紀子さま、愛子さま成年の儀式「決死のボイコット」も皇族方から総スカン!国民からの絶大な人気に悔し涙


文・もっちゃん

愛子さま成年儀式が盛大に祝われる

今月12月1日に、20歳のお誕生日を迎えられた愛子さま。5日には、成年の儀式が執り行われ、多くの国民から盛大なお祝いを受けることとなりました。

この日、愛子さまは、勲章やティアラを着用した正装姿にて、両陛下と共に成年皇族としての宮殿での祝賀行事に臨まれました。

愛子さまの成年の儀式は、1日と5日に分けて行われ、雅子さまは、1日の祝賀行事は欠席されましたが、5日には出席され、天皇陛下らと共に、愛子さまの成年を祝われました。

通例、成年の女性皇族が皇室行事で身につけるティアラは国費で制作されていますが、今回の成年の行事では、コロナ禍で苦境にある国民生活を考慮し、両陛下と愛子さまが相談して新調を見送られ、叔母にあたる黒田清子さんから借りたものを使用されました。

午後には、女性皇族の正装とされるローブ・デコルテと呼ばれる白いドレスに着替え、勲章や髪飾りのティアラを身につけて両陛下に挨拶されました。

ファッション評論家の石原裕子さんは、愛子さまが使用されたティアラについては、「クラシカルで繊細な美しさがあるティアラ。今はこういう物を作れる職人さんも減ってしまった」と述べ、また、ローブ・デコルテについては、「シンプルの中のシンプルというデザイン。ティアラと同じくコロナ禍で国民に寄り添う姿勢を感じる」「テーラードジャケットを合わせたのは新しい。キャリアウーマンだった雅子さまの姿を投影したのかもしれない」とその素晴らしさについて語っています。



この日、披露された愛子さまの美しいお姿には、非常に多くの国民から賞賛の声が上がりました。愛子さまの成年の儀式について報じた記事が掲載されたニュースサイトのコメント欄には、次のような意見が書き込まれています。

ドレスもとてもシンプルで、生地がギラギラしておらず、裾も風のように歩く度に舞っていてとても優雅だった。

ネックレスがとても気になりました。最近の例から比べるととても華奢でシンプルなデザイン。逆に上品だなぁとため息混じりでお出ましの映像を見ていました。

本当に素敵なレディになりましたね。

華美ではなく純白でシンプルだからこそ、愛子様が持つ品の良さや穏やかさ、清冽さが際立ちましたね。さすがに皇后さまが思いを込めて、お仕度なさったドレスだと思いました。

敬宮愛子さま、おめでとうございます。

品のあるお美しさですね。

眞子さんの結婚よりもおめでたいので、その素敵な笑顔をもっと大きく取り上げてほしいと思いますが、眞子さんの結婚が国民にとっていかに衝撃的だったか、あらためて感じることができました。

マコムロの生活費なんかより愛子さまのティアラにお金を使ってほしいと思います。

ますます差がつく天皇ご一家と秋篠宮家

近年の天皇ご一家と、秋篠宮家には、本当に大きな違いがあるように思えます。天皇皇后両陛下や愛子さまは、様々な機会で折に触れ、国民のことを想い、人々の心に寄り添うようなお言葉を述べられるのに対して、秋篠宮家は、常にご家族の不祥事に対する責任逃れの弁明に終始してきました。

今年は、眞子さんの結婚会見、秋篠宮殿下のお誕生日会見、愛子さまの成年の儀式と続いたために、より一層、こうした傾向が際立つこととなったのではないでしょうか。

策士策に溺れる紀子さま

このように、多くの国民から大変な賞賛を受けることとなった愛子さまの成年の儀式ですが、実は、この儀式に関して、裏では、ケチをつけようと画策する動きも見られたようです。その最も典型的な動きが紀子さまの儀式の欠席です。

紀子さまが、愛子さまの成年の儀式に出席されなかった表向きの理由は、先月11月4日に父である川嶋辰彦氏が亡くなったため、服喪期間として、祝賀行事を欠席されたということです。

ですが、実際には、それ以上に、秋篠宮家が国民から大変なバッシングを受ける中で、愛子さまの成年のお祝いをしたくないという想いが強かったようです。秋篠宮家の内情について詳しい、ある皇室ジャーナリストは次のように語ってくれました。

「服喪期間にあたるとして、愛子さまの祝賀行事を欠席された紀子さまですが、実際には、12月3日にオンライン公務にあたられるなど、きっちりと服喪期間の慣例を守っているわけではありません。

おそらくですが、もし仮に、川嶋辰彦氏が11月に死去していなかったとしても、体調不良等の理由をつけて祝賀行事は欠席されていたのではないでしょうか。



理由はともあれ、紀子さまは、悠仁さまと共に、愛子さまの祝賀行事は欠席。オンラインでお祝いの一言でも、あるいはせめて、“服喪期間であるために、祝賀行事を欠席します”といった発表でもあるのかと思いましたが、どうやら、それすらなかったようですね」(皇室ジャーナリスト)

また、ある秋篠宮家関係者は、今回の紀子さまの祝賀行事を欠席は、事実上の“ボイコット”であったとして次のように語っています。

「秋篠宮家の長女である眞子さんの結婚が日本中から、いや、それどころか世界中から大変なバッシングを受けている状況ですからね。

こうしたことは、将来、天皇家としての地位を継ぐ予定である秋篠宮家にあってはならないことだと紀子さまはお考えのようなのです。

また、秋篠宮家がそうした苦境に立たされている一方で、天皇ご一家の評判や国民からの信頼は、まさにうなぎ上りといった状況です。

そうした中で、どうしても愛子さまの祝賀行事に参加する気にはなれなかったのでしょう。結局、紀子さまは、悠仁さまと共に、祝賀行事を欠席されたのですが、心情的にはボイコットに近いものだったと拝察します。

