小室圭さん、母と絶縁で眞子さまと結婚へ 佳代さんは生活保護暮らしに転落か?


文・サッサン

小室圭さん、佳代さんと“絶縁”の秘策

現在も、結婚延期状態が続く、秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さん。一部、週刊誌等では、「年内結婚は確実」などと報じられているものの、現在も多くの国民がお二人の結婚に反対しており、秋篠宮殿下の望まれたような「多くの人々が納得し、祝福してくれる状況」とは、ほど遠いのが現実です。

そうした中で、「ダイヤモンド・オンライン」は、小室圭さんが眞子さまとの結婚を実現するための、ある提案を行っています。それは、現在も様々な問題を抱えている小室佳代さんと小室圭さんが縁を切り、無関係な他人となることだというのです。記事には、次のようにあります。

外野の大人としては、二人に「あなた方の人生なんだから、幸せになれるようにベストを尽くしてくださいね」というエールを気持ち良く送りたい。そのためには、名実ともに「小室さんとK代さんは別」と言える状況が必要だろう。(中略)

 そもそも小室さんに、母・K代さんを扶養する必要はない。(中略)もちろん、同居したり家計を同じくしたりする必要はない。現在の日本の民法は、そのように定めている。名実ともに「親は親、子は子」と言い切れる状況が続くのなら、日本の人々の多くは「まあ、いいか」と納得し、気持ち良く二人の幸せを願えるだろう。

「ダイヤモンド・オンライン」(2021年7月3日配信)

記事によると、小室圭さんが、佳代さんと縁を切ることにより、多くの国民が「親は親、子は子」と割り切るようになり、様々な問題はありつつも「まあ、いいか」と納得して、お二人の結婚を祝福するようになるのだといいます。

”絶縁”だけでは済まされない国民の怒り

とはいえ、こうした見方は甘過ぎるようにも思えますね。小室圭さんは、4月に母親・佳代さんの借金問題に関する文書を発表し、自身の立場を弁明し、その正当性を主張したのですが、こうした言い訳がましい態度に多くの国民は怒りを覚え、むしろ反対の声を強めてしまいました。

小室圭さんと眞子さまの結婚が真に祝福されるためには、こうした小手先の印象操作を行うのではなく、真に誠意ある謝罪を行う必要があるでしょう。

とはいえ、実際に、小室圭さんが佳代さんを切り捨てる可能性はないとも言い切れません。というのも、小室圭さんが眞子さまと結婚した場合、お二人の新生活や、その警備のために多額の税金が使われることとなるのですが、また同時に母親である小室佳代さんについても多額の警備費用が使われることが予想されているのです。



実は、現在も、小室佳代さんの住んでいるマンションには、ポリスボックスの設置が続いており、2人の警備員が常駐しております。そのため、警備員の人件費が月に30万円だとすると、小室佳代さんの警備のために、毎月60万円以上の費用がかかっているのですね。

さらに、小室圭さんが眞子さまと結婚した場合、小室佳代さんは眞子さまの義母となりますから、当然、警備も今以上に厳重なものとなるでしょう。

小室圭さんと眞子さまが結婚した場合、5年間で3億6000万円もの警備費が必要になると言われており、このことはすでにネット上で批判もされています。

しかし、小室圭さんが母親の佳代さんと縁を切らなければ、さらに毎年700万円以上の警備費用がかかることとなりますから、ますます批判の声が強まることは間違いありません。

おまけに、小室佳代さんに関しては、脱税や遺族年金詐取の疑いもかけられていますからね。これまでさんざん税金を騙し取ってきたのに、これからも国民の血税を浪費するのか?といった声が上がることはほぼ確実でしょう。

小室圭さんは、母親である佳代さんを心から愛し、尊敬してもいるのですが、それでも、佳代さんが最愛の人である眞子さまとの結婚の障害になると判断すれば、容赦なく切り捨てるような冷酷な面を持っていることも事実です。

小室圭さんが佳代さんと縁を切り、国民に理解を求めながら、眞子さまとの結婚を果たすという可能性は十分に考えられます。

小室佳代さんは、生活保護で悠々自適の生活?

