秋篠宮ご夫妻日常会話もなされず仮面夫婦ぶりが深刻化!眞子さんよりヤバい離婚危機の実態


文・もっちゃん

秋篠宮ご夫妻の仮面夫婦ぶりが悪化

現在、眞子さんと小室圭さんの新婚生活の問題や、悠仁さまの筑附ズル入学の問題で、国民から批判を浴びている秋篠宮家ですが、そうした状況で秋篠宮ご夫妻の仲は非常に険悪になってしまっているようです。

「週刊新潮」(2022年4月7日号)は、ご夫妻の間で「日常会話はほとんど交わされない」として、次のような秋篠宮家関係者の言葉を紹介しています。

コロナ禍で延期されていた「立皇嗣の礼」関連の行事がようやく始まり、4月下旬には秋篠宮さまと紀子妃が伊勢神宮を参拝されることが予定されている。ところがそんな折、お二人の間に亀裂が生じているとの情報が。ご公務以外の日常会話はほとんどなく、ご不満を鬱積された紀子妃は宮邸の職員に対しても厳しい態度で接されているという――。(中略)

「両殿下は現在、ご公務に関する打ち合わせはともかく、日常会話はほとんど交わされない状態です」

 秋篠宮家の事情を知る関係者によると、

「もっぱら妃殿下が、殿下に対するご不満を鬱積なさっていると拝察いたします。やはり眞子さんと小室圭さんとの結婚が尾を引いており、殿下が会見などで結婚に否定的な発言をなさったにもかかわらず、結局は誰も二人を止められませんでした。発言のせいで事態は悪化した――。妃殿下は、そう捉えておられるご様子なのです」

「週刊新潮」(2022年4月7日号)

どうやら、記事の内容から察するに、多くの国民から批判を浴びることとなった長女・眞子さんの結婚問題に関して、ご夫妻の間で共に責任を擦り付け合っているようですね。

眞子さんの結婚に関して、最終的には、ご夫妻が共に認めるかたちとなったのですが、結婚前から「結婚を認める」「長女の想いを尊重する」と主張されていた紀子さまとは、違い秋篠宮殿下は、最後まで結婚の実現に関して、苦言を呈しておられました。

果たして、眞子さんと小室圭さんが、NYでどのような新婚生活を送られているのかは分かりませんが、結婚が成立してから、4カ月経った現在でも、批判の声が収まらない状況を考えると、やはり結婚は失敗であったというべきなのかもしれません。

こうした秋篠宮殿下と紀子さまの諍いに関しては、次のような意見が書き込まれています。



とても国民のモデルになれるような器の夫婦ではないということではないでしょうか?で、あるならばせめてこれまでの態度を改めて国民との間に生じた亀裂だけでも頑張って修復する努力を見せた方が後々のことを考えれば最善策だと考えます。

子は家庭をあらわす

貴賤を問わず、夫婦の仲や家庭のあり方が子供の姿となっていくのがよく分かった。

愛子様のゆったりと落ち着いた素晴らしい姿、家族を愛し、国民を大切に思ってくれる姿勢。

天皇皇后両陛下のご家庭の温かさを感じます。

急に仲が悪くなったような書き方ですが、

以前から仮面夫婦だったことは知る人ぞ知る、

でしたけどね。

お子さんたちの育ち方を見れば察しがつくと思います。

職員にぶつけられる苛立ち

また、こうした紀子さまの不満は、秋篠宮殿下のみならず、秋篠宮家の職員らにも向けられているようです。

妃殿下の“いら立ち”はしばしば、宮邸の職員にも向けられるという。

「職員が仕事の報告などで妃殿下にお伺いを立てる時など、どのようにご説明申し上げてもなかなか納得なさらず“ここはこうしてと言ったでしょう”などと、あたかも言い負かすかのように早口でご指導なさっています。これまで会見やスピーチなどで見せてこられた、上皇后さまを彷彿させるゆったりしたお話しぶりとは、まるで別人のように見受けられます」(同)

(同前)

秋篠宮家といえば、宮内庁内でも屈指のご難場として知られ、週刊誌等でも、職員が次々に退職していくと話題になっていますが、眞子さんが結婚し皇室を離脱された昨年には、なんと5人もの宮務官が依願退職していたようです。

秋篠宮皇嗣担当の宮内庁職員である「皇嗣職宮務官」の退職が相次いでいるという。発表された宮内庁人事によると、昨年1年間で5人の皇嗣職宮務官が「依願免」とある。(中略)

