美智子さま眞子さまへの1千万円支援は、天皇家の財産の横流しだった!?生前贈与に関わる衝撃の真実


文・もっちゃん

美智子さまから眞子さんへの金銭サポート

現在、高輪の仙洞仮御所から赤坂御用地へのお引越しや、眞子さんへの1千万円の生前贈与などで注目を集めている美智子さま。1千万円の贈与に関して、初孫である眞子さんを想う温かい慈愛のお気持ち故とも報じられる一方で、実はその裏には厄介な問題も存在しているようです。

上皇ご夫妻から眞子さんへの生前贈与に関しては、「週刊新潮」(2022年5月5・12日号)が詳しく報じました。

これまでアメリカでの司法試験の合否と共に取りざたされてきたのが、小室圭さん、眞子さんの生活設計の問題である。小室さんが試験に不合格となったことで、先行きに暗雲が垂れ込めるが、実は、密かに上皇ご夫妻からの私的な財産の譲渡が計画されている。(中略)

さる宮内庁関係者が明かすには、

「実は、初孫の不慣れな異国での生活を案じられた上皇ご夫妻が、眞子さんのために私的な財産を譲り渡されるというのです」

 東京で入籍した小室夫妻は、昨年11月中旬に新天地へ旅立っていったのだが、

「10月末には、1回目の試験に失敗したことが判明し、小室さんは失意のままロークラーク(法務事務)として働き続けることになりました。そうした夫婦の窮状を前に、とりわけ上皇后さまがお心を砕かれ、当面の暮らしに不自由しないようにと眞子さんの口座に1千万円ほどの金額をお振り込みになると伺いました」(同)

 というのだ。

「週刊新潮」(2022年5月5・12日号)

同記事によると、上皇ご夫妻は、今後も毎年同程度の金額を眞子さんへ贈与する計画であるとのこと。ですが、元を辿れば国民の税金である皇族の財産を、すでに皇籍から離脱し、一般人となっている眞子さんへ私的な贈与をおこなうことに関しては、厳しい批判の声も上がっているようです。

祖父母が孫を心配するのはどこの家庭でもあります

しかし、この場合は単純にお小遣いを持たせるというレベルではありません

試験なので計画通りにいかなかったのは最初から考えられることでありそういったリスク管理ができていない分を周りが何千万という金額を何年もというのがまったく理解できません

国民、また同じくらいの年齢の若夫婦で苦労しながら分相応の生活をしている人達はたくさんいます

孫の為と思われてなさる事だとしても益々孫の夫を甘やかすだけで、彼が自立しようとする努力すら止めてしまうのでは、と危惧される。元々こういう旨味を期待して彼は彼女に近づいたのかもしれないし。ここはある程度きっぱりした線引きが必要なのでは。

そこまでしないと立ち行かない生活を改めさせるべきでは…

日本ではいろいろ大変だろうが、お金はアメリカよりかからない

職の斡旋もしやすいだろうしその方が長期的に見て彼らのためだと思うがね

変にお金を与えるとそれを基礎として生活をすることになってかえってあとで苦しむ

もともと、小室圭さんと眞子さんの結婚に関して、国民の税金が使われることについては、多くの人々から批判の声が上がり、そのため、眞子さんは、約1億5千万円の結婚一時金の受け取りを辞退しました。

にも関わらず、小室夫妻の生活が困窮していることを理由に、このように上皇ご夫妻から眞子さんへ毎年1千万円ものお金を贈与するのであれば、本末転倒もいいところです。



サポートは本人たちのためにもならない?

