雅子さま、紀子さまの「衣装かぶり問題」 どちらに責があるのか、歴史学的に考察


雅子さまと紀子さまの衣装かぶり

紀子さまと言えば、雅子さまとの「衣装かぶり」がよくやり玉に挙げられます。

「衣装かぶり」についてはご本人方が納得の上でわざと衣装をかぶらせているのであれば外部の人間が何も言うことはありませんが、今回は「衣装かぶり」について、もう少し幅の広い視野から、女性皇族の衣装の変遷から論じてみたいと思います。

まず、“皇族と衣服”というテーマについて、女性皇族は和服を着ますが、男性皇族は和服を着ないという点がよく言われます。

確かに、陛下をはじめ、男性皇族は公式の場で和服を着ないことが現在の不文律となっています。

平成時代に侍従長を務めた渡邊允氏はこう述べます。

ところで、「皇后さまは和服をお召しになっているのを拝見するけれど、天皇陛下はどうなのですか」という質問も時々受けます。

陛下は公式な場で和服をお召しになったことはないと思いますが、夕方、お食事の後、何か急の用事があって居間に伺った時などに、和服を着ておられることが時折ありました。ただ、そういうリラックスされた時でも、着流しというのは一度も拝見したことはなく、いつも袴を付けておられました。

渡邊允『天皇家の執事』文藝春秋、31頁

公式には洋装、プライベートでは和装という振り分けは戦前からも同じだったようで、旧宮家出身の作家・竹田恒泰氏もこのように述べています。

明治時代、私の曽祖父が紋付羽織袴で写っている写真があります。でもそれは、公式なものではなく、極めてプライベートな、家族との写真です。これにより、明治期には、皇族男子であっても、普段着として着流し、羽織、袴など(つまり武士の服装)を身に着けることはあったことがわかります。

(中略)次に、現在、「皇族女子は着物をお召しになることがあるが、皇族男子は着物をお召しにならないこと」について考えます。結論的には私もよく分かりません。

竹田恒泰氏ブログ(yahooブログサービス終了のためすでに閉鎖)

竹田恒泰氏は「分かりません」と率直に述べますが、今回調べを進めてみると、確かに「女性が着物を着るのに男性が着物を着ない」という状況に確たる理由はないということが分かりました。



というのも、現在の女性皇族が公の場で和装を着るという状況も、明治以来の近代皇室の歴史から見れば、昭和(戦中・戦後)からのほんのわずかな流れに過ぎないからです。

なんと、女性皇族が公の場(儀式以外)で和服を着る現在の状況が始まったのは、終戦の1年前1944年のことだったのです。

女性皇族の衣装の変移について

三笠宮家の彬子女王の論文「女性皇族の衣装の変移について」に詳しく書かれますので引用しましょう。

戦況が厳しくなってくると、国民は苦しい生活を余儀なくされる。国民とともにある皇室でも国民生活に配慮し、簡易な「宮廷服」と呼ばれる衣装が考案され、様々な場面で着用されるようになった。

宮廷服とは、戦時中の昭和19(1944)年、香淳皇后、秩父宮妃殿下、高松宮妃殿下、そして当時の式部官らがご相談のうえ作られた、上半身は細い和服のような襟合わせで、白のパイピングがしてあり、下半身は袴のようになっている、三笠宮妃殿下の言をお借りすれば「乙姫様のような」二部式の衣装である。

彬子女王「女性皇族の衣装の変移について」『京都産業大学日本文化研究所紀要』第24号・平成31年3 月

「乙姫様のような」とはなんともかわいらしい表現ですが、宮廷服の実物はこのようなものでした。

(宮廷服)

白黒で分かりづらいですが、明治大正時代の女学生の格好、現在でも女子大生の卒業式に用いられる衣装に似ているように思えます。

これは、海外からの輸入が禁止されたので、洋服地が手に入らなくなり、手に入る日本の布地で作れるものを、ということで始まったとのことです。戦時中は女学生の制服もセーラー服にモンペ姿だったことを思い出します。

この“宮廷服”は戦時中も宮中での儀式で着用されましたが、戦争が終わった後も、厳しい国民生活に配慮して着用が続き、終戦7年目の1952年の新年祝賀の儀になるまで着用され続けました。

