紀子さま「日本のメディアの取材は拒否しなさい!」眞子さんメトロポリタン美術館就職を巡り、緘口令


文・もっちゃん

眞子さんの就職情報

最近では、妊娠をしたとも、就職をしたとも報じられ、話題となることが多い秋篠宮家の長女・眞子さん。現在、NYのメトロポリタン美術館に就職したとの見方が強まっていますが、これまでの眞子さんのNYでの就職に関する情報についてまとめて紹介していきたいと思います。

今回、最初に眞子さんの就職に関して報じたのは、「デイリー新潮」でした。先月3月29日に配信された記事では、次のような宮内庁関係者の言葉が紹介されています。

そんな中、「眞子さんはすでに仕事を始めており、給与を得ていると聞いています」と話すのは、ある宮内庁関係者。

「具体的な仕事内容や、それがパートタイムなのか否かも含め、わかっていないことのほうが多いのですが、眞子さん自身、コミュニケーション能力をはじめとする力量は折り紙付きですし、元皇族という肩書きもお持ちです。引く手あまたとまでは言いませんが、結構な数のアプローチがあると聞いています。コロナ禍やウクライナの問題が落ち着き、日常が戻るにつれ、そういった声も高まって行くのではないでしょうか」

「デイリー新潮」(3月29日配信)

眞子さんのズル就職疑惑

この記事が配信された後に、ネット上では、皇室特権やコネクションを利用した「ズル就職ではないか?」といった意見が数多く書き込まれました。

小室圭さんのズル留学に、悠仁さまのズル入学、そして眞子さんのズル就職と、秋篠宮家の皇室特権利用疑惑に関して、一つ一つ挙げていってはキリがないほどです。先の「デイリー新潮」の記事には、次のような意見が書き込まれています。

身の丈に合った暮らしをするために自ら実力で仕事探しして働き始めたのなら問題はないと思いますが、都合に応じて立場を使い分け、実力で勝負せずに特権を利用して美味しいとこ取りした職を得たのなら問題だと思いますね。そもそも治安も良くなく物価も高いNYに拠点を構える意味が分からないし、外務省や領事館が自由になりたいだけの一般人をサポートするのも意味不明に思う。国費を年8億もかけて警備するのはやめて欲しいと思う。

なぜただの一般人のビザ取得や警備などに政府が一定の関与をしているのか疑問に感じますね。仕事探しは自由ですが、普通の一般人なら到底叶わないはずのルールを迂回した就労ビザの取得などの特別扱いを税金を使ってやっているなら問題があり、主権者である国民への説明責任と国民の了承が必要だと思いますが。このような国益に叶うかどうか不明な事を裏でやるような官僚体質なら組織の抜本的な見直しが必要だと考えます。

以前メトロポリタン美術館で働くため、そのためのコーナーをわざわざ作らせたと言われていたが、それはどうなったのか。そこで働くには博識プラス語学が堪能でないと務まらないとその時に思ったのを覚えている。夫妻はニューヨークでの生活を満喫しているそうだが、ジム付きの豪華なマンションも家政婦も警備費8億もすべて税金から賄われていることを思うと腹立たしい。

メトロポリタン美術館に就職か

この「デイリー新潮」の記事が掲載された時点では、眞子さんの就職先に関しては、謎とされていたのですが、現在では、「メトロポリタン美術館に就職したのではないか?」との見方が有力となっているようです。

「女性セブン」(2022年4月21日号)は、眞子さんがメトロポリタン美術館(MET)での活動を開始したとして、次のように報じています。



ニューヨーカーの憩いの場・セントラルパークに、緑の芽吹きがまぶしい季節がやってきた。芝生に寝転がる人、コーヒーを片手に散歩する人、レンタサイクルで春風の中を走る人──皆思い思いに、ゆったりと流れる時間を楽しんでいる。広大な敷地の一角に、世界最大級、そして世界で最も有名な美術館がある。メトロポリタン美術館(MET)だ。そのMETで秋篠宮家の長女・眞子さんが活動を始めたという──。(中略)

「Mako Komuro」

 その名が記されているのは、冒頭で紹介したMETが運営するウェブサイトだ。明治から昭和にかけて活躍した沖縄出身の彫刻家・画家の山田真山の作品解説の文書の最後にクレジットされている。文書公開の日付は2022年2月3日だ。かねて眞子さんは、学生時代に身につけた美術・芸術に関する専門知識を生かし、美術館や博物館に勤務するのではないかと指摘されてきた。

「女性セブン」(2022年4月21日号)

眞子さんが、メトロポリタン美術館で、学芸員のような活動を開始しているのは間違いないようですが、現在、日本のメディアが眞子さんの就職についてメトロポリタン美術館に訪ねても、しっかりとした回答を貰えないようです。

