佳子さま整形失敗で醜形恐怖に!撮影NGに取材陣困惑!「二重の仕上がりが気に入らない」と執刀医に激怒


文・もっちゃん

佳子さま写真撮影NGの取材拒否

眞子さんの結婚騒動以降、多くの国民から批判を浴びている秋篠宮ご一家の中でも、一部の国民から根強い人気を誇っている次女・佳子さま。

佳子さまは、学生時代から美しい容姿で世間を魅了してきました。かつては、佳子さまブームが沸き起こるほどの人気であり、時に、その美しさに姉の眞子さんが強いコンプレックスを抱かれていたとも噂されるほどです。

そんな佳子さまですが、最近では、ある種の「醜形恐怖」つまり、自分自身の身体的な欠陥に対して、異常なほどの不安や恐怖を感じる心の障害を患われている可能性があるとして、週刊誌「女性自身」(2023年4月11日号)は「佳子さま“醜い私は嫌!”異例通達に美への固執」と題する記事が報じられました。

「いろいろ発表していただいてありがとうございます」

3月16日、水戸市にある茨城県立水戸聾学校を訪れていた佳子さまは、生徒たちの学校生活についての発表をお聞きに。 その後は、手話を交えて一人一人と熱心にお話しになり、終了予定時刻をオーバーするほどだった。この日の佳子さまは、ロイヤルブルーのジャケットに、シースルーのロングのブリーツスカートという春らしい装い。

聾学校では口元の動きがわかるように、透明なマスクを到着時から着用されていた。華やかな装いと所作で“魅せる”ようにご公務に臨まれている佳子さまだが 。

「じつは、この水戸聾学校への到着時の取材で報道陣が困惑する“通達”があったのです」 (皇室担当記者)

皇室取材の現場では、天皇皇后両陛下や皇族方が到着される前から、カメラマンはお姿を撮影できるように準備している。

「取材前に、皇嗣職から“一人目の奉迎者に話しかけてから撮影をスタートすること”と報道陣に通達されていたのです。

通常であれば降車される前から撮影できるのですが、それはNGとされたわけです。“なぜいつもと違うのだろう”とカメラマンたちは疑問を抱いていました。

取材時、特にテレビカメラは、お車が敷地に入るところから撮影しています。降車された直後が撮れないと、テレビなどのメディアでは“映像がつながらない”という問題も起きてしまうので、なるべく撮影を始めるタイミングをずらしたくないわけです。

両陛下はもちろん、上皇ご夫妻や秋篠宮ご夫妻、皇族方が車から撮影を始めることができますから、今回の佳子さまを取材するときの“通達”はきわめて異例でした」(前出・皇室担当記者)

報道陣は現場に先に着いていた皇嗣職の職員に、降車後歩き始められてすぐに撮影できないか、と相談したという。前出の皇室担当記者はこう続ける。

「報道陣の申し出を聞いた後、職員はすぐに連絡を取り、しばらくすると提案した条件での撮影許可

が下りました」

予定より5分早く、佳子さまが乗られた車が到着した。

「車は校内のロータリーを右回りに入ってきて、佳子さまが降りられるドアを報道陣の反対側に向けて停車。 佳子さまが降りられる場面は、拝見することができなかったのです。

あえて報道陣から見える場所で降りられなかったところに、強いご意志を感じました。 もしかしたら佳子さまにとって、美意識に反する、ということだったのでしょうか」

ファッション評論家の石原裕子さんはこう話す。

「女性が車に乗る際は、まず腰かけて膝をそろえて、 足を回して座ります。降りるときはその逆の順番となりますが、周囲から足元を見られるのがまず気になるものです。

また、頭が当たらないかどうか気をつけたりするので、どうしても隙ができてしまいがちです。佳子さまはそのお姿を撮影されたくなかったのかもしれません」

佳子さまは、“醜い私を見せるのが嫌”というお気持ちでいらっしゃるのか。

「女性自身」(2023年4月11日号)

異様なまでの美へのこだわり

こちらの記事は、佳子さまが強い美意識故に、万全な準備を期して取材に望まれているというような好意的な捉え方で書かれているのですが、どうやら、実情は必ずしも、それほど良い状態ではないようです。

ある秋篠宮家関係者は、佳子さまに関して、コロナ禍でマスクをされていた時期に整形を繰り返し、異様なまでの美への執着と同時に、「美しくあらねばならない」という強迫観念から、ある種の醜形恐怖に陥ってしまってるのではないか?として次のように語ってくれました。