「皇嗣職宮務官の仕事内容は多岐にわたります。外国訪問時には外務省や訪問先大使館と密に連絡を取り、現地の最新情報を入手します。加えて、ご夫妻が行なっている、医療従事者への支援活動などのお手伝いをすることもあります」(宮内庁担当記者)

 皇嗣家の活動全体を支える重要な任務といえる。

「週刊ポスト」(2021年3月12日号)

職員からは離婚を懸念する声も

このように、夫婦の不仲や、職員との関係性の悪化が取り沙汰されている秋篠宮家ですが、職員の中には、すでに、離婚を懸念する声も出ているようです。

「眞子さんが結婚する前には、“結婚しても上手くいかない”“離婚して眞子さんが皇室に戻ってくる可能性もある”などといった噂もなされたのですが、現在、秋篠宮家の職員らの間では、もっぱら、“秋篠宮ご夫妻のほうが離婚される可能性が高いのではないか?”と噂になっているようですね。

実際、ご夫妻の間で口論となり、紀子さまが、“私は実家に帰ります!”などと仰られることも度々あるようですからね。実際に離婚となる可能性も十分にあり得るでしょう。

とはいえ、皇嗣家のご夫妻が離婚などというのは前代未聞の事態ですからね。平成の時代から天皇皇后両陛下は、ご夫婦の仲睦まじい姿をアピールされることが通例となっていますから、果たして、ご夫妻が離婚などされた際に、離婚経験をされた秋篠宮殿下が国民の象徴たる天皇の地位に就くことに、国民が納得するかは、微妙なところでしょう。

仮に、秋篠宮ご夫妻が離婚されるようなこととなった場合、おそらく、国民からの、“愛子さまを次の天皇に”という声が強まることは間違いありません。

まあ、そういった観点からすると、紀子さまは、何が何でも、悠仁さまを将来の天皇として即位させようと強く願っておられますし、どれだけ夫婦仲が冷え込んでしまっても、離婚という選択だけはしないという可能性もあるでしょう」(秋篠宮家関係者)



皆さんは、秋篠宮ご夫妻が離婚される可能性はあると思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

24 COMMENTS

静岡バラック出身のキコへ

悠仁の裏口入学
キコのマネーロンダリング及び公金横領
秋篠宮家の職員3人の自殺
眞子に未だに流れている国民からの税金

等々・・・・徹底調査してください!!

キコは離婚なんかしないですよ。皇族になりたくてアホのあーやに色仕掛けで近づいたのだから。
元祖小室!

117
1
返信する
ご皇室は性善説

>皆さんは、秋篠宮ご夫妻が離婚される可能性はあると思いますか?

絶対にない。
と言っておく。

この世に絶対も永遠もないのだが、今の地位にいる限りはデメリットしかないから、それくらい断言できる。

まず、悠仁を即位させること、これが紀子の人生を賭けた夢だ。
ある時期までは次男の嫁であり娘しかいなかったので、筆頭宮家の妃として上皇后の後ろ盾のもと他の宮妃に対して威張っているだけで満足だっただろう。だが、当時の皇太子夫妻に男子が誕生しなかったために、いつしか野望を抱くようになった。それは、何が何でも男子を産み、自分が皇太后となることである。夫が即位しないと皇后にはなれないが、即位前に死去しても悠仁が皇嗣となって即位すれば野望はほぼ達成するので問題ない。死後の尊号についても、追尊皇后として扱われる算段だろう。

だが、離婚してしまえば、皇室に残れず、皇后、皇太后の尊称も得られない。しかも、外部からでは悠仁を自由に操れない可能性もある。もちろん、現在は象徴天皇制であり、政治的実権を握れる訳ではないが、皇室内部では絶対的な権力者となるだろうし、外の与党政治家たちもほとんど頑迷固陋な男系男子派である。将来の天皇ヒサヒトの母であり皇族の身分にあることが権威と権力の源泉だから、それを簡単に手放すことはしないし、身分に固執するはずである。

アーヤと紀子が離婚するとすれば、秋篠宮家が一家揃って皇籍離脱した場合のみだろう。しかし、皇嗣の地位にある皇族はここの住民の願望とは違い、皇籍離脱が法的に不可能である。だから、離婚は全くメリットがないのである。

70
返信する
匿名

>即位前に死去しても悠仁が皇嗣となって即位すれば野望はほぼ達成するので問題ない。死後の尊号についても、追尊皇后として扱われる算段だろう。

何気に、恐ろしい予言!
宮邸での飲食には、気をつけて!

