悠仁さまは、幼少期から真っすぐ歩けなかった?足の異変を示唆する6歳時の衝撃映像が話題に!


文・もっちゃん

悠仁さまをめぐる不穏な噂

現在、筑附へのズル入学や作文コンクールでの盗作問題などで、多くの国民から批判を浴びることとなっている秋篠宮家の長男・悠仁さま。

皇位継承順位2位の男性皇族として、ゆくゆくは天皇の地位を引き継ぐこととなる悠仁さまですが、以前から様々な不穏な噂が流れていることも事実です。

特に、悠仁さまに関する不穏な噂が流れることとなった最大の原因はなんといっても、宮内庁から報道各社に通達された罰則付き報道規制でしょう。

秋篠宮家のお子さまについて報道自粛を求める、この罰則付き報道規制は、ジャーナリストの上杉隆氏が著書『ジャーナリズム崩壊』にて暴露したことで、その存在が明らかとなりました。

上杉隆氏は、この著書の中で、宮内庁から記者クラブに向けて、次のようなメモが配布されたことを明かしています。

趣旨

秋篠宮ご一家のお子様方に関し、両内親王殿下におかれては、ご成長に伴いそれぞれ活動の幅を広げられているところであり、また悠仁親王殿下には、今年9月で2歳になられることから、今後、外出の機会が徐々にお増えになるものと思われる。その際、ご一家のご活動やお子様方のご成長を国民に正しく伝える一方で、お子様方が静謐な環境下で健やかにご成長いただきたいとの思いは、国民共通の願いである。ついては、今回、宮内庁(宮務課、総務課)と報道機関相互の話し合いにより秩序ある報道体制を確立することとしてはどうか

申し合わせ概要 申し合わせ内容

宮内庁は、原則として、以下の機会に悠仁親王殿下もお入りになった秋篠宮ご家族のお写真及び映像又はそれらを撮影及びペン取材する機会(以下「お写真等」という)を報道機関に提供する。

〇新春

〇初春(2~3月頃)

〇初夏(5~6月頃

〇夏(7~8月頃)

*悠仁親王殿下お誕生日のお写真も兼ねており、例えば夏休みに取材をお受けいただいた場合には、お誕生日のお写真は特に提供しない。

〇秋篠宮殿下お誕生日(11月)

その他、宮内庁として適当と思われる機会には、宮内庁は上記以外のお写真等の提供を行う。

各報道機関は、上記以外の場合の秋篠宮家のお子様方の取材及び撮影並びに映

像を使った放映・報道は自粛する。

上記に反する行為を行った報道機関に対しては、宮内庁は、当分の間、便宜提供を行わない。なお期間は、それぞれ違背行為の内容や取材等を勘案し、宮内庁が決める。

『ジャーナリズム崩壊』著 上杉隆 幻冬舎新書

秋篠宮家の隠ぺい体質

この罰則付き報道規制ですが、秋篠宮家のお子様方に対する取材を規制するような内容の通達となっていますが、実際のところ、真の目的は、悠仁さまに関する報道を規制させることが目的であったというのが半ば通説となっているようです。



というのも、これまで眞子さんや佳子さまのプライベートに関するお写真は、しばしば週刊誌等に掲載されていました。そのため、この罰則規定は、秋篠宮家のお子様お三方に対する報道規制というよりは、事実上の「悠仁さまに関連する報道に対する罰則」であると考えられているのです。

この罰則付き報道規制ですが、この規制が通達されたのは、産経新聞が次のような事件について報じた直後であったようです。

秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまが先月、転倒して顔にけがをされていたことが11日、

分かった。ただ、大事には至らずご回復も順調という。

宮内庁によると、悠仁さまがけがをしたのは、ご夫妻が

「日本インドネシア友好年オープニング式典」出席などのため、

訪問先のインドネシアから帰国された翌日の1月26日。

東京・元赤坂の赤坂御用地内にある秋篠宮邸の庭で遊んでいた際に転倒し、

顔に軽傷を負われた。

医療関係者の話では、悠仁さまは都内の病院で数針縫うなどの治療を受けられたという。

傷口も目立たないまでにほぼ完治したことから、11日には秋篠宮ご夫妻と一緒に

皇居・御所を訪れ、天皇、皇后両陛下に元気な姿を見せられた。

「産経新聞」(2008年2月11日配信)

果たして、なぜこの事件の直後に罰則付き報道規制の通達が出されたのかは分かりません。ただ、何かこうした事件について世間に広く知られることが秋篠宮家にとって不都合であったということは確かでしょう。

悠仁さまの足に異変?

