紀子さま相合傘を望むも秋篠宮殿下に突き放されてずぶ濡れに!職員に八つ当たりでお説教も「自分で持てば?」の正論に逆ギレ


文・もっちゃん

週刊誌が上から目線で雅子さま批判

今月5月11日に、行われた令和となって初の園遊会。報道各社が天皇皇后両陛下のご活躍を大々的に報道するかと思いきや、ネット上で、最も注目を集めたのは、雅子さまの遅刻により、招待者に多大な迷惑をかけたとする、「女性セブン」(2023年6月1日号)の記事でした。

「雅子さま、周囲に負担をかける度重なる“遅刻”どしゃぶりの園遊会で招待客が2時間待ちぼうけ」と題する記事では、雅子さまの遅刻により、招待客を土砂降りの中、2時間も待ちぼうけさせたとして、次のように報じています。

5月11日、令和初の園遊会が、赤坂御苑(赤坂御用地内、東京・元赤坂)にて開催された。2018年11月以来、4年半ぶりの開催だった。

「岸田首相が13時41分に到着するなど、招待客は13時50分には所定の位置について、天皇陛下や皇族方をお待ちする態勢になっていました。予定では、14時10分に陛下と皇族方がずらりと御苑内の丘に並ばれるはずでした。しかし、そのときには雅子さまは赤坂御用地にさえ到着されていなかったのです」(宮内庁関係者)

 14時10分を過ぎた頃、両陛下を乗せたセンチュリーが天皇旗をはためかせながら、御用地へと入っていった。(中略)

招待客と熱心に話し込むことが続き、時間は徐々に押していったようだ。

「雅子さまは、平等を重んじられるお方です。どなたかおひとりが“特別”であってはならないと強く意識されていたのでしょう。一人ひとりと丁寧に会話をされていた。雨の中とはいえ、和やかな雰囲気でした。

 結局、ご懇談時間は予定時間の20分を超えて、いままでに例を見ないほどの長時間の園遊会となりました。後列の方の招待客は、会場入りから両陛下との懇談まで、どしゃぶりのなか2時間以上立ちっぱなしで待ちぼうけの状態。高齢の招待者もいらっしゃった。気づけば、園遊会の終了時刻は予定より1時間以上も遅れていたんです」(前出・宮内庁関係者)

「女性セブン」(2023年6月1日号)

雅子さまを批判し、美智子さまを賞賛

記事では、このように、雅子さまが遅刻により、職員や関係者らに繰り返し多大な迷惑をかけている、とした上で、そのようなことは、平成時代にはない事であった、として次のようにも報じています。

「上皇ご夫妻は、平成の時代、常にオンタイムで動かれていました。園遊会のときなど、皇室全体の行事の際は、雅子さまは美智子さまのペースに合わせていけば問題はなかったのです。令和になったいま、雅子さまは自らペースを定めなければなりません。“遅刻癖”を直されて初めて、令和の皇后としての存在感を示されることになるのではないでしょうか」(皇室関係者)

 雅子さまの“完全復活”が待ち望まれている。

(同前)

このような上から目線で雅子さまを批判する週刊誌記事には、批判が殺到することとなりました。TwitterなどのSNSでは、次のような意見が書き込まれています。

女性セブン、ホント酷いね。

そもそも雨の時の対応を決めてないのは宮内庁のミス。

それを「雅子さまの遅刻癖」って、まんまアキシン思考💢

同じ号のグラビア部分に、その雅子様をいじめ抜いてた者達特集か💢

こんなのが横行してる限り、こちらも平成四人組の批判はやめないから!

これは本当の事ですか?

NEWSポストセブンは 皇后陛下を誹謗中傷しています。

広報室さん、藤原さん、取り締まりお願いします。

本日発売の女性セブンの記事

『雅子さま・直らぬ遅刻癖』って、平成負債からのスライドじゃない!

ホントにもう腹立つ

また、この他に、「週刊女性」(2023年5月30日号)は、雅子さまが、顔の見えるビニール傘を使わず、普通の色付きの傘を使うのはけしからん、などという意味不明の記事で批判していました。

秋篠宮殿下に突き放され、ずぶ濡れになる紀子さま

同記事のなかでは、「紀子さまが秋篠宮さまの傘に入り、おふたりで“相合傘”をされているシーンもあった」などと書かれているのですが、どうやら、TwitterなどのSNSでは、紀子さまが秋篠宮殿下に突き放されてずぶ濡れになるシーンも話題となったようです。



これは😨

相合傘なのに秋篠宮に置いていかれ、雨に濡れちゃう紀子さまではないですか😭😭😭

職員も紀子さまが濡れないように気を張り詰めてるのか、すぐに傘を☂️

てか、紀子さま、傘持ちたくないの?