また、このことで損をするのは、毎年真面目に税金を払っている国民ばかりではありません。精神科医の片田珠美氏は、こうしたお2人への金銭的支援は、本人たちのためにもならないとして、次のように警鐘を鳴らしています。

秋篠宮家の長女、眞子さんの夫である小室圭さんは、またもやニューヨーク州司法試験に落ちてしまった。だが、不合格が判明した後も、“恋人つなぎ”でニューヨークの街を楽しそうに歩く小室夫妻の姿が写真に撮られており、一見したところ危機感も切迫感も感じられない。

 3度目の司法試験まで3カ月もないというのに、死に物狂いで勉強しなくていいのだろうかと不思議に思っていたのだが、4月28日発売の「週刊新潮」(新潮社)に掲載された『「眞子さん」に生前贈与!?』という記事を読んで、「なるほど、そういうことだったのか」と腑に落ちた。

 記事によれば、初孫の不慣れな異国での生活を案じられた上皇ご夫妻が、眞子さんのために私的な財産を譲り渡されることを考えておられるという。とくに上皇后さまは、小室さんが司法試験に失敗したことによる夫婦の窮状にお心を砕かれているようだ。そのため、密かに上皇ご夫妻からの私的な財産の譲渡が計画されているらしい。

 もしこの報道内容が事実だとすれば、こうした“ロイヤルサポート”が初孫の眞子さんを心配する優しいお気持ちによるものだとしても、また税法上も適正に処理されるとしても、好ましいことなのだろうかと懸念せずにはいられない。というのも、上皇ご夫妻、とくに上皇后さまは知らず知らずのうちにイネイブラー ( enabler )になっておられるように見えるからだ。

「ビジネスジャーナル」(2022年4月28日配信)

イネイブラーとは、依存症患者の周囲にいて、薬物やアルコールを購入するお金を与えたり、不始末の尻ぬぐいをしたりする人物のこと。

小室圭さんは、薬物やアルコール依存症ではありませんが、片田珠美氏は、上皇ご夫妻がこうした金銭的支援を行うことが、逆にお二人の経済的な自立を阻害しており、小室圭さんが司法試験に繰り返し不合格となる遠因となっているのではないかと指摘します。

天皇ご一家の財産を眞子さんに横流しされる美智子さま

また、さらに、こうした指摘の他にも、この生前贈与には、非常に深刻な問題が存在ます。というのも、現在、週刊誌等で、上皇ご夫妻の財産であるとして紹介されている内定費の御手元金ですが、実は、これは、現在、天皇御一家と上皇ご夫妻の5名で分けている財産なのです。

「週刊誌等は、内定費の御手元金をあたかも上皇ご夫妻の私的な財産であるかのように報じていますが、こうした報道には非常に作為的なものを感じますね。

内定費の御手元金は、現在、天皇御一家と上皇ご夫妻の5名で分けているのですから、少なくとも天皇ご一家との共有財産として説明すべきでしょう。

さらに、もっとはっきり言ってしまうなら、この生前贈与は、天皇ご一家との共有資産を一般人である眞子さんへ横流ししているということです。

会社で例えるなら、株式を保有する企業の役員が、自分の子や孫に、会社のお金を横流しするようなものです。天皇ご一家と、上皇ご夫妻の財産の管理については、現在、明確なルールが定められていないため、ハッキリと違法であると断言することは難しいですが、それでも倫理的に大きな問題を孕んでいることは間違いありません」(皇室ジャーナリスト)



皆さんは、天皇ご一家の財産を小室夫妻へ横流しされている上皇ご夫妻に関して、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

38 COMMENTS

公金横領に等しいということ

「この生前贈与は、天皇ご一家との共有資産を一般人である眞子さんへ横流ししているということです。

会社で例えるなら、株式を保有する企業の役員が、自分の子や孫に、会社のお金を横流しするようなものです。」

まさにこれよ!! 

