秋篠宮ご夫妻伊勢参り、土砂降りなのに“奇跡のような晴天”報道の怪!両陛下の「天皇晴れ」に対抗か?


文・もっちゃん

帰れコール対策で国民を警戒

先月4月21日、秋篠宮ご夫妻は伊勢神宮の外宮と内宮を参拝されました。今回のご訪問は、2020年の11月に秋篠宮殿下が立皇嗣の礼を終えられ、皇位継承順位1位の皇嗣となられたことを奉告されるためのものでした。

この伊勢参りは、当初は2021年4月に行われる予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大で同年9月に延期、その後も、コロナ禍は収まらず、参拝は更なる延期となっていました。

今回の伊勢神宮の参拝に関しては、密となることを防ぐため、なんと列車を使わずに車で移動、さらに、走行ルートを非公表とするなど、徹底した対策がとられたと報じられています。

秋篠宮さまは20~23日の日程で、伊勢神宮(三重県伊勢市)などに皇位継承順位1位の皇嗣になったことを報告するため、三重、奈良、京都の3府県を訪問される。通常、こうした「お出まし」は新幹線など鉄道を利用するケースが大半だが、今回は自動車での移動が中心となる。車の走行距離は4日間で約800キロ。異例の行程となった背景や警備上の課題をさぐった。

 秋篠宮さまの立皇嗣の礼は2020年11月8日に行われ、その後、速やかに秋篠宮妃紀子さまとともに伊勢神宮などを参拝する予定だった。しかし、新型コロナウイルス禍が収まらず、参拝は延期を余儀なくされた。

 宮内庁では「これ以上先延ばしできない」との意見があったものの、コロナ感染を拡大させるわけにはいかず、その両立が課題となっていた。

 そこで浮上したのが、鉄道ではなく自動車での移動だ。秋篠宮さまが駅を利用すれば、見物客らの出迎えで密集は避けられないが、車での移動なら「密」とならない可能性が高い。

 側近らと相談後、最後はご夫妻の考えで自動車での移動が決まったという。沿道に人が集まらないよう、車の走行ルートを周辺住民に伝えないことも徹底された。

 秋篠宮さまが国民とふれあう機会はほぼなくなるが、側近は「コロナのためなら仕方がない」と話す。

「毎日新聞」(2022年4月23日配信)

しかし、どうやら、こうした国民と触れ合う機会を最小限に抑えたことには、別の目的もあったようです。

「多くのメディアが、国民が密な状態になることを防ぐために鉄道を使わずに、車で移動したという宮内庁からの発表をそのまま報道しましたが、真の目的は、国民からのヤジや“帰れコール”を避けることだったようです。

秋篠宮ご夫妻が駅を利用すれば、見物客らの出迎えに紛れて、秋篠宮家に不満を抱いている国民から一斉に帰れコールを浴びせられるということもあり得ますからね。



実は、今回の伊勢参りに関しては、Twitter上で、“秋篠宮家は帰れ”などと書いたプラカードを持った一団が、ご夫妻を待ち伏せして帰れコールを浴びせる、と予告もしており、宮内庁も厳重な対策を取っていたようです。

そのため、通過するルートを非公表とするなどの具体的な対策も行っていたようですが、プラカードを持った一団は、秋篠宮ご夫妻が通過するルートを事前に予測して先回りし、“秋篠宮家は帰れ!”と書かれたプラカードを高々と掲げ、通過していくご夫妻に帰れコールを浴びせかけていたそうです。

その際、紀子さまは、“なんで、こんなところまで秋篠宮アンチがいるのか?”と大変驚いた様子を見せられていたようですね」(皇室ジャーナリスト)

奇跡の伊勢参拝?

このように、雨は土砂降りで、国民から帰れコールを投げつけられるという散々な伊勢参りでしたが、「女性自身」はなんと、“奇跡”の伊勢参拝「神様から招かれているよう」などと絶賛報道を行いました。

今回の伊勢神宮ご参拝については、伊勢市の地元の人たちにも参拝の日時は知らされていなかった。偶然にも秋篠宮ご夫妻を沿道で迎えることができた60代の男性は、明るい表情でこう話した。

「毎月一度、神宮にお参りに来るのですが、今日は秋篠宮ご夫妻をお迎えすることができてよかったです。両殿下のお姿が拝見できたのも、何かのご縁とありがたく思います。秋篠宮さまも、コロナ禍でなかなか参拝できなかったことはお心苦しかったのではないでしょうか。ようやく参拝ができたことで、いろいろと安心されると思います」(中略)