「佳子さまは、美しい容姿と高い知性、優雅な立ち居振る舞いで国民から愛されていますが、以前から一重まぶたがコンプレックスであったようで、コロナ禍で外出を控えられていた時期に、二重まぶたの手術を受けられたようです。ですが、どうやら、二重の仕上がりに不満を持つことになったのです。



以後、一部の報道機関が佳子さまに接触しようとすると、厳しい撮影NGを敷くこともあるのですが、公式発表もされておらず、皇室側も沈黙を保っているため、報道陣は大変困惑しているようです。

どうやら、佳子さまは整形手術を受けたものの、“失敗して、不自然な目になってしまった”と考えておられるようで、一種の醜形恐怖に陥っているとのことです。執刀医に激怒しているとの噂もあり、整形手術が失敗であったと思い悩んでおられるようなのですね。

もちろん、客観的には、全く美しい容貌に見えるのですが、それでも、これが原因で、佳子さまは鏡を見るのも怖くなり、公の場での写真撮影にも厳しい制限を設けられています。これにより、取材陣は困惑し、どう対応すべきか悩んでいるようです。

客観的には申し分ない仕上がりであるように思えるものの、医師は謝罪し、修正手術を行うことを申し出ているそうです。しかし、佳子さまは修正手術を受けることに躊躇しており、今後どのような対応が取られるかは不透明です。

インターネット上では、容姿に関する批判的な書き込みが散見され、それらの影響で、佳子さま自身が整形手術が失敗したと感じてしまっているのかもしれません。その結果、「自分は醜い」という強迫観念にとらわれ、公の場での撮影を避けるようになってしまったということも考えられます。

このような状況では、佳子さまには何よりも、再び自信を取り戻していただくことが大切です。皇族としての立場や国民の期待が重くのしかかる中で、心身のバランスを保つことは容易ではないでしょう。しかし、佳子さまがかつて持っていた自信と気高さを取り戻し、堂々と国民の前に立っていただくことが、国民の願いであることは間違いありません」(秋篠宮家関係者)

皆さんは、このような佳子さまの醜形恐怖について、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

70 COMMENTS

匿名

整形の話はどうでも良いが、戴冠式はどうなったのでしょう?
調整中、準備中、その次の発表は?

髭剃り中?

行くなら「ヒットラー髭」は剃らなきゃね。顔もどことなく似ているので印象悪いですよ。

164
1
返信する
匿名

戴冠式名簿には、天皇皇后両陛下の名が連ねられているそうです。
つまり、他の人は、認められないという事では?
厚かましく、代理で来ましたと言うつもりかも知れませんが、よびたくないと言われたのに、無視して、嫌われ者が現れたりしたら、
果たして、どうなるのか。

195
返信する
匿名

嬉しい情報ですね
そりゃそうですとも
近親相姦をするような夫妻がキリスト教の儀式でもある
神聖な戴冠式に出る資格などありませんから

148
返信する
匿名

宮内庁はその名簿を見てどう思うのか?
早く考え直して頂きたい。
天皇皇后両陛下の準備を遅らせ、恥をかかせるおつもりか?
岸田も長官も頭痛酷いだろうに。秋篠宮の犬にはよいクスリ。

141
返信する
匿名

イギリスの高級紙テレグラフの記事 ”King Charles’s Coronation guest list: a who’s who of everyone expected to attend” には、
Emperor Naruhito and Empress Masako of Japanとある。

80
1
返信する
匿名

悠君に「このヤリマン女!」「毎日何人の男と寝てんだよ!」と罵倒された佳子さん、、
整形したの。税金で?
早くお嫁にいってね。
ジゴロは駄目よ!

133
1
返信する
匿名

秋篠一家全員心がまともでない!
顔の整形より心を整形すべき!
一家はニセモノ皇族!
ニセモノ皇族は皇室から出て行くのみ!
美しく見せようと必死に化粧をしようと、高価な衣装を身に付けようと無駄!
ニセモノはどんなに磨いてもニセモノ!
ニセモノをどんなに装飾しようと、ニセモノが強調されるだけ!
本物にはなれない!

これ以上国民に憎まれ、毛嫌いされてから追放される前にさっさと安西家にお引き取りください!

133
3
返信する
匿名

気に入らないとすぐ激怒。
母親譲り?
キコそっくり。

気に入らないという理由で医師に謝罪させたりしたら、整形業界は成り立ちません。
誰が見ても失敗ならともかく。

医師は恐怖を味わっているでしょう。秋篠宮一家は、そういう、恐れられる存在。

しかし、皇族はそうあってよいものですか?

