悠仁さま「ズル入学」への抗議か?お茶の水女子に“脅迫状”を送りつけた男が逮捕で、問われる秋篠宮家の倫理


文・もっちゃん

注目を集める悠仁さまの進学問題

現在、週刊誌等のメディアを中心に秋篠宮家の長男・悠仁さまの高校進学の問題が話題となっています。何故、悠仁さまの高校進学がこれほど話題となるのかといえば、悠仁さまが皇位継承順位2位で将来天皇となるお立場であるということが、その主な理由ですが他にも理由はあります。

一つは、悠仁さまが入学試験を受けずに超難関校の筑波大学附属高校へ入学しようとしているのではないかということ。本来、国民に寄り添い、人々と苦楽を共にする立場であるはずの皇族がこうした“ズル入学”で難関校へ入学されようとしていることに疑問の声が上がっているのです。

それから、もう一つは、セキュリティの問題です。悠仁さまが皇位継承順位2位のお立場であり、同時に、秋篠宮家の長男として、若い世代で唯一の男性皇族でもあります。

現在の皇室典範では、男系男子のみに皇位継承の資格を与えていますから、仮に悠仁さまの身に何かがあれば、皇統断絶の危機ともなりかねません。

そのため、宮内庁や、悠仁さまの身を案じる国民の多くが、学習院などの皇族の警備体制のしっかりとした学校に進学することを願っているのですが、秋篠宮ご夫妻は、学習院大学には進学させたくないという思いがあるようです。



ご夫妻が、悠仁さまの進学先を学習院にしたくない理由ですが、紀子さまは、もっと偏差値の高い学校に進学させるためであり、秋篠宮殿下は、初等科時代の、剣道の授業での厳しい指導がトラウマになっているためであると噂されています。

こうした理由はともかくとして、秋篠宮ご夫妻には、悠仁さまの置かれている立場などもしっかりと理解した上で、懸命な判断をしてほしいものですね。

問われる秋篠宮家の安全管理

一昨年の2019年4月には、実際に、悠仁さまの通われるお茶の水女子大学の附属校のセキュリティに関して不安を感じるような事件も発生しました。

悠仁さまの通われている教室に刃物を持った男性が侵入し、机の上に刃物を置いていくという、通称「刃物事件」です。

結局、犯人の犯行動機はハッキリとしませんでしたが、この事件の後には、お茶の水女子大学の附属校の安全管理が問題視され、宮内庁の内部でも、「悠仁さまは、やはり皇族として、安全管理にも優れた学習院に進学すべきではないか?」といった声も上がっていたようです。

「今年の夏ごろまでは、悠仁さまの進学先に関して、週刊誌等で“学習院高等科が最有力”といった報道がなされましたが、実際、宮内庁の内部でも、悠仁さまの学力や安全面など、様々な事情を勘案して、“学習院への進学がベスト”ということで、方針は固まりつつあったようです」(秋篠宮家関係者)

雅子さまへの対抗意識を燃やす紀子さま

ですが、どうやら、その後になって、紀子さまが悠仁さまの学習院進学に異を唱えだしたそうです。

「紀子さまが懸念されていたのは、眞子さんの結婚問題と、秋篠宮家の評判の低下です。秋ごろには、眞子さんの結婚が近づくにつれ、秋篠宮家の評判の低下は深刻化し、どうにもならない状況となってしまいました。



Yahoo!ニュースなどで、眞子さん関連のニュースが次々に炎上し、多くの記事でコメント欄が閉鎖となったことは記憶に新しいことでしょう。

そこで、紀子さまが、秋篠宮家の評判を一気に回復させるための手段として考えられたのが、悠仁さまの東大進学計画です。

週刊誌等では、紀子さまが、悠仁さまを初の“東大出身天皇”とすることを望まれているなどと報じられましたが、悠仁さまを東大に進学させれば、これまでの秋篠宮家の評価の低下を覆し、多くの国民から尊敬されるようになると、本気で信じておられるようです」(前出の秋篠宮家関係者)

紀子さまがこのようにお考えになることとなった大きな理由の一つは、ハーバード大学を卒業された皇后雅子さまが、これほど尊敬されていることであるそうです。

「どうやら、紀子さまは、現在、雅子さまがこれほど国民から尊敬されている理由は、ハーバード大学を卒業し、外交官となったという優れた経歴にあると考えられているようです。

ですので、悠仁さまも東大に進学すれば、将来的に、現在の雅子さまのように、多くの国民から愛され、尊敬される存在になると本気で信じておられるようなのですね。

悠仁さまを東大に進学させて、“東大出身天皇”として多くの国民から愛され、尊敬される天皇とする、これこそが紀子さまが現在、最も強く望んでおられることのようです」(同前)

