今を尾を引く盗作問題、悠仁さまは文才証明のため、教室で自作のなろう小説を朗読し爆笑をかっさらわれる


文・もっちゃん

今も尾を引く盗作問題

今年4月、秋篠宮家の長男・悠仁さまは、宮内庁から筑波大学附属高校への進学が発表されたのと同日に、「週刊新潮」により、とんでもないスキャンダルが報じられることとなりました。作文コンクールでの盗作問題です。

 これまで悠仁さまは「成績優秀」が定評となっており、中学時代には2度にわたって作文コンクールに入選されるなど、持ち前の「文才」についても宮内庁はアピールに余念がなかった。昨年春には、北九州市主催の「第12回子どもノンフィクション文学賞」で、中学生の部の応募総数97作の中から、悠仁さまの作文が大賞に次ぐ佳作に選出。題材は、悠仁さまが2017年に紀子妃殿下と旅行された小笠原諸島の思い出で、原稿用紙19枚にわたる力作だった。

 ところが、さる宮内庁関係者はこう明かすのだ。

「その作文の中に、複数の不審な箇所が見受けられるのです」

「不審な箇所」とは、具体的には「他人の著作物との酷似」を指しているという。

 悠仁さまの作文「小笠原諸島を訪ねて」は、賞を主催する北九州市立文学館のホームページで閲覧が可能。諸島の成り立ちについて、こうお書きになっている。

〈小笠原諸島は、火山が隆起してできた島で、一度も大陸と陸続きになったことがない「海洋島」です。では、こうした島の生き物は、どのようにして島々にたどり着いたのでしょうか〉

 一方、12年刊行のガイドブック『世界遺産 小笠原』(JTBパブリッシング)には、

〈小笠原諸島は、火山が隆起してできた島で、一度も大陸と陸続きになったことがない。こうした島を海洋島という〉(11ページ)

〈(小笠原諸島に)生きものたちはいったいどのようにしてたどり着いたのだろうか〉(12ページ)

 と、悠仁さまの作文にそっくりの記述があるのだ。

 極め付きは、その直後の箇所である。悠仁さまの作文では、先の疑問に答えるような形で、こう続く。

〈あるものは海流に乗って運ばれ、あるものは風によって運ばれ、翼をもつものは自力で、あるいはそれに紛れて、三つのW、Wave(波)、Wind(風)、Wing(翼)によって、海を越えて小笠原の島々にたどり着き、環境に適応したものだけが生き残ることができました〉

 中学2年生とは思えない、読む者の想像力をいや応なくかき立てる表現力。一方で、前出のガイドブックには以下のようにつづられている。

〈あるものたちは風によって運ばれ、また、あるものは海流に乗って。あるいは、翼を持つものは自力で、またはそれに紛れて。いわゆる3W、風(Wind)、波(Wave)、翼(Wing)により、数少ない生きものだけが海を越えて小笠原の島々にたどり着くことができた〉

 悠仁さまの作文中には、刊行物からの引用であるとの言明はなく、また文末には参考文献が1点明記されているものの、このガイドブックの名前は挙げられていない。

「週刊新潮」(2022年2月24日号)

この問題は、海外メディアでも話題となり、欧米やアジアのニュースメディアでも「日本の将来の天皇が作文コンクールで不正を行った」として大々的に報道されました。

どうやら、このことは筑附に進学された現在でも、尾を引いており、入学後には、一部生徒から、「パクヒト」「パクリ王子」などと陰口を叩かれることとなってしまったようです。

自作の小説を披露される悠仁さま

こうした事態に関して、悠仁さまもこころよく思っておられないようで、常々、同級生らに対して、ご自身の文才をアピールしてやりたいとお考えになられていたようです。

そうした中で、夏休み明けの先月9月初旬には、なんと夏休み期間中に執筆された自作の小説を教室で披露されたようです。



「小説の執筆は、悠仁さまの以前からの密かな趣味であり、そのため、ご自身の文才にはちょっとした自負心も持たれており、作文コンクールについても、不正な手段で入賞したと思われることは不本意であったようです。

