「皇嗣」秋篠宮さま、新たな身位に秘めた自覚…令和の皇室


政府は皇嗣の扱いについて「皇室典範の規定は皇太子の例に従う」「予算は皇太子待遇で皇族費を定額の3倍」「皇嗣職は東宮職並みの51人に増員」「英訳は皇太子と同じCrown Prince」と説明した。

 有識者会議の報告書にも<歴史上、次期皇位継承者の大半は天皇との続柄にかかわらず「皇太子」と称されてきた。広く国民に受け入れられ、国際的にもわかりやすい>という見解が記載されていた。

 政府は当初、代替わりに伴い、秋篠宮さまが皇太子に就かれると想定していたが、ご本人が「秋篠宮家」の存続を望まれたため、宮号と皇位継承順位1位を指す「皇嗣」という身位をつなげた「秋篠宮皇嗣殿下」という呼称が誕生した。

 兄の即位に伴う公務の整理で、秋篠宮さまは「皇太子の恒例行事の引き継ぎを前提としない」というお考えだった。兄から継いだ行事は10のうち五つで、19に上る自身の行事を平成から持ち越された。「秋篠宮として見守ってきた行事を大切にするお気持ちが強かった」と元側近は明かす。

◆意識と期待の間で

 宮家の継続性や独立性にも重きを置かれる秋篠宮さまの意識と、次期天皇としての公的な役割や振る舞いを期待する国民の声。この両者の間で摩擦が生じることもあった。

 「大嘗祭(だいじょうさい)は私費で執行すべきだ」。翌年に皇嗣となる立場で「宗教色の強い皇室の行事」という見方に基づく持論を記者会見で披瀝されたため、大嘗祭の公的性格を認め、公費支出を決めた政府と対立するような印象を与えた。

 長女眞子さんの結婚では、父として宮家当主として、本人の意思を尊重されたが、金銭トラブルを抱えるお相手との結婚や、国民への説明など、その対応への批判は根強く、皇室としての行事を断念するに至った。

 秋篠宮さまは平成からその活動量で皇室を支える存在と目されてきた。感染対策に努め、今年も既に東京都外では延べ11府県を訪問された。平成の「皇室バッシング」を経験した上皇ご夫妻の元側近は、代替わりを機に皇室に注がれる視線が変化するのを実感した。「新たな身位を客観し、お言葉やお気持ちがどのように受け止められるのかをより意識することも、皇嗣という立場では必要なのではないか」と話している。

読売新聞

>兄の即位に伴う公務の整理で、秋篠宮さまは「皇太子の恒例行事の引き継ぎを前提としない」というお考えだった。兄から継いだ行事は10のうち五つで

公務は絶対的な受け身ではなく、引き継がないと言えば、引き継がなくて済むということでしょうか。逆に言えば、なされている公務は、自身が承知されてやっているということになり、公務は宮内庁が決めていて選択権は無いというのは間違いですか??

戻る予定のない小室さんに留学支援をしていた事務所と知り合ったきっかけは公務を通してだという記事もあり、少なくとも自分は説明されないことに不信感があるので言葉をかけられても励みにならない。

皇族の方の人数も減り、負担も考えると公務を精査、減らしても良いのではないだろうか。

皇嗣になり来賓を迎える為に秋篠宮邸を改修する必要があるとのことだったが、改修費用を聞くと皇嗣の必要性があったのか考えてしまう。

自覚があられるなら以下を心より教えて欲しいと一国民として願います。
宮邸改修について、格式と伝統を持つ日本の皇室が、何故海外産にこだわるのか、国産にこだわるべきだと思う。

コロナ禍で、内需も冷え込んでいる。国産の物を使用する配慮が皇室には求めらると思うが如何か。

海外からの「訪問客」への配慮で金とイタリア産の大理石との事だが意味がよく分からないので教えて頂きたい。

天皇皇后両陛下の国体ご出席と伊勢神宮参拝に関して、14時と見事に時間まで本件は重ねている。国体の開会式の日時時間は半年前に決定されている。何故そうなるのか。

どの様にお考えか。
嗣職トップの加地氏が随行し、皇祖神である天照大神を祀る伊勢神宮への私的参拝などあり得ないと思うが如何か。
両陛下は国民に寄り添う姿勢が鮮明である。字数で記載できないがその立ち居振る舞いを見ればその差を感じるのだが如何か。

