小室圭さんの旧友が衝撃告発!「小室君のあと5点発言はウソ!奥野事務所はお金を騙し取られてる」学生時代の借金踏み倒しエピソードも


文・もっちゃん

小室圭さん不合格

今年2月に、NY州の司法試験を再受験したと報道されている小室圭さんですが、今月4月15日に、不合格となったことが明らかになりました。

小室圭さんの試験不合格について最初に報じたのはNHKニュースでした。15日の0時36分に配信したニュースにて、合格者の一覧に小室さんの名前がなかったことを報道。

秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さんと結婚した小室圭さんのアメリカ ニューヨーク州の司法試験の結果が15日、発表されましたが、合格者の一覧に小室さんの名前はありませんでした。

小室さんがことし2月に受験したニューヨーク州の司法試験の結果は、日本時間の15日午前0時すぎ、州の司法試験委員会のホームページで発表されましたが、掲載された合格者の一覧に小室さんの名前はありませんでした。

小室さんは、去年7月に続く2度目の受験で、試験委員会によりますと、今回はおよそ3000人が受験して合格率は45%で、このうち再受験での合格率は30%だということです。

「NHK NEWSWEB」(2022年4月15日配信)

1回目の試験の不合格が明らかになる以前には、大手メディアはこぞって、「NY州司法試験は、それほど難易度は高くない」「小室圭さんは非常に優秀なので、合格はほぼ確実」などと報じていましたが、小室圭さんの2度目の不合格が明らかになった現在では、メディアの論調も急変しています。

これまで、小室圭さんにとって、NY州司法試験など簡単に合格可能であるかのように報じていたのですが、今では、「合格率は30%の“狭き門”だった」「小室圭さんは夜遅くまで働いていた」などと小室圭さんを擁護する報道を行っています。

小室圭さんは人生を嘗め切ってる?

ある皇室ジャーナリストは、こうしたマスコミの報道には違和感があるとして、次のように語ってくれました。

「もちろん、NY州司法試験が簡単な試験であるとは言えませんが、それでも日本の司法試験よりも合格率が高いことは確かです。



また、各種メディアはこぞって、“英語のネイティブではない小室圭さんにとっては不利な試験だった”などとも報じていますが、そんなことは英語の試験なのですから当たり前でしょう。

日本の司法試験を受けずに、わざわざアメリカに留学したのですから、小室圭さんは当然、“言語のハードルがあっても、なお日本の司法試験よりも勝算は高い”と判断して、フォーダム大学に留学しNY州の司法試験を受験したのでしょう。

そうした事実を無視して、“言語のハードルが”などと言って擁護したところで、小室圭さんの判断能力の低さが露呈したとしか言いようがありません。更に言うなら、基本的に小室圭さんは人生を嘗め切っているということでしょう。

国内で、大手金融機関の仕事を“もっとやりがいのある、大きな仕事をしたい”などといって2年足らずで辞めてしまうような人物ですから、そもそも口先ばかり達者で何をやっても大成するような人物ではありません。

秋篠宮ご夫妻の最大の過ちは、そうした小室圭さんという人物の本質を見抜けなかったことでしょう。今後も、この男のことで様々な苦労をするとは思いますが、そういった意味ではやはり自業自得かもしれません」(皇室ジャーナリスト)

今回の小室圭さんの試験不合格に関して、加地皇嗣職大夫は、15日の定例会見にて、驚くべき事実を明かしています。なんと、小室圭さんは、試験不合格が発覚した後にも秋篠宮ご夫妻に直接不合格の連絡は行っていないとのことです。

秋篠宮ご一家を支える加地皇嗣職大夫は、15日の定例会見で、試験の結果について「直接報告を受けていない」と説明。

秋篠宮ご夫妻が、どう受け止められているかとの質問には「ご感想は特に伺っていない」と答えた。

「FNNプライムオンライン」(2022年4月15日配信)

このように、秋篠宮ご夫妻に対して、試験不合格の連絡は行っていないという小室圭さんですが、一方で、金銭的支援を受けているという奥野法律事務所には律儀に報告を行っているようです。

秋篠宮家の長女眞子さん(30)と結婚した小室圭さん(30)が今年2月に再受験した米ニューヨーク州の弁護士資格試験の合格者一覧に名前がなかった件について、7月に再々受験を検討していることが明らかになった。

関係者によると、小室さんは親しい知人に2月の試験が不合格だったと明かした上で、次回7月の試験に挑戦する意思を示したという。

 一方、NHKは15日午後1時放送の「NHK NEWS」で、米国留学などを支援してきた奥野善彦弁護士に小室さんから電話連絡があり、「残念ながら落ちました。合格点に5点足りずとても無念です。次は7月に挑戦します。しっかりと頑張ります」とのやりとりがあったと伝えた。

「スポニチアネックス」(2022年4月15日配信)

奥野法律事務所は、お金を騙し取られている?