そうした忸怩たる思いを抱かれる中、今年の夏休みには新作の小説を執筆されたようなのですが、なんと、夏休み明けには、その自慢の小説を披露したいということで、担任の先生に直談判し、クラスの皆の前で小説を朗読する機会を得たようです。

とはいえ、誰に添削されることもなく、自己満足で書いていたような小説ですからね。あまりの文章の拙劣さや、朗読慣れしていないために、何度も読み間違えをしながらたどたどしく下手くそな文章を読み上げる様子に、クラスメイトらも一人また一人とクスクス笑い出すようになり、しまいには、皆が堪え切れずに爆笑することとなってしまったようです。ご自身の文才を証明するための朗読だったのですが、結果は、全く裏目に出てしまったようですね」(秋篠宮家関係者)

一体、どんな内容だったのか?

では、果たして、悠仁さまが朗読された自作の小説とは、どのような内容だったのでしょうか?今回、朗読された作品の内容については分かりませんが、実は、以前、ある皇室情報サイトにて、悠仁さまの自作の小説の内容が暴露されたこともありました。

教育熱心な家庭では夏休みの宿題や課題を親が手伝うことはよくあることだ。たとえ悠仁さまの作品に第三者の手が加わっていようとも、それはひとえに紀子さまの教育熱心さの裏返しであって非難すべきものではないだろう。だがこのおかげで等身大の悠仁さまが解らなくなってしまったことも事実だ。

等身大の悠仁さまが知りたい――。これは国民共通の願いだろう。この思いを秋篠宮家の関係者に打ち明けたところ、悠仁さまには意外な才能があることを教えてくれた。

「意外かもしれませんが悠仁さまは異世界転生もののライトノベルの大ファンで、それを原作にしたアニメなどを熱心に鑑賞されています。作品を鑑賞するだけでは満足せず、ご自身でも小説の設定資料集を熱心に作られています。すでに資料集はノート3冊にものぼっており、異世界の歴史や文化、必殺技、魔法などを細かく書き込んでおられます。

(悠仁さまから許可を頂き)少しノートを拝見したところ、転生するのは悠仁さまご自身であり、血統の良さゆえか転生した異世界では最初からチート状態で、女性からモテモテという設定のようです」(秋篠宮家関係者)

(皇室情報サイト)

趣味の小説を披露されたものの、好ましい評価は得られなかった悠仁さまですが、今回の件でめげずに、その才能を伸ばし続けて欲しいですね。皆さんは、こうした悠仁さまのラノベ執筆の趣味について、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

53 COMMENTS

匿名

彼は彼なりに、認められようと思って一生懸命なのでしょう。
でも、こんなIQ50以下であろうと思われる知的障害児を進学校のツクフなんかに入れてしまうから、こんなむごいことになる。
こんなことをした彼の母親も、彼の祖母も鬼です。
彼のツクフ入学に加担した連中はみんな地獄に落ちればいい。
彼の養育係だった方や、直接彼の療育に関わった方たちは、今どういう思いでいるのでしょうね。

189
1
返信する
匿名

しかるべき療育を受けて、しかるべき学校にいたら、きっとみんな拍手してくれただろうに・・・

171
1
返信する
匿名

本当に。ヒサくんに合った環境でのびのびと育ててあげればよかったのに。トンボや魚を捕まえてる方がイキイキしてるよ!死んだ目でボーっと稲を見てる姿より国民には受け入れられるんじゃないかなぁ。