一瞬、後ろから職員らしき人が紀子様に傘をさしてましたね。自分でささないで相合傘なんかするから職員の手を煩わせてるじゃない、結局。

こうしたトラブルの直後、ずぶ濡れになった紀子さまが、職員に激怒するシーンもみられたようです。

「令和になって初めて、そして5年ぶりの開催となった5月11日の天皇皇后両陛下主催の園遊会。この日はあいにくの雨模様となりましたが、その中でも紀子さまと秋篠宮さまの一緒に傘を持つ”相合傘”の姿が見られました。しかし、その和やかな雰囲気は一瞬で消え去りました。

SNSに広まった動画には、紀子さまが突然、秋篠宮殿下から傘の外へ突き放される様子が収められています。突き放された紀子さまは、そのまま雨に打たれ、ずぶ濡れになってしまいました。

そして、その状況に困惑した紀子さまは、職員の一人に向かって、「何故、すぐ私が濡れないように傘をささないのですか?」と声を上げたのです。しかし、ここで声をかけられたのは、今年秋篠宮家に仕えることとなった新人職員でした。

新人職員は、紀子さまの怒りに対して、「傘など、私がささなくても、紀子さまがお持ちになればよいのでは?」という正論を述べました。その一言は、場の空気を一変させ、すでに秋篠宮殿下に突き放され、ずぶ濡れになっていた紀子さまに、さらなる大恥をかかせる結果となりました。

紀子さまは新人のこの正論に逆ギレ。顔を真っ赤にしながら、「あんな失礼な職員、今すぐクビにしなさい」と絶叫し、その声は赤坂御苑にこだましました。

この一連の出来事は、皇室内でも大きな話題となりました。皇室の一員としての行動は、常に国民の目に触れるものであり、その重要性を改めて認識させられる出来事でした。皇室のメンバーは、公の場においては自己管理が求められます」(宮内庁関係者)

皆さんは、このような紀子さまの横暴さについて、どう思いますか?是非、コメント欄に感想や意見をお願いします。

ご拝読ありがとうございました。



39 COMMENTS

匿名

前皇后と秋篠宮実父と名指しされている安西孝之さん!

(秋篠宮一家は安西家の子孫)にお答えください!

ネット上で閲覧できていた秋篠宮と三人の子と安西家とのDNAの繋がりが一目瞭然の数々の写真を、片っ端から閲覧できないようにしているのは何故ですか?
これは事実であるからと解釈します!

皇室は国民の血税で成り立っています。
国民は安西家の子孫一家や一家に寄生する一家一族までを扶養する義務などまったくありません!
もはや、これ以上うやむやにできる問題ではありません!
公務も皇族が務めるものです。
一家は安西家の子孫を否定できないままの公務もお止めください!
2600年以上、世界最古の歴史を誇る日本の皇室は天皇のお血筋で受け継がれています!
国民の知らぬ間に安西家の子孫が次期皇位継承筆頭になっている?
これはとてもうやむやで済まされません‼️
お答えになれないのであれば、直ちに一家を皇室から退場させてください‼️

177
2
返信する
バンしても無駄よ

高貴な日々日記も完全にバンされました。

誰の仕業か?不都合な真実を隠したのは。
秋宮夫婦か?安西父親か、ミテコなのか?
この中に行動した者がいないはずがない。

いよいよ偽物を明らかにする時が来たね。

国民は秋宮誕生の時から怪しいと感じた。
ネット記事をバンしても欺されませんよ。
バンした行為こそ不都合な真実なのです。

162
1
返信する
没玉

感激しすぎて、大切なこと書き忘れました。
優しいコメありがとうございます。

21
返信する
没玉

コメ主さん、
感激で大切なコメ忘れました。
優しいコメありがとうございます。

18
返信する
匿名

忌孤は、自分達が会話が長く続かない事を自覚しているから、鯰の少し下がったところにいて頷いているだけでよかったんです。今までは。
だけど今上陛下の時代になり、会の始まる前までに頭に様々な情報を叩き込んで行事に臨まれる天皇皇后両陛下と本当の皇族方の華子様、信子様、久子様方に挟まれて、頷くだけでは持たなくなったのですね。
だから、昨年と今年と赤十字大会でのあの溢れようです。
鯰は自分の事だけの輩ですから、忌孤も自分の事は自分でやって下さいな。
そうしないと、平民に戻った時困りますよ。