では、果たして、小室圭さんが小室佳代さんと縁を切った場合、小室佳代さんは、その後どのように暮らしていくこととなるのでしょうか。先の「ダイヤモンドオンライン」の記事では、小室佳代さんは、生活保護に頼って生きていくべきだと説きます。



 問題は、これから高齢期に向かうK代さんの生活だ。現在のところ、K代さんは自らの生活を遺族年金と就労によって支えているのだが、その生活はいつまでも可能とは限らない。高齢期になれば、突然の病気で多額の支出を余儀なくされることもある。介護を受ける必要も発生するかもしれない。しかし日本には、人生に起こりうるあらゆるリスクをカバーする生活保護という、優れたシステムが存在する。年老いた親の生活を生活保護に委ね、子世代が親と円満な関係を維持して交流を続けることは、非難されるべき選択肢ではないはずだ。

「ダイヤモンド・オンライン」(2021年7月3日配信)

小室圭さんは、学力も高く、将来有望な若者として、一説には「将来は年収1億円を稼ぎ出すのではないか」などとも言われています。また、現在では、小室圭さんが準皇族となる女性宮家や、眞子さまが結婚後にも有償で公務を請け負う、皇女制度なども検討されており、いずれの場合も小室圭さんが大変な高額の収入を得ることとなる可能性は高いのです。

一方で、小室圭さんが、佳代さんと縁を切った場合、佳代さんは生活保護を受け取りながら、孤独に細々とした生活を送っていくこととなる可能性が高いでしょう。

果たして、小室圭さんが最愛の眞子さまとの幸福な結婚生活を実現するために、小室佳代さんを実際に切り捨てるのかは分かりませんが、こうした選択をした場合、小室圭さんが多くの人々から強い非難を浴びることとなるのは間違いないでしょう。

実際、この「ダイヤモンド・オンライン」の記事が掲載されたニュースサイトのコメント欄には

「生活保護って原資は税金だろ?」「生活設計として生活保護を視野に入れるのってどうよ?」「生活保護がいけないとは言わないけれど、それは最終手段でしょ。それに小室Kと眞子内親王のバカップルの結婚とは関係ない」「税金をなんだと思っているのか?」

などといった厳しい意見も数多く書き込まれています。

繰り返しになりますが、果たして小室圭さんと眞子さまが今後どのような選択をするのかは分かりません。ですが、ともかくも、多くの人々が納得し、祝福することができるような懸命な選択をして欲しいと強く願います。

ご拝読ありがとうございました。



アンケート

小室佳代さんはどのように行動すると思いますか?

View Results

Loading ... Loading ...

4 COMMENTS

匿名

佳代さんは年金不正受給問題、傷病手当不正受給問題、また、今現在も労災を不正受給しようとしている問題、反社との関わり、夫の不審な自殺等、疑惑が山積みです。
秋篠宮家は捜査を止めているそうですが、きちんと捜査して、逮捕に持ち込んでください‼️
共犯者の息子と真子さん、そして秋篠宮夫妻も逮捕でいいんじゃない!!
前代未聞がお好きな皆様ですから、仲良く牢獄でお過ごしください。

46
1
返信する
ニューヨーク日本歴史デジタルミュージアム

ヤフコメに

「2020年12月12日、ニューヨーク日本総領事館の発案で「ニューヨーク日本歴史評議会」が設立された。

そのわずか5ヶ月後の2021年5月18日に、「ニューヨーク日本歴史評議会」は「ニューヨーク日本歴史デジタルミュージアム」というウェブサイトを開設している。
これは単なるデータベースで箱モノはない。コロナ禍のどさくさに紛れて突貫工事で下準備をしていたということだ。

「一般人」になられた小室眞子さんはおそらくこの「デジタルミュージアム」に「就職」することになるだろう。

一般人の場合、海外に大金を送金するのは今は難しいが、日本外務省から在ニューヨーク日本総領事館を経由して、「給与」名目で小室眞子さんに巨額の金銭的援助がなされることになるのだと思う。」

とコメントしている人がいる。
(「年内結婚がひっくり返る可能性はまだあります」紀子さまのお誕生日文書に漂う“突き放し”の意志《眞子さま小室さん結婚報道》 文春オンライン)

「ニューヨーク日本歴史デジタルミュージアム」って、なにそれ??! 
また皇室特権の乱用? 強欲。身の程知らず。傲慢。
こんな汚いこと続けて、ただで済むと思っているのかしらん?

21
返信する
匿名

縁を切ったところで、すでに息子も犯罪に加担しているので無意味です。加えてその犯罪者をかくまい、せっせと血税を流している秋篠宮家も同罪。
もう国民に周知されている事実。これをなかったことになんて絶対にさせませんからね。
佳代の逮捕→眞子の破談→秋篠宮家追放の流れあるのみです。
国民は見ていますから。忘れませんから。

23
返信する
匿名

メディアの報道の何割が本当かなんてわからないんだからそっとしておけばいいと思う…
母の方は警備にお金かかるんだったら罪状明らかにして捕まえてしまえばいいし、そことは切り離して眞子さまは幸せになってほしい……何年も公務を頑張ってきてくれた人に対して事実かどうかもはわからない内容で責め立てるのはちがうのではないかと

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。