雅子さまを適応障害に追い込んだのは美智子さまだった!「皇室の繁栄を考えると、3人目を強く希望したい」鬼畜発言の舞台裏を文春が暴露!


体調も回復された雅子さま

今月12月9日に、60歳のお誕生日を迎えられた皇后雅子さま。同日には、お誕生日を迎えられた感想の文書も発表され、また、多くの国民から祝福を受けられました。

これまで、ご体調の問題から、公務を休まれることも少なくなかった雅子さまですが、最近では、これまでにないほど、体調もご良好であり、公務への参加の日程も増やされているとのことです。「文藝春秋」(2024年1月号)に掲載された記事には、次のように書かれています。

「石川県を訪問された際には、飛行機の機材トラブルで、急遽、予備機に乗り換え、小松空港に到着されたのも予定より1時間半遅れのことでした。式典の遅延も仕方のない状況でしたが、両陛下は金沢市内のホテルで昼食をとる予定を飛ばして、空港内で昼食を済ませ、わずか20分で着替えも終えられた。そして式典会場に直行することで、見事に遅れを挽回されたのです。これほどの臨機応変な対応は以前の雅子さまでは考えられないことで、感動を覚えました」(前出・皇室ジャーナリスト)

 かつての雅子さまは、体調不安を理由に、公務の“ドタキャン”や途中退出をする場面が、頻繁に見られた。だが、最近は予定された公務に9割以上の割合で、参加されているという。宮内庁担当記者が語る。

「最近は、当日の行事開始の1時間前や、極端な場合は数十分前になって、ようやく宮内庁から『両陛下のご参加になりました』と発表されることが多いです。聞くところによると、雅子さまご本人も自分の体調がどうなるのか、本当に直前まで分からない。前日から万全だと言えるのは、よほど稀なことなのです。それが適応障害の特徴なのだと、我々は理解するしかありません。ただ、逆に言えば、そうやってご自身の体調とうまく付き合い、慎重に見極められるようになった。公務の参加日程を増やせるほどに、ご回復されてきたということです」

「文藝春秋」(2024年1月号)

「3人目を強く希望」発言の裏に美智子さまの思惑

ところで、そもそも論として、なぜ、雅子さまは、帯状疱疹や適応障害を患われたのでしょうか?実は、こちらの「文藝春秋」の記事には、皇太子時代の天皇陛下による、「人格否定発言」とも関連させて、雅子さまが適応障害を患われることとなった背景についても書かれています。

雅子さまを精神的に追い詰めることとなった原因の一つとして、度々挙げられる要因に、男子出産へのプレッシャーがあったということは、多くの方がご存じの通りです。

両陛下は、皇太子、皇太子妃時代に、不妊治療を受けられ、苦労の末に愛子さまを出産された後にも、男子の出産をというプレッシャーが与えられ続けてきました。

そうした状況で、なされたのが、当時の湯浅利夫宮内庁長官による「秋篠宮さまのお考えはあると思うが、皇室の繁栄を考えると、3人目を強く希望したい」という発言です。

「皇太子妃として、男子を出産すべきだ」というプレッシャーに加えて、こうした宮内庁長官による、無神経な発言がなされたことが、雅子さまの精神を深く傷つけたということは、間違いありませんが、また同記事には、こうした発言に関して、湯浅氏が、上皇ご夫妻の意を汲んで発言したものであるとも書かれています。

愛子さまをご出産されてから日を置かず、雅子さまには「2人目のご出産」の相談が持ち掛けられている。男子の出産を迫られる状況は少しも変わらなかったのだ。むしろそのプレッシャーは増していった。

 心身ともに疲弊され、追い詰められた雅子さまは、03年春ごろから発熱や朝起きられない日が続き、抑うつ状態に陥ることが増えた。同年12月には、ストレスが原因とされる「帯状疱疹」を発症され、宮内庁病院に入院もしている。