私も内定費は上皇夫婦と天皇家で共通に使うものだから、これを心配していた。

これは絶対に許せん!!!もっと公に知らしめるべき内容です。

213
1
返信する
匿名

宮内庁に電話で抗議しても 相手にされない感じ。丁寧ではあるけど、適当にあしらって 諦めて電話を切るまで 聞くだけ聞いてやろう…という感じでした。
当然ですよね、それが「お仕事」だから。上皇后の不貞など皇室の尊厳性に関わること、だから 何がなんでも隠すしか無い。

でも、宮内庁職員や官邸は知っていて、眞子さんからコムロ母子に伝わったんでしょうか⁉️

宮内庁や政府が、コムロ母子・コムロ夫妻に流す税金は凄い額ですよね。

国際弁護士になる、NYを拠点にする…なんて夢物語が叶うのも、宮内庁が上皇后の言いなり(秘密を漏らさないのが宮内庁の責務)になっているからでしょう。

87
返信する
匿名

>匿名さん

宮内庁も『一線を越えない』なら、テキトーに話し聞いてガス抜きさせる魂胆でしょ?
まぁ〜電話対応している末端の職員じゃ皇族の方々にも会う機会が無いので内心『アタシらに不平不満言われてもなぁ〜』って困惑していますよ。
ましてや上皇ご夫妻がインターネットを見る事は無いと思うので国民の不平不満をどこまで把握しているかは疑問です。
むしろ小室夫妻と同年代の皇族の方々はスマホでチェッしているかもしれないので、こういう場でのコメは有効かもしれません。

54
1
返信する
匿名

内廷費と皇族費の使用明細は、
「御手元金」ということでいっさい公表されておりません。

週刊女性で皇室制度に詳しい小田部雄次先生は

「国民への寄り添いという意味では、
 内廷費や皇族費の使途明細の公表は重要かもしれません」

とコメントされています。

1、内廷費と皇族費の使途明細を毎年公表する

2、宮家の皇族費以外の※副収入(公務で貰う謝礼など)に
  関しても毎年公表する。
 
ということが必要だと思います。

※内廷皇族は公務で謝礼を貰えませんが。
 外廷皇族(宮家)は公務で謝礼(お車代)を貰う慣習があり
 ます。
 (確定申告してないので、税金は払っていない)

75
返信する
野良猫

ヤフコメで秋篠家やJKGの所業が暴露されて、ヤフコメ非表示になったり削除されたりしたけれど、今年になって、ヤフーニュースに皇室関連のニュースは殆ど出なくなりました。

何故か(分かってるけど)秋篠家の公務や伊勢神宮参拝はこれでもか❗️というほど出ましたが。

もっちゃんか引用している「ビジネスジャーナル」の片田医師の記事、今日 グーグルから届いて初めて知りました。

❮❮片田珠美「精神科女医のたわごと」
小室圭さん夫妻、皇室の経済的支援に依存か…危機感がない理由、次の司法試験合格に暗雲
2022.04.28 19:50 ❯❯

秋篠家の公務や上皇后の事になると、びっくりするような美談でヤフーに挙がるものだから、あれやこれやの嘘のような悪行は本当なんだなと納得しています。

64
返信する
匿名

『御手元金』ということで一切公表されておりません

>匿名さん

とは言っても原資は税金なのだから、余っているなら国庫に返納して頂きたいですね。

だから税金=自分の金と勘違いするのです。

52
返信する
静岡バラック出身のキコへ

今上陛下が皇太子の頃、内定費が当時の天皇陛下と一緒(つまりお財布が2世帯で1つです)で美智子が500万円しか渡さなかったのですよね。
年間500万ですよ!!500万。
それを聞いた橋下徹が「月500万ではないのか?」と言って驚いていました。
だから今上陛下ご一家は毎日カレーばかり食べられたようです。
雅子皇后様も洋服を買うことが出来ず、ご自分の独身時代の服を着ておられました・・・・
今も財布が一つなのでしょうか?

24
返信する
一般人の感覚

眞子さんへの生前贈与で、一番笑いが止まらないのは小室圭でしょうね。

あと2〜3回試験に落ちて先行き不安定にしたら、もっと貰えると思ってますよ。

しっかし、この夫婦にいくらの税金が使われたんでしょうね?