29
返信する
匿名

常陸宮両殿下が天皇皇后になられて、
お子様がいらっしゃったらなぁ…。

華子妃殿下のようなお家柄のお方が
皇室にお輿入れするのが大事だと痛感する日々です。

64
2
返信する
野良猫

秋篠家の家族写真、3人用のソファーに5人でベッタリ寄り添ってるのやら、変にポーズをとって仲良し演出してるのやら、どれも何か不自然な感じばかりでした。

合成写真や、何度もやり直しした写真とかも有るのでしょうね。不必要に絡めた手や 微妙に違う身長差、視線もバラバラのも。

不自然な仲良し家族の写真のカラクリが分かったような気がします。

単純に、「そこに、愛はあるんか❗️」って問題でしょうね。

ズルや不正や皇族特権で固められたハリボテ家族、夫婦間が冷めきっていると 子ども達の育ち上がりに表れますね。

79
返信する
匿名

男子産み分けに「ハイッ!」と手を挙げることが出来る無神経さ。そこに愛と言う最高級の心など存在するはずがない。
愛のない取り繕い家族にこの先ずーっと無制限に国税が投与されるのなら廃嫡しかない。キコが離婚なんかしないだろうから。

52
返信する
匿名

二十歳そこそこで、堕胎を繰り返す。
並の神経では、ありません。

カラダは手段……親の教えなんでしょうね。

45
返信する
匿名

週刊新潮が秋篠宮夫婦がほとんど口を聞かないと報道しているが、これは凄い。自民党=日本会議によって皇室は神格化されているから、ネガティブな内容は報道したくてもできない、筈であった。

だがいかにも離婚しそうな雰囲気であると報道している。もしもこれが昔の週刊誌にありがちな嘘であるなら自民党は大問題とするであろう。

時代は変わったのか?

とはいえ離婚はないであろう。文仁は離婚しても皇位継承者の地位は変わりないが、キーコは恐らく皇室特権を持たない一般人に成り下がる。それは避けるであろう。

返信する


匿名

死が二人を分かつまで永遠に一緒なのさ・・。
て、オイオイ、佳代さんの業をやりかねん。

31
返信する
匿名

こうやって往生際の悪さを露見すればするほど、国民は紀子駅南出自問題の深刻さに感づく。

文仁は非嫡出だが一応富豪の平民の息子らしいが、紀子は静岡市内のバラック住宅の出身で、親たちも人権活動家だった。

こんなでこぼこ夫婦、最初からうまくいくはずがない。しかも障害児男児を産んだのでは、夫婦どちらに似たのかで永遠の夫婦喧嘩の種ともなる。

ただでさえ、Bでは穢れを家系にもたらす存在なので、学習院では特に居場所がない出自だ。学習院を嫌うのは、常に母親のB出自が噂となるからで、まして障害児を産んだのでは、OBの視線も冷たくなって当然だ。

離婚で美智子が密かに狙うのは、賤民妃を離縁により事実上の皇室追放とすることで、甥を救い、正田家とAZ家を決定的破滅から救うことにある。

だがそれも、碍児も一緒に叩き出し、敬宮さまへの継承を揺るぎなきものにするならばの停止条件つきだ。本当に直ちに賤民妃の離縁ができるならば、この”赤絨毯革命”も少しは意義があるといえようが、美智子の心のなかには雅子さまへの敵意と嫉妬の炎が燃えさかり、鎮火してはいない。賤民妃への憎しみと、優秀すぎる皇后陛下への憎しみのどちらが生き残るか?

いまや国体の護持とは、元皇后の憎悪の行方次第で安泰にもなるし、次代から賤民化して天皇制廃止にすらなり得る運命の分岐点にある。

35
返信する
匿名

彬子女王が立命館の客員教授になられます。
佳子にはこうした研究職のお話は全く来ないし、知障ズルヒトにもおよそ不可能な世界といえるね。
でも国民はどの程度の知能があるのかはじっと黙って注視しているので、セイハクでも男根さえあれば偉いんだという紀子の発想は到底受け入れがたい。

実際、文仁の目玉グルグルの原因たる精神安定剤中毒、アル中ぶりなどをみるにつけ、すでに棺桶に半分足を突っ込んだ廃人だと思うし、入試数学0点のズルヒトに至っては、危なっかしくて人前には出せない、ライブ禁止の放送事故最有力物件としか見られない。

