小室圭さんウィスコンシン州の大学へ入学も、眞子さんはNY州に残り別居へ!夫婦間に早くも亀裂


文・もっちゃん

再度、注目を集める小室夫妻

昨年10月に結婚し、翌月11月に夫婦そろってNYへ移住した小室夫妻ですが、来月2月のNY州司法試験の再受験が迫る中で、再度、お二人の動向に注目が集まっているようです。

特に、現在、話題となっているのが、小室圭さんがウィスコンシン州の大学へ入学するのではないかと報じた雑誌月刊「THEMIS」1月号の記事です。「宮内庁参与&有識者会議は役立たずだ」と題する記事には、次のように書かれています。

「眞子さんのために、小室氏をサポートしようと政府の“極秘チーム”が動き出した。内閣府で皇室に関わる職員を中心に、宮内庁に出向している外務省職員などによって構成されている。そこで準備されているのが『ウィスコンシン州のロースクールに入り直す』という“奇策”だ」

ウィスコンシン州はロースクールが少なく、卒業生自体が少ないため州内のロースクールを卒業後、無試験で弁護士になることができる制度がある。実際、ウィスコンシン大学、マルケット大学のロースクール卒業生には「卒業証書特権」なるものが付与され、弁護士資格を得ることができるというのだ。

「THEMIS」(1月号)

来月2月に、NY州司法試験の再受験を控えている小室圭さんですが、優秀な人物は1発合格するということもあり、どうやら、再受験での合格率は非常に低いようです。

特に、海外からの留学生の合格率は低く、7月の試験に落ちて、2月に再受験する留学生の試験合格率は30%程度とも言われています。

先の「THEMIS」の記事にも書かれていましたが、こうした状況で、眞子さんの生活をサポートする立場にある宮内庁や外務省の職員なども、「小室圭さんの再受験は不合格となる確率が高い」と予想しているようです。

このウィスコンシン州の大学への入学というのも、こうした小室圭さんの再試験不合格を見越して準備しているようですが、当然ながら、こうした政府関係者らの行動は、TwitterなどのSNSにて、大いに批判されているようです。



KK…ウィスコンシン州のロースクール行くって本当ですか……

眞子のワガママ放題に歯止めを!!マーク

眞子が何としても

圭くんに米国の弁護士資格を与えて!!

と命令した

外務省と内閣府に

小室圭特別サポートチームが出来ました!!

血税賄賂で

無試験で法学大学を探したのが

ウィスコンシン州大学

無試験で3年間 又学生になる!!

コイツは20から10年以上

学生だけ!!マーク

小室圭がウィスコンシン州のマーケット大学に行くので、その前に大学に抗議の電話やメール、小室佳代も含めたこれまでやってきた数々の不正を伝えて入学拒否するように伝えましょう。

小室圭さんは、3年間フォーダム大学ロースクールに留学を続け、その間も、小室佳代さんの警備費用などに多額の税金が費やされてきました。

ですが、NY州の司法試験合格を諦め、ウィスコンシン州の大学に入学するということは、これまでかかってきた警備費用などの税金での支出を全てドブに捨てるに等しい行為です。

このような身勝手な振舞いをする小室圭さんはどうしようもありませんが、それ以上に問題なのは、こうした計画を裏で主導している宮内庁や外務省でしょう。

弁護士資格獲得も、生活をサポート

先の「THEMIS」の記事では、小室圭さんがウィスコンシン州の大学を卒業し、弁護士の資格を獲得した後には、政府が小室圭さんに仕事を発注し生活を支えていく予定であるとして、次のように書いてあります。

前出の政府関係者は「ウィスコンシン州と姉妹都市を結んでいる日本の自治体は14にも及び、同州に進出する日本企業が多いことも好都合だ。弁護士資格を取得した後は、州内の現地企業をはじめとするクライアントを集め、米国での生活を維持するように取り計らえば、仕事に困ることはない」と語る。

2人のNY生活はNY総領事館がサポートしているが、すでに民間人である2人にここまで税金を投入しなければならないことを考えると、秋篠宮家と宮内庁の見通しが甘すぎたのはいうまでもない。