 そんな雅子さまに、追い打ちをかけるように、当時の湯浅利夫宮内庁長官が定例会見で衝撃的な発言をし、世間に波紋を広げたのだった。

「秋篠宮さまのお考えはあると思うが、皇室の繁栄を考えると、3人目を強く希望したい」

 雅子さまに期待しないかのような発言に、雅子さまは深く傷つかれたという。また、この踏み込んだ発言は長官の一存でなされたはずがなく、背後に当時の天皇皇后両陛下の強いご希望があることも想像された。

(同前)

美智子さまの鬼畜ないじめの数々に批判の声

さらに、こちらの記事では、続けて、天皇陛下による「人格否定発言」についても、書かれており、同記事が、「人格否定」を含めた、様々なプレッシャーにより、美智子さまと上皇陛下が、雅子さまを精神的に追い詰めていった、と示唆していることは明らかでしょう。

ニュースサイトのコメント欄にも、雅子さまを精神的に追い詰めていった宮内庁や、美智子さま、さらに秋篠宮ご夫妻について批判する意見が数多く書き込まれています。

出産後直ぐに次の出産をなんて、本当に失礼でデリカシーの欠片もないな

無事に生まれた来た事に感謝しかないのに、これが日本の皇室とは現代に至ってもこんな考え方とは時代錯誤も甚だしい

側室制度を取らなくなった時点で皇室は男系を止めるべきだった

直系長子を基本に考えて、お子様が生まれない事もあるのだから男系に拘るのは皇室が終わる事になりかねないのは誰にでも分かるのに

ご立派に成長された愛子様を見たら余計に男系に拘るのは止めて欲しいとつくづく思います

苦難を乗り越えられた皇后雅子さまにエールを贈りたいです。

あの時次男の発言は冷たい方だなという印象で見ていました。

誰とは言わないですが産み分けって倫理的にどうなのでしょうかね。

この記事が本当だとしたら、あってはならない事。雅子さまを思うと涙が出ます。生まれてすぐ次なんて考えられるわけないです。まず、生まれてきてくれた事に感謝しなきゃいけないのにそんな対応した人は人間じゃない。お世継ぎなんて男であろうと女であろうとどっちでもいいです。海外からしたら日本は遅れている!



あまりにも優秀であるが故に、美智子さまからの嫉妬を受け、様々ないじめにも直面された雅子さま。皆さんは、このような、宮内庁や美智子さまによる雅子さまのいじめの過去について、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

30 COMMENTS

目指すのは 奈落の底❓️

この文春オンラインのニュースは、配信後、直ぐに裏に回され、Yahoo画面から消えてしまいました。

でも、海外でも『プリンセス 雅子』は出版され、事実が知れ渡っています。
日本での発売は、何度か出版差止めになりました。

これらの嫌がらせ、平成四人組の成した悪事は、きっと世界史にも残るでしょうね。

美智子様のやった事、川辰の事、紀子様夫妻の皇室簒奪を書いたブログやYouTubeも 何故か 弾圧を受け 消えました…が、また続いています。

12月に入り、秋篠家長男の素晴らしい論文発表、これで 一気に ショラテンの未來を開けたと思っているのでしょうか?❓️

疑いが 疑いでは無く、事実だった❗️と気付いた人が増えているように思います。

墓穴を掘り、失態を表している事にも気付かないまま、進めているのが、遠くからは見えます‼️

208
1
返信する
匿名

やることなすこと変。
皿婆さん、全部バレてるのにまだ往生際が、わるい。

エア論文だして、東大入っても
そんなもの天皇の資質に何の意味が、ある。
もう隠しきれなくなってきてるのに
まだ墓穴を掘る気か。
上皇もミテ子もカピバラ一家も何を考えてるのか。

