週刊誌が、医師団極秘同行のデマ報道!完全復活の雅子さまの風評被害を垂れ流す美智子さまの嫉妬と陰謀


文・もっちゃん

皇后となりすっかり回復された雅子さま

2004年に適応障害が公表されて以降、皇后雅子さまは、長年、治療に取り組まれてきました。長らく、治療に取り組まれ多くの国民が心配していた雅子さまのご体調ですが、昨年には、そうした不調からの完全復活を感じさせるようなエピソードも。

というのも、実は、雅子さまにとって21年ぶりの国際親善のための外国訪問となった昨年のインドネシア訪問では、雅子さまは、なんと医師団の動向なしでご活動をされ、その回復ぶりを広くアピールされたのです。このことに関して、「女性セブン」(2024年7月4日号)は次のように報じています。

 2004年に適応障害が公表されて以降、雅子さまは大野医師のもとで治療に取り組まれてきた。毎年、雅子さまのお誕生日に合わせて公表される医師団の見解にも、大野医師は深くかかわっている。

「昨年の見解では、雅子さまにとって21年ぶりの国際親善のための外国訪問となったインドネシア訪問に触れたうえで『御日程を工夫しつつ、念入りに御準備をなさり』『温かい歓迎をお受けになりました』という前向きな表現がみられました」(前出・皇室記者)

 昨年のインドネシア訪問では、渡航の直前に宮内庁から「医師は同行しない」と発表された。主治医不在のなか、1週間という長期の日程にもかかわらず、雅子さまは予定になかったイベントに次々と出席され、人々と笑顔で交流された。

「女性セブン」(2024年7月4日号)

そもそも、それほど体調不良ではなかった雅子さま

このインドネシア訪問で医師団が同行しないことが決定した際には、「雅子さまの体調は、それほど回復しておられるのか」と多くの国民が喜んでいたのですが、一方で、そもそも、雅子さまは、もともと医師団の動向が必須になるほど体調が悪いわけではないのだ、との見方もあったようです。

雅子さまにとって、数少ない「気を許せる側近」である野村一成氏は、「現代ビジネス」(2021年10月10日配信)の記事にて、次のように語っています。

私が宮内庁担当を離れ、野村さんが大夫を退任した後は、2人でたびたび杯を交わした。雅子さまの病状は世間が思うよりはずっといいこと。将来、皇后となってからのことには何の不安も感じていないこと。思うように仕事ができない悔しさに雅子さまがたびたび涙を見せていたこと。今、雅子さまが活躍すれば、それを快く思わないであろう人物がいること。いろいろなことを話し合ったが、野村さんはいつも、雅子さまがいつか復活することを信じていた。

「現代ビジネス」(2021年10月10日配信)

雅子さまのご活躍に嫉妬される美智子さまの陰謀

このように、野村一成氏は「雅子さまの病状は世間が思うよりはずっといいこと。将来、皇后となってからのことには何の不安も感じていないこと。思うように仕事ができない悔しさに雅子さまがたびたび涙を見せていたこと」「雅子さまが活躍すれば、それを快く思わないであろう人物がいること」と非常に意味深な言葉も述べています。

しかし、どうやら、こうした事柄は、皇室関係者の間では周知の事実であったようです。ある宮内庁関係者は、このような問題の真相について次のように語ってくれました。

「こちらの記事では、かなりオブラートに包んだ表現がなされていますが、普段、野村一成氏が述べている言葉は、より明解で、また同時に背筋が凍るような恐ろしい話でもあります。



その内容とは、皇室の医師団が上皇后美智子さまによって送り込まれたスパイであるというもの。また、美智子さまが雅子さまのご活躍を苦々しく思っているということです。

野村氏によれば、「医師団は上皇后美智子さまに雅子さま周辺の情報を提供すると同時に、“雅子さまは病気がちなダメ皇族である”との印象を国民に与えるために送り込まれたスパイである」とのことです。要は、雅子さまの活躍を快く思っていない美智子さまが、その活動を抑え込むために、医師団を使って情報を得ていたのではないかと野村氏は主張しているのです。