ところで、悠仁さまに関する不穏な噂とは、具体的には二つあります。一つは、発達障害に関する噂。現在では、脆弱X症候群という難病を患われているのではないか?との噂も流れています。

それからもう一つは、足に関する噂です。悠仁さまの立ち姿の写真は、何か立ちづらそうに、斜めな姿勢で立たれているものが多いこと、それから、しばしば、左右逆の靴を履いているように見える写真などもあることから、足に何か障害を抱えているのではないか?という噂が立っていたのです。

そうした中で、現在、悠仁さまが6歳の頃に撮られたある映像が話題となっているようですね。その映像がこちらです。

当時、6歳児であったこともありますし、もしかすると、単に悪ふざけでフラフラと歩いていたという可能性もありますが、それでも、不思議な印象を受けることは確かです。この映像に関して、Twitter上では、次のような意見が書き込まれています。

歩き方が普通の6歳のとは思えない。

体幹、グラグラですね。

この子、オラオラ歩きしてる!と思いましたけど、ただ単にふらふらと足元が覚束なかっただけなのね?

こんな映像残しといていいのかしら

ボッたまが変な歩きをしているのを両親もカコちんも全く気にも止めている感じが無い。

もちろん、こうした映像のみから、悠仁さまが足に障害を抱えていると断定することはできませんが、不穏な噂が立つのもやむを得ないでしょう。皆さんは、本当に悠仁さまは足に障害を抱えられていると思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。



ご拝読ありがとうございました。

36 COMMENTS

匿名

不思議な映像ですね。報道規制しながら、こんな映像があるなんて。
それに、前を歩いているかこサンも変な歩き方では❓️??

いろんな事で隠蔽したり、優秀過ぎる報道を異常なほど出したり、秋篠家そのものが不思議な存在です。

秋篠家だけでなく、川島家もコムロ家も。佳代サンの弟の反社角田は⁉️

127
2
返信する
匿名

まぁ、俺が摂政になって天皇の仕事をするから、
平民の皆さんは安心していいンだわ。

16
11
返信する
匿名

ちゃんと圭皇配殿下と呼ばないといけないンだわ

8
10
匿名

6歳の映像!
ヘロヘロ歩いているから3歳位かな、と思って見てました。
これが皇位継承順位一位と二位の方々。

後で
参拝の時に雨が上がった、と嘘八百の報道をするために雨の中傘を指さずに歩いて
お伊勢さんの職員の方々に迷惑をかけて!!!
皆さん風邪ひかなかったかしら。
神様へのご報告の旅なのにいろいろな嘘や誤魔化しがあって恥ずかしくないのかな?
秋家もその記事を書いたマスコミも。

10
返信する
匿名

歩き始めた赤ちゃんより不安定だわ。
高下駄を脱ぎ捨て、早く彼の成長に見合った学びを受けられますように。

119
1
返信する
一般人の感覚

小室圭も義弟で『未来の天皇』だから、兄の様に仲良くしているフリはしますが、内心は『面倒くせーガキだな!』と思っていますよ。

小室圭が興味あるのは金と名誉だけ!