127
返信する
匿名

やっぱりこの子は皇位継承に関係のないところでのびのび暮らした方が幸せだと、あらためて確信しました。

175
返信する
匿名

私は彼をツクフから自主退学させることで、彼自身や彼の周りの人たちを解放してあげてほしい。
そして、あなたが書いていらっしゃるように、皇位継承に関係のないところで、彼にあった暮らしをさせてあげてほしいです。
それがみんなにとって、一番いいことのはずなんだから。
ただ、彼の母親や祖母にとってだけは、そうではないのでしょうね。
本当にこのふたり、なんとかならないかな。

102
返信する
匿名

ボクたん!
何も無い知恵を絞ることも、他人の小説をパクる事も無いんです。
君の育ったあの宮家の日常を、見たまま感じたままに、そのまま書けば良いのですよ。
ネット民以外は、それが事実だとは思わないだろうからね。
まあ文字が書ければの話ですが、凄い物語が書けそうではないですか。
ベストセラー間違い無し。映画化も夢じゃ無いし、日本だけじゃ無くて、世界中で大絶賛で、君の好きな女の子もワンサか寄ってくる事間違い無しっすよ。
是非とも一日も早く我々に読ませて欲しいものです。

123
返信する
悠仁、頑張れー❗️

何とも言い様が無いのですが┅。

怖じけずどんどん自己表現していってほしいです。
そうして、恥を晒し、墓穴を掘り、自滅への道を切り開いていけばいいですよ。

それが、秋篠家廃嫡の近道です❗️

120
返信する
匿名

みんなで笑い者にしているわけではなく、身の丈を知らず唯我独尊男が自分で墓穴を掘って失笑を買っているだけです。
それが嫌なら、自分にあった学校に自力で入って大人しくしていれば良いこと。

皆も私も関わり持ちたくは無い。

145
返信する
匿名

このお子さんが、自分の意志で自分で望んで数々の工作品を発表したのでしょうか。
お茶の水に入ったのでしょうか。
作文を応募して賞を取ったのでしょうか。
筑付に入ったのでしょうか。
伊勢にお参りに行ったのでしょうか。
全て、このお子さん一人でしてきた事でしょうか。

51
1
返信する


匿名

意外かもしれませんが悠仁さまは異世界転生もののライトノベルの大ファンで、それを原作にしたアニメなどを熱心に鑑賞されています。

>意外じゃありませんよ。
国税を使った演劇集団(ミテ子団長)の中で育った坊ちゃまですから。
確か鬼婆も自分のことを綾波レイだとか言ってなかった?

96
2
返信する
匿名

自己表現を発表するのは大人でも子供でも色々と精神的に来るものがあります。
でも発表したことを恥じないでください。
そこでの評価やアドバイスを糧に次に生かせばいいのです。
そうやって偉大な作家たちは切磋琢磨して大きくなりました。