この情報が事実であるならば、皇室内部において深刻な問題が存在していることになります。医師団が患者である皇后雅子さまのプライバシーを侵害している可能性があり、それが上皇后美智子さまによって進められているという事実は、皇室に対する大きな疑念を持つきっかけとなります。

野村氏はさらに、「上皇后美智子さまは、皇后雅子さまの公務の充実を心から喜んでいるわけではない。実際、その活動が広く評価されるほど、美智子さまは不快感を抱いている」とも証言しています。皇后雅子さまがこれまで以上に公務をこなし、国民の支持を得ていく中で、美智子さまがその活躍を妬み、それを阻止しようとしたと考えると、皇室内部の緊張感が高まるばかりです」(宮内庁関係者)

この宮内庁関係者の語るところによると、美智子さまが雅子さまに医師団を同行させる理由は主に二つ。一つは、医師団を同行させることで、国民に「雅子さまは、身体が丈夫ではなく、皇后を務めるには心もとない」といった印象を植え付けること、それから、もう一つは、雅子さまに近い立場で情報を得るスパイ活動のためだったというのです。

そんな中、先の「女性セブン」(2024年7月4日号)の記事では、今回の訪英にて、雅子さまの主治医である大野裕医師を「極秘同行」させることが決定したとも報じています。

ご訪問前のご負担を軽減すべく、慣例となっているご出発前の記者会見には、雅子さまが出席される予定はないという。さらに今回の訪英に際しては入念な準備がなされている。雅子さまの主治医である大野裕医師の「極秘同行」が決まったというのだ。(中略)

もちろん、大野医師に求められるのは、ご出席に向かわれる雅子さまのご体調のフォローでもあるだろう。

「イギリス国王2代にわたって招待を受けられている今回の訪英の重みは相当なものです。雅子さまはもちろん、陛下でも緊張される部分はあるでしょう。雅子さまの精神的支柱ともいえる大野医師の同行はどれほど心強いか。とはいえ、雅子さまはご自身のご体調をコントロールされることに自信をつけられてきましたから、大野医師は“安心材料”に過ぎないでしょう。

 大野医師の前ですべての日程へのご出席を果たし、訪英を成功に終えられることは、完全復活の証明にもなりますから、雅子さまは並々ならぬご覚悟で臨まれるのではないでしょうか」(前出・宮内庁関係者)

「女性セブン」(2024年7月4日号)

ですが、どうやら、こうした情報は全く事実無根のデマ情報であるようです。先の宮内庁関係者は、次のように語ってくれました。

「雅子さまは、大野医師の同行を勧める美智子さまの助言を突っぱねられたようです。というのも、侍従職の間でも、大野氏は美智子さまが送り込んだスパイではないか?といった見方が広がっており、雅子さまも警戒されているのでしょう。

とはいえ、インドネシア訪問に続き、今回の訪英でも医師団の同行無しで、海外訪問を成功させてしまえば、国民に広く、雅子さまの完全復活を印象付けることとなりますが、雅子さまの人気と成功に嫉妬する美智子さまは、そのようなことを認められなかったようですね。



結局、医師団の同行は断られてしまったものの、せめて雅子さまの印象を悪化させるための一種のネガティブキャンペーンとして、医師団の極秘同行、というデマ情報を週刊誌に書かせたようです」(前出の宮内庁関係者)

皆さんは、このような、美智子さまによる卑劣な情報工作について、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

57 COMMENTS

匿名

ホントに、汚いやり方。しゃしゃりでなくとも国民から敬愛される見てさんになっても良いのでは?

156
1
返信する
匿名

秋篠一家は一般人安西孝之氏の子孫一家であり、皇族ですらなかった。
その一家が、何故皇室に居るのか⁉️
そして天皇の血が一滴も流れていない安西家の男系男子が、何故天皇の血筋の男系男子と皇位継承筆頭宮家となっているのか⁉️
皿婆さんと安西孝之さんには、まずはそれからお答え頂きましょう❗

145
1
返信する
匿名

 お皿婆さんは、未だにこんな事してんのかな?
いつまでも執念深いね!

