秋篠宮家の子育て本が紀子さまの逆鱗に触れ出版差し止めで、発禁処分に!殿下のDV示唆で、子飼いの論客を追放へ


文・もっちゃん

秋篠宮家の過程な不和が限界に

現在も、様々な問題で多くの国民から批判を浴びている秋篠宮家ですが、密かに話題となっているのが、次女・佳子さまと秋篠宮ご夫妻との不仲説です。

今月12日に、秋篠宮ご夫妻は、全日本ろうあ連盟が主催する「第70回全国ろうあ者大会」に出席され、挨拶をされたのですが、この大会を佳子さまが欠席されたことに関して、「週刊新潮」(2022年6月16日号)は由々しき事態であるとして、次のように報じています。

佳子さまは昨年5月から一般財団法人「全日本ろうあ連盟」の非常勤嘱託職員となられている。今月12日、その全日本ろうあ連盟が主催する「第70回全国ろうあ者大会」が広島で開かれるのだが、この一大行事に佳子さまはご出席されず、秋篠宮ご夫妻が臨席されるというのだ。

 ご勤務先の催しを欠席する佳子さまがどうされるかというと、

「当日の12日は東京・千駄ヶ谷の東京体育館で、健常者と障害者が一緒に音楽やダンスを楽しむ行事『ドレミファダンスコンサート』へのお出ましが予定されています」(宮内庁担当記者)

 表向きには二つのご公務がバッティングした形だが、連盟にとっては節目となる70回の大会である。現職員である佳子さまが全く携わられないのであれば、不可解というほかないだろう。

そんな対応がままならない背景には秋篠宮家の家族関係があるという。事情を知る関係者によれば、

「佳子さまは今なお、秋篠宮ご夫妻とコミュニケーションが取れていません。眞子さんの結婚問題で一貫してお姉さまを支えてこられた佳子さまは『最初は(結婚に)賛成していたのに』といったご両親への不信感が芽生え、亀裂は修復不能の状態。ご家庭でも接触なさらないのだから、長時間、移動を含めて同行されるなどもっての外。ご両親のなさる活動には一切タッチしたくないというのが偽らざるお気持ちです。佳子さまは今回、ダンスコンサートが同日に開催されることに、むしろ安堵なさっていると拝察いたします」(同)

「週刊新潮」(2022年6月16日号)

身勝手すぎる佳子さまにも批判殺到

佳子さまは、もともとダンスを趣味にされていたこともあり、今回の「第70回全国ろうあ者大会」の欠席に関しても、単に、やりたい公務を優先されただけではないか?とも思えます。

とはいえ、一方で、ニュースサイトのコメント欄では、「義務をこなせないなら、皇族失格だ」「やりたいことばかりやって、毎年税金から多額の皇族費を受け取るのはオカシイ」などといった批判的な意見も書き込まれています。

欠席したいのなら好きにさせれば良いと思う。ただし公金は義務に付随するもの。義務を果たさないなら支給は不要。今後もこれが続くようなら公金の支給は絞るべきだと考えます。

責務を果たさないのに公費をもらうのは問題だと思う。もらうなら出る、出ないなら貰わないを徹底すべき。都合よく立場を入れ替えて美味しいとこ取りするのはよろしくないと考えます。このままでは彼らを応援したいという人はいたとしても少数だと思いますね。

これが本当なら、そちらの勝手な家庭の問題を 仕事しかも国からのお手当仕事に結びつけるのはいかがなものか?自分の力で勝ち取り得た仕事ならば、失うのが怖くて簡単に休めませんけど。

国民はそれぞれ、介護しながらや、、子育てしながらなど、いろんな事情を抱えて懸命に仕事しています。

1日をどの様に過ごされているのだろう。

家事をする必要もなく お若い身で 体力や時間を持て余してしまうのではないだろうか。自立に向けてのお勉強か花嫁修行でもされているのだろうか。

秋篠宮家の子育て本が発禁処分に

このように、週刊誌では、親子の不仲が報じられ、国民からは、その身勝手な振舞いに批判の声が上がっている佳子さま。ですが、実は、最近では、この秋篠宮家の親子関係について書かれた本の出版が差し止められ、発禁処分となる事件も発生しました。



その問題となっている本は、皇室ジャーナリスト高清水有子氏が書いた「秋篠宮家の子育て」という本です。この本は、もともと2020年に文春文庫から出版される予定だったのですが、出版直前になって、出版が差し止められ、そのまま発禁処分となってしまったようです。