小室圭さんは試験合格に「5点足りなかった」と報告したと報じられていますが、こうした発言はウソである可能性が高いとして、大学時代に小室圭さんの友人だったという人物は、次のように語ってくれました。



「以前、小室君は、400万円の借金トラブルなどが話題となりましたけど、実は、学生時代にも、何度か先輩や同級生からお金を借りることがあったようです。中には、そのまま卒業して踏み倒された人も何人かいるようですね。

なんというか、借りる時にも、返す時にも凄く、話術が巧みで、いつも“ちょっとしたトラブルでお金が必要になったんだけど、ちょっとバイトしてすぐに返せるから”といった感じで借りて、返済を迫られると、“色々と事情があって、今は返せないんだけど、すぐに返せるから”といった感じで相手を安心させるんです。

週刊誌等の報道では、当初秋篠宮ご夫妻も小室君のことを信用し切っていたようですが、秋篠宮ご夫妻も、眞子さんも、小室君を金銭的に支援しているという奥野法律事務所も、こうした小室君の巧みな話術にコロッと騙されてしまっているんでしょうね。

今回の試験不合格に関して、“5点足りなかった”“次の試験では合格します”なんて言って、引き続き奥野法律事務所から支援を引き出そうとしてるようですけど、当時の同級生達は、“あの時と全く同じ手口だな”なんて言って笑ってますよ」(小室圭さんの大学時代の同級生)

果たして、奥野法律事務所は、今後も小室圭さんの支援を続けていくのでしょうか?皆さんは、小室圭さんは次回の試験で合格できると思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

23 COMMENTS

匿名

KKは、最初から弁護士になって働くつもりなぞなかった。
マコさんも秋篠夫婦も、世間に見栄を張ることのできる「ステイタス職業」でさえあれば、女性宮家の当主マコの婿さんにKKを迎えて「めでたしめでたし」のはずだった。
ところが秋篠さんちばかり得をする、女王方は無視、愛子さま格下げの女性宮家プランは今に至るまで成立してない。
それどころか秋篠さんちはボロが出まくり。
この寄生虫夫婦(寄生虫一族かな?)がこれからどう生きてゆくのか、私も悪意持ちつつ注目してます。

29
返信する
匿名

ジゴロに引っかかった眞子が嘲笑われるだけです。

こんな陳腐な口上に人生賭けるほど惚れ込んで、しかも最初は圭のピアノに上皇夫妻も紀子もうっとりとなって、女性宮家の”交配”殿下にしようと画策していたほどですから、祖父母や母親たちも馬鹿ですわ。
とても皇位継承が可能な宮家などではありません。
まがい物かどうかを見分ける力のない紀子に、皇族の資格はない。
小室圭が見苦しい口上を並べれば並べるほど、紀子も悠仁も「あんな反社親族がいるのか」と嗤われておしまいです。

さっさと典範改正して、敬宮立太子で、心機一転仕切り直しです。文仁と悠仁は、障碍や病気理由で、典範第三条廃嫡にすれば結構。

26
返信する
匿名

>>奥野法律事務所は、今後も小室圭さんの支援を続けていくのでしょうか?

アホとノーパンと一蓮托生なんでじゃね

24
返信する
匿名

5点ならもう一回頑張ればとか思ったが、嘘つきということを完全に忘れてました。
5点が本当か分からないから、応援しないことにしたよ。確かに嘘つきだもんな。

23
返信する


匿名

元カノクレカ事件とか、その関連で口止め料せしめたり、金絡みのトラブルや借金踏み倒しなんて、腐るほどあるんじゃないの。

22
返信する
匿名

元カノク○カ事件とか、その関連で口止め料せしめたり、金絡みのトラブルや借金踏み倒しなんて、腐るほどあるんじゃないの。

11
返信する
匿名

しょせんは嘘で固められたジゴロの人生。
母親も年金詐欺で告発を受けるような身。
結婚相手の賤民母も公金横領や偽計業務妨害、密輸でその手は犯罪容疑で穢れまくっている。
余りにお似合いすぎる夫婦、婚家に拍手しませんか。

それにしても皇室には愛子さまの清純さ、聡明さ、暖かさがあってよかった。愛子さまこそが本当の皇太子殿下です。
将来の天皇陛下になるは、まずその地位にふさわしい教育と品位がなければ。賤民の息子ではダメダメ。

22
返信する
ズル盆のパパなのだ

似た者同士で膿の王子よりも
かなり出来の悪いアホ一家!騙されて当然!奥野はアホ家から流れて来るお金だから何とも思わないでしょ!もしかしたら膿の王子と奥野でアホ家を騙してるのかもね!税金泥棒

20
返信する
一般人の感覚

一部報道では、懲りずに3回目(7月)の試験を受けると言っているそうですが、それこそ『試験を受ける』といって金をズルズル引っぱり出す魂胆なんでしょ!

