「愛子を皇室から追放しろ!」美智子さまの皇室典範議論介入に、雅子さま激怒!衝撃の舞台裏を週刊誌がスクープで、上皇后終了のお知らせ


文・もっちゃん

美智子さまが政治介入?週刊誌の不穏な報道

天皇皇后両陛下の長女・愛子さまが学習院大学を卒業し、佳子さまが、今年30歳のお誕生日を迎えられるという状況の中、皇位継承問題や、女性皇族の今後の身分などに注目が集まっています。

そうした状況の中、「週刊新潮」(2024年5月30日号)と、「女性セブン」(2024年6月13日号)が、それぞれ、これらの問題に関連する驚きのスクープを報じました。

「週刊新潮」は、美智子さまが、皇位継承問題に関する議論を積極的に前進させようと推し進める額賀福志郎衆議院議長に対して、「(皇位継承に関する議論を)よろしく進めてくださいね」というお声掛けをされたという内容。

そして、「女性セブン」は、こうした美智子さまのお声掛けについて、雅子さまが、皇位継承問題に関する議論への介入であるとして、不快感を示されたという内容です。

どちらも、美智子さまによる皇位継承問題に関する議論への不正な介入について報じる記事なのですが、両記事の間には重要な矛盾点もあるようですね。

小泉政権下で官房長官の任にあった安倍元首相は“男系継承論者”にもかかわらず、女系を容認した政府の方針に従わざるを得なかった。その心中はもどかしさで満ち溢れていたに相違なく、現に民主党政権が制度改正に向けて動き始めたさなか、

〈いったん消え去ったはずの、「女性・女系容認」の議論が、今また「女性宮家創設」と形を変えて復活しようとしている〉(「文藝春秋」12年2月号)

 といった内容の論文を寄稿していたほどである。かように「女性宮家」構想は安倍政権下で“敵視”されながらも、

「17年6月に成立した上皇さまの退位に関する特例法では『安定的な皇位継承を確保するための諸課題』『女性宮家の創設』等につき、すみやかに検討するよう政府に求める附帯決議が盛り込まれていました」(同)

しかし、“すみやか”どころか政権の怠慢で引き延ばされ続けてしまう。こうした現状に上皇后さまは危機感を募らせていらっしゃらないはずがない。

 そのご覚悟が分かるのが、以下のエピソードだろう。目下、この議論に意欲を見せているのが額賀福志郎衆議院議長。保守派への配慮もあってこの議論を避けてきた前任の細田博之議長とは打って変わり、議長就任直後から意欲を見せていたという。

 そして、このように“前のめり”になっているのは、上皇后さまからの「重いお言葉」があったからだというのだ。前出の宮内庁関係者が明かす。

「額賀議長は就任後、上皇ご夫妻に謁見する機会があり、その際に上皇后さまから『(皇位継承に関する議論を)よろしく進めてくださいね』というご趣旨のお声がけを賜っているのです」

「週刊新潮」(2024年5月30日号)

矛盾した報道の真実は?

こちらの「週刊新潮」の記事では、美智子さまが、女性宮家創設など、女性皇族が結婚後も皇室に残ることができる案を提案されたように報じられています。ですが、一方で、「女性セブン」の記事では、美智子さまが、旧皇族の男系男子の皇籍復帰など別の案を推進するよう取り計らわれた、という内容になっているのです。



昨年10月に衆議院議長に就任した額賀氏は、就任以降、皇室の喫緊の課題である「皇族数の確保」および「安定的な皇位継承」に関する与野党の議論を主導し、積極的に進めてきた。しかしいま、額賀氏が深く関与したある報道が、その議論の進行に水を差す事態になっている。それはそのまま、愛子さまの将来にも大きな影響を与える。渦中の人物を前にした雅子さまの心境はいかばかりか。

 発端は『週刊新潮』(5月23日発売号)の《憂慮の果て「美智子さま」が動かれた》と題された特集だった。皇室記者が解説する。

「額賀氏が衆議院議長に就任した後に上皇ご夫妻にお目にかかる機会があり、美智子さまが『(皇位継承に関する議論を)よろしく進めてくださいね』といった趣旨の声がけをされたという内容でした。この件に関して『週刊新潮』から事実確認を求められた額賀氏は沈黙のまま電話を切ったといい、暗に事実だと認めているのではないかという見方もありました」

 皇室は政治に立ち入ってはならない、と憲法に規定されている。もし仮に上皇后というお立場にある美智子さまが皇位継承に関する議論に“口出し”されたという事実があれば、問題視されかねない。(中略)

奇しくもその同日、政治の側でも“介入報道”の内容とリンクする動きがあった。安定的な皇位継承や皇族数の確保策に関する与野党の会議が行われたのち、「週1回の開催」という方針が突如、変更されることが発表されたのだ。