153
返信する
匿名

様々なことわざが思い浮かびます。「一事が万事」「論より証拠」「嘘つきは泥棒の始まり」「人の口に戸は立てられぬ」「悪事千里を走る」「秋の日は釣瓶落とし」

113
返信する
匿名

>匿名さん

『豚に真珠』『猫に小判』も追加で!

あの夫婦には相続の原資が税金である事なんて微塵も感じていませんよ。

118
返信する
匿名

それだけ美智子にとって、実子ではない文仁非嫡出問題が深刻であることを示しています。

もし嫡出児でなければ、皇籍もないうえ、いままで貰った皇族費もすべて詐取してきたことになります。
偽皇族だっただけでなく、詐欺犯人へと落ちるので、この秘密を守るためには、文仁が非嫡出であることを知る眞子、圭、佳子をお金で懐柔し、暴露本出版を思いとどまらせなければならない美智子。

でもそれ以前に、当時の医学水準では胞状奇胎になれば子宮全摘が普通で、その後にまだ二人も生まれること自体、ありえないことでしたので、国民は同情していたのに、さっさと非嫡出児を家に入れてしまい、いざ人生の最後になって、DNA鑑定という当時は想像だにしなかった方法で、非嫡出かどうかがすぐわかる時代となったことから、火葬を愁訴するしかなくなって、さらに口止め料の生前贈与となっているのです。

その結果、耐乏生活を強いられている両陛下と愛子さまのご苦労を、美智子は申し訳ないとは思わないのでしょうか。全く呆れた婆さんです。

158
返信する
匿名

>当時の医学水準では胞状奇胎になれば子宮全摘が普通で、

上皇后の 胞状奇胎で流産は、1963(昭和38)年3月で、流産後 極度のノイローゼで、長期静養していたという、当時の週刊誌記事が、現在ネット上にありますね❗️ 
胞状奇胎は、手術後、子宮に異常細胞が付着し、ガンに転移する危険性があるとか・・・
昭和30年代の医療水準では、子宮全摘が普通だったんですか❓

また、1963年3月27日は、上皇后の妹の正田恵美子さんと、安西孝之 氏の結婚式。上皇后の胞状奇胎での流産直後の時期と、まさに重なりますね❗️

88
返信する
匿名

昭和30年代は男子三人くらい産まないと、病気で死ぬかもしれないと、まだ子だくさんを推奨していた時代。
2DKなのに、子ども三人はよくあったというから、自分が胞状奇胎で産めなくなって、もう用無しだと離縁されるよりなら、一族の子を闇で養子(実子化)にするために、自分は出産演技をしてでも典範違反になる行為を宮内庁に協力させることで、自身の地位を安定化しようとしたのかとも思うわ。
実際、その後はえらく権力を握り、旦那がいちいち奥さんにお伺い立てねば公務先も決められないほどカカア天下にされたし。

87
返信する
驚き桃の木山椒の木

胞状奇胎…ぶどうっ子と上皇后世代の女性は呼びましたよね。
半世紀前は医学水準がまだ低くて、乳がんの死亡率は膵臓がんと同じほど。
婦人科の病気は早期発見できなかったそうです。
末っ子長女は女官の子と聞いてます。
まさか次男までとは。

78
2
返信する
匿名

それも初めてテレビに映し出されたアーヤは【大きな男の赤ちゃんだった】と、当時を知る方々から証言されています。

流産して(若い頃、多数の試し乗りし過ぎが要因)子宮を失い、かわいそうなアテクシは軽井沢に引きこもり、時系列で明仁とほとんど接してないはずが、いつの間にかアーヤが産まれていたとの事。

おまけにずっと秋篠宮の生年月日まで誤魔化している。
公式は1965年11月30日だが、1964年12月30日が本当の誕生日。
実父といわれる安西氏は12月25日生まれ。親子って誕生日が近い人がとても多いけど、やっぱりねぇと思った。

46
1
返信する
匿名

>公式は1965年11月30日だが、1964年12月30日が本当の誕生日。

5ちゃんねるの過去ログで、
「安西文仁の本当の誕生日は1964年12月30日」という書き込みを見たことがあります。フェイクだと思っていましたが・・・

安西家(孝之・恵美子[1940.1.5生])には、同年 1964年(昭和39年)生まれの長女(聖心女子大卒)がいます。1964年12月30日がアーヤの本当の誕生日ならば、不可思議???