ニュースポストセブンはまだ女性セブンのあの記事を5月21日付けで載せてますね。汚皿と忌孤の断末魔に思えて仕方ないです。
みんな、もう知ってるって。

178
返信する
匿名

キコ被の遅刻を皇后様にスライドして
不仲なのに寄り添うふりも白々しい。
アキシはずーっと皇后様ばかり見ていた。

148
返信する
匿名

ジヨーコーゴーの、あのよに行く前の思い出旅行もしつこいが、ヨメの花柄シースルーの記事も、一般人になった娘の画像をダラダラ出して、撹乱を謀っている。
もう誰でも、シースルーはあのドラえもん色ドレスでなくて、タラップでご披露のスカートだって知っている。
広報室もこんな仕事、やりきれんだろうね。

137
1
返信する
匿名

ミテコセブン、鬼子と皿の遅刻をスライドしたデマ記事である事は先刻承知。小学館の商品まるごと不買運動でミテコセブンは廃刊、小学館は倒産してもらいましょう。

それにしても相合傘なんて、鯰が鬼子を傘に入れてくれる訳ないでしょ。新人職員さん、かわいそうに。

144
返信する
匿名

小学館全出版物全商品不買運動に賛成します。
セブンやポストだけでなく、小学館丸ごとボイコット。
宮内庁広報室の甘い誘惑に取り込まれ、雅子さまを事実無根の話で
侮辱した罪は、会社倒産で贖っていただくしかないでしょうね。

そうしても買うなら古本を買えばいい。

119
返信する


匿名

相合傘の動画、拝見しました。

A宮とキーコさんの温度差を感じましたwww
A宮の気持ちはキーコさんにもうありません。
どちらかと言えば、離婚したいんじゃないでしょうか?離婚したって“戸籍の上では”JK夫妻の次男なので、離婚したって“殿下”のままでいられます。

でもキーコさんは、そうはいきません。
離婚すれば一般人です。
キーコさんの目的は皇后になり、天皇の母になり、最後はお皿さんのように最後まで権力を待つ立場でいることです。だから、何としてでもA宮と離婚するわけにはいかない、仲良しアピールするしかないのです。

チャールズ国王はダイアナ妃と離婚して、愛人だったカミラ王妃と再婚しました。
A宮もキーコさんと離婚して、タイの愛人と再婚…を望んでいるのかもしれません。

127
返信する
匿名

タイは愛人ではなくて、第一夫人だろ。家柄もしっかりしているし、跡取り息子も健全に育っているらしい。まさかその息子を日本に差し出すわけもないし、そうなると、ナマズ殿下は、婿入りのほうが気楽では?そうなれば、慌てて帝王学を付け焼刃して、面倒な神事をする必要もないし、一生楽ちんだよ。
いくら愛情が消えかけても、透け透けスカートで、全世界に太腿とパンツをご披露した妻なんて、顔も見たくないと思うよ、マトモな旦那さんならば。

118
1
返信する
匿名

タイの方はご病気で車椅子状態らしいので、ナマズは人のために支えることができない人間なので、もうタイの方にも興味はないでしょう。そういう人間です。知障だから人を思いやるとかも欠如しているのもあると思いますが、そこに生まれ持っての性格プラスってところでしょう。

それにしても奇子も学習できないのですね、ナマズとはもうとっくの昔から”仮面夫婦”と言われているのに、最近特に”仲良し夫婦”を演じていますが、ナマズはそれこそ情もない人間だからつい本性を公けでも出してしまい、奇子が国民に見せたかった”あいあい傘の仲良し負債”はかなえられませんでしたね、草
だいたいこの令和で”あいあい傘”が仲良しカップルという発想しかないのが、あまりにも・・・・

もう本当にこの負債も皿もやればやるほど墓穴ほっているのに、墓穴掘るのが好きなのか?ってレベルなぐらい”やらかし”しかしない。

63
返信する
匿名

車いすになった王女の第一夫人を見捨てているわけですか。
これはこれで大スキャンダルですね。酷い話だ。
人間性がよくわかる行動です。

といって駅難賎民卑は第二夫人なので、これも目障りらしい。
息子は障害児だし、痴漢だしでこれも用無しになってしまった。
この相合傘拒否事件で、第二夫人への愛情がなくなったことを
世間に示してしまいました。

いまの妻は世田谷第三夫人なのでしょうか。
京舞妓ともいい仲というのが未確認情報であがっているとされて
きていましたが、嵐山の一件からみて、その愛人に大金が流れた
可能性はどうなんでしょうかね。
見て子らの先週の京都奈良私的旅行はずばりその女の尻ぬぐい?