ですが、紀子さまにとっての誤算は、そうしたボイコットに賛同する他の皇族方は全くおらず、完全に独り相撲となってしまったことでしょう。

今回、紀子さまが、悠仁さまと共に、祝賀行事をボイコットされたのに対して、他の皇族方は、皆が出席され、愛子さまの成年を祝われたことで、皇室内での愛子さまの信望の厚さと、同時に紀子さまの孤立ぶりが浮き彫りとなってしまいました。



いまや、国民から総スカンとも言うべき状況となっている秋篠宮家ですが、もはや皇室内でも、浮いた存在と言いますか、厄介な問題の種と見做されているようです。」(秋篠宮家関係者)

この秋篠宮家関係者の語るところによると、紀子さまは、祝賀行事のボイコットに他の皇族方が一人として賛同してくれなかったことについて、大層悔しがり、一人涙を流されていたとか。

策士、策に溺れるとは、まさにこのこと、といった印象ですね。平成の時代には、マスコミ関係者などに近づき、秋篠宮家にとって有利な世論形成を行うことに努力されてきた紀子さまですが、令和の時代となり、いよいよメッキが剥がれてしまったようです。

もはや、国民からの評判は地に堕ちてしまった秋篠宮家ですが、果たして、いつの日か、再び国民からの信頼を取り戻す日が来るのでしょうか。

ご拝読ありがとうございました。

18 COMMENTS

匿名

この秋篠宮家関係者の語るところによると、紀子さまは、祝賀行事のボイコットに他の皇族方が一人として賛同してくれなかったことについて、大層悔しがり、一人涙を流されていたとか。

自分が嫌われていることにまだ気がついていないんですか?
驚きが隠せません!

197
1
返信する
匿名

むしろ何故他の皇族方がボイコットするのでしょうか
賛同するにはそれなりの理由が必要だと思うのですが
思い当たることが何もない

111
返信する
匿名係

サラは悲痛、涙はゴキの週刊誌タイトルそのもの。
小遣い稼ぎには精を出して儀式に出ないとは日本人ではないと自ら名乗り出るタイプですね。
元から皇族の方々に嫌われてるのに本人だけ気づいていない哀れな人。同情は一切ないけど。

164
返信する
匿名

紀子が皇族から総スカンって、そんなの火を見るより明らかですよね。
紀子の頭はどんだけおめでたいんだか。

161
返信する
ジンジンジン

佐川良子=ケリー=20代半ば-40代男性=関東、もしくは中部地方出身。後半になるほど精度は下がりますが。

3
58
返信する
匿名

>ジンジンジン
お前さんに精度高かった時あったか?いっつも低空飛行で墜落寸前だぞ!(笑)

49
1
返信する
匿名

>ジンジンジン
騙して「いいね」を稼いだだけだろ?自慢出来る事か?他人を騙して何かを得ようとする小室母子と同じだな!(笑)

26
返信する
匿名

>ジンジンジン
大体、関東地方と中部地方で20代半ば〜40代男性がどんだけいると思ってんだ?アバウト過ぎだろ!(大笑)

14
返信する


匿名

あからさまな嫌がらせ?
まあこの一家は揃って、◯ホ一家ですから救いようがない。

84
返信する
匿名

敬宮殿下の人気うなぎのぼりに涙って。。。

そんなの序の口というか、

これからは、敬宮殿下が何かされるたびに、馬鹿姉妹が引き合いに出されるんですけど。

圭嫁は中学の頃から皇族辞めたかった告白で、それまでの公務はイヤイヤだったと言ったも同然だしね。

そして近い将来、キーコ偏愛の坊やが比較対象になるのも120%確定です。防ぐのは不可能です。

坊やが本当に可哀想です。
姉の事での非難轟々は止まない。
父親は不機嫌。
母親は必死すぎ。
級友からは精神的距離を置かれ、
女子に好意を示そうものならマッハで去られ、
逆に女KKには言い寄られ。
どんなにどんなにどんなにどんなに努力しても一生敬宮殿下にはかなわないのに比較されディスられる。

これで健やかに育つのは難しいよ。

世の中に毒母はたくさんいるだろうけど、キーコほどの毒母があろうか。

110
返信する
証拠隠滅?

今回の御祝いに、皇族の皆様が参加されたのに写真が一枚も無いのは何故でしょうか?

テレビで、三権の長の映像は放映されていましたのに…
まさか、紀子さんが欠席なのが、世間にバレてしまうからでしょうか?

72
返信する
勘違いならすみませんが

紀子さんの欠席はどうかと思ったのですが、そもそも悠仁さまって未成年ですよね?行事に出席するのは成年皇族だけだと思うのですが違いますか?
眞子さん、佳子様の成年行事には愛子様は出席されたのでしょうか?
そのあたりをしっかり書かないと、記事の信ぴょう性が下がるので気を付けて書いてほしいです。応援しています。

35
返信する
百合子さま

敬宮さまが小さい頃に、女性天皇もありではないかという書記を発表されていました。

66
返信する


ジンジンジン へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。