また、今勤めている法律事務所に対しても『次も受けるから解雇だけは勘弁』と解雇回避のための口実かもしれません。

ビザも切れて法律事務所も解雇されたら、ガチのヒモ男になってしまいますからね。

ここまでポンコツぶりが露呈すると、プライドの高い小室圭は、ますます意固地になって合格するまで受験し続けるかもしれませんね。

だったら、秋篠宮殿下や宮内庁が呆れるくらいまで、負のスパイラルを続ければいいのです。小室圭自身がダメだと悟った時は手遅れでしょうね。

それを期待します。

18
返信する


匿名

全部ウソ、って、国民はみんな知ってますよ。
それでも大金を垂れ流す人々、それが問題なんですよね。
しかもそれは個人のお金ではなく、国のお金ですから、始末が悪い。
税務署は平民にはとても厳しいが、どうしてこの寄生虫にはこれほどエサをくれてやるのか、よほどの事情があるんでしょうね。

23
返信する
匿名

しょせんは嘘で固められたジゴロの人生なんです。
母親も年金詐欺で告発を受けるような身でしょ。

結婚相手の母も宮邸建築費中抜きや偽計業務妨害、密輸疑いで、その手は犯罪容疑で穢れまくっている。
余りにお似合いすぎる夫婦、婚家。

それにしても皇室には愛子さまがおいででよかった。その清純さ、聡明さ、心底からの暖かさ。典範なんてしょせんは一般法で、その気にさえなれば瞬時に改正できるが、天皇になれる人材は一朝一夕には育たない。愛子さまこそが本当の皇太子殿下です。

将来の天皇陛下になるには、まずその地位にふさわしい教育と品位、家柄がなければいけません。秋家の子では、そのどれもなく、母の出自が何より支障となります。

18
返信する
匿名

コメントがひとつもないけど不具合が起きているのですか?
煽るようなコメントばかりで、人の痛みを汲めないようなコメントが多いのでコメント受け付けないようにするのもありだと思います。
個人的には匿名のコメントは基本的に読まないものの、コメントの全てをものすごく早送りして、たまたま文面に目が留まったもののみ読んでいます。
 皇室は性善説さんのコメントは基本的に難しく頭にすんなり入らない
けど、常に固定ハンドルでコメントしているのかは疑問です。
固定ハンドルの人のコメントは全部読んでいます。
でも、このサイトは今日を持って来ません。
まともな神経ではとてもやりきれない内容とコメントばかりが多いので。

2
7
返信する
匿名

かつてのご学友のコメントは、KKが、根っからの詐欺師であることを見事に表明していますね。

17
返信する
一般人の感覚

『5点足りなかった』とい言い訳しても不合格は不合格です。

『惜しかった』『自分はがんばった』と自己正当化でもしているつもりでしょうか?

まったくもって潔くない!

小室圭は、これまで容姿と言葉巧みな話術で他人を騙し動かしてきましたが、根本的にはポンコツなので実力が試されると、一気にメッキが剥がれます。

3回目も受けるそうですが、恐らくは職場を解雇されない様にし、ヒモ生活を続けるため税金を引っ張り出すための口実だと思います。

15
返信する
匿名

KK,人生を嘗めていますよね?

「週刊新潮」か「週刊文春」のどちらか忘れましたが、眞子どん同様、受験勉強をしたことがないそうです。国立温大附属小は、れっきとしたお受験ですので、KKママンが月っきりだったと思います。ところが、中学高校のカナディアンインターナショナルスクールは、英語、算数、作文と面接だけ、さらにICUは書類審査と面接だけという選考だったので、就活なども含めて、まともにやったことがないといった記事がありました。

たとえ、5点足りなかったとしても、結果は結果です。そして、弁護士に向いていなかったということを認めるべきかと思います。

3回目も受験する気満々ですが、合格の見込みはないでしょう。いつだったか、○野法律事務所のスタッフが「何回試験を受けても、合格する姿がイメージできない」と言っていましたし・・・

このような見込み梨の人間にお金を支援するのを、〇野法律事務所は打ち切るべきでしょう。

返信する
降嫁

匿名様へ

もう●野法律事務所は、手を引いているのでは? ドイツの国営のドイチェ・ヴェレが、『小室氏の会社サンドラ―社と日本政府が密約を交わし報酬は日本政府が支払っている』と、書いております。

それにしても、、、降嫁した娘にまで日本の税金《圭の留学費・警備費・家賃・人件費等》を湯水の如く使うとは、、、日本政府・宮内庁・秋篠宮家は異常事態ですね‼
今まで降嫁された皇族でこんな例が有りましたか❓

返信する
匿名

返信ありがとうございます。

そうだったのですね。それにしても、このような皇族、今まで例を見ませんね。
類例のない結婚だけでなく、類例のない皇族であると・・・

他の皇族の方々は、堅実に公務をし、国民とともに苦楽を共にしているはずですが、秋一家は異常です。

同じ皇族でも、黒田清子さんと守谷絢子さんの方が、素晴らしいです。

返信する


匿名

Is Kei still enrolled in Okuno & Partners?
In this situation, the law firm will provide financial detour assistance from the Akishinomiya family.
However, all the money of the Akishinomiya family is a tax of the Japanese people.
Taxpayers must monitor the use of taxes.
Otherwise, the law firm would be doing business to hide the use of taxes.

The Japanese imperial family is famous for being fair, but the Akishinomiya family seems to be the exception.

10
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。