金は嫁を介して税金を引っ張り、名誉は『天皇の義兄』とする事でしょう。

本当、秋篠宮家と宮内庁は大間違いをやらかしましたね。

121
5
返信する
匿名

こちらの映像以外にも、様々な動画や写真で体幹・歩き方のおかしさや不自然さは目立ちます。

普段から医療・病気・障害・リハビリに関わる人間からすれば、身体や知的の不自然さは幼い頃から分かります。
それ故に、ちゃんとした療育を受けられたら、坊っちゃんの人生は大きく変わり健やかに過ごせたのになと思います。

某不登校YouTuberと同じように、国を上げて子供の人生を使った壮大な実験を見ている気分です。

109
3
返信する
匿名

今なら絶対ないと思うが、5−6歳位の頃、同じ新幹線の車両に乗ったことがある。通路を歩いているのを見たが、足取りが特徴があるようには感じなかった。

6
84
返信する
匿名

>同じ新幹線の車両に乗ったことがある。
>通路を歩いているのを見た

秋篠家と同じ新幹線の同じ車両に乗って、ヒサヒトさんが通路を歩くのを見ることが出来る人❓️??

文仁さんか キコさんか。
一般人では有り得ない……と思うが。

124
3
返信する
嘘つきは泥棒の始まり

皇族、ことに内廷皇族や皇位継承順位の高い皇族は、新幹線移動の際は車両を貸し切ります。
警備のため、前後の車両にも一般乗客はいませんよ。
秋篠さんちのバイトですか。
昔から面白いよね。
「新幹線の中吊り広告」で雅子さまのスキャンダルを見た…って。
新幹線にはずいぶん乗りましたが、生まれてこのかた新幹線車両に中吊り広告のあるのは知らないわ。

113
2
返信する
匿名

ことごとく国民の前にリアルタイムにさらせないことが知的、身体的に障害があるという証拠ではないだろうか?
どんな事をしても、批判を浴びても人前に出たい秋の嫁。どうしても隠したい息子、リアルタイムに記者の質問に答えられず事前録画でしか国民に見せられない息子。
秋の子供が本当に優秀なら人前に出したくて出したくて、自慢したくて仕方ない筈。
隠して隠して天皇に即位させたら、もうあの嫁は目的達成なのでしょう。
お茶は居なくなってほっとし、筑附と東大はイメージダウンし評価が駄々下がり。
日本は宮内庁、政府、外務省、文科省、マスコミ、いったいどうしちゃったの。
将来が不安で不安で仕方ありません。

72
返信する


匿名

うーーーむ、HヒトはA宮家の子育て方針の犠牲者なのかもしれない。

誰が見てもこの少年の歩き方は身障者であることを疑わせるものだと思うと思うけど、皇室に生まれたことと同様、仕方のないこと。問題なのは、彼の人権を無視した皇室内での子育てにあるように思えます。

親としては、将来の天皇候補として、国民の目に、Hヒトはそれにふさわしいと思ってもらえるよう、いいところを見せたい。(注:天皇になることがそれほどすごいことなのか?)
一方、親としては、将来の天皇候補としてふさわしくない負の要素は、徹底的に隠蔽したい。

負の要素の徹底的な隠蔽によって、A宮家は前者、つまり、Hヒトは将来の天皇にふさわしい、と国民に思わせようとしているようですが、逆効果。さっさと天皇候補放棄してしまえば楽になるのに。

一般的な場合でも、勉強が嫌いな子供に、やれ東大に行け、と命じ、家庭教師だ競争だと人格を歪める子育てを実施した結果がどうなるか、多くの場合、不幸になるのが落ちである。ましてや、皇室という特殊な環境に生まれたHヒトの場合、悲劇的な結末を危惧してしまう。

106
2
返信する
匿名

これらの映像だけではなんともわかりませんね。
1つは一瞬で物陰に隠れているし、もう一つはかなり遠方ですね。この年頃では落ち着かない、ふざけたような動きをするのもよくあることかと思います。

いずれにしろ職員初め多くの人たちがこの子に関わっている。
一般に流出した記録映像が少なくても、事実を実際に見ている人が多数いることについて、キコらも隠しようがない。
皇族は結局、全て見られて生きている。