201
返信する
匿名

そうですね。
海外で収集された情報で
国外での出版、出版物の高評価 ⇨  日本への逆輸入
がベターでしょう。

日本人は海外、特に欧米での評価にメロメロに弱いです。
こんな時代ですから、国の恥も何も関係ないです。
求められるのは事実や真実です。

皿はかなり衰えてきました。
週刊誌の手のひら返しがここぞとばかり、勢い付いてきました。
あんなに出版社をいじめてきたんですから、当たり前です。
皿のやつヒステリーを起こしていることでしょう。
得意の満身創痍あてくし病の発動が、楽しみです。

29
返信する
匿名

平成4人組は令和になってバッシングの記事が出ると、すぐに関係者や友人とやらの話(擁護)の記事が出ます。火消しに必死です。
ここまで作り上げてきたイメージが違いすぎるから、こうなるのです。

でも、平成時代の皇太子さま雅子さまはバッシングされても反論なさいませんでした。(させてもらえなかった?)

きっと「見ている人はちゃんと見ている。だから、前を向いて歩いていけばいい」と言うお考えだったのでは?

実際、敬宮愛子さまも陛下の背中を見て“帝王学”を自然と身につけておられます。
我々国民も陛下の背中を見て「令和が末長く続いて欲しい」と願っております。

昭和天皇にあったカリスマ性がJKには無かった。(受け継がれなかった)

そして、生まれてきた我が子浩宮は小さい頃からカリスマ性があり、昭和天皇にも可愛かわられた。

親として喜ぶべきだが、凛々しい息子に嫉妬してしまった。

お皿は自分が一番美しいと思っていたのに、雅子さまと言う若くて美しくて知性がある嫁に嫉妬した。

鯰は知性があり凛々しい兄が羨ましかった。自分は次男だから何かと差もつけられる。ボクの方が女の子にモテるのに!だから、兄より先に結婚もした。子供もすぐに出来た。兄より上に立てた気がした。あの兄貴じゃ一生結婚なんて出来ないよ!とバカにしてたのに、兄の結婚相手は知性も気品もあり美しいキャリアウーマン!それに比べてうちの嫁は…なぜ兄ばかり!!と嫉妬に狂う。

キーコは元々浩宮様を狙っていたが、相手にされず。仕方なく弟に乗り換えた。でも、やはり待遇の差があり、その上、自分よりいいスペックの雅子さまが義姉になった。学歴や家柄のコンプレックスがあるキーコは悔しくてたまらない。

そして、この4人組が手を組んだ。
虐めるだけでなく、皇統も奪っちゃおう!と計画する。

ボッタマが生まれたから形勢逆転!最初のうちは誤魔化せたけど、大きくなってきて愛子さまの素晴らしさとボッタマの無能さが浮き彫りになってきました。

潮の流れが変わってきました。
もし、まだ平成が続いていたのなら(生前退位していなければ)JKJKGの正体を知られることはなかった。

………あとの祭りですね。

210
3
返信する
匿名

>お皿は自分が一番美しいと思っていたのに、雅子さまと言う若くて美しくて知性がある嫁に嫉妬した。

その通り。
美智子「鏡よ鏡。この世で一番美しい女はだあれ?」
鏡  「美智子さまは二番目にてござります」
美智子「では一番はどこの女だ」
鏡  「・・・」
美智子「どうして答えぬ。黙っていると鏡を割ってやるぞ」
鏡  「あなたが誰よりも憎んで、妬いている人です」
美智子「よくもまあ鏡め。さような評価なら雅子を苛め倒してやるわ」
鏡  「それはきっとあなた様に返ってくることになるでしょう。誰より
醜い小皿婆と世間から見下される未来が鏡に映っていますから御覧あれ」

132
返信する
匿名

ミテコさん、ボケちゃって、編集部に金ばら撒くの忘れているのかな?
やっと本来の記事が出始めてよかったです。

146
返信する
匿名

今からおもうと、自分の子でもない子らを実子だと出産演技して
まで出産を装ってきた、見て子の潜在的恐怖心が、雅子さまへの
意地悪となって、パワハラをやり続けた平成時代だったのです。

