再三の受賞辞退勧告を無視の秋篠宮家に、作文コンクール主催団体が遂に激怒!「受賞取り消し」にも言及


文・もっちゃん

悠仁さま盗作問題が再炎上

今月4月に筑波大学附属高校に入学された秋篠宮家の長男・悠仁さま。入学前から、提携校進学制度を利用したズル入学などの問題で批判されていた悠仁さまですが、現在、もう一つ、大変な批判の声が上がっていた作文コンクールの盗作問題に関しても、再度注目が集まっているようです。

この作文コンクールの盗作問題を最初に報じたのは「週刊新潮」でした。宮内庁は、2月16日に、悠仁さまが提携校進学制度を利用して筑附の受験に合格されたことを発表しましたが、同日に、「週刊新潮」は、WEBメディアである「デイリー新潮」にて、悠仁さまの作文盗作問題について報じました。

秋篠宮家の長男・悠仁さま(15)が、13日に行われた筑波大附属高校の一般入試を受験された姿が報じられた。合否に注目が集まる中、悠仁さまが過去にコンクールに応募された作文の中に他の著作物と酷似している箇所があることが判明した。

これまで悠仁さまは「成績優秀」が定評となっており、中学時代には2度にわたって作文コンクールに入選されるなど、持ち前の「文才」についても宮内庁はアピールに余念がなかった。昨年春には、北九州市主催の「第12回子どもノンフィクション文学賞」で、中学生の部の応募総数97作の中から、悠仁さまの作文が大賞に次ぐ佳作に選出。題材は、悠仁さまが2017年に紀子妃殿下と旅行された小笠原諸島の思い出で、原稿用紙19枚にわたる力作だった。

 ところが、さる宮内庁関係者はこう明かすのだ。

「その作文の中に、複数の不審な箇所が見受けられるのです」

「不審な箇所」とは、具体的には「他人の著作物との酷似」を指しているという。

「週刊新潮」(2022年2月24日号)

この作文コンクールでの不正の問題は、海外でも複数のメディアにより取り上げられました。イギリスの新聞「デイリー・テレグラフ」は「盗作問題にもかかわらず15歳のプリンスは文学賞を保持・未来の天皇が旅行雑誌の文章をコピーして夏休みの作文コンクールを受賞」との見出しで報道。

また、世界で最も有名な王室サイトであるロイヤルセントラルも、今回の盗作問題について「受賞歴のあるエッセイで盗作で告発された日本の悠仁王子」と題する記事にて「日本の悠仁王子は、佳作を受賞したエッセイで盗作で告発されました」と報じています。

主催者側は受賞辞退を勧告

コンクールを主催した北九州市の市立文学館は当初、「同文学賞は作品のテーマ、表現力を総合して評価した結果なので、賞の授与の撤回は考えていない」としていたのですが、このように騒ぎが大きくなってしまった後には、秋篠宮家に対して、受賞辞退を求めるようになったそうです。

「当初、賞の授与の撤回は考えていない、としていた北九州市立文学館ですが、このニュースが海外メディアに大きく取り上げられたこと、そして、全国から賞の授与の撤回を求める電話が殺到したことから、当初の方針を変更し、その後は、秋篠宮家と宮内庁に対して、自ら受賞を辞退するよう求めていたようです。



ですが、紀子さまは、こうした主催者側からの要請を一切無視した上に、“これで訂正しておきなさい”とでも言わんばかりに、宮内庁を通して、一方的に、参考文献などのリストを送りつけられました。

主催者側としては、将来、天皇となられる悠仁さまに、不正行為を行ったために、賞の授与が撤回された、などという汚名を着せないための配慮として、宮内庁と秋篠宮家に自ら受賞を辞退するよう働きかけていたのですが、こうした紀子さまの対応は、まさに、そうした恩に対して仇で返すこととなってしまったようです。

どうやら、こうした紀子さまの対応には、大変腹を立てているそうで、現在では、週刊誌等の取材に対して、“賞の授与の撤回”の可能性にまで言及しているようです」(秋篠宮家関係者)