155
1
返信する
匿名

宮内庁病院では姉妹とも大変な不評だそうだ。
態度が横柄、挨拶しない、説明をちゃんと聞かない、すぐに機嫌が悪くなるなど。
頭の悪い生活保護の人みたいだということでした。

不利な状況でこそ人柄が出る。
しかし秋篠家の連中は丈夫だな。
頭が悪いということ以外、病気知らずの人ばかり。

どーぶつか?
動物なのか?
人ではない。

152
1
返信する
ズル大好き、詐欺師のの宮家

整形代を踏み倒すためでしょう。
とにかく貰うものはいくらでももらうが、支払うのは1円でも払いたくないから、難癖つけてゴネまくってロハはしてもらうつもりなのでしょう。

88
1
返信する
匿名

整形する必要があるようなものが日本の象徴って 違うと思うんですけれどもね。
神様や親から頂いたものを勝手に変えるって この上ない神聖冒涜で侮辱なんですけれどもね。

31
1
返信する
匿名

整形ってはっきり言ってただの詐欺じゃん。
自分自身のありのままで堂々としていられないのが俺等の象徴?
たまったもんじゃあないわ。
しかも全部税金。

35
1
返信する
匿名

裁判沙汰になった際、治療記録と一緒に、治療時の写真、治療に関する同意書、馬と鹿、鬼子とのやり取り(録音、録画したもの)を公開願います。

52
返信する
匿名

表面ばかり取り繕っても、中身が整っていないと綺麗にはなれない。
アラサーなんだから、いい加減気が付いてほしいものです。

18
1
返信する
匿名

やっぱり佳子も整形だったのですね。
情報ありがとうございます。

母も姉も妹も国民の税金で整形三昧。
弟は口唇口蓋裂の修正手術の連続。多指症で6本目の指切断。

仕上がりに不満があると即クレーマーに変身。
執刀医も事前に皇室新聞の読者だったら
絶対に引き受けなかったでしょうに。

整形前のヤンキー顔だった高校時代とはまるで別人だもの。
それでも二年遅れで入学したICUのリトリートでは同室者から
「すっぴんは怖い顔でした」と週刊誌に証言されてしまった。
最初はテーピングだけだったのに、禁断の整形に手を出しはじめ
とうとう整形沼に嵌まって、次は外出拒否がくるのかな?

134
0
返信する
匿名

鹿の整形は有名ですよ。
幼少期から見比べてみれば全く顔違いますし。
最近の整形具合は韓流ドラマ好きな人なら一発で分かるんじゃないかな?
整形顔見慣れていてるから。

84
返信する
匿名

記者「カコ様は何をしているのですか?」
大夫「カコ様はお元気で(美容整形して)おられます」

49
返信する
匿名

なーんだ、整形だったのか。
ははおやは、過去の方がどこぞの王女より美人だと自慢してたけど
せいけいではね。

85
返信する
匿名

国民の血税で皇賊が整形するなよ。
鹿子だけじゃなく、馬子も胸をいじったり
あの顔デカ・5.5頭身の小室親子まで無駄で不自然な
顔に...ミテ子の衣装代からはじまり、ズル仁
の裏口・補助金ジャンプまで腹立たしいことばかり。
最近、S氏に彬子女王の京都での問題まで暴けれて。
国民の象徴の回りがこれでは先が思いやられる。

141
返信する
匿名

目より唇をどうにかされては。
左右の山が離れ人中の幅がやたら広い。
アヒル口されると強調され品がなく見えます。

109
1
返信する
匿名

口角が不自然に上がっていて、バットマンのジョーカーみたいに見える時ある。そういう手術もあるらしい。

54
返信する


匿名

KKなんて整形でモロに悪党面に変わった悪い見本
いくらつぎ込んだかは知らないが、前の顔をしっかり記憶している
日本人の前にはもう出られないのもわかる
帰国できないという眞子の理由も整形失敗だろう
アメリカで中国人風のカンフー男子に変身したのかも知れないが
あれは日本人の顔ではないので、それよりチンチクリン解消で
シークレットブーツに金かけるか、ダイエットする方が先だった筈

