ついに月刊誌が悠仁さま「東大入学計画」の詳細を暴露!政府や文科省も徹底サポートで東大天皇のお膳立て


文・もっちゃん

悠仁さまズル入学でも反省なし

先月4月9日に、筑波大学附属高校の入学式に出席された秋篠宮家の長男・悠仁さま。悠仁さまの筑附入学に関しては、「ズル入学ではないか?」「皇室特権だ!」といった様々な批判がなされていますが、そうした問題に関して、何の説明もなく、また総括もなされていません。

ですが、そうした諸々の問題を抱えながらも、すでに紀子さまは、悠仁さまの大学進学を見据えておられるようです。特に、現在、週刊誌等のメディアでも繰り返し報じられているのが、悠仁さまの東大進学計画です。

ある皇室ジャーナリストは「お茶の水女子大附属中学に入学されたときからの、ある種の既定路線でした。というのも、お茶の水女子大の共学は中学まで。そこで、2017年から筑波大との間に導入された、面接と書類審査などで両大学の附属校への転入ができる『提携校進学制度』を使っての進学となったのです」と解説した。

 同校の偏差値はゆうに70を超える全国屈指の進学校。となれば、当然、今後注目されていくのは、3年後の大学の進学先である。

 ある筑附高卒業生は「毎年、東大合格者も30人前後を輩出しています。悠仁さまが東大を目指されても何の不思議もありません」と話す。

「NEWSポストセブン」(2022年3月31日配信)

多くの国民から、「ズル入学」「皇室特権」といった批判を浴びながらも、悠仁さまの東大入学に強い意欲を見せられている紀子さま。

何が何でも東大に!の想い

そのように、「何が何でも東大に」というような高学歴への強いこだわりを見せられている背景には、かつて超エリートコースを歩まれていた雅子さまへの対抗心があるようです。先の「NEWSポストセブン」の記事には、次のような皇室ジャーナリストの言葉が紹介されています。

ここまでの高学歴志向の背景には何があるのか。「秋篠宮さまが母校の学習院大学を好まれていないなどの報道もありましたが、紀子さまの強い思いもあるようです。天皇陛下は学習院大学を卒業後、英オックスフォード大学に留学し勉学に励まれました。そして皇后・雅子さまは米ハーバード大学を卒業後、東大に入学され、外務省で活躍したキャリア官僚です。学習院大学在学中に秋篠宮さまと出会ってご結婚された紀子さまは留学経験もありません。皇族は華やかな学歴をお持ちの方が多い。そのなかでも悠仁さまには、より学識を深め、より立派な経歴を持ってほしい、そんな思いが見え隠れしているのだと察します」(前出・皇室ジャーナリスト)

 将来、史上初の東大出身の天皇誕生となるのだろうか。大事な高校3年間が始まろうとしている。

(同前)

このように、週刊誌等のメディアにて、悠仁さまの東大進学の噂が囁かれる中、月刊誌「実話タブー」(2022年7月号)は、現在、着々と進められているという悠仁さま東大進学計画の詳細について報じています。

篠原氏によると、現在、眞子さんのご実家である秋篠宮家でも、悠仁さまの進学をめぐって現在進行形の新たな動きがあるという。

しかもその動きは悠仁さまの高校卒業後の進路として、日本で最難関の東京大学への入学を画策するというものだから驚きである。

「わたしのところに情報提供があったのですが、悠仁さまの進学に関連して、指定国立大学法人制度という文科省の制度が利用されている可能性が考えられます。この制度は、先進的な研究をしている大学からの申請を受けて、審査の結果、特別な財政支援をおこなうものですが、実は悠仁さまが4月から進学する筑波大学附属高校の母体である筑波大学も2020年10月にこの審査をパスしているんです。悠仁さまの入学が決まった直後に、筑波大学の永田恭介学長が附属高校のことなのに『大変光栄なことだ』とわざわざコメントしたのにもそういう背景があるのでしょう」