戦時中の宮中での儀式は、この宮廷服の上に、緞子のような厚手の織物を肩衣のように羽織り、勲章をつけてお出ましになっていた。当時は、外へのお出ましの時も、室内でも宮廷服をお召しになっていたという。(中略)

戦争が終わり、宮中での儀式が通常通り行われるようになっても、時世に配慮し、宮廷服でのお出ましは続いた。昭和26(1951) 年5 月17 日の貞明皇后の崩御の時も、香淳皇后以下、妃殿下方は黒の宮廷服で臨まれた。
しかしその後、一番重い新年祝賀の行事は、香淳皇后から、直宮の三妃殿下方は「お掛け」というお召し物を拝領され、数年間はそれをお召しになっていた。

同上

1951年の貞明皇后ご崩御時は宮廷服で、翌年の新年祝賀の儀は「打掛」だったとあります。

現在は洋装で行われる新年祝賀の儀に「お掛け」という和装で臨んでいたというのは興味深いですね。



(令和2年1月1日の皇室)

皇族女性の和服は戦後から

彬子女王の同論文によれば、その後、公の場で女性皇族が和装を着る機会が増えていったのは、1950年代からであることが書かれます。

香淳皇后は昭和27(1952)年10 月10 日、第4 皇女であられる順宮厚子内親王殿下の御婚儀の折には和服をお召しになったことが知られている。この辺りから徐々に和服を公の場でお召しになる機会が増えていくようである。

同上

そして、1954年になって、明治時代に制定された公務員の服制に関する法律(「大礼服」などの着用義務)が廃止されたことが画期的なきっかけになったとそうです。

そして、昭和29(1954)年7 月1 日、「内閣及び総理府関係法令の整理に関する法律」により、明治時代から連綿と続いてきた服装令は廃止された。

以降、宮中儀式等での女性皇族の服装は、制度で定められたものではなく、時の皇后陛下を始め、妃殿下方の思し召しによって柔軟に変化するものとなっていくことになる。

同上

いかがでしょうか。「皇后陛下を始め、妃殿下方の思し召しによって柔軟に変化するもの」という点がとても面白いですね。

「衣装かぶり」は国民へのサプライズ!?

このように、戦中戦後から、女性皇族の衣装の在り方は非常に流動的に変化し、世相や時の皇后や女性皇族の意見を取り入れつつ、今に至りました。

平成時代には「雅子さまと紀子さまの衣装かぶり」が云々と言われましたが、女性皇族の衣装に関するこうした流動的な変遷を見ると、平成の「雅子さまと紀子さまの衣装かぶり」も、平成時代の新しい伝統だったと言えるでしょう。

女性皇族の衣装は、「皇后陛下を始め、妃殿下方の思し召しによって柔軟に変化するもの」と先ほど述べましたが、「衣装かぶり」をした雅子さまと紀子さまの胸中をさぐると、同じ世代の若い女性皇族が衣装を合わせることで、賓客の心を和ませようという意思があったと言えるのではないでしょうか。

こうして考えてみると、「衣装かぶり」は実は「ペアルック」と言うほうが適切かもしれません。

「衣装かぶり」改め「ペアルック」は、常にお互いを尊敬し、支えあった、仲睦まじい平成時代の2人のプリンセスの我々国民に対する嬉しいサプライズだったのかもしれませんね。

51 COMMENTS

匿名

>いかがでしょうか。
>「衣装かぶり」改め「ペアルック」は、常にお互いを尊敬し、支えあった、仲睦まじい平成時代の2人のプリンセス

また今日もタケロウ節炸裂ですか。
読むにも値しない言い訳記事に、皇室新聞の危機を感じます。

紀子が、衣装合わせのルール(雅子さまに第一選択権、愛子さまに第二選択権が先あり。紀子や佳子はそれ以下、残余の選択肢から色を選ぶしかない)を毎回のように破るルール違反を何とか言いつくろってくれないか、という宮内庁広報部あたりの依頼で書くこの手の言い訳「買収されて書きました記事」はもう結構です。
皇室新聞がアキシンサイトに見られてしまいますよ。