100
返信する
野萩

他者の容姿を論うことは恥ずべき卑しい行為だと思うので、次女の美醜や整形だの何だのはどうでもいいです。
問題は、散々敬宮殿下をストーカーし、カメラに怯えているともとれる態度をさせるに至ったマスゴミが、なぜ暫定一家に対しては律儀に報道規制を守っているのか。今回の記事が事実に近いのであれば、次女の報道にもかなりの配慮がなされている様子。バッシングに苦しむ東宮御一家への配慮はゼロ、寧ろ嬉嬉として追い詰めたマスゴミが、醜聞塗れの暫定一家の指示をなぜ守っているのか。破れば一家からの何らかの報復があるからなのではと疑ってしまいますね。
「オレたちの指示に従え。そうでなければわかってるな」。こんな「象徴」、不要です。

152
返信する
匿名

気に入らないとゴネて、
支払いしないつもりかもしれない。

金は貰うもので、出すものじゃない、という秋篠宮一家の考え方。寄付したなんて話は聞いた事ない。裏口を除いて。

114
1
返信する
匿名

「醜形恐怖」というけど、もともと美形でもなかったから
醜形と非美形どっちか?というだけのおはなし

整形は何度もするうちに調和が崩れ、おかしくなってゆく
お直しのつもりが、顔面崩壊になる
マイケルがその典型だった

91
1
返信する
匿名

せいけいして
綺麗だの美しいだの言われてもね。

どんな手段を使っても
ツクフに入ったり、作文で佳作をとっても嬉しい家族だものね。納得。

老後は皿をお手本にしたらいいんじゃない?あんな顔になると思うけど。

目元より私は口元が嫌い若いうちは”アヒル口“で済むかも知れないけど、あれで年取ったらどーなる?

98
返信する
匿名

>佳子さまは、学生時代から美しい容姿で世間を魅了してきました。かつては、佳子さまブームが沸き起こるほどの人気であり、時に、その美しさに姉の眞子さんが強いコンプレックスを抱かれていたとも噂されるほどです。
>佳子さまは、美しい容姿と高い知性、優雅な立ち居振る舞いで国民から愛されていますが、以前から一重まぶたがコンプレックスであったようで、コロナ禍で外出を控えられていた時期に、二重まぶたの手術を受けられたようです

なんなんこの記事、上げているのか下げているのか。
鹿が美しい容姿と高い知性??????????????????
学習院でかつて最低の成績だった文仁より成績が悪かったと週刊誌に書かれていた鹿ですよ、何言ってんの!?国民からも愛されていないし、鹿ブームとマスゴミに作られただけで写真集も売れ残りだらけだった。鹿も三十路近くで知性ないから容姿ばかりに執着するんだな
馬よりはまだちょい見た目がよかったってレベル。まあ、馬にしたら鹿にコンプはあっただろうね、あの容姿で知能、性格でまともな男性がこなかったからあんな屑男に執着して強行結婚しちゃったけど、いまではさすがに馬もこれほど屑男だったとは・・・と思っているかも。そのうちあのNYトンズラーズ、離婚騒動の報道がでそう。いや、鯰と鬼子みたいに弱みにぎられているし、別れようとするものなら屑男の母親の裏にいる連中に何されるかわからないから、別れたくともできないかもだけどね。
バカがバカを産んで負のループが終わらない
あの両親にしてこのポンコツ3人の子供、ろくなのいないわ。

125
返信する
匿名

“ 佳子さまは、美しい容姿と高い知性、優雅な立ち居振る舞いで国民から愛されています ”

↑ここは本当に笑うところですね。
整形で美しいなんて皇族にあるまじき行為。
学習院を落第して逃げるようにICUへ特権で入学したくせに。カコには高い知性など無い。
一部のオタクからアイドル扱いされて写真集を出したが大量売れ残り。
ゴコームでお出まししても頭ペコペコ、アヒル口で優雅な立ち振舞いなど見たこと無いです。

90
返信する
匿名

20代は若さでいけても、どんどん老化の一途を辿る。
30代からは今までの人生で培った内面の美しさが顔に出やすいとよく言われています。
湯水の如くお金があるから、すぐに整形依存症になりそうですね。

78
返信する


匿名

秋篠家に関してはアゲればアゲるほど、単なる褒め殺しにしか
読めないところが特徴
要するに中身空っぽ、知能指数最低、学習院でも最下位か
悠仁に至っては特支レベルの知能しかない
何をさせても報道規制と取材規制ありきで、素顔は隠す必要あり