20
匿名

(返信ボタンが表示されていないので、この文章が上側になっているかもしれませんが)↓

カコに双子の男子がいて、重度障○のため表に出せない事情が秋篠家にはあるそうですが・・。

秋篠宮も同じ、安西家の双子である可能性は高いと思います。
偶然、1964年に男子と女子が産まれたので、男子をミテコの子供にし、皇室に次男として連れてきたならば合点がいきます。
悪どいやり方ですね。

32
匿名

これは大々的に報道すべき大問題。
にもかかわらず、日本のマスコミ、特にテレビ局は忖度第一でまともな報道をしない。
日本のテレビ局は椿事件の頃から何も変わってない。

96
返信する


匿名

清廉潔白で品行方正な長男一家には、笑みの絶えることがない幸福なる家庭と天才児を授かり、金銭的には意地悪ばあさんから搾取されつづけてはいるものの、国民も支持し、文字通り敬愛と尊敬を一身に受ける存在となった。

一方で、賤民出身の悪妻と非嫡出の身分を隠す夫の自称次男一家、実際は従兄弟一家では、夫婦はアルコールに溺れ、夫婦喧嘩が絶えず、夫も妻も浮気をして、妻も浮気の子を託卵する不義ぶりですが、夫も負けずに愛人との間に何人もの私生児をもうけて、最後の大一番で人工的産み分けをしたところ、明らかにウスノロで難聴の男児しかできず、まるで日々の行いの悪さへのバチが当たったかのような超絶不幸家庭となりました。おまけに長女は反社と結婚し、国民からも完全に見捨てられた格好です。

やはり皇祖神はよく真贋を見分けられ、それぞれに異なる運命を与えられたものと理解されます。
皇統を継ぐべき者への試練は、やがて人生の糧となって、国民からの尊敬を受ける善行として実るが、皇統を盗み取ろうとする賤民へは、悉く世間から見放され、おまけに性格も悪い薄弱息子を与え、皇統簒奪が容易にできないよう、障りを設けています。

天網恢恢疎にして漏らさずとは、まさにこの真の皇族一家と偽の皇族(従兄弟)一家の運命の違いからも見て取れます。

106
返信する
D

新潮が報道しているということは、今までの流れを見ても事実に近いのだろうと思います。
上皇后、いや美智子さんといいましょう。平成時代は皇室の威光を使い提灯記事ばかり書かせ、国民を謀りましたね。
被災地、先の戦争への謝罪のための各地訪問というのもその都度、莫大な経費がかかっていたと漏れ伝わってきています。そして現天皇家への嫌がらせ、秋篠宮家への偏愛、衣装や建築道楽などといろいろなことが少しずつ漏れ聞こえてくるようになりました。平成の皇室はいつの間にか腐敗していたのだろうと思います。
そういった先代の振る舞いを今上天皇は反面教師にしており、言動に非常に気をつけられていることがわかります。
昭和天皇が危惧した事態になっています。やはり皇族の結婚に関しては国家の安全保障に関わることですから、政府がしっかりとマネージするべきだと思います。そもそもそのように教え、しつけるべきです。

95
返信する
匿名

皿婆の、カマトトぶったとぼけ顔が大嫌い。本人、上品だと思ってるんじゃないか?