(同前)

以前、ドイツの国営メディアが、小室圭さんが就職したサンドラー法律事務所と日本政府との間で、有利な条件で政府関係の仕事を発注するという密約が取り交わされたということを報道していましたが、どうやら、小室圭さんがウィスコンシン州の弁護士資格を取得した後にも、同様の方法でサポートを行う予定のようです。

眞子さんと別居の可能性も

ところで、この小室圭さんのウィスコンシン州の大学への入学に関しては、税金の使用以外にも問題があります。

というのも、すでに眞子さんは、NYでの生活に慣れ親しんでおり、ウィスコンシン州への移住を望んでいないようなのですね。こうした事情に関して、ある宮内庁関係者は、次のように語ってくれました。



「実を言うと、新婚夫婦のお二人の間には、すでに亀裂が走っているようです。最初のきっかけは、小室圭さんのNY州司法試験の不合格です。

眞子さんは、小室圭さんがNY州の司法試験に合格し、NY州弁護士の資格を獲得することを信じて、3年以上、一人日本に残って小室圭さんのことを待ち続けていたわけですから、この試験不合格に失望したことは言うまでもありません。

以前、NYで小室圭さんと週末デートに出かける様子が写真に撮られましたが、その時にも笑顔はなく、終始ムッツリとした様子で、小室圭さんと並んで歩いていました。

そうした状況で、今度は、NY州の司法試験合格を諦めて、ウィスコンシン州の大学に再度入学しようとしているわけですからね。眞子さんも今度ばかりは心底呆れ返っているそうですよ。

それから、もう一つの問題は、小室圭さんのウィスコンシン州への移住です。眞子さんは、すでにNYでの新生活に馴染み始めており、現在の住居も大変気に入っているそうです。

ですので、どうやら、眞子さんは、小室圭さんが大学に入学するため、ウィスコンシン州に移住した場合でも、NYに留まりたいという意志を外務省や宮内庁にも伝えているようです」(宮内庁関係者)

どうやら、こうした眞子さんのご意向に関して、秋篠宮ご夫妻は頭を抱えられているそうです。

「仮に、小室圭さんがウィスコンシン州に移住し、眞子さんがNYに残れば、お二人の仲に亀裂が生じていることが誰の目にも明らかになってしまいますからね。



あれだけ多くの国民からの反対を押し切って、結婚を強行したにも関わらず、すぐさま夫婦間でトラブルが発生したとなれば、再度、お二人に対する批判の声が強まり、そうした批判が秋篠宮ご夫妻などにも飛び火することは間違いありません。

そうした批判を予期してか、紀子さまなどは、“なんとか、国民から批判されないような選択をして欲しい”といったことを外務省などに伝えておられるそうですよ」(前出の宮内庁関係者)

小室圭さんがウィスコンシン州に移住し、眞子さんと別居することとなれば、再度、国民からの批判の声が強まることは間違いないでしょう。

ご拝読ありがとうございました。

19 COMMENTS

匿名

そもそもメガバンク勤務すら務まらない奴が、国際弁護士なんて無理がある。
そしてあの28枚文書で、小室の知的レベルは国民に知れ渡った。
(たぶんベースとなる文章は他人に書かせて、小室と眞子が注釈やら「名誉の問題」やら付け加えたのではないかと思う。)
小室も眞子もガチの受験勉強や就職したことないから、何かちょっとやっただけで、すごくやった、できた気になっちゃうんだろうなあ。

147
返信する
匿名

>匿名さん

『28枚の小室文書』も『優勝した論文コンペの内容』も駄文ですね。あれは、ただの自己満足!

119
返信する
一般人の感覚

そもそも無試験の弁護士資格って何なんでしょうか?難しい試験を突破したからこその価値じゃないのですか?

そんなにまでして弁護士資格が欲しいのか?

だったら、猛勉強してニューヨーク州の試験に合格すれば良いだけじゃないんですか?