実は、秋篠宮ご夫妻のご参拝時、“奇跡”ともいうべき出来事があったという。

「秋篠宮ご夫妻が外宮のご参拝を終えられたころから雨が降り始め、お車で内宮に入られたあとは、非常に激しい雨になっていました。それが内宮のご参拝が近づくと小雨になり、予定時間の直前に雨が止んだのです。ご夫妻が内宮の斎館から長い参道を歩かれて正宮に参拝される間だけちょうど雨が止み、傘をさされずに参拝されました。本当に不思議な天候でした」(皇室担当記者)

ご参拝時、秋篠宮さまはモーニングコート、紀子さまはロングドレスのご参拝服をお召しだったが、紀子さまのドレスの裾が濡れた玉砂利に触れて濡れるくらいで済んだのだ。伊勢神宮の取材を長年続けていて、皇室の参拝にも詳しい文筆家、皇學館大学講師の千種清美さんはこう話した。

「外宮、内宮と参拝された秋篠宮殿下はいつになく真剣な厳しいご表情をなさっていました。16回目ということですが、これまでのご参拝とは全く違う秋篠宮殿下の雰囲気だったと思います。皇嗣というお立場になられたことを意識されていたのだと思います。外宮のご参拝の後に雨が降り出し、激しく降っていた雨が殿下の内宮ご参拝の時だけ上がりました。取材陣からも『皇室マジックだ、すごい』という声が出ていましたが、それは秋篠宮殿下ご本人も強く感じられたと思います。さあ、お参りに来なさいというように神様から招かれているように感じられたのではないでしょうか」

「女性自身」(2022年5月4日配信)

虚偽報道で奇跡を演出

「女性自身」はこのように報じていますが、実際には、思いっきり雨が降り、ガッツリ傘を差している様子が確認できます。

「どうやら、この奇跡のように雨が止んだ、という報道は紀子さまがメディア関係者に圧力をかけて、無理やり報じさせたようですね。皇嗣職なども皆、“なぜ、紀子さまは、これほど無理のある虚偽報道を強要されるのか?”と首を捻っていたのですが、どうやら、こうした虚偽報道の裏にも、両陛下に対する対抗心があったようです。

というのも、実は、2019年10月22日に13時から行われた「即位礼正殿の儀」の際、それまで大雨が降っていたにも関わらず、天皇陛下がお出ましになる直前、晴れ間が急に訪れて光が差したのですね。

このことはネット上でも話題となり、SNSでは「即位礼正殿の儀が始まったら晴れたぞ!」「太陽神とも言われる天照大神の力だ」「感動」などと驚きの声が広がり、虹がかかった写真も数多く投稿されました。おそらく、紀子さまも虚偽報道により、このような奇跡を演出されたかったのでしょう」(秋篠宮家関係者)



ちなみに、先の記事では、秋篠宮殿下を沿道から祝福した男性についても触れられていましたが、この秋篠宮家関係者の話によると、こうした市民も動員がかけられたようです。ある程度の演出は仕方ありませんが、ここまであからさまだと逆に醒めてしまいますよね。

皆さんは、虚偽報道を行ってまで両陛下に対抗しようとする紀子さまについて、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

22 COMMENTS

一般人の感覚

奇跡で雨が止んだ?って、今時そんなのスマホでいくらでもチェックできるでしょ?

雨が上がりそうになるタイミングを見計らって参拝すれば、確かに奇跡を演出できますね。

秋篠宮家が、そんなに奇跡を起こせるなら小室圭の司法試験を合格させてあげては?

やはり、海を超えて国が違うと秋篠宮家の『奇跡』は無効なのでしょうか?

秋篠宮家が得意なのは奇跡というより不正の方じゃないでしょうか?

140
返信する
匿名

どこの馬の骨か分からん男がショーライの天皇で、ノーパンで徘徊していた女があたいは皇后になる人です!って、そっちのほうがよっぽど奇跡でしょうに。

137
返信する
匿名

兄帝の即位礼で雨があがり美しい虹がかかったので、またぞろおかしな対抗心を抱いたんですね。
今上は、1993年梅雨のさなか、ご成婚パレードの際もいきなり雨があがり陽が差しました。
この時の様子は作家・佐藤愛子さんの「私の遺言」に描かれてます。

115
返信する
『 贔屓の引き倒し 』

『世界の報道の自由ランキング・対象世界180ヵ国』  2021,3

・世界のメディアに与えられる報道の自由度を表す。
・報道の自由に対する侵害について、法的支配やインターネット検閲、ジャーナリス
トへの暴行などの項目で調査されており、侵害度が大きいほど指数は高くなる。

1位  ノルウェー  (指数度) 6,72
2位  フィンランド  〃   6,99
3位  スウェーデン  〃   7,24
——
67位 日本      〃   28,88 

●皿婆が赤坂に引っ越ししたかのように、、、平成時代の如く上皇家・秋篠宮家の
 アゲアゲ記事が多くなりました。皿婆は自分やご贔屓の権力保持の為、マスメディ
 ア・偽学者・宮内庁の太鼓持ち等を狡猾に利用します。
●しかし秋篠宮家のアゲアゲ記事は結局『 贔屓の引き倒し 』効果なのでは、、、
 日本国民を馬鹿にしてはいけません。