>美智子さま付きの「上皇職60人」が、雅子さまをスパイ?「盗聴器が…」の嘆き

菊のカーテン 2021.04.24

上記文言で検索を、、

>美智子さまを尊崇する上皇職

「現在、上皇陛下と美智子さまが住まわれている仙洞仮御所は手狭で、さらにコロナ禍もあるため必要最小限の職員しか出勤していません。あぶれた残りの50人余の上皇職が、皇居や赤坂御用地で先輩風を吹くことが多くなりまして…。

>雅子さま公務・祭祀にも影響が

「上皇職60人が皇居や赤坂御用地を用もなくウロウロして巣食っていることが、雅子さまに肩身の狭い思いをさせ、公務や祭祀にも影響を与えています。というのも、だれがどう見ても、彼らには『雅子さまの様子を探りに来て美智子さまに報告する』という役割があるが見え見えですので…。また赤坂御所からは『盗聴器が備え付けられている可能性があるので、専門家を入れて調べたい』という連絡がありました。

>、、雅子さまが十全にご活躍いただくには、まずは美智子さまや上皇職らの影響力を取り除かなければなりません」(宮内庁幹部)

140
1
返信する
匿名

この国は皿婆さんと秋篠実父安西孝之家の独裁国家なのか⁉️

安西孝之氏と瓜二つの安西文仁氏。
上皇様にも歴代天皇にもまったく似ていない、100%安西孝之家似の一家。
ネット上の写真を見た国民は、一家を安西孝之家の子孫と確信し、一家を皇族と思っていない!
これまでの治外法権を悪用、乱用して悪行三昧の国民に毛嫌いされている偽物皇族安西文仁一家。
その偽物皇族安西文仁一家が皇族面しての公務ごっこは、生中継だの速報だのとしつこく一日中報道❗

国民から敬愛されている天皇皇后両陛下のイギリスご訪問報道。
今か今かと国民が楽しみにしている生中継が無い⁉️

安西孝之家のバックにある大企業の力で政府もメディアも支配!
いまだに皇位(皇室)乗っ取りを企てている!
それが真実を国内外に決定づけた‼️

72
1
返信する
匿名

海外ドラマ、ディズニー+やNetflixなどで『MITEKO』も制作して欲しいです!
(架空の国のお話でもいいんで)

93
返信する
匿名

また、一人でも多くの人々に読んでいただきたいです。そして、重版出来レベルです。

それと並行して、秋一族の闇についてまとめた本も出しましょう。

103
返信する
匿名

悪辣無法の極み、美智子の嫉妬焼き餅ここに極まれり。

雅子さまに医師の守秘義務を隠れ蓑にして近づき、何でもいいから情報を盗み取ってこいとの美智子指令。ここはロシアですか???

いつの時代も医師が毒を盛り、重要ターゲットを暗殺する手法はプーチンや金正恩も常用しているとおりです。
雅子さまは、処方された安定剤の副作用や依存性を気にして、一切服用されなかったとも聞いております。
現に文仁がすっかり安定剤中毒になり、いまや完全に廃人となって、悠仁ともどもオーバードーズの沼に落ちているのを見るが鑑ですね。

しかし大野医師への隠された密命が暴かれてよかったです。
これで雅子さまへの疑いや不安は払拭され、世界皇后として、世界から篤い信頼と尊敬のまなざしを受け、陛下の公平無私な精神、お言葉にも、内助の功でもって一層の磨きがかかることでしょう。

反対に、陰謀に明け暮れた美智子や紀子の敗残感たるやありません。
勧善懲悪、盛者必衰の理とはまさにこのことを指しています。

160
1
返信する
匿名

知人がいうには、「雅子さまを見ているだけで心がなぜか洗われる」

露出回数は少なくても、不思議と安らぎを感じてしまうそうですが、自分も同感です
うまく表現できないのですが、あのお三方を拝見しただけでほっとする
まじめに、勤勉に、どんなにマスコミから誹謗中傷されても反論されずに、地道に歩んでおられる親子三人プラス猫さんの一家です
人間性が素晴らしいとはこういうことなのかと学ばせてもらっています

かたや利己主義の極限みたいな紀子の言い分や息子への裏口入学要求など、同じ皇族でもここまで悪質な拝金主義の一族もあるのかと憤ります

165
返信する
匿名

私も安心します。両陛下とも、海外でお暮らしになっても、日本人らしさをお持ちで、お堀の中での景色が、きっと昔からの日本の景色なのだろうと想像しています。

74
返信する
匿名

以前、海外に行かれた時にシワシワドレスの時がありましたね。
あれをしたのは女官でその女官はお皿さんに指示された?スパイ?と聞きました。
なのにまたその女官が今回も同行してるとのこと。
そんなことをする人はお断り!( -_-)付いてくるな!