225
2
返信する
匿名

皆様
「安西孝之 写真」
そして
「すべての画像を見る」
でネット検索してください❗
DNA鑑定に応じなければ疑惑でしかないと、皇室に居座り続ける秋篠宮一家❗
皇室は国民の血税で成り立っています。
その国民に安西家の子孫を天皇の子孫(皇族)と偽り皇位(皇室)を乗っ取ろうとしています‼️

35
1
返信する
アンチ秋篠宮家

紀子さまは学歴家柄容姿…何一つ雅子さまに勝てる要素を持ち合わせていない。
しかし唯一男系男子を出産した事だけが…
しかしその男子はある意味ポンコツ?で
愛子さまには勝てないのでは??
おまけに娘2人も小室圭のようなろくでなしと結婚してしまったり…
もう一人も顔はカワイイけど頭脳の方は
と3人の子宝は誰一人愛子さまに勝てる方は…
そんなジレンマ?が職員への八つ当たりや雅子さまに対しての度重なる衣装かぶり等々の暴挙となるのでは?紀子さまのお振舞いは皇族としての品位品格も有ったものでは無い!このような方が将来皇后になってしまったら…今以上に国民や宮家の職員に上から目線で暴君女性版?となるような気がして不安ですね。諸外国の王室関係者からも疎まれているのは明らかですし…政府や有識者は一刻も早く皇室典範改正して女性天皇容認の流れを作って欲しいです。国民の大多数はそれを望んでいると思います。
鬼子…あっ間違えた…紀子さまは金遣いも荒いとお見受けしますからね‼️コロナ渦に立皇嗣の礼強行したり…宮家改築に無駄金使ったり…目に余る事が
多過ぎると思いますが…政府や宮内庁は自分達の身分立場を守る事だけに必死で聞く耳持たないのでは??

返信する
匿名

天皇の即位式で白のドレスのキーコは
狂っていると批判された者。
隣の席の食事まで手を付けテーブルマナーも
知らない民族と名指しされた。
天皇が挨拶してるのにひとりだけ食べ始めた
のは世界中の笑いものとなった。
すべて非常識で卑劣な育ちの実態が広がった。

202
4
返信する
匿名

紀子の生まれた静岡市内の駅南地区。
在日人口占有率が日本一という特殊地区のバラック住宅が生家で
信子さまが「納屋のようなところで生まれた子」と述べておられました。

やはり、生まれや育ちは一朝一夕では修正し切れないもので、この下品な
皇室内での振る舞いが、英王室からまで出禁とされた主な理由でしょう。
皇室に嫁いでからどれだけの時間が紀子にはあったのでしょう。
英会話、仏会話、マナー、日本語、何一つ習得しないままに時間を無為に
過ごしてきただけでなく、その下品さが三人の子供にもそのまま遺伝し、
いまや一家で出禁処分にされるほどに、欧州王室との関係も悪化しました。

188
1
返信する
匿名

お妃教育を途中で投げ出した馬鹿女は、結局ナマズのセフレ以上にはなれなかったということ。
(しかも若い時だけだし)
セフレのひとりが皇族に混じっていること自体が大問題。
娼婦のキーは義妹のスケスケ下着姿で、京都か世田谷のセフレ仲間のところにいればいいんじゃない?

103
1
返信する
匿名

紀子がやること、考えることは、中韓そっくりですね。
雅子さまファースト愛子さまセカンド、紀子はその後の序列なのに
これを何とかひっくり返そうとして、一般参賀では文仁が愛子さま
の立ち位置侵入し、愛子さまから注意を受けると、帰りがけに紀子
が「舐めんなこのクソガキ」と暴言を愛子さまに吐きました。
まるで中国が尖閣諸島の周辺海域に毎日のように不法越境してくる
行動と紀子はそっくりです。

衣装かぶり問題は、韓国が対日戦略で仕掛けてくる手口そのもので
駅南出身の紀子らしい発想だと総括されればそれまでですね。
何度否定されても、拒否られても、同じルール破りを続けていくと
やがて怒る気にもならなくなり言い分が通るという駄々っ子論理。
これが衣装かぶりをどれだけ非難されても紀子が止めない理由です。