「23日に行われていたのは第2回の会議でした。『週1回の開催』を見送る理由としては、各党の足並みがそろっていないということが大きな理由のようです」(全国紙政治部記者)

 波紋を呼んだ第2回の会議は、そもそも、話し合いの内容にも急遽の変更があったようだ。

「『女性皇族が結婚後も皇族の身分を保持する』という案について議論する予定だったところ、唐突に『皇統に属する男系男子を養子として皇族にする』という案についても話し合うことが提案されたのです。前者については各党が賛成していますが、後者についてはコンセンサスが取れていませんから、議論が一気に停滞しました。

 額賀氏を筆頭に、関係者らは女性皇族の結婚後の身分をめぐる議論について、今国会中の決着を目指していました。それゆえに、突然のトーンダウンには不自然さを感じざるを得ません。タイミングとしては、美智子さまの“介入報道”と妙に符号するので、何らかの影響があったととられても仕方ない状況です」(前出・皇室記者)

「女性セブン」(2024年6月13日号)

こちらの、「女性セブン」の記事では、これまで与党内で議論されていた女性宮家の創設を含む、女性皇族が結婚後も皇室に残り、皇族としての身分を確保するための法改正の実現を美智子さまが妨害し、そのことに雅子さまが激怒された、という内容になっているのです。

愛子さまを侮辱する美智子さまに、雅子さま激怒

これは、先の「週刊新潮」の記事の内容を真っ向から矛盾するのですが、果たして、どちらの内容が正しいのでしょうか?ある宮内庁関係者は、次のように語ってくれました。

「美智子さまの皇位継承問題に関する議論への介入の問題で、様々な憶測がなされ、報道状況も混乱しているようですが、どうやら、美智子さまに関しては、旧皇族の男系男子の皇籍復帰を希望し、女性皇族が結婚後も皇室に残るという案には反対されているようです。

女性皇族が結婚後も皇室に残るという案は、自民党内で、成立のためのおおよそのコンセンサスが形成されいたことから、「梯子を外された」「不正な介入により議論を妨害された」といった思いを抱く議員も少なくないようです。

ですが、こうした美智子さまの介入に誰より激怒されたのは、雅子さまであると専ら噂となっております。というのも、どうやら、美智子さまは、女性皇族が結婚後も皇室に残るという案に反対であることを額賀氏に伝えられた際に、「いつまでも愛子ちゃんに皇室に残られても鬱陶しいからね」などと仰られたそうなのです。

温厚な雅子さまも、流石に、こうした発言は許せなかったようで、これまでになく、美智子さんとの関係に張り詰めた緊張感が漂っているようです」(宮内庁関係者)

皆さんは、このような、美智子さまの皇位継承問題に関する不正な介入や、愛子さまへの侮辱発言について、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

35 COMMENTS

匿名❗️

世に憚る上皇后皿鬼婆さんは引退した身なのに

あまりにも行いが酷すぎるとコロナが悪化して

早く虹の橋を渡ればいいのにと国民は願います

佳子も結婚して皇室から出て自由になりたいのなら

早く結婚しないと

上皇の逝去や上皇后の鬼皿婆さんの逝去などで

喪中になれば結婚もどんどん遠のくことでしょう

だいたい眞子がなかなか妊娠できないのは散々、妊娠中絶を繰り返したからなのかな

佳子も結婚が遅れて、ワガママいっぱいでなかなか妊娠できなそうな気配がしますね

上皇后鬼皿婆さんは曾孫の顔を見られないで虹の橋を渡りそうな気がします

ギリシャ訪問で東洋のダイアナと呼ばれる佳子は気持ち良くなってこのまま皇室に居座るように気が変わると面倒だから早く結婚でもして念願の自由な皇籍離脱をすればよいのに

162
3
返信する
匿名

>どうやら、美智子さまに関しては、旧皇族の男系男子の皇籍復帰を希望し、女性皇族が結婚後も皇室に残るという案には反対されているようです。

はぁ?何言ってるんですか?
もし、そうなったら、天皇の血の繋がりが薄い、もしくは繋がってない方々ばかりになるじゃないですか!!
もしかして、それが狙いですか???

とにかく敬宮愛子さまに早く皇室を出て行って欲しい。じゃないと、国民はいつまでも『愛子天皇』と言い続けるから。
皇統はA宮家に移し、その後“特例として”天皇家の内親王(馬子鹿子)のみ皇族復帰、女性宮家を創立させて、天皇を支える。

その際、馬子はKKと離婚させ(もしくは未亡人となって)旧皇族だった人と結婚させ、男子を生ます。(これで男系男子の出来上がり)鹿子も名家島津家のご子息と結婚。

ミテコ、鬼子、ウハウハ。

………って、そうはさせるか!!!