40
返信する
匿名

彬子女王はオックスフォード大にて博士号を取得された初めての女性皇族です。
お父さま、お母さまの夫婦間の問題に巻きこまれ、お母さまとの不和もありますが、結婚を考えた男性について、
「彼が必要としているのは皇族の私であることに気づきましたので、お別れいたしました」
恋人との別れはおつらかったでしょうが、普通の感性知性なら「皇族特権のある君を愛しているよ」と言われたら、そんなのはイヤ!と思う。
こうした皇族らしい方が踏みにじられるような皇室典範、改正してもらいたい。

16
返信する
匿名

国民の半分以上はアーヤの血筋に疑いを持っているんじゃないですか。それが科学的に、やっぱり、と証明されたら、即離婚。
国民の期待を裏切り、エッ、と証明されたら、絶対離婚は無し。

それにしても、たとえそれが身から出た錆であろうとも、これほどフルボッコにされた宮家って、今まであったのだろうか。
アーヤの情けない顔が目に浮かぶ。
キーコの能面のような不気味な笑顔が目に浮かぶ。
明日は、M子の就職の話かな。

38
返信する
匿名

この夫婦、次女誕生あたりから既に不和だった。
「妃殿下の手料理でなにが一番お好きでしょう?」
当時新婚だった今上夫妻や秋篠、常陸宮夫妻へも質問。(今ならハラスメント質問。)
今上(東宮)「全部美味しい」
常陸宮「カレー。私はカレーが好きなので、華子は今日はヨーロッパ風、今日はタイ風といろいろ作ってくれます」
ところが秋篠夫婦。
文仁「女房の手料理なぞ食べたこてがない」
ですもんね。

36
返信する
匿名

火星ちゃんこと常陸宮殿下は、
カレーがお好きなのですか。
それまた意外でした。

返信する


匿名

◀ご立派な 秋篠宮文仁親王▶
皇室会議 議員[21]
山階鳥類研究所総裁
日本動物園水族館協会総裁
御寺泉涌寺を護る会 総裁
大日本農会 総裁
大日本山林会 総裁
日本植物園協会 総裁
世界自然保護基金ジャパン名誉総裁
日蘭協会 名誉総裁
特定非営利活動法人 全日本愛瓢会 名誉総裁
日本水大賞委員会 名誉総裁
日本ワックスマン財団 名誉総裁
サイアム・ソサエティ 名誉副総裁
東京農業大学農学部客員教授
東京大学総合研究博物館特招研究員、
総裁職は 開会挨拶を読み、賞状などを渡せば良し。謝礼金は 施しなので、ホドを超すほど善し。
お車代は、送迎車で行こうがリモートだろうが関係ない。追加謝礼金。

東大博物館特別研究員は、長女と共にお飾り。東京農大客員教授は??
学習院初等科で既に落ちこぼれていた殿下が教える?反面教師?自習❔(川辰氏の講義は希望者が多かった……休講、自習ばかりだった。)

文仁さんの唯一ホッと出来る場、ため息をついたり、居眠りしたり

23
1
返信する
匿名

◀ご立派な 秋篠宮文仁親王▶
皇室会議 議員[21]
山階鳥類研究所総裁
日本動物園水族館協会総裁
御寺泉涌寺を護る会 総裁
大日本農会 総裁
大日本山林会 総裁
日本植物園協会 総裁
世界自然保護基金ジャパン名誉総裁
日蘭協会 名誉総裁
特定非営利活動法人 全日本愛瓢会 名誉総裁
日本水大賞委員会 名誉総裁
日本ワックスマン財団 名誉総裁
サイアム・ソサエティ 名誉副総裁
東京農業大学農学部客員教授
東京大学総合研究博物館特招研究員、
総裁職は 開会挨拶を読み、賞状などを渡せば良し。謝礼金は 施しなので、ホドを超すほど善し。
お車代は、送迎車で行こうがリモートだろうが関係ない。追加謝礼金。

東大博物館特別研究員は、長女と共にお飾り。東京農大客員教授は??
学習院初等科で既に落ちこぼれていた殿下が教える?反面教師?自習❔(川辰氏の講義は希望者が多かった……休講、自習ばかりだった。)

文仁さんの唯一ホッと出来る場、ため息をついたり、居眠りしたり

17
返信する
匿名

動物関係が多いのは、正田陽一氏(上皇后の親戚、家畜学の分野で著名な東大名誉教授)つながりの利権?