キコの野望に翻弄される彼。
その一方でハンディとともに成長した彼。

私たちはこの2つの顔を持つ15歳の少年を、やはり2つの面から「あえて分けて」知る必要があるのだと思います。
なかなか一筋縄では行かない、ということでしょうね。
報道規制なんかしなければ、こんな複雑な状況にならなかったのに。
キコのやることはいつもこうです。
余計な手間隙をかけさせて、結局金も時間も無駄なエネルギーになる。

68
11
返信する
匿名

映像から判断して、歩いている場所は下り坂になっているように見えます。
下り坂は、脚の関節に問題のある人間には、結構キツイものなのです。

72
2
返信する
匿名

この子、このまま周りの大人から教育虐待を受け続けたら自ら命を絶ちそうな気がしてしまう。

56
5
返信する
『四人組+一人』の犠牲者

皇位簒奪『四人組+一人』の犠牲者

本来生まれた子供に対し親は無限の愛と責任を持ち必死で、躾・教育等をします。
それでも中々親の思うようには育ちませんが、、、
悠仁さんが身体の障害が有るのなら,公にし療育を一日も早く受け入れるべきでした。親として持つべき愛情が無かったのか、、、学習能力も無いのに、寄付金・賄賂等で入学をし箔を付ける。、、、悠仁さん哀れなり、、、皿婆に全責任を問う!

●ポチが機能不全です!

94
2
返信する
匿名

「下肢装具が必要なお子さんです」

お茶小の運動会でズルヒト撮影禁止にされたのも、やはり歩き方のフラフラ、準備体操もひとりだけできずに、ただグニャグニャしているだけだったからといわれています。

そこで不登校になっている間、信州で療育し、森の中を歩かせる療育法をいろいろ試みたようですが、それでも下肢装具をつけているとみられる写真や動画がたくさんありました。

もっちゃんにはぜひ「下肢装具」というキーワードでズルヒト写真を総点検していただけば、長ズボンをはいていながら、まるで乗馬ブーツをその下にはいているような格好の悪さ(ブーツインではなく、ブーツアウトというか、ブーツの代わりに下肢装具の立体感がそのままズボンの張りになって外部に透けている)で、高級スーツ上下を着せられていた写真などがありますよ。この下肢装具は、足の形がおかしくて歩きづらい人にも用意され、膝の下全体を覆うような、スキーブーツみたいなものです。

また伊勢かどこかで、派手に転んだのか、ズボンを真っ白に汚したまま参拝するシーンもありましたよ。これもちゃんと歩けないから起きた転倒だったのでしょうね。

また、ズルヒト写真には、ブレザー姿が皆無です。
普通、小中学生、いや高校生までは、制服がブレザーだったりで、私服ふくめて、何枚か男女ともにブレザー写真があるものですが、なぜかおっさんくさいスーツ姿一点張り。
詰め襟もお茶中は公立中とおなじ、シンプルなものしかなく、それももやしのように弱々しい身体での写真で、あれも体幹ができていないことが原因で、男子らしさが皆無なんでしょうね。

紀子は、ズルヒトが同世代の子どもと比較されにくいように、わざとおじさんぽい格好にさせているのかとも思えます。所詮、あの細目狐面では、何を着せてもだめはだめですけどね。

陛下の少年時代とは大違いで、ズルヒトの場合は、品がなく、特支通いの子にスーツだけをオムツ着用・下肢装具装着で下半身完全ガードの上、短時間着けさせてみたといったところです。

ツクフでツイッター禁止を強制しようとするのも、決定的な身体的弱点があらわになれば、皇室典範第3条にひっかかり、廃嫡議論になりかねないという懸念からだと思いますよ。
実際、卓球をするとの文字情報がチラリ流されたことはありますが、動画も写真もなしで、ほかに学校体育でやるサッカーやバレーボール、バスケット、特に水泳については(人工内耳のためか)全く音沙汰なしのままです。

83
2
返信する
匿名

小学生時代のヒサヒトは木登りする時でもニューバランス履いていたよね。
あれがフォトショじゃなければ、身体が傾いて脚がおかしいんだと思う。
ニューバランスって障碍者用の靴です。片麻痺の家族を長年介護して、あの靴には馴染みあり。
靴の甲から底が下にゆくほど広く広くなり、台形のような形です。
健常な男児なら、あんな身軽に動けない靴は嫌がりますよ。

