紀子さま「堕胎疑惑」の真相を裏付ける川嶋家の“御所怒鳴り込み事件”昭和天皇を恫喝した辰彦教授のおぞましさ


文・もっちゃん

紀子さま堕胎事件の真相

前回の記事では、紀子さまが、秋篠宮殿下と結婚される以前に、二人の子どもを堕胎したという噂について紹介しましたが、今回は、前回紹介した堕胎に関する噂の真実の裏付けとも言える、ある事件について解説したいと思います。

前回の記事では、紀子さまの堕胎に関して、主に、噂話や、憶測などを中心に紹介しました。先の動画をご覧になられた方の中には、「まさか、紀子さまが堕胎をしたなどあり得ないだろう」と思った方もいるのではないかと思いますが、以下の説明を聞けばそうした考えも変わるかもしれません。

今回紹介するのは、紀子さまの父親である故川嶋辰彦教授が、御所へ乗り込み、秋篠宮殿下と上皇陛下を恫喝し、紀子さまとの結婚を迫ったという前代未聞のとんでもない事件についてです。

川嶋教授の“御所怒鳴り込み事件”に関しては、紀子さまとの結婚前後に、女遊びの絶えなかった秋篠宮殿下を責め立てたということ、それから、もう一つ、結婚前に、秋篠宮殿下と紀子さまの結婚を認めるよう、上皇陛下に迫ったという、主に、この二つの話が語られています。

一つ目に関しては、タイの愛人との面会や、タイでソープランドを見学をされたといったことが、週刊誌等でも盛んに報じられました。特にこの秋篠宮殿下のソープランド見学に関しては、「女性セブン」(1996年9月3日号)の記事に詳しく解説されています。

ささやかな軽井沢の休日。だが帰京後の秋篠宮家に思わぬ騒ぎが待っていた。秋篠宮さまがタイ訪問の折、ソープランドを社会見学したという冒険談がある男性週刊誌に報道されたのだ。

学習院大学の学生時代から何回もタイを訪問されている秋篠宮さま。この“冒険”は89年、23才のときのことだという。場所はタイ北部の町ピサヌローク。秋篠宮さまはここで『行方不明』になったが、行った先がソープランドだったことが発覚したというのだ。(中略)

話の出所は、秋篠宮さまの通訳でもあり友人でもあるバンコク在住のソムチャイ・コシタポン氏だという。

同氏は日本の上智大学を卒業したタイのエリート。

秋篠宮さまの初めての訪タイ(85年)にガイドを務めて以来宮さまの信頼を得て、訪タイのときは必ず行動を共にしている。

「ソープランドのことは殿下が羽を伸ばせるのは、宿泊ホテルの中くらいしかないという例として、オフレコで話したことなんです。が、記事になってしまって困っています」

と当惑しながら、実態をくわしく話してくれた。

「室内に落ち着かれて、備えつけの館内案内のパンフを殿下と見ておりましたら、地下1階にディスコとソープランドがあることを知りました。殿下もまだお若いときですし、私が“ディスコやソープランドがありますね、社会勉強にごらんになりますか?”とおたずねすると、“ああ、見てみたいね”と気軽におっしゃって」

「女性セブン」(1996年9月3日号)

この時すでに、秋篠宮殿下は紀子さまと交際されており、おそらくは結婚についても本格的に準備を進められていた時期でしょう。



そうした大事な時期に、タイのソープランドの見学に行ってしまう殿下の軽率さ、不誠実さに川嶋教授は酷く腹を立てたことでしょう。

ちなみに、タイのソープランドは、マジックミラー越しに女性を見学することが可能で、男性はマジックミラー越しに女性の姿を見てからお相手を指名することができるようです。

紀子さまとの結婚を控えた身分でありながら、タイのソープランドで働く女性を品定めでもするかのように眺める秋篠宮殿下の様子を想像すると、ちょっと…というかかなり気持ち悪いですね。