「週刊新潮」は、現在でもこの件に関して取材を進めており、2022年4月21日号では、北九州市立文学館の見解について次のように報じています。

この点について北九州市立文学館に見解を尋ねると、

「結論としては“元のまま”から“受賞取り消し”までいろいろ考えられますが、まだ何も決まっていません」

 としながら、

「修正された作文が届いたばかりで、市としては選考委員の方とも相談して対応を進めています。宮内庁からは『応募取り下げ』などのお申し出はありません。ただ、応募概要にも明記している通り、作品の訂正にはどんな場合でも応じていません。その点も含めて協議していくつもりです」

 仮に受賞が取り消されないとなれば、高校進学に際して提携校進学制度を活用されたことに続き“皇室特権”との批判が起こることは免れないだろう。

「週刊新潮」(2022年4月21日号)

弱腰対応の北九州市立文学館

北九州市立文学館側は、「週刊新潮」の取材に対して、「応募概要にも明記している通り、作品の訂正にはどんな場合でも応じていません」と答えていたようですが、現在では、作品の参考文献等に変更がなされています。問題となった箇所には、以下のような注釈が付けられています。

1 榊原透雄・福田素子『世界遺産 小笠原』JTBパブリッシング二〇一二を参照しました。

2 国立研修開発法人 国立環境研究所「サンゴ礁を守り。再生するために」を参照しました。

こうした主催者側の対応に関して、Twitter等のSNSでは、厳しい批判意見が書き込まれています。

大人がいけないですな

自ら課したルールを有耶無耶にするとは

彼本人もそうだし、今まで応募してきた子供たちに失礼ですよ。もう今年度からこのコンクール成り立ちませんね。

うっかり記載漏れの量じゃないですよね

あーあ。これじゃ特別扱い。って言われても文句を言えませんよ。いかなる理由でも受け付けない。って記載してたのに。

果たして、北九州市立文学館は、今回の訂正要求を受け入れ、賞の授与も撤回せずにそのまま認めてしまうのでしょうか?今後の対応についても注目していきたいと思います。

皆さんは、北九州市立文学館は、今回の不正に関して毅然とした態度を示し、悠仁さまへの賞の授与について撤回すべきだと思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。



ご拝読ありがとうございました。

30 COMMENTS

匿名

参照?
著作権法の引用は「」でくくり、引用される文章が従でなければならないんだけどね。

きっとウナギにも「参照」をかけるんだろうね。
参照も山椒もわからないだろうからね。

73
返信する
D

多分、ゴーストライターが書いたものでしょうし、ライターの不備を責めるのみで自身の責任に思いが至らないのでしょう。
わざわざ北九州のコンクールに出品するというのも、紐付きの出来レースだったんじゃないですか?主催者側もやましい部分があるのでコソコソしているのだろうと思います。

97
返信する
文学館に対して特別扱いを強要したんだよ!

北九州市立文学館のHPを見ましたか?ぜひ自分で確認してください。

第12回子供ノンフィクション文学賞でその作文を見ることができますが、ちゃっかりと!!訂正されて載ってますよ。

問題のコピペ部分には本文に「注1」が加筆され、本文のうしろに

〈注〉1 榊原透雄・福田素子『世界遺産 小笠原』JTBパブリッシング2012 を参照しました。

と加筆されています。ほかにも加筆部分があるかどうかは、元の作文のコピーを取っていたわけではないので私にはわかりません。

篠原さんも昨日のライブ配信 【新・オレの話し。】A宮家・KK関連 最新情報
で言ってたけど、文学館側の「結論としては“元のまま”から“受賞取り消し”までいろいろ考えられますが、まだ何も決まっていません」というのは先週の見解なんじゃないですか?