『勉強はしたくないけど合格したい』だから無試験のウィスコンシン州のロースクールに入学する。そんな方法で弁護士になったからといって『俺は国際弁護士』って胸張れますか?逆にバカにされるだけです。

アメリカで生活したいM子さんの希望のためなのか?

まったく!元皇族1人のワガママに日米が引っかき回されています。

KKも逆玉の輿の為に、やりたくもない試験を受けさせられて、顔まで整形してと何とも情けないヒモ男です。

というか、これはもう『男娼』ですね。KKはM子さんに買われた男娼!

しかも、日本の元お姫さまが税金で買った男娼です。

143
返信する
匿名

ウィスコンシン州にはキッコーマンが工場を建てていて、千葉県と姉妹関係にあります。
美智子の出身地である館林ともよく似た、醤油つながりなのです。

眞子も圭と一緒に暮らしたいのなら、中西部の田舎町に引っ越すしかありませんが、そんな健気な女ではなさそうですから、離婚も俄然視野に入ってきます。しかし、離婚しても、反社と親族になったような眞子を絶対に皇籍復帰させてはいけません。(典範上も不可能)

「バラック宮妃の娘」では、この程度のお相手しか見つからなくて当然だし、捨てられるときもあっという間の出来事でしょう。

圭の収入だけではNYの高物価では暮らせない、税金を今後も眞子に使うことには国民が猛反対である、となれば、物価の安い中西部にでも引っ越し、紀子の静岡での駅難出自からも、眞子は現地のコリアンタウン内に借家を求め、常時朝鮮料理をデリバリーで食べられるような環境で暮らせばいいのです。
最後は、眞子も渋々夫に帯同するしかないはずですが、くれぐれもさらなる学費を公費負担にさせてはいけません。

94
返信する
匿名

結婚を強硬したように、また強硬するのでしょう!

なんでニューヨーク?最初からウィスコンシン州にすれば良かったのに(怒)

この2人に注ぎ込む血税を、2人と同世代で困っている人に使ってあげてほしい。

94
返信する


匿名

反社の家に生まれ、暴露本出版をちらつかせるような男に弁護士資格を与えてはならない・・・

NY州の司法試験では、試験成績だけでなく、経歴詐称行為をしていないか、過去に法令違反を犯していないか、借金は返済できているか、などの信用や人物も同時に調査するそうですから、2月試験の無残な結果も受ける前からわかっているようなものです。
それにそもそも受験資格がないのでは?との単位不足や卒業できていない疑惑も消えていませんね。

これらを同時帳消しにしたいという紀子の陰謀が、ウィスコンシンへの移転なのでしょう。ただ卒業するだけで弁護士になれるのですから。

それでも反社の弁護士なんて、信用は0で、マフィアに雇って貰うために弁護士になるも同然ですよね。人物調査なしで弁護士になれるルートしかないのは、そういうことでしょう。
日本企業も絶対に雇わないでしょう。昭和電工や森ビル、日清製粉を除いてはの話ですけど。

69
返信する
匿名

もしかして、ずっとマコをNYに住まわせるために、ウィスコンシンの弁護士資格しかないコムを変わらずサンドラ―で雇い続けたりしないよね…?

ウィスコンシン州弁護士資格は、ウィスコンシン州でしか使えないんでしょう?

ウィスコンシン州でしか使えない弁護士資格しかないのに、NYでロ―クラ―クから弁護士待遇になって、弁護士並みの給料をもらったりしないよね…?

それ、弁護士として働いてなくて、忖度で在籍しているだけだからね。

マコは、国民に啖呵を切って出て行った手前、ウィスコンシン州の片田舎に住んで凋落ぶりを国民に知られるのが、嫌なのだろう。
なぜ、我が儘身勝手ブタ女のプライドのために、全てのルールがねじ曲げられないとならないのか…?

マコとコムがウィスコンシン州の片田舎にひっそり農婦に雑ざって暮らすのが、身の丈なのに。

この期に及んで、NYの社交界に君臨したいなんて、思ってないよね?

ウィスコンシン州の片田舎で、トラクターにでも乗って、牛やじゃがいも達と仲良く暮らすのがお似合いよ!