川嶋教授は、御所に向かい頻繫に上皇陛下と直接面会していたようですが、そのうちの1回はこのタイでのソープランド見学事件の直後のことのようです。

週刊誌も報じた川嶋教授の怒鳴り込み事件

ちなみに、この川嶋教授の“御所怒鳴り込み事件”に関しても、今では、一種の都市伝説のような扱いがされていますが、かつては、有名な話だったようで、「週刊新潮」(1996年11月18日号)には、次のような宮内庁関係者の言葉が紹介されています。

宮内庁関係者によれば、

「川嶋教授が、4月に秋篠宮の女性問題が報じられた後、陛下に会っているのは間違いない。宮内庁では、年初の挨拶以来、一度も会っていないといっているようですが、陛下がプライベートな時間に誰とお会いになっていたかは、奥向きの話であって、表にいる宮内庁の職員は把握していない事柄なんです。かねてから、川嶋教授は何かあれば御所にいらっしゃいましたが、去年から今年にかけては以前より頻繁になっているということは、ハッキリ聞いています。川嶋教授は去年以来、御所に三度いらしているということです。特に、一回目と三回目はシリアスな内容だったようで、その三回目というのが4月21日に当る。まさに、怒鳴り込んできたという感じで、川嶋教授とお会いになられた後、陛下のご機嫌があまりよろしくなかったそうです。陛下がプライベートに人と会われるのは、土曜か日曜の午後が多く、その時に川嶋教授とお会いになっているということです」

以上のような情報を得た結果、本誌は前号のような記事を掲載したのである。そしてその後、さらに取材を重ねた結果、4月21日と特定することはできなかったが、複数の女官や職員からも、

「ともかく、4月中に川嶋教授が陛下を訪ねているのは間違いない」

という証言を得るに至っている。

「週刊新潮」(1996年11月18日号)

全てを計算していた川嶋教授

このように川嶋教授は、頻繁に上皇陛下と面会していたようですが、そのうちの一回が、紀子さまが秋篠宮殿下との間に出来た子どもを堕胎した直後であるとされているようです。当時の様子を知るある宮内庁関係者は次のように語ってくれました。

「この時、川嶋教授は、まさに怒り心頭といった様子で、御所に乗り込み、ほとんど恫喝するような様子で、「あの男は娘を傷モノにした!!どう責任を取ってくれるんだ!?」と上皇陛下に迫っていました。

要は、「お前の息子は、娘を堕胎させたのだから責任を取って結婚しろ」ということだったのでしょう。わざとらしく、周囲の職員にも聞こえるように大声で怒鳴り散らしていたことを今でもハッキリ記憶しています。



この時、すでに昭和天皇は、体調を崩されていましたから、当時皇太子であった上皇陛下に迫る方が得策であると判断したのでしょうね。

怒り心頭といった様子を見せながらも、一方で、冷静に、“誰に訴えるのが得策か?”といったことを考慮し、わざとらしく周囲の耳に入るように、抗議する様子をみると、良くも悪くも本当に頭の良い方だったのだな、と思ってしまいます。

今から考えると、紀子さまに堕胎させて、無理やり殿下や上皇陛下に結婚を迫ったことまでが、全てこの川嶋教授が仕組んだのではないかとまで思ってしまいます」(宮内庁関係者)

皆さんは、紀子さまの堕胎疑惑は、やはり事実であったと思いますか?また、この一連の騒動や川嶋家のやり口に関して、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

18 COMMENTS

匿名

自分が明仁だったら、川島の身辺調査を徹底的にさせて、同時に学習院大学と談判してキコから礼宮を引き剥がし、川島は退職ににさせる。
そもそも皇室付きの弁護士がいるだろうに、なぜ専門家に対処させないんだ。
こんなチンピラ川島の上げ下げ恫喝に飲み込まれるなんて、情けない。