25
返信する


匿名

もっちゃんへ

罹患しているとされる脆弱X症候群ですが、
難病情報センターのHPに「臨床調査個人票」がPDFで掲載されています。
そこには「歩行」も臨床調査対象とされていて、
「移動の程度」として、歩き回るのに問題有無や、「扁平足」の有無があげられています。

ほかに末梢神経症状や自律神経症状、重症度分類では「3.中等度の障害(何らかの介助を必要とするが、歩行は介助なしに行える)」があります。

となると、下肢装具の使用は「何らかの介助」に属し、これがあれば一人でも歩け、なければここの動画のように跋行するのでは、中程度評価ということでしょうか。

ほかに知的障害の項目がずらりとあり、こちらはしっかりレ点が付きそうです。
広汎性発達障害(自閉症スペクトラム障害)や、注意欠陥・多動性障害(ADHD)ではないかとの指摘は、すでにネット上では繰り返しなされてきた通りですし、学習障害はあの成績の低さから証明されたも同然です。小五で自分の名前を書けない学力ですから。

66
返信する
匿名

こちらのブログのコメント人は、秋篠宮家の陰謀やら不正やらを考えられる人が多いのだから、何も秋篠宮家のおかしな話のみではなく、広い世界には不正や陰謀が普通にまかり通っている事もわかりそうなものだけどその方面ではどうなんだか???
おかしいと言えば雅子さんも愛子さんも同然です。
東大、オックスフォード大学まで出てはいても雅子さんは公務が長い間に渡って出来ず、いまだに回復していません。
愛子さんは両親にコロナを感染してはいけないからという理由(言い訳にしか聞こえず)から、いまだかつて入学から大学には一度も出席していません。
で、個人的には美智子さんの言い分も理解できないわけではない。

天皇家/皇室そのものが謎で闇の存在そのもの。

4
89
返信する
匿名

>>愛子さんは大学には入学から一度も出席していません

学習院大学自体、まだリモート講義一択です。どうやって対面授業に出席すればいいのか。
もう一度繰り返します。学習院大学はまだリモート講義です。
それに、宮さまは資料を取りに来たりなど、ご用のある時は大学にお見えになります。
学食でごはんを召し上がって、帰ってゆかれますよ。
他の対面授業を再開した大学は、友達に会いたくて(勉強ではなく)学生が殺到して、三密の回避どころの騒ぎではなくなってます。
GWあとの新規感染者数は増加するでしょう。
雅子さまの活動は本当に報道されません。
なーんにもしていない、サボってばかりの「雑子」の印象を強めたいのでしょうね。
セラピードッグのゆりちゃんを連れて、障がい者施設への慰問は10年以上です。
ゆりちゃんはセラピードッグの訓練を受けてます。
施設の入所者さん達は喜んで、折り紙で造花を作り、雅子さまを歓迎してます。
雅子さまは報道されなくとも、誰にも褒められなくても、このような地味な活動を続けておられます。
私が、雅子さまを好きな、敬愛する理由のひとつです。
あなたは私がこう書きこんでも「ウソよ!」と叫ぶだけなんでしょうね。

103
返信する
匿名

雅子さまの長すぎる療養期間は、雅子さまを活躍させたくない人の意向が働いてると思う。
愛子さまが外出を控えているのは、もしや反対勢力に害されるのを警戒しているのでは?
いくらなんでもそれはないだろうと思いたいけど、そう思うには、あり得ないことが起こりすぎている。

25
1
返信する
匿名

足の障害で、いくら何でもこういう大袈裟な歩き方をするとは思えず、
子供の悪ふざけの線が強いと思う。
皇族方は一般人より気の毒な存在でもあり常に国民に見張られていて、揚げ足取りのような話でも話題にされる。
国民も罪な存在です。