151
1
返信する
匿名

>皇室は政治に立ち入ってはならない、と憲法に規定されている。

下記は皇室新聞(5/23)に有ったコメント
   
>「ついに美智子さまが動かれた」

ピーッ、ハイ、そこまで!
やってはいけない政治発言を、あろうことか直接衆院議長に下した美智子
ルール違反、憲法違反です!

今回の国会皇室典範改正論議はこれにて御破算とすべきで、解散です
なぜならば、上皇后が憲法違反行為を行ったからであり、その圧力下では到底冷静かつ公平な、世論を反映した改正論議などできないからです。 以上

131
1
返信する
匿名

妖怪一本眉め!

皇室を滅茶苦茶にした張本人。
早くお逝きなさい!

次期天皇となられる敬宮様が国民の希望であり、本物の皇位継承者です。

138
1
返信する
疑問と怒り

ミテコの言動が事実であれば明らかに政治介入で憲法違反。
これまでも政治介入を繰り返す一味は皇室から排除すべし。

140
返信する
匿名

司法にも介入?
あの小室佳代の遺族年金不正疑惑、保険金殺人疑惑が不起訴になってる?!

133
1
返信する
匿名

京都嵐山事件の判決も延期。
判決文を書けない理由不明。
司法介入は明らかでしょう。

148
1
返信する
匿名

もっちゃん、絶好のタイミングで、非常に重要スクープありがとう。
待ってましたよ、このテーマ。

この背景事情には事前にもう一折れあったとみられます。

それは、佳子を島津家に押しつけようとして、危険を察知した島津家側が親子共霞会館には現れず、お見合いも何も、両人の接近など全く起きていなかったことです。

このことで、おそらく美智子は勝手に一人で激怒したはずです。
なぜならば、もし佳子宮家を作るのに際し、華族から婿を迎えることで、「平民夫に賎民妾」の間の「妾の浮気疑惑付き非皇族女子」であっても、その夫さえ由緒正しければ、娘の代で秋家もようやくセレブの仲間入りができると考えた、出自ロンダリング計画がもろくも崩壊したからです。
さらに佳子もいうことを聞かず、どうせ旧皇族や華族男性とは御縁などないのだからいまの男と結婚したい、と美智子に言い放った可能性もあります。

こうして、美智子としては練りに練ったはずの佳子救済、秋篠宮家の永続化計画が、お見合いがあったとデッチあげるための、霞会館での出会い演出そのものに失敗したことで完全に水泡に帰した。
ならば敬宮さまが旧皇族男子と結婚されることで、男系男子男系女子の最強夫婦となり、文句なしの女性天皇、その子も天皇になれる道までを塞ごうとなって、スタンスが急変したのではないでしょうか?

雅子さまとは何も話し合われていないはずです。
「激怒」もなにも、これらはすべて織り込み済みの話。
雅子さまはあくまでも先を読まれておられるので冷静なはずです。
英国公文書に「紀子はhumble originである」と記載されていたものを情報開示してきた時点で、英国側には、腐った美智子独裁をやめさせるためには出来るだけの両陛下と愛子さまへの応援をしようとの真の友好関係構築の意図がみてとれます。日本側が同和タブーに縛られ、発言できないことを、英国からズバリ言ってくれたのです。

今回の愛子さま立太子を含まない、秋篠宮家救済目的だけの女性皇族残留法改正計画も、反社男が亭主になるのではそれこそ炎上します。
結局、小室かそれ以下の男しか佳子には来ないことがわかっただけで、その情けない秋篠宮家の劣悪出自問題をどうすることもできない苛立ちに美智子は半狂乱となり、とうとう額賀への憲法違反の直接指示発令行為で自ら墓穴を掘ってしまった。

おそらくコロナ騒動も、あの失声症や下血騒ぎのときと似た、エアなのではとしかみられなくなりましたね。

156
返信する
匿名

愛子さまには、旧皇族男子も、華族男子で東大卒も、候補者はいろいろおられ、皆さん愛子さまとは面識や接点がおありのようです。

なのに、秋家ときたら、あの反社カルト系のキム・ケイとしか縁がなく、勘当同然の駆け落ちで世界を驚かせました。そのうえ、弟の廃嫡悠仁は、紀子由来の遺伝性指定難病による障害児ときたので、眞子佳子の子も悠仁のような障害児になる可能性は高いといえそうです。
こんなきょうだい児にまともな縁談など期待するほうがおかしい。

驕り高ぶっていた美智子さんも、ようやく佳子がセレブからは全く相手にもされなくなっていることをどこかで知ったのでしょう。
安西の孫ですらない、紀子の浮気でできた古賀の子説まであるようでは、明仁文仁の代からのDNA鑑定書を添付した「人間血統書」がなければ、誰も貰ってはくれない哀れな野良猫ちゃんに過ぎませんから。

111
1
返信する
今年、三十路の佳子の幸せ

日本国民の誰が佳子と結婚して

ペテン師小室圭、小室佳代と親戚になりたいだろうか?

