元婚約者の墓参りに佳代さん絶叫「あいつはストーカーだから今すぐ逮捕して!」あわや警察沙汰の騒動に


文・もっちゃん

国民の納得を得られなかった借金問題

昨年10月に、結婚した小室圭さんと眞子さんですが、最初に行われた婚約内定会見から、4年もの期間を経ての結婚となりました。

なぜ、お二人の結婚は、これほど長い期間実現しなかったのか?その最大の原因が小室圭さんの母親佳代さんが元婚約者の男性から借りていた400万円の借金トラブルです。

この借金トラブルに関して、小室圭さんは、最後の最後まで借金であったということは認めませんでしたが、最終的には、解決金の支払いというかたちで決着をつけることとなりました。

秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さん(30)と結婚した小室圭さん(30)の母親と元婚約者の金銭トラブルを巡り、小室さん側が解決金約400万円を元婚約者側に支払ったことが18日、分かった。元婚約者の代理人の週刊誌記者が明らかにした。

金額は409万3千円で、元婚約者が小室家への支援名目で支払った額と同額という。元婚約者側が指定した口座に15日付で振り込まれた。

 小室さんは12日夜、元婚約者と面会し、双方が解決で合意。小室さんの代理人弁護士は「元婚約者が解決金を受け取るという結果になった」と説明していた。

「共同通信」(2021年11月18日配信)

この解決金の支払いにより、借金トラブルは解決という事になったのですが、それでも、これまで様々な言い訳を行い借金の返済を拒否していたこと、最後まで借金と認めなかったこと、そして、眞子さんと結婚した直後に突然支払いを行ったことなどから、様々な批判の声も上がりました。

特に、多かったのは、眞子さんと結婚するまで、借金の返済を拒否し、結婚してから、眞子さんの貯金により解決金を支払ったのではないか?といった批判です。先の「共同通信」の記事が掲載されたニュースサイトのコメント欄には、次のような意見が書き込まれています。

どう考えても、この解決金の出所は、眞子様としか思えませんが、ただ、お二人の現状の日本での状況では、日本から出たいのは解りますが、本当にK室さんが米国で弁護士として生きていく事が出来るのか、かなり疑問です。聞くところによると、アメリカの弁護士業界は、日本とは比較にならないくらい厳しい世界との事。母親の金銭問題がやっと解決出来たとの事ですが、これだけ長引いたのもどうかと思いますし、人にはそれぞれの向き不向き、能力があるので命がけでやっても無理なものは無理。もちろん、弁護士試験でも、K室さんも命がけで勉強しての結果と思いますし、色々なことがあり、そして、その上、一般的とは言い難いこの状況で、次の試験はよりプレッシャーが掛かるし、これからの生活がより厳しいかなと察してしまいます。

解決金であろうと返済金であろうと、そのお金の出どころは?

他の週刊誌等の記事でも散々出ているけれど、小室家に払うお金があったなら、とっくに支払っていればこんなことにはなっていない。

この3週間で小室夫妻の大きな支出は750万だとか。

夫妻じゃなくて、嫁の財布でしょうね。嫁の財布ということは原資は働いて稼いだお金はほとんどないと思われます。

むしろ、週3で送迎付きで働いていて数年の給料を貯めたお金というなら、どんだけ月給高いんだと思うし。

降嫁するタイミングを誕生日後にして、1年分の支給されるお金をもらってたという話は本当なんでしょうか。

いくら1億数千万を辞退しても、他のルートで彼らにお金が流れたり、彼らの生活のためにお金が使われるのは許せない。

こうしたコメントからも分かるように、スッキリしないかたちで、無理やり終わったことにされた、この借金問題。



元婚約者の男性の墓参り

この問題が解決して以降、この元婚約者の男性については、メディアで取り上げられることもなかったのですが、先日、小室家の墓参りをしたことを『FRIDAY』(2022年5月20・27日号)が報道しました。

関東近郊に位置する、歴史ある寺院。4月下旬、この寺院の墓地にスーツを着た男性の姿があった。墓石には「小室家」と刻まれている。

「ここにはずっと来たいと思っていました。ようやくお墓参りができて、本当に嬉しいです」

そう語るのは、小室圭さん(30)の母・佳代さんの元婚約者のA氏。世間を騒がせた「400万円金銭トラブル」の当事者だ(以下「 」内はすべてA氏の発言)。(中略)

4月15日、小室さんがニューヨーク州の弁護士試験で、2回目の不合格となったことが報じられた。次回の試験は7月で、小室さんは再び受験するとみられているが、ビザの期限切れに伴う「帰国説」も流れている。