侍従達のアドバイスを聞かないで、自己判断したのであろう。
アホな経営者が破滅するパターンだ。

ま、明仁は美智子に惚れ込んでのぼせ上がって昭和帝を恫喝したアホ皇太子だしね。
昭和帝が存命の頃は質素堅実だったので、美智子も懐柔されると甘く見たのかもしれないけど。

ちなみに明仁の学生時代のあだ名は エロ です。
悲しい。

126
4
返信する
匿名

紀子妃は当初は長男の浩宮さま狙いでした。
登山の同好会に顔を出して、山登りに膝丈スカート。で、浩宮さまの前を登ってた。
わかります?わかりやすいでしょう。
それでも浩宮さまは動じなかったし、ご学友のブロックもありました。

で、今があります。

153
1
返信する
匿名

そんな女がいたら、陛下でなくとも大抵の男性はドン引きします。

あの破廉恥テニスもそうですけど、完全に痴女ですよね。

129
1
返信する
匿名

それに引っかかったのが次男のほうなのね。はあー。

本日、長男は入試会場へ入るところをニュースで流してます。
入学式の裏撮り、別撮り、新入生代表の仕込み、自衛隊ヘリを使っての槍ヶ岳登頂、
なんでもありの宮家ですからねえ。

105
1
返信する
匿名

ご学友のブロックって秋篠宮さまと天皇陛下、五つも年離れてますよ。とっくにご卒業されてますよ。

5
3
返信する
匿名

これと同じく、川島教授が同和研究に入れ込んでいて、ゼミ生を特殊部落見学などに連れて行った話も忘れてはなりません。

この夫婦の馴れそめは、同和問題研究会で知り合ったとされており、宮内庁が通常の追っ払い手段では紀子との悪因縁を断ち切れなかったのは、そういうことが背景にあって、結婚を認めなければ差別があったものとみなす、との通告めいたものがなされたがゆえに、紀子への七代遡る宮内庁伝統の家系調査も一切なされぬまま、バラック娘を嫁にする大醜態を認めてしまったとみられます。

案の定、夫婦は結婚直後から喧嘩の絶えない関係であり、宮邸の外にまでどなり合う声が聞こえるありさまで、週刊誌も報じていました。もし実際はAZ家の次男だとしても、バラック出生の嫁とは釣り合うわけがなく、まして皇族の仮面をかぶらされていては、著しい身分差となります。

秋篠宮家の不協和音は、こうして最初から浮気の絶えない男であるにも関わらず、川島教授自身が自分を”解放”したいがあまり、娘と共謀して、とんでもない”雲の階段”へと足をかけたことに原因があり、ふわふわと浮かぶだけの実態のない偽宮家では、寄りかかれる柱一本ないわけで、眞子も反社の手に落ち、悠仁も裏口入学強行で世論から酷評される総崩れ状態となっていったのでしょう。

115
2
返信する
匿名

陛下は、ご自分の立場をわきまえ全うな判断をされただけだと思います。
鯰は、それすら出来ず本能のままに生きてきた大バカ者でしかない。
まあ、天皇家の血筋を引いてないからしかたないか。

94
3
返信する
匿名

悠仁の偽装受験には唖然です。
もし入試答案に手を加えたり、採点で加点すれば、犯罪です。兵庫県の農業高校で、入試のマークシートを校長らがあとから書き直した例があって、有罪判決がでています。

逆に、堂々と不合格にできれば、筑波あっぱれになるでしょうね。学習院大も留年を嫌がる明仁と佳子を大学から事実上追い払っていましたので、筑波にも見習って欲しいものです。

101
1
返信する


匿名

この話はお二人がご結婚された後かなり早い段階で耳にしました。普段皇室などに全く興味のない主人の口から聞いたので(恐らく飲み会などで聞いてきたんだと思います。)驚きました。