医師の人のこともいろいろ書かれててどれが本当なのやら。
信じられる人は誰なのでしょう?

137
1
返信する
匿名

本当に腹立たしい!もう令和6年ですよ!!
いつまで皇后気分でおられるのでしょうか?

今回も陛下お一人のご公務もありました。
皇后さまは体調を整えるために欠席…ってことでしたけど、これもミテコの指示だったんですね。

本当は英国の晩餐会なども欠席させようとしていたが、そこは英国や天皇陛下から阻止された(守っていただいた)のでしょう。

でも、ミテコの魂胆は英国王室には全てバレています。
ですから、チャールズ国王は『これでもか!』と言うぐらいの待遇でおもてなしをされるでしょう。(A宮への冷遇とは比べものになりないくらい)それを全世界に向けてライブ中継させ(天皇皇后両陛下なら生中継でも安心して観ていられます。A宮家なら放送事故になっているでしょう)

『ここにおられるのが私の友人であり、日本の弟であるヒロは国家元首の天皇皇后両陛下だよ!』

と、全世界に知らしめるためです。

もう、あなたたち上皇上皇后は自ら退位した、過去の人。いつまでも、のさばるな!!

とね。
この英国訪問が更にミテコ勢力を弱体化させるきっかけになるのでは?と期待しております。

それにしても、敬宮さまも表に出てこられませんよね?(皇居でお見送りのシーンがあるかと思ったのですが。確かA宮家の時は鹿子とボッタマがお見送りシーンありましたよね?)これもミテコの仕業ですね!!!

なんて人なの!!!(怒)

147
1
返信する


宮内庁が隠している事実❗️

>野村一成氏は「雅子さまの病状は世間が思うよりはずっといいこと。
>将来、皇后となってからのことには何の不安も感じていないこと。
>思うように仕事ができない悔しさに雅子さまがたびたび涙を見せていたこと」「雅子さまが活躍すれば、それを快く思わないであろう人物がいること」と非常に意味深な言葉も述べています

人格否定が話題になり、「適応障害」という病名が発表された時、その診断を下した大野医師は「皇太子妃はご病気ではない。かなり重度の病気の方が 他におられます」と付け加えました。
この事は、余り公にはされていませんが、報道された事があります。

『かなり重度の病気の方』は、
「雅子さまが活躍すれば、それを快く思わないであろう人物」=お皿婆様ですね。
自己顕示性人格障害、サイコパスだと言われています。少しずつ、その事が知られるようになりました。

英語機密文書が30年経ってやっと開示されたのに、宮内庁はまだ隠蔽していますが、皇室の癌は最凶悪強悪の高貴高齢者:お皿婆様と狐皿婆様ですね。

140
1
返信する
匿名

大野医師については、昔親戚がかかり、信頼出来る医師だと思っていた。自分は確か、大野医師が、このお宅にはご病気の方が2人いらっしゃいます、との見立てをした、と聞き及んでいる。

80
返信する
匿名

その時はふたり?今は?
秋篠宮とボッタマも病気では?
でも、上皇も認知症とも言われてますね。
そういえば、宮内庁が皇族の皆さまは鬱になりながらも公務をしてると言ってましたね。

精神的にタフでないと皇族は無理なのかも。

60
返信する
匿名

精神安定剤に頼る文仁はODでいよいよ廃人になってしまいました
前回のインドネシア両陛下ご訪問中の国事行為代行でみせた文仁醜態再びか?