だって訂正したものがHPに載ってるんだもん。

「まさに菊の御紋の権威でこういうことを押し付けた」のでしょうよ。

「これが忖度と言わないで何なのか」「常軌逸していますよね」
「皇族の方だからといって特別に扱うことはない、、と言っているんだけど、特別扱いさせちゃいましたね!」(篠原さんの言)

118
返信する
匿名

1 まずゴーストライターの身の安全を確保

2 賞の取り消し

3 ゴーストライターが真相を暴露

またシ人を出さないよう、気をつけないとね。
プチエンの二の舞の匂いが漂うわ。
ゴーストラーター氏はアキシノの言うことを真に受けたら、確実に3年後この世にいないと思う。
逃げるのみ。

85
返信する
匿名

北九州市長が野田佳彦の子分で、民主党バリバリなもので、どうしても秋篠宮家との癒着がやまないのですよ。

北橋市長が毅然とした態度で、授賞取消を決めればただちに解決するのに、漫然と紀子側に受賞辞退を求めてみても、相手はバラック出身で被差別意識に凝り固まっている俄特権階級女なので、末端の文学館事務局に授賞取消を判断させるのは酷というものです。

そもそもこの授賞自体が、ズルヒトの筑波大附属高校裏口入学のために仕組まれた、偽計業務妨害行為の犯罪実行手段とされていたことに問題があります。
何一つ中学時代の学校活動でめぼしいものがないズルヒトにとって、推薦書の口実作りがこの賞であり、文学館はまんまと紀子の悪巧みに乗せられたことになります。

忘れてはならないことは、ズルヒトの名前で代作された代作品なのだから、ズルヒトを責めるなという声が一部にあるようですが、ホントはそちらのほうがより悪質であり、賞品の図書カード五万円を他人の書いた作品で騙し取った詐欺罪がズルヒト本人に成立するので、代作の場合は、著作権法違反とちがい、ズルヒトは詐欺犯とされ、刑事事件性がより強まることです。

文学館側も、もっとズルヒトに与えた賞品の五万円の図書カードの存在を問題にしなくてはいけません。

91
3
返信する


匿名

北九州市立文学館は、リニューアル工事して貰ったから、取り消し出来ないんでしょうね。
取り消したら「工事費返せ〜」と恫喝されるんでしょうね。

89
返信する
匿名

そしたらそのまま世間に暴露すればいいじゃん。

リニューアルは秋篠がわが持ちかけた話だろ?
原資は間違いなく税金または公務だかのインチキ収入である。アキシノの働いた金ではないんだ。

肝っ玉が小さいなあ、九州男児。
全国レベルでノミの心臓だと笑われるぞ。

99
返信する
パワハラは、たとえ自分に隙があったとしても、公開しろ!

そうだよ、こういうのは金で人の頬をひっぱたくってことでしょ。

はっきりいって、皇族によるパワハラだよ。

95
返信する
匿名

北旧市立文学館は応募要項を変更すべきではありません。
これでは応募者の方に不公平極まりなく、来年からこの賞は存続できるのでしょうか。

タイムズはじめ海外メディアからの批判も強く、未来の天皇の行為として大変恥ずべきことと思います。
悠仁さまもここは是非ご自身で謝罪の上、取り下げの申し出をなさらないと、未来の天皇の不正として世界に記憶されてしまいます。

文学館はこのような我が国の名誉にも関わる剽窃に加担したとみられて恥ずかしくないのでしょうか。
文化に関わる世界が、権力に媚びるべきでは絶対にありません。

83
返信する
匿名

もともと血統的に偽皇族一家に生まれているので「未来の天皇」なんかではありませんが、この盗作剽窃行為が決定打となり、皇族として失格も失格、このまま16歳になった時点でそのまま引責し、臣籍降下すべき状態です。臣籍降下後は、どこかの寺に出家して入ることをおすすめします。

これほど同情の余地のないドジもありません。
偽皇族でありながらも天皇になれるかもしれない、僅かの可能性も自分で犯した違法行為で潰してしまいました。

すでに週刊誌でも報じられていますが、岸田内閣は秋篠宮家を見限り、愛子さまと旧皇族の養子縁組による男系継承へと方針転換しています。紀子は、いまだに自分らちが置き去りにされたことが理解できず、こうやって一般生徒に罵声を浴びせるなど、皇族としては絶対に許されない行為に走り、またまた自分から廃嫡に値する悪事を重ねたのでした。