(蚊の鳴くような声で) エッ?何のことでございましょうか?わたくしは存じ上げません。

そいでもって、突っ込まれると、失語症。

もし、「この皿婆はとても人格者で立派なお方。世間で言われているようなことは決してございません」というのが、仮に、仮にですよ、その通りだったとしても、生理的に大嫌い。

79
返信する
匿名

今、ロシアでは言論統制がなされており、ロシア国民は、ウクライナで起こっている残虐行為など知らされておらず、プーチンの支持率は80%を超え、英雄なんだそうです。
言論統制とはかくも恐ろしい結果につながります。

さて、日本国民は、皿婆の一連の問題を薄々は感づいていると思います。しかし、国やマズゴミが発表せず、ネット情報から情報を得ているため、「ほんまかいな?」という認識であり、「もし本当なら驚きだね」という程度の反応だと思います。

皇室は秘密のベールで包まれ、守られており、平民にはうかがい知れぬ、ウソがまかり通る、悪臭の渦巻く醜怪な世界のようです。皿婆のやっていることは、仮に皇室では日常的なことだ、としても、国民からは倫理的に到底認められない、許せない、という批判が出るのは当然です。皇室内のことだから見て見ぬ振りをしてやり過ごす、というやり方をとる限り、国民の心は皇室を軽蔑し、離れていくのは目に見えています。

現実問題として、A宮家、NYのKK夫妻、ズル問題、皿婆の国民感情無視な金銭感覚、などなど、問題が噴出していますが、全ては隠蔽がその元凶として、人々の妄想を膨らませています。

このまま続くと、国民は、国が信用できなくなるでしょう。そうなる前に、きちんと手を打ってほしいと思います。

会計審査(一体、お金はどこに消えているのか)
A宮家の血筋(これが判明すれば、一気に全てが解決されます)

64
返信する
匿名

宮内庁総予算の使い途等について書かれた本を
ご紹介させていただきます。

①「天皇家の財布」森暢平 新潮新書

 宮内庁総予算の使い途。
 内廷費の余剰分を株などにまわしていること。
 天皇や皇族が公務にいくと莫大な警備費用がかかる
 こと。
 宮家の謝礼(お車代)目当ての公務。
 などについて書かれています。

②「愛と哀愁の「皇室秘史」」河原敏明 講談社

 宮家の謝礼目当ての公務の実例を取り上げています。

③「天皇家のふところ事情
  ー収入はいかほど?支出の内訳は?ー」KAWADE夢文庫

 皇室総予算の使い途。
 降嫁した女性皇族に父宮が経済支援はできないこと。
 降嫁した女性皇族は、離婚しても赤坂御用地の実家には
 住めないこと(実家に出戻りはできない)
 などが書かれています。
 (宮家が公務で謝礼を貰う慣習はスルー(触れず)
  という点をぬかせば良書です)

④「天皇家の家計簿」宝島社新書

 皇室総予算の使い途。
 宮家の家計の不透明さ。
 宮家のプライベート(交遊関係や恋愛や結婚)には
 宮内庁は介入しにくいこと。
 降嫁する女性皇族に支給される一時金の使い途が
 警備費であること。
 眞子さん結婚問題。
 などにも触れています。

①と②は絶版ですので。
図書館にリクエストされれば読めると思います。
(あるいはネットで中古を入手されるか)
③④は在庫はあるようですので。
入手可能です。

33
返信する
匿名

「天皇家のふところ事情ー収入はいかほど?支出の内訳は?ー」
(KAWADE夢文庫)
によると

①降嫁した女性皇族に父宮が経済支援はできない

②降嫁した女性皇族は、離婚しても赤坂御用地の実家には
 住めない(実家に出戻りはできない)

だそうです。
秋篠宮殿下がご自分に支給された皇族費から
降嫁した娘(眞子さん)に経済支援はできないわけですから。
祖父母である上皇ご夫妻が降嫁した孫(眞子さん)に
内廷費から経済支援することもできないわけです、
本来は。