ただ端から見たら親のピエロがヨタヨタと踊っているような感じで不憫に思います。

80
2
返信する
匿名

秋篠宮紀子妃はお茶の水女子大学大学院で
心理学的分野の博士号を取得しているけど
それは皇族特権の濫用で実力ではないのだ

どうせ博士号取得の為の博士論文も書かず
お金の力で博士号を買ったようなものです

それに味をしめて悠仁君をお茶の水小学校
中学校に進学させてズル入学の今があります

悠仁君はこのまま東大に進学するのか疑問

紀子妃としては何が何でも東大に行かせて
愛子さまより優秀だと自慢したいだけです

彼かズル入学で東大に入っても卒業しても
実力で卒業できなければ嘘っぱちの学歴です

127
返信する
匿名

キコ、秋篠宮、ポンコツ魔子、川たつ、賦ね、みんな皇室特権利用の学歴ロンダですよ
そんなに学歴にコンプがあるんですね、〇カだけに

102
返信する
匿名

キーコはお茶の水よりお水出身の方が
お似合い
ズルヒトは東大よりも盗帝の方が
お似合い

75
返信する
匿名

親子そろって、インチキ、はったりの生きざまか。
誰も注意しないからますますひどくなる。
「ズルヒト」「パクヒト」と呼ばれて恥をまき散らすだけの人生を送りますか。

盗作は麻薬と同じ、一度でもやったらやめられない、必ず繰り返すという。

93
返信する
匿名希望

お花畑からのお姉様と
異世界から来たヒーロー

彼らの状況を自分なりに表現しているように思えました。

然るべき臨床心理学の専門家に相談した方がいいと思いました。

ああ まずはご両親からですね。

76
1
返信する
匿名

好きなバトミントン部で頑張っている様子は聞かないけど
部活が楽しければ友達もできるだろうし
もっと元気はつらつ感があっても良さそうなのに

77
返信する


匿名

身の丈にあった場所ではない、と早く気づいて欲しい。
作品が、自己満足にすぎないと知るだけの知性はないのかな。
反省というものは知らないようだ。どういう育て方されたのか。

86
返信する
一般人の感覚

パクヒト!

パク?

ヤバい!素性がバレましたね。笑笑

男系男子に拘ると天皇制から朝鮮王朝になっちゃいますよ!

90
返信する
DNA

本当に男系男子ならともかく、盆とその父は一般男子ですよね。
ありえません。
早くDNA鑑定を!

72
返信する
匿名

ツクフの生徒さんは、知能指数高いから、
笑いを堪えるの大変だったでしょうね。
しかし、
みんな、いつか、人生をめちゃくちゃにされますよ。早く何かしらの手をうたないと。

うまく、悠仁さんがこの学校には相応しくなさすぎると、わからせてあげて欲しい。
金だけではどうする事もできないものもある、と、気づかせてあげて下さい。

87
返信する
匿名

素直で残酷な一面に、悠仁さんが耐えなければならないのは、紀子さんのせいでもある。

踏まれて優しさを知ることがてきればよいけど、悠仁さんには無理だと思う。より残忍になりそうで怖いです。

91
返信する
匿名

悠仁さま、誰かに似ているなぁ〜と思ったら『酒○薔薇聖斗』にソックリだね。

外見だけじゃなく中身もかな?

41
返信する
匿名

同級生からすれば、蓼科性活での強制わいせつ(痴漢)容疑事件で、警察と家裁での好印象を獲得しようとして、退学処分逃れ目的での反省文朗読会でも突然するのかと思ったんじゃない?

そしたら全く謝罪するどころか、向精神薬オーバードーズして殴り書きしたような狂人作文だったので、失笑だけがクラスに響いたのもよくわかる。

こういうのって、セイハク児でもできる一種の現実逃避策なんだろうね。
IQが低すぎて、全然授業にも会話にもついてゆけない中で、ただ授業中も机にうつぶせになり、クラスの誰もが、パクヒトとは視線が合わないように、自分を避け続けていると感じる(低IQ児でも自分がどんなに嫌われ者かくらいはわかるはず)過酷状況では、向精神薬をがぶ飲みして浮かぶ幻影や麻薬中毒者の見る世界だけがリアルワールドで、それ以外の現実はすべて逃避すべき存在へと反転してしまっている。

もっとも普通のセイハク児には、向精神薬を大量に手に入れることなどできないし、特支ではしっかり現実的課題を与えられ、目一杯療育されるので、パクヒトのように進学校のぼっち生徒として無為に授業時間を過ごすわけにもいかない。

それにしても、この時間を設けさせたのも紀子ということになると、紀子自身がパクヒトの書いた精神安定剤中毒者世界の”小説”を気に入ったことになるけど、親もよっぽど国語力がないか、同じくアル中なんかでイカレ頭になっているということになるね。

ブータン王女への強制わいせつ事件もそうだし、この子はわいせつ行為がもはや全く止められなくなっている。所構わずというのはまさにこれ。学校の女子たちは、いますぐ柔道か空手を学んで、護身しないといけないよ。