168
1
返信する
匿名

どちらが かぶり は
タケロウのいつもの表現

日本では使わない文面であり隣国が
捻くれた言い訳に使うやり方だから分かる。

106
返信する
まっ、面白い記事だよね┐(-。-;)┌

タケロウが如何に「能無し」かを確認するための記事ですよ。

タケロウ=舟!❓️
いやいや、舟ならこんな文章は書けないでしょう。「菊のカーテン」の誤字だらけ、支離滅裂の投稿を読めば、「川島家」らしさが出てるけど。

個人的には、舟は「タケロウ」では無いと思いますよ。
何となく、竹田恒○が浮かんでくるんだけど…。プンプンクンクン

25
返信する
匿名

悠仁はいまの成績ではとても高校二年に進級はできません。
また特例でとなっても、一年生で0点だらけの成績が、仮に不正に
進級させてみて、どうにか改善するはずもなく、周囲からの白眼視
は一層強まるばかりで、お邪魔虫扱いされ続けます。
紀子も自分や佳子の衣装どころじゃないはずでしょ。
印籠男児が成績不良と痴漢で物笑いにされ、原級留置にされれば、
なぜ特支に転校させないのかと、療育関係者の猛反発を招きます。
といって、これ以上、学校で孤立すれば、ますます薬物や喫煙に
逃避するようになって、ほどなく廃人確定となります。

133
2
返信する
匿名

作者は忘れましたが、「明治・大正・昭和華族事件簿」にも、似たようなエピソードがありました。

今朝の朝日新聞朝刊に、SAPIXの広告で、今年のズルフ合格者が10人でした。他の塾はわかりませんが、おそらく彼らも他に流れるでしょう。

ズルヒトは高2になれないのは、時間の問題ですね。

100
1
返信する
匿名

悠仁が今の成績からみると確実に「留年」しかないとなれば
今年の新入生も同級生にされる可能性がでてきて
また妃捜しと称して、女子合格者の個人情報が紀子に無断で渡され
筆おろししてくれたら百万あげるとの買春勧誘電話が紀子から直接かかる
かも知れないので、心当たりのない電話に絶対に出たらいけませんね

10
返信する


匿名

キーさんて、雅子様が来る前はダイアナ妃の真似ばかりしていたよね。
気持ち悪いくらいそっくりなピンクドレスの写真みんな覚えてるよ。

あと、高円宮典子様がドレスやお洋服に合わせてよくプチポアンのハンドバッグを持ってるけどかこさんも真似してるよね。

典子様のバッグの方が良さげな雰囲気だしこなれていたからかこさんが真似したんだとわかりました

97
返信する
匿名

ダイアナ妃は英国の名門貴族スペンサー家ですよ。それを真似するって、、、

プププッ

91
返信する
匿名

出自も性格もそっくりな姑は、ハリウッド女優の真似ばかりしていましたよね。
挙句の果てに行き着いた先は、小皿とラガーマント(笑)
センスの悪さが二人して半端ない!

64
返信する
匿名

出自だけはかたや大企業のお嬢様。
狐子は静岡駅南の小さな小さなバラック建ての(あんま)!
ステテコ姿の祖父と頭にカラー姿の祖母!
タケロウがすべてをネットで嘘八百!脚色!
タケロウ=負ね

21
返信する
匿名

ボッタマは信州大医学部「子どものこころの発達医学教室」に
毎月診察を受けに行くそうですね
ここで人工内耳置換手術され、療育指導も受けているのでしょう

しかし痴漢はするし、喫煙も始め遂に座敷牢暮らしになりました
あんまり治療の効果はなさそうです
開頭してまで人工内耳を埋めることは、発達障害児さんには少し
負担が重すぎたのかも知れません

110
返信する
匿名

人工内耳適応基準2014によれば

>重複先天性障害については、必ずしも禁忌にはならない。合併する障害にもよるが、両者の障害程度を総合的に判断すべきであり、1) コミュニケーションに困難を伴うほどの重度の知的障害、2) 広汎性発達障害、3) 注意欠陥・多動障害、4) その他言語発達に影響を及ぼしうる高次脳機能障害、などが含まれることを想定した。この場合も、術後の療育にかかわる人たちの、理解と見解の共通性が求められる。