そして、国庫のお金で不正ズル入学するような筑附で学年最下位のズル悠仁と親戚になりたいなんて思うだろうか?

整形美人?の佳子の産んだ子供はどんな顔で生まれてくるのか興味津々だよー

佳子は良家の方との縁談なんてないでしょう

108
1
返信する
匿名

佳子さんを貰ってくれる人?
ここによく書かれてる名前の人ではダメですか?
親?が反社とも書かれてましたね。
それなら小室氏だって反社の人が親せきに居たのでは?
秋篠宮家は良家とは無理です。
諦めて下さい。

コロナに感染しても誰もお皿さんの事を心配などしない。
自分のやってきたことが自分に戻るのですね。

116
1
返信する


匿名

政治介入したことが法律違反、政府もいい加減、退位した老婆の言うなりにいつまで居続けるのか?

だいたい皿も秋篠宮一家もやればやるほど、国民の反感を買うだけなのに、いい加減なんとかせい!

98
1
返信する
いい加減にしろっ!

今は秋篠宮家が済生会への上納システムが暴露されてえらいことになっていますよ。
ブルーサファイアさんのブログをご覧になって下さい!!

余りにも酷すぎる。

また秋篠宮が地方に行く際、接待要員に旅館の若女将が選ばれ。断る事なんて出来ない様です。その方はその後摂食障害になり亡くなられたと…。

皆さん拡散しましょう!!!

112
1
返信する
匿名

お金の事は昨日ここで見ましたけど
旅館の若女将がそんなことに?
では、変な話し若女将が居ない所には泊まらないということ?
旅館のグレードではなくて若女将?

そんなことを紀子さんは許してる?
そんなに冷めてる?
公務で国民の前に出るときだけ仲良さそうにしてる?

タイの王女さまが本当の奥さんとは言われてるけど
これが日本の皇族?皇族って何?

90
1
返信する
匿名

眞子を産んだ後くらいから秋篠宮夫婦は冷え切ってると…。

それで夫婦でスワッピンクに参加し、古賀議員の息子の子を紀子が宿したそうです。
その会では、妊娠した場合は、その夫婦が育てるとの約束があるので。
秋篠宮は自分とは交渉無いのですから、紀子の子は実の子供では無いのは丸わかり。

もうむちゃくちゃです!!

タイ王女が正式な妻でしょうね!!

78
1
返信する
匿名

これは酷い
では安西文仁氏がやった相手は(人妻)無事妊娠したのかな?
佳子とほぼ同時期に誕生日があったのかも

古賀父は眉毛の太い男で、佳子も高校時代までは眉が太かった

56
1
返信する
匿名

スワッピングなら参加者複数いるので、偽皇族夫妻はしっかり目撃されていますね
逃げ隠れできない
だから佳子は高校時代にグレて、停○○○にまでなったのか?
自分は望まれた子ではなく、ハプニングで出来てしまった要らない子でしかない、と悲観し、ヤケクソになって裸ダンスに熱中

47
1
匿名

お金と暇に任せてロクな事やってないね。
親の顔が見たいもんだ。
文の相手は誰だろう。。。

48
1
返信する
匿名

明治天皇は行く先々で女漁りをした結果、脳梅毒で散々に。
ドイツから招聘され、東大医学部の礎を作った教授も救えなかった。
御所には明治天皇から感染させられて、発狂した女性達を集める場所があり、これをみた昭和天皇は一夫一妻を貫き通されたという。

偽皇族安西文仁氏は、この明治天皇ごっこだけはマネしたようで、その結果、どうしたことか、ボロボロの身体になり、手の震えを必死でもう片方の手で押さえる体たらく。呂律も回らず幻聴まで聞こえる。
息子も先天性の障害児。裏口入学先の高校では、先天性ゾンビと呼ばれています。

皇女愛子さまが天才児であったことに、嫉妬するゾンビ達の惨状がいよいよ隠せなくなってきました。

85
1
返信する
匿名

いつまでも鬱陶しいのはサラバーです。
しかも政治発言の憲法違反!
即刻たいほーですね。
吉田さん如何ですか?

64
1
返信する
一言主

いいじゃないですか、、、

上皇夫妻、秋家連合と天皇御一家の最終対決なら全国民、全世界が天皇御一家の側にたちますよ。

55
1
返信する
匿名

いつまでも皇室にへばり付いて鬱陶しいのはほざくあなただよ。さっさと退場してもらおう。

44
1
返信する


匿名

もうとっくに引退したはずの上皇夫妻。
その片割れの皿に、なぜ誰もビシリと言えない?

40
1
返信する
匿名

妲己のお美智、コロナ感染しているから、悪運も尽きてほしいんですよね。

21
1
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です