67
返信する
匿名2

パクヒトがクラスで自作の小説?を朗読することを親は認めたのかね。そうだとしたら親も相当なものだと思うけど。
いや、認めたのではなく、奨励・焚きつけたのかもね。それだとしたら親の程度もわかるね。
親が知らないのに、披露したとすれば本人の程度が知れる。

44
返信する


匿名

キーコ憲法

ズルヒトの成績が悪いのは
学校の教え方が悪いからです
成績を伸ばせない教師はクビにします

42
返信する
匿名

自慢の息子の売り出し作戦は、ことごとく失敗、恥の上塗りに終わった。
世間は騙せないな。
自省,反省といった人としての普通の感覚は失われている。(親子そろって)
もはや矯正不可能、このままいくしかないのだろう。
見張りをつけて遠くから監視するか。
出来損ないのために莫大な費用が浪費される。

73
返信する
匿名

キコの異常なまでの学歴コンプレックス、滑稽通り越して哀れだわ。
お陰で愛する息子は笑いものだ。

71
返信する
匿名

そういやオレが菊ノ紋ニュースにやってきたのは、ヒサが異世界転生ラノベを執筆という嘘記事が色んな媒体に拡散されて目に入ったことがきっかけだったんだわ。オレの周りでも信じてしまっていた人が何人かいたし、同サイトの知名度を飛躍的に上げた神記事だったのだろう

26
返信する
匿名

向精神薬の乱用は怖いよ。
こうしたライトノベルだって、そうした狂気世界から来ているものだし、薬物乱用者が好むカルチャーになってもいる。

お酒を向精神薬とするなら、そのつまみが、近親相姦や異界転生であって、ズルヒトはまさに危険なパターンへと、ぐんぐん自分からはまってきていることがよくわかる。

こいつは、将来玉名市で、LGBT系になるのかと思いきや、ここで詳しく報じられたように、宮内庁が紀子の依頼でこっそり調査したところ、ズルヒトのPCでは「母子相姦」と「姉弟相姦」のキーワードが頻回検索されているとわかった以上は、そっち系に傾いたことがみてとれる。

いずれもおぞましいことで、盗撮・痴漢行為もその延長線上に起きているからこそ、質が悪い。いたずらではなく、向精神薬を大量摂取しラリって、さらに刺激を求めるための起爆剤に痴漢のスリルを利用しようというわけだから、反省も全くないし、脳が狂ってしまっているので止めようがない。

ブータン王女の腰に手を回すなんて、それが強制わいせつだとすでに痛いほど周囲から説諭されていたのに、再び、敢えてやったのだから、もう完全確信犯だ。

蓼科の一件でこっぴどく叱られたことが、逆に快感に転じ、もっと強烈な強制わいせつ行為をやれば、自分は廃嫡にされて、この辛い立場からも解放されると、頭の悪い子なりに必死に脱出口を模索しているともいえる。眞子があんな男と駈け落ちしてまで、秋家から逃げようとしたのと同じだ。

どっちみち、筑波はすぐに退学させないと、これからいよいよ紀子の野望により、完全に人格破壊されるだろう。

52
返信する
匿名

おい、バカ仁!
お前がやんなきゃいけないのは小説を披露することじゃなくて、不正を認めて受賞を取り下げる、賞品を返還する、そして受賞あっての筑附進学なんだから、筑附を‘退学‘する。
それが周りを納得させる、唯一の手段だし、‘常識‘というもんなんだよ!
最狂の母親にそう言っとけ!

27
返信する
匿名

悠仁さんは、御自身の実力を理解出来ないうちは、天皇など無理です。政府に踊らされ、さらに今以上国民に嫌悪される存在になってしまうのではないかな。
謙虚という言葉は、ご存知なのでしょうか?

21
返信する
匿名希望

小学校高学年になっても自分の名前を漢字で書けないんじゃなかったっけ?
アルファベットの大文字と小文字の区別も出来なくって、ひらがなとカタカナの使い分けも出来なかったんだよね。

15
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です