そこにあるのは、逃亡をつづける殺人犯の心理そのものです。
いつ闇養子が発覚するか、夜中にも飛び起きるほどの恐怖心を、
雅子さまへの強い嫉妬心に置換することで、悪いのは自分ではなく
雅子なのだと、脳内で勝手に犯人像を入れ替えて、一時的な安息を
得ようとひたすら足掻き続けた見て子の人生縮図といえるのです。

見て子の凄惨な顔、表情は、まるで狂人のようにさえ映ります。
安西家から男児を貰ってきてバレないはずがないわけで、なおも
平静を装おうとすればするほど、心は千々に乱れ悪夢に追いかけ
られて、ヒステリーになってしまうのです。

133
返信する
匿名

唯一、次男だけは自分の子供なもので、気が狂ったように可愛がったんだよね。
あの皿だよ?いくら不倫相手の男の子供だからといって、嫌いな妹が産んだ子をあんなに可愛がるかね?
貰ってきて利用しようとするなら、サーヤみたいな扱いで手なづけたと思う。
ナマズは、それでも十分に皿の言いなりになったと思うよ。

22
1
返信する
匿名

皿はアーヤを甘やかしてはいたが、愛してはいない。
アーヤが幼い頃はほったらかしで、チャブと海外に出突っ張りだった。
チャブ一人で行かせても、幼いアーヤを伴っても良かったのに。
もちろん自分がチヤホヤされ、旅行を楽しみたいからである。
あんまりアーヤが泣き叫部ので、マスコミが映像に残している。
当時も近くで見ていて、皿のことを「何かおかしい」と感じていた人は多かったものと思う。

21
返信する
匿名

サラは「養育係など置かず、子どもは家庭で育てます!(ドヤ)」と美談めかして宣言したくせに、夫婦そろって遊び歩いて(ご公務なんかじゃないでしょ)、多動児の次男の面倒は恐れ多くも皇位継承者の幼い今上に丸投げしていた
おいたわしいことに、今上はヤングケアラー状態だった
そうやって育ててくださった今上に謀反しようなどと、アーヤには人の心など有るのだろうか

12
返信する
野萩

このような記事が出たことに驚きました。少しずつ皇后陛下の受難が国民に知らされるようになってきましたね。

敬宮殿下ご出産後まもなく「2人目のご出産」の相談を持ち掛けたのは、一体誰だったのか。
新生児を抱えて、喜びつつも戸惑いながら右往左往している母親、それも皇太子妃というお立場の方にそんなことをズケズケ言える存在なんて、平成老人ズしか思い付きません。

更に追い打ちをかけた長官の会見。「この踏み込んだ発言は長官の一存でなされたはずがなく、背後に平成老人ズの強い希望があることも想像された」という指摘は間違いないでしょう。

「平成老人はダンケーダンシが絶えることを、テンノーとして憂慮されたのだ! 老人サマは悪くない!」とカルトが庇いそうですが、平成老人は「(東宮家に子ができなくても)暫定家の長女がいるからいいじゃん」と言っています。ダンケーダンシなんてどうでも良かったことが解ります。

「オンナなんて穀潰し生んでどうすんのよ。さっさとオトコ作れよ」と、生め生め直接的に追い詰める。そして長官には「暫定家ヨロシク」と言わせ、お前には誰も期待していないと間接的に追い詰める。
一方からは生め。もう一方からは無理でしょ?もういいよと突き放される。二律背反的な状況で、自分は一体どうすればよいのかと、皇太子妃殿下(当時)は相当追い詰められたことでしょう。そしてこの状況を作ったのは平成老人ズ。

人格否定どころか、存在の否定ですよね。私たち国民の統合の象徴として君臨していた老人が、こんな陰湿で凄惨な方法で皇太子妃を追い詰めいたぶっていた事実。これはしっかりと明らかにし検証していかなければならないことだと思います。

