宮内庁が進める、眞子さま“離婚後の出戻り案”が物議 箔づけの為になら手段選ばず 仰天の復帰計画が水面下で


ケリー哀川

相次ぐイベント

秋篠宮殿下の誕生日会見や、愛子さまのティアラ姿と、日本でもニュースが連発したここ数日。
NYでの新婚生活を始められた、小室圭さん眞子さん夫妻について、とてもユニークな情報を手に入れました。

その前に、小室夫妻について再度振り返ってみましょう。

小室夫婦は先日、仲睦まじい姿がパパラッチされ、幸せを噛み締めながらニューヨークでの自由の身を心より堪能しているようです。
一方、日本において一部報道では、早速、圭さんの来年2月の再試験を不安視するような声があがっています。というのも、小室さんの生活ぶりを見ていると、とても“受験生”には思えません。小室圭さんは司法浪人生という立場でもありますから、彼のすべきことは“勉強”です。来年2月の再試験に向けて、「勉強はいつしているのか?」「本当に受かるのか?」「そもそも受験資格があるのか?」など、様々な憶測が飛び交っております。これらの不安視する声を少しでも和らげ、新婚生活の本当の意味でのスタートラインに立つには、圭さんが来年2月の再試験に合格することが最低条件となりそうです。

そんな中、宮内庁において水面下では「もし、圭さんが再試験に不合格だったら?」という場合に備えて、小室夫婦の生活をどのように支えていくのかを思案中であるといいます。

再試験に不合格となった場合、皇室にとっても宮内庁にとっても、最も避けたいケースが、“小室夫婦の離婚”です。
今のところ、悲劇のヒロインとして、頭がお花畑状態となっている眞子さんのことですから、「試験なんて私の圭なら楽勝」とお考えのはず、当然不合格となるようなケースは考えもしないことでしょう。



しかし、もし圭さんが再試験すらクリアできなかった場合、眞子さんも流石に目が醒めてしまう可能性もあります。

そんな場合を想定しなくてはならない中、当チャンネルの主宰者である佐川さんの部下からとてもユニークな情報を掴みましたので、ご報告させてください。

眞子さんが出戻ると

もし眞子さんが出戻りになる場合、眞子さんに熱烈なラブコールを送る準備をしているところがあるといいます。
それが、なんと長野にある善光寺!!善光寺といえば皇室との繋がりが深く、歴史的にも皇族や華族から尼僧の住職を輩出しています。

しかし、近年は皇族関係者から出家する例がなく、皇室との深い縁が消えようとしています。善光寺は相当な危機感を抱いているようです。「是が非でも眞子さんを善光寺の大僧正に!」という動きが善光寺内部にあり、既に宮内庁とも、もしもの場合に備えて議論を進めているとか。

さる宮内庁職員に善光寺とそのような話し合いが行われているのか確認すると、次のような回答が返ってきました。

「眞子さんに関するご意見やご提案を数多く頂いているというのは事実です。それは、個人からの場合もあれば組織からの場合もあります。特定の個人名や組織名を明かすことはできません。善光寺と宮内庁の関係について、公になっている情報を申しますと、善光寺に関しては、皇室とも深い縁がございます。また、善光寺を管轄する浄土宗とも宗祖に何度も大師号を贈ったことから深いご縁がございます」(宮内庁職員)

そつなく回答されたため確証を得ることができませんでしたので、宮内庁側が、“眞子さん善光寺尼僧計画”を把握しているのかは不明でした。

しかし、善光寺の管轄団体である浄土宗とは深い関係があるようです。



もっともこの計画は、小室夫婦さえも思ってもいない、離婚した場合の眞子さんの行き着く一つの可能性を、善光寺という第三者が提示しているだけの可能性はあります。

しかし、善光寺の僧侶で、宿坊を経営しているという住職は次のように意気込んでいます。

「俺だって眞子さまの結婚は反対だった。でも結婚してしまった以上は、しょうがない。俺の予想じゃ、来年には離婚していると思う。日本に出戻りとなれば、ものすごい非難の嵐だろうよ。そんな時に仏様に懺悔する機会を眞子さまに与えたい。善光寺は昔から皇族の女が尼僧さんになるんだから。眞子さんにうってつけだ。善光寺の僧侶なら眞子さんを将来の住職にしようっていう話は知れ渡っとるよ。宗の議員さんっていうお偉さんがいてだな、その人も賛同しとる。宗で意見をまとめて宮内庁に提出したと言っとったから、宮内庁と話し合われてるのは確実だ」(善光寺宿坊住職)

そう語ってくれた宿坊の住職は、高級車に乗ってそそくさと善光寺の近くにある繁華街の権藤方面に消えました。

「類は友を呼ぶ」とはこういうことなのでしょうか。

善光寺といえば、金や酒や女性問題で週刊誌を騒がし、かつては善光寺の娘が宝塚音楽学校でイジメの加害者であったにもかかわらず、お金の力で解決したという事件など、ジャーナリスト界隈では色々と有名なお寺であります。

また、善光寺に勤める住職は次のように語ります。

「最初は数人の住職さん達による、ふとした会話から、眞子さまの善光寺出家計画が始まったと思います。確か、小室圭さんの問題が世間で騒がれたあたりの時だったと思います。それは本当に他愛も無い世間話でしたが、いつしか善光寺全体の意志となっています。やはり皇室ブランドに拘る善光寺としては、むしろ世間を騒がせた眞子さまのような方こそが、仏門に入るべき百年に一人いるかいないかの逸材だと考えております。眞子さまも国民から信頼を取り戻す最高の機会だと思いますし、善光寺も皇室系の寺院としての威厳を取り戻す機会になると思います。ですから、Win-Winの関係になると思います」(善光寺に勤める住職)



ゴシップによく登場する寺院の僧侶が、眞子さんを尼僧に推す…。

出戻りの際には、もしかしたら善光寺に行くのが眞子さんにとってお似合いなのかもしれません。

出家して過去を懺悔し、厳しい修行に耐える。

こんなお姿を国民に見せることができれば…なんて思ってしまいます。
まぁ眞子さんには耐え難い方法でしょう、絶対に嫌がるでしょうね。

この「眞子さん善光寺尼僧」が世間でも知られ、その機運が高まれば、むしろ眞子さんは、離婚したとしても絶対に日本に帰ってきたくはないでしょう。

そういう意味では、出戻りを許さないための計画ともなり得るでしょう。

3 COMMENTS

匿名

尼さんになるのはいいんじゃないでしょうか?
この大罪を一生かけて償う機会が与えられるなんてありがたいことですよ。
きっと念願の静かな暮らしができることと思います。

間違っても皇族になんか復帰しないでよね。
いやいや公務をやってたなんて平気で言っちゃう人になんか神事は務まりませんから。

38
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です