指定国立大学法人として現在指定されている大学は、東京大学をはじめ、わずか9大学。厳正に行われるべき審査の動向が悠仁さまの進学に左右されているとすれば、大きな問題である。

「実話タブー」(2022年7月号)

推薦制度すら変えてしまう紀子さま

このように、悠仁さまの筑附進学により、指定国立大学法人制度の審査が歪められてしまったとした上で、続けて、東大の進学に関しても、すでに悠仁さまが推薦入試で合格しやすいように制度の改正がなされたと指摘します。



さらに、悠仁さまの東京大学進学を熱望する紀子さまの要望に応じるため、東京大学の推薦入学制度もこの数年で激変したという。

「紀子さまは悠仁さまが小学校にあがる頃から東京大学進学を希望していたと言われていますが、東京大学はその要望に答えるかのように、悠仁さまが小学4年生だった16年に推薦入試制度を開始しています。当初一校あたり男女1名ずつ合計2名までだった受験者の枠も、21年には1校あたり合計4名に拡大され、しかも男女2名ずつではなく、男子3名女子1名でも可能なように変更されました。この変更について悠仁さまが仲の良いご学友と一緒に入学するために改正されたと訝る声も出ています。それだけでなく、悠仁さまが進学を希望する東大農学部の校舎の大規模修繕工事もすでに20年から始まっているのです」

まるで婚約内定後の圭さんの歩みと同じように、悠仁さまの進路も、東京大学進学を着実とするために強引な環境整備が横行しているようだ。

(同前)

悠仁さまの筑附入学に関しては、悠仁さまだけでなく、悠仁さまと同じお茶の水女子中学校から、他に2名の仲の良い男子生徒が共に筑附に入学したということが話題となりました。

おそらく、ここで篠原氏が述べている東大の推薦入試の制度改正は、悠仁さまが、この仲の良い二人の生徒と一緒に東大に進学できるように、ということで整備されたのでしょう。

また、このような動きは、秋篠宮家からの圧力のみで実現させることは不可能であるとして、篠原氏は、同記事の中で「文部科学省ぐるみの動きでなければ、こんなに都合良く制度改正がおこなわれるわけがありません」とも述べています。

悠仁さまの東大入学のためなら、政府や文科省すら動かしてしまう紀子さま。皆さんは、果たして悠仁さまは、3年後に東大に進学していると思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

18 COMMENTS

匿名

東大農学部でモルモットの美味しい食べ方の勉強するんだよね!
父親おもいだね!

84
2
返信する
『 親ガチャ 』の言葉をご存知?

『 親ガチャ 』の言葉をご存知?

筑附の生徒さん達は、とっくにご存知だと思うのですが、、、SNSの普及で他者との
私生活の良い面と悪い面が見えるようになった、、、況や皇族においても、、、子供は生まれてくる遺伝子(DNA)要因と環境要因の違いを『生まれてくる子は親を選ぶことは出来ない』事実を ”スマホゲームのガチャ” に例えた言葉だそうです。

●親ガチャのハズレ、、、虐待、過干渉の仕打ち、DV、非論理的な逸脱行為、等、、

65
返信する
匿名

>東大農学部の校舎の大規模修繕工事もすでに20年から始まっている

これは悠仁云々以前から耐震化を目指して行われたもので、そもそも悠仁が受験するとしても理科二類で駒場で二年間過ごさねばならず、進振りを経ないと、三年次からの駒場の所属学部すら決まらない有様では、ちょっと飛ばし過ぎです。

駒場キャンパスは、それこそマウリポリ製鉄所みたいに複雑な構造ですから、もし本当に悠仁の裏口入学が決定事項だったら、まっさきに駒場全体の改築と悠仁専用の障害者向け特殊便所を用意しなくてはならないので、いまごろは駒場キャンパスこそが至るところで大工事中になっていなくてはなりません。(が、実際はそんな動きはなし)

問題は、筑波附属で成績最下位の悠仁を、東大に仮に推薦制度を悪用して不正に押し込むにしても、ずば抜けた特技が皆無であることです。加えて外国語知識もなきに等しいのに、何が合格既定路線なんだか、東大教授側の審査体制も論じるべきです。