皇后陛下の失われた時間は戻ってはきませんが、二度と皇后陛下の悲劇を起こさないために、一人の無能がテンノーの地位に着いたばかりにどれだけの国益が損なわれたかを国民が知るために、平成皇室の異常さをどんどん明らかにしていってほしいです。

146
0
返信する
匿名

皇室の繁栄なんてよく言うよ。
流産するまで公務を入れさせ、男子をうまないようにしたくせに。
汚皿フーフも鯰フーフも畜生だ。

140
返信する
匿名

皇室の繁栄どころか、皇室を無茶苦茶にしてぶっ潰そうとしている婆さんが!
どの口が言っているのか。
その汚らしい口など、縦に曲がってしまえ!!!

26
返信する


匿名

文春オンラインのニュースは
小内さんの記事と重なるものがあります。

鬼BAさんいまだに消えず!
すべての黒幕はミテコだが、
アンタ本当に母親なの?
当時をご存じの方はお口のチャックを開いて欲しい。

106
返信する
匿名

男尊女卑を肯定するわけでは決してありませんが繁栄ってただ男と言うだけで中身無しの男では困るのです。
論理に叶ってませんね。
上皇負債の繁栄とはミエと富だけで洗脳され過ぎ。
男尊女卑を貫くなら尻に敷かれた上皇にどう思われたのかと、仕切ってた皿を前に出過ぎと言って貰いたかったです。
だから湯浅さんの言っている事はただの皿の思惑でしかないと伝えたいです。
そんな矛盾しかない湯浅さんが雅子様に、そのような事言って昭和天皇が妾制度をなくし質素倹約を心がけた皇室と言う所を皿と一緒になり矛盾を押し付けた事はとても卑劣でしかありません。

83
1
返信する
人権尊重

男子限定は人権侵害。立派な憲法違反。
皇室は人権尊重に動くべきです。常識。
政府は闇金に決着つけ典範改正なさい。

86
1
返信する
ヤフコメを読むのが好きです♡

この文春の記事、かなり長いけど、当時の湯浅長官の言葉や当時の天皇皇后両陛下の発言(苛め)など、詳しく書かれていました。
でも、それより、ヤフコメが凄かったです。直ぐにYahoo画面から消されたのがよく分かりました。
是非、この記事を検索し、ヤフコメを読んでください。1部転載します。

☆男系男子に拘る以上この先もお妃となった女性が雅子さまと同じように 人権を無視され男子を産むことを強要され続ける。こんなことが許されていいはずがない。
当時の皇太子様が覚悟を決めて人格否定発言に踏み込んだのは、雅子さまを守るのはもちろんのこと次の世代の女性が苦しむことのないよう皇室が変わって欲しい、ひいては典範改正に乗り出して欲しいと願ったのではないかと思います。
現に国会は典範改正に乗り出した。
それを潰した秋篠宮家の企みが本当におそろしかったです。

☆敬宮殿下をご出産の明るいニュースの中でも人権侵害を受け、帰国子女の皇后さまにはかなり堪えたはず。
その後 東宮時代の今上陛下が人格否定宣言をされたのも納得です。「雅子さんのことはお守りします」とおっしゃった陛下は素晴らしいと思う一方、プロポーズの言葉というプライベートな内容まで国民に明かさなければならないのは、当時からいかがなものかと思っていました。 弟宮家に皇統が移る前提になっているけど、礼宮は侍従から匙を投げられ、その家で育っている長男は親のエゴで優秀説を捏造されて、論文を共同執筆と発表され、東大への進学に向けて邁進中。
昭和天皇陛下が「浩宮の後は浩宮の子」とおっしゃったのに、そのお言葉を違えるの?