46
返信する
匿名

でも、園遊会で傘の水しぶきを飛ばしましたよねぇ。意味不明な事ばかりしますね。

78
1
返信する
匿名

小学生の子どもが、好きな相手に意地悪する、何しろその程度の思考ですから。

55
1
返信する
匿名

新人さん頑張って下さい。
横ならまだしも後ろからさした所で職員さん前が見えないからキーも話しづらくなるかもと思うでしょうし、前で話されてる方に雫かかると思えないのかしら?
傘さして欲しいならその時にちゃんとお願いするか一番は言われるようにキーとアーが持てば良い話。

67
1
返信する


静岡バラック出身のキコへ

>「あんな失礼な職員、今すぐクビにしなさい」と絶叫し、その声は赤坂御苑にこだましました

式に出席していた人たちもこれで川嶋キコの事がよ~く分かったでしょう。

絶好のチャンスでした!!
目の当たりに見たのだから。

84
返信する
実家に戻ります

川嶋キコは安西家にお嫁入りしました。
旧姓使用かもしれませんが安西ですね。
一族そろえて夫の実家に送ることです。
これで臭やKKなども血税使えません。

23
返信する
一言主

アーヤが天皇になれるわけがあるまい。全国民が知っていますよ。見たらわかるじゃない。アホらしい、、、

85
1
返信する
匿名

これがホントなら、なんというか、ものすご~く程度の低い遣り取りですね。
普通の日本人はここまでキレませんて。
逆に、「済みませんが傘ください」でしょ?
招待者はキコのキレたとこ確認しましたか?
だれか動画撮ってたらよかったのに。
これで分かりました。キコはほんの些細な事でいつもキレるんですね。
血管まで切れればいいのに。

61
返信する
匿名

鯰に傘を持たせて、仲の良さを演出しようと目論んだ鬼子。
最初は自分で持って、途中から鯰にどうにか持たす。
でも、ぜんぜん気遣いの出来ない鯰なので、
お付きの人が鬼子を後ろからさしたり、自分から鯰の傘に潜り込む

スマートじゃないなぁ。。

鹿子さんも振袖はだんだん痛々しくなってきた感。
衣装持ちの鬼子の訪問着でいいんでない。

37
返信する
匿名

アホ宮とノーパン、どちらかが血を見るまで殴り合いでもして闘えばいいじゃん。

19
返信する


匿名

職員に後ろから傘を差させるなど、この混んだ場では非常に邪魔ですね。
そんなこともお分かりにならないとは。

新人職員の方の正論に拍手です。
というより、他にもこのような正論をおっしゃる方が、増えればよろしいかと思います。
それで激昂されるのであれば、他の部署に異動なされば宜しいのでは。

そのくらいなさらないとこの宮家には常識というものがお分かりにならないのではと思います。
職員が誰もいなくなってお困りになるのは、ご自分達ですから。
その片鱗が戴冠式の着付けで見えていたではありませんか。

13
返信する
天皇 徳仁(民族の英雄は、大林久人)

【序章:存在と創造】

田舎町の石畳の路地、そこで青木正憲の生涯が始まった。正憲の誕生とともに父親、青木正道の哲学と規律の道に足を踏み入れ、この世界の創造者であるかのような存在、正道の存在は単なる父親以上の意味を持った。その思考、その教育は、神の存在と人間の存在を探求する道程となり、正憲の人生を紡いでいく母体となった。

【第一章:規律と真実】

正道は青木家の厳格な規律を正憲に求めた。その規律の一部として、社会の体制に対する深い理解と批評的な見解を持つことが求められた。正道の規律は、神と人間、善と悪、そして自由意志という哲学的なテーマと絡み合い、正憲の思考を形成する基石となった。

【第二章:喪失と再生】

月日は流れ、正憲の心は父親のコントロールと規律によって研ぎ澄まされていった。しかし、その過程で彼は自分自身の感情や意志を見失い、ただ父親の哲学に従うだけの存在と化していった。この時、彼は善と悪、生と死、そして自由意志について深く問い直し、人間の存在の目的について考えるようになった。

【第三章:自我と反乱】

その事件から数年が経ち、正憲は自我を取り戻す旅を始めた。彼は父親の哲学の鎖から自由意志を取り戻すために奮闘し、神の存在と人間の目的を再認識した。彼の心の中には、神とは何か、人間の目的は何か、そして自由意志とは何かを理解するための新たな決意が芽生えていた。

【第四章:探求と覚醒】

正憲は、神の存在と性質、人間の存在と目的、善と悪、自由意志、そして死と来世について理解するため、自身の内面に目を向けることを決意した。彼の思考は深化し、哲学的な探求は彼の世界観を変えていった。