国民の忠告を聞かなかったんだから、その
結果は自分で引き受けないとね。

51
返信する
匿名さん

ウィスコンシン州で資格を得た弁護士・検事というと、ろくな評判ではないようです。向こうのSNSでも何か同州で事件が起きてトンデモ判決が下るたび、論争が起きるそうです。
まだその数年間を真摯に勉強した人ならともかく、楽をしたくて入る人たちでしょう?
さぁケント・ギルバート氏などKK擁護派の人の感想を聞きたい。

54
返信する
匿名

ウィスコンシン州の弁護士資格も、そう簡単に取得できるものなのでしょうか?
いくら”田舎の州”とはいえ、各州の間で法曹の権威に酷い差があるものなのでしょうか? 無試験といっても、「タダほど怖いものはない」という言葉の通り、ロースクールの入学試験が他より難しいとか、JD修了が他州のロースクールより難しいとか、何か厳しい関門があるような気がしています。というより、それを信じています。小室のような輩が簡単に良い思いをしてはいけないのです。
一方、眞子に小室のNY州司法試験に落ちたことを云々する資格などあるのでしょうか?昨年10月の一方的記者会見で、「海外に拠点を作ってほしい」と眞子自身が希望したと述べています。結果の如何はともかく、汚い手を使っても小室はその通りに動いたのです。ウィスコンシン州行きも、「海外に拠点」希望を叶えるという意味では眞子の希望に沿うものです。とにかく、この秋篠宮家の長女は狂っています。複雑性PTSDというより、他の精神疾患か人格障害でもあるかと疑っています。
ですが、宮邸の中では意外なことに、佳子の操り人形だった可能性もあります。感情の起伏が激しく、アーヤ、紀子にも罵声を浴びせまくるような事態も多発。それらを鎮静させることができるのは佳子だけのようです。「ダンスにかまける事実上ニートの愚妹」という周知の観点だけではなく、別の視点から観察する必要がありそうです。もしかしたら、アーヤを操るのは紀子と美智子でも、紀子と美智子を操っているのは佳子かもしれませんよ。

38
2
返信する
匿名

眞子のほうが佳子よりふてぶてしいと思うし、そんな眞子を増長させたのは上皇后で、腹黒さ・国民への被害の大きさからいえばやはり 上皇后>>キコ・秋篠宮>眞子>佳子 だと思う。
カコは怠け者かもしれないが、上皇后やキコのようなはた迷惑な自己顕示欲の塊ではないと思う。

32
2
返信する
匿名

本当の悪人は簡単に尻尾を出さないものだからね。
そういう意味では、秋篠宮、紀子、眞子は目立ちすぎて稚拙。平成初期に自分マンセーな特番をやたら組ませて国民を欺いていた美智子はその定義に入ろう。佳子が秋篠宮家で一番まともな人物というのなら良いが、その逆も否定できる根拠がないから厄介。

36
返信する
匿名

もしかして、ずっとマコをNYに住まわせるために、ウィスコンシンの弁護士資格しかないコムを変わらずサンドラ―で雇い続けたりしないよね…?

ウィスコンシン州弁護士資格は、ウィスコンシン州でしか使えないんでしょう?

ウィスコンシン州でしか使えない弁護士資格しかないのに、NYでロ―クラ―クから弁護士待遇になって、弁護士並みの給料をもらったりしないよね…?

それ、弁護士として働いてなくて、忖度で在籍しているだけだからね。

マコは、国民に啖呵を切って出て行った手前、ウィスコンシン州の片田舎に住んで凋落ぶりを国民に知られるのが、嫌なのだろう。
なぜ、我が儘身勝手ブタ女のプライドのために、全てのルールがねじ曲げられないとならないのか…?

マコとコムがウィスコンシン州の片田舎にひっそり農婦に雑ざって暮らすのが、身の丈なのに。

この期に及んで、NYの社交界に君臨したいなんて、思ってないよね?

ウィスコンシン州の片田舎で、トラクターにでも乗って、牛やじゃがいも達と仲良く暮らすのがお似合いよ!