「もともと、この本は、秋篠宮家の自由な家風を称えるような内容で書かれた本だったのですが、丁度、眞子さんの結婚騒動などで、国民から秋篠宮家に対する批判の声が強まっていた時期でもあり、そうしたゴタゴタも関係して、最終的に、出版は差し止められることとなってしまいました。

高清水有子氏といえば、秋篠宮家の子飼いのジャーナリストとして有名ですが、出版前に秋篠宮ご夫妻に本の内容をチェックしてもらったところ、秋篠宮殿下が、眞子さんや佳子さまの幼少期に、暴力を振るっていたことなども書かれており、そうしたことも出版差し止めとなる要因の一つであったようです。

少し以前の時代であれば、そうしたことも躾の一環として許容されるような面もあったのですが、現在では、ただのDVとして問題となってしまいますからね。

秋篠宮殿下が、躾と称して、佳子さまを何度も殴りつける様子が描写されたシーンを読まれた紀子さまは、顔面蒼白といった様子になり、“こんな本が出版されれば、秋篠宮家に対する評判はますますガタ落ちになってしまいます”というようなことを仰られていたそうです。

また、1996年に、クリントン大統領が訪日して、宮中晩餐会が開かれた際に、秋篠宮殿下が欠席され、タイへ私的旅行に出かけられた際のことなども、書かれており、あくまで、秋篠宮殿下を擁護するような内容であったのですが、“わざわざ、こんな事件を蒸し返すな”ということで、この点も紀子さまがお気に召されなかったようです。

まあ、この件は、秋篠宮殿下がタイにいる愛人に会いに行ったなどとも、週刊誌等で報じられ、週刊誌報道の内容に故・川嶋教授が激怒し、御所に怒鳴り込んだ、などとも噂されていますからね。紀子さまにとっては思い出したくもない過去だったのでしょう」(秋篠宮家関係者)

皆さんは、この秋篠宮家の子育て本が発禁処分となった事に関して、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。



ご拝読ありがとうございました。

17 COMMENTS

匿名

ところで、この奥さんは、大事な娘が夫に殴られるのを黙ってみてたのかな。
かばったり止めたりしなかったのかな。

眞子さん佳子さんも、家庭内では大変な幼少期だったのね。
温和で愛に溢れた東宮家とは大違い。

124
返信する
静岡バラック出身のキコへ

内容も内容ですが、それ以前に「この本を読んだキコが・・・」って、川嶋キコは日本語を読めるのですか???
日本に住んで50年近く経つのに未だに、

おはようございます→おはようございました
行事→おぎょうじ
人々→ひとひと

等と読むような知能ですよ。
アホのあーや一も、天照大神→をテンテルダイジンと読んでいますからね

19
1
返信する
野良猫

>秋篠宮家の過程な不和⁉️❓️

>秋篠宮殿下が、躾と称して、佳子さまを何度も殴りつける様子が描写されたシーンを読まれた紀子さまは、顔面蒼白といった様子になり、“こんな本が出版されれば、秋篠宮家に対する評判はますますガタ落ちになってしまいます”というようなことを仰られていた

アレもコレも、問題だらけの秋篠家、一番問題なのは いつも自分達の世話をしてくれている職員への紀子サンのパワハラでは❗️❓️

それが当たり前の環境で育ち、学歴は裏金を積んで手に入れる、大学も留学も資格を取るより男漁りが第一という「秋篠家の子育て本」❓️

高清水有子さんの事だから、それなりに美談仕立てだったでしょうに。

そうそう、プチエンジェル事件の追及は まだですか?
結婚前、紀子サンが 文仁サンの留学先に押しかけ、大麻パーティーをした事件もまた載せてくださいね。

112
2
返信する
一般人の感覚

侮辱罪厳罰化で不敬罪も復活でしょうか?

国民の『言論の自由』を抑制する!

いよいよ日本も、どこぞの国と同じ道を歩み始めましたね。

小室圭殿下バンザァ〜イ!って言う日は近いのかな?

59
1
返信する
匿名

最近、キワドイ記事ばかりで
又、更新の時間が、遅かったので
規制を受けたかもと思いましたが
新しい記事を、見ることが出来て
ホッとしました。 

もっちゃん、いつまでも、ご無事で。
変な勢力には、気を付けて下さい。

「今週のご皇室」の高清水氏に関しては
ズル仁の事を必要以上に庇う人という
印象でしたが、やはりA宮家の子飼い
ジャーナリストだったのですね。

(敬宮様の会見を、絶賛していたので
天皇家との関係も悪くないと思いますが?)