「家庭をもったうえに、海外に移住したわけですから、とても勉強に集中できるような状況ではなかったと思います。ただ、彼は非常に真面目で勉強家ですから、次の試験ではきっと合格するのではないでしょうか。

半年前の交渉のとき、圭君は私に何度も『悲しかった』と言いました。私はよかれと思って彼らにお金を貸していたのです。それなのにあのような言葉を投げかけられたことには、いまだに引っかかりはあります。ただ、何年間もこの問題が私の生活の大部分を占めていましたから、いまはホッとしたという気持ちが大きいです。無事にけじめがつけられて、敏勝さんの墓前にもこうして報告ができた。ようやく心穏やかに暮らせそうです」

半年前に比べて少し穏やかな表情を浮かべ、A氏はそう語っていた。

『FRIDAY』(2022年5月20・27日号)

元婚約者の男性の墓参りに佳代さん絶叫

生前、佳代さんの夫・敏勝さんと交流もあったというA氏。ニュースサイトのコメント欄では、A氏の温かく穏やかな優しさに満ちた心を称賛するコメントが数多く書き込まれた一方で、佳代さんは、この「FRIDAY」の報道に大変なショックを受けていたそうです。

「元婚約者の男性が、小室家の墓参りに訪れたことを知った際、小室佳代さんは、“あいつはストーカーよ!!いつまで私に付きまとうの!!”と絶叫し、“警察に通報して、悪質なストーカー行為として逮捕してもらう”などとも言っていたそうです。周囲の人々が止めなければ、本当に警察に相談しにいくところだったようですよ。

元婚約者の男性は、小室圭さんへの思いやりの気持ちなどから、支援し、様々な世話をしてあげたのですが、佳代さんは、自身に対する愛欲から、こうした付きまとい行為を行っていると信じ切っているようですね。

自信過剰とも言えますが、同時に、そうした低俗な欲望の次元でしか、相手の行動の動機を推し量ることができないということでしょう」(皇室ジャーナリスト)

小室家への思いやりから墓参りを行った元婚約者の男性と、それをストーカー行為としか捉えられない佳代さん。ここにお二人の人格の差が表れているように思えます。

皆さんは、こうした元婚約者の男性の思いやりに満ちた振舞いをストーカー行為としか解釈できない佳代さんについて、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。



24 COMMENTS

匿名

K代さんドクターストップ中でしたよね?
そんなに大声を張り上げるくらいならお元気な証拠。
お嫁さんも然り。
皆さんも仰る通り、どうぞ警察へ。
逮捕されるのはどなたになるでしょうね。

90
1
返信する
一般人の感覚

あれ?確か最初は小室圭の父親とA氏(元婚約者)が友人関係だったはず?そのためA氏は小室母との面識もあったと記憶しています。

父親が亡くなって、金に困った小室母が人柄の良いA氏に近づいて誑かし婚約という形でA氏を信用させて金を騙し取ったのです。

その金が当時の小室母子の生活費や小室圭の学費に回ったのです。

この図式は一般的な感覚の持ち主なら、すぐに結婚詐欺と分かるものですが、眞子さんや秋篠宮家・宮内庁は全く分かっていなかった。

それどころか、今尚小室母子に振り回され支援している!

なんとも情けない限りです。

96
1
返信する
匿名

ジャガーさんは本当に生真面目な方ですね。
非業の死を遂げられたコムロ父敏勝さんとは旧知の仲、幼くして父をなくしたコムロに同情心を寄せあれこれ気遣った挙げ句佳代に騙されて婚約に至り、その結果生活費やコムロの学費まで出すことになり、しかし親子の薄情さ(金金金)に嫌気が差し婚約解消されたことはこれまでの報道で明らかにされていますが、返還されたお金の出所をはじめ、秋家が皇室特権を使って捜査を停止させた諸々の不審な事象やお金の流れは全く解決していないどころか国を上げての隠蔽工作や、コムロへの利益誘導が益々増幅して行くばかり。

次期天皇、次々天皇を抱える皇嗣家の背後で、この女性の人の善意を利用し心を操る黒い思惑が働いていることが国民として情けなくて仕方ありません。

60
返信する
匿名

親子の薄情さ

>匿名さん

本来なら金を貸して助けてくれた恩人です。

しかし、この親子には他人に対する感謝の気持ちがない!

最後の話し合いの場も、金を貸したA氏を借りた側の小室圭が呼びつけて上からモノ言っていましたからね。

金は借りたが立場は俺(小室圭)の方が上と思っていたのでしょうか?普通ならぶん殴られます!

