれる物で、個人の物じゃないんだよ!
そこがわかんないのに日本人の国主ヅラすんな!

66
1
返信する
匿名

>メルカリ事件の時も『篤姫の籠』出品されてなかった?
訂正します。ヤフオク事件でした。
ソースはyoutube『皇室ゆかりの品ヤフオク大量流出事件 出品物一覧』でした。

33
返信する
匿名

そうです。
日本人との違いの根本はそこ。
客観視できないので、関係性が育たない。
結果、全てがダメになってしまう。
それでも平気な丈夫な神経の持ち主です。
私は臥薪嘗胆の目的で、夏になると「DQNの川流れ」をおさらいします。本当にああいう人たちがいるのです。

26
返信する
匿名

陛下の財産のみならず、代々受け継がれた国の宝ですよ。
秋篠宮家には、価値が、ないお金になるもの。
ほんとにこの一族、日本人の血混じってるのだろうか。

50
返信する
匿名

そんなうまい話があるのか〜〜〜〜
弟の嫁の会社はNYで下着販売会をするんじゃないのか?

93
返信する
匿名

NY負債の、顔・スタイルの悪さ(整形無駄)
ファッションのダサさ、美的感覚ゼロだね。
馬子に、美術品・工芸品の知識は、皆無だし
MET勤務は、悪い冗談の様だ。
日本工芸会も、鹿子を取り込んで、補助金狙い。
とは言え、KKの司法試験失敗の公算が高いので
夫婦が帰国するしかなくなり、毎日、大嫌いな
日本国民に突っ込まれ、非難される展開になって
欲しい。

84
返信する
匿名

すでに皿が裏から手をまわして「マコがニューヨークにいる時、すぐに役立つように」と特別展『Kimono Style』開催のバックアップをしていた、というなら納得する。
いつものように100万円の(表面上)利益を上げるために1000万円の経費をかけるパターンかと思う。
日本の着物ほど、外人に理解不明なものはないのに、とも思う。なのでキュレーターはよほど裏からのテコ入れがないと開催できない。

35
返信する


匿名

普通、一生懸命頑張っている人には、応援したくなるものだが、この夫婦に対しては、そんな気持ちは昔っからゼロ。むしろ、破壊衝動に駆られる。
M子という女は、ほんまもんに可愛げの微塵も無い、ただのゲス女。しかし本人は、自分は選ばれしプリンセスで、世界中の憧れの的とでも思ってるんじゃないか。ああ、反吐が出そう。

45
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。