☆そんなに早く雅子様に跡継ぎを産んで欲しかったのなら、何故宮内庁は新婚時代あんなに公務を詰め込んだの??
結婚して暫くの間雅子様はパンパンに公務を詰め込まれ、故高円宮様も「このままではコウノトリもやってこない」と苦言を呈した程!
雅子様は嫁がれた時29歳だったのだから本当に早く男児を産んで欲しかったら すぐにでも妊活に入ってもらうと思うのだが?
それを30代後半に入り 一般的に高齢出産と言われ妊娠が難しくなってくる時期になってからいきなり「早く跡継ぎを!」と圧力を掛けるのは酷いんじゃないの?
それに雑誌名は忘れたけど、当時渡辺みどりが「(雅子様が)公務に慣れるまで3年懐妊を控えるよう美智子様が仰った」と記事に書いていた。
でも美智子さんも紀子さんも3年待たず結婚して 翌年には子供産んでるよね? おかしくない?
どう考えても雅子様に跡継ぎを男児を産ませまい!と妨害していたとしか思えないんだけど?

☆火のないところに煙は立たない。
天皇ご一家、とりわけ雅子様を精神的に追い詰めた悪辣な人々が次々と明らかになって来ましたね。

☆ここまで、皆さんご存じ、実は、私の愚息も、礼宮と、同年代。大学は違えど、あっという間に、まず、成績最下位、川嶋家の非常識など、また、遠縁のものが、たびたび、美智子様と、ご一緒していた、など以来興味をもち、色々伺っています。
一言では、とてもいえませんが、キコ様のご性格は、尋常では無いと今きづいています。
皇族にして、この様な状態、恐怖意外何ものでも、ありません。
これは、見過ごす事はでくません。良心あれば、誤って頂きたく存じます。やったもの勝ちの世の中にしてはなりません。
今も続く、宮内庁、学者の、矛盾だらけの、報道、日本を政治家も含め、立て直す時期です。

☆美智子さんも流産した時葉山の御用邸で3か月近く静養していたよね?
その間本当に実家の家族と只の一度も会わなかったのだろうか?
それに紀子さんの父親なんて、秋篠宮のタイ愛人報道が有った時 皇居に怒鳴り込みに行って、その後上皇が沈んだ顔をしていたと報じられたよね?
雅子様が実家に静養するのは批判されどうしてこのことは批判されなかったの?
いくら紀子さんの父親とは言え、只の一般人が皇居に乗り込んで当時の天皇陛下のことを陛下が落ち込むまで責め立てたんだよ??
どう考えても非常識で批判されるべきは川嶋家の方だと思うんだけども?
あと その記事には 紀子さんはしょっちゅう里帰りをしているとも書かれていた。
雅子様の実家の別荘での静養は批判されるのに紀子さんの頻繁な里帰りは許されたんだね。 本当ダブスタもいいとこ!!

☆キーさんは、結婚前から東宮御所に来て泊まって美智子さんは困っていた!!
結婚後は、キーさんの母親と弟の子(姪)も宮邸に住んでいた!ボツタマの教育係?で給料も貰っていた!!!

86
返信する
文春も事実を知ってるのでは❓️

12月11日17:42『「美智子さまの手を握り、涙を流された」雅子さまが天皇陛下とともに乗り越えられた“壁”《祝還暦》』(文春オンライン)

┅┅心身ともに疲弊され、追い詰められた雅子さまは、03年春ごろから発熱や朝起きられない日が続き、抑うつ状態に陥ることが増えた。

同年12月には、ストレスが原因とされる「帯状疱疹」を発症され、宮内庁病院に入院もしている。
そんな雅子さまに、追い打ちをかけるように、当時の湯浅利夫宮内庁長官が定例会見で衝撃的な発言をし、世間に波紋を広げたのだった。