81
1
返信する
匿名

権力に媚び、裏金の欲しい人しか秋篠には寄りつきませんよ。
だから、キコのご面相の卑しいこと。なにかの動物霊に憑依されたかのようです。
ツクフ特別入学の理由の一つが「作文コンクール佳作」なんでしょ。
だから絶対引き下がらない。
もとから謝ったら負け!な連中だし。
ばらまく金が足りなくなって、ランジェリー販売会のゲストまでするわけね。その足で伊勢神宮参拝とはオソレ入谷ノ鬼子母神。
即位は遠くなりにけり。

57
返信する
D

多分、文学館も寄付金という毒まんじゅうを口にして悪事に加担しているので、首が回らなくなっているんでしょう。御茶ノ水も筑波もそうでしょうね。
これが皇族のやることか…

22
返信する
愛子は一度も大学に行っていないくせして!

横レスになりますが
天皇派でも秋篠宮派でもない自分としては、秋篠宮家が容易く不正の数々を認めるわけがないじゃないですか、
天皇家の愛子さんも何をやってるかわからないのに。
4月14日 11時03分配信のヤフージャパンのトップページの記事に、愛子さんはいまだに一度も大学に行っていない事が書いています。
コロナが突然振って沸いたのが2020年の1月で、愛子が大学2年になった年です。
愛子の言い分いわく、両親に感染させてしまった時の事の重大さを十分理解して自粛しているのだと言う。
しかし、3月下旬に蔓延防止が解除され、多くの学生がキャンパスに足を運ぶようになった現在も大学には行っていません。
それをコロナを理由にしているのはおかしい。
コロナがまだなかった大学1年の時から一度も登校していません。
高校~小学校の時でもその疑いは十分にあった登校拒否児でした。
行きたくて仕方ない場所なら何であろうが飛び出して行くものだろうけど行きたくないから行かないんです。
 癌死亡者よりも少ないコロナ死、季節性インフルエンザよりも少ないコロナ感染者、その内の多くが無症状者と軽症者の偽感染者ばかりが実態です。

皇室はいくようにも陰謀を作れる場所なんです。
明治維新に古事記が盛んに信じられ、アマテラスの子孫であるとした天皇家の先祖が神ならぬもの、突っ込んで言えば悪魔を崇拝している氏族なんでね。
天皇制はおわる事は確実だという事のみは信じています。
こんな事をしている天皇家を横目に見て、秋篠宮が不正を認めるはずはないじゃないですか。
そのように思います。

3
125
返信する
匿名

> コロナが突然振って沸いたのが2020年の1月で、愛子が大学2年になった年です。

は?
2020年4月ご入学のはずですけど。

81
返信する
匿名

コロナがまだなかった大学1年の時から一度も登校していません。

2020年3月22日に学習院高校をご卒業されています。
この時すでにコロナが流行りだしていました。
それなのに、2020年1月の時点で大学一年だったと?
コロナが無かった頃から一度も大学に足を運んでいないと?
つまり、2001年12月生まれの愛子さまは、17歳で学習院大学に進学なさったということでしょうか?それはおかしいのではありませんか?
時系列を客観的に検証してからご意見を書かれたほうがよろしいかと(笑)

86
返信する
匿名

コロナパンデミック下のリモート講義、どこがいけないのでしょう?
様子を見ながら対面講義を始める大学が増えてきたくらいの現在ですよ。

もしかして秋篠信者の方って、リモートワークが双方向だと知らないんですか?

リモートでなんかしたことないんですか?