結局、紀子が「東大合格は既定路線よ」とわめき、反対するジャーナリストまでがついつい「東大天皇」などと乗せられることに狙いがあるわけで、入試で数学0点だったことなどこそが報道すべきテーマです。

筑波で最下位で、全く授業がわからない悠仁に、東大の講義が理解できるわけもなく、単位も0点答案ではつけようもないわけで、大学自治のなか、教授一人一人、評価基準があり、いくら紀子が命令しても首を縦にふらない必修単位の教授が一人でもいれば、卒業はおろか進級もできないのです。

よって、紀子は悠仁だけはフリーパスで、ノータリンでも入学から卒業まで裏口可能だとどんなに叫ぼうとも、東大教授でこれに従えば、研究者としての自殺行為になりますので、その良心が許しません。
確かに一部の腐敗した御用教授たちは、秋篠宮家に近づいてきましたが、筑波での悪評はたちまち拡散され、紀子の裸の王様ぶりも知れ渡っています。
悠仁の東大進学話は、紀子の頭のなかの妄想にすぎず、実現性は皆無というしかありません。

131
3
返信する
匿名

いやいやいや、言葉が出ません。
そもそも、A宮家にそんな権力があること自体、あり得ない。
一番呆れるのは、国や国立の機関があまりに弱腰で、赤子の手をひねるように簡単に牛耳られているということです。
九七一庁(国)、外務省(国)、NY総領事館(国)、税金(国)、筑波大附属高校(国)、警察(国)、東京大学(国)、などなど。中でも最も酷いのが、国民を侮辱しまくる一家の策略、言動、態度。
ナンなんや、これ。この国は、いつまでこの人たちに凌辱されるんだろうか。

150
返信する
匿名

国民は、侮辱罪でA宮から訴えられる前に、国民に対する侮辱罪でA宮一味を訴えるべき。
「平民ども、頭が高い」
これ、侮辱でしょ??

120
1
返信する
匿名

江森某は敬宮様に東大進学のニュースが出た時に
皇族に学歴は関係ない等と宣っていたそうだ。
これが秋家の事になると大絶賛?なんだこれ。
国立大は寄付金を詰めばば〇でも入れる所?
過去大学入試で逮捕された人達お気の毒。
日本国民の心の頂点に立とうという人達がズルばかりする。軽蔑しかない。

143
返信する


匿名

江森某や森某が
勤務していた毎〇新聞社という所は社の方針が2人の思想?皇室に対して。
秋家寄りの方針?

96
返信する
匿名

この一皇族の権威の乱用は、憲法第一条に大きく違憲している。それも政府ぐるみで。
これ以上国民を愚弄すると、誰も止められない取り返しのつかない状況に追い込まれる。これは冗談ではない。一皇族も政府も皇室をなくしたいのか?

108
返信する
匿名

❮❮紀子さまの横暴に宮内庁激怒で、遂に「秋篠宮家潰し」の計画が始動!月刊誌が衝撃事実暴露!100日後に潰れる皇嗣家❯❯

この記事が出たのが2月7日。
今日でちょうど100日です。
何が起こるか 待っています❗️

106
返信する
匿名

「祝・予言百日目の快進撃」

100日経って、印籠男児の虚飾がこれほどまで鮮やかにばらされ、「帰れコール」の洗礼を親子三人揃って晴れの入学式に受けるようになったのですから、予言は当たりまくっていますね。
ツクフ裏口入学偽計業務妨害事件の核心には、悠仁の盗作剽窃という著作権法違反事件があり、東大教授ならずとも「悠仁はもう救いようがない」とアカデミックな人々に知られてしまい、海外では「知的財産の窃盗犯人悠仁」として報じられました。

もっちゃんの貢献も大ですよ。
特に①入学試験会場で、悠仁は数学でも全く解答できず、机に俯していたことを目撃した受験生情報を報じ
②帰れコールで停学処分者が出た問題も詳報、③両陛下に諭され、悠仁は堪えきれずに泣き崩れた話、④案の定、入学後は全く授業についていけず、当てられて全く答えられないばかりが、いきなり逆ギレし「お前の教え方が悪い」と教師を面罵した話など、珠玉のスクープ記事を連日発表されています。