109
返信する
匿名

テレビではいまの陛下が皇太子になられたときの伊勢参りを併せて放映していましたが、陛下のほうは髪もきちんと整え、分けられて、駅構内での市民の出迎えも自然な実に気品溢れるものでした。

それに引換え、紀子らは市民との接触を極端に嫌がり、出待ちさせたのは殆どが仕込みの信者だけという犯罪者の引き回しより酷い隠れようです。
伊勢参りの真の目的は、紀子弟の再婚相手の下着ビジネスを支援するための広告塔になってやることだったので、わざわざ名古屋で下着販売展示会開催中の女性のホテルまで寄り道休憩する公私混同ぶりでした。
そのために余分にかかった地元自治体警察の警備費用、マンパワーは同説明されるのでしょうか。

「帰れコール」を受けるだけの悪事を重ねているのですから、ここは観念して、伊勢参りなどはせず、文仁ともどもおとなしく引きこもって、アル中患者らしく酔いつぶれていればいいのです。
アルコールと薬物中毒が、文仁に短命という報いを受けさせ、早くにあの世へと誘っていただける早道だし、皇位継承論議を一挙に敬宮さま立太子に引き戻す最適の方法なのですから、もっともっとお好きなだけお飲みなさい、お打ちなさいですよ。

125
返信する
匿名

それ、妙案ですね。
秋篠はポンコツ故に絶対退位などしない。

腐りきって皇族の底辺にこびりつき、しがみつくのみ。
であれば薬漬けにして、せめて腐敗しきったまま縮んで行くしかありません。
魂の抜けきったカスとして終われ、です。

私たちは上層部の素晴らしいお漬物を、日々新鮮にいただくとしましょう。

29
1
返信する
匿名

秋が国民から批判されなくなる方法
敬宮様に皇太子をお返しする
海外旅行で散財した分全て国に返す
MKKにかかった費用全て国に返す
要塞のような家を壊して更地にし、国に返す
その費用は全て秋家持ち
ズルくんの進学にかけた寄付金その他全て国に返す
これまでマスコミ操作したこと、雅子皇后、敬宮様への苛めと、天皇陛下ご一家に対しての嫌がらせ等を謝罪する
他の宮家への嫌がらせも同様
お茶、筑附関係者全てに謝罪する
馬の国民への発言や詐病等を謝罪する
宮内庁、秋家職員、等にも謝罪する
これからは国民の前には出て来ないと約束する
自分に関わって犯罪を犯した人達やKK母の逮捕に同意し協力する
自分達も罪を犯したものにたいしては逮捕されても構わないと覚悟する
以上

121
返信する


野良猫

4日午後4時過ぎの「女性自身」からのヤフーニュース。
この伊勢神宮参拝は4月21日だったのに、5月4日に「奇跡のニュース」として配信されたのは何故⁉️

そういえば、3月16日 午前11時過ぎに配信されたフライイングニュース
『【祝ご卒業】悠仁さま 卓球部所属、成績優秀…お茶大附属での12年』
┅記事の冒頭┅
❮3月17日、悠仁さまはお茶の水女子大学附属中学校の卒業式に出席された。❯
┅悠仁さまは、お茶小でのびのびと個性を伸ばしていかれた。と┅┅

これも「女性自身」 卒業式は3月17日だったのに 前日に3人で記念写真まで掲載して、アレレ?!…と思う間に ニュースそのものが削除されたのを覚えています。

卒業式ニュースはフライイング。
伊勢神宮参拝の奇跡は、墓穴掘り。

どちらも 捏造ニュースです(((笑)))

102
返信する
匿名

女性自身でなく、「見て子自身」ですから
見て子のいいなりにどんなフェイクニュースでも、捏造記事でも自由自在でございます。

78
返信する
匿名

この記事に関してもヤフー記事で周知ずみ、
しかし写真を見る限り、おもいっきり土砂降りの雨と書いているけども傘から雨がしたたり落ちているようには見えません。

なぜ天照が太陽神とも呼ばれるのかについては、旧約聖書の★まことに神は太陽なようなお方。という一節からつけられたのではないかと初代池袋単立教会牧師/レムナント出版代表者である久保有政氏の無料記事で昔に拝読。
しかし子供騙しのような古事記を読めばわかるけど、架空の神として誕生したアマテラスは全知全能の創造神とはまるっきし別物で、アマテラスと創造の神が一緒だと思う人もまずいないし、聖書のように神道には厳しい戒めもなく、終末預言も、最後の審判もなし。
強いて言えば全能主に逆らう悪魔崇拝のごとく。
そのためにいつの世も天皇家は風前の灯火なんです。
皇族が悔い改める事もまず無理だろうし、最後は黄泉に入れられてしまうのかな!?旧約のホセア書にそのような預言が書かれているように、
新しい天地ではアマテラスなんて神もいず皇族もいず、創造の神と信者のみが永遠の命を授けられ新しい天地で永遠に愛と正義の宿る神の国で暮らせる事は聖書66巻すべてに渡り預言されています。
神は霊なので霊に生まれ変わらなければ神はわからない。