多動や小五でまだ名前も書けないほどの知的障害、最近は家庭内暴力傾向が認められるズルヒトくんの場合「術後の療育にかかわる人たちの、理解と見解の共通性が求められる」症例になるわけですが、支援校にも通わせない、療育もしないで、家庭教師をつけて勉強と称して家に監禁では、人工内耳置換をする際のお約束ごとであった、術後療育が全く欠如しているのです。

最近大慌てで、毎月お忍びで信州大附属病院を訪問させているのも、人工内耳がうまく行っていないことにようやく紀子も気づいたからでしょうね。

16
返信する
匿名

くだらない
皇族は衣装かぶりはない
事前に打ち合わせする
キコだけは相手にされず皇族の方々と交流もないからとはっきり言われておる。
真似してばかりいるのも指摘されてるではないか。その場にいるのが間違ってる。

106
返信する
匿名

子どもも阿呆、夫婦も阿呆で、赤恥掻いてばかりなのに
意地っ張りな点だけは人一倍なのが安西文仁夫妻。

タイにいるのが、タイ王女第一夫人。
御用地内に居座っているのが、駅南第二夫人の紀子。
だから、妻の座も重婚で得、結婚制度の違いから生じただけで
国際結婚と典範婚の結果なので、タイ妻の方が最初だし健常児王子
を産み落としているから、障害児を産んだ第二夫人より格上。

90
1
返信する
皇后陛下は何でもお似合いですね

衣装被り、同じようなデザインのドレスに よく似た色、どれも似てるっちゃ似てる⁉️ 何か間違い探しのようで、よく分からないですが…。

ただ分かるのは、紀子さん 着物を着ても チマチョゴリに見えるし…
洋服は洋服でも、義母婆さんみたいに奇抜なものが多くて、とても真似したいとは思えないわ。

82
3
返信する
匿名

タケロウさん、今日もご苦労様です。

どちらが〜とか言ってますが、ミテコさんと雅子さまの衣装が被っていたら、烈火のごとく大批判するのでしょう?

81
返信する


とくちゃん

最近「文・もっちゃん」(若しくは他者名を明記してあるもの)以外みんなタ印なのかなって思う。
そりゃどこでも嫌われて堂々名乗れないわけですw

衣装被り?の件ですが、被ったら被ったで皇后陛下の美しさと気品がより際立つだけ。

鬼をフォローしたつもりでフォローになってないとかウケるんですけど。

79
1
返信する
匿名

タケロウと文責に出したら最後、猛批判されるので
ステルスでやっても、文体もスタイルもそのままだし
発想が秋篠宮家救済にしかないので、もろにバレてしまう
宮内庁もこんな男に縋って紀子擁護記事を書かせてみても墓穴だよ

50
返信する
匿名

「いかがでしょうか」
はタケロウのいつもの決まり文句だよね~。
彬子さまの論文まで持ち出して、必死でキコの擁護をする。
でも論点がズレてる。アンタ、バカか。
哀れとしか思えない。

75
返信する
匿名

皿帽もドンブリ帽も私たちの血税かと思うとほとほと情けなくて

「くやしいです!」

「チックショー!」

49
返信する
匿名

かこさんの一人暮らし、まこの一時帰国のとき住まわすためと。
ははーん。眞子さんNY生活うまくいかないから大嫌いな国民の税金ぶんどりながらこの屋敷に生活の拠点を移すつもりなんだぁ。

67
返信する
匿名

マコカコさんの両親は昔から「娘は早く結婚して欲しい」と言ってましたが、
「降嫁」や「いずれ民間人になる」とは一度も言った事はない。
つまり「降嫁に向けた教育はしていない」という事です。
当時中学高校だった娘2人にリクルートスーツを着せてあちこち連れ歩いていたこの両親がおかしい。