教授やゼミの仲間と言葉を交わしながら受講できるんですよ。
リモート講義だから暇とかサボるとか、離席したらみんなにわかりますよ。
学習院大学日本文学の教授陣、素晴らしいラインナップだよ。

69
1
返信する
匿名

ヒス起こして感情的にデタラメを叫ぶアナタこそ、ソドムとゴモラごと焼かれるでせう。

27
1
返信する
匿名

愛子さまの大学入学は、2020年4月ですよ。コロナは1月からですから、大学2年ではありません。
既に高校の卒業式時には、新型コロナ流行に伴い、マスク着用されていましたね。

70
1
返信する


めがね猫

2月18日にこの欄にあったので、投稿

❮❮2022/2/18
ついさっき 書き込まれた情報です (5チャンネルなので、事実確認はできませんが・・・)
『昨夜未明 宮内省職員で 秋篠宮家付 侍従三部 第二課主事補○○○男さんが変死体で発見されました。
警視庁では何らかの事件に巻き込まれたものとして・・❯❯

秋篠家に関わった職員の不審死、分かっているだけで コムロ母子を抜いたのでは? まだ、増えますか❓️

62
返信する
匿名

受賞辞退勧告
ちゃんと受けましょうね
田舎の文学館だからと紀子は馬鹿にしているんでしょ

でもね賞品の図書カードも返却しないと詐欺罪の危険
ツクフの裏口合格も辞退し自主退学しておかないと、これらはまとめて一生消えない不祥事として残る

国民はズルヒトの裏口入試に批判的
本人のためにならないし、在校生受験生学校皆迷惑
思いっきり迷惑かけまくって、まだ皇族なのかい?

これだからバラック出身者は蔑視される
宮卑の屈折した過去と意地が大事な息子を貶めるだけ

63
返信する
野良猫

北九州市立文学館のリニューアル工事は、丹青社と麻布タマヤでしたか❓️
筑波大学の永田恭介学長の自宅もリフォーム工事が入ったそうですね。

滅茶苦茶論理で秋篠家擁護をしている八幡和郎教授の在籍する徳島文理大学は香川県の讃岐市から 高松市中心部に全面移転する…、多額の寄附金があったのでしょうか❔❓️

東京から遠く離れた北九州市の作文コンクールに、小学5年生の時の小笠原諸島旅行の回想作文(子どもらしい感想や心情とかの記述は無し)を出品するのも 不自然。
それに、毎年3~400人いた応募者が その年だけ100人ほどに❗️

うろ覚えですが、秋家次女が小5の時?スケート大会で優勝した時も、そんな感じでしたよね。
参加者の少ないメジャーな大会で、Aグループではなく、参加者1名のBグループに出場。でも、大々的に報道させた……今回の作文コンクールの諸々と 似ています。

45
返信する
匿名

秋篠もキコもミテコも存在自体嘘っぽいからね〜

皿を明仁にあてがった時も、富美さんはまさか皇太子妃に本当になるとは思っていなかったと思う。愛人か妾でほ万々歳だと思っていたら、本気で惚れ込んで皇太子本人が天皇を恫喝までしたので、一気に攻め込んだのではないかな?
母親の出自や娘の奔放さを考えたなら、いくら自民党でも本気で皇太子妃になる娘ではないと普通思うよ。

カワタツもそうでないかと思う。怒鳴り込んで愛人か妾にお手当てければ万歳だと思ったら、意外に押しがきいたので調子に乗っていくところまで行っちゃった。

とにかく押すだけ押す、と言うのがあっちの国民性なんだね。
引き際というのがない。
結果、全て失う。

44
返信する
匿名

A宮家の皆さん、よくもまあ、何事もなかったように、毎日元気に生きていますね。
皆さん、毎日何をやっているんだろうか。とっても興味津々。
不安とか、ふさぎ込みとか、無いのかな?
コロナ、ウクライナ問題で霞んでしまったけど、KKさん問題とビザ問題で盛り返してね。

14
返信する


とくめい

一家揃って面の皮が厚いって感じ、このふてぶてしさ頭が下がります(皮肉)。

11
返信する
匿名

ズルヒトに佳作の受賞辞退したら?と言いたいですね。
これでは、一生懸命、作文を書き、何度も修正を繰り返し、選考を経て、佳作以外の賞に入選した子供たちに対して失礼すぎます。

また、図書カードも返還してください。
確か、5万円分でしたよね?その5万円分、他の子どもたちはもちろん、日本全国の小中学校の図書予算に回したいです。

北九州市立分学館、弱腰では困ります。もっともっと、毅然とした態度を取って、ズルヒトの佳作受賞取り消しに踏み切ってください。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。