紀子さんのお父上のやり方がもし本当だったらば、同和問題に取り組むうちにその手のやり方が身についてしまわれたのかもしれない、と思ってしまいました。

77
2
返信する
匿名

結婚させてくれないならB差別だ!と騒ぎ立て、相手の両親にハラスメントを仕掛けるのは典型的なBの生態ですね。西日本の親ならば、一番怖れる悪夢です。

妊娠もさせられた、お前の倅のせいでうちの娘は疵物だ、どうしてくれる、と大声を張り上げる。
これだから左翼は嫌われるわけで、そこまで背伸びして娘をK室に押し込んだものの、できた印籠息子は学習院からまで門前払いされる低能でしたけどね。

裏口入学はじめ、NYの娘の夫への超法規的措置ばかり要求するのも、最初の結婚自体、超法規的措置だったので、いわゆる規格外K族の宿命というべきかも。
K族の仮面を被ったB女ではお世話を命じられた周囲も大変です。

79
3
返信する
匿名

最近もコーシになった際の祝宴に久子さまが御公務のため出席なさられなかったことに立腹した宮卑が
「久子でてこい。再教育してやる」と高円宮邸のドアを足で蹴りまくった事件が起きていたそうです。

「再教育」とはいささか穏やかならぬ、部落解放同盟や北朝鮮では好んで使われる用語です。
一体宮卑のもつ「何」を久子さまに「再教育」しようというのでしょうかね。

宮卑の育った静岡のバラックでは、「再教育」という言葉が家族内でも日常的にバンバン飛び交うような特殊環境だったことが窺えるエピです。
だからこそ、こんな言葉を本物の御皇族にむけて放つことが、どれほど嘲笑われる愚行かすら宮卑本人にはわからないのでしょう。

お育ち、御出自を示す宮卑の「再教育」発言。
人間、生まれを隠し通すことは至難の業なのだと教えられましたよ。

75
2
返信する
匿名

そう言えば小室さんが眞子様を再教育されている様子を録画したものが皇嗣家に送られて来たとの記事がありましたね。

39
3
返信する
匿名

そうでした。
セルフギジムナステイックのリモート個人レッスンでしたね。
コロナでステイホーム中でも、悠仁君の目の前で荒い息をついていたので、びっくりした悠仁君がママにヘルプを求めたら「悠仁、見ちゃダメよ」と叱られたそうです。

28
3
返信する
匿名

カワタツは
同和問題を研究した有能な大学教授
ではない。
同和出身でいろいろ問題がある変な非常勤講師
である。
カワタツを学習院にねじ込んだのはカワタツの恩師であったが、この恩師がまたとんでもであった。

55
1
返信する
匿名

私も以前からなんで学習院はカワタツなんかを雇ってしまったのか…と不思議に思っておりました。恩師の話とかぜひ詳しく伺いたいです。

45
1

秋篠宮と紀子妃の婚約会見はリアルタイムで見ていました。当時から紀子のべちゃ~とした話し方は見ていて非常に不愉快でした。いわゆる「ブリッコ」ですね。女性から嫌われる女でした。

また、結婚当時、カワタツ氏は「子供は親の作品である」と発言しており、これまでにもいろいろと報道されてきた紀子と舟の姉弟。父親の手のひらの上で転がされるだけの駒だったんだな~と、今となっては思わずにはいられません。

52
1
返信する
匿名

婚約会見時の紀子さんの話し方は今思うと外国の人がたどたどしい日本語を話しているのと同じ感じだと思いました。
当時は皇室やそこに嫁ぐ方は話し方も民衆とは異なり、穏やかで上品で歌うように優しいが感想で、この話し方は皇族教育でそのように指導されているのではないかと思った程です。
愛子さん以前の主な皇族は皆こうなので。
雅子さんの話し方でも少し鼻にかかったゆっくりした話し方でしたよ。
皆さん、普段はどんな話し方をしているのか聞いてみたいほどです。
それさえ表には出ませんよ。

6
2
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。