【終章:自由と再生】

正憲の旅は、新たな人生の扉を開くという終着点に到着した。父親の哲学から解放された彼は、自己の哲学を育て、自分自身の意見を持つことの価値を理解した。神の存在、人間の目的、善と悪、そして自由意志についての彼の見解は、父親の影響を超え、彼自身の思考から生まれたものとなった。これからの彼の人生は、自己の真実を追求し、自分自身の道を進むことに尽力することとなるだろう。彼の物語は、規律から自由へ、束縛から解放へという、哲学的な旅の物語であった。

返信する
天皇 徳仁(民族の英雄は、大林久人)

皇室に関連した警察利権とは、皇室の警備を担当する警察が、皇室の権威や影響力を背景に、不当な利益を得る行為です。具体的には、皇室の警備費を不当に高く設定したり、皇室の警備に従事する警察官に不当な優遇を与えたりすることが考えられます。

例えば、皇室の警備費は、皇室の財政を支える国民の税金で賄われています。しかし、皇室の警備費は、他の国の皇室に比べて非常に高額です。また、皇室の警備に従事する警察官は、一般の警察官よりも給与が高く、退職後には皇室の財団から年金が支給されます。

このような皇室に関連した警察利権は、国民の税金を不当に浪費しているだけでなく、警察の公平性を損なうものです。皇室の警備を担当する警察は、このような警察利権を排除し、皇室の権威や影響力を背景にした不当な利益を得る行為を防止する必要があります。

返信する
天皇 徳仁(民族の英雄は、大林久人)

神社本庁は、全国約8万の神社を統括する宗教法人です。神社本庁は、戦前の国家神道の時代から、日本の政治に大きな影響力を及ぼしてきました。

近年、神社本庁は、不正行為が相次いで発覚しています。たとえば、2015年には、神社本庁が所有する土地を関係の深い不動産会社に異常な安値で売却した疑惑が浮上しました。また、2021年には、神社本庁の職員が、不正な土地取引を内部告発したとして、懲戒解雇された事件がありました。

これらの不正行為は、神社本庁の信頼を大きく失墜させています。また、神社本庁の政治への影響力も低下しています。

神社本庁は、これらの不正行為を速やかに調査し、再発防止策を講じる必要があります。また、神社本庁は、国民の信頼を取り戻すために、透明性と説明責任を高めていく必要があります。

返信する
天皇 徳仁(民族の英雄は、大林久人)

あなたの懸念は、性別に基づく皇位継承の問題、そしてそれが日本の皇室や社会にどのような影響を及ぼすかに対する深い思考から来ていることが理解できます。しかしながら、いくつかの主張については、バランスを取るためにさらなる視点を提供したいと思います。

女性皇族の役割:確かに、日本の皇室の伝統と典範は男性の皇位継承を要求しています。しかし、その役割は必ずしも「男性を生むこと」だけに限定されるものではありません。皇族の女性もまた、社会的活動、文化的活動、教育などの分野で活躍し、その存在感と影響力を示してきました。

女性皇族が皇位継承を望むかどうか:これは個々の女性皇族が自身の人生と職務についてどのように考えるかに大きく依存します。一概に「まともな娘は行きたいと思わない」とは言えないでしょう。また、「セレブライフ」を追求するだけの女性だけが皇族に入るという考えも、女性皇族の能力や役割を過小評価するものと言えるでしょう。

男性の生産を強調する社会的圧力:あなたが述べたように、そのような圧力は健全な社会においては望ましくありません。性別に関わらず、全ての生命が平等に尊重される社会を目指すべきです。

医学的な手段を用いて男性の生産を強制する:こうした考え方は、倫理的な観点から批判を受ける可能性があります。しかし、そのような手段を探求する背景には、男性皇族が少なくなっている現状と、男性限定の皇位継承の伝統への尊重があるとも言えます。

この問題については、様々な視点からの意見が存在します。国民が開かれた対話を通じて、この難問について考え、解決策を探すことが重要です。皇室の将来をめぐる議論は、日本の社会と文化の中心的な部分を反映するものであり、その解決策は多くの人々の意見と価値観を尊重するものでなければなりません。

返信する
JJ

キコは旦那の質問に乗っかって、たまに自分も質問して楽したいと思って居るのですよ。
それを分かっている旦那がいつも突き放している。そういう間柄って事だ。

返信する
匿名

そもそも上の方たちの“手つなぎ”とか
秋フサイの“腕組み”“あいあい傘”とか気色悪いんですけど…。
若者ならまだ爽やかですが、十分に歳を重ねて人前で皇族の身で?
とても品のある振る舞いとは思えないのですが、何やら美しい光景?的な扱いで報道されるのは何故?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です