突っ込みどころ満載の紀子さまのお考えですが、何より問題なのは、その東大入学を、学力試験を回避したズル入学で成し遂げようとしていることでしょう。



雅子さまは、ハーバード大学を卒業し、外交官試験に合格する過程で大変な苦労や努力をされたはずですが、悠仁さまは、今まで一度も受験をしたことはなく、高校進学も無試験での難関校進学を目指しています。

悠仁さまへ脅迫メールも

こうした悠仁さまのズル入学には、現在、大変、批判の声が上がっていますが、実は、それとの関連で、悠仁さまがお茶の水幼稚園に入園された際にもある事件が発生したようです。

 秋篠宮ご夫妻を震えさせた驚愕の事件が、長男・悠仁さまが通われる東京・文京区のお茶の水女子大学附属幼稚園で起こったのは、8月27日のことだった。同幼稚園に「始業式で悠仁さまを含む園児らに危害を加える」という内容の“脅迫メール”が届いたのだ。

 メールを受け取った同園では、園児の登園を中止するなどの措置を取り、一時は秋篠宮ご夫妻をはじめ、保護者はもちろんのこと幼稚園関係者の間に緊張が走った。

「女性セブン」(2012年10月4日号)

悠仁さまを名指ししたこの脅迫メールですが、どうやら、悠仁さまがお茶の水幼稚園に試験なしで入園されるという、皇室特権による事実上の裏口入学に対する抗議の意味もあったようです。

「悠仁さまは、御茶ノ水女子大学の研究員のご子息などが利用できるとされる“特別入学制度”を利用して、お茶の水幼稚園に入学されました。

この制度には、“幼稚園から約3km圏内に居住”という入園条件が設定されていたのですが、秋篠宮ご夫妻は、こうした条件を無視して、無理やり悠仁さまを入学させたようです。

また、この制度は、悠仁さまの入学直後に廃止され、悠仁さま以外には誰一人として、利用していません。悠仁さまをお茶の水幼稚園に入園させるための制度だった、として現在でも批判されているのはそのためです。

どうやら、この脅迫メールの送り主も、こうした秋篠宮家の横暴に不満を感じていたようですね。もちろん、脅迫などの犯罪行為は許されることではありませんが、秋篠宮家に対する怒りや不満は正当なものと言って良いのではないでしょうか」(皇室ジャーナリスト)

秋篠宮家が卑怯な手段を用いて、やりたい放題して、国民の怒りや反感を買う、ということは、どうやら、今も昔も変わっていないようですね。

ご拝読ありがとうございました。

12 COMMENTS

異常なライバル意識

>どうやら、紀子さまは、現在、雅子さまがこれほど国民から尊敬されている理由は、ハーバード大学を卒業し、外交官となったという優れた経歴にあると考えられているようです。

ですので、悠仁さまも東大に進学すれば、将来的に、現在の雅子さまのように、多くの国民から愛され、尊敬される存在になると本気で信じておられるようなのですね。

紀子さんが本気でこのように考えているなら、あまりにも低能ですね?
これじゃ、ろくな子供は育たないと思う。
皇后陛下にしてみたら迷惑な話だと思います。

115
1
返信する
匿名

>異常なライバル意識さん
ただ、ハーバード大と東大でも勝負にならないですけどね。

84
1
返信する
国公立で不正は許さない

何度でもいう。国公立の学校でこういう不正な手段をつかった入学は絶対にダメだ!
特権をふりかざして、列に割り込んでくるような卑劣な真似は許せない。受験をパスした者が入学する。これが学校における機会の平等だ。親の経済力も生まれも関係ないのが教育の場の本来の姿だよ。

ズルして入った後に息子が苦労するとか、そんなことは知ったことではない。国公立に対して、立場を悪用た特別扱いは断固許されない。

123
1
返信する
匿名

雅子様は本当に、、、ご苦労されたでしょうね。。
IQレベルが違うと話すら合わないとよく言われますが、その点含め、、、涙出ます。

昭和KKは、もしその大切な息子様が、これから過ごす無理難題な環境によりおかしくなっても何とでもなると思っていて、それは誤魔化せっ美化しろっと考えているんだろうが、母として命に代えてもと良いと思える大切な子を粗末にするなんて、、、そんな人が目指しているのがコクボってモノでしたっけ??

一体、このくだらない物語はいつまで続くんでしょうね。

息子さんも可哀想だ。

68
返信する
匿名

本当に変な人物が乱入して、悠仁じゃなくて、他の生徒に何かあったらどうするんだろうね?