悠仁の知的障害ぶりだけでなく、性格の悪さ、発達障害児に多いキレやすさがあることを、具体的に、いかんなく報じていただき、これまで悠仁への継承路線にあきらめムードだった人々も「これではだめだ」と愛子さましか次の天皇にはダメだと理解したはずです。
悠仁への皇位継承=天皇制の終焉・皇室の自壊であることが、具体的悠仁報道で知れ渡ったのです。

これからも一層急坂を転がり落ちるように、紀子と印籠男児の化けの皮が剥がされることを期待しています。

97
返信する
匿名

そろそろ キコ発狂 という言葉が現実的に語られ出したとみます。
本「秋篠宮」の職員へ押し付けは明らかに狂気。
悠坊の優秀伝説に踊らされた庶民も、この本に関するキコの言動がもはや狂人であること、疑いようがありません。

誇大妄想、支離滅裂、理性の欠如。

全てはキコが狂人だからです。
入院、さもなくば隔離し世間との接触を一切禁止する。
これが正しい対応です。

59
返信する
ご皇室は性善説

これまで怪力乱神を語る気はなかったが、たまには語ってみるわ。

私の占いの結果だと、東大には進学するが、天皇にはなれない。

つまり、ツクフに押し込んだのと同じように、東大にも無理を押し通す。
そうして、ぼったまは晴れて東大生に。
だが、國民の怨嗟の声は地に満ちて、父親の即位も叶わない。
だから、ぼったまが法定推定相続人たる皇太子の地位に就くことも叶わず、東大天皇は実現しない。

背景には、経済状態の悪化、政治の混乱、社会秩序の崩壊がある。
先進国から本当に転落してかつてのアルゼンチンのような道を歩む日本で尊敬を集められないような君主制は、たとえ二千年続く王朝であっても終焉を迎える。

そうなって欲しくなければ、よく考え行動することだ。

50
1
返信する


通りすがり

東大っていうのがまた馬鹿の証明。
東大の進振りの話知ってるの??
自分の同級生も熱烈に宇宙工学にいきたかったけどダメだったからね。そういう世界。
入学にもズルして、進振りまでズルですか。オワッテル。なんかここまでひどいと、特アの留学生と恋愛結婚ですか?お父様もお金もらえてラッキーってところか。ほぼ外国人の天皇陛下誕生のカウントダウンかな(笑)もうそれくらい悲惨なシナリオが目に浮かびますな。

37
2
返信する
匿名

現在発売中の女性誌は、一誌は秋篠宮が即位辞退するだろうといういいニュース、もう一誌は紀子が新築中の宮邸工事が33億で到底済みそうもない理由が紀子からのやまない追加要求で、最高に金ぴかにしろとの求めのせいだとする記事でした。

いま毎日テレビにでてくるプーチンの執務室や応接間、北朝鮮の会議室、ベラルーシ大統領府もなぜか壁も把手も金ぴかに飾り立てられています。ああいう独裁者の館が紀子の好みなんだとわかりました。

静岡駅南のバラック住宅で、よせや同然の暮らしをしてきた按摩一家に生まれ、手練手管の色仕掛けにより皇室入りして最後に求めたのは金銀に囲まれた成金生活だったわけです。
しかもそれら全てを国民の血税で賄えとくるのでは、究極の水平地区対策費となってしまいます。
ここまでくれば、もはや皇賊でしかありません。

36
返信する
匿名

明治維新の時代に古事記が盛んに信じられ、天皇を神の位に置いた時から
天皇の命令なら何でもできるとした時代から基本的には何にも変わってないという事で、紀子さんはもろにその体質を受け継いでいると思います。
すべてやっている事は自らの墓穴を深くしている事に変わらず自業自得の破滅の道をひたすら進んでいるだけなのです。

13
1
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。