某ブログのコメント欄より

秋篠宮は、1996年に総合研究大学院大学で博士号を取得したことになってますが、この博士論文のテーマが、この正田氏の専門分野である家畜のニワトリ(家禽)であることも、そして正田氏の弟子達が手伝った共著論文であることも、よく知られています。

もともと、学生時代の秋篠宮の成績不良ぶりや、理系学部とは全く無縁なことは周知のことでしたから、こうした行為に一部では批判もありました。
また、研究対象が鯰ですらなく、突然ニワトリになったことも違和感アリアリで呆れました。

今の若い人にわかりやすく例えるとするなら、将来、佳子さんが30歳をすぎて、突然「家禽学」で博士号を取得するような感じです。

まあしかし、それだけで終わればまだよかったのですが、ここから鯰のデタラメな「学者ごっこ」が始まり、正田氏が影響力を持つ東大や東京農大で研究員の肩書を手にいれ、そこでの人脈をなぞるように、紀子さん弟も麻布大から東大院、そして農大に就職というお決まりのルートをたどりました。

鯰の動物園・水族館公務も、正田氏とその教え子たちの業務との関わりによるところが大きく、更にその教え子のひとりは、皇室関連の山階鳥類研究所の所長に就任というあからさまぶり。

正田氏、秋篠宮、紀子さん弟、東大農学部およびその研究者、東京農大、山階鳥類研究所、動物園・水族館関係団体・・・・と果てしなく繋がっていきます。

37
返信する
とくめい

栂の木(秋篠宮)に金箔を貼り付けるのが、、、平成時代の伝統的な慣習事項の一つだったのですね、、、本人は金箔に飲み込まれて苦しんで居るのでは?

お次は、、、悠仁さんに貼り付けて居りますが、、、少しづつ剥がれておりどうなる事やら?

悪事の張本人は、、、サイコパス・ミテコ、、、皇室を牛耳って般若の形相になっております‼

35
返信する
匿名

総裁列挙ありがとうございました。
いつの日か秋篠と運命を共にする団体ですね、南無。

27
返信する
匿名

ズルヒトの裏口入学ですが、昨日今年のセンター試験で世界史を盗撮した女子大生が家裁送致となり、共犯者のシステムエンジニアは略式起訴されて、いずれも偽計業務妨害罪で処断されました。

悠仁の入学式を前に、入試での不正行為一般の刑事事件化は、イコール、「ズルヒトと紀子も刑法犯であること」を指し示しています。

紀子が訴える「将来の天皇だから特別」論も、同じことをやった一般国民が刑事裁判を受け、前科がつくのに、皇族は逆に裏口であろうと御優秀と褒めそやされるのでは、示しも何もつきません。全くもって紀子は皇室の恥部になったわけです。

ズルヒトのあからさまな裏口入学画策行為が、この偽皇族夫婦にとっては、離婚への新たな第三フェーズへと駒を進めたといえます。
最初から夫婦の不義に始まり、婚外子も多数、健康不安、所作の記憶すら危うい知能問題山積の文仁。
とうに冷め切った夫婦別寝室体制に留まらず、違法行為では刑事責任のなすりあいが、離婚へアクセルを踏ませ、男根主義者たちへの引け際としても最後は紀子出自問題でズルヒト廃嫡方針を了解させる形で、敬宮立太子への最終滑走を始めることになります。

29
返信する
匿名

紀子に問われる質問とは
「なぜ悠仁の進学先は学習院ではなかったのか?」の一言だけです。

本当に将来の天皇になれる血筋に知能、健常健全な身体があるならば、堂々と天皇への王道を学習院で歩ませられたはずではないのか、ということです。

だが実際はDNA母子鑑定要求から逃亡を続ける父の率いる偽皇族一家であり、学習院ではクスクスと失笑が漏らされる間柄でしかない紀子。
チンピラマダムと綽名された紀子。
学習院構内の3LDK職員共同住宅に連れ込んでは、昼間からSP監視下でのエッチタイムまで提供される状態となると、お話にも何もならない不潔なカップルです。

こんなものにどんなに厚化粧を施そうと、生まれつきの下品さが、ここ一番というときに出てしまい、毎回宮内庁が言い訳に苦慮させられるありさまで、いくつになっても、バラック生まれの紀子ちゃんのまま。

やはり血は争えない。偽者同士のなかでも、さらに身分違いの格差婚をしてうまくいくような教養、知性、好人物でもない以上、離婚は当然の帰結でしょう。

31
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。