眞子さんは、小室さんの再試験を待たずして、2月初旬の時点で“METでの業務”である解説文書をしたためたようだ。

「眞子さんにとって何よりも避けたいのは、『日本への帰国』なのだと思います。小室さんが不合格となり、ニューヨーク生活の先行きは暗路です。理想の海外生活が実現できない状況で、業を煮やした眞子さんは次の一手を打つしかなかったのでしょう」(前出・宮内庁関係者)

 METに取材を申し込むと、日本のメディアだとわかった途端に態度が硬化。「われわれの常駐スタッフに、マコ・コムロなる人物はいません」という回答だった。

「女性セブン」(2022年4月21日号)

果たして、眞子さんの就職の状況はどうなっているのでしょうか?ある秋篠宮家関係者は、「現時点で、はっきりとしたことは分からない」とした上で、次のように語ってくれました。

「眞子さんに関しては、小室圭さんが5月に就労ビザを獲得できなければ、帰国せざるを得ない状況ですし、また複雑性PTSDの症状を患われていることや、妊娠の噂がなされていることなどを考えると、フルタイムの従業員として雇用されることは難しいのではないでしょうか。

あくまで推測という事になりますが、NY現地で、出勤姿などの目撃情報がないことも考えると、週3日程度の在宅勤務でパートタイムでの就労となっているのではないでしょうか。

また、日本のメディアからの取材拒否に関しては、おそらく、紀子さまなどから、“日本のメディアからの取材には応じないように”といったお達しが出ているのだと思いますよ。ここ数年間の秋篠宮家バッシングにより、紀子さまは、すっかりメディア嫌いになってしまわれたようです」(秋篠宮家関係者)

皆さんは、この眞子さんのズル就職や、秋篠宮家の情報隠蔽に関して、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。

17 COMMENTS

匿名

博士号を持っていない、英語も堪能ではない役立たずのM子をメトロポリタン美術館に裏口就職させるのに、いくら血税が使われたのだろう?。
筑附裏口入学で10億だから、世界屈指の美術館、メトロポリタン美術館だったら20〜30億か?。

110
返信する
匿名

恐ろしい…週2~3日で年収2000万円?

あらたな税金の迂回ルートを作って、血税から生活費を支払っているのかも。

コムロのツイッターに、「マコが働きはじめたので、養ってもらえることになった。
マコは、僕に尽くしてくれる。
マコ、愛しているよ」
と書いてあって、つくづくホスト体質の男なんだと思った。

結婚後も、迂回ルートを作って血税で二人の生活を支えるのは、ルール違反では…?

マコの適正なバイト料は、せいぜい年収100万円くらいでしょうに。
足りない分を、血税からせしめてはいけない。

返信する
匿名

日本からの血税とナポリタンからのお小遣いで、KKウハウハ。配偶者ビザで、もう、豪遊間違いない。

それにしても、M子、ビザはどうやって取得したんだろうか?疑問。
アメリカ国内では、アメリカ発行の就労ビザを取得はできないのでは?いったん、国外に出て、アメリカ以外の国でビザを受け取る、のではないですか?
M子、アメリカ国外に出たという噂もないし、きな臭い。
日本国、裏が多過ぎ。総領事館が秘密裏に暗躍したんだろうね。もちろん、多額の賄賂を用意して。これじゃあ、国民、納得しないよね。

91
返信する
匿名

“ ここ数年間の秋篠宮家バッシングにより、紀子さまは、すっかりメディア嫌いになってしまわれたようです ”

そんなの自業自得。
皿婆さんは今もメディアをつかい、渡邉みどり等の取り巻き連中にアゲアゲ記事を書いてもらってますが。

キコは大した取り巻きが居ないから、裏金で口封じするしかない。
せいぜい、ふぶきの部屋のブログ主くらいでしょ、キコの信者は。
身の丈に合ってますね。

76
返信する
匿名

M子がメトロポリタン美術館の幹部または高収入等の特待待遇を受ける身分(もうすでに受けているが、もっと、もっと!)になれるよう、日本の国宝級の宝物がメトロポリタン美術館に多数寄付されるんじゃないかな。皇室からもたくさん流れそう。
M子とKKのために・・・ですよ。

72
返信する
匿名

どうせ代作者をたくさん雇っている秋篠宮家なので、博物館バイトを使って、英文で何かを書かせただけなんでしょう。就職ではなく、解説文一つでも書けば、協力者にはなれる。
そもそも馬子の英語力ってとても博物館で通用するようなものではなかったはず。

74
返信する


野良猫

↓今日のヤフコメにあったそうです。
❮カーペンター氏はMETの日本美術キュレーターを務めていますよね! これらを踏まえて、A宮家お得意のお金を支払って代筆で M子氏の名前のみ記載。
岸田総理がM子氏の為に架空の博物館に勤めているという「てい」で、毎月2千万支給を容認したと言われています❯