104
返信する
匿名

何気に鹿子の整形暴露しちゃっていて、草

いずれにしろ鯰には似ていない、魔子とヒサ坊は似ているけど。

鹿子の本当の父親って誰? あの皇宮警察で当時3人ほど連続で自〇されたと報道されていたうちの一人??
あれも自じゃないと言われているけど。何かを知ってしまったからと聞いたけど。

92
返信する
匿名

そう、3人の皇宮警察官の自殺は掘り起こして調べる必要がある。

全て秋篠付の警察官であったこと。
家族はどのケースも思い当たる原因がないということ。
全て勤務場所内での自殺(2件は車内、1件はトイレ)
つまり発見したのは同僚であること。
どれも発見時すでに死亡しており、躊躇い傷(ためらい創。自殺にはあるのが普通。拳銃であれば撃ち損ないがあるという)がなかったこと。
全て未遂でなく完遂であったこと。
遺書がなかったこと、あっても不自然な内容。
どれも剖検されていないらしいこと=つまり他殺の可能性を全く否定して処理されている。

1件だけならともかく、3件もこれは明らかにおかしい。
ちょっと知識があれば、内部での自死に見せかけた殺害であろうと容易に想像がつく。

たった2年間の間に、同じ職場で起きた出来事である。
一般に自殺1件につき、未遂は数倍あり、その予備軍はさらに数倍あるという。
一人の自殺者が発生するとき、やり損ないが10件くらい、さらにやろうか迷っているのが数十人はいるのである。
この点からもおかしな話なのである。
この3件の自殺のあと悠仁が誕生し、それ以来自殺者は出ていない。

まあいい、しらばっくれていろよ。
誤魔化しても地獄の蓋はいつしか開くもんである。
インチキと障がいで分厚く覆い隠されているが、たぶん悠仁の背負っているものはとんでもなく重い業であり、運命であると思う。
すでに彼は16歳でトンデモない伝説のオンパレードだ。
痴漢、汚言、剽窃、覗き、近親相姦・・・

仏の顔も三度まで。
悠仁がイギリスに行けるか行けないのか?
全てはそこで決算される。
答えはもう出ている。

93
返信する
姉ちゃん添い寝して!

国民の前に立って欲しくないです!国民の前から消えてくれるのが国民の願いです!

95
返信する
GIYU

秋家が、外見や肩書、学歴重視の中身の無いペラペラ皇族っていうのを再度認識しました。
あっ偽皇族でしたね。

99
返信する
匿名

テレビで秋一族のアゲアゲ報道が流れると、速攻チャンネル変えます。

また、ネットニュースに秋一族の記事が出たら、こちらもミュートします。

38
返信する
匿名

もし、美容整形費用を、失敗(自分が気にいらないだけ)のせいにして、費用踏み倒すなら
その手口は、小室佳代に習ったとしか思えないが。
皇族の美容整形は、悠仁のように、必要なのを除いては、原則禁止でよいと思います。
税金の使い方として、適正ではない。

86
返信する
匿名

醜形恐怖症って、これからどんどん血税使って整形を繰り返す気か!

人間の身体って元に戻ろうとするからその度に逆らって整形を続けるはめになる人多いけど、最終形態はどうなるのか?と言うか、カーポンはそこよりもっと磨かなくてはいけないところあるでしょう。この子も池沼だからそういうことはわからないんでしょうね。
一家そろってどんな低レベルな会話をしているのだろうか?あ、会話ないか!
鯰負債は仮面だし、鯰は世田谷夫人宅に入りびたりみたいだし。奇子とは会話よりも怒鳴りあいだろうし。

公務だって小遣い稼ぎ、似合いもしない服をその都度作りまったく税金の無駄使い
この一家のひとひとは必ず、何か国民感情を逆なでることしかしない。

80
返信する


匿名

安西家の人たちは、何十億単位の血税を私物化して平気で使うが、自分たちにそんな価値は一切ないことを自覚させるように国民は諭していかないといけない。

81
2
返信する
匿名

身の丈を弁えずヤラカシ三昧の秋死宮家の面々は、今やネット民の格好のオモチャと化してしまいましたね。
本来なら一家に不要の鹿子が、今や救いの女神に成らんと、税金で顔を造作しての出稼ぎ公務。
「アタイ綺麗でしょ!」って、毎夜鏡の前で特訓した笑顔を張り付かせ、三十路間近の姉ちゃんが、只今皇室美人ビジネス転回中で、出れば出る程ヒンシュクを買う。
自分が医者にアレコレ無理難題を強要して、出来上がった顔が平民から失笑されると「医者が悪い!」ですか!
もうね、好きなだけ造作して、生きた蝋人形にでもなれば良い。