3
40
返信する
匿名

秋家とJKGってこの世がまだ平成だと思っているのかしら?
作り事をマスコミが流しても、もう誰も本気にしませんけど。
お伊勢参りの映像も国民が見ているし、現地の方々が当日のお天気の事を口にされているにも関わらず、参拝する時に雨が止んだ、なんて、………笑う。
どこか違う世界のお伊勢さんに行ったのかしら?
そしたら帰って来なくていいんだけど。

91
返信する
匿名

ブータン旅行の時も
曇り空を青いお空に捏造しましたものね。
お得意ですよね。

91
返信する
匿名

A宮よりもっとすごい人がいた。以下その人物に関する記述である。

金正日は、白頭山でこの世に生を受けたとされている。その際には偉大なる指導者誕生の予兆として、空に二重の虹がかかり、光り輝く新星が現れたという。

公式記録によれば、金は生後3週間で歩き、8週間で言葉を発したという。大学時代には3年間で1500冊の本を書き、「音楽史上最も素晴らしい」6本のオペラを作曲した。
スポーツの分野でも並外れた能力を発揮。94年に初めてゴルフクラブを握った際には、北朝鮮唯一のゴルフコースで11回のホールインワンを記録し、38アンダーという驚異的なスコアをたたき出した。証人は17人のボディーガード。

北朝鮮の国営ウェブサイトに掲載された公式の経歴によれば、金は大便をしなかった。

A宮は脱糞ばっかり。負けてますね、金さんに。

51
返信する
匿名

パパはダメでも坊っちゃんが着々と奇跡を起こしているよ。
金正日といい勝負。

38
返信する
匿名

今の学生やアマチュアの方が加工技術も高いだろうに。
A宮家の画像加工は昔から下手だなと思う。

51
返信する
匿名

坊ちゃんの左手の指が六本もある件。
いまだに一本親指のとなりを手術で切除したのか、画像加工で不十分に消しただけなのか、判然としないです。

これでは姉が変な男に引っかかってもしょうがないし、名家からの良縁なんて遺伝子と母親の出自を警戒されて来ません。
そういえば、一族には障害児乗馬に勤しむ子もいましたね。

38
返信する


匿名

「秋篠宮家がほかの皇族とはちがう点」

①自分達だけが、皇室のなかでも、どんなに嫌われ者であることを自覚している。帰れコールの効果。

②オンラインでもお足代を徴収する。謝礼のでない社会福祉系を紀子は「雑魚公務」と吐き捨てるように呼び、毎回他の宮家へ回せとの指示を出したがる。

③嫌われすぎて、冠大会の依頼が来ない。せっかくいただいた済生会総裁の地位にありながら、知能が低く、祝辞で「せいせいかい」と読んで失笑を買う。

④伊勢神宮でもぶぶ漬け接待。なぜなら文仁が天照大神の漢字が読めず、振りかなを打たせる始末だから。
案の定土砂降りで、皇祖神がお怒りだと誰にでもわかるような不歓迎ぶり。

⑤セウハク息子を国民の前から隠すために学習院からはさっさと逃亡。裏口入学させた庶民の学校では大威張り、逆差別を強要する方法を選んで、毎度炎上ネタを提供してくれている。

⑥母美智子は生前退位をしてでも、火葬を愁訴した。
理由はいわずもがなで、死後のDNA鑑定まで警戒中。
文仁の実母が誰なのかはネットでは超有名だが、美智子は犬猫の「頭隠して尻隠さず」の仕草と同じ、李下に冠を「正して」ばかりの慌てふためきよう。養子では皇族たり得ない典範の規定に抜け穴を見つけたつもりの出産演技も、DNA鑑定で遺留指紋からまで親子鑑定ができる時代となっては、美智子の完敗。

52
返信する
匿名

秋夫婦の伊勢神宮参拝の時、天気予報では大雨との報道があり、それを不謹慎ながら、ひそかに期待していました。(今までの悪行三昧のことを踏まえて)

ところが・・・少し雨が降っただけで、そのあと曇り空か晴れた空(どちらか忘れました)になるなんて・・・

全国の神様の大雷と土砂降りの雨という願い、叶いませんでしたよね?

どれだけ、対抗心を燃やせば気が済むのかしら?
一日も早く、皇室離脱してほしいです。

5
1
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。