>秋篠宮殿下、国事行為代行の不安からOD

多くの国民が、秋篠宮殿下の国事行為の代行に不安を抱いているようですが、実は、こうした不安を抱いているのは一般国民だけではありません。実は、なんと、委任を受けられた秋篠宮殿下ご自身が何よりこの責任の重大さに不安を感じておられるようなのです。

「先日、天皇陛下がインドネシア訪問のために出発されるにあたり、秋篠宮殿下に国事行為を委任する文書が手渡されました。その期間は6月17日に政府専用機が羽田空港を離陸してから23日に帰国するまでとなっています。

しかし、委任状を受け取る際、秋篠宮殿下の手が震えているのを見た一部の関係者は「秋篠宮殿下が緊張しているのでは?」という声を聞かせていました。しかし、ある関係者は、震えていた手には別の原因があると語ります。

その関係者によれば、秋篠宮殿下は国事行為代行のプレッシャーにより、数日前から飲酒量が急増し、さらに大量の睡眠薬を一気飲みしたことがあるというのです。その結果、秋篠宮殿下は一時的に酩酊状態となり、宮邸内をフラフラと歩き回っていたとの情報が入っています。秋篠宮殿下が国事行為を代行するのは、昨年9月のエリザベス女王の国葬以来のこと。その際も、多くの国民から批判の声が上がっていたことから、今回のインドネシア訪問も相当なプレッシャーを感じていたと思われます。

このような状況は、国民の皇室に対する理解と尊敬を保つためにも、大きな問題と言えるでしょう。秋篠宮殿下の健康と精神状態の改善が待たれるところです。皇室の象徴として、その役割を果たすためには、体調管理と自己コントロールが重要であることを改めて認識する必要があるでしょう」(秋篠宮家関係者)

(「秋篠宮殿下、国事行為委任のプレッシャーで飲酒増加!眠剤ODで一時は危険な状態に」皇室新聞2023年6月17日号より)

67
返信する
匿名

雅子様は大野医師の事は信頼
していたのではないですか?
まさかスパイだなんて、、
大野医師は雅子様よりも
治療が必要な方がいる
そう言っていたように思います
それはもちろん妖怪1本眉毛
狂っている

87
返信する
匿名

私は勝手に、皇室を喜劇的に捉えていましたが、今回の記事を読んで、あまりの酷さに、皿ババアの冷血ぶりに、悪寒を覚えたほどです。
日本がこんなババア一人にやられっ放しとは、トホホ。

101
1
返信する
匿名

ミテ子は、サイコパス。
地獄で、閻魔さんが、まっておられるよ。
誰かおっしゃってたように
みどりさんと貞子さんが、むかえてくれる。

70
1
返信する
一言主

両陛下の英国での歓迎のご様子を拝見いたしました。

「通訳を介さず」と言う表現をニュースでよく耳にしますが、両陛下のご様子こそまさに通訳を介さない自然な交流でございます。

どこかの家の「介さず」は呆れて失笑しかございません。

112
返信する
匿名

大歓迎でしたね
有り難く思います
両陛下 共に会話も
弾んでいらっしゃいましたね
雅子様 白いレース
エレガントです
晩餐会のドレスも楽しみ

88
返信する
匿名

イギリス国民はもちろん、現地に在留している日本人も大絶賛でした。

雅子様の晩餐会のドレスは、薄いゴールド系のレースのドレスでした。残念ながら、チャールズ国王の妹 アン王女とキャサリン妃は欠席でした。

歓迎の言葉の中で、チャールズ国王が「英国にお帰りなさい」に対して、天皇陛下も英語でスピーチされていました。

秋一族には、いくら逆立ちしても無理です。

83
返信する
匿名

平成ポンコツは当時の皇太子ご夫妻に招待が着ていたのを、ぶんどって押しかけしたそうです。エリザベス女王はチャブと皿を気に入ってはいなかったようです。

秋篠宮これまたポンコツが、今上陛下御夫妻に着ていた戴冠式への招待状をぶんどって押しかけたのもチャブと皿を見習ったというか、皿に言われたのでしょう。

だから平成も秋篠宮も英国では塩対応された。マスゴミは忖度で平成の押しかけ訪問の真実を報道していません。裏では相当酷かったようですよ、皿は。

50
1
返信する
匿名

ミテコさんも平成の時代に英国に行って歓迎されたでしょう。もうあなたの時代は終わりました。
両陛下はとても歓迎されていましたね。安西さんと川島さんが行った時とは大違い。