62
0
返信する
匿名

整形の失敗で不自然な目になってしまった?
大丈夫。人間自体が不自然だから、バランスが取れていいよ。
それに、整形が成功しようが失敗しようが、大して変わらないと思うよ。

会社が入っているビルのトイレでも、鏡の前で粘っているのはごくごく普通の、どこにでもいるような顔立ちの人達。前髪の一筋を数分かけてあーでもないこーでもない、と直している。
「時間の無駄じゃない?」と思わず声をかけたくなる。

67
返信する
匿名

コロナが明け、マスク取ると二度と見たくない顔になりましたね
きれいか汚いかではなく、不純、清楚でないといった印象から
整形後の不自然さも気になります

だからまじめな結婚相手となると見つからないでしょうね
ちょっと遊んでくれても、そこまででさよならだから
税金整形沼に落ちたアラサーを救済してくれる男性なんて居ませんよ

頭も悪い、母の出自最低、父は偽者でDVありの訳あり関係だし
知障弟とはエッチまであるもようで気持ちが悪いです

71
返信する
馬、鹿、

整形しても素っぴんは達郎なのかな?整形して気に入らないと国民前に出て来れないなら二度と出て来ないで下さい!整形費用、警備費用が全て無駄です!
あなたの容姿を気にしてるのは国民を煽って儲けようとしてるマスゴミとアキシンだけだよ!

71
返信する
自分で決めたんだろうが!

こういう女性の場合、ありのままの自分を愛せるようになるまでの道のりは長いでしょうね。

もともと容姿しか褒められなかった。知性が低いので自分の狭い価値観に気が付くきっかけもない。常に人前に姿を見せねばいけない立場である。二重にしたことでちやほやされた過去の成功体験がある。

いじりすぎない、自然な姿のほうが好きだよ、ぐらいに言ってくれる優しい男性でもいればいいんでしょうけどね。姉が身勝手なことしたから、まあそんな誠実な人は現れないだろうね。

それにしても「整形をする」ことを決めたのは自分なんだから、失敗リスクも当然自分が引き受けなければいけない。ぐちゃぐちゃになったというのでもなし、どんな失敗なんだよ。そもそも結果を人のせいにするんじゃないよ。馬鹿なのは自分なんだから自分で責任とりな。

この家の人たちって、何でも自由にしたがってるくせに、結果を引き受けないよね。

64
2
返信する
匿名

「佳子さまは、美しい容姿と高い知性、優雅な立ち居振る舞いで国民から愛されています。←敬宮様かと思ったらカコさんのことやったw

え?高い知性???たかい?ちせい??!!
えええええ?幾ら私が老眼だからって~え?
高い知性?ないわ~あのこがwwwだって、秋家で1番頭悪いんでしたっけ?

70
返信する
木村

戴冠式には秋一家が行くのが最適解のように最近思ってしまう。何なら坊も連れて。

1) 招待されてもいないのに、秋一家ゴリ押しで押しかけ参列。

2) 英国で末席に座らされる。

3) 秋一家あちこち寄り道で遊び回る(鬼子的には坊アピってるつもり)が、立ち居振る舞いがみっともない。それを写真に撮られて報道され、世界が呆れる。

4) 英国中心に、秋一家の醜聞が世界レベルで高まる。

5) コロナ落ち着いたということで、エリザベス女王からの招待を受けて、天皇皇后両陛下が英国ご訪問(今年の秋頃かな?)。
勿論国賓でとして。
英国中から熱狂的に大歓迎される。

6) 英国を中心に、両陛下と弟夫婦の違いが語り草となる。なぜ敬宮殿下が立太子できないのかを中心に、「日本の現状駄目だろ、日本国民も敬宮殿下支持なのに何故だ?」との国際世論が高まる。高まるだけでなく、これは何かあるらしい、それは何だ?と勘ぐられる。

7) 秋一家の醜聞が国際レベルで暴露され、とてもじゃないけど皇統継承無理という道に向かう。

58
1
返信する
匿名

しかし報道規制をかけまくられたまま、戴冠式に出したら最後
次もその次も決まったと喧伝材料に使うことがわかっているのでダメっすよ
ここは日本国からは両陛下と愛子さま以外なら、誰も行かないと徹底して
秋家出席排除方針でいかないと、赤恥掻けばいいだろう、では危険すぎです