20 COMMENTS

匿名

ネットのコメで見たのですが、秋にはタイ(王族の血筋の女性)と世田谷に愛人がいて、どちらにも隠し子がいるとか。
特に世田谷の方の隠し子は男の子で、その子が学習院に通っていて優秀で、それもあってキコは「学習院は三流!」とわめくとか。
これって本当なのでしょうか?
でもこれが事実なら、それが秋が幻聴が聴こえても(もっちゃんの2022年5月29日記事参照)「お車代」付きの公務をやめられない、そして「お車代」をもらえない内定皇族の「皇太子」ではなく「皇嗣」を選んだ理由なのでは、と思っているのですが、本当のこと知っている方がいたら、どうか教えていただけませんか?

101
返信する
美智子さんと孝之さんの子どもだからね❗️

1989年7月〜8月タイへ行き、チャオプラヤ川流域に住むクァオリーンさんを見染めた羊パパ。
7/30に関係を持ち、クァオリーンさんは、羊パパの子を1990年5/16に出産。
1992年9月タイへ行った羊パパ。2歳の息子と写真を撮っています。

世田谷と京都にも、文仁さんは愛人を囲っていますよね。それが元で毎晩大喧嘩、紀子さんは怒って不倫、その時の子が馬子さん┄という記事、菊紋にありましたよ。

56
返信する
匿名

馬子というより、鹿子のほうでは?色黒で秋一家の誰にも似ていない
馬子はまだ秋に似たようなところあるし

19
返信する
匿名

私もマコとカコの扱いがとても違っていることが気になっています。
特に秋はマコにたいする執着が強くて、性的虐待の噂もマコだけなんですよね。
これはマコカコの父親が違うことからきているのでしょうか?
ただカコは皿の妹によく似ているんですよね。
そして、マコは皿の妹の夫の父親にそっくり。

18
返信する
匿名

タイには愛人二人いまして向こうのメディアにも自ら公表してたはずです。
その子どもたちですが、確認が取れているのは
一人は女の子で現在は地下?アイドルデビュー済み。
一人は男性で成人してから由緒ある家系の令嬢と結婚されたそうです。

35
返信する
匿名

不思議だったのは、文仁ときこの結婚式に何故か親族側にタイの王室関係の人が参列してたよね、そういう意味だったのか
こんなヒサより愛人の子やタイ人との子のほうがマシだったのでは?まぁ、種が秋だからそこまでは期待できないけど

20
返信する
かわいそうni

隠し子たちが揃いも揃って優秀で、うましかズルは…って
どんだけ卵と畑と環境が悪いの??

16
1
返信する
かわいそうになってきた

隠し子たちが揃いも揃って優秀で、うましかズルは…って、
卵と畑と環境がどんだけ悪いの??

16
返信する
匿名

そうそう、永久に秋篠宮家が存続するといいですね!ヒサくんが立派に秋篠宮家を継いでくださいますよう。その頃存続してるかは知りませんが。

36
5
返信する
匿名

覚悟があるというのなら、
まず貴方の嫁と離婚でしょう。
それから
能無しの穀潰しの紐負債を勘当でしょう。
それと
頭も身体も障害がある長男は、国民に症状を公表し今まで騙していたことを謝罪し、自分もその器で無いことをおわびする。
これが天皇家をお守りする本当の覚悟だと思います。

それが全く無いのだから、
鯰の事は心から軽蔑し、信じる事は出来ません。
偽皇族、としか思っていません。

94
1
返信する
匿名

DNA鑑定なしでは、今後どれだけコーシ、コーシと叫ばれても皇族であるとは到底思えません。
これだけネット中で文仁偽皇族疑惑が議論されているのですから、万に一つも、嫡出児だというなら、上皇夫妻の火葬計画も中止すべきですし、直ちに内外の鑑定機関をいれて、親子鑑定を実施できるはずですよ。英王室に見習いなさい。