61
1
返信する


アン

ライブを見たわけではないのですが、
「皇后さまは重度の馬アレルギーなので、マスク着用でパレードに。」
御料牧場ではあんなに積極的に馬と接していらっしゃったのに、なんなの、これ!!
ミテコは困っていたでしょうが、あんな、馬アレルギーに設定したから。この粉かけゾンビ妖怪皿婆、この先よく見とけ。雅子皇后陛下や
国民の方が解っているんだからね!!

80
返信する
匿名

「馬アレルギー」は絶対に嘘ですが、英王室が発表したとのこと
そもそもアレルギーなら馬に近づけません

そこでいくつかの可能性を

①マスクの紐に白い塊のようなものがあったのですが、解同紀子からの刺客が沿道の群衆に混じっている危険性があって、インカムのような通信機器をマスクの紐と口に付けていたのかとも思いました
日本でも馬車をオープンにしてはなかなか公衆の前に出られません
警備当局者が不審者を発見次第、雅子さまに英語でアラームを出し、瞬時に伏せる手はずだったのでしょうか

②馬車内での会話を読唇術で読み取られないようにしたかったので、特に雅子さまの発言を隠す必要性からマスクをお付けいただいたのか
ここにも見て子や解同紀子の手先が潜り込んできていて、自分たちの悪口を言い合っていないか、随時望遠レンズでチェックされる危険があった

③沿道から生物兵器などを雅子さまめがけて吹きかけられる危険性があったのか、高性能のマスクをすることで、犯人に犯行を諦めさせる効果を狙った?
ロシアのスパイが英国で毒物を政敵に引っかけた事件があったので

④見て子が雅子さまが馬車に乗って、その美貌が決まることをひどく恐れ、日頃からどんなに見て子が嫉妬してきているかをよく知っているので、無駄な意地の張り合いをする気はないこと見て子に示すために、雅子さまより王室に理由を話して「義母の嫉妬が凄いもので」と馬アレルギーだと嘘を公表してもらうことで、見て子の僻み根性に合わせた
また、そうしておかないと、留守の愛子さまに危害を加えられる危険性があるので、見て子とは争う気がないことを先に示したのか

65
返信する
匿名

マスクの件も、日本国内の報道のあり方もそのつどイギリスメディアBBCに伝えています。

50
返信する
匿名

まあ、ワンクッション置いたんでしょう。
さすが、賢い皇后陛下です。

マスクを付けない→馬アレルギーは大ウソだった証明→誰がデマを流したか?→美智子に屈辱→復讐の嫌がらせ加速
馬車に乗らない→馬アレルギーというデマに屈した→美智子のパワーいまだに顕在→美智子を増長、さらに嫌がらせ加速

マスクして笑顔→アレルギーはない、でも蒸気を避ける目的→さすが雅子さま、皿の悪気を挫く→八方丸く治る。

そういえば皿チャブはイギリスに国賓扱いされなかったのですよね?
ガーター勲章ももちろんもらえなかった。
つまり今回のイギリス国賓は、あらゆる意味で皿チャブを叩きのめした証明になるのでしょう。
(^○^)

20
返信する
匿名

偽の設定を吹き飛ばすぐらいに、これでもかというぐらい豪華に馬、馬、馬でしたね(笑)
英国の歓迎ぶりに感謝です。
本来こういう場におられるはずの両陛下なのに。

18
1
返信する
匿名

馬、馬、馬(笑)
ウイット(ある方にとってはアイロニー)に富んだ歓迎でした。

返信する
匿名

訪英前ミテコが妙に静かだった。
良からぬことを企んでいるかと心配でしたが、
案の定。。。。。
また各国のマル秘公文書に書かれちゃいますね。

45
1
返信する
匿名

⑤キャサリン妃との極秘面会に備え、パレードで不特定多数のなかでコロナウイルスを吸い込み、未発症のまま、闘病中のキャサリン妃と接触し、万一にも感染媒介しては大変とのご配慮があったのかも
しかし、キャサリン妃との面会は極秘事項なので、抗がん剤で抵抗力の落ちている相手だけに、雅子さまはその美貌をロンドン市民に披露することなんかよりキャサリン妃へのお気遣いを最優先させたのでは?