56
返信する
匿名

雅子さまのご苦労は、畏れ多いので安易な比較はしてはなりませんが、地方自治体などで、B民から無理難題を突きつけられ、二言目には「自分たちは被差別者だから、専用の職員採用枠や高校合格枠があって然るべき」と糾弾会において首長が脅されるシーンと、紀子が悠仁を裏口入学させることがいかに違法行為になるかをどんなに丁寧に教えても、全く聞く耳を持たない秋篠宮家名物「氷の朝礼」とが重なってきてなりません。

紀子は静岡での生い立ちに強烈なるコンプレックスがあり、そのコンプが途中から職員子弟半額枠を使って学習院初等科に入ったことで、より一層の僻み根性となって増幅してゆき、ついには皇室や宮内庁に己の子宮を使って報復するような行動傾向になっていったものと思われます。

学習院は一種の独特な貴族社会の縮図でもあり、名家の子弟と、成金の子弟がそれぞれグループを作る傾向にありますが、紀子はそのどちらにも入れては貰えず、眞子佳子も仲間はずれの口でした。
ただ貧しい教員の娘といっても、成績優秀ならばそれはそれでよかったのでしょうが、どうやら成績面でもさっぱりだったそうで、両親が何度も勉学態度に問題ありと呼び出しを喰らう劣等生だったのです。

親子二代で、学習院に強い反感をもってきた紀子には、悠仁の進学先が、学習院以下の偏差値なのでは嫌なのでしょうが、そういう悠仁の成績も悲惨なもので、帝王教育の象徴的存在である、本来なら6歳で開始すべき論語素読もいまだに始められない、超低能ぶりでは、リベンジどころではありません。

もし紀子が悔しいというなら、いますぐ生放送で、すらすらと論語が暗唱できる悠仁の姿を放映させてみせればいいだけです。

70
返信する
匿名

>「自分たちは被差別者だから、専用の職員採用枠や高校合格枠があって然るべき」

まさかのアファーマティブアクション枠w
そうか悠仁さまは川島家アファーマティブアクション枠だったのかww

26
返信する
特命希望

母親の日本語は初等科5年で、
「今日は暑いでした」。
長女の通知表は「さすがアーヤの娘」、見たら気絶するレベル。
次女は通知表は長女より少しマシだが、素行不良。
長男は・・・言わないでおこう。

敬宮さまへの学習院の先生方のコメントは、皇女だからと言うより、
「宮さまは成績優秀でいらっしゃるから」。
いじめられて学校へゆけないことがあっても、
雅子さまはおうちで初等科の時間割通りに、敬宮さまに勉強を教えておられたんですよ。
だから、学校にゆけなくてもトップクラスの成績。

42
返信する


Sagittarius

本気で秋篠宮家の人気回復を願っているのなら、今すぐに一家で皇籍を離脱することをお勧めします。
皇嗣の地位を返上して、一家揃って一般人になり、日本を出ていくなりすれば、否応なく国民は「さすが」と拍手喝采となるのではないでしょうか。
それとも、今まで税金で生活させて頂いた感謝を表し、民間人となって労働して、今まで無駄に使った税金分を国民の為に返納して頂ければ幸いかと・・・

51
返信する
匿名

胞状奇胎で子を産めなくなった母が、次男以下の製造計画につき、側室をとられたくなくて、思いついた”ある措置”がこれほどまでに皇室の存続をも危うくする危機を招くとは、昭和39年に誰が想像できたでしょうか。

寝物語に録音しておいたこの”出生秘密”さえ振りかざせば、どんな違法行為も、身内の不祥事も公金横領も、すべて帳消しにでき、もみ消せる”魔法の杖#になると知った丙午の賎民娘が、これをさんざん悪用し、国民の怒りを買って、昭和39年当時には思いもつかなかった夫と息子のDNA鑑定を求められるという事態の到来を誰が予測できたでしょうか。

男の子さえ産めば王冠はこっちのものとばかり、人工的に産み分けをしたものの、結果はおつむの弱い、ヘタレ子でした。
その情けないさまを隠せなくなる専用のお抱え教育機関にはどうしても息子を送り込むことができず、混合教育、いわゆるインクルーシブをやってくれそうな庶民の大学付属校を執拗に狙うも、他の生徒たちは皆超優秀過ぎて、何の解決にもならぬと療育関係者から警告を受け続ける有様で、いまや正常な判断能力さえ失う大混沌ぶりです。

39
返信する
匿名

妃殿下は、博士号をご取得遊ばされておられたのか。
今も論文の発表やら学会へのご出席でお忙しいのかな?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です