子育て本ですが、ナマズの暴力、タイの愛人
川辰の怒鳴り込みが書かれているそうで
これは、実質・星1.6以下の「秋篠宮」より
面白そうではありますね。

国民の象徴(偽物?)でありながら
三人揃って、子育て失敗して、税金の
無駄遣いをしている現状、理由の一端が
明かされたかもしれません。 
しかし、狐が許さないでしょうね。

89
1
返信する
匿名

ということは先の「秋篠宮」本はキコにとって満足な内容だったのですかね?
にしても、キコは一応、国語文が読めるのかね。ヘ〜。
いや、誰かに読ませてあらすじを聞いただけなのかな?
全く論理的、知的な思考ができないキコに、単行本のゲラを読み通す作業は無理だと思うので、何かインチキ臭い。

それはともかく、秋篠はキコをなぜか殴らないんだよね。カワタツが怖かったのだろうか?
娘にノーパンでハニトラの挙句に数回堕胎させるような下劣な父カワタツが、娘の身を案じて秋篠に睨みをきかせたとも思えない。
カワタツにとってキコは出世の道具に過ぎない。
だとすると秋篠が恐れたのは童話・在日・ブラク団体(DZB)そのものなのだろう。
あの考えなしの男・秋篠にも怖いもの(キコの背景)があるというわけか。だとすると秋篠の周囲の不審死は、秋篠本人の関与は全く無くて、DZB独自の行為だということ。秋篠がキコ(DZBの希望の星)に手をあげれば、秋篠はDZBの報復を受けるので、怖くて手が出せないということですかね?
秋篠が皇嗣を辞めさせられたり、廃嫡になれば、情け容赦無くDZBから嬲り●されるだろう。秋篠の存在意義は皇族かつキコの夫であるということ。だから脱糞しようが国民から侮蔑されようが、秋篠はインチキ皇嗣を辞退することはできない・・。
地獄だ。
自業自得だけど。

80
返信する


匿名

また売れずに批判コメだらけになるのが
目に見えていたからでしょうね。
しかし、教育本とは…。マジ笑える。
教育の結果がアレなんでしょ?

85
1
返信する
匿名

佳子も紀子の浮気の子らしいので、文仁からみると、小生意気な紀子の連れ子でしかなく、関係はエロになるか、喧嘩するかの二つに一つです。

49
1
返信する
匿名

>佳子も紀子の浮気の子らしいので、文仁からみると、小生意気な紀子の連れ子でしかなく、関係はエロになるか、喧嘩するかの二つに一つです

鋭いご指摘。KKに脅される材料もこの辺にありそう。

42
2
返信する
匿名

昔から偽りの家族だったのですね。
本当の姿が晒されて良かったですね。
肩の荷が降りたでしょう。

47
1
返信する
匿名

父親は些細なことでキレて殴る。
自己保身第一の母親は守ってもくれない。
自由な教育方針を標榜しながら、始終小言ばかりで、唯一の自己表現の場であるフィギュアスケートやダンスも皇族に相応しくないと止めさせられた。

眞子さんや佳子さんが抜け出したかったのは、皇室からというよりも、この病んだ家庭から、抜け出したかったのではないかと思う。

53
返信する
匿名

高清水さんといえば、美人でしたが、いつのまにか紀子に取り込まれていて、いやな女と思っていたのですが、それだけに秋篠宮家のことはよく知っていて、その豊富な体験を披露しようとして、出版計画を止められ、出入り禁止にされたとは、なんとも皮肉なおはなしです。
もう秋篠宮家への義理立てはよして、反秋篠宮勢力に鞍替えしてはどうですか? 

42
1
返信する
匿名

全然自由な教育方針でもなんでもない。
人格破壊がどんどん進んでいるといわれてきましたが、更衣室で盗撮事件は引き起こす、試験ではカンニングもする、部活では女子凝視事件も起こし、学校では完全に変態扱いでは、自由な教育でもなんてもない。
ただひたすら紀子の出自を弁えないわがままと横柄により、一家が根底から崩壊してきているとみるべき。

37
返信する


匿名

高清水さんは故三笠宮寛仁殿下からは直々に「本来の皇室の在り方」の教えを賜られたお方、神社本庁でも「世界に誇る日本の素晴らしさ」皇族の素晴らしい姿をご講演されているそうですから、鞍替えというよりは「真摯に秋篠宮家の方々のことを思って」心からのご発言が出来るお方だと思います。
今後の発言に期待しています。

8
7
返信する
匿名

美智子の衣装を作成していた方々からのお話しのような、具体的なことをお話しいただけるのを期待しています。

22
1
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です