週刊新潮の記事(上皇后が内廷費から眞子さんに経済支援)
が事実であれば。

上皇ご夫妻が内廷費から眞子さんに経済支援するのは
許されないことである

となります。
内廷費はあくまで内廷皇族(天皇家と上皇ご夫妻)の
生活費・人件費(宮中祭祀担当の職員など
天皇家の私的職員たちの給与)・交際費(お客様への
お茶菓子代など)・寄付(赤十字など)に使われる
ものです。
降嫁した孫(眞子さん)の経済支援に使われる
ためのものではありません。

46
返信する


匿名

簡単に云いますと
「早く灰になればいいのに」。
の一言に尽きます。先代どっちも。
お金の贅沢な使い方を知ってても、税金の使い方わからないんでしょうね?手元に入ってくるお金の資源とか。孫にお年玉とかお祝いとか、少しでも考えて欲しい。
ボケてるから無理かな?
いやいや、ボケ老人にお金を渡すべきではないんじゃないかな?
孫があんな醜態を国内外に晒しながらまだ生きてる、自分等が生かしてるその援助と言う名の恥ずかしい行為を反省して欲しい。
アキヒトとミチコは、ただのジジババじゃないって自覚が足りないのかな?

47
1
返信する
匿名

灰になりたがっているのは美智子です。
ゆえに、絶対に火葬を許してはなりません。

DNA鑑定による文仁皇族追放手続のために、美智子の土葬が必要なのです。
これだけ噂が出ているのに、あくまで伝統違反の火葬にこだわるということは、李下に冠を正さずで、もし文仁が嫡出ならば、火葬を愁訴する必要などないのに、生前退位してまで火葬火葬と泣きわめくこと自体、文仁以下が非嫡出児であることを物語っています。

63
返信する
匿名

ミチコの火葬なんかDNA隠しにならない。
他の血縁者(今上天皇、常陸宮さま、秋篠の子供達)で十分血縁の程度は立証されます。
ミテコらしい無駄遣い(大袈裟な自意識過剰)に付き合う必要はありません。
逝く間際に入院して検査すつときの血液サンプルでも十分ですよ。
( ̄▽ ̄)。

32
返信する
アンチ

皇族って私的財産持っていいの?

税金の横流し=公金横領じゃないんですか?

44
返信する
匿名

皇族も私有財産はあります。
原資はなにかまで私は知りませんけど、昭和天皇がご自分の葬式代を必死に貯めておられたのはわりと有名な話です。(国庫からの支出は避けたかったのでしょう。)
株式投資。
有能な顧問つきだったのか、ご自身が殖財に長けておられたのか、堅実で粘り強い相場だったそうですよ。
昭和天皇崩御の時点で個人資産20億円。天皇屋じゃなくてファンマネでも充分出世したろう。
結局、大喪礼は国庫負担だった記憶があります。どうでしたっけ。
昭和天皇の長男夫婦、いかに相続税払ったと言ってもかなりな遺産を浪費して、もうほとんどないと聞いてます。1億円や2億円は残っているのかな。
昭和の皇女達は皆、相続放棄なさいました。

29
返信する
匿名

マリリン・モンローがケネディ兄弟と下半身関係にあったことは当時、大騒ぎだった。(トシがわかるな・・・)
でもそういう報道がなくたって、状況からそれはありありと分かる物でもあった。
ウブなネンネじゃあるまいし(ああ昭和の香り)
今時誰が「清純でお優しいミチコさま」なんて信じるかよ?
アホらし。
報道規制もマスコミのない時代だって、こんな悪い奴らの情報は漏れる。
「悪事千里を走る」
は多分江戸時代のことわざでしょう。

31
返信する
匿名

美智子さんについて色々報道されているのをみていて
おかしいのに気付きました。
裏で、相当なことをやってるのも本当かも。

美智子さんの友人談で、
雅子様は、美智子さんのようにご公務は、おできにならないだろう
という記事がありましたが、
饗宴の儀での雅子様の皇室外交すばらしかったです。
お相手の表情見ていても、
他国の王室ときちんと交流されてたのが、わかりました。
逆にラスボスは、お皿さまだったのが、証明されましたよ。

42
返信する

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です