68
返信する
木村

国内の流れが全然変わらない感じなので、
外圧に期待するしかないと思ってしまいます。

報道規制は海外メディアには通用しないし。

英国パパラッチはプライベートビーチのキャサリン妃の裸を望遠レンズで撮ってゴシップ記事にするほどえげつないです。

彼らが秋一家に食い付いて色々記事にすればーと思う。

40
2
返信する
匿名

でも、招待状がこないから、日本代表の二席は無いのでは?
秋篠宮夫妻では、チャールズ三世は最後までNOでしょうから。ましてや悠仁など論外と思っていると感じる。
さもなければもう招待状は来ていて、天皇皇后両陛下ご指名を、キコが行くとジタバタしているだけ?
英国を怒らせてまで、選挙票が欲しい政治家は日本の癌でしかない。

67
返信する
匿名

岸田は広島
あそこはBZ勢力がどちらも強い
ゆうじんの応援団長のような肉屋もいる
たしか入学祝いに机を贈ってきたはず
だから紀子が圧力をかけてきた

北海道や東北出身の首相だったらよかったのにと残念です

51
1
返信する
匿名

なぜ、キコは政治介入するの?
悠仁は、国民と競って盗作するの?
国民を蹴落として裏口入学できるの?
それって懲罰モノでは?
天皇陛下が大人しくしていると思って、図に乗り過ぎです。
やってきた事を挙げれば、もう皇籍剥奪でよいはず。

65
返信する
ちょっと、もっちゃん❗️

>佳子さまは、美しい容姿と高い知性、優雅な立ち居振る舞いで国民から愛されています
❗️❓️❗️
多くの方が指摘しているように、この部分、取って付けたような褒め方

「鬱苦しい容姿と高い痴性、誘蛾な立ち振舞いで国民から見離されています」の変換間違いでしょ❗️

それに秋篠家では、整形なんてお家芸で、みんなやってるじゃん❗️❗️

52
返信する
匿名

秋篠宮一族にはありのままを見せて努力をしない事が分かりました。
整形って一体何の為?
公務に大事なのは訪問先への感謝や公務での立ち振舞いや所作なんですよ。
あなたが可愛かろうが醜かろうが別にどうでもよく公務での功績。
皿婆さん同様自分への視線しか考えられないならクレクレ公務に税金ムダ遣いなんですよ。

51
返信する
匿名

100均で買えそうな造花のカンカン帽に、おもちゃみたいなイヤリング!
お人柄にぴったり、とってもお似合いです!
追究された美の極地ですな。

47
返信する
匿名

私、男ですが、鹿に対して、何の魅力も感じません。
美とか、可憐とか、そんな言葉で称賛する連中の審美眼がひどすぎると思います。
ただのアホ面で、魅力も何もあったもんではない。馬や盆と同じで、どんなに頑張って誤魔化そうとしても、知性同様、醜怪な顔面は変えられない。やるならもっと徹底的にやらなきゃ。韓国で数千万の税金使って、足の先から頭の天辺までやってもらいなさい。まあ、医者が、無理、無理、無理と叫ぶでしょうが。

それにしても、知性も何も感じられないアホ面という点では、皿と同じ系列だ。

40
1
返信する
匿名

秋篠宮一家の人間は、頂点に立つまで、満足することはないのでは?小室家も同様。

独裁者になるのが夢なのかと思えるような醜聞ばかり。
美容整形にも、完璧を求めているようですが、
心根に、MOREがある限り、満足することはないでしょう。
小室圭も、いじりすぎで、終わりの無い整形癖にまみれている。あれじゃ、いくらお金があっても足りやしない。ましてや、弁護士として仕事する時間などないでしょう。整形に明け暮れる働かない弁護士!

22
返信する
匿名

あの〜、こう言っちゃ何ですが
不細工なのは目元でなく口元です。
お姉さんの真似をして変なアヒル口はやめたら?
そのうち人間だってこと忘れますよ。

15
返信する
JJ

大妖怪一本眉「大丈夫ですよ!アテクシの可愛い孫は皇室始まって以来の美人ですから!!!キリッ!!!!」だそうです。

返信する
匿名

記念すべき皇室新聞のスクープより

>ある秋篠宮家関係者は、佳子さまに関して、コロナ禍でマスクをされていた時期に整形を繰り返し、異様なまでの美への執着と同時に、「美しくあらねばならない」という強迫観念から、ある種の醜形恐怖に陥ってしまってるのではないか?として次のように語ってくれました。