57
返信する
匿名

まさにゴキブリの習性発揮です
餌があるところに群がり、卵を産み付けます

こうしたゴキブリ同然の行動が始まっています
主のいなくなった空家の仮宮邸を不法占拠し、♂と同棲して
勝手に繁殖行動に励み、そうこうするうちに産卵になるから
早く女性宮家だけ作れと言い出す気なのでしょう

46
返信する
ナルヒトム

これは当時の週刊誌報道の通り、全面的にマサコに非があるのである。マサコはずぼらで決断力がないので前日の夜遅くにならないと衣装を決められないのである。そのせいで連絡ができずキコさんは無理ゲーを強いられてしまったのである。
とはいえ、性格の全く違う二人がいつも同じ色を選択するというのは朕から見れば大そう愉快ではあったのである。朕は、マサコがキコさんの選びそうな色を見越して敢えてそれを選択していたのではないかとすら邪推してしまうのである。

2
69
返信する
匿名

陛下の名を騙る不届き者のナル狆野郎は相も変わらずお得意の妄想・捏造に終始。一人三役のお仲間のアゴ野郎のコムロコム、脳軟化症のオタア婆が出没しないだけまだましか。不快コメント乱発の輩は塒の吹雪の部屋へとっとと帰れ❗️

25
返信する
野萩

香淳皇后が賓客と御召し物の色を合わせていた写真を見たことがありますし、平成老婆の若い頃は、老婆以外が同系色ということもありました(白黒のため同じかは不明)。別に色被りが禁じられているということはありません。

ただ、身位の上の方から決めていく慣例はありますので、皇后陛下と暫定妻が頻回に同じ色になっているのは、暫定妻が合わせにきていると思って間違いないですね。
仮に皇后陛下が「同じ色にしてい〜い?」と聞かれ、広い御心でそれを許可したとして、暫定妻が色だけでなくデザインや小物まで合わせることは不可能な筈。職員を通じて事細かに皇后陛下の御召し物を調べていなければできないことをしているのだから、「衣装ストーカー」扱いも納得です。「ペアルック」なんて可愛らしいものではない、皇后陛下に並べ追越せの執念すら感じる、本当に気持ちの悪い生き物です。

63
返信する


匿名

衣装を被せるキーキー。
雅子様に張り合って、嫌がらせのつもりでしょうか?それとも、自分の方が似合ってると思ってる?
でもどんなに高価な服を纏っても、大粒の真珠やダイヤで着飾っても、何時も何処かだらし無くて、ただの安物にしか見えないんですけど。
身の丈に合って無くて、衣装に負けてるんでしょうかねぇ?
何だか、平成皇后とサーヤの様に、ただの引き立て役でしか無いって事に、気付かないんでしょうね。
キーキー、目立つ為の最善策がありますよ。
それはね、ミテコの衣装を貰って着れば良いんですよ。
きっと平民の度肝を抜くこと間違い無しですし、海外の王族にも負け無い位に斬新で、絶対に誰とも被ること無いですよ。
だって、平成皇后が一回袖を通しただのお蔵入りの衣装達も、キーキーに感謝してくれますよ!

38
返信する
匿名

キー子に皿載せてガッチャマンマントは、最強ですね!お姑さんも大喜び!
想像しただけでワクワクします。
キー子もう荒稼ぎしなくても、お衣裳代の心配なくなったぜ。

35
返信する
匿名

キーキーは、とっくにガッチャマンマントを着用済みですから。おヒー教育の時、
着る服を恵んで下さい!と、お皿に頼んだら
此れでも着てなさい‼と、渡されたのがツィードのガッチャマンマントでしたから。 よくお似合いデシタヨ!尊師みたいなボサボサ頭で!