⑥見て子が設定してきた嫉妬からくる意地悪「雅子さまは馬アレルギー」を敢えて否定するような行為をとらず、逆にわざと嘘でも認めてみせることで、戦国武将のような度量の大きさを見せつけた?

とにかく、もっちゃんにその辺の裏事情取材を待っています
絶対に馬アレルギーではないが、そう見せかけておく必要が雅子さまにはあったはずなので

74
返信する
匿名

本当に愛子様への影響があるのかもしれませんね!

先ほどフジテレビめざましテレビで、雅子様は馬アレルギーの為マスクをされています!とはっきり言っていました。

ここまでか!!…とまだまだ酷い皇室とミテコの威力にとてもショックを受けました。
がこの英国訪問の後、天皇陛下はきっと皇室を変える事をなさるでしょうと信じてます。

70
返信する
匿名

国民が声を上げなければ、皿婆さん、安西孝之家、安西文仁一家の思い通りです。

63
1
返信する
匿名

英国訪問中の天皇皇后両陛下、馬車に乗りバッキンガム宮殿に行くときに皇后雅子さまがマスクをしていたが、”馬アレルギー”と英語の説明があったが、今回も皿がマスク付けるように指示したのかと勘ぐってしまう。
御用牧場で馬と触れ合っていた雅子さまに、国民が『馬アレルギーなんて嘘だ、皿が馬車に乗せたくないから嘘報道をした』と批判があったから、今回の馬車でマスクを着けさせていたのかと思った。
皿ならやりそうだよね、どうせ皿と秋篠宮負債で嫉妬に狂っているのだろうから、何か嫌がらせはするでしょう

76
1
返信する
匿名

この国は皿婆さんと秋篠実父安西孝之家の独裁国家なのか⁉️

安西孝之氏と瓜二つの安西文仁氏。
上皇様にも歴代天皇にもまったく似ていない、100%安西孝之家似の一家。
ネット上の写真を見た国民は、一家を安西孝之家の子孫と確信し、一家を皇族と思っていない!
これまでの治外法権を悪用、乱用して悪行三昧の国民に毛嫌いされている偽物皇族安西文仁一家。
その偽物皇族安西文仁一家が皇族面しての公務ごっこは、生中継だの速報だのとしつこく一日中報道❗

国民から敬愛されている天皇皇后両陛下のイギリスご訪問報道。
今か今かと国民が楽しみにしている生中継が無い⁉️

安西孝之家のバックにある大企業の力で政府もメディアも支配!
いまだに皇位(皇室)乗っ取りを企てている!
それが真実を国内外に決定づけた‼️

61
1
返信する
匿名

雅子さまが馬アレルギーではないことは、馬とふれあい、なでておられることからも証明済みです
なのにわざわざ馬アレルギーと宣言させた点が、皿婆の陰謀
あのスパイ女官が裏で英王室とマスコミに手を回し、雅子さまにマスクをするようにと嘘の理由でもって説得するなどしたのではないか?

68
返信する
匿名

デイリーメールのサイトに皇后陛下がマスクをしていたことに対する批判的なコメントがあるとツベ動画にあった。

海外からしたらいまだにマスクを着けている姿が異様に思えたようだ、皿はそれを望んでいたのでは?異常な嫉妬心の婆にしたら雅子さまが海外でも称賛されるのが許せないから

とにかく本当にこの婆、精神がおかしいわ。嫉妬にしても異常過ぎ。こんなことしたら結局は巨大ブーメランが自分に戻ってくるのに、それもわからない。秋篠宮家と同じだよね。絶対国民から慕われることも敬われることもないのに、嫌がらせをして雅子さまに批判の目がいくように企んでのことだろうけど。

70
1
返信する


怒りの声

馬アレルギーの大嘘垂れ流しは日本の恥である。
雅子皇后陛下が馬に接しておられる映像がある。

英国でも馬車で歓迎を受けられアレルギー無し。
お皿の嘘情報を宮内庁が公表したため嘘だらけ。

ご健康にも問題が無い。これ以上の大嘘は無視。
英国も嘘を見抜いているからこそ馬車をご用意。

71
返信する
匿名

狂女見て子め!