「佳子さまは、美しい容姿と高い知性、優雅な立ち居振る舞いで国民から愛されていますが、以前から一重まぶたがコンプレックスであったようで、コロナ禍で外出を控えられていた時期に、二重まぶたの手術を受けられたようです。ですが、どうやら、二重の仕上がりに不満を持つことになったのです。

以後、一部の報道機関が佳子さまに接触しようとすると、厳しい撮影NGを敷くこともあるのですが、公式発表もされておらず、皇室側も沈黙を保っているため、報道陣は大変困惑しているようです。

どうやら、佳子さまは整形手術を受けたものの、“失敗して、不自然な目になってしまった”と考えておられるようで、一種の醜形恐怖に陥っているとのことです。執刀医に激怒しているとの噂もあり、整形手術が失敗であったと思い悩んでおられるようなのですね。

もちろん、客観的には、全く美しい容貌に見えるのですが、それでも、これが原因で、佳子さまは鏡を見るのも怖くなり、公の場での写真撮影にも厳しい制限を設けられています。これにより、取材陣は困惑し、どう対応すべきか悩んでいるようです。

客観的には申し分ない仕上がりであるように思えるものの、医師は謝罪し、修正手術を行うことを申し出ているそうです。しかし、佳子さまは修正手術を受けることに躊躇しており、今後どのような対応が取られるかは不透明です。

インターネット上では、容姿に関する批判的な書き込みが散見され、それらの影響で、佳子さま自身が整形手術が失敗したと感じてしまっているのかもしれません。その結果、「自分は醜い」という強迫観念にとらわれ、公の場での撮影を避けるようになってしまったということも考えられます。

このような状況では、佳子さまには何よりも、再び自信を取り戻していただくことが大切です。皇族としての立場や国民の期待が重くのしかかる中で、心身のバランスを保つことは容易ではないでしょう。しかし、佳子さまがかつて持っていた自信と気高さを取り戻し、堂々と国民の前に立っていただくことが、国民の願いであることは間違いありません」(秋篠宮家関係者)<

この記事が出たのが昨年2023年3月なので、コロナ自粛期間中にこそこそやっていた目の整形結果に満足できず、執刀医とトラブルに。
佳子自身が“失敗して、不自然な目になってしまった”とありますが、多くの人が抱く「佳子は目をいじって、かえっておかしくなったのでは?」との意見からも、そうなんだろうとしかいえない。
でも執刀医のせいにするところは、悠仁の顔面整形失敗の責任を執刀医に押しつけているのと同じ紀子らしい反応です。

なのに懲りずに今度は、アヒル口恒久化を狙ってなのか、口を整形して、さらなる大失敗を重ね、とうとう口裂け女になってしまったというのでは、整形依存症の典型みたいなものですね。
目がおかしくなった(と被害者意識にこり固まった)結果、ツーアウトでもホームラン狙って口をいじり、見事空振りに倒れたような話。

紀子も悠仁も、すっかり整形マニアになっているし、小室圭の変貌ぶりときたら、誰の目にも「整形したんだわ」とわかる、まるで異次元のアメリカ映画に出てくるような国籍不明のアジア系一般に成り果てていたので、文仁悠仁の三ツ口矯正手術を加えれば、全員でお顔にメスを入れてきていることになるのではないでしょうか。

返信する
匿名

父は安西氏。
母は重婚相手で、実際は第二夫人でしかないおめかけさん。
それ以外にも、この子は、母の浮気の子だとも言われ続けてきた。
いびつでふしだらな家系としかいえないので、浮気の子と聞いても
驚かないし、父に似ている部分として本人が会見で語った導火線の
短さだけはそうだとすると、文仁の子でもロクなことはない。

その母は静岡市内にあったバラック住宅で、按摩の孫として出生。
結婚するまで、家計はずっと火の車で、納采の儀は3DKの台所。
成績も悪く、学校からは親呼び出しの連続で、国語力も貧困。
高三でまだ曜の漢字が書けずに「日よう日」と書く体たらく。

だから次女の成績など悪くて当然との開き直りようだった。

家ではDVの連続。弟からも襲われそうになり、添い寝をしつこく
求められての別居も、紀子からは「減るもんじゃなし」と拒否。
悠仁同様、親の都合で弄ばれ、逃げ場がなく、整形に興味をもち
自己変身を夢見たのかどうかは知らないが、悠仁が痴漢とオーバー
ドーズに逃避したように、臍だしダンスと整形に逃げ、失敗した。

いまはその帳尻あわせに苦悶しているところ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です