国民の忠告を聞かなかったんだから、その結果は自分で引き受けないとね。

26
返信する
匿名

牛やじゃがいもに失礼ですw
生来の怠け者で、母親が邸のスタッフを人間とも思わず酷使し続けているようなブラックな家庭で育った女。農作業もすぐに嫌になり、近隣の農婦たちからも嫌われるでしょう。日本でニートでいるしかないような女です。厳しい農業・畜産業には耐えられません。

たしかに、小室がウィスコンシン州弁護士資格でサンドラーに居座る可能性はありそうですね。
但し、フォーダム大学のロースクールすら修了できなかったという疑惑がありますので、同州弁護士資格も取れるかわかりません。

28
返信する
匿名

情欲ブタのマコがコムに愛想尽かすなんてこと、あるの?

コムと合体しなければ、生きていけないってあれほど必死に訴えていた訳だからね。
情欲の限りを尽くして我に反ったら、コムの実体が分かって来たとか…今さら、やめてよね。

国民が奴は王子様じゃなくて詐欺師なんだって、あれほど口を酸っぱくして言ったのに。
聞かなかったのは、あんたなんだからね。

こうなったら、アラブの王族の5番目の妻か何かでどこかにねじ込むしかない。
日本には、戻って来させないようにしなきゃ。
下半身が暴走している霪獣だから、神の怒りに触れて、処刑されて終わると思うけれど。

31
返信する
匿名

ウィスコンシン行きの話には、フォーダム大学JD課程を修了できなかった疑惑を曖昧にする意味もあるのではないかと思います。つまり、本当にフォーダム大学でJDを取れなかったから、ウィスコンシン州内のロースクールでやり直すということです。
たしかに、同州の法曹資格は他州のロースクール修了生に付与されないようですから、フォーダム大学JDを取得していてもやり直さなければいけないでしょう。試験の難易度から無試験の同州弁護士を狙う意味もあります。
しかし、まずはせっかく取得したJDを活かしてNY州試験を再受験するのが近道。ウィスコンシンのロースクールに入ったら資格取得まで更に2年くらいかかるでしょう。
本来、今頃は猛勉強している時期なのですが、その気配はありません。
やはり、フォーダム大学も中途半端に終わったという疑惑は拭えません。

20
返信する


匿名

ウィスコンシン・マコ、笑える。

国税を使わずに、コムロの稼ぎだけでウィスコンシン州に住むのが、バカップルの身の丈よ。

なぜ、身の丈に合わない実力のないカップルをNYに住まわせ続けるためだけに、我々の血税が投入され続けなければならないのか…?

生きるために、必要なんでしょう?
コムロさえいれば、いいじゃないの。
ウィスコンシン州の片田舎だって。

足りない生活費を国税から補填してもらってNYに住み続けるのは、違法ですからね。

26
返信する
匿名

あれほど、国民を怒鳴りつけて結婚を強行して、結局、ウィスコンシンの片田舎で朽ち果てる道を選んだんだ…。

┐(´~`;)┌ やれやれ

20
返信する
利用された愛されない元内親王

元皇族元内親王の眞子さんを小室圭は利用しているだけ

学生時代の小室圭の取り巻きの女子は可愛い子ばかり

眞子さんのおかげで生活に困ることなく不正合格できて

このあともウィスコンシン州に移転することは眞子さんと心の距離感を感じるだろう

小室圭が成功すればするほどもう眞子さんが小室圭に必要無くなれば離婚も有り得そう

NYに住みたい眞子さんとウィスコンシン州に移転する小室圭

仮に小室圭のNYにいたとしても姑の小室佳代との嫁、姑の関係による摩擦で夫婦関係にヒビが入り離婚の可能性

これから子どもがいつできるかで離婚の可能性もあり得るだろう

もう、眞子さんは皇籍離脱して戻れない!

離婚したとして眞子さんと自分の収入で自立生活できなければ水面下で秋篠宮家からの支援

でも、その支援金は国民の血税によるもの

小室圭は眞子さんを愛しているんじゃなくて皇族としての眞子さんを利用したいだけでしょう

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です