25
返信する
匿名

この記事の悪辣なところは、伝統の衣装合わせを否定しようとする
意図が露骨であることです
これは雅子さま>>>赤坂第二夫人紀子 という厳然とした身分差
を何とかなき物にしてやれとの紀子と解放同盟の悲願が隠れている

紀子には
①静岡駅南のバラック出身という消せない低出自問題

②妃の地位も夫がタイで先に結婚していることからくる国際結婚が
優先されるのか、皇室典範に基づく典範婚が優先されるのか、いず
れも事実は重婚になっていること自体には変わりないとの不安定さ
(重婚発覚で皇位継承そのものも否定されかねない)

③夫がもらい子で非皇族なのでDNA鑑定を拒否しつづけており
このことが最後に皇族の身分否定、皇籍剥奪につながる恐怖

④悠仁の人格破壊と障害がますます酷くなり、信州大附属病院の手
にも余り、医師からの特支転校強制指示がでて、典範第三条適用で
障害者廃嫡となり、一気に愛子さま立太子への法整備が進むこと

どうみても詰んでいるのは紀子の方で、この絡みついた出自の壁
を破ることなど到底困難なうえ、傲慢極まる日々の行動が同情を
かき消し、人権問題に敏感な層や女性から完全に嫌われたので、
もはや出口なき、蟻地獄に堕ちたと言えるだろう

54
返信する
匿名

紀子がやらかした英国王親書破り捨て公用文書毀棄罪容疑事件は
海外王室も絶対に忘れません。

国王からの戴冠式招待状にあった「宛名」が自分でなかったから
気にくわないと破り捨てるのは、まるで紀子が自分で自分の首を
絞めるに等しい愚行だからです。
こういう気性の激しい、丙午女らしい自暴自棄な性格では、
凡そ世間でいうところの交際や交流はできません。
お友達拒否、親戚拒否、そして悠仁では「同級生お断り」を受けて
しまい、いまや完全に親子はボッチですよ。

でもその原因は、この衣装合わせを拒否してきた紀子の非常識さ
にあることは明らかです。
雅子さまを目上として受け入れられない紀子の無知蒙昧が最後に
悠仁の将来をも破壊してしまったのです。
自らの傲慢さゆえに、一番大切なものを失ったのが紀子でした。

53
返信する
キチコで~す!

衣装かぶりとは関係ないけど!アホ家奥義の猛勉強でズル盆も超優秀になります!アバズレ姉ちゃんが猛勉強で英語をマスターした様にね!自らハードルをあげて墓穴を掘るアホ家!

27
返信する
ズル大好き、詐欺師のの宮家

衣装被せだけではない。
さまざまな行事でも被せてくる。
とにかく、こんなことを言われてもにわかには信じられない。
とにかく天皇家に対して嫌がらせのような事ばかり。

39
返信する
「小林よしのり」が怒ってる

今日発売の「週刊女性」3月7日号は、 表紙の一番上に 「独走スクープ! 愛子さま 旧宮家ご子息と御所で逢瀬」 という記事タイトルがデカデカと 載っていました。

どういうことかと思って見てみたのですが、 愛子さまが「旧宮家」の子孫と 御所でデートをしたという記事の核心部分は、 匿名の「皇宮警察関係者」の以下の 発言のみなのです!!

「感染対策の観点から、御所におこもりになっている間、とある旧宮家の子孫にあたるご子息と束の間の逢瀬を楽しまれていたようです。 愛子さまが、瞬く間におきれいになられたのは、彼の影響が大きいのではないかと、もっぱらの噂なのです」
これだけ! 本当に、これだけです!! 証言している「皇宮警察関係者」が誰なのか、 本当に存在しているのかもわからない。

しかも、言ってることは、 「楽しまれたていたようです」と、 誰から聞いたのかもわからない伝聞で、 単なるうわさ話です!

28
返信する
匿名

5ちゃんねる見て来ました。アキシンの戯言はスルーです。アホシンと呼ばれていて相手にしてません。他所で吠えろって事でした。スッキリ。天皇家応援ブログのサイトは優しすぎるのかもしれません。

22
返信する
匿名

>「衣装かぶり」改め「ペアルック」
>仲睦まじい平成時代の2人のプリンセス

もし本当にタケロウの書くような関係だったら、紀子が愛子さまに向かって「舐めるな このクソガキ」などと発言はしないでしょうし、戴冠式に招待されなかったからといって、両陛下宛の招待状を破り捨てたりするはずもないのですが、どこにも雅子さまに紀子が従順に従っているといった報道は出てきません。

こういう与太記事は皇室新聞の信用を下げます。
いくら宮内庁から掲載依頼があろうと、読者の反応はご覧の通り。

22
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です