74
返信する


「宮内庁新聞」はデマじゃない❗️

昨日の「高貴な日々日記」で、YouTube「篠原常一郎氏と塾長の対談」のこと、取り上げていたね、

❮❮今、篠原×塾長ライブやってるけど 塾長情報ではミテコに対して今上陛下の雷⚡️が落ちたみたい。
だからミテコは最近ミテミテせずにおとなしいんだって。
温厚な陛下が怒る姿を初めて見た側近たちが驚いたと。❯❯

❮❮皿が雅子様に土下座強要ホントみたいなこと言ってる!
まじかよ 陛下がこれまで見たこともない怒髪天で、周囲が震え上がったらしい❯❯
↑これには、篠原氏のYouTubeとガルちゃんの記事が添付されてる❗️

❮❮少なくともこの2つはたまたま篠原さんのチャンネルで、配信があった訳だけど、ずっとデマサイトだと思っていたけど、これからはチェックしようと思う。
1番なさそうなネタが二つもストライク‼️❯❯
↑これには、もっちゃんの記事2本。「悠仁さん伊勢神宮で帰れコール」「美智子さん、雅子さまに土下座させる」が添付されてた❗️

42
返信する
匿名

英国国葬からお帰りになられた雅子様に、すぐ来なさいと美智子さんが呼び出し。
もう遅いので明日伺います、ということで、行ったら、
すぐ来なかった事にも腹をたてていたのか?
雅子様は、
英国に行った事をなぜか?謝罪させられ、それでも気が済まなかったのか、土下座を命じた。
日頃温厚な天皇陛下が物凄く怒った。

当たり前ですよね。
妻を守った、天皇陛下、天晴、万歳です。

61
返信する
野萩

皇嗣は暫定1位に過ぎない身分なので、正当な継承が取り戻され敬宮殿下が皇太子になれば失われる称号。「皇太子になってお車代が貰えないのはヤダ〜。自由がなくなるのはヤダ〜」と暫定に甘んじてくれたお陰で、敬宮殿下は皇位簒奪の謗りを受けることなく立太子できますね。暫定が暫定でなくなるのは廃嫡とは違いますから。

51
1
返信する
長い記事に御抱え学者、保坂氏。

>評伝を書いた昭和天皇の弟秩父宮は、謀反気を疑われないよう注意しつつ、神格化された兄を支えるため、代理で行事に出席し、軍務にも励んだ。抑制された知性には尊敬の念を覚えたが、過重な責任と使命に向き合い、50歳で他界した。戦前の空気を知る常陸宮さまも、兄の上皇さまを立てながら研究に専念する道を選ばれたと思う。

長い記事のこの部分、過去の皇太子待遇の方は、天皇陛下をお支えなさっていた。
秋篠さんは、どうだろう❓️
紀子さんは何処まで足を引っ張るのだろうか❗️

おかしな言い訳の羅列ばかりで、無理な秋氏の上げ記事。読んでいるのもアホらしくなった。
秋篠さんは、言いたいことがあるなら、自分の口で言えばいいのに、いつももぞもぞ。憲法を持ち出し、好き勝手な解釈で支離滅裂なスピーチまでして、次はその逆も話す。

秋篠家は揃って、万事自分の欲のまま、自分優先で国民に寄り添う気が無いと強く受け止められる。
小手先の印象誘導や、小さい妥協だけで何とかなる時期はとっくに通り過ぎている。

次代の皇室は、お先真っ暗❗️
しかも皮肉なことに、秋氏にはその「自覚」はほとんど無いという、無責任な笑い話。
ここまで、持上げる政府にも呆れる❗️

44
返信する
匿名

最も大事な必要不可欠、必須、完璧承継すべきものだけれども金にならない
のは間引き
A宮こそ家族閨閥ひっくるめて永久に間引かれるべき

19
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です