「秋篠宮さまのお考えはあると思うが、皇室の繁栄を考えると、3人目を強く希望したい」 雅子さまに期待しないかのような発言に、雅子さまは深く傷つかれたという。

また、この踏み込んだ発言は長官の一存でなされたはずがなく、背後に当時の天皇皇后両陛下の強いご希望があることも想像された┅┅

文春オンラインは、今回は上編。続きがあるようです。元々 湯浅長官も 当時の皇太子ご一家に意地悪でした。いくら、美智子様の指図とはいえ、酷かったと思います。

今の西村長官は、小内様の記事では「紀子様が警視庁から 厚待遇で引き抜いて」 宮内庁を思うがままにしていると書かれていました。
小室佳代さんの刑事告発も取下げ処分、3年も経っての無罪放免、NY夫妻への支援、悠仁様の報道規制からいきなりのご優秀作品・作文・論文。
秋篠家要塞やら、異常人事、秋篠家改修工事(総計100億円超え…今尚 予算が計上され続けている)、その上 皇位継承問題等、あまりにも常識を逸脱しています。

82
返信する
匿名

ちょうど5年前に録画していた12月9日の『皇室日記』を観ました。

まだ皇太子妃殿下だった時で、赤十字の総裁を引退するミテコが最後、新しく総裁になる雅子様へ、その座を明け渡す場面。

雅子様とは全く目線を合わせず、ミテコは雅子様の肘をガッツリ掴んだ。
雅子様は少し戸惑った様子。
今見てもあの時のミテコはとても失礼な態度だった。

雅子様は少し涙ぐみながら「お疲れさまでした」という優しい目線をミテコに送り、頭を下げ、一生懸命に笑顔で対処されてました。

しかしミテコはガン無視。例えカメラが回っていても雅子様に対し冷たい。
カメラ側には笑顔を見せていたが、憎い嫁には目線を合わせず。
ミテコの悪どい本性が垣間見えた。

後ろで皇室内の酷い嫁イビりを知る信子様がシラッとした表情でミテコの様子を見ているお顔が本当に愉快でした。

85
返信する


匿名

皿の現在の醜い顔!
他の皇族方はお年を召しても、上品で美しいのに、一人だけ妖怪と化している。
(出自の下品さも加味しているのか?)
やってきた事は、その意地悪そうな汚い顔に表れているし、報いはキッチリ受けなくてはならない。
ボンクラエロチャブもだよ!

52
返信する
匿名

あの一本眉毛、皿婆ミテコさまの悪辣な本性が現れています。「妲己のお美智」ですから。

13
返信する
匿名

>小松空港に到着されたのも予定より1時間半遅れのことでした。式典の遅延も仕方のない状況でしたが、両陛下は金沢市内のホテルで昼食をとる予定を飛ばして、空港内で昼食を済ませ、わずか20分で着替えも終えられた。そして式典会場に直行することで、見事に遅れを挽回されたのです。これほどの臨機応変な対応は以前の雅子さまでは考えられないことで、感動を覚えました」(前出・皇室ジャーナリスト)

いや、本来の雅子さまはキビキビされたビジネスウーマンなので、飛行機が遅れれば、タクシーのなかでサンドイッチをつまんででも駆けつけるタイプですが、美智子がそれをさせなかっただけのことです。
いまようやく周囲も、遅延情報があれば、食事場所を臨機応変にチェンジして、対処すべく動けるようになったのです。
もちろん石川県側の動きも機敏でよかった。石川県警が石頭だったら、また混乱したはずなので。
遅延は東京出発前に判明していたので、側近がすぐさま小松空港に食事場所の用意を手配できたわけで、これまではそれを妨害してきた美智子が勢力衰退したことをも意味します。

32
返信する
匿名

雅子様は、優秀な外交官だったのです
何らかのトラブルがあっても、直ぐに次の一手を打てる方
飛行機の遅延なんぞ、カワイイもんです
その頭脳に脅威を感じた4人組とお取り巻き連中に、イケズされ続けた30年
それは、日本が衰退途上国と化した年月でもあります
自分達の醜い嫉妬心から、国をも傾かせた重罪人共
AZ家、SD家、KS家の連中には、謀反の罪として九族の刑が相応しいでしょう