集金力がある魅力的なお姫様❗️
重篤な精神疾患『複雑性PTSD』を短期間で完治されるなんて素晴らしい。
『英語がゴ堪能で、コミュニケーション能力をはじめとする力量は折り紙付きですし、元皇族という肩書きもお持ち』と、山下晋司氏も絶賛していましたね。

褒め褒めの皮肉で埋めようとしましたが、限界。疲れました((T_T))

そりゃ、無理やりのごり押しの強行❗️
紀子さまが「日本のメディアの取材は拒否しなさい!」と言うのも納得です。

63
返信する
匿名

マコが英国留学したときのエピソード。

皇族の留学で、一時は将来の女性天皇とも言われたマコ である。当然国費であり、取材を受けなければならない。

留学生活を取材させるというので、日本から取材陣が多数渡英した。
マコは指導教官と二人で登場し机に向かって座り、黙々と二人で折り紙のような作業をするのみ。
インタビューすらない、というか声をかけないようにあらかじめ御達しがあった。
そのまま終わった。
英語で会話している気配すらなかった。

だそうです。
いつも何してたんでしょうね。

83
返信する
理非曲直の投稿より

『①1回目の眞子の留学先エディンバラで外国人と関係を持った。早々に留学は打ち切り

2012年9月から5月末まで,眞子レスター大学に在籍。

②①を揉み消す為に,2回目のレスター大学留学先に『当て馬』として送り込まれたのが小室氏。外国人と関係を持つよりはマシと考えられたのか?

③その後卒業後のヨーロッパ旅行が複数のサイトに報道されるように情報が流された。全ては①が原因。

〜と,まぁこんな状況だったらしいが(コメントによると),どちらにしても恥ずかしい話ですね。』

『サカリの付いた無能な豚女を
外国留学させる必然性が何処に在った?

当然の様に、下半身での国際交流・・。其れを誤魔化し隠蔽するために、重ねての血税濫費・・・。

バカ馬鹿しすぎて言葉が無い。』

40
1
返信する
匿名

まあ〜下半身留学でしたのね!?
上半身は折り紙、下半身は外人どんとこい。
なかやまきんに君の筋肉留学も負けますね。

返信する
匿名

秋篠家の者を入れるとその組織の品格ガタ落ちですよ。
日本の某高校もそうですし。
眞子さん佳子さん関係ではICUが嘲笑されましたし。

57
返信する
匿名

女性セブンは、いったいMako Komuro のクレジットが入った作品解説をどこから持ってきたのでしょう?

今、メトロポリタン美術館のHPに入り、山田真山の作品解説を見ても、MKのクレジットはみあたりません。また、解説内容も女性セブンのものとビミョーに違っています。不思議ですねー。もう、解雇されちゃったのかなぁ?

あっ、ビザって妊娠してたら、滞在可能になるんですって。眞子さん、それで延長したんじゃないの?

42
返信する
作品ページの Catalogue Entry のところ

Yamada Shinzan 山田真山の「Monk Ippen Giving a Warrior the Tonsure and His Wife as a Lay Buddhist Nun」のページにいって、Catalogue Entryを押してください。以下の冒頭から始まる記事がでてきて、Mako Komuroの名があります。

This diptych of hanging-scroll paintings appears to be …(以下略)

署名部分:
Mako Komuro, adapted by John T. Carpenter, February 3, 2022

返信する
匿名

眞子が果たして通訳なしで、現地メディアのインタビューにすらすら応対できるのか、一度NYタイムズの日本語がわからない記者に依頼して、取材させてみて欲しいですね。

マコムロは反社一家としか見られませんし、反社やBでは日本社会からブロックされてしまうことを海外メディアは全く想定もしないので、遠慮なくズケズケ質問できるのは、現地メディアです。
紀子は、本当は忖度の全く効かない現地メディアこそ一番警戒すべきなのに、なんともいえんアホですわ。

52
返信する
匿名

日本の恥を海外でまで晒さないでほしい。
この反社皇族、誰か取り締まってくれないものか。

無知で非常識で下品な元皇族がデカい顔して就職したフリしても、職場では全部ボロが出るから。就職先は、まさか寄付をもらったから面倒を見てるとも言えず。まともな勤務能力すらない傲慢な幽霊社員がポーズのためにたま〜に出社するのかね。周囲には「なんでコイツが?」って反感を買うだけ。

私利私欲のために、日本の代表ヅラしてメトロポリタン美術館に対して滅茶苦茶な要求をして捩じ込まないで頂きたい。日本人の評価を落とすのをやめてくれ。

55
返信する


匿名

言うまでもなく、外務省、領事館、政府etc etcが自由人夫妻にサポートするのは出世が絡んでくるためで、山之内次官もそれで出世しています。
天皇の命令なら何でもできるとした時代と今も同じです。
天照皇大神という偶像を崇拝・礼拝してきた闇勢力の恩恵にて・・・
いずれ泳がされているだけの天皇家と書けばあれだから控え目に秋篠宮家としておくけど・・・

14
4
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。