39
返信する
匿名

元婚約者さん、本当に優しい立派な方なんでしょうね。あの親子に貢がされた金額は、振込明細がある約400万円だけではなく、実際にはその何倍もあるのでしょう。
しかし、今現実に起きている国税が湯水の如く注ぎ込まれて、天皇制を根幹から揺るがしている事を考慮していただき、心を鬼にして、あの親子に関して知っている事を、全て暴露して貰いたいですね。

28
返信する
匿名

>匿名さん

お金も然ることながら費やした時間も膨大です。
特に小室圭は時間の浪費には疎いかもしれません。本来、ビザの関係で試験も2回までがリミットである事は事前に分かっていたはず!
普通なら死物狂いで勉強して2回以内に合格を決めるはずですが、結果は皆さん知っての通り!
しかも3回目も受けると呑気な事を言う始末!これも税金で養ってもらっている上、何かあっても宮内庁がフォローしてくれるから危機感がないのです。

24
匿名

元婚約者さん(ネット上ではジャガーさん)は礼儀正しいお方ですね。わざわざトラブルメーカーとなった佳代側のお墓にお参りに来られるなんて。立派な男性だと思いました。普通ならけったくそ悪いと知らん顔したいでしょうに。

推測ですが、小室本家が裏で何らかのアプローチをして丸く収まるように動かれたのかも知れませんね。
だから恐縮して、せめてお墓参りだけはとか?

一時は遺児の圭を養子に貰おうかとも思ったほどだったので、こんな日本中から罵られる存在になったことに、責任感をお感じなのかも知れませんが、もしそうならば、全くの杞憂でしかありません。

小室騒動とは、元を糺せば、紀子が身の程知らずな結婚を強行し、バラック民が皇室入りし、その夫もまた偽皇族だったという笑うに笑えないドタバタ劇を演じたことが原因でした。規格外の偽皇族一家にはまともな縁談はなく、精力をもてあました娘たちが次々とジゴロの餌食になっていっただけのままある話です。

そこに、角田一家が喰らい付き、悠仁のもつ出生秘密を楯に、皇室乗っ取りに近い○○事件を引き起こし、もともとやましいことだらけだった美智子をば震撼せしめて、今に至る複雑経緯を辿っているものとみられるだけに、ジャガーさんには何の罪もないどころか、角田家の血を引く人間の実像を世間に遺憾なく暴いてくれた功労者と評価されるべき方です。

78
返信する
匿名

血の繋がりはないですがA家もK家も自信と自己肯定感が凄いですね。
一般人はこれを自意識過剰と言うのですが。

56
返信する


匿名

自信過剰とも言えますが、同時に、そうした低俗な欲望の次元でしか、相手の行動の動機を推し量ることができないということでしょう」(皇室ジャーナリスト)

毎度毎度、皇室ジャーナリストと書いているだけで名前を伏せているために架空記事とも思える。
もし100歩譲り事実だとしても交際期間中から相手をこのように見ていたとするなら?愛じゃなく色欲の釣り同然だったと言う事では。
それじゃ気持ち悪いだけです。
佳代さんは相手方とは年下なのでこのような自信過剰になるのでしょうか。

24
1
返信する
野良猫

>小室家の墓参りに訪れたことを知った際、小室佳代さんは、“あいつはストーカーよ!!いつまで私に付きまとうの!!”と絶叫し、“警察に通報して、悪質なストーカー行為として逮捕してもらう”などとも言っていたそうです。
周囲の人々が止めなければ、本当に警察に相談しにいくところだったようですよ。

自分は1度も墓参りシタコトガ無いのに❓️
篠原J一郎さんが、綿密に調査して、グループで画策した保険金目あての殺人事件だと突き止めたのに❓️??

周囲の人、止めなきゃ良かったのに。
自分から警察に行ったのなら そこで詳細に事実確認追及出来る機会になったのでは❗️

51
返信する
匿名

>野良猫さん

小室母は小室姓を使ってはいますが、恐らく小室家の墓には親族一同が猛反対して入れないでしょうね。

22
返信する
匿名

フミヒトさんは、
こいつを逃したら長女は結婚できない!
どうせすぐ女性宮家を作り、長女が当主になって皇族費もらうんだから、オトコは無職でもかわまん。
そう思って、宮内庁に身元調査をさせなかったんでしょう。
ところがあやしい借金問題は出るわ、女性宮家はできないわ、
そのうち長男の盗作や裏口までバレてどうしようもない。
普通は学ぶよ?
こんなことしちゃいけない。
腹の中はどうあれ、おとなしくしてよう…と。
今度は伊勢参りにかこつけて、セクシーランジェリー販売会に参戦。
キコサマ、 参拝服にブラのレースがくっきり。
アタマ悪い人はおとなしくしているものですよ。