29
返信する
匿名

昭和天皇の頃は子供だった事もあったが、何となく皇室に対して畏れのような物はあったし軽々しく話題にする事も無かった

が、平成に入りやたらと○○様のファッションがどうだのとTVで目にするようになってから、皇室が嫌いになった。どうやら彼らは税金で良いもの食って大した事もせずチャラチャラしていい人ぶって、やたらとチヤホヤされている。いる意味あるのか?と。
そう、今思えばあれはJKGからだった。鬼の清楚ぶった感じも大嫌いだった。

そして小室の出現で皇室は嫌いから軽蔑、侮蔑の対象になった。雅子皇后は本当に気の毒だったんだと思った。あんな下らないやつらがのさばっている所に入ってしまい。誰が皇室がここまで魑魅魍魎の巣窟だと思っていただろう。

もちろん皇族全員を否定する気はないが、皇室というシステムは否定する。
令和の間はまだ我慢できるが次は?

31
返信する
匿名

まあ、古い話なので書き添えておきます。

孫がマコカコだけしか居らず、雅子皇太子妃のご懐妊が待たれていた頃までは、皿チャブは「マコが天皇でも良い」という発言をしていました。
これも皇太子ご夫妻に対する侮辱と嫌がらせが主な目的だったと思います。
法律に関することですから、政治的発言な訳で天皇が口にしてはいけないことだからです。
ようやく1度目の雅子妃の妊娠は残念ながら流産でした。
流産後なかなか妊娠しない皇太子ご夫妻は、不妊クリニックの受診を希望していたのに、皿はそうさせないように公務を詰め込まさせてしまいました。

やっとのことで皇太子ご夫妻は自力で不妊治療に漕ぎつけたのです。
出産後の雅子妃の涙は喜び以上に、当時の苦しさがこみ上げたものだったと思っています。

敬宮様か誕生すると同時に、皿は作戦を切り替えました。
第2子を授かるためには敬宮様と同じく不妊治療が不可欠だったので、主治医を研究費不正取得で訴えさせ、追い出したのです。
特権の悪き乱用です。

この時点で国民の方から女性天皇の待望がわいていましたが、皿チャブは都合よくマコの時の女性天皇容認発言を引っ込めて、秋篠夫婦に加勢した。
なんという卑怯でしょうか。

全ては皿の嫉妬からきていることは疑うべくもないのですが、この辺の経緯がどれほど皇太子ご夫妻(当時)を苦悩させたのか、想像を絶します。
どうか皆様、お忘れなきようにお願いいたします。

26
返信する
匿名

「妲己のお美智」皿婆ミテコさま、本当に宮中をお下がりください。皿婆ミテコさまのせいで、秩父宮妃殿下勢津子さまと高松宮妃殿下喜久子さまが、昭和の終りから平成にかけて、悪者扱いされました。今こそ、「妲己のお美智」の本性を暴かねば、皿婆ミテコさまの企みが果てしなく続き、皇后陛下に平穏な日は参りません。

17
返信する
匿名

間違っても「皇族」として、一生を終えることのないように!
「ショーダ家のアバズレ」、「税金でワガママ放題、贅沢三昧した国賊」として、旅立ってください!

15
返信する
匿名

何かの占いでは、サラババアは皇籍から名前を抹消され、遺骨は正田家からも受け取りを拒否される、とありましたが、できたら生きているうちにそうなってほしい。
意識のあるうちに、ナマズ一家が崩壊して皇室から追放されればなお良い。

12
返信する
匿名

適応障害へと追い込んだのは間違いなくこの二人。
もういい加減あの世に逝ってくれって。

適応障害と報道されて、間髪入れず、ミテコ単身で東宮御所にお見舞いと称し
乗り込んだことを鮮明に覚えている。
当時ちょっと違和感をもってテレビを見ていた。

自分に火の粉が及ぶのをじっとしていられず、いてもたってもいられず
行動したってのが今ならよくわかるよ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です