まさにその名の通りの横暴、二重権威承認要求の塊、諸悪の根源です。
愛子さまから大学院進学のための学費を奪い、文仁と悠仁の出生秘密保持のため、眞子に口止め料として送金。
自分でやらかした出産演技による偽皇族のための皇族費詐欺行為を、愛子さまの学歴を奪う格好で埋め合わせを図る、究極のイケズ女。

しかし、パレードでの雅子さまのマスク姿が、見て子に対する”王手”となった可能性が大なんです。

馬アレルギーならマスクごときでは用をなさず、馬に近づくこと自体できませんよね。
なのにマスクをせよと「誰が」「何のために」指示してきたのでしょうか?

その真意は、雅子さまの馬車からみえる横顔(独身時代から可愛い)をどうしても見せたくない、映像に残したくない、見て子の異常なまでの自己愛、ナルシズム、警戒心を知るので、その導火線に火を付けたくなかったからなのでしょう。

こうした嫉妬からくる天皇家の嫁姑問題本質をつく、雅子さまが繰り出す珠玉の王手が、一旦は見て子の指示通りにし、相手には非礼と知りつつも、マスクを付けてみせる驚きの行動だった。

おそらく見て子は、マスク着用指示を雅子さまが拒否するだろうと踏んでいて、その場合、アレルギーもどきの発疹の出るような毒物や化学物質、漆などを雅子さまに女官経由で与え「ほら馬アレルギーなのにマスクをしないからこうなった」とマスコミに叩かせ、晩餐会に出られないようにする陰謀でもあったのかも知れません。
そこで、その隙を与えぬよう、衝撃の行動に出て、陰謀を牽制し、かつ首謀者をあぶり出させるための公然のきっかけ作りになさったのではないでしょうか。

まるで藤井翔太さんのような鮮やかな切り返しです。

55
1
返信する
匿名

雅子さまのマスク着用には、事前にしっかりカミラ王妃とも打ち合わせされ「うちは義母がものすごく嫉妬深くて、わたしの結婚式に馬車を使わせず、その理由に馬アレルギーを後年持ち出してきたの。でもいまは馬アレルギーの振りをしておかないと、愛子の命が危ないので失礼承知でお願いします」とでも話され、「雅子さまも大変ね。そんな意地悪な姑がいるようでは。そのうちに文仁のDNA鑑定結果をこっちで公表してあげるから」とか談笑されてのことだと思います。

女王国葬のときもマスクは外しておられ、今回も馬車乗車シーンだけです。それはとりもなおさず、美智子の嫉妬爆弾がこれ以上炸裂しないように、狂人をあやすような行動が、雅子さまに求められているからといえます。惚け老人介護の現場では、見え透いた嘘でも使って、
あらぶる狂女美智子の気持ちを静めるしかありません。

雅子さまはよくできた人格者です。これで尊敬の念を一層深めました。

71
1
返信する
匿名

ゴタゴタお考えにならなくても、自然と見てからの強烈な火の粉をかぶらぬようにお振る舞いになる。こんな意地悪されたのは、皇后雅子様の人生で初めてだったのでは、とさえ思う。

18
1
返信する
匿名

とにかくおつむが宜しく性格も温厚。ホントならいじめられたりしないはずの方なのに。ご結婚前後のご友人達も、雅子様の悪口言う人は皆無でした。

15
返信する
匿名

別に医師団の極秘同行が、事実でも問題なし。

皇后陛下、ちょっとお疲れのご様子でしたが、
ちょっとした場面でも先を見越しながら行動されてました。
ほんとに頭のいい方。

チャールズ国王夫妻ともほんとに和やかな雰囲気。
今回の英国訪問は、安心して映像みていられました。
馬車のマスク以外は。
かえって悪目立ちしたよ、汚皿さん。

12
1
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です