65
返信する
匿名

紀子一族が皇室の信用をお金に換えるような、皇室ビジネスと御用地不法占拠生活を続けているので、じゃあ我々もいいんだよな、と魑魅魍魎が接近してきて、いまの秋篠宮家周辺は、胡散臭い紳士と訳あり淑女の結合体になりはててしまいました。
偽皇族非嫡出であることも、朱に交わったことで暴かれ、たかられ、ヒルのように吸血されて、すっかりふらふらにされた文仁。みるからに体調悪そうですね。余命はあとどれだけあるのでしょうか。

56
返信する
匿名

胡散臭い てよく言ったものだね。
ミテコも近くだと相当臭いと何かにあった。
腐った人間は腐った変な匂いがする。
経験上もこれは正しい。

ちなみにミテコの着たドレスは、臭いのと化粧がべっとりついているのとで、着回しができないという。
それをいいことに新調し続けていた。

日本人ではない態度がこんなところにでる。

37
返信する
匿名

秋の回りの人ってなんていうか………
似た者同士過ぎてため息しかでません。
皿に自分も皇族という天狗が履くような1本足の高下駄履かせて貰って、あれれっていう間に皇位継承順位第一位にさせて貰ったから夫婦揃って勘違いしちゃったのね。KK母も自分も偉くなったと勘違い。
だけど秋の高下駄は1本足だからぐらぐらよね。
もう、秋家が皇室を出て行くしか解決の道は無いんじゃないのかな?
秋家の皆さん、自由が待ってますよ。好きでしょ?

56
返信する
匿名

DNA鑑定を怖れ、ひたすら現状を変更させまいとすればするほど、ボロが出る悪循環が始まった秋家。
いまや犯罪の嫌疑がかかっていなくても、容疑者から除外するためにDNA鑑定がなされる時代なのだから、本当に美智子の実子かどうかは、内外の複数の医療機関や報道関係、中立な機関を用いてDNA鑑定をしてからでないと、秋へは皇族資格を認められない状態です。
もし非嫡出だったなら典範違反になり、これまで受給してきた皇族費は全額返還する必要性が出てきます。
ツクフの裏口にとどまらない、大問題です。

33
返信する


匿名

静岡駅南バラック賤民卑と鎌倉寺乞食履物商娘

まあどちらもよく似た出の者どうしで、ジャガーさんのほうがいずれも彼女らよりは”出身成分”が上でしょうから、ちゃんと墓参にもおいでになられた。

なのにすぐにこういう絡み方をしてしまうところが、お里が知れてしまう最大の原因といえます。
どうして「わざわざお参りくださってありがとうございました」といえないのかしらね。
さんざんお金を出させて、搾り取れるだけ取って、ぼろぞうきんのように捨てるのは頂けません。
国民はその辺をしっかり見ていますよ。

32
返信する
匿名

>匿名さん

婚約しても結婚する気はない!初めから金が目当てだったという事を露呈していますね。

23
返信する
匿名

眞子は高校まで学習院。
佳子も中退まで学習院。
なのに、学習院では結婚相手が見つからなかった。

婚前交渉に寛容な子育てをしてみても、父親は非嫡出児、加えて母親の駅南出自問題が足枷になり、本人たちの頭の程度もあって、売れない物はどうにも売れません。富士急御曹司に押し売りしようとするも、あっさりお断りがきました。

最後に見つかったのがこの圭です。それにしても相当な生活支援、飼育料を付けないと、売れない動物の面倒はタダでは見てくれないというべきですね。
佳代が強気なのもわかります。

18
1
返信する
シュピッツベルゲン

「~小室佳代さんは、“あいつはストーカーよ!!いつまで私に付きまとうの!!”と絶叫し、“警察に通報して、悪質なストーカー行為として逮捕してもらう”などとも言っていたそうです~」(皇室ジャーナリスト)」
・・・新潮や文春、セブンや女性、自身など名立たる週刊誌各社の記事に出て来る無記名の“皇室ジャーナリスト”って本当にいるの?存在自体怪しい。しかも「~そうです」って伝聞じゃん。ってことは誰かが言ってたってこと。さらに当てにならない情報。良識ある人間は信じませんよ~つうか~信じられませ~ん。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。