2
75
返信する
匿名

罰則付き厳重な報道規制を14年間にわたり続けるから、腹を探られるんです。
すぐさま解除して、撮影し放題にしなさいよ。
敬宮さまのように。

100
返信する
匿名

本当にそうですね。
敬宮様は自然にお過ごしになられて素敵に成長なさっておられます。
宮家という口に出せば即影響のある方々がご自身の出られた学校を非難し息子を通わせず、なんでも思い通りに制度を変え規制し、忖度してくれないと相手が悪い。どこに行ってもこの調子。最低な人達です。
だから宮務官も次々辞めていくんです。
学習院としては入っていただかなくて良かったのでは?
モンペにも程がある。

60
返信する
匿名

高校の登下校ですら、一回だけやらせで公道を歩かせましたが、その後はまた自動車通学に戻りました。
歩き方すらが障害児、難病の証拠になるようでは、まさに機密の塊だったんですね。

細かくいうなら、校内での上履きへの履き替えの可否、階段の上がり降りでの足運び、トイレでの動作、男性用小便器使用の可否など、生徒たちがその気になれば、国家機密男子に触れることは容易に可能なので、SNS一律禁止にしないと、紀子はいつ廃嫡論議に着火するかが不安で不安でならないのです。

83
返信する
匿名

でもさ
いくら筑附生徒のSNS禁止しても
知り合いに頼むとか匿名で出せるもので発信とか
できないのかな?
私はその辺疎くて良く分からないのですが

26
返信する
匿名

知り合いでなくても、塾の友達とか、恋人とか、いろんな人たちに、いかに碍児さんなのかを具体的例を示して知らせれば、だれかが面白おかしく公表し始めます。
「人の口には戸が立てられない」とは、まさにツクフでのことでもあります。
お茶の水では、高校内進の問題があったので、みんな口が固かったですが、大学受験に内申書は関係ありませんので(AO以外)、禁止すればするほど、抜け穴を探してやれとなるのは頭のいい子たちなら尚更です。

とにかく紀子はこれから枕を高くしては眠れなくなるでしょう。いつどんな形で、典範第3条廃嫡への地獄の扉が開かれるか、戦々恐々の日々の始まりでしょうね。

32
返信する
匿名

敬宮さまと全く同じように学習院に通わせ、学校行事も公開し、通学風景も自由にマスコミに撮影させるようでないと、悠仁には障害があるといわれても仕方がありません。
憲法で保障されている知る権利の行使を制限するとは、よほどの緊急事態ですが、誘拐事件とかでもないのだから、生後すぐからいままで、悠仁にだけ十数年間も報道規制が罷り通っていることそのものが、悠仁が障害児であることの証拠ともいえるわけです。

83
1
返信する
匿名

紀子は筑波大に「二大敵」を作りました。
それは反学長派であり、筑波大附属の生徒保護者たちです。

大学内部に大きな亀裂が最初からあった以上、今回の悠仁不正入試事件はまさにもとからの対立構造に火に油を注いだ格好であり、永田学長追い落としのために、悠仁の不正入試の内実や不正入学後の成績不振が暴かれやすくもなったわけで、加えて、全校生を敵に回したのですから、いくら水平特権を振りかざして恫喝しても、さすがにやり過ぎとしか見られません。

それに、皇室なんて、水平一派がずっと敵視してきた相手で、大嘗祭反対も決議されています。解放されて、皇族になって、今度は国民全員を逆差別しだしたのでは、これまた運動体にはマイナスなだけでしかないでしょうね。

16
返信する


愛国民

6歳の時の奇妙な歩き方は、もし足に障害があるとしたら
補助装具での歩行に慣れていなかったか、あるいは
発達障害だとしたら、あのような振舞はありえるでしょう。
運動会の映像、公務同行の映像、海外旅行の映像等、本当に
少ない情報だけでも、障害があるような印象が強いです。

しかし、障害があることよりも、15年もの間、国民に隠す
ため、罰則付き報道規制でもって、報道させてこなかったことが
大失敗だったのではないですか。今さら関心をもてませんから。

皇位継承者と繰り返し言